食品の成分表示の欄で、「粗灰分」というのがありますが、これは何かを総称して言っているのでしょうか?
犬用のガムや、ドックフードなどを選ぶ際にとても気になるのですが、この「粗灰分」の中には塩分は含まれているのでしょうか?私が目にするものでは、「粗灰分」とかかれてあるものには「ナトリウム」あるいは「食塩相当量」などの表示がないのですが。。どなたかご存知の方がいらっしゃったら是非教えてください。宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

 


 粗灰分又は灰分といいますが、おおよその食品中の無機質(ミネラル)の量を表しますが灰の中に無機質でない炭素が多少残ったりすることがあり、無機質である塩素が失われることから
 食品を燃やして残る灰(粗灰分又は灰分)がすべて無機質と言えないことから「粗灰分」となったようです。
 したがって粗灰分の中には無機質のナトリウムが含まれていることになります。粗灰分として一括表示されているとナトリウムがどのくらい含まれているかわかりませんね。
 ご存知かとかと思いますが
    ナトリウム 394mg=食塩相当量 1gになりますね。

 動植物に含まれている元素の中から炭素、水素、酸素、窒素の4種を除いたものを無機質としているようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答をありがとうございます。粗灰分というのはやはり一括されていているのですね。。ナトリウムを重要視して食品を選んでいるので、別に表示してくれると私的にはありがたいのですが、なかなかそうはいかないんですねぇ。。大変参考になりました。

お礼日時:2002/03/19 19:44

粗灰分というのは、食品を高温で焼いた時に灰として残る成分を指しています。

灰分には水洗して食塩を除いた数字が当てられると思います。

灰分そのものはカルシウムなどのミネラル分であると考えれば間違いは無いでしょう。

この回答への補足

早速の回答をありがとうございます。
灰分は食塩を除いた数字ということですが、ということは
ナトリウム、あるいは食塩などは全然関係のない物なのですね。ナトリウムなどの表示が見当たらないのは、単に表示されていないという風に受け止めたら良いでしょうか?

補足日時:2002/02/27 21:21
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早い回答をありがとうございました。
アドバイス、参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/03/19 19:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q★粗灰分・粗脂肪・水分★

こんにちは☆質問させて下さい(p_-.)
この間授業で小麦粉の【粗灰分・粗脂肪・水分】を求める実験を行いました。
しかし、私にはこれらを求めたことの目的が全く分からず、非常に困っています・・・。。。
一体、小麦粉の粗灰分・粗脂肪・水分を求めることにはどのような意味があるのでしょうか??
何かが分かるのでしょうか?

くだらない質問だったら申し訳ございません。
でも本当に困っているので、よろしくお願い致します。。
3つ全部でなく、どれか1つだけでも良いので回答待ってます。

Aベストアンサー

 なんの授業か分からないのですが、栄養学的な意味を書きます。

>粗灰分・粗脂肪・水分
灰分は、無機質のことです。ミネラルとも言います。化学的には、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、マンガン、鉄などの成分です。測定は、おそらく、重量で測られたと想うので、栄養学的にはそれほど意味はありません。それでも、これらのミネラルは、蛋白、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルと言われている5大栄養素の一つです。ナトリウム、カリウムなど、個々の無機質を正確に測定するのは、高度な技術や高価な機械が必要なので、授業ではしなかったのでしょう。

 脂肪は、エネルギーの源で、取りすぎると肥満になるので、「ダイエット」流行の昨今では、冷たい扱いを受けています。しかし、美味しさの源は、脂質にあります。神戸ビーフ、アイスクリーム、大トロ、焼き飯、いずれも脂質が高かったり、加えから料理したりします。

 水分は、これが少ないと、腐敗しません。干物がこの例です。簡単に測定できたと想いますが、「別の方法で水分を測定しなさい」というテーマが出たときに、何か思いつきますか。

 授業では、実際に自分の手、目、耳などで確かめることと、もうひとつは「簡単にこのようなものが測れる」と感心して下さい。

 なんの授業か分からないのですが、栄養学的な意味を書きます。

>粗灰分・粗脂肪・水分
灰分は、無機質のことです。ミネラルとも言います。化学的には、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、マンガン、鉄などの成分です。測定は、おそらく、重量で測られたと想うので、栄養学的にはそれほど意味はありません。それでも、これらのミネラルは、蛋白、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルと言われている5大栄養素の一つです。ナトリウム、カリウムなど、個々の無機質を正確に測定するのは、高度な技術や高価な...続きを読む

Q粗タンパクってなんですか?

“栄養学”に入ると思うのですが粗タンパクって何でしょか?調べても解らないので教えてください。

Aベストアンサー

補足いたします。

一般での用語の使い方については存じませんが、公衆衛生の中の食品栄養の分野で言うところの粗蛋白の定義は;

ケルダール法(食品では通常、セミミクロケルダール法)によって総窒素量を測定したものから求めるものです。

方法としては(概略を述べますと);
試料を分解フラスコに入れて硫酸、分解促進剤(硫酸銅と硫酸カリウム)、そして、過酸化水素水を加えて加熱分解し、蒸留装置につけて水酸化ナトリウム溶液を加えて発生するアンモニアガスを硫酸に吸収させ、それを水酸化ナトリウムで滴定することで総窒素含有量が求められます。
その結果に窒素係数を乗じたものを粗蛋白量とする
というものです。

ごく一部の脂質(グリセロリン脂質等)や、蛋白の消化分解産物である尿素などにも窒素は含まれていますが、通常は食材に含まれる量としては、さほど多くはないものです。

検索はしておりませんので、URL等は存じませんが、
ケルダール法  総窒素  窒素係数
といったようなキーワードを使われれば見つかるかもしれませんネ(確かめていませんので、適当なキーワードを探してみてください)。

なお、食品栄養の分野では、蛋白・炭水化物・脂質のいずれも食品可食部に対する割合でしめすものですから、乾燥物中の割合では示しません。同じイモでも生と干しイモではまったく含量が異なってくるものです。その状態での含有量を示しますからネ。
以上kawakawaでした

補足いたします。

一般での用語の使い方については存じませんが、公衆衛生の中の食品栄養の分野で言うところの粗蛋白の定義は;

ケルダール法(食品では通常、セミミクロケルダール法)によって総窒素量を測定したものから求めるものです。

方法としては(概略を述べますと);
試料を分解フラスコに入れて硫酸、分解促進剤(硫酸銅と硫酸カリウム)、そして、過酸化水素水を加えて加熱分解し、蒸留装置につけて水酸化ナトリウム溶液を加えて発生するアンモニアガスを硫酸に吸収させ、それを水酸化ナト...続きを読む

Q脂肪と粗脂肪の違い

ペットフードの成分表に粗脂肪と有るのですが脂肪分とどうちがうのでしょか?

又、同じメーカーのドックフードでもプレミアとか値段が高い方が良質なのでしょうか?

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

こんにちは。

ドッグフードの成分表示に関しては、メーカーの判断においてなされている様です.

人間用の表示の場合は、各成分に対しての決められた原料においての規定があります.

例えば缶コーヒーなどの場合が良く判ります.
表示に『無糖』『微糖』などと言った具合です.
これは、定められている糖分としての原料をつかている物についてだけが糖分として記載されますので、対象から外れている糖分に関しては糖分として認知しなくても良いのです.
これに依って糖分を摂取していないとの誤解が生まれます.

ドッグフードの場合は、各メーカーによって基準があいまいな様です.脂肪分としての記載の或る物と粗脂肪としての記載があるものと有るようです.両方の記載があるものも有ります.
詳しい事は私にも判りませんが、成分表示法に基づいての記載がなされているかどうか判断に苦しみます.

詳しく知りたいと言うご希望があれば、ネットでの調査も可能だと思いますが、厳密にその事が守られているか疑問です.

同じメーカーのドッグフードに関してもその事が言えます.原材料と成分表を見て見ましても明らかに違うと言いきれない部分があります.
肉エキスとか肉との記載の違いが有りますが、どの程度の肉を使っているから良い物であると言う記載を見た事がありません.

肉100%とか肉50%とかの原材料表示があると判りやすいですが、その様な原材料の表示を見た事が有りません.メーカーの表示は、原材料として使用している物の種類の表示であって、その物の重量表示になっておりません.この事から言える事は、メーカーの考え次第ではそんなに違わなくても高級な物としての表示で販売する事も在りうると言う事だと考えています.

私の場合は、原材料表示で植物質の原料と動物質の原料にこだわって選定しています.コーンなどの成分だけで蛋白を混合している場合もありますので.

ですから、日本向けのフードとして製造されている物の場合は、経費などの事も有りますので、他の先進国に出回っているのとは違う物だと考えております.

表示としては、他の国と同じ様になっておりますが、販売業者の意向で別物として作っている事も多いと聞いています.かつてこの様な経験をしました.

最初は、取り扱っていた物が本当にアメリカで売られているものと同じ物でしたが、人気が出てきた後に、取り扱い業者があちらへ行きまして、利潤の上がる配合にして注文していました.
私は、直ぐに犬の状態を見て気づきましたので、会社の方へ問い合わせました所、自身ありげに同じモノだと言われました.最初は、社長が応対しましたので、次に電話したときに従業員を問い詰めていきますと、やはり渡米しての特注品でした.

日本の現状としては、この様な事が行われております.
動物に対する認識の違いや各団体の力不足が原因であろうと思っております.

私は、この様な事情から大体の事を表示で掴み、実際に与えて観察してみて決めています.時期によって副食を工夫してそちらの方での充実を考えております.普段は、それ程重要だと考えておりませんので、気に入ったドッグフードを与えております.しかし、値段では選んでおりません.時々良いフードが出るのですが、良いフードは採算が取れないのか直ぐに消える場合が多いです.

こんにちは。

ドッグフードの成分表示に関しては、メーカーの判断においてなされている様です.

人間用の表示の場合は、各成分に対しての決められた原料においての規定があります.

例えば缶コーヒーなどの場合が良く判ります.
表示に『無糖』『微糖』などと言った具合です.
これは、定められている糖分としての原料をつかている物についてだけが糖分として記載されますので、対象から外れている糖分に関しては糖分として認知しなくても良いのです.
これに依って糖分を摂取していないとの誤解が生...続きを読む

Q腎臓と肝臓の改善に役立つ情報がありましたら教えてください

14歳のパピヨンで数年前に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、エナカルドや利尿剤の服用を続けてきました。高齢とは思えないほど元気だったのでずっと安心していました。が、昨年の秋に初めて心臓発作を起こし、生死の境をさ迷いました。その際の血液検査で分かった事は、腎臓や肝臓も極めて危険な状態にあるということでした・・・・。利尿剤の副作用やフードにも摂取してはいけない物もあるのに、薬に頼りっきりで自分で何も調べようとしなかった自分を責め、その後は療養食に切り替え補液と薬による治療(強心剤が一錠増えました)で、どんどん具合が良くなってきていました。

ところが、補液の期間を少しあけてから先日血液検査を行ったところ、BUN値:66.7・GPT値:126・ALP値:2429と再び悪化していることが判明したのです。医師のすすめで心臓サポートの療養食(缶詰)を与えてきましたが、こうなると腎臓サポートに切り替えた方が良いのでは?と思ってしまいます。ただ、かかりつけの医師は食事や食材についての知識はあまりない方で、元凶は心臓なのだから心臓サポートの食事が良いとおしゃいます。自己判断で納豆とフラックスシードオイルを毎日少量与えていますが、他に加えた方が良い食材・絶対に与えてはいけない食材、もしくは腎臓と肝臓機能の回復に効くサプリや漢方などの情報をお持ちでしたら、ぜひ教えていただけないでしょうか?我侭なコですが我が家にとっては天使のような存在です。出来る限りの事をしてあげたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

14歳のパピヨンで数年前に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、エナカルドや利尿剤の服用を続けてきました。高齢とは思えないほど元気だったのでずっと安心していました。が、昨年の秋に初めて心臓発作を起こし、生死の境をさ迷いました。その際の血液検査で分かった事は、腎臓や肝臓も極めて危険な状態にあるということでした・・・・。利尿剤の副作用やフードにも摂取してはいけない物もあるのに、薬に頼りっきりで自分で何も調べようとしなかった自分を責め、その後は療養食に切り替え補液と薬による治療(強心剤が一錠...続きを読む

Aベストアンサー

(^^)前愛犬への弔意の言葉ありがとうございます。再度の回答です。

ご苦労なさってますね。ネットにもいろいろな情報があり・・・情報が多すぎて、混乱してしまうときもありますよね。でも、腎臓病で14歳のコにたんぱく質を摂れというのは珍説?( ^^;)ですね・・・はじめて聞きました・・・タンパク質の種類でいうと動物性よりは植物性がマシ。肉よりは魚がマシとは言えそうですが・・・????

ところで今度は闘病生活中の私の失敗談について、お話ししようと思います。あのとき、こうすれば良かったのに・・・あんなコトやめておけば良かったのに・・・というオハナシです。

その1
今でも、とても後悔していることがあります。それは闘病中にワクチンを打ってしまったことです。1年に1回ワクチンを打たねば・・・という思い込みがあり、すでに17才の誕生日を過ぎている我が愛犬に例年通り、ワクチンを打ってしまいました。腎臓病の治療に強い主治医でありましたが・・・この主治医にも盲点がありました。もう人間でいえば・・・80歳かもしれないのに、予防注射を打ってしまったのです。この時に、いっきに具合が悪くなり寿命を縮めてしまいました。今でもホントに後悔しています。
須崎先生が犬の食事指導で有名ですが、もうひとり同じくらい食事指導で有名な獣医さんがいると、このQ&Aで教わりました。本村伸子先生という方です。その本村先生の本を最近入手しまして、読みはじめたのですが・・・その中で愕然とする衝撃的な記事を見つけてしまいました。ワクチンを年に1回打ち続けるコトがワンコの身体に、大きな負担になっているという内容の記事です。ワクチンは3年に1回で良いと推奨してあり、さらに高齢のワンコには、もうワクチンはいらない!と書いてありました。これは!!健康なワンコに対してすら・・・こう書かれているのですから。まして高齢で闘病中のコにはワクチンなんかいらなかったのです!!「あ~あの時に、この本を読んでいたら・・・」絶対にあんなバカな事はしなかったのに・・・涙。

その2
ワンコが胃腸の調子が悪そうだと思ったときに・・・独断でキャベジンを飲ませたこと。(><)これも失敗でした。
お母様が反対だとのコトですが、キャベツは胃薬の材料になるほど消化器官に有効なお野菜です。ナマであげることは「酵素(こうそ)」の補給にもなり、良いコトが多いのですけどねえ・・・。ワンコも喜ぶのは「酵素(こうそ)」を身体が欲しているのかも知れませんよ。よく犬が道端の草をアムアムしますが。あれは、酵素を補給するための行動だそうですから。酵素はナマの食べ物から補給できますが、果物には糖分が含まれているので、あげすぎは肥満の原因になるのでチョットだけ注意です。さて生のキャベツは身体に良いモノなのですが・・・キャベジンは体内に取り込むと・・・なんと胃酸と化学反応を起こし「塩分」に変化してしまうのです!この時も腎臓の具合が悪くなり、主治医にうんと叱られました。キャベジンはダメですが、ビオフェルミンは抗生物質を使ったアトには飲ませなさいと言われました。

その3
腎臓の悪いコが注意しなければならないのは食べ物だけではないのです。キッチンハイターなどの塩素系の洗剤について、主治医から追放するように指示されました。塩分は鼻からニオイで取り込むだけでもダメなのです。ちゃんと指示を守って「洗○革命」という酸素系の商品を使っていたのですが・・・ある日、来客の予定があるので室内をキレイにしようとハリキって、この酸素系の洗剤の付いた雑巾で床をせっせっと拭き掃除してしまいました。突然・・・ワンコが急変して様子がおかしくなってしまい、なにがなんだかわからず。このとき主治医が留守だったので、救急の病院を探してクルマで出掛けました。その時の病院で処方されたのが、窒素を吸着する墨のようなお薬でした。のちに出張から帰ってきた主治医に出来事を報告すると。わが家の居間の床は塩化ビニール製だったので、なんらかの化学反応を起こして塩素系のガスが発生してしまったと考えられると説明をもらいました。偶然、救急の病院を探すために、ともかくガス発生の部屋から外に連れ出したのが、たまたま幸いして大事にいたらなかったとのことです。(><)これも失敗でした。腎臓の悪いワンコは鼻からのニオイにも注意です。外出の際は工事現場の塗料など・・・臭いがする場所は避ける方が無難です。

その4
8月の主治医が夏休みのときでした。便秘を起こし・・・食事を受け付けなくなってしまいました。連絡を取ろうか迷い、様子を見ていましたが・・・とうとうガマンできずに「鶏肉」を食べさせてしまいました。
3かけぐらい、モグモグ食べたでしょうか・・・。主治医と連絡を取りTELで「便秘には無塩バターを舐めさせろ」と指示をもらいました。
便秘も解消され、主治医は夏休みの旅行を中断して帰って来てくれましたが・・・治療のかいなく・・・2日後に亡くなりました。「鶏肉」を食べさせたコトうんと叱られましたが・・・死ぬ前にちょっとはオイシイものを食べさせてやってヨカッタと内心は思っています。でも、主治医に「鶏肉」は脂肪分が無く、タンパク質のかたまりなので最悪である。「霜降りの牛肉」の方が、まだマシだと言われ・・・どうせなら「牛肉」を食べさせてやれば良かったなと後悔しています。えへへ・・・涙。

こんなオバカな失敗をするのは、きっと私だからですが・・・どうか、後悔のないように・・・いろいろと気をつけてあげてくださいね。

m(_ _)m 長くなりました。このへんで失礼します。

(^^)前愛犬への弔意の言葉ありがとうございます。再度の回答です。

ご苦労なさってますね。ネットにもいろいろな情報があり・・・情報が多すぎて、混乱してしまうときもありますよね。でも、腎臓病で14歳のコにたんぱく質を摂れというのは珍説?( ^^;)ですね・・・はじめて聞きました・・・タンパク質の種類でいうと動物性よりは植物性がマシ。肉よりは魚がマシとは言えそうですが・・・????

ところで今度は闘病生活中の私の失敗談について、お話ししようと思います。あのとき、こうすれば良かったの...続きを読む

Q腎臓病の犬の食事について

我が家の愛犬は10歳になる中型犬のオスです。

10日ほど前に「腎臓病」と診断され、毎日「乳酸リンゲル液」という点滴をしています。

当初は動物病院から勧められた療養食(ドライ&ウエットフード)を少しずつですが食べてくれていましたが、ここ最近はほとんど食べなくなってしまいました。
血液検査の結果、数値は少しずつ改善しているものの、毎日体重が減り、衰えていくのを見ているのが辛くてたまりません。
せめて何か食べてくれればと思うのですが、療養食以外は与えないよう病院から言われています。

フード以外で腎臓病の犬に与えても良い食材をご存知の方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(^^)こんにちは

平成18年に17才と8カ月の愛犬を「腎臓病」で亡くした経験があります。「腎臓病」は食事療法で寿命を延ばすことができますよ。
だいじょうぶです。あきらめないで!

うちの子も、療法食を頑固に食べてくれず・・・やもえず手作りの腎臓病食を作って頑張って介護と治療を続ける日々でした。そうやって愛護協会から長寿犬として銀賞の表彰状をいただけるまで寿命を延ばしました。


とりあえず・・・白いごはんに白身の魚をゆでて混ぜてあげてください。(ゆで汁は捨てること)
お野菜もあげてよいものとダメなものがあります。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4633766.html

↑以前に当時の経験を回答したQがあります。他の方の回答にもためになる情報がたくさんありますよ。

Qお薦めの猫缶 または お薦めできない猫缶

野良を保護する前からこちらでいろいろ助けていただいて現在に至ります。

自分でいろいろ勉強して調べた結果と保護した近くの病院でもヒルズかアイムス(ユーカヌバ)のドライを薦められたので最近までそれにしていました。

ところがうちの猫はカチカチの固い便をしていて、おトイレの時も砂を掘る段階で痛くてうなっています。

自宅近くの獣医さんに検便で便を持っていきましたら固すぎると言われ缶詰を薦められました。

・病院には通っていますので病気の可能性の有無に関しての情報は回答頂かなくても結構です

・ドライ+サラダ油、ドライ+バターは既に試していて、現在は猫缶(総合栄養食)しか探してません
また、ドライ+缶詰のMixも検討中ですのでお薦めの缶詰についてお伺いしたいです

ちなみにうちの子は元野良なので猫用の食事であれば今の所好き嫌いなく食べます。

カップ麺も昔から摂り過ぎると良くないと言われていますしどのメーカーが100%安全とは誰も言い切れないと思いますので良さげなメーカーの猫缶を日替わりであげたいと思っています。

いろいろな口コミサイトを見れば見る程混乱してきました。

冷静且つ公平な目で見て、どこのメーカーの猫缶がお薦めですか?

獣医さんには名の通ったメーカーの猫缶でいろいろ食べさせてあげてと言われましたがどこが名が通っているのかよくわかりません。

また明白な事実でこのメーカー(またはこの商品)は避けた方が良いというのもあれば是非アドバイスお願い致します。

■猫のプロフィール■
猫 ♀ 年齢不詳の成猫 今の所持病無し 去勢済み体重3kgちょっと

野良を保護する前からこちらでいろいろ助けていただいて現在に至ります。

自分でいろいろ勉強して調べた結果と保護した近くの病院でもヒルズかアイムス(ユーカヌバ)のドライを薦められたので最近までそれにしていました。

ところがうちの猫はカチカチの固い便をしていて、おトイレの時も砂を掘る段階で痛くてうなっています。

自宅近くの獣医さんに検便で便を持っていきましたら固すぎると言われ缶詰を薦められました。

・病院には通っていますので病気の可能性の有無に関しての情報は回答頂かなく...続きを読む

Aベストアンサー

何も知らないなら、とりあえずカルカンシリーズがいいですよ。
http://www.kalkan.jp/
いいと言えるのはナトリウムが少ないから。0.03%~0.4%です。

避けるべきと言えるのは、知ってる限りでは「マルハ」です。
ナトリウムが0.8%もあります。

私も勉強中ですが、猫缶はドライフードよりも不透明な部分が多いような気がします。

缶では知りませんが、ドライフードで便秘が治ると言われていてオススメできるものは、アボキャットというメーカーです。
http://www.nekobatake.com/catalog103.html
このドライフード、確かに食いつきもよいです。
食べない猫も確かにいるようですが大体の猫が好んで食べてくれます。毛艶もよくなると言われています。

ですが、こちらは色々知ってる方から見ると、ほんの少し塩分が高めです。0.5%以上...。(極端な数値ではないので、それでも人気商品ですけどね)

このシリーズに猫缶もあるのですが、缶のほうはマルハ並みに塩分が高い(0.85%)のでオススメできません。(AvoDerm Chicken Adult/Kittenの一覧より)
http://webpages.charter.net/katkarma/canfood.htm
http://webpages.charter.net/katkarma/canned.htm

どうしても全てが安全という保証が欲しかったら、やはり病院食になると思います。猫缶でしたら、上の成分表のヒルズなどの一覧をご覧になると全ての成分が理想値に一番近いのがわかりますでしょ?
理想値は、こちらを参照されてください。
http://hanakarakusa.web.infoseek.co.jp/v2_aafco_cat.html

全てを覚えてる人は少ないと思いますが、粗タンパク質、リン、ナトリウム、マグネシウムの基準値だけはちゃんと覚えたほうがいいです。これらは、多過ぎると結石や腎臓病になりやすいので。

参考URL:http://hanakarakusa.web.infoseek.co.jp/v2_aafco_cat.html

何も知らないなら、とりあえずカルカンシリーズがいいですよ。
http://www.kalkan.jp/
いいと言えるのはナトリウムが少ないから。0.03%~0.4%です。

避けるべきと言えるのは、知ってる限りでは「マルハ」です。
ナトリウムが0.8%もあります。

私も勉強中ですが、猫缶はドライフードよりも不透明な部分が多いような気がします。

缶では知りませんが、ドライフードで便秘が治ると言われていてオススメできるものは、アボキャットというメーカーです。
http://www.nekobatake.com/catalog103.html
こ...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q糖質と脂質の定量分析

食品実験で、きな粉中の糖質(ベルトラン法)と脂質(ソックスレー抽出法)の定量を行ったところ、実験結果が成分表と比較すると、結構差が出ました。成分表というのは代表値であって、全ての試料の実験値を表しているわけではないので、誤差が生じているからだというのはわかるのですが、それ以外にこの誤差の原因は何が考えられるでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>>誤差が生じているからだというのはわかるのですが、
こういうのは「誤差」とは呼ばないと思います。特に。
>>結構差が出ました
と言う場合。
このような事が起こったときまず「一方方向にずれていないか」を考えます。
両方とも多いか、または少ないか、の場合「分析手法」に問題があったのではないか。あるいは個人的な「癖」があるのではないか。と疑うのが賢明です。
しかし、もし多人数で別々に行って、皆同じ方向にずれたりした場合、「試料の選択」が問題になるでしょう。きな粉の原料は「大豆」です。大豆の糖質や脂質に「種別」「国別」があるのは既知の事実で、大企業の品質管理者はいつもそれに悩まされているからです。
「誤差」は「同じ試料」を分析したときに初めて使える「用語」だと考えてください。つまり「真の値」がある場合に「その廻りにばらつく」(無作為なら正規分布か?)分けです。

Q犬用のヤギミルクについて教えて下さい。

トイプードルの仔犬を家族として迎える予定です。

トイプードルのブログを読んでいると、ヤギミルクを与えているブログをよく見かけます。

食事はドックフードにする予定ですが、ヤギミルクも与えた方が良いのでしょうか?
ヤギミルクについて、その効果や注意点やデメリット等を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは、私は猫しか飼っていませんが、すみません、ペット全カテゴリで質問を閲覧していたらご質問が目に入りましたので、ゴートミルクについてだけ回答させて頂こうと思います。

飼い猫にゴートミルクをよく与えています。特に冬期です。メーカーはアメリカのメインバーグ。
ゴートミルクの良い点は、栄養価の点で牛乳より与えやすいので代用として優れているところです。
動物のお乳はどの動物のものでも栄養価に優れ、嗜好性が高いので栄養補給の補助に与えやすいと思います。
ってずいぶんもってまわった言い方恐縮ですが、ゴートミルクの良い点は他の動物のお乳と同じです。
タンパク質、脂質、炭水化物、カルシウム等がよく含まれた栄養価の高い飲み物で、犬も猫もよく飲んでくれるところです。
ヤギは比較的多く飼育されている生き物なので入手がしやすいところ。
(これが「最良なのはゴマフアザラシのお乳です。」とか言われたらお手上げですし…。体によくても飲んでくれなかったら意味がありませんし。)

パウダーだと濃縮された状態なので、食が細くて餌だけだと必要なカロリーに不足するような子の餌にふりかけるのに向いています。
また水分補給にも良いです。薄めても味がついているのでただの水よりもよく飲みます。
猫は一定量の飲水量を確保することが非常に大事なのですが、本人?があまり水を飲みたがらないという場合があります。
そういう場合に水分の摂取量を増やしやすいのはありがたいです。

ゴートミルクと牛乳を比較すると、ゴートミルクは低アレルゲン、乳糖不耐症でも与えやすい※、
脂肪球が数分の1で小さく、消化吸収が良い、胃腸に負担をかけないと言われます。
アレルギーを起こすのはタンパク質ですが、牛乳に多いα-カゼインがゴートミルクは少なく、β-カゼイン主体なのでアレルギーを起こしにくいそうです。
また誤差の範囲ですが、脂質、タンパク質がやや少ないためカロリーが低めなのに、カルシウムは牛乳より少しだけ多めなのも、仔犬や妊娠中の母犬に向いている理由だと思います。

※ ゴートミルクでもお腹を下す個体はいます。与えはじめはよく様子を見ながら量を増やしていってください。

本当かどうかはわからないのですが、主に牧草だけを食べる牛に対し、ヤギは、環境破壊で問題になってもいる通り、樹皮をはがして食べたり木の葉も食べたりするため、これらに含まれる微量なポリフェノール類がゴートミルクにも反映されている、と聞いたことがあります。
少なくとも猫には必須栄養素であるタウリンは牛乳より多いです。
タウリンは成長期の仔犬にもあってよいアミノ酸だと思いますので(仔犬用ミルクでは付加価値として添加されている商品があります)、よければぐぐってみてください。


私がメインバーグを選んでいる理由は、
・人間が栄養補給や美容のためにゴートミルクを摂取する食文化を持っているアメリカのメーカーだということ
・そのアメリカでも80年以上続いていているメーカーだということ
・日本では日本動物薬品のニチドウが輸入しているのでペットフード扱いですがアメリカでは人間用で日本のペット向けよりも安全性の点から信頼できそうだと思ったこと
・メインバーグの品質管理に惹かれるからということ
・ビタミンD3を添加しているのでカルシウムの吸収率を強化しており完全室内飼いの猫に良いのではと思ったこと、
です。
メインバーグは一貫して、ヤギを放牧する土地に農薬・除草剤や殺虫剤などを散布せず、ヤギにも抗生物質、成長ホルモン等を投与せず、商品にも保存料・防腐剤や香料などの不要な添加物を添加していない、と明言しています。
ヤギしか育てるのに向かないような土地は農薬などばらまいてコストを上げる必要はありませんし、ヤギがいれば除草剤いらず、ヤギも飼育のしやすい動物ですので、これらはわりと逆説的なうたい文句だとは思いますが…。
(植物油にわざわざコレステロールゼロ!って謳うような。)
他にもオランダやニュージーランドなど、安全性を謳った商品はありますので、よければお探しになってみてください。

ちなみにデメリットは、与えすぎて栄養過多になるか、一日の栄養摂取量に占めるゴートミルクの割合が高すぎて栄養不足に陥ることだと思います。
あくまでも栄養補給の「補助」として非常に優れているので、そこを間違えると、「おやつやりすぎ」と同じ状態になります。

こんにちは、私は猫しか飼っていませんが、すみません、ペット全カテゴリで質問を閲覧していたらご質問が目に入りましたので、ゴートミルクについてだけ回答させて頂こうと思います。

飼い猫にゴートミルクをよく与えています。特に冬期です。メーカーはアメリカのメインバーグ。
ゴートミルクの良い点は、栄養価の点で牛乳より与えやすいので代用として優れているところです。
動物のお乳はどの動物のものでも栄養価に優れ、嗜好性が高いので栄養補給の補助に与えやすいと思います。
ってずいぶんもってま...続きを読む

Q手作り食の肉の量

体重20キロの雄犬(去勢済み)がいます。
今はドライフードを食べていますが、手作り食に切り替えを検討しています。
本屋さんで手作り食についての本を探しましたが、レシピ集しかありませんでした。

肉は生であげる予定です。
(今も生肉を食べることはありますが、アレルギー症状や下痢は大丈夫です)

お肉は主にササミと牛肉(もも)がメインになります。
だいたいどれくらいの量のお肉が一日の必要量になるのでしょうか?

わかる方がいましたら、是非教えてください。
また過去の質問、他のサイトでわかりやすく載っているサイトをご存知でしたら教えてください。
(探しましたが、どうしてもうまく探せませんでした。)

Aベストアンサー

たんぱく質は運動量によって増減しますが、
体重20kgの犬のたんぱく質量の適量は、一日47gだそうです。

おたくの20kgのわんちゃんの場合、
半分ドックフードだとすると、23.5gのたんぱく質を手作り食で摂取するとして、

若鳥胸肉(皮なし)100g エネルギー108kcal たんぱく質22.3g
牛肉赤身(輸入肉)100g エネルギー130kcal たんぱく質20.4g
(本や情報の出所によって多少変わります。)

上記の肉だと約100g強です。
なお、肉は必ず目方で30%はレバーにした方がよいのです。

とりレバーだと、100g 118kcal たんぱく質18.9g

体重20kgの普通の運動量の犬の平均エネルギー要求量は1040kcal。
半分として、520kcal。
400kcalを肉とは別のもの(穀物、イモなど)から摂取する必要があります。

炊いたごはん(精白) 100g 168kcal たんぱく質2.5g

肉は必ず脂を取り除いたほうがよいです。
植物油を少量加えます。(20kgで一日4g)

アメリカの著名な獣医師が作ったレシピは
10kgの活発な犬の場合(「活発」というのは日に1時間以上の活発な自由運動をするという意味だそうです)、

鶏肉70g、とりレバー30g、コメ(生)140g、精製骨粉10g、食卓塩5ml、ヒマワリ油またはコーン油2g

となっています。

※塩は犬にも最低量は必要です。

※骨は体重1kgにつき、1gが適量だそうです。
上記の獣医師は、「筋肉、内臓、骨がないと、バランスのとれたフードとは言えない」としています。
手羽先などの細い骨を生でくだいて与えたり、圧力なべでもろもろになるまで煮る(1時間から2時間)、といった方法が考えられます。

なお、魚など他の材料の計算については、こちらで。
http://fooddb.jp/

たんぱく質は運動量によって増減しますが、
体重20kgの犬のたんぱく質量の適量は、一日47gだそうです。

おたくの20kgのわんちゃんの場合、
半分ドックフードだとすると、23.5gのたんぱく質を手作り食で摂取するとして、

若鳥胸肉(皮なし)100g エネルギー108kcal たんぱく質22.3g
牛肉赤身(輸入肉)100g エネルギー130kcal たんぱく質20.4g
(本や情報の出所によって多少変わります。)

上記の肉だと約100g強です。
なお、肉は必ず目方で30%はレバーにした方がよいのです。

とりレ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング