水道管商法(?)の件で質問したのですが、もう少し情報が欲しくて、改めて質問します。
水道管が寿命だということで、妙な機械を買うよりも張り替えた方が安くつくということでしたが、実際にいくらぐらいかかるか知りたいのです。
家は鉄骨コンクリート3階建て、水道管は1階の台所、風呂場、洗面所、トイレと、2階のトイレに行っています。ただ、2階のトイレはあまり使っていないので腐食はあまり進んでいないとのことでした。
実際に家を見ないと難しいとは思いますが、だいたいの相場、または高く見積もっていくら、という感じでもいいので教えていただけるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 テレビ等で宣伝している業者に頼むことを想定していらっしゃるのでしょうか?


 そういうところでも見積もってもらえますが少々高めとか聞きましたが。

 知人で水道のつまり・漏れで市の水道局に電話したら請負の業者に適切な値段でやってもらえたと言っていました。
 「24時間いつでも行きます!」が売り物の業者さんはずっと高いそうですが、夜でもやってもらえますから、考え方でしょうね。
 
 一度公共のところで見積もりをしてもらえるか電話などで聞いてみてはいかがでしょうか。

 あなたが業者をはじめるにあたって調べていらっしゃる方でしたら、検討はずれでごめんなさいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
工事をどこに頼むかはまったく決めていません。水道局に聞いて業者を紹介してもらえるなんてことも知りませんでした。今現在漏れているとかいうわけではないので、別に「24時間」の業者に頼む必要はありません。が、錆がひどいのは確かなようです。だから水道管を一斉に取り替えることを検討しているのですが、それがいくらぐらいかかるのか知りたいのです。

お礼日時:2002/02/07 16:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水道管の引き込み口径について,2世帯分岐可能か教えてください。

水道管の引き込み口径について,2世帯分岐可能か教えてください。
現在,実家の隣地に家を新築しておりますが,建築予定地に水道管の本管が来ていないため,新築地までの約20メートル,実家の前を通して自費で引き込み管(口径25mm)の敷設工事を行いました。
皆様方にお教えいただきたいのは,この引き込み管の必要口径についてです。
実家は自家水(井戸水)を使用しているため,私の新築に合わせ水道にする計画でおりましたが,この25mm管で実家分(台所用の水道1カ所)及び新築分(間取り4LDK,トイレ2カ所,洗面所2カ所,お風呂,キッチン,エコキュート使用)の2軒分がまかなえるのでしょうか。
知り合いの業者さんに聞くと,ある業者さんは「大丈夫」,ある業者さんは「足らない」と意見が分かれております。
このままでは不具合が生じるでしょうか。
長く使っていくものですので,二重投資にはなってしまいますが足らなければ必要口径の管に敷設替えをしなければと思っています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 厳密には水道局の施工規則(条例)に従う必要があるので、最終的には水道局に確認するしかありません。
 一般的な流量計算からすると(前提として元の水圧が低い地域で無い事)、25mmから20mm二本を得る事は出来ません。分岐するなら13mmと20mmと言う事になります。今回の場合は実家分が台所1箇所のみなので13mmで分岐しておけば全体の水量(外水道・洗濯機まで考えても9栓程度)を考えても大丈夫でしょう。25mm部分も20メートル程度であれば(高低差があれば別だが)圧力損失の影響はそれ程無いと思われます。必要であれば水理計算をしてみると良いでしょう。
 >ある業者さんは「大丈夫」,ある業者さんは「足らない」と意見が分かれております。
 何を根拠にしているかです。経験だけで言っているなら鵜呑みにするべきではありません。水理計算をすればわかることですから(水道の有資格者なら出来ます)。
 分岐については、25mmメーターで両家分を賄ってしまうのと、20mmメーターと13mmメーターで分けた場合の料金(加入金、水道基本料金、料金単価等)を比較して検討すると良いでしょう。また、分岐する場合には、分岐手前に親止水栓を付ける(メーター手前の止水と別に)指導が出るかもしれません。

 厳密には水道局の施工規則(条例)に従う必要があるので、最終的には水道局に確認するしかありません。
 一般的な流量計算からすると(前提として元の水圧が低い地域で無い事)、25mmから20mm二本を得る事は出来ません。分岐するなら13mmと20mmと言う事になります。今回の場合は実家分が台所1箇所のみなので13mmで分岐しておけば全体の水量(外水道・洗濯機まで考えても9栓程度)を考えても大丈夫でしょう。25mm部分も20メートル程度であれば(高低差があれば別だが)圧力損失の影響はそれ程無いと思われます。必要...続きを読む

Q水道管の腐食防止機?

築15年を過ぎた住宅に住んでいます。水周りの工事をした業者が点検に来て、水道管の錆がひどく、水漏れがいつ起きてもおかしくない状態だと言います。水道管の一部を覗いてみたら、たしかに錆がかなり浮いています。
で、業者が言うには、水道管の取替え工事は壁をはがしたりしなくてはならないので高額になるが、新しくできた機械を取り付けることで腐食を防止できるとのこと。
その原理は、よくはわかりませんが水道の元栓近くに取り付け、マイナスイオンとか遠赤外線とかの原理(ここがよくわかりません)で、腐食を防止し、水漏れの可能性を回避するということらしいです。
で、お聞きしたいのは、そのような機械が実際に信頼できるものなのか、取り付けるとしたら費用はどれくらいなのか(業者の話では、100万はかからない、という程度らしい)。ということです。
最近、訪問&点検で高額な機械を売りつける商法がはやっているので、心配になってお尋ねしました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「回答にたいする自信」を書き込むときに悩む質問です。
お尋ねの装置が私の考えている物と同等ならば「自信あり」なのですが、ご心配のとおり「○○商法」が蔓延っておりますので、その点からすると自信無しとなります。

この手の装置はオフィースビルでは水質に応じて検討することが一般的です。
実績のある装置がたくさん流通しています。
機能も他の方への補足にあるとおりのものがあります。
「イオン」「磁界」「・・・」多くのノウハウによってさまざまなものが商品化されています。
試しに検索サイトで調べられるとたくさんあることに驚かれると思います。
水道設備を設計する際にも多くの製品を検討するのですが、判断の決め手に欠けることがあります。
それは錆びに対する技術が完全には確定していないことにも起因します。
実は「水」という物質はまだ良く解明されていない部分が多い物質なのです。
身近にありながら難解な物質です。
そのために水道管内で起こる腐食のメカニズム、それを防ぐメカニズムを考える時に「仮説」の領域が発生します。
この仮説に基づいて多くの防錆技術が成り立っていますので、専門家でも判断が難しくなるのです。
100万円はちょっと高価だと思いますので、もう少し安価な『マグネット』あたりを試された方が良いかと思います。
これならば無印良品で数千円のものがあります。
判断の決め手は実際に使用されている一般家庭の評価を調べることだと思います。

ついでですが、
>水道管を替える工事は壁をはがしたり床をめくったりして500万から1000万単位の費用がかかるというのです
この話の真偽を他のリフォーム業者に見積りをとって調べることで、業者の信頼性を判断するひとつの目安になります。
通常は一桁低い価格当たりが相場ですが。

「回答にたいする自信」を書き込むときに悩む質問です。
お尋ねの装置が私の考えている物と同等ならば「自信あり」なのですが、ご心配のとおり「○○商法」が蔓延っておりますので、その点からすると自信無しとなります。

この手の装置はオフィースビルでは水質に応じて検討することが一般的です。
実績のある装置がたくさん流通しています。
機能も他の方への補足にあるとおりのものがあります。
「イオン」「磁界」「・・・」多くのノウハウによってさまざまなものが商品化されています。
試しに検索サイ...続きを読む

Q新築戸建ての水道管の口径変更は必要?

現在、家を建てている者です。

不動産屋とのトラブル、水道管の口径について(どちらか一方でもお願いします)、詳しい方教えてください。

今回、土地から購入しており、既設で13mmの水道管が通っているとのことでした。
不動産屋からは特にそのままでも不便はなく変える必要がない。20mmへの変更は30万ほどかかると言われ13mmの認識のまま土地を購入しました。

いざ建てる時になって、建築屋からは20mmへの変更が必要との連絡がありました。
建築屋から不動産屋へ確認したところ、20mmへの変更の必要があることは伝えてあるとのことで取り合ってもらえないそうです。

もともとかかる費用だったから仕方ないとも思いますが、説明しなかった責任を不動産屋にとってもらい、多少の金額を請求できるものなのか、不動産でのトラブルについて詳しい方、アドバイスをいただけないでしょうか?

また、水道管の口径については、市の出している「給水装置工事施行要領・同解説」というものでは、水理計算の結果により、13mmのままでも良いと書かれています。添付の画像である程度判断がつく方、アドバイスをお願いします。
計算に何の数値が必要かわからないので、その点もご指摘いただければ追記します。
参考までに家族構成、水道利用具を簡単に書かせていただきます。
家族構成:私、妻、子供(現在2歳)
水道利用具:風呂、トイレ、洗面所、台所、洗濯機、屋外に蛇口1つ

詳しい方ご教授ください。
よろしくお願い致します。

現在、家を建てている者です。

不動産屋とのトラブル、水道管の口径について(どちらか一方でもお願いします)、詳しい方教えてください。

今回、土地から購入しており、既設で13mmの水道管が通っているとのことでした。
不動産屋からは特にそのままでも不便はなく変える必要がない。20mmへの変更は30万ほどかかると言われ13mmの認識のまま土地を購入しました。

いざ建てる時になって、建築屋からは20mmへの変更が必要との連絡がありました。
建築屋から不動産屋へ確認したところ、...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、素人の者ですが一般的な戸建てでしたら
13mmでも、十分だと思います。
但し、水圧の低い地域だと足りないこともあります。

我が家(家族4人)は、13mmで、屋外水栓
1F 風呂、洗面、キッチン、トイレ、洗濯流し
2F 洗面、トイレ(タンクレス)

水圧の高い地域のため、2Fのタンクレストイレも
問題なく使えています。

水圧を測る機器もあるようですが、建築屋さんからの
指摘だと、水道屋さんも動いてくれないでしょうから
建設現場のご近所で、口径や水圧の強弱など聞いて
判断するのがいいのではないでしょうか?

Q2階ベランダに設置されている水道管水漏れ

有名大手不動産の建売の新築戸建に住んで約一ヶ月ですが、今日帰宅したらダイニングの天井から洪水のように水漏れしていました。リビング、廊下まで床は水浸し、ファックスなども使い物になりません。
すぐに、施工業者に来ていただき天井をはがして調べてもらうと、原因は2階ベランダに設置したある水道蛇口までの配管に問題があるが、ベランダの壁の中を見てみないとわからないそうで、夜遅かったので後日ということになりました。
応急処置として2階の水道元栓を止めております。(2階トイレ、洗面所使用不可)
これから(正月休み明け1/4以降)不動産業者と話し合いになりますが、ファックスや椅子(クッションが水浸し)カーテンなど賠償してもらえるものなのでしょうか?
施工業者によると今後の予定として断熱材をはがし、木材を乾燥させてから再度、断熱材、ボード、壁紙を貼るとののことで、10日位はかかると言われました。
被害はダイニング、キッチン、リビングです。この工事の間、普通に生活も出来ないと思いますし、妻は一日中家におります。もしがまんして生活できたとしたとしても正月早々...悲しくなってきてしまいました。
このような件に詳しい方おりましたら、今後、どのように不動産会社と対応したらよいか、アドバイスをお願いいたします。

有名大手不動産の建売の新築戸建に住んで約一ヶ月ですが、今日帰宅したらダイニングの天井から洪水のように水漏れしていました。リビング、廊下まで床は水浸し、ファックスなども使い物になりません。
すぐに、施工業者に来ていただき天井をはがして調べてもらうと、原因は2階ベランダに設置したある水道蛇口までの配管に問題があるが、ベランダの壁の中を見てみないとわからないそうで、夜遅かったので後日ということになりました。
応急処置として2階の水道元栓を止めております。(2階トイレ、洗面所使用...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1です。
参考サイトで「購入する立場からのチェックポイント」として記載されている事項をもう一度確認してみてください。
「購入する時に目視で確認できる事項」よりも、過去のクレーム経歴から「将来も起こり得ると思われるリスク」を予見して購入判断しておくようにとの趣旨だと思います。

NO.3でも述べたように、事故の原因が一過性のもので解決されていれば、「将来へのリスク、不安はない」という意味で、売却の際に問題となる事項ではないと言いました。
いかに大きい事故でも現状復旧されて、将来のリスクにつながる原因が残っていないのであれば、購入する側は「目視で判断される事項」だけで別段問題にはしないだろうということです。

Q水道管の引き込み口径

たびたびお世話になります。
新築にあたり水道管を引き込むにあたり口径について悩んでおります。
当方、7人家族で建築予定地の水圧は特別低く無く家族構成は現在がMAXです。
一般的なφ13で良いのかφ20必要なのかわかりません。
水道加入金、使用単価がだいぶ違うようなので悩んでいます。
最近の新築ではどのくらい必要なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ここ最近私が工事で入る住宅現場では 新規引き込みなら全て20mmです

私自宅5人家族 引き込みPE管が20mmでメーター口径13mm(後で説明します)で宅外部配管は20mmですが 混合栓を2とすれば16栓あります あちこち同時に使うと確かに圧降下はあります がとっても困るわけでもありません (25mm引き込み20mmメーターならたぶん気にならない・・・と思う) 
今回の問題は「大は小をかねる」がそのまんまあてはまると思います 
たしかに料金には多少の増加があると思いますが 20mmのそれが最低限だと思えばよい 13mmは無いもの(いまに無くなるよ?)と思うのがよいと思います なので 今新築で新規引き込みなら最低20mmを薦めます  
すでに13mmメーターが敷地にあって 新たに鉛管撤去工事があった箇所(例えば宅内配管を変えずに道路内で水道本管を布設変えした工事があった 石綿管布設変え工事など 私自宅はこれ)は引き込みPE管は20mmでメーターだけが13mmの場合がありますので確認してみてください メーターの口径変更だけで済みます この場合は直結止水栓は20mmでメーターが13mmになっています メーターBOX内で自分でも確認できます

料金はメーター口径で計算するので 20mmの13mmなら13mmと基本料・使用料とも変わらない なので25mmの20mmにすれば引き込み材料費(1回だけの費用)は増えても基本・使用料は20mmと同じ 水圧降下を気にするならこれも考えてみてもいいかな?と思います あと宅内外の配管設計も大事ですよ

以上ご参考までに

ここ最近私が工事で入る住宅現場では 新規引き込みなら全て20mmです

私自宅5人家族 引き込みPE管が20mmでメーター口径13mm(後で説明します)で宅外部配管は20mmですが 混合栓を2とすれば16栓あります あちこち同時に使うと確かに圧降下はあります がとっても困るわけでもありません (25mm引き込み20mmメーターならたぶん気にならない・・・と思う) 
今回の問題は「大は小をかねる」がそのまんまあてはまると思います 
たしかに料金には多少の増加があると思いますが 20mmのそれが最低限だと思え...続きを読む

Q水道業者の水道管接続で漏水が

台所の水道管が古くなりましたので、台所下の水道管を新しく引き直すことにしました。
業者仕事を近くで見ていたのですが、15ミリの鉄の水道管(中が青い被覆の感じの管)を接続していました。
白いテープのようなものを巻き、ドロドロしたペンキのようなものを塗り、レンチで締め付けていました。
しかし仕事が終わったというので、水を通したところ接続部から水漏れが始まり、翌日に修理をしましたが、又水漏れです。一体本当の接続方法ってどんな方法が正しいのでしょうか?。
次の業者もチェックしたいと思うので、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

今ひとつ、ハッキリとは判らないのですが
台所の下とは、どこからどこまで事でしょうか?

基本的に鉄管での水道接続は
接続先のネジになってる所に白いテープ(シールテープ)を巻き、そこに専用の糊をつけて
レンチで締めますが
(色は種類によって違うかも知れませんが鉄管の中身の皮膜は錆びない為の皮膜かと)
古い鉄管から新しい鉄管に接続の場合は
古い鉄管のネジが悪くてなっていて
何度か試しも漏れやすい場合があります
しかも、この接続方法は
水道器具に接続する場合に多く使われており
(水道の蛇口など)
水を通しても、すぐに漏れずに
2~3時間経ってから漏れてくる場合もあります

詳しい状況を見てないのでハッキリとは言えませんが
行程は正しいかと思います

私も多くの工事や修理をしてますが
水道工事は簡単そうで、意外と難しい事も多く
1回目で完全に直せる確率95%ぐらいです
条件が悪いと40%の時もあります
そんな場合は漏れが止まるまで
何度もやり直してます

Q水道管の口径

水道管の口径で「mm」と「A」と言う呼び方がありますよね?
「mm」は分かるんですが、「A」とは、どういう意味なんでしょうか?

ちなみに、「13mm」はなんで「15A」なんですか?「20mm」は「20A」ですよね?「25mm」は、「25A」「30mm」は「32A」ですよね?
13mmと30mmはなんで「A」にすると数字が変わるんですか?

Aベストアンサー

 数字の後ろにA/Bと付くのは鋼管の規格です。A呼称だとミリ表記、B呼称だとインチ表記です。それ以外の管種ではすべてミリ規格化ので、それらの記号は付きません。従って、塩ビ管で75Aという表記はありません。
 鋼管の場合でも、A/Bが並列で表記されるのは直管だけで、継ぎ手はB呼称のみです。
 思うに、もともと鋼管はインチ規格で作られていて、ミリ表記の管との整合を図るために両方の表記が行われるようになったのではないかと思います。
 昔はダクタイル管などもインチ表記がありましたが、現在では全てミリ表記です。
 尚、口径の数値はあくまでも「呼び径」なので、実内径とは異なります。塩ビ管でもVU管とVP管とがありますが、これらは同じ呼び径だと外径が同じで管厚が違います。従って、実内径は異なります(VP管の方が小さい)。

http://www.hkpnote.com/hk/hk02.html

Q水道管とガス管は同じものですか?

今では水道管もいろいろな種類/材質があるようですが、本管から一般住宅への引き込み部分に使われるような金属製の水道管はガス管と同じものでしょうか?
また、工場内の圧縮空気を送る配管(エア管?)がありますが、これはどうでしょうか?

同じものなのかどうか、違うとすれば何が違うのか、コスト(単価)を考えたときにどれが安いのか、ご存知の方お願いします。

ちなみに建物で配管するためではありません。
消雪に使用する配管材料を検討しています。
強度が必要なので金属管を考えています。

Aベストアンサー

似てますけど、違います。
水道の鉄管は中にプラスチック(塩ビ?)がコーティングされています。錆びないようにです。
エア用は、ガス管を使うところが多いんじゃないですかね。白ガス管(SGP)なんて言われますが。

Q改築に伴う水道管 口径変更

質問失礼致します。
家の建て替えを行う事となり、一階は店舗、2.3階が住宅となります。 契約変更直前にハウスメーカーから
「水栓数が30あるので、水道管の口径を20から25mmに変更しなくてはいけません。工事に110万、役所への納金15万かかります。」
と言われました。店舗併用なので、使用時間も違います。また仕事的に水量もそう多くは使いません、と説明はしましたが、
「水量計算は40mm口径以上にしか必要はなく、20から25ミリへの変更には水栓数のみで判断します。」との事でした。
そこで、お伺いしたいのが 上記の状態で給排水本管取り出し工事 という110万の工事は本当に必要なのでしょうか?またその際、自治体から補助金などは頂けないのでしょうか?居住地は芦屋市で、母子家庭です。
教えていただければ幸いです。
家の建て替えも初めてですし、わからない事が多く不安な上に、当初契約時には提示しなかった工事や変更が増え、とても疑心暗鬼になっております。またそれに際しても、飄々とやり過ごすハウスメーカーの営業の方にも不安を感じております。最新の契約当時に既に水栓数が多い事はわかっていたはずと思うのです。最後に愚痴のようになり申し訳ございませんでしたが、何卒お力添えを頂戴したく存じます。よろしくお願い致します。

質問失礼致します。
家の建て替えを行う事となり、一階は店舗、2.3階が住宅となります。 契約変更直前にハウスメーカーから
「水栓数が30あるので、水道管の口径を20から25mmに変更しなくてはいけません。工事に110万、役所への納金15万かかります。」
と言われました。店舗併用なので、使用時間も違います。また仕事的に水量もそう多くは使いません、と説明はしましたが、
「水量計算は40mm口径以上にしか必要はなく、20から25ミリへの変更には水栓数のみで判断します。」との事でした。
そこで、お伺いした...続きを読む

Aベストアンサー

以前工務店に勤めいました。納金は水道管を新しく敷地内引き込むに
納めるものです。金額は自治体により一定ではありません。今回の質問者様
は口径を20mmから25mmに交換ですので、納金が発生するかを、管轄水道
局にて確認してみてください。工事金に関しても道路の掘削とか水道管の交換
長さにより、一概に高いか安いかなんとも言えません。私の経験からだと高い
かなと感じます。水道局で指定業者を紹介してもらい見積もりしてもらうのも
いいかと思います。

Q水道が灯油臭いのですが、良い水道管は?

北海道在住です。
庭に灯油タンクを設置し、家に細いパイプ(銅の管と思われる)で灯油を引き込んでいます。
最近、それパイプが漏れたようで水道水が灯油臭くなりました。
水道局に確認したところ、水道管(給水管と言っておりました)がポリエチレン二層管で灯油が浸透してしまったとのことで、各地でも結構発生している事象とのこと。
パイプメーカーや日本水道協会の資料などを確認してもそれに間違いないようで、とりあえず掘ってみました。
やはり、灯油が黒いポリエチレン管に触れておりました。
応急処置はしていただいたのですが、根本的に水道管を取り替えたいと思っております。
私の住まいの周辺は軽い泥炭地で腐食性土壌であるとのことで金属管を使っていなかったのではないかと推定しておりますが、良いパイプはないのでしょうか?

Aベストアンサー

樹脂パイプは、有機溶剤(トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン)、ガソリン・灯油や酸素などを透過します。
金属管は基本的に樹脂ライニングなので、ライニング機能が損なわれます。
もちろん、それらの濃度や樹脂の厚みによって浸透時間は変わります。
バリア性の樹脂を使用すれば、結果論として、灯油程度では浸透などの問題発生がないかもしれません。
しかしながら、私は首都圏の某水道局と共同研究しましたが、水道を供給する側から見れば100%透過しない管材料を選定すべきと申しておりました。当然です。
この研究会で、バリア性の樹脂も研究しました。
フッソ樹脂、EVOH、PA、PAN、PVDFなど、このときはトリクロロエチレン浸透対策だったのでいずれも不可でした。
溶剤浸透防止被覆管についての記述がありましたが、これもだめです。
おっしゃられている通り、バリア層はEVOHの方が良いですね。
食品のからしやワサビのチューブもポリオレフィンがメインですが、臭いなどが透過するのでEVOHと複層になってますね。
首都圏では樹脂管が有機溶剤などを透過するので、波状ステンレス管が使用されていますが、孔食(穴あき)が発生しています。

いずれにしても、現在考えられる管材としては、アルミ複合ポリエチレン管(ポリエチレンにバリア層としてアルミニウムをサンドイッチした管)しかないと思います。
これだと、内外面は樹脂なので腐食の問題はない。
アルミ層で灯油などの浸透は100%防止する。
施工性・耐震性も十分です!
特に継ぎ手は、Oリングのない電子架橋ポリエチレンの形状記憶性能を使用したタイプが良いと思います。
(アルミ複合ポリエチレン管はメイン部が架橋ポリエチレンと高耐熱ポリエチレンのものがあります。)
ただし、水道局側(水道メーターから本管側)だと勝手にはできません。

参考URL:http://www.ivt-group.com/index.php?id=58

樹脂パイプは、有機溶剤(トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン)、ガソリン・灯油や酸素などを透過します。
金属管は基本的に樹脂ライニングなので、ライニング機能が損なわれます。
もちろん、それらの濃度や樹脂の厚みによって浸透時間は変わります。
バリア性の樹脂を使用すれば、結果論として、灯油程度では浸透などの問題発生がないかもしれません。
しかしながら、私は首都圏の某水道局と共同研究しましたが、水道を供給する側から見れば100%透過しない管材料を選定すべきと申しておりました。当...続きを読む


人気Q&Aランキング