頂き物の鉢植え。

お花がきれいな内はいいのですが、時が経つにつれ、みじめな姿になっていきます。
それを毎日手入れする時間はないし、かと言って、捨ててしまうのは気が引けるし....。

そんな鉢植えを引き取ってくれる業者さんはいないでしょうか?

ご存じの方、教えてください。

A 回答 (5件)

 補足を見ていると、oyama-gomiさんは今、使い捨てにすることと、大切に育てたい気持ちの葛藤期だと思います。



 切花だったらいかがですか?使い捨てに出来ますよね?
 確かに植物も生き物だし、最後まで面倒を見てやりたい、もしくは自分で出来ない分、人に引き取って貰いたい気持ちは私も分ります。
 花屋さんの意見を聞いてみると、確かに鉢花は最後まで育てて欲しいが、やはりビジネスなのでそこは割り切らないと花屋は出来ないとおっしゃっていました。
 私はその意見に肯定します。
 
「でも鉢花だし、余計に切り捨てられない…。」と花好きになってくると避けられない時期かもしれません。
 今後のことはoyama-gomiさん次第のように思えます。
 私も、花を育てるときも、間引きとか本当にしたくない時期も出てきます。花好きだからこそ…。

 割り切って、捨てる、残すコトも必要かもしれません。

 >無料で引き取り、育てて、また、花の時期に売る、そんな仕事…。
 は、将来できるかもしれませんが、やはりそのときも私は、綺麗なうちに、元気なうちに引き取ってもらうのがマナーではないかと思います。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメント、ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/19 12:31

業者さんというのは「仕事(お金になる)」ですから、自分ではもう捨てるしかないようなものではやはり無理なのではないでしょうか?オークションは「売り物」になるものだけが出品されているわけではありませんが、やはりポインセチア・シクラメンクラスでは難しそうです。

お花がかわいそうならば、頂いた方には申し訳ないけど花姿のよいうちにどなたかに差し上げるのがよいのではないでしょうか?手間も時間も惜しみ、イヤなことを人任せというのは・・・・。少なくともお金にしようというのならば、無理だと思います。

この回答への補足

miitannさま、ありがとうございます。

その前のいくつかの、きついコメントにびっくりしました。

私としては、育てる自信と時間がないし、かと言って捨てるのは忍びないし、そうこうする内にシーズン毎に増えていくしで、
似たようなことで困っている都会生活者も多いでしょうから、きっと、そんな仕事をしているところもあるのでは....と思ったのです。

無料で引き取り、育てて、また、花の時期に売る、そんな仕事も成立するのでは、と思ったのです。

この日本中で誰かが、もう、やってるかも知れないと思ったりしています。

補足日時:2002/02/16 22:06
    • good
    • 0

葉っぱがばらばらしてきたシクラメンは弱っていく一方なので


誰かに引き渡しても再生するのは非常に難しいです。
シクラメンはきちんと手入れをしてやると5月まで咲きます。
この時期にシクラメンに花が無いのはその株が死にかけてる事となります
可愛そうですが、そのまま貴方の所で始末しては如何ですか。
    • good
    • 0

 自分がいらなくなった物でも、特に相手に差し上げて相手方が困るようなものは常識ハズレではないでしょうか?


鉢植えに限らずそうじゃないですか?

 業者さんなんて、植物の鮮度や長持ちする信用が第一ですし、見つかりにくいと思いますよ。

 oyama-gomiさん、業者さんの立場にたって考えてみてください。あなたならタダでも、葉っぱがバラバラしてきたシクラメンを引き取りますか?

 ちょっとキツイアドバイスでスミマセンが、投稿しました。暴言だとは思っていません。以上。
    • good
    • 0

残念ながら「業者さん」はわからないのですが、Yahooなどのオークションに出してみてはいかがでしょう?私はガーデニングが趣味ですから、増やせる植物を大量に増やしすぎてしまいます。

そういう時にはあまった分を出品しています。儲けはほとんどありませんが、送料だけでも負担してもらえばそれでいいと思っています。ただし、業者など(あるとしたら)もそうですが、多年草や樹木(花木)じゃないとだめですね。一年草はすぐに枯れちゃいますから・・・・。お正月のランや松竹梅の寄せ植えなんかオークションで見ますよ。花が終わっているならばその旨お知らせしなければなりませんが・・・・。私だったら欲しい花があれば、今花がない状態でも「苗」としてオークションで落札しています。

この回答への補足

miitannさま

アドバイス、ありがとうございます。

オークションに出すなんて、そんなシロモノではないのです。

クリスマスの時期にいただいたポインセチアとか葉っぱがバラバラしてきたシクラメンとか、困りものの鉢たちなのです。

どなたか、そんな鉢でも回収してくれる業者をご存じないでしょうか?

補足日時:2002/02/15 06:37
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉢植えが割れてしまったのですが...

鉢植えが割れてしまったのですがこれをうまく元通りにくっつける方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

鉢植え専用の接着剤ですね。
ホームセンターで売ってます。ドイトなら確実です。
綺麗に割れてくれれば綺麗に治りますが、木っ端微塵はまるでパズルゲームです。でも、陶器は重いけど、植物にはいいから仕方ないですね。

Qみかん、ゆずの鉢植えの手入れ方法

こんにちは。
 お店にいくと、みかんの木 ゆずの木 2000円弱で
売っていました。
 家には畑(黒土)があり、もみじ、松、少しの花が植えて
あります。
 ここに植え替えるとまずいでしょうか?
 家の中で栽培したほうがいいでしょうか?
 その場合の手入れ方法を教えてほしいのですが。

Aベストアンサー

ANO,1です。
北海道ですか。
北海道で柑橘類の苗木を売っているということに少し驚いています。

>鉢植えでみかんが2個、3個、青くなったものができていました。

これは、冬場に北海道の屋外で育てたものではなく、温かい地方、または温室などで育てた苗木を取り寄せてお店に並べているんでしょう。

私は千葉県に住んでいます。
関東では庭や垣根にゆずやみかんが植わっていますが、北海道に住んだことがないのでわからないのですが、お住まいの近辺に屋外で育っている柑橘類がありますか。

先日、
「地球温暖化の影響で気温が昔より高くなり、茨城県でも柑橘類を生産、出荷できるようになった。」
というような話題を目にしましたが、これが話題になるぐらいですから、私は関東より北ではかんきつ類の屋外での栽培はできないと思っています。

柑橘の種類によって多少寒さに強い、弱いは多少あるようです。
しかし北海道ですと冬場は温室か室内に取り込まないと寒さに耐えられないと思います。
お店の人は何と言っていますか。
もし、「屋外に植えても大丈夫。」、と言ったとしても鵜呑みにはしないほうが良いと思います。
まして2000円弱ぐらいの若木を露地植えにしたのでは冬の寒さに耐えられずに、まづ枯れてしまうと思います。
室内で越冬させるにしても、あまり暖房の効きすぎない所に置くなど、それなりの管理が必要と思います。

ANO,1です。
北海道ですか。
北海道で柑橘類の苗木を売っているということに少し驚いています。

>鉢植えでみかんが2個、3個、青くなったものができていました。

これは、冬場に北海道の屋外で育てたものではなく、温かい地方、または温室などで育てた苗木を取り寄せてお店に並べているんでしょう。

私は千葉県に住んでいます。
関東では庭や垣根にゆずやみかんが植わっていますが、北海道に住んだことがないのでわからないのですが、お住まいの近辺に屋外で育っている柑橘類がありますか。

...続きを読む

Qビオラが........

ビオラにアブラムシがついて枯れてきました。どうしたらいいのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、

お住まいの地域によって花期が異なるので一概には言えませんが、
ビオラには2種類あります。
1年草の物でしたら株自体がそろそろ終わりになりますよ。
なので、アブラムシ対策をする前に他の植物に被害が出ないように処分される方がイイですね。

宿根性ですと、
花が終わって葉っぱが黄色くなってきます。

宿根ビオラの場合は夏の暑さと湿気を嫌うので
切り戻しをして(地表から1~2センチ残して上を切り捨てます)
ついでに肥料を少々・・・。
こうして夏越しをしてあげれば9月くらいにはまた咲き始めます。

どちらか不明でしたら
一度切り戻しをして、
様子を見てはいかがでしょうか?

殺虫剤は手軽なスプレータイプの物を
切った2日後くらいに吹きかける程度でヨイかと思います(^-^*)

注意点は
日中を避け、噴出孔からある程度離してスプレーすることです。

Qバラの新芽が枯れるのは......?

暖かくなってバラの新芽が伸び出したのですが、先端の柔らかいところがしおれてかさかさになってしまいます。原因と対処法を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

こちらで

http://botany.cool.ne.jp/wwwlng.cgi?print+200601/06010074.txt

Q芝生をあきらめる前に.....

3年ほど前に高麗芝を張りました。無知なまま張ったため、最近知ったこのサイトで「もっとキチンと整地すればよっかた、芝生はあまり足を踏み入れないほうがいいのか~」と、反省しきりです。
今の状態は、よく歩く場所が茶色く枯れ、ところどころから緑が顔を出している感じです。言葉では説明が難しいので、とにかく来年の夏まで最善のことをやって、駄目なら諦めたいと思います。今の時期、刈り込みと、水やり、足を踏み入れないことを気をつけていますが、それ以降、穴あけ(?)や、肥料・目土は何月頃にしたほうが良いでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現在の管理方法はよく勉強されており、そのままで良いと思います。付け加えれば、広さは不明ですが、芝生以外の草取りと夕方に十分な水やりです。立秋は過ぎたものの、まだまだ残暑が厳しく対策にはまだ早い時期です。秋分の日が過ぎた頃から根切り(穴あけ?)、目土、肥料等やれば今年の内にもう一度、緑になるかもしれません。高麗芝は冬には枯れてしまいますので、春先に再度、根切り、目土を施用して、梅雨の時期には一面緑化するでしょう。
もしその時期に改善が見られなかったら...×
成功を期待します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報