四塩化炭素というのは、どういう薬品なのでしょうか?
この間、事情があって、取り扱ったのですが、
「危険な薬品(劇薬)」ということを聞きました。

知らないで使っていた自分が恐ろしいです
教えていただければ、うれしいです。

よろしくお願いします

A 回答 (5件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「国際化学物質安全性カード」
毒性等に関してさらに詳細が知りたいのであれば補足お願いします。

参考URL:http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0024c.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になるサイトを紹介していただき、ありがとうございます
知らなかったとはいえ、自分がこんな危険な薬品をとりあつかって
いたとは・・・

ありがとうございました!

お礼日時:2002/02/11 18:55

専門家でなく、聞いた話なので間違っていたらすみません。



従来、四塩化炭素は基板洗浄などの溶媒として(比較的)気軽に使われてきたようです。
しかし、環境への影響がクローズアップされ(もちろん人体にも有害ですが、有機溶媒はどれも大なり小なり有害です)、一気に厳しい規制がなされたようです。

以前は普通の有機溶媒として気軽に使っていたのに、急に製造禁止にまでいってしまうとは..と戸惑う化学屋さんも多いようです。

ちなみにたいていの化学薬品は劇物(もしくは毒物)ですので取り扱いには注意が必要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!以前は、そんなに危険視されていなかったのですね!
どうして、こんな危険な薬品が、素人の私が取り扱える状況にあった
のか、疑問を持っていたところです!
そうことだったのですね

ありがとうございました

お礼日時:2002/02/11 19:37

私は仕事で何年間か使ってました。


おもにプリント基板の洗浄に使ってましたね。
マスクも手袋も換気扇も使ってなくて、手にバシャバシャかかってましたが、なんともなかったです。
一回くらい使ってもそんなに気にしなくていいと思いますよ。
    • good
    • 0

かつては家具の薫蒸(防虫目的)に汎用されていたものですが,毒性が強いために使われなくなりましたネ。



私自身は学生のときに動物実験に使っていた時期がありました。
使っていた目的は‥ラットに人工的に急性肝障害を起こさせるためでした。
四塩化炭素を腹腔内投与したラットは間違いなく肝臓にひどい障害を起こすのですヨ。12時間~24時間以内に。

勿論,注射するだけではなく,蒸気を吸い込むことも危険です。

たしか,5年程前に世界中で製造中止になったのではなかったでしょうか?
私の研究室でも在庫が数本残っているだけで,二度と補充できる目途が立っていません。

取り扱われる際には;
ドラフトの中で行なうこと。
皮膚に付かないように気をつけること。
間違えてもピペットを口で吸わないこと(ピペッターを使ってください)。
廃液は取扱基準に沿って処分すること。
こういった点に注意してくださいネ。

実験の指導教官が取り扱い上の注意事項を説明しないということは困ったものですネ(勿論,取り扱う学生さん自身も自らが扱う物質について事前に調べないというのも困ったものですが‥)。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kawakawaさんのご指摘のとおりです
どんな薬品かもしらずに扱っていた自分が
恐ろしいです!

ありがとうございました!

お礼日時:2002/02/11 19:30

四塩化炭素=劇物に指定されております。


(毒物及び劇物取締法、別表2の26)
したがって、みだりに取り扱うことは非常に危険です。
性状については、手元に資料がありませんので、回答が出来ません、あしからず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます!
やはり、劇物だったのですね!
みだりに取り扱ってしまいました・・・

お礼日時:2002/02/11 18:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四塩化炭素の毒性について

四塩化炭素を、ヒトが飲んだり大量に吸い込むとどうなりますか?
刑事ドラマなどの誘拐犯が布に四塩化炭素を染み込ませて口を覆い気絶させる、
というのを聞いたのですが(友人情報)
少量を吸い込んだ場合と
大量に吸い込んだ場合と
飲み込んでしまった場合の症状を具体的に知りたいです。

あと、致死量もどのくらいなのか知りたいです。

Aベストアンサー

四塩化炭素(C Cl4)ではなくてクロロホルム(CHCl3)ですね。
何故かドラマでは気絶させるのに使用していますが、これは昔ヨーロッパで麻酔剤として使用された経緯があったからかもしれませんね。
実際には5分くらい覆わないとまず気絶しないでしょう。
またクロロホルムは特有の臭いがあるので、思いっきり吸いこんだら先ず咽ます。

毒性については下記の参考ページに書いてあります。
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0027c.html
http://www.env.go.jp/chemi/report/h15-01/pdf/chap01/02-2/07.pdf

Qベンゼンのlewis構造式

ベンゼンのlewis構造式は表記できるのでしょうか。色々と調べてみたのですが、複数存在するとかかんとかが分かっただけで肝心の表記が分かりません。
ベンゼンのlewis構造式はどう書くのか教えてください。もし表記の載っているサイト等があれば、教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

ベンゼンの各C-C結合は、共鳴によって1.5重結合になっているというのはご存知でしょうか。
ルイス式(電子式)では整数重結合しか表記できないので、1.5重結合は表記できません。
無理やり表記するとすればこんな感じでしょうか。
実際にはこの中間状態になっています。
注意してほしいのが、「行ったり来たりしてる」わけではなく、「中間状態をとっている」ことです。

詳しくは
http://ja.wikipedia.org/wiki/共鳴理論
をご覧ください。

Q毒物劇物取扱者試験の勉強についてです

今年毒物劇物の試験を受けたいと思っています。
一般の毒物劇物取扱者を受験したいと思います。
テキストと問題がセットになった教本を購入しました。
合格した方は、どのような勉強方法をしたのか教えていただきたいです。
工業化学は高校でやっていたので、少しだけは知識あります。
効率的な勉強方法、一日何時間くらいやれば効率がよいのか、おしえていただきたいです。
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

過去の問題だけを5年分丸暗記して本試験を受けました。このとき分かったのですが、本試験ではほとんど過去の問題がそっくりそのまま出題されているのを見てびっくりしました。

こんなに簡単な試験は初めてでした。

テキストなんて触る必要もありません。ただひたすらに何回も過去の問題を解くことを繰り返すだけで楽勝で合格することができます。

勉強方法は毎日2~3時間程度を10日間もやれば十分です。

難易度は、危険物乙4の数分の一程度と思ってください。



>工業化学は高校でやっていたので、少しだけは知識あります。

これはあまり関係はないです。とにかく過去に出題された問題を解いて丸暗記するのみです。

Qどこまでが濃塩酸?どこまでが希塩酸?

濃塩酸は普通、市販で12mol/リットルですが、水でうすめて濃度がどのくらいになった時点で希塩酸と呼ぶのでしょうか?
同様に、濃硫酸と希硫酸の境目についてもお教えください。

Aベストアンサー

 「日本薬局方」には希塩酸,希硫酸は10%の物と規定があります。が,濃塩酸,濃硫酸については規定はありません。

 以下は,実際に使用する場合の話です。

 まづ最初に,「化学文献」等では希塩酸や希硫酸などの表現は殆ど使いません。○%塩酸とか○%硫酸と表現します。

 で,数は少ないですが「希塩酸」や「希硫酸」と記載があった場合は,その目的を考えて1%~10%の適当な物を使います。これは,%表示しないという事は何%でも問題ないということだからです。

 では,「濃塩酸」や「濃硫酸」の場合ですが。この場合は,市販の「濃塩酸」や「濃硫酸」をそのまま使います。これも,多少の%の変化は問題ないという場合ですので,気にしないわけです。

 と言う事で,私の感覚で言えば,「濃○○」は市販品そのもの,「希○○」は10%以下,となります。その間は%表示をする。

Q比重の計算

本当にバカな質問してすいません。

ある溶剤の比重が1.2とします

10ml取った場合は12グラムでいいでしょうか?


もう一つ比重が0.8とします

10ml取った場合8グラムでいいのでしょうか?

バカな質問ですいません。頭がこんがらがってきました。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 合ってますよ^^

 比重の単位は、g/cm3です。
 cm3とmlは同じ単位ですから、g/mlと置き換えてもかまいません。


>ある溶剤の比重が1.2とします
>10ml取った場合は12グラムでいいでしょうか?

さて、こういう場合は、単位もまとめて計算するといいです。

10ml×1.2g/ml = 12g

「ml」に「g/ml」をかけるということは、
「ml」に「g」をかけて「ml」で割るということです。
「g」だけが残りますよね。

0.8の場合も正解です。

Q酸化第2鉄ってなんすか?

以前聞いたんですが
酸化第2鉄とアルミがすごい反応をするらしいんですが
酸化第2鉄がよくわかんないんですけど
どんなのなんですかね

あと
その反応ってのも
どんなのか知りたいです

Aベストアンサー

酸化第2鉄とは、鉄の酸化物ですから、いわゆる「鉄サビ」ですね。

質問の「すごい反応」とは、「テルミット法」といわれる、鉄を取り出すための工業手法(冶金)です。
でも、単純に酸化第2鉄とアルミニウムを混ぜても反応は起こりません。

化学的にこの二つの物質の混合物に点火すると、火花を散らして反応します。反応温度は約3000度に達します。反応が終われば、鉄と酸化アルミニウムになります。

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Q施行令と施行規則

法律は専門外なのですが、仕事の関係上、法令要覧等を読んでいると、法律に合わせて施行令、施行規則なるものが記載されています。施行令、施行規則とは何なんでしょうか。何となくは解るのですが、はっきり定義できません。識者の方々、ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 法律は、国会で制定されるものですが、法律をうまく機能させるためや、法律で規定しきれなかった細かい事柄を明らかにするために、内閣(政府)が出す命令を政令といい、この政令のことを、施行令といいます。
 また、同様に、各省庁の大臣が出す命令(省令)が施行規則です。
 法律は、国会で制定されるものですから、たとえほんの少しでも改正するためには、国会の審議を経て、可決される必要があります。そこで、しょっちゅう変更することが必要な毎年かわる数値などや、非常に細かい事柄は、施行令や施行規則にしてしまうことによって、内閣や大臣の判断で改正できますから、煩雑な手続きが不要となるという利点があります。
 しかし、勝手に施行令や施行規則が作られては困りますから、これらは必ず、法に基づいて制定されなければならないことになっています。

Qアキラルとは。

アキラルというものが解りません。辞書によると
キラルというのは像と鏡像が重なり合わないもので、
アキラルは像と鏡像が重なり合うらしいのですが、
(像と鏡像が)重なり合うと云う事は、おんなじ物質
というのと違うのでしょうか。

どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら回答
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> アキラルというものが解りません。

 簡単に言えば,「キラルでないもの」をアキラルといいます。


> アキラルは像と鏡像が重なり合うらしいのですが、
> (像と鏡像が)重なり合うと云う事は、おんなじ物質
> というのと違うのでしょうか。

 はい,同じ物質です。よく使われる例に手袋があります。右手用(あるいは左手用)の手袋を鏡に写すと,左手用(右手用)になり,元の右手用(左手用)とは異なります。この様な場合を「キラル」と言います。

 一方,靴下の場合,右足(左足)用とも形が同じですので,右(左)足用の靴下を鏡に写しても同じ右(左)足用になります。この様に,鏡に写しても元と同じになる場合を「アキラル」と言います。

 「キラル」,「アキラル」と言う言葉は出てきませんが,下の過去質問「QNo.337088 光学不活性・・・」の ANo.#3 の回答とそこで紹介されている過去質問が参考になると思います。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=337088

Q分子量測定(デュマ法)について

分子量測定で測定できるのは「揮発性の物質」なのですか?どういったところが向いているのでしょうか。

Aベストアンサー

デュマ法では, 普通, 沸騰させた水に比重びんをつけ, 中の試料を気化させて比重びんの中の空気を追い出して置き換えるので, 試料の沸点が水の沸点よりも低くないと使えません.
つまり, 試料の沸点が水の沸点よりも低いという意味で『揮発性』と書かれているのだと思います.
ご質問の回答になっているでしょうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報