斑鳩(いかるが)という地名、なんだが
とてもいい響きですが、この地名の由来を
ご存知の方がおられたら教えてください。

なんらかの鳥の名前から来たのかなあ…?
でも、「いかるが」なんていう鳥は知らないし、
なぜそれが地名になったのだろう…?

なんて気になっています。

A 回答 (2件)

ここにありました。



参考URL:http://www.town.ikaruga.nara.jp/syo/11_syo_a_03. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あう…

即決でしたねえ…。

すみません。斑鳩なんて鳥はいないという
先入観で、よく調べず質問してしまいました。

お手数を取り、申し訳ありません。

お礼日時:2006/05/16 12:34

鵤(いかる)(斑鳩とも書く)という鳥がいます



参考URL
goo辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%F3%A3 …

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%F3%A3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、もうすこし調べて質問
すればよかったですね。

ご丁寧な回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/16 12:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京都市淀の地名の由来?

僕は小学校4年生です。淀に住んでいます。
淀の地名の由来について教えてください。
また、いつ頃から町として出来てきたのか教えてください。

Aベストアンサー

 宇治川・桂川・木津川の合流点付近で川の水が淀(よど)むことから、地名がつけられました。京都に都を移した桓武天皇が804年「与度津(よどつ)」に行幸したと記録がありますので、その頃から町はありました。当時は船で物を運んでいましたので、近畿地方では大津とならんでにぎわっていました。のち、問丸という運送業者や倉庫業が発達し、宿場町となりました。豊臣秀吉が淀城を作って城下町としての町も作られました。しかし、今のように家だらけになるのは、昭和35年以降、大阪や京都に近いため、働く人が多く全国から集まったためです。

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ka8001/fushimi.html

Q地名の由来について

語源はアイヌ語だと聞いたのですが、
「トマム」「キロロ」の由来をご存知の方、
いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

トマム : アイヌ語 湿地・泥炭地

キロロ : アイヌ語 力・勢力

Q地名の由来としての史実と伝説

 葛飾区のある地名の由来を自治体の学芸員の方におそわりました。
 しかし、あくまでも伝説です。という付記が為されていました。

 地名の由来になる伝説とはつまり史実として確認できないものであるという意味でしょうか?
 (具体的には、お花茶屋という地名は吉宗将軍がお狩りの際におなかがいたくなり、お茶屋のお花さんのお世話で助かったというのだそうですが)
 これは否定はできないが確認もできないのでしょうか?
 
 伝説や神話はさまざまに生まれるのでしょうが、江戸時代のこういう伝説はどのようにして生まれる可能性がありうるのでしょうか?
 
 もう一度学芸員の先生にメールで照会するのがどうしてもできないものでしてどうかお願いします。

Aベストアンサー

>地名の由来になる伝説とはつまり史実として確認できないものであるという意味でしょうか?

そうですね。明確な文献等の出典を辿れない場合や物証が無い場合は、史実として確認できないので、伝説扱いになるのかと思います。

Webで調べたところでは、下記のサイトが一番詳しかったです。
これによると、「お花茶屋」と言う名称は、京成電鉄が開通した1931年に同地に誕生した駅名がもとになっており、それが地名(町名)となったのは1964年のことだそうです。
この地に「お花茶屋」にまつわる伝説があったことは確かなようですが、将軍は家光説と吉宗説の2つがあるようです。家光説の方は、茶屋の子孫である石井家に物証(由緒書等)があったようですが、今は紛失しているとの話が残っています。もしこれらの物証が残っていたら、史実とみなされる可能性もあったかもしれませんが、そのような珍しい遺品をもとにして物語が創作されることもままあるので、なかなかこの手の話が真実であったかどうかを見定めるのは難しい。

http://books.google.co.jp/books?id=VISxQwKe6MwC&pg=PA163&lpg=PA163&dq=%E3%81%8A%E8%8A%B1%E8%8C%B6%E5%B1%8B+%E5%AE%B6%E5%85%89&source=bl&ots=u-fnVhZRF8&sig=kzquFG8am-Q1WA8crtmruSQN3G4&hl=ja&ei=AsgITZOEA4WKvQPatL3hDw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=6&ved=0CDcQ6AEwBTgU#v=onepage&q=%E3%81%8A%E8%8A%B1%E8%8C%B6%E5%B1%8B%20%E5%AE%B6%E5%85%89&f=false

なお、「将軍が鷹狩していたら腹痛を起こして~」と言うシチュエーションの伝説は他にもあり、例えば向島の長命寺には、「徳川三代将軍家光が鷹狩に来たおり腹痛をおこし、そこに住職が加持した、庭の井戸の水で薬を飲んだところ、腹痛が治り、そこで井戸の水を長命水となずけ、長命寺の寺号を与えられた」と言う伝説が残っています。

だいたい家光は鷹狩の際に命名することがよほど好きだったようで、下記のサイトを見ると、長命寺も含め、いろいろな命名の来歴が残っています。これらのうちのいくつかは真実であったのだと思いますが、家光の命名癖がある程度有名になってくると、西行の桜と同じで、「家光公御命名のなんちゃら」と言うのが後世の流行りになって各地で物語が創作されたと言うこともありそうです。
http://www.asahi-net.or.jp/~jt7t-enmt/index1/iemitu.html

余談ですが、この伝説をもとに杉本苑子が短編小説「菜摘ます児」を書いており、そこでは将軍は家治になっていますが、これは他に例が無いので、家治としたのは杉本さんの創作であると思われます。

>地名の由来になる伝説とはつまり史実として確認できないものであるという意味でしょうか?

そうですね。明確な文献等の出典を辿れない場合や物証が無い場合は、史実として確認できないので、伝説扱いになるのかと思います。

Webで調べたところでは、下記のサイトが一番詳しかったです。
これによると、「お花茶屋」と言う名称は、京成電鉄が開通した1931年に同地に誕生した駅名がもとになっており、それが地名(町名)となったのは1964年のことだそうです。
この地に「お花茶屋」にまつわる伝説があったことは...続きを読む

Q駒ヶ根市「経塚」の地名由来を教えて

大河ドラマで宮島に平家納経の「経塚」があるようですが
長野県伊那谷の地名「駒ヶ根市経塚」には源氏とかの由来があるのでしょうか?
歴史のは素人です「駒ヶ根市経塚」の元になるページがあれば満点ですね
特に地元の方々、教えて下さい、よろしくお願いします

Aベストアンサー

わからないのに回答しては失礼かもしれませんが、、、、
 
次の講座が近日開かれるそうです。
信濃の歴史講座 第2回
日時 平成24年1月29日(日) 13:30~ (開場13:00)
場所 飯田市上郷考古博物館
講師 長野県立歴史館原明芳さん、飯田市上郷考古博物館岡田正彦
内容 南信州の経塚、発掘からみた中世の人びと―鍋・釜・銭そして―
http://www.city.iida.lg.jp/iidasypher/www/info/detail.jsp?id=7998
http://www.iida-museum.org/news/201201.pdf
 
なお、一般論でいうと、地名はその地域で何か歴史的なものを感じさせますが、どこでもその内容がはっきりしているとは限らないようです。
経塚も、あちらこちらにそうした地名を見かけますが、わからないことは多いようです。
駒ヶ根市は大田切城(平安時代の長寛年間(1163~1165年)に築城)のあったところのようです。
http://www.asahi-net.or.jp/~qb2t-nkns/itiran_nagano.htm
この地域も武田(甲斐源氏)とは関係があったようです。
大田切城(長野県駒ケ根市赤穂太田切)菅野友則の城。治承4年に源氏武田信義らの進攻に戦わずに落城。
上穂城(長野県駒ケ根市赤穂上穂町)上穂重清の城。福与城に籠り、落城後は武田氏に降る。織田軍侵攻で上穂重清は大島城で討死。
赤須城(長野県駒ケ根市赤穂上赤須)片切一族の赤須氏の城。大塔合戦に出陣した赤須為幸が古城を修復。赤須清玄は武田氏に従い、織田軍侵攻で大島城にて討死。
 
一条行忠は、治承四年(1180)父に従って源頼朝の挙兵に呼応して、信州伊那郡の大田切郷で平家軍と戦い初陣の功を立てた。その後、駿河へ出兵して平家の軍と戦い、平家討伐戦には源義経の指揮下に入って、父とともに数々の戦功を立てた。ところが、甲斐源氏武田氏一族の勢力が拡大することを嫌った頼朝は次々と武田氏の武将を斥け、元暦元年(1184)、一条忠頼も鎌倉において誅殺され、行忠も父に連座して常陸に流され、のちに誅殺された。
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/k_amari.html
 
日本では、経塚は11世紀に貴族の寺院建立と同様に作られ始め、12世紀を盛期にして衰退します。その後、聖が諸国で納経活動を行って民間の富裕層で広まり、やがて寺院が信者に現世利益や追善供養の意味で、扁平な小石に経典の字句のうち一文字を書写して多数埋納するのを勧めるようになります。そうした場所は、寺院のソバが多いです。やがてそうした風習は廃れてしまうので、地域の呼称だけが残って跡形もないという場所もあるようです。
駒ヶ根市には光前寺という大きなお寺もあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%89%8D%E5%AF%BA
 
ご質問の場所とは違いますが、このような経塚もあります。
http://gbs3.rds.toyo.ac.jp/chuseibo/data/C18/049/index.html
 
秋田県の経塚を一覧にしたサイトがあります。
http://www.pref.akita.jp/hotta/database/kyuouduka/kyozukahyou.htm
http://www.pref.akita.jp/hotta/database/kyuouduka/kyoudukabunken.htm
地名に経塚とあっても、由来も詳細も不明なところはあるようです。
 
多くの経塚は偶然発見されるもので、地名も経塚となっていて、その由来らしいことが伝わっているのは少ないのではないでしょうか。
http://okyouduka.jp/about-okyouduka/origin
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E5%A1%9A_%28%E6%B5%A6%E6%B7%BB%E5%B8%82%29

わからないのに回答しては失礼かもしれませんが、、、、
 
次の講座が近日開かれるそうです。
信濃の歴史講座 第2回
日時 平成24年1月29日(日) 13:30~ (開場13:00)
場所 飯田市上郷考古博物館
講師 長野県立歴史館原明芳さん、飯田市上郷考古博物館岡田正彦
内容 南信州の経塚、発掘からみた中世の人びと―鍋・釜・銭そして―
http://www.city.iida.lg.jp/iidasypher/www/info/detail.jsp?id=7998
http://www.iida-museum.org/news/201201.pdf
 
なお、一般論でいうと、地名はその地域で何か歴史的な...続きを読む

Q世田谷区上野毛の地名の由来と歴史

東京都世田谷区上野毛の、地名の由来と歴史をできるだけ詳しく教えて下さい。中世(1600年以前)中心だと嬉しいです。

Aベストアンサー

コピペなのですが…

古くは、野毛という区域があり、
それがいつしか上下に分かれ一方が
上野毛という名になったといわれる。
野毛は崖の意味を指すらしく、
多摩川によってつくられた崖地であったことから
この名がついたと思われる。
上野毛、下野毛に分かれたのがいつごろかは不明。
元和元年(1617)には、すでに上野毛村として
文献に表れている。
明治22年(1889)に付近の7つの村と合併して
誕生した玉川村の大字となり、
昭和7年(1932)の世田谷区成立の際に
玉川上野毛町となった。
その後町域変更を重ね昭和44年(1969)に
住居表示し上野毛となった。

ちなみに多摩川をはさんだ真向かいの神奈川県側に
「下野毛」はあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報