最新閲覧日:

 ステロイド骨格の化合物は体内でつくられているし、合成品(薬として)もたくさんあります。このステロイド骨格に関して、分子の立体構造(一次構造でなく高次構造)が知りたいのですが、どこから調べたらいいかわかりません。適当なホームページ(なるべくお金のかからないもの)や参考書、総説があったら、教えていただけないでしょうか。

A 回答 (4件)

#2で二次元表記の立体構造式、#3で立体画像や座標データへの入り口


が紹介されましたので、その中間といったところで参考URLはいかが
でしょうか。イス型/舟型コンフォメーションでのaxial/equatorial
が簡潔な図で説明されてます。
steroid conformation chair boat で Google検索して見つけました。

参考URL:http://www.people.vcu.edu/~urdesai/intro.htm
    • good
    • 0

前のお二方の回答で十分な気もしますが、「高次構造」という言葉が気になって出てきました。



通常、ステロイドのような低分子化合物では「高次構造」という言葉は使いませんが、もしも分子モデルを組んだ時のような3D図を見たい、という意味であるなら、参考URLをご覧ください。
http://www.chem-station.com/
トップページで「データベース」の項をクリックし、次のページで「3D分子モデル」の項をクリックすると、パソコンで3D分子図を見るための情報が得られると思います。

また「分子の形と性質 学習帳」 http://www2d.biglobe.ne.jp/~chem_env/study.html
では特別なソフトなしに3D分子図を見ることができますが、残念ながらステロイドは無いようです。参考までに。

参考URL:http://www.chem-station.com/,http://www2d.biglobe.ne.jp/~chem_env/study.html
    • good
    • 0

 すみませんが,kaoruedogawat2 さんはどの様な方でしょうか? 文章から大学生の方と推測して回答いたしますが,もし違っていたら補足下さい。



> 適当なホームページ(なるべくお金のかからないもの)
 「Google」(↓1番目)等の検索エンジンで「ステロイド 骨格」で検索すると多数ヒットします。その中から,参考 URL 2番目のペ-ジ(天然物の母体骨格)の「ステロイド」部分をご覧下さい。

> 参考書、総説
 edogawaranpo さんもお書きの「生化学」の教科書が基本でしょう。その他,「有機化学」や「天然物化学」の教科書にも必ず出ています。
 あるいは,古い本ですので見付かるかどうかですが,次の様な成書もあります。

「講談社現代の化学シリ-ズ13 ステロイドの化学概論」
 塩田三千夫 著,講談社 刊,1972年
 当時1400円

「コレステロ-ル」
 菅野道廣,今泉勝己 著,三共出版 刊,昭和61年
 当時2600円

参考URL:http://www.google.co.jp/, http://homepage1.nifty.com/nomenclator/triv/nppa …
    • good
    • 0

「生化学」関係の本を図書館で見つけてください。


ステロイド代謝のどこかに乗っています。現在本が行方不明ですが.半分ぐらいの本に立体構造まで載っています。ただし.水素結合を含めた高次構造は見たことがありません。

それと.サイトの名称を忘れたのですが.どこかの人が公開しているサイトが会ったはずです(化学と教育で読んだかと思います)。もし.ニフティのIDをお持ちであれば.フォーラム化学の広場のどこかの会議室に書いてあったはずですから.見つけてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ