いつでも医師に相談、gooドクター

星が綺麗なので 夜空を眺めていたんですが、見ていると星が1つだけ動いているのを発見しました!錯覚ではありません 4回確認しました 1つは凄い速度で移動し始め他の星の横でピタリと止まりました 他の3つは動きが止まらず地球の反対側まで移動していきました…以前から何度も見ています 。他に見ている方もいると思いますが 星が個体で移動することってあるんですか?上記にも書きましたが 移動してピタリと止まるってあるんですかね?

gooドクター

A 回答 (7件)

流れ星や彗星以外では、人工衛星の可能性も濃厚ですね。



人工衛星といえば、星ではないので星と間違うはずがない、
と思うかもしれませんが、人工衛星も地上から見れば星のように光って見れるので、
パッと見は流れ星や星のように見えます。

また、停止して光って見える一般的な星は、
どれもこれも尋常じゃない程遠い距離にある物なので、
仮に動いたとしても、遠ければ遠いほど動きは小さくゆっくりになり、
その動きを確認する事は難しくなります。

なので、普通の星はその様な動きをするとは考えられません。

人工衛星も普通は一定のスピードで流れるように移動している物なので、
ピタリと止まる事は無いのではないかと思うのですが、
上空で何が行われているのかは不明とも言えるので、
全否定する事も出来ません。

目の錯覚じゃなければ、人工衛星が濃厚、という感じで受け取ってみてください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

宇宙には何がいるか解りませんからね!錯覚ではありません 友人も一緒に見ました。確かに移動してピタッっと止まり光続けていましたね。人工衛星とも考えていますが、あの動きは不思議ですね…回答ありがとうございました!

お礼日時:2013/07/19 14:13

状況がわからないのだが、


>動きが止まらず地球の反対側まで移動していきました
地球の反対側まで見えたの?

この回答への補足

何て説明すればいいんでしょうね…星が見える夜なら必ず確認出来ますよ。一度見てください

補足日時:2013/07/19 14:09
    • good
    • 1

 人工衛星の可能性が高いですね。

 でも最初の星の横でというのは何だろう?

 他の方も書いているのですが、止まったというのは消えたのでしょうか?

 人工衛星も太陽の光を反射して見えています。地球の影に入る事で反射する光が無くなり、消滅したように見えます。
 
 たまに、宇宙ステーションが明るく見えている。これは見える時期などが公開されています。

 ゆっくりと移動している天体は人工衛星だと思って下さい。

 それとイリジウムという衛星は時々ものすごく輝き、イリジウム・フレアということで楽しんでいる方も居ますよ。

この回答への補足

人工衛星なんですね!!確かに動きが止まりましたが 光は消えずにその場で光続けていました!どう見ても星と同じ距離で光も星と同じなので何なのかなと思いまして、ありがとうございました♪

補足日時:2013/07/19 14:06
    • good
    • 0

>1つは凄い速度で移動し始め他の星の横でピタリと止まりました



止まったあと、そこで光っていたかどうか

光っていなかった(止まって消えた)
 >>>人工衛星が地球の影に入った

止まって光り続けていた
 >>>飛行機のヘッドライト(その地点で向きを変え、正面から突っ込んでくる軌道になった)

この回答への補足

止まって光続けていました 飛行機では無いです その場で1時間以上も止まっていましたから その後は残念ながら雲がかかってきて見えませんでした!

補足日時:2013/07/19 14:22
    • good
    • 0

回答3の者です。

 もう1つの可能性をふと思い出しました。

目に放射線が当たると光が見える事がある様です。
宇宙飛行士など地球の外ではかなり多い様で、
北極を通過する飛行機の中でもしばしば見れる現象
との事です。(機内で放射線量の計測もしているそうですね。)

普通は目を閉じないと見えない光の量らしいのですが
星空など微量の光を見ている時であれば
星空を見ながらそれが見えたという可能性も
無くは無いのかもしれません。

地表まで強い放射線が稀に届くという事は有りうるでしょうし、
花崗岩など溶岩性の岩から
放射線がそれなりに出ていたりもしますし、
天然の放射性同位体は人体の中にも普通に有りますね。
そう怖がるものではない規模の話しですが。

微量の光を見つめる事に慣れた事も影響して
という可能性も有るのかもしれません。
以上、追記でした。
    • good
    • 1

肉眼で見える星は金星や火星を除けばほぼ恒星な訳で、


肉眼でハッキリと解るほどの距離(=角度)突然移動したとなると
一番近いお隣の恒星ですら
1秒1度動いただけで3000km/秒以上の速度で動いた事に。
もっと遠い恒星だと光の速度を超える事になりかねません。
恒星だとただ事じゃない変形をしてしまうのでは…と思えます。

恒星ではなく人工衛星…と考えてみると
>凄い速度で移動し始め他の星の横でピタリと止まりました
そこまでの加速と制動が出来る衛星は有るのか疑問ですね…。
宇宙で国際的な軍事的な争いでも起きているのでしょうかね。

暗い所で明るい物を見つめ続けると
不意に目や頭を動かした時、
見ている物の方が動いた様に錯覚する事がありますが、
それだったら星空全体が動いている様に感じるはずですし、

長くぼんやり空を見つめ過ぎて、
白昼夢みたいなものを見てしまった とか。

天然の電磁波が空中で交差し大気が過熱されるか、
プラズマ化した大気の球が見えていたとか。

光視症という網膜まわりの病気…だったなら
>地球の反対側まで移動していきました…
という調度良い所で見えなくなる可能性は乏しいでしょうし。


不自然な動きをする光球は
宇宙飛行士の目や宇宙のライブカメラ等にも頻繁に映るそうですし
実は珍しい事ではないのかもしれません。

雷雲から電離層へと放たれるスプライトという雷があり、
その電子が大気中の水蒸気の反発力に影響し
積乱雲の巨大化を助けうる などの研究の話しが色々ありますし、

その電離層に太陽風から地磁気に導かれ流れた電子が
大気に衝突してオーロラという発光現象になるのでしたっけか。

セントエルモの火などの様に
地盤に強い圧力が掛かると石英などが電気を生み出し、
その電気が山などから放電され山が光る等の自然現象もありますし
将来的には自然現象として解明される「何か」が
上空で起きている可能性が一番高いのかもしれません。


以上、継ぎ接ぎだらけの素人知識からの回答ですので、
あちこち間違いが有るかも知れません。
気になる点があったら個別に調べて下さいますと幸いです。
    • good
    • 0

移動しません。


高速移動しているのは、彗星か人工衛星です。

他の星の横でピタリと止まるなどの不規則な動きをしているならそれはUFOですね。
アブダクションされないように注意してください。
もしくは、目か脳に病気があると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

錯覚ではないので 友人も見てます!!信じられないなら一度夜中に星空を見て頂ければ必ず確認できますよ

お礼日時:2013/07/19 14:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング