最近、知り合った彼女とは、出身地も違うし接点はないです。でも生年月日が同じで趣味も行動も同じ。例えば、自分はバイクで日本一周した事があって彼女も同じ時期にやってました。そんなの趣味が同じで気があうだけだろうって思ってましたが、つきあうようになって、彼女に触れた時、皮膚感覚が同じなんです。つまり、触ったら自分を触ってるみたいな感じ
よく体の相性が合うとかいうけどそおいうのとは違います。考えてる事も同じで、行動も同じ。自分が部屋の模様がえしたら彼女も同じ事したり、気分悪くて病気で寝込んだ時、彼女も同じように風邪で寝込んでました。双子ではこおゆう話をよく聞きますが、彼女とはまったく赤の他人です。もしかしたら遠い親戚かなにかで血のつながりがあるのでわ?と思い調べましたがまったく接点ないです。
こおゆう現象を研究してる人いないですかね?もしくはこの現象と同じ体験してる人がいたら話を聞きたいです。小さい頃、ケガしてないのに痛みを感じる事があってもしかしたらその痛みは彼女がケガした痛みでは?とか考えてます。
小学校の頃、交通事故で右足に怪我したんですが、彼女も小学生の頃、交通事故にあって同じ部分に怪我してるんです。傷の大きさも同じです。お互いの実家に行って母親に確認しましたが母親同士も何も接点なし。まったく不可解な現象です。
なんとかのこ謎を解明したいです。ここまで合うと怖いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

それはきっと「ソウルメイト」なんだと思います。


心の親友というか、オカルトっぽくなるので書くのは控えますが、それだけ偶然が重なるというのにはなにか深い意味はあると思います。例えば、前世で親子や兄弟だったとか。だけど、これは決して悪いことではないと思いますし、彼女と一緒に居て心地よいのなら最高ではないですか。知り合いの夫婦で、その人達も不思議な縁で繋がっていました。そこで気になって、ある人に観てもらったら「前世つながりがあった」ということから、なんでもギリシャがその場所だった。なんてことになってふたりでギリシャへ出かけたところ、涙が止まらなくなってすごく気持ちよくなれたそうです。(実はいろいろとあったんですが)。
まぁ、こういうことは、付き合っている(または友達関係)となんだかの形で出てくるものだと思います。
また、これは人が普通に過ごしている中で無意識のうちに出てくる第三の感情みたいなものだと思います。
例えば、同じ時刻に病院にいたとか、たまたま同じ映画を観ていたとか。本を買ったとか。些細なことでも偶然というか必然ですかね?あるとは思いますよ。
「虫の知らせ」や「シンクロニシティ」というか。
気になるのでしたら、「エドガー・ケイシー」の本なんて読んでみるのも面白いかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそくソウルメイト検索してちょっと納得しました。
あとシンクロニシティとか
あまりつきつめていくと、説明のつかなくなる現象が多くて
人間ってなんでも解明したくなるなって思いました。
参考になりました。(=^_^=)

お礼日時:2002/02/15 11:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポリスのシンクロニシティ

ポリスのシンクロニシティってどんな内容の曲なんだろう・・って気になっています。和訳が載っているサイト等があったら教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

今晩は
下記サイトを参考にして下さい。↓

http://www.jc-i.jp/lyrics1.htm

Q制御のやりとりで機器によって無電圧a接点、有電圧b接点どっちが来るのかおおよそ決まりがあるのでしょう

制御のやりとりで機器によって無電圧a接点、有電圧b接点どっちが来るのかおおよそ決まりがあるのでしょうか?
また、リレー受けという言葉がありますがどういった意味でしょうか?

Aベストアンサー

a接点とは、無通電時開放、通電時に閉じる(メーク)接点、
b接点とはその逆で、無通電時閉じており、通電時に開く(ブレーク)接点です。
どちらを使うかは、何を監視するのか、どの状態を監視するのか、で異なります。

リレー受けとは、受け取り回路がリレーであり、リレー駆動のため直流電圧があるので注意、
ということです。
受け側電圧の正負を確信しないと、そのリレーが動作できないこともあるので注意です。
最近は電子回路(直流低電圧)で受け取るので、改めてリレー受けという断りは無いと思います。
あるとすれば、「電気を喰います」という注意でしょうか。

Qシンクロニシティ的画面作りをしている映像がありましたら教えてください

象徴的にシンクロニシティ的に事象を並べて、何かを映像表現している、映像作品がありましたらお教えください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ぱっと思いつくところで、

「ブギーナイツ」
ローラーガールが男を殴るシーンと、マーク・ウォールバーグが暴漢に殴られるシーンがだぶる。

「ビリー・ザ・キッド 21歳の生涯 特別編」(おそらくディレクターズ・カット)
オープニングで、パット・ギャレットが撃たれるシーンとビリーが鶏を撃つシーンがだぶることで、ビリーがパット・ギャレットを撃っているような印象

Qどこのガソリンスタンドも同じ地域なら同じガソリンだけどエネオスとエッソだけはバイオガソリンってどうい

どこのガソリンスタンドも同じ地域なら同じガソリンだけどエネオスとエッソだけはバイオガソリンってどういうことですか?

ガソリンとバイオガソリンってどう違うんですか?

違うけど同じ製油所ってどういうこと???

あとオクタン価ってなんですか?

Aベストアンサー

>どこのガソリンスタンドも同じ地域なら同じガソリンだけど

違いますよ、元売りによってガソリンの成分が違います

>エネオスとエッソだけはバイオガソリンってどういうことですか?

バイオガソリンも売っていると言う事です
バイオじゃないガソリンもあります

オクタン価は、ノッキングが怒りにくい指数です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%B3%E4%BE%A1

Q悪いシンクロニシティ

ある人に出会って、しばらくしてから、いい事もありながら、気分の悪いシンクロニシティに悩まされています。
一部ですが、例えば
・13と言う数字に頻繁に逢う
・ライバルの名前と同じ名字を頻繁に目にする。など、
精神的には、正常に生活しています。うまくつきあって行く方法を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正直に申しましょう。
それはシンクロニシティではありません。

生活の中で数字というものは氾濫しています。
13という数字はその中の一つ。
なぜ頻繁にあうかと言うと「気にしている」からです。
他の数字ですと目に入っても記憶に残らずスルーです。
知らないうちに探している場合もあります。
たとえば12という数字も確立の上では同じだけ存在していると思います。
実際には13と同じだけ見ているかもしれないですよね?
名前についても同じです。

うまく付き合う方法ですが「気のせい」であることを理解してください。


詳しくお知りになりたかったらこの質問を閉めてから「心理学」のカテで
質問なさると良い回答が寄せられると思います。
参考になれば幸いです。

Q接点容量

制御回路で電磁接触器のコイルを開閉します。
コイル仕様はAC100V,瞬時440VA,常時40VAです。
簡単に計算して瞬時に流れる電流は440VA/100Vで4.4Aとなります。
接点定格5A(抵抗負荷:5A,誘導負荷:2.5A)というリレーを使用することに何か問題があるのでしょうか?
ちなみにリレーメーカーに問い合わせたところ
「接点定格10A(抵抗負荷:10A,誘導負荷:5A)のリレーの選定となる。」と回答をもらいました。
メーカー返答としては「余裕をもった容量を推奨」ということでしょうが・・・よくわかりません。

Aベストアンサー

こんばんは。

質問者様が選定の電磁接触器を駆動する場合、接点閉時に突入電流が4.4A流れ、その後定常電流である0.4A付近で安定します。
一方、選定のリレーは接点定格(その接点に流すことができる最大電流値)は、抵抗負荷で5A、誘導負荷で2.5Aのスペックを持っています。

ちなみに、誘導負荷が抵抗負荷に比べて開閉能力が劣るのは、誘導負荷による蓄積電磁エネルギー(突入やサージ等)が大きい為で、開閉するのに抵抗負荷よりもより能力が必要な為です。

改めてご選定のリレーをみると、誘導負荷に対しては2.5Aの接点容量が推奨許容スペックとされています。
その為、瞬時であろうとも4.4Aが流れる選定の接触器の開閉には、能力不足ということになります。
各メーカーのカタログに、接点容量の能力グラフが記載されているはずですので、調べてみてください。
抵抗負荷では電圧線と電流線が直交しているのに対し、誘導負荷ではmaxスペック辺りで、欠けたような特性になっているはずです。

ですから、メーカーとしては安全・保障面を考慮し、許容電流範囲内の製品を推奨するのは、当然といえるでしょう。

では、実際にご選定の組み合わせで使えないのでしょうか?
実際、使えなくはありません。(ノンオフィシャルな話しとして、ですが。(^^;)

まかりなりにも接点定格が5Aあるのですから、4.4Aが流れたとしても、許容値ぎりぎりで使えるはず、と思えますよね?
しかし前述のように誘導負荷は持ち合わせるエネルギーが大きく、接点の消耗や溶着などを招きやすくなり、結果的にメーカーの示す開閉頻度に対するスペックや保証面を満足できない可能性がより大きくなる訳です。
その為、特に誘導負荷に対しては抵抗負荷よりも、より余裕のある選定をする必要があるのです。

ですから、#3様がお答えのように安全面を考慮するとメーカーが推奨するリレーを使用されたほうが、問題の起こる可能性が低く適正な選定と言えるでしょう。

こんばんは。

質問者様が選定の電磁接触器を駆動する場合、接点閉時に突入電流が4.4A流れ、その後定常電流である0.4A付近で安定します。
一方、選定のリレーは接点定格(その接点に流すことができる最大電流値)は、抵抗負荷で5A、誘導負荷で2.5Aのスペックを持っています。

ちなみに、誘導負荷が抵抗負荷に比べて開閉能力が劣るのは、誘導負荷による蓄積電磁エネルギー(突入やサージ等)が大きい為で、開閉するのに抵抗負荷よりもより能力が必要な為です。

改めてご選定のリレーをみる...続きを読む

Qシンクロニシティについてです。あの人どうしてるかな?と思っていたら連絡が来ることがあると思うのですが

シンクロニシティについてです。あの人どうしてるかな?と思っていたら連絡が来ることがあると思うのですが、それは私がその人を思い出したからでしょうか?
それとも相手が私に送ってくる意識に気がついたからでしょうか?
どちらもあるのか、または完全に同時なのか。。
分かる方、経験ある方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

シンクロシニティというのは、ユングの研究のひとつです。

私たちは、確率の計算からすると、やはり何かがあると思わざるを得ない偶然というものがあります。お互いに連絡も取れない状態で、それも、普段行かない、どこかの街で偶然に出会うということがあります。

古くは、有名なダーウィンの種の起源の研究には、もう一人、遠く離れた場所で同じ研究をしていたという話があります。

現在も、よく話題に登る「双子の研究」もそのひとつです。

私にも、経験はいくつかありますが、ただ、全体的なことをいうと、私たちは、動物と同じように、種(Species)であるということですね。孤立無援のはずなのに、共通した感情を持ち、同じ運命の中にいるわけなのです。それが、相手に心を許した人ほど、そういう現象が現れやすいのではないでしょうか。言い換えると、「共鳴」という現象です。

テレビで良く感じさせるのは、お笑いコンビの「さまーず」の二人というのは、仲が良いというのか、彼らの衣装は、二人は相談をまったくしないでも、同じ種類のものを着たり、買ったりすることが多いそうですし、番組中の買い物でも同じ様なシーンがあります。本人たちは、それほど深く考えてはいないようですが。

また、宮城音弥博士の『虫の知らせ』の研究で、実際にフィールドワークで戦後、戦死なさったご家族についての調査したことが有名です。
脳科学では、大脳生理学の品川嘉也教授が、高段者の合気道や禅の高僧、外気功における実際の脳の血流の変化から、師匠と弟子の関係などで、脳の共鳴現象が現れることを実証しています。

>相手が私に送ってくる意識に気がついたからでしょうか?
どちらからともなくということでしょうね。

これを、太平洋戦争の前には、こういうことは一般的に信じられていたようですが、たぶん左翼的な教育のせいだと思いますが、戦後急速に萎えてしまったようです。

人の心根を信ずることができさえすれば、そんなことは当たり前のことだと思います。数ヶ月前、私は、名前すら忘れていた人でした。今から30年以上も前の人のことがありありと、突然に心に浮かびました。今は、連絡も取りようもない人ですが、おそらく、その人に何かあったことは容易に想像つきました。こういうことをファンタズムと言いますが、それは、単なる幻覚(イリュージョン)とは違い、概ね、客観的な出来事(エピソード)であることが、後々になって分かるものなのです。私の家系にはだいだいこうした話が残っています。

芥川龍之介の詩に出てくる「かなしき人の目ぞ見ゆる 」のたとえの通りだと思います。(この話は説明しだすと、論点がそれてしまいますので割愛します)

公の場ですので、あまりプライベートの話が書けなくてすみません。

こんにちは。

シンクロシニティというのは、ユングの研究のひとつです。

私たちは、確率の計算からすると、やはり何かがあると思わざるを得ない偶然というものがあります。お互いに連絡も取れない状態で、それも、普段行かない、どこかの街で偶然に出会うということがあります。

古くは、有名なダーウィンの種の起源の研究には、もう一人、遠く離れた場所で同じ研究をしていたという話があります。

現在も、よく話題に登る「双子の研究」もそのひとつです。

私にも、経験はいくつかありますが、ただ、全体的...続きを読む

Q無電圧接点

防災関連の仕事に従事し始めたものですが、火災報知器取り付けの際に、無電圧接点という言葉を聞きますが、一体何のことなのでしょうか? 宜しくお願いします。電気に関しては素人です。

Aベストアンサー

ON・OFF信号をやり取りするときに、スイッチ(接点)のON・OFFで信号をやり取りする方式です。
信号を送る側は単にスイッチをON/OFFするだけで、信号を受け取る側でON/OFFを検出するための電源(ON/OFFを検出するには電圧をかけて流れる電流を見る必要があります)を用意します。
この、単にON/OFFするだけの接点(接点状態を見るための電源を持ってない)を無電圧接点(取り合い)と呼びます。

Qこの不思議な現象(超常現象)を科学して下さい。シンクロニシティでしょうか?

私の家庭で実際に起きた超常現象について書きます。
どなたかこれを分析してください。

私が育った家庭は大変な崩壊家族で、母親は2度結婚し離婚しています。
たくさん家族のメンバーが出入りしましたが、結局みんな異常性格の母親に我慢できずに出て行ってしまい、最後に私と母親だけが残って生活していた時のことです。この時期、私も母親との生活により、大変なストレスにさらされており、私も結局この家を出て行く決意をし、実際出て行く2,3週間前に起きた現象です。

この家は木造2階建てで、私の部屋は2階にありました。
ある日、母親が留守で、私が自室に一人でいると
1階でものすごい衝撃音が聞こえました。
その音は、スタンドランプが倒れて床で割れるような音に
聞こえました。(1階にいくつかスタンドランプがあったので
そのように思い込みました)
夜の10時ころでした。私は驚いて1階に駆け下り
1階中を点検したのですが、どのスタンドランプにも異常はなく、
窓ガラスなども割れていなかったので、あれ??と不思議に
思いながら自室に帰りました。
数日後、たまたま滅多に人が出入りしない1階客間(洋室)に行く
用があり、その部屋のキャビネット(ガラス戸のもの)を
ふっと見るとキャビネットの中の洋酒(シーバスリーガル)
のビンが真っ二つに割れていました。
キャビネットのガラス戸には何も異常がないのに
その中のしっかりした洋酒ビンが横にちょうど半分くらいのところで
真っ二つだったのです。ビンの下半分に、上半分がかぶさりながら
乗った状態でした。先日の衝撃音はこれだったのか・・・と
納得しましたが、原因がまったくわかりません。
キャビネットの中には他にもたくさん洋酒ビンが入っていましたが、
他はどれにも異常がありませんでした。
また、このシーバスリーガルは私の記憶では、もともと中身が少ししか
残っていなかった(下から2,3cmくらい)と思います。

フロイトとユングが過去にシンクロニシティについて
激しい論争をしていた時、二人の後ろにあった本棚のガラスが
突然割れたという有名な逸話があり、ユングはこれを指して
「見なさい、これがシンクロニシティだよ」と言ったと言います。
私はうちの家庭でも家族がひどい崩壊をしていた最中の出来事なので
これはユングの言うシンクロニシティと同じ現象なのだろうか・・・
と思ったりします。
しかし、洋酒のビンが真っ二つになるとは・・・
ご意見いただけたら幸いです。

私の家庭で実際に起きた超常現象について書きます。
どなたかこれを分析してください。

私が育った家庭は大変な崩壊家族で、母親は2度結婚し離婚しています。
たくさん家族のメンバーが出入りしましたが、結局みんな異常性格の母親に我慢できずに出て行ってしまい、最後に私と母親だけが残って生活していた時のことです。この時期、私も母親との生活により、大変なストレスにさらされており、私も結局この家を出て行く決意をし、実際出て行く2,3週間前に起きた現象です。

この家は木造2階建てで、私...続きを読む

Aベストアンサー

それから、シンクロしない事象には印象が残らないという反証なんですけど、これはまったくもっともなんです。しかし、質問者さんの問題は違う。こんなに精神的に疲弊した状態で、ビンが割れた。あたかも「気」の充実のように。
偶然性とか、それに対する意識の問題ではなくて、人生の問題です。その人生とこの偶然性と合理的説明がかみ合うのか。もしかみ合わないならば、不毛に終わるのです。

つまり、質問者さんにとっては、人生の方がシンクロにティの学問的探求よりも重要事項なのです?

だから、質問者さんの「人生」を考えて回答しなければならないと感じますね。

つまり、これは次元が交錯した問題ですよ。一方ではシンクロの科学学問的(こんなものは人間に解けないでしょうが)、一方は質問者さんの苦しみがある。
この交点の問題です。

この交点には、どうしても「人生」の意味を付随させなければならないでしょう。その答えは「暗示」ですね。人生の峠だということではないでしょうか。

Qセンサの接点

温度センサで、例えばモータの温度上昇限を検出するようにする時、通常b接点で、接点が開になったら異常とするのか、a接点で、接点閉になったら異常にするのか、どちらが良いのでしょうか?

昔、チラッと「b接点の方が良い」と聞いたような記憶がうっすらあります。けど、その時も「なぜb接点の方がいい」のか分かりませんでした。

Aベストアンサー

故障の確率の少ない接点を利用します
1)異常センサーは滅多に動作しません、a接点の場合は接点汚れで接触しない場合が考えられる b接点では接触不良で警報がでる

2)a接点では配線の断線を検知できない b接点では警報がでる
3)a接点ではセンサーのリレーの断線では動作しない b接点では警報がでる


人気Q&Aランキング