ペルオキソほう酸ナトリウム四水和物
Cica-Reagent
関東科学
上記のほう酸のボトルに、鹿1級
と、書かれていました。
どのような意味が、あるのでしょうか?
気なってしょうがないのですが、、、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 「1級」については Zincer さんの回答がありますので,「鹿(Cica)」について回答(余談?)致します。



 関東化学のペ-ジ(↓)の「出会いの広場」の「Who we are.」に「鹿から Cica へ ~鹿マ-クの由来~」が記載されています。それによると,「Cica」は,関東化学が事業の理想とするそれぞれの言葉の頭文字(C: Chemicals, I: Industrial Products, C: Collect, A: Associate)だそうです。これは書かれていませんが,おそらく「Cica = しか=鹿」から「鹿」の字を使っていると思います。なお,設立当時のマークは「動物の鹿」をあしらったものだったそうです。

 私も Zincer さんと同じく「ペルオキソほう酸ナトリウム四水和物」に付いては使用経験がありませんが,関東化学の薬品の使用経験者と言う事で「経験者」です。

参考URL:http://www.kanto.co.jp/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
1ヶ月ぐらい、悩んだりして、いろいろ、サイトで、検索もしてみたのですが、
明確な答えが、得られず、、
今回、質問するのは、初めてだったのですが、こんなにも早く、明確な答えを、いただけるとは、思ってもいなかったので、かなり感動しています。

お礼日時:2002/02/06 20:40

関東化学のカタログによると、


「JIS未収載品目で弊社1級規格適合品」
とありますので、(全国)統一規格は存在しない薬品などに対する社内で定めた規格での品位(等級)と思われます。
他に「>95.0%(T)」とありますので滴定法による分析の結果、純度95%より上であることは保証しているみたいですよ。
一度カタログをご覧になってください。
手元のカタログ(平成12年3月21日発行)では22ページに詳しい記載があります。
いつも関東化学の薬品を使用しているので経験者と言うことにしておきますが、「ペルオキソほう酸ナトリウム四水和物」に付いては使用経験がありません。
    • good
    • 2

昔、関東化学の会社のマークが「鹿」だったの。



だから、試薬純度1級のものを「鹿1級」としたんでしょうね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QKF-100カールフィッシャー水分の計算

カールフイッシャーで前処理した固形のサンプルを水分分析した時の計算方法がよくわからないので教えてください。機種は三菱のKF-100です。

ブランクの処理は空の遠沈管に脱水溶剤MSをホールピペットで10ml入れ振ります。この液を注射器で総重量を計り投入分析します。この後、空の注射器の重さを計り水分装置に総重量と風袋の重量を打ち込みNET重量がでます。


サンプルは農薬の粒剤なんですがそのまま1000mg天秤で正確に計り遠沈管に入れ脱水溶剤を10ml入れ振って水分を抽出します。この後遠心分離をし上澄み液を注射器にとりあとはブランクと同じ処理をします。

この場合計算方法は

脱水溶剤MS10ml×比重0.8234×(SP水分値-BK水分値)÷(サンプル1000mg×サンプルの上澄みのNet量)×100でいいでしょうか?

実際に分析した数値を入れますと

BK
  conc 0.03670%
  M    0.791mg
  KF   0.289ml
  W    6.2847g
  w    4.1292g
  W-w  2.15550g

SP
  conc 0.2288%
  M    4.813mg
  KF   1.762ml
  W    6.2192g
  w    4.1154g
  W-w  2.10380g

となります。

上の式に入れると10ml×0.8234×(4.813-0.791)÷(1000×2.10380)×100で1.574%と水分が出ますがこの値で合っているでしょうか?
どなたか教えてください。

メーカーに聞いてみたのですがこんな前処理は想定していないのでという返事が返ってきてまだ確認してもらっている最中です。

     

カールフイッシャーで前処理した固形のサンプルを水分分析した時の計算方法がよくわからないので教えてください。機種は三菱のKF-100です。

ブランクの処理は空の遠沈管に脱水溶剤MSをホールピペットで10ml入れ振ります。この液を注射器で総重量を計り投入分析します。この後、空の注射器の重さを計り水分装置に総重量と風袋の重量を打ち込みNET重量がでます。


サンプルは農薬の粒剤なんですがそのまま1000mg天秤で正確に計り遠沈管に入れ脱水溶剤を10ml入れ振って水分を抽出します。こ...続きを読む

Aベストアンサー

ここでの表記数値の意味は以下だと思います。
 conc:M/(W-w)で、測定した溶媒の水分濃度
 M:KF滴定で検出した水の量=KF*factor(今回は2.73と思われる)
 KF:Karl Fischer滴定液消費量
 W:試料込みの注射器重量
 w:試料注入後の注射器重量
 W-w:KF滴定に使用した正味試料量

考え方
 固体試料1g中の水が、10ml*0.823=8.23gの溶媒に移ったのだから、溶媒の処理前後の水分増加量が固体中の水分と考えます。
 質問者さんの計算方法の記述は正しいと思います。

 で、結果は、
 (0.229-0.037)*10*0.823/1000=1.58≒1.6%
 この様な計算を滴定装置で自動計算させるのは、Makerの想定外でしょうから、面倒でも手計算してください。

  この質問では、数値の桁数が多過ぎます。KF滴定では3桁も怪しいので、最終結果は2桁に丸めて出しましょう。

Q硫酸ナトリウム十水和物と硫酸マグネシウム十二水和物の製法

いま2種類の試料を欲しいのですが、その製法がわかりません。
なのでみなさんに助けを請います。


硫酸ナトリウム十水和物と硫酸マグネシウム十二水和物の
実験室レベルでの製法をどなたかご存じないでしょうか??

具体的な製法がわからず非常に困っています。

製法はもちろん、製法検索についてのアドバイスなんかでも結構です。
ささいな情報にもすがりたい気持ちです。

硫酸ナトリウム十水和物は購入することも可能なのですが、自分で作るほうがベターなので是非とも自分で作りたいのです。

どんな情報でも構いません。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

両者とも、ありふれた化合物ですので、合成と言うより、精製と言うことだと思いますが…。

手元にある文献から:
新実験化学講座8 無機化合物の合成(III) 
  日本化学会 編、 丸善 版、 昭和52年
1.硫酸ナトリウム10水塩  479ページ。
2.硫酸マグネシュウム12水塩 596ページ。

かなり古い本ですが、学校や公立図書館にはあるとおもいます。

Qリン酸緩衝液の作り方

過去にいろんな方が質問されていますが、私も質問させてください。
pH2.5 25mMのリン酸緩衝液を
リン酸(関東化学 85% 1.69g/ml 関東化学MSDSより)
リン酸1Na
を使って作りたいのですが作り方を教えてください。

リン酸の濃度を計算する時点でリン酸が液体なのでつまづいてしまってます・・・(例えば、1mlとったら、重さは1.69gだけど、リン酸としては何g?85%でよいのか?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ところで85%って何が85%ですか?
容積%なのか重量%なのかモル%なのか、MSDSを見ることができるのだから、わかると思います。(既出でもヒントは沢山あるはずです)
それを解決したら、リン酸原液を(モル/リットル)の単位に換算してみて下さい。そこから25mMのリン酸の計算はできます。
この時点でつまずいている様なので付け加えると、リン酸は弱酸のポリプロトン酸なので、加えるリン酸ナトリウムは、分析化学の教科書を見てじっくり考えて下さい。多分あなたが考えているよりもそうそう単純ではないハズですよ。(薬品を扱うのは、これを自分で考えて、必要量を計算できるようになってからにして下さい)
確認ですが、25mMリン酸緩衝液のリン酸濃度は、リン酸原液(85%)由来とリン酸ナトリウム由来のものを足し合わせたものです。

Q硫酸銅はなぜ5水和物3水和物1水和物になるのか?

銅は配位数が4なのになぜですか?

Aベストアンサー

結晶水の多くは実際に金属に配位して錯塩を形成しています。

CuSO4・5H2Oの場合、Cu2+の周りには6つのO原子が、
正八面体構造(長2短4)で配置されます。
Cu2+に対して4つのH2Oが平面4配位で配位し、
SO4(2-)の2つのOが、軸方向にイオン結合で2つのCu2+を架橋する形で、
結晶構造に収まっています。
残りの1つのH2Oは、配位していないSO4(2-)の2つのOと
水素結合しています。

CuSO4・3H2Oの場合も、Cu2+の周りには6つのO原子が、
歪んだ正八面体構造で配置されます。
Cu2+に対して3つのH2Oが配位し、2つのSO4(2-)由来の3つのOが、
イオン結合2つと配位結合1つ(実際は両者を
明確に区別できるわけではないのですが)で結合しています。
SO4(2-)自体は2つのCu2+に3つのOで結合していることになり、
残りのOは、配位したH2Oと水素結合を形成しています。

CuSO4・H2Oの場合も、Cu2+の周りには6つのO原子が、
正八面体構造で配置されます(全部同じです)。
Cu2+に対して2つのSO4(2-)由来のO原子4つが、
イオン結合2つと共有結合1つで結合しています。
軸方向には二つのH2Oが配位しているのですが、
H2Oは2つのCu2+を架橋する形で配位しています。
(水は不対電子対を2つ持っているので、
最大で2個の配位結合を形成できます。)
丁度5水和物と比べ、H2OとSO4(2-)の立場が逆になっています。

結晶水の多くは実際に金属に配位して錯塩を形成しています。

CuSO4・5H2Oの場合、Cu2+の周りには6つのO原子が、
正八面体構造(長2短4)で配置されます。
Cu2+に対して4つのH2Oが平面4配位で配位し、
SO4(2-)の2つのOが、軸方向にイオン結合で2つのCu2+を架橋する形で、
結晶構造に収まっています。
残りの1つのH2Oは、配位していないSO4(2-)の2つのOと
水素結合しています。

CuSO4・3H2Oの場合も、Cu2+の周りには6つのO原子が、
歪んだ正八面体構造で配置されます。
Cu2+に対して3つのH2Oが配位し、2...続きを読む

Q分取クロマトグラフィーで1回に流せる量について。

質問タイトルにもありますように分取クロマトグラフィーで1回に流せる量はどれ位なのでしょうか?カラムは関東化学株式会社製のMightysil RP-18 GP (20mmφ×250mm, 5μm)を使用しています。どなたかご存知の方ご教授下さい。

Aベストアンサー

こんなページがありました。↓量の書いてある資料は少ないので貴重です。
http://www.waters.co.jp/product/column/obd/obd_sun02.html
ディメンションは分取:19mmΦ×50mmL、試料計260mg/mLを400μLですので、同じ性能だと考えて比例計算してみて下さい。

Q硫酸ナトリウム十水和物の凝固点について

化学の重要問題集からの引用なのですが、

『硫酸ナトリウム十水和物Na2SO4・10H2Oの5.0gを水100gに溶かした水溶液の凝固点を求めよ。
ただし、この水溶液中で硫酸ナトリウムは完全に電離しているものとする。』

の解説で、


Δt=1.88×(分子)/(分母)
(分子)=(5.0/322)×3
(分母)=(100+2.8)/1000

とありました。(分数だらけなのでわかり辛かったらごめんなさい)
なぜ分子に5.0がくるのかがわかりません…。
私は5.0に142/322をかけた値をいれてしまったのですが…。
ヤフーのほうなどにもあたってみたのですが、イマイチよくわからなくて…
どうか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 5.0/322でNa2SO4・10H2Oのモル数ですね。ここからNaイオンが2個、硫酸イオンが1個、合計3個のイオンが生じるので3を掛けています。5.0に142/322をかけるとNa2SO4・10H2Oの5.0g中に含まれるNa2SO4の質量が出ますので、これをモルに直すには142で割る必要があり、結局5.0/322になります。
 分母は100+2.8でトータルの水の質量(g)で、kgに直すために1000で割っています。

Q酸化カルシウム(ロック状)の発熱しない粉砕方法を!

酸化カルシウムを実験で使いたいのですが、
酸化カルシウムがロック状であるため、粉砕しなければなりません。しかし、粉砕すればするほど表面積が増え、空気中の水分を吸収し、粉砕の際中に下記の反応が進み、発熱するのではないのかと思われます。
CaO+H2O→Ca(OH)2+Q
この反応が進まず、かつ粉砕する方法があれば教えてください。
もしかして、粒状の酸化カルシウムが和光や関東化学で売っているのでしょうか?

Aベストアンサー

 厚手のビニール袋に入れ、エアを抜き新聞紙で
はさんで上から木槌でたたく。
保管は元の瓶に袋ごと。この場合早めの使用を。

Qアリザリンコンプレキソン試液・・・酢酸ナトリウム十水和物?

日本薬局方一般試験法の試薬・試液の項に、アリザリンコンプレキソン試液の製法が載っています。
そこでは、『酢酸ナトリウム十水和物』を使うということになっていますが、そんなものは存在するのですか?
やはり『酢酸ナトリウム三水和物』の間違いでしょうか。

Aベストアンサー

>やはり『酢酸ナトリウム三水和物』の間違いでしょうか

その通り、間違いです。JP14の正誤表に載ってました。

酢酸ナトリウム十水和物...んなもんどこのカタログ見ても載ってませんよね(笑)

QpyreneのTLCについて

現在、pyreneをつかった反応を試みているのですが、生成物の単離の際、確認のためPyrene(関東化学製)と生成物をTLC(展開溶媒=クロロホルム)で確認したら、PyreneのスポットがUVランプの254nmで2つ、365nmで4つ出ていました。そこで質問なのですが、
・そもそも、1つの化合物のスポットは1つしか出てこないという考えは間違っているのでしょうか?
(TLC確認で使用したPyreneは何も反応させていないものです。)
その他、Pyreneの物性について何かご存知でればご教授願います。

Aベストアンサー

>・そもそも、1つの化合物のスポットは1つしか出てこないという考えは間違っているのでしょうか?
これは正しい考え方です。

原因としては不純物が含まれていることが考えられます。少量であっても、濃いスポットが見られることもあります。すなわち、254nmおよび365nmにおける吸収係数は物質によって異なるからです。

また、TLC用に溶かした溶媒と反応する可能性もあります(この場合は可能性は低いでしょうが)。
TLCプレート上あるいは保管中に一部が分解している可能性もあります。

一般論として、試薬の純度は100%ではありません。ラベルに純度が書かれているはずです。pyreneの場合には比較的純度は高いと思いますが、類似の構造を持つような不純物が少量含まれている可能性もあると思います。
不純物の種類に関しては製造法の関係もありますので、わかりませんが、どうしても知りたいということであればメーカーに問い合わせる手もあるかもしれません。

現実的な対応としては、どれがpyreneのスポットであるかを特定し、それ以外の部分を無視することになるでしょう。
また、再結晶などの方法で、pyreneを精製する方法もありますが、純度が上がる保証はありません。

物性に関してはThe Merck Indexを調べるか、東京化成のHPなどからpyreneのMSDSを調べるのが適当だと思います。

>・そもそも、1つの化合物のスポットは1つしか出てこないという考えは間違っているのでしょうか?
これは正しい考え方です。

原因としては不純物が含まれていることが考えられます。少量であっても、濃いスポットが見られることもあります。すなわち、254nmおよび365nmにおける吸収係数は物質によって異なるからです。

また、TLC用に溶かした溶媒と反応する可能性もあります(この場合は可能性は低いでしょうが)。
TLCプレート上あるいは保管中に一部が分解している可能性もあります。

一般論として...続きを読む

Q溶けた時に発熱する原因 水酸化ナトリウムが水に溶けた時に発熱しますよね、原因は潮解性や水和熱やらがあ

溶けた時に発熱する原因

水酸化ナトリウムが水に溶けた時に発熱しますよね、原因は潮解性や水和熱やらがあると思うんですけど実際は何がどうなって発熱してるのか、詳しくお願いします

Aベストアンサー

どうなっているかは私も答えられないので、求められている答えと違うかもしれませんが

潮解や水和というのは水に溶かして水溶液に近くなっている状態とすると

(水酸化ナトリウム+水)と(水酸化ナトリウム水溶液)では持ってるエネルギー量の総量が違うためです。

熱力学第一法則(エネルギー保存則)とかヘスの法則と言われているもので
エネルギーの総量は化学反応が起ころうと不変であるという理論です。

化学反応式は物質の状態を表しているだけで、反応のすべてを表してません。
化学反応式 NaOH + H2O→NaOH(水溶液)ですが

ここにそれぞれの部分の持っているエネルギー量を
NaOH = 10、H2O = 5とすると(数値は適当です)
水に溶かした状態は15ではなく NaOH(水溶液) =13 となる場合
残ったエネルギー量=2の分が エネルギーとして出てくるから発熱します。

ちなみにエネルギーであればなんでも良いので熱だけではなく、
光やX線とかのエネルギーになる場合もあります。
今回とは関係ないけど、NaOH(水溶液) =15以上だった場合、エネルギーが足りないので吸熱反応で冷えることになります。

質問の答えをなげやりに答えると
水酸化ナトリウムが潮解や水和で水が付いた方が化学的に安定なので
安定化する時に邪魔な熱エネルギーを放出したから発熱する
という答えでも間違いではない気がする。

どうなっているかは私も答えられないので、求められている答えと違うかもしれませんが

潮解や水和というのは水に溶かして水溶液に近くなっている状態とすると

(水酸化ナトリウム+水)と(水酸化ナトリウム水溶液)では持ってるエネルギー量の総量が違うためです。

熱力学第一法則(エネルギー保存則)とかヘスの法則と言われているもので
エネルギーの総量は化学反応が起ころうと不変であるという理論です。

化学反応式は物質の状態を表しているだけで、反応のすべてを表してません。
化学反応式 NaOH + H2O→NaOH...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報