赤経 視赤経 
赤緯 視赤緯 
黄経 視黄経 
黄緯 視黄緯 のちがいがよくわかりません

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  赤経・赤緯と視赤経・視赤緯の違いについては、先の質問の回答で、すでにご存じのことと思います。天空の座標系で、ある天体などの位置を、座標値で示す時、地球の自転平面を天空球面に投射して、この線(円)を赤緯0度の線とする訳です。赤緯は、地球上の緯度線を天球面に投影して、丁度、北緯A度というように表現すると同様に、この緯度の高さに対応する天球面の緯度線を、赤緯として使います。従って、北極の真上に延ばした天球上の点は、「天の北極」で、この点で、赤緯+90度で、反対に南極点の天球上への延長が、「天の南極」で、この天で、赤緯-90度となります。
 
  赤経の方は、「春分点」を0時とし、そこから、天の赤道上で、東回りに15度づつを1時間として、全天360度を、24時間に分けて、地球上の経線に対応する、天の赤経線を考え、赤経の値と赤緯の値で、天球上の天体などの位置を指定するのが、「赤経・赤緯」座標です。
 
  しかし、前の質問にもあったように、地球は整然とした回転運動を完全に行っているのではなく、大きな変化として、「歳差運動」というものがあって、「黄道天」が少しづつずれて来ますし、天の北極、天の南極もずれてきます(地球は、普通の自転以外に、周期が2万年ほどの別の回転運動をしており、天の北極が結果的に、天球面で、円を描いて移動します。これを、「歳差運動」と言いました。
 
  また、歳差運動以外に、他の天体の運動の影響などで、別の不規則な運動があり、これを「章動」と言いました。「歳差運動」と「章動」があるので、星表などに乗っている天体の「赤経数字」と「赤緯数字」の位置に、実際に観測する天体はいないということになり、少しずれた位置で観測されます。この歳差運動と章動でずれた、「実際の天体の赤経・赤緯位置」のことを、「視赤経・視赤緯」と呼ぶのです。
 
  「黄経・黄緯」と「視黄経・視黄緯」の違いは、黄道座標の場合は、黄度ゼロのいわゆる黄道面が、地球の公転面に当たっているので、この面の不規則も幾らかあるかも知れませんが、それより、赤道座標と同様に、歳差運動により、「春分点」が移動するということで、実際の天体の位置と、黄道座標での視位置に違いが出てくるということになります。
 
  それ以外に、黄道座標は、天球面を見ている位置を太陽中心にするか、地球中心にするかで違いが出てきます。前者を「日心黄道座標」、後者を「地心黄道座標」と呼びます。
 
  理論的には、黄道座標は、太陽の中心に観測原点を置いた「日心黄道座標」の方が、太陽系の天体の運動などを把握するには都合がよいのですが、実際に観測する際には、「地心黄道座標」が、観測者は地球にいるので都合よくなります。
 
  「地心黄道座標」でも、「赤経・赤緯と視赤経・視赤緯」の関係に対応する、「黄経・黄緯と視黄経・視黄緯」の違いが出てきます、それは主として春分点の移動によるためです。
 
  地球を中心とした黄道座標の場合、恒星等の位置を表現すると、地球の公転運動に応じる、「視差」の変動が出てきます。非常に遠方の天体の場合、視差は問題になりませんが、数十光年とか、数百光年の距離の恒星等だと、「視差」が公転によって変化して来ます。百光年程度内の恒星は大体、視差によって、その距離が測定されています。太陽を中心とする黄道座標では、視差の問題は起こりませんが、それでも、太陽自身の銀河系内運動や、恒星などの固有運動で、時間の経過と共に、記載されている座標値が実際の値と食い違って来ます。
 
  この食い違いは、地心黄道座標でも、赤道座標でも、恒星などの天体の位置を表現すると、時間と共にずれが起こって来るのです。
 
  惑星等の位置を黄道座標で表現すると、観測の日時によって、天体の位置が変化します。天体力学的に位置を計算することもできますが、惑星黄道位置表は、季節や日ごとの値が出ているので、何月何日の何時何分に観察しているかで、星表の座標から、近似計算をしないと、実際の「視黄経・視黄緯」は出てこないことになります。例えば、一日刻みで、グリニッジ時ゼロ時で記載されている惑星の黄道座標値は、観測地点とグリニッジ時との実質時差を考えにいれ、世界時で考えて、例えば、3月3日0時が、黄道座標(8h10'25'', 4度22'40'')で、3月4日0時が、(8h10'47'', 4度22'6'')なら、世界時3月3日14時に観測する場合、この目標天体の座標は、14/24=7/12だけ、差分が進んでいると考えねばなりません。3月3日から4日にかけての、黄経と黄緯の差は、22" と -34''です。これに7/12をかけて、元の3月3日0時の値に加えると、実際の座標値が出てきます。この場合、経度は+13''程度、緯度は、-20''程度です。従って、この時刻での、実際に見える黄道座標値は、(8h10'38'', 4度22'20'')となります。
 
    • good
    • 0

こちらのサイトをご参考なさってわいかがでしょうか?



参考URL:http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso02- …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽と月のイラスト

太陽と月に顔がついていて、レトロっぽいイラストを見かけませんか?太陽と月の顔が結構リアルで。

有名な画家の作品ではなくて、色々な方が描いていると思うのですが・・・。

今、その絵がすごく見たいです。
ネット上でそのようなイラストを見かけたことのある方教えてください。カラーモノクロ問いません。

Aベストアンサー

こんばんは。

イラストではありませんが、こんな感じかな、と思って下にリンクを貼りました。ピアスです。

たくさんあるようですね。
お気に召すといいのですが。

参考URL:http://www.green-piercing.com/stud2/stud2-sun.html

Q赤経 赤緯 視赤経 視赤緯 について

赤経と赤緯の数値が分かっていて
視半径、地球との距離 の数値も分かっている場合
視赤経 視赤緯 を知りたいのですが、
どうすればよいでしょうか?
計算式見たいのがあったら、教えてほしいのですが

地球のある地点から惑星を見る場合です

Aベストアンサー

回答No.1:
>何のために、視赤経、視赤緯の値が欲しいのか、必要がどこにあるのか分かりません。
まあまあ。確かに,視赤経・視赤緯と,たとえば星表に載っている2000.0分点の赤経・赤緯との差は微々たるもの(今年あたりは,赤経で最大0.2m,赤緯で最大0.1′程度)ですが,単に知的好奇心から知りたい場合だってあるでしょう。
(私も,章動を表す多項式の係数が知りたくてずいぶんいろんな本を探したことがあります。たいていの天文学の本には,No.1のURLのページのように最大値だけ示してあるか,せいぜい最も主要な項が出ているだけですので)

で,質問文に「惑星を見る場合」とありますし,地球との距離が分かっているということなので,最初は「惑星光行差」の補正の話かと思ったのですが,最初に分かっているのが「黄経・黄緯」ではなく「赤経・赤緯」なので,要は歳差と章動の補正が必要ということですね。
歳差も厳密に計算しようとするとかなり複雑な式になりますが,近似式は次のようになります(理科年表2002年版168ページ)。
赤経をα,赤緯をδとして,それぞれの年変化率をΔα,Δδとすると,
Δα=3.075(s)+1.336(s)sinαtanδ
Δδ=20.04(″)cosα
(s)は単位で時間の秒,(″)は同じく角度の秒です。念のため。
これらの値に,たとえば2000.0年からの経過年数をかけてやれば,赤経・赤緯の補正値になります。ただしあくまでも近似式で,天の赤道から遠くなるほど誤差も大きくなります。

章動の計算はあまりにも複雑で,とてもここには書けません。
数値を知るだけなら,「理科年表」(国立天文台編,丸善発行)に10日ごとの値が,また「天体位置表」(海上保安庁)に毎日の値が出ています。ただ,載っているのは黄経と黄道傾角の補正値なので,赤経・赤緯に適用するにはさらなる計算が必要です。
章動そのものの値を求める計算式が出ている文献は,たとえば長沢工(ながさわ・こう)さんの「天体位置の計算」(地人書館)あたりをご覧ください。(先ほど述べた「いろんな本」の一つです。)
たいへん長い式で,係数の一覧表だけで3ページになります。(式そのもののつくりは単純なのですが)
なお,この種の計算について,初心者でもわかりやすく,かつかなりハイレベルなところまで書かれているものとしては,おそらくこの本が(絶版になっていないものとしては)唯一ではないでしょうか。
英語の文献でしたら他にもいくつかありますが…。

回答No.1:
>何のために、視赤経、視赤緯の値が欲しいのか、必要がどこにあるのか分かりません。
まあまあ。確かに,視赤経・視赤緯と,たとえば星表に載っている2000.0分点の赤経・赤緯との差は微々たるもの(今年あたりは,赤経で最大0.2m,赤緯で最大0.1′程度)ですが,単に知的好奇心から知りたい場合だってあるでしょう。
(私も,章動を表す多項式の係数が知りたくてずいぶんいろんな本を探したことがあります。たいていの天文学の本には,No.1のURLのページのように最大値だけ示してあるか,せいぜい最...続きを読む

Q太陽の動きのイラスト

太陽の動きのイラストを探しています。以前、どこかのHPで野原の中に人が立っていて(向こうに山が連なっている)冬至と夏至の太陽の動きが書いてあるイラストがありました。また一度そのHPを見たいのですが探せません。だれかしっている方がいたらHPを教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

お探しのHPではないかもしれませんが、
季節のよって変わる太陽の動きのイラストがあります。

http://www.nipponhyojun.co.jp/search/rika/ri_17/index.html

Q天文年鑑の惑星視位置の計算について(2)視赤緯・視赤経の計算

天文年鑑の惑星視位置の計算の中の視赤緯・視赤経の計算で、「αの日変化」、「δの日変化」という項が出てきますが、これはどのように計算し求めたらよいのでしょうか?あるいはこれを掲載した、表があるのでしょうか?
どうも突然現れる変数のような気がするのですが・・・。

Aベストアンサー

以前PC-9801を使っていた頃にQuickBASICでプログラミングしたことがあります。
その時私もtksoftさんと同じ疑問にぶち当たりました。
あれではちょっと不親切な説明だと思います。

この部分は式を見れば判るように惑星光行差の補正を行なう項ですね。
1日辺りの変化ということですから本来のtの0.5日前と、0.5日後についてもαとδを求めてその差を使えばいいのです。
数学的にもっと厳密に計算には他に方法がありますが、この計算式の場合はこの方法で十分だと思います。

私は四大小惑星用の係数データを自分で追加たりして使っていました。
ただ毎年係数のデータを打ち込むのは厄介でした。今ならスキャナーとOCRソフトを使えば楽かもしれませんが。
数年前にそのパソコンが故障してからはそのままになっています。

Qイラストをネットから使用した本を刊行する場合、広報や教科書や著者不明のネットのイラストは無料ですか。

無料でネットのイラストを本に小さくのせて発行したいです。どのような問題が起こるでしょうか。
広報のイラストの場合は無料でしょうか。
教科書のイラストは どうでしょうか。
イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。

Aベストアンサー

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め、回収指示、著作物の機会損失金銭被害請求、慰謝料の請求など。
ようは泥棒です。

>広報のイラストの場合は無料でしょうか。
有料。頒布範囲が無制限なので高いです。利用料の計算は基本、利用料☓複製枚数。
>教科書のイラストは どうでしょうか。
有料。著作権の買い上げが必要。そうしないと教科書として採用されません。
>イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
金で解決すると思うなよ。他にも権利保有者がいるのです。
>イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。
許諾のとりようがないので、あなたの発行物は著作権侵害の汚名を拭えない窃盗剽窃物。
それはあなたに権利がない事と同様になります。

再度書きます。著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。
他人の褌で相撲を取るな。

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め...続きを読む

Q赤緯 赤径 緯度 経度

ド素人な質問なんですが、赤緯 赤径 緯度 経度 東経 南径 西経 北径 などの意味がよく分かりません、
あと、↑読み方も自信がないのでお願いします。

Aベストアンサー

赤経=せっけい、赤緯=せきい
と読みます。
天を巨大な球体と考え(=これを天球といいます)、その中で星等の天体の位置を記すときに使います。

赤緯は、天の赤道を0°として、北に-90°、南に90°まであります。
天の赤道は、地球上の赤道の平面を天球にまで延長したときの線です。
赤緯線は、天の赤道の平面に平行の円です。

赤経は、天の赤道の春分点を0°として、東に360°まであります。
春分点を太陽が通過する日が春分の日です。
赤経線は、天の北極と天の南極を通る円です。
天の北極と天の南極は、地球の北極と南極を結ぶ線を延長し、天球と交差した点です。

緯度=いど、経度=けいど
は、地球上の位置を記すときに使います。
緯度は、赤道を0°として、北に北緯(=ほくい)90°、南に南緯(=なんい)90°まであります。
緯度線は、赤道の平面に平行の円です。

経度は、イギリスのグリニッジを通る経度線と赤道の交点を0°として、東に東経(=とうけい)180°、西に西経(=せいけい)180°まであります。
経度線は、北極と南極を通る円です。

南径と北径は、天文や地球の位置を示すための用語ではありません。

赤経=せっけい、赤緯=せきい
と読みます。
天を巨大な球体と考え(=これを天球といいます)、その中で星等の天体の位置を記すときに使います。

赤緯は、天の赤道を0°として、北に-90°、南に90°まであります。
天の赤道は、地球上の赤道の平面を天球にまで延長したときの線です。
赤緯線は、天の赤道の平面に平行の円です。

赤経は、天の赤道の春分点を0°として、東に360°まであります。
春分点を太陽が通過する日が春分の日です。
赤経線は、天の北極と天の南極を通る円です。
天の北極...続きを読む

Q無料のイラスト

よろしくおねがいします。

介護保険にまつわる、文書(リーフレット)を作成するところです。

おじいさん、おばあさん、介護スタッフ、家など図式化する際、わかりやすくするためにイラストを、と思っているのですが、なかなか無料でイラストを提供してくれるサイトがないようなのです。

もし、どこかご存知のサイトがございましたら教えて頂けたら幸いです。

イラストの素材集なども購入も考えたのですが、経費の都合上、出来たら無料で、を図々しいのですが考えております。

Aベストアンサー

ご希望のイラストがあるかどうか、わかりませんが・・・・・・
http://www.printout.jp/clipart/
かなり自由に使わせていただけるようです↓。
http://www.printout.jp/form/help/help_top.html

Q太陽の赤緯の変化は、サインカーブに似てますが、

(春分は変化が多い、夏至付近は変化が少なくやがて変化が逆転するなど)サインカーブを何乗かすると近似値が出ますか?

Aベストアンサー

下のURLで、単純なサインカーブでも0.5度くらいの精度で答えが得られるとあります。
要求される精度にもよりますが、実際の太陽の動きは楕円軌道上の地球の動きの
反映ですから夏と冬では移動量が異なりますので(冬のほうが早い)、サイン関数だけで
近似させるのは少し無理があります。
要はどこまで精度を要求するかですね。
要求が厳しければ代償(手間)も大きくなります。

参考URL:http://knowledge.yahoo.co.jp/service/question_detail.php?queId=1930913

Q無料で入手出来るイラスト

イベントの案内文のイラストに困っています。
白黒のイラストで無料で入手出来るサイトを教えてください。

リソグラフを使用して印刷する予定なので、
カラーイラストだときれいに写りません。
イラスト集も使い古された物が多く 新しさに欠けます

他に何か良い方法があったら、あわせてお願いします。

Aベストアンサー

「フリー素材」でネット検索すれば、イヤと言うほど出てきます。
イベントの種類(秋祭り、運動会、美化運動、文化祭、写真展、バザーなど絵柄が違います)、印刷したい大きさ(パンフレット、大きなポスター、はがきなど)などによって、欲しい絵柄は違うでしょうから、ここが良いとは言えませんが、探して見てください。

モノクロ素材を探すのは難しいでしょうから、画像処理ソフトでモノクロ変換することをお薦めします。
私はそうしていますよ。
カラーの素材を入手して、単色変換したり、複数の素材や風景を重ね合わせて使っています。

ひとつだけサイトを紹介しましょう。
ヒサゴ伝票(株)の「テンプレートバンク」です。

参考URL:http://www.templatebank.com/

Q太陽黄経を正確に計算したい

二十四節気の時刻を計算してみましたが、理科年表のようには計算できませんでした。気持ちがどうもスッキリしません。
私の計算方法を下記にまとめました。原因が分かる方、どうか教えて下さい。

JPL天文暦CD-ROM(DE200/405/406)版を”C”で読む
  http://www.kotenmon.com/cal/JPL-CD.htm
で公開されていた「直交座標計算ソース"test1.zip" 」を使って今年の春分を計算してみましたがうまくいきません。

理科年表で春分は 2009/3/20 20:44 となっていて、ユリウス日は2454910.988888888 と計算しました。
その値で、先のtest1.exe を使って、太陽と地球の座標を計算しました。

【太陽の座標計算】
 入力値を
  Julian date = 2454910.988888888
  Target nr. = 11
  Centre nr. = 12
  Units (Km & Km/s)=1 else AU & AU/Day?2
  Barycentre (Solar-sys. Barycentre)=1 else Sun?1
 として
  X [AU]= -0.0025423129061832891
  Y [AU]= +0.0039186867578048712
  Z [AU]= +0.0016761100992659754
 を得ました。

【地球の座標計算】
  Target nr. = 11
 として(他の値は太陽と同じ)
  X [AU]= -0.99850625589861797
  Y [AU]= +0.0059487115778656067
  Z [AU]= +0.0025604933086195618
 を得ました。

【黄道直行座標への変換】
 黄道傾斜 θ=23°26'21.7'' = 23.43936111 として
  X = Xs
  Y = Cosθ * Ys + Sinθ * Zs
  Z = -Sinθ * Ys + Cosθ * Zs
  の式に代入して。

 太陽の黄道直行座標
  Xs = -0.002542312906183
  Ys = 0.004262043089855
  Zs = -0.000020968330396
 地球の黄道直行座標
  Xe = -0.998506255898617
  Ye = 0.006476341890359
  Ze = -0.000017062804465

【黄経の計算】
  arctan( (Ys-Ye) / (Xs - Xe) ) = 179.872616 度

となり、180度に対してかなり違っています。
分単位くらいの精度で計算するとしたら、180±0.00001 くらいの精度が必要になりますが、かなり違います。

何かとんでもない間違いをしているのでしょうか。

DE405を使った別の方法でも結構です。
分かる方がいらっしゃったらご教授願います。

二十四節気の時刻を計算してみましたが、理科年表のようには計算できませんでした。気持ちがどうもスッキリしません。
私の計算方法を下記にまとめました。原因が分かる方、どうか教えて下さい。

JPL天文暦CD-ROM(DE200/405/406)版を”C”で読む
  http://www.kotenmon.com/cal/JPL-CD.htm
で公開されていた「直交座標計算ソース"test1.zip" 」を使って今年の春分を計算してみましたがうまくいきません。

理科年表で春分は 2009/3/20 20:44 となっていて、ユリウス日は2454910.988888888 と計...続きを読む

Aベストアンサー

●太陽・月・惑星位置計算ソースも動かしてみました。
データは別の目的で使用しているDE405用を使用し、ソースを
DE405用に変更

Sun Position on 2009/ 3/20: H= 11.7333 : JD= 2454910.988889

RA(D ) = 359.999591746 Dec(D )= -0.000311669 Distance = 0.995966404
RA(HMS) = 23.595990202 Dec(DMS)= -0.000112201 Distance = 0.995966404

結果は、こちらはまともに計算しているようですが・・
#他の日時では未検証


人気Q&Aランキング