バイアル瓶とボトルでは製法、形状などからどこがどのように異なるのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

区別のはっきりとした定義はないと思います。


一般的に小さいガラス瓶をバイアル、大きいものをボトルと言うようです。
(大体100mLぐらいが境界かな? 自信なしです。)

以下余談ですが、ガラス瓶の製法について少しコメントさせてもらいます。

一般に、ガラス瓶は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気圧をかけて形成して製造します。
この方法は、材料に軟質ガラスを使用するため、(医薬品等の)水溶液を入れた際、ガラスのアルカリが多少溶出します。また、アルカリ性の溶液を長期間保存した場合、ガラス表面が腐食されて、剥離してくる場合があります。

一方、アンプルや管瓶といわれる小さいバイアル瓶は、長いガラス管を回転させながら、途中途中をバーナーで加熱して開口部や底を形成して作ります。(たぶん最大で100mLぐらいの瓶まで?)
この方法は、量産する場合には製造コストが高くつきます(製造設備は簡単ですので、多品種少量生産には向いている)が、材料に硬質ガラスを使用することができますので、比較的軽くて強いものができます。
(バイアルはアンプルに比べ、厚いガラス管を使うため、加工時のバーナーの温度を高くする必要があることから、アルカリ溶出は多少多くなります。)

側面のガラスの厚みが多少不均一なのが軟質ガラスの瓶、均一なのが硬質ガラスの瓶で、判別できると思います。

(元経験者(製造ではなく、使うのに調べたことがある)のコメントです。古い記憶なものですから、あいまいなところはご容赦ください。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2002/03/16 02:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイアル瓶とボトルの違い

バイアル瓶とボトルでは製法、形状などからどこがどのように異なるのでしょうか

Aベストアンサー

区別のはっきりとした定義はないと思います。
一般的に小さいガラス瓶をバイアル、大きいものをボトルと言うようです。
(大体100mLぐらいが境界かな? 自信なしです。)

以下余談ですが、ガラス瓶の製法について少しコメントさせてもらいます。

一般に、ガラス瓶は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気圧をかけて形成して製造します。
この方法は、材料に軟質ガラスを使用するため、(医薬品等の)水溶液を入れた際、ガラスのアルカリが多少溶出します。また、アルカリ性の溶液を長期間保存した場合、ガラス表面が腐食されて、剥離してくる場合があります。

一方、アンプルや管瓶といわれる小さいバイアル瓶は、長いガラス管を回転させながら、途中途中をバーナーで加熱して開口部や底を形成して作ります。(たぶん最大で100mLぐらいの瓶まで?)
この方法は、量産する場合には製造コストが高くつきます(製造設備は簡単ですので、多品種少量生産には向いている)が、材料に硬質ガラスを使用することができますので、比較的軽くて強いものができます。
(バイアルはアンプルに比べ、厚いガラス管を使うため、加工時のバーナーの温度を高くする必要があることから、アルカリ溶出は多少多くなります。)

側面のガラスの厚みが多少不均一なのが軟質ガラスの瓶、均一なのが硬質ガラスの瓶で、判別できると思います。

(元経験者(製造ではなく、使うのに調べたことがある)のコメントです。古い記憶なものですから、あいまいなところはご容赦ください。)

区別のはっきりとした定義はないと思います。
一般的に小さいガラス瓶をバイアル、大きいものをボトルと言うようです。
(大体100mLぐらいが境界かな? 自信なしです。)

以下余談ですが、ガラス瓶の製法について少しコメントさせてもらいます。

一般に、ガラス瓶は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気圧をかけて形成して製造します。
この方法は、材料に軟質ガラスを使用するため、(医薬品等の)水溶液を入れた際、ガラスのアルカリが多少溶出します。また、アルカリ性の溶液を長期間保存した...続きを読む

Q薬の瓶に入っているビニール

教えてください。
よく、お薬のびんのなかにまるまったビニールが入って
いますが、あれはなんの役目をしているのでしょうか・・・?

Aベストアンサー

錠剤の薬瓶によくありますよね。
中の錠剤が泳いで(動いて)ぶつかることによる衝撃や音を防止するための詰め物だと思いますよ。

Qガスクロマトグラフィー バイアル瓶の洗浄

ガスクロマトグラフィーの初心者です。

ガスクロは感度が高いということですが、
ガスクロのオートサンプラーで使用するバイアル瓶の洗浄液についてどなたか教えていただけませんか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.使用したサンプルの溶媒で洗う。(必要に応じ、超音波を掛ける)
2.洗剤と水道水で洗う。
3.純水で幾度かすすぐ。
4.乾燥する。

どうしても「何か変なピークが出る」場合には、バイアル瓶を諦めるか、熱濃硫酸中で煮る。ことになります。

Q東京女子医大の男性教授たちはどこから

医学部のことなど全く無知なので教えてください。
TVで見る限りですが、東京女子医大って、教授陣は大半が男性のようですね。となると彼らは絶対に同大の卒業生ではないわけですが、女子医大の男性医師ってどうやって、どこからスカウト(?)してくるのでしょうか。それとやはり、女性だと、教授になるのは大変なのですか。外科などもともと女性医師が少ない科目ですと人材的に不足なのかもしれませんが。

Aベストアンサー

こんにちは。
医学部位外でも、大学教授選は、全国から募集します。東京女子医大などは、全国から有名な先生が応募するようで、倍率が高そうです。大学の教授選でも、あまり募集が少ないときや、ほかの大学の有名な先生など欲しいときは、いろいろな先生が引っ張ってきて、教授選に出馬をお願いしたりもします。教授選は、最終的にはその大学の教授会で決まります。東京女子医大でしたら、大学の派閥は余りなさそうなので(教授たちは、出身校がほとんど違っているため)、ほかの大学から出馬した、本当に実績のある先生がなりやすいす。地方の大学では、同じ出身の大学の先生がなりやすい傾向がありますが、もちろん論文や手術で超有名な先生が出馬すれば、他大学であっても教授選で勝つと思います。

Qアンプルとバイアルの違い

お医者さんの使う薬はアンプルとかバイアルという容器に入っていますが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?
容量でしょうか、それとも形が異なるのですか?
それと元々何語由来かも教えていただけたら幸いです。
また他の名称の容器についても教えてください。

Aベストアンサー

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりすることがほとんど無く(わずかにアルカリ分が溶出しますが)、内容液との反応性がとても低いと言えますし、もちろん酸素などのガス透過性もありません。
また、バイアルに比べると低コストで作れます(バイアルに必須なゴム栓や、これを止めるアルミキャップも不要です。)ので、単価の安い医薬品にも使いやすいと言えます。
欠点としては、薄手のガラスを使っているため比較的壊れやすく、大容量にするには適さない(ふつうは20ml程度まで)点と、以下厳密な話になりますが(実用上はほとんど問題ありませんが)使用時に首の部分を折る時に、微量のガラス片が内容物に混入する可能性がある(加熱して溶閉しますので、内部が陰圧になっており、破片を吸い込んでしまいます。)ことがあげられます。

語源はフランス語で(歴史的に始めに使われたのはフランスです。)、ampouleというのは、ふくらんだといった意味で、ガラス管をふくらませた物(当初は管状ではなく、丸っこいものでした。)に薬液を入れて封入したので、このような名前になったのだろうと思います。

バイアルは、ガラス瓶(最近では、プラスチック製のものもあります。)にゴムでできた栓をするものです。
製法から大別すると2種類あり、一つは管瓶といわれるもので、これは硬質ガラスの管をガスバーナーで成型して作られたもので、アンプルに比べると厚手のガラス管を使うことから、加工温度を高くしなければならず、このためアルカリ溶出が多少多くなる傾向があります。また、この製法ではあまり大容量のものはつくれません。(200ml程度まで。)

もう一つの製法は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気を吹き込んで成型する方法で、大量生産の場合かなり低コストですし、大容量のものも作れますが、こちらは軟質(ソーダライム)ガラスを用いますので、管瓶に比べアルカリ分が多めになり、内部の薬液がアルカリ性の場合、長期間の保存では、ガラス内壁の腐食も配慮する必要があります。それから、管瓶に比べて、どうしてもガラス厚が大きくなりますので、その分重くなります。(たいした問題ではありませんが、流通性では、多少の欠点といえます。)

また、バイアルはゴム栓を用いますので、内容物によってはゴム栓への吸着による力価の低下(代表的なものとして、インシュリンやニトログリセリンなどがあります。)の恐れがあり、このような場合には、表面をテフロンでコートしたゴム栓が用いられたりします。
アンプルが一度開けたらその場で使い切らなければならないのに対し、バイアルは注射器でゴム栓のところから薬液を取れますので(ふたを開けなくてもよい)、残りを保存して繰り返し使用ができます。(ただし、無菌性の面から、一度使ったものはあまり長く保存すべきではありません。)
細かい話になりますが、ゴム栓に繰り返し注射針を刺すと、ゴムの一部が剥離して(コアリングと言います)、薬液に混入する危険性もあります。

なお、凍結乾燥製剤の場合、使用性だけでなく製造工程の面からも、(全てではありませんが)アンプルよりもバイアルが好んで使われる傾向があります。

大容量のバイアルをボトルと呼ぶことがありますが、これは慣用的な呼び名で、厳密にどの大きさからと決まっているわけではありません。
どちらも名前の由来は、多分英語だと思います。

ガラス以外では、プラスチック(ビニール)製の容器もあり、これらのほとんどは、点滴用の輸液などに用いる、大容量の物です。(ポリエチ製の小容量アンプルもありますが。)

こちらは、ポリエチレンなどの比較的硬質な材料でできたボトルと、厚手のビニール袋のようなバッグに大別されます。
これらは、ガラスボトルに比べ軽くて壊れにくい点と、使用後の廃棄が楽な点で優れています(流通や使用時の利点と言えます。)が、材質によっては、内容物の吸着や酸素などのガス透過性を配慮する必要があります。(内容物に合わせて、適した材質が使われますので、実用上は問題ありませんが。)

余談ですが、点滴をしている際、ボトルでは薬液が減った分の空気を入れるために、通気針と呼ばれる注射針を刺しておかなければなりません。(空気が入らないと、内部がだんだん陰圧になって、薬液が出てこなくなります。)
一方、バッグでは薬液が減るとペシャンコにつぶれてきますので、通気針が不要で、その分使いやすいといえます。(外気が内部に入りませんので、無菌性の面でも有利です。)

その他の注射剤容器として、ガラスやプラスチックの注射筒にはじめから医薬品が封入してあり、注射針をつけてそのまま使用できる、プレフィルドシリンジといったものもあります。

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりす...続きを読む

Qどこからが延命治療でしょうか?

躁鬱病の父が自殺未遂をしました。
人工呼吸器をつけ、ICUに入っています。

今の状態としては、
・最初に昇圧剤を使ったことにより、今は昇圧剤を使わなくても血圧は100~60くらいを保てている
・自発呼吸はあるが弱く、人工呼吸器を使わないといけない
・意識は病院に運ばれてからも全くなし。
 脳内に血液が回らなかった時間があり、CTでも脳の色が正常ではないので、意識が戻る確立は低いといわれました。
 脳内に腫瘍当はなし
・糖尿病で太り気味だったが、臓器はほぼ健康(50代)
・植物状態になる可能性が高い


家から遺書のようなものが見つかり、
延命治療はしないでほしいという内容も書かれていました。
日付が書いてありましたが、なぜか1週間ほど先の日付でした。
その日に死ぬつもりだったのが、早まったのでしょうか・・・

医師の方の説明では、
「今後急激に容態が変化する可能性は低いので、
 しばらくこのまま様子を見ましょう。
 口から入れる人工呼吸器は、感染等の要因から長く続けることはできないので、
 落ち着いたら喉を切開して管を通しましょう」
と言われています。

人工呼吸器を使うことは、延命治療にはあたりませんか?
また他のどのような行為が延命治療になるのでしょうか?
父の手紙の意思通りにするかどうかは家族で相談しないとわかりませんが、
今の私たちに選択肢は特にないのでしょうか。
ICUに入っているため、面会も1回10~15分とされていて、
常にそばにいて声を掛けたりすることもできません。

また、植物状態になってしまったら、
その後はどうなるのでしょうか・・・

躁鬱病の父が自殺未遂をしました。
人工呼吸器をつけ、ICUに入っています。

今の状態としては、
・最初に昇圧剤を使ったことにより、今は昇圧剤を使わなくても血圧は100~60くらいを保てている
・自発呼吸はあるが弱く、人工呼吸器を使わないといけない
・意識は病院に運ばれてからも全くなし。
 脳内に血液が回らなかった時間があり、CTでも脳の色が正常ではないので、意識が戻る確立は低いといわれました。
 脳内に腫瘍当はなし
・糖尿病で太り気味だったが、臓器はほぼ健康(50代)
・植物状態に...続きを読む

Aベストアンサー

医療従事者です。
延命治療とは

治療すれば元の(悪くなる前の)お父さん、もしくは元の状態になる可能性が見える状態になるための治療
以外の治療

かと思います。
ちょっとわかりづらいですが。
ただ状態が戻るあても無く人工呼吸器などをつけて生命を先延ばししているだけの状態ならばそれは延命治療です。
今の日本は医療やメディアが発達しすぎて患者本人の意思や家族のその後の介護の問題が置き去りになっています。
私たち医療従事者も患者さんが急変したとき、心臓マッサージをしながら「ホントにこの処置をしてこの人には幸せなんだろうか?」「こんなことをしても死ぬのを先延ばしにしているだけなのにな」
と考えてしまいます。
でも本人以外は幸せかどうかなんて判断できる権利のある人はいません。
ですのでとりあえず延命処置を希望をされない方以外は精いっぱいさせてもらっています。
ある患者さんの家族の方は言いました。
「急に悪くなった時は助かってもらいたい!と思ったけど今がこんなにつらいとは思わなかった。早く楽にしてあげたい。」
その通りだと思います。
今の私たちに選択肢は特にないのでしょうか。とのことですが、はっきり言って「ない」です。本人以外。
一概には言えませんが私個人の意見としましては「本人の希望にそう」というのが意見です。
ただひとつ忘れてはいけないのが人間は無限の可能性を秘めているということです。
可能性がたとえ1%でも元の状態に回復する人もいるのです。極めてまれですが。
他の家族の方と話し合ってみてはいかがでしょうか?

医療従事者です。
延命治療とは

治療すれば元の(悪くなる前の)お父さん、もしくは元の状態になる可能性が見える状態になるための治療
以外の治療

かと思います。
ちょっとわかりづらいですが。
ただ状態が戻るあても無く人工呼吸器などをつけて生命を先延ばししているだけの状態ならばそれは延命治療です。
今の日本は医療やメディアが発達しすぎて患者本人の意思や家族のその後の介護の問題が置き去りになっています。
私たち医療従事者も患者さんが急変したとき、心臓マッサージをしながら「ホン...続きを読む

Qインフルエンザワクチンは何故2人分が1バイアルなのでしょうか?

医療機関に勤めています。
今まで気にしたことなかったのですが、患者様に聞かれて返答できなかったので教えて下さい。

インフルエンザワクチンは何故2人分が1バイアルなのでしょうか?
1人分ずつ作れば、余った分の心配をせずに済むと思うのですが・・

Aベストアンサー

理由は判りませんが、2人分だと防腐剤のチメロサールが入りますね。

防腐剤のチメロサールが入っていない1人分のモノも
作られるようになったと聞きます。
http://www011.upp.so-net.ne.jp/ookubo-c-HP/new_page_31.htm

http://med-legend.com/mt/archives/2004/11/post_412.html

TVでインフルエンザワクチンは何故2人分か
と言うのを見たのですが、理由は覚えていません。

しかし、大人2人分のモノは、子供だと3人分に成るのでしょうね。
この事の本質だと思います。
大人用と子供用とを作る事になれば管理もし難くなりますね。

一方、大人1人分のモノは、子供だと多く余りますね。
捨てる事に成りますから、大人2人分で子供3人分を作ったのだと思いますよ。

防腐剤のチメロサールが入っていない1人分で使い切りに変われば、
少しワクチン接種に安心感が出来ますね。

http://homepage2.nifty.com/smark/yoboutyu.htm

理由は判りませんが、2人分だと防腐剤のチメロサールが入りますね。

防腐剤のチメロサールが入っていない1人分のモノも
作られるようになったと聞きます。
http://www011.upp.so-net.ne.jp/ookubo-c-HP/new_page_31.htm

http://med-legend.com/mt/archives/2004/11/post_412.html

TVでインフルエンザワクチンは何故2人分か
と言うのを見たのですが、理由は覚えていません。

しかし、大人2人分のモノは、子供だと3人分に成るのでしょうね。
この事の本質だと思います。
大人用と子供用とを...続きを読む

Qすい臓癌について教えて下さい!経験談などなんでも良いです。少しでも効く物など。

ずっと一緒に暮らしている祖母が膵臓ガンだという告知を3日前に受けました。
ショックでここ3日ほど何も手につきませんでした。
病院の先生はもう手の施しようがないということ。
手術はしないとのことでした。

私はガンには無知です。
だから先生の言葉の意味が理解できませんでした。
どうして?治そうとしないの?最善をつくさないの?
まだこんなに元気なのに…。余命3~半年って冗談でしょ?

祖母は今も自宅の隣の部屋にいます。
何も知らせてはいません。
2日前から食事をしていません。
原因としてはすい臓が腫れていて胃を圧迫しているので
少し食べると吐き気がするみたいです。
痛みはまだ訴えていませんし黄疸もまったく出ていません。
気になるのは3日前に処方された薬を飲んでから下痢だといいます。
今は少しでも食べることの大好きな祖母に食べさせてあげたいのです。
この症状は治るものなのでしょうか??

先生の告知を受けたのが金曜でしたので
月曜日にまた来て下さいと言われたので本日病院へ行く予定です。

しかしながらあんなに元気な祖母が残りあとわずかな命だなんて到底考えられません。
数々の難病を乗り越えてきた強い祖母があっさりと終わるなんて考えられないです。

私は婚約中です。来年にも結婚をしようと思っていました。
婿をもらうのですがその婿になる相手はすでに我が家に入って8年以上経ち
祖母も家族として彼を受け入れ、息子以上に可愛がってくれています。
あんな人は絶対にもういない。一緒になって幸せになるんだよっていつも言います。

結婚式への出席は無理でも花嫁姿が見せてあげたい。
こんなことならもっと早くと後悔がどんどんこみ上げます。

少しでも祖母によって良い方向へ行くような方法を教えて下さい。
今までの記録も全て見ました。○山ワクチンやきのこなど
何が良くて何が効かないとか。
情報が有りすぎてわからないです。
どうぞよろしくお願い致します。

ずっと一緒に暮らしている祖母が膵臓ガンだという告知を3日前に受けました。
ショックでここ3日ほど何も手につきませんでした。
病院の先生はもう手の施しようがないということ。
手術はしないとのことでした。

私はガンには無知です。
だから先生の言葉の意味が理解できませんでした。
どうして?治そうとしないの?最善をつくさないの?
まだこんなに元気なのに…。余命3~半年って冗談でしょ?

祖母は今も自宅の隣の部屋にいます。
何も知らせてはいません。
2日前から食事をしていません。
...続きを読む

Aベストアンサー

私の母も膵臓ガンでした。
告知から1ヶ月半で亡くなりました。
膵臓ガンは、自覚症状が出るのが遅いです。
痛みが出る頃には、ガンも進行しています。
お医者さんの言われるとり、何もできないでしょう。
出来るのは、痛みを抑えることぐらいでしょう。
出来る限り祖母とそばに居て上げるとか、話をするとか
して上げて下さい。
あなたも、後悔があると思いますが、これだけは私も、何もできませんでした。

QSi以外の表面へイオン注入

上からAu/Ti/Cu/Ti/Siウェハー(Si以外はすべて各20nm)というサンプルの表面にイオン注入を行うという実験を行うのですが,深さを40nm未満にして,Cuまでイオン注入されないようにする必要があります.注入イオン種や加速電圧に依ると思うのですが,AuとかTiなどの元素に対する注入深度に関するデータベースのようなものはあるのでしょうか.それとも論文を探ったり,自分でデータを蓄積する必要があるのでしょうか.また,注入後の深度はどのように測定するのでしょうか.イオン注入は触れたことも無いので恐縮なのですが,参考になる書籍なども含めまして,ご教示のほどお願いします.

Aベストアンサー

>AuとかTiなどの元素に対する注入深度に関するデータベースのようなものはあるのでしょうか?

あると思います。しかし、
1)そもそもイオン注入はそこそこ高価な装置ですし、装置の持ち主はイオン注入に詳しい人だと思います。質問者が使用しようとしている装置の持ち主に聞くのが一番早いように思います。

2)それでも分からないようならば、注入深さを計算してくれるフリーのソフトSRIM2003がweb上で入手できます。http://www.srim.org 
★でもこのソフトは日本語Windows上では動きません。
日本語の32ビット文字が悪さをするようです。
ですから英語版のWindowsを入手する必要があります。
(又は日本語Windowsを徹底して英語仕様にする。)

3)別の方法ですが、質問者が学生さんの場合はお薦めるできませんが、大学やら独立行政法人でイオン注入を研究している研究者をwebで探して、メールかなにかで直接質問してみる方法もあるかもしれませんが、
これは最後の手段かも。無視されても怒らないこと。意外に熱心に返事をしてくれる人もいます。

>また,注入後の深度はどのように測定するのでしょうか?
試料を破壊しないで中の分布を測定する方法として、
RBS(ラザフォード後方散乱法)がありますが、加速器が必要。試料を表面からスパッタリングで削りながら測定する手法として、XPS(X線光電子分光)、SIMS(2次イオン質量分析法)などがあります。後は、断面を切り出して、透過電子顕微鏡で見る方法もあります。

>AuとかTiなどの元素に対する注入深度に関するデータベースのようなものはあるのでしょうか?

あると思います。しかし、
1)そもそもイオン注入はそこそこ高価な装置ですし、装置の持ち主はイオン注入に詳しい人だと思います。質問者が使用しようとしている装置の持ち主に聞くのが一番早いように思います。

2)それでも分からないようならば、注入深さを計算してくれるフリーのソフトSRIM2003がweb上で入手できます。http://www.srim.org 
★でもこのソフトは日本語Windows上では動きません。
日本語の3...続きを読む

Q有事の際の延命治療の拒否や、死んだ後自分の臓器の家族への提供など、書面などで効力のあるものを作っておくことはできますか?

有事の際の延命治療の拒否や、死んだ後自分の臓器の家族への提供など、書面などで効力のあるものを作っておくことはできますか?
今現在、病気や事故にあっているわけではないのですが、直る見込みの無い病気や、事故で万が一にも意識不明で意思疎通ができなくなったときに、家族や関係者がスムーズに事を運べるように事前に準備しておきたいのですが、なにかできるでしょうか?
どこにどういう風に相談したらいいかもわからないので、細かく教えていただけたらと思います よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「リビングウィル」という言葉で検索かけてみてください。
あなたの知りたいことがたくさん見つかりますよ。


人気Q&Aランキング