阿修羅について調べています。出生、神との戦い、その後神に仕えた等どんな事でも結構です。情報をお知らせください。また、HP、書籍のご紹介も御願い致します。オタク的な詳しさ歓迎です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下の方が言われている本は、


佐藤任著 悲しき阿修羅 平河出版社 第一版:2001/11/25
のことですね。
Amazonでは検索出来ませんでしたので、書店で注文するなどして手に入れてください。

乾闥婆(けんだっぱ)というのは音楽の神で、帝釈天の楽士ですね。
阿修羅が帝釈天に勝てなかったのは、
不老長寿の酒ソーマを飲めなかったためだと言われているようです。

阿修羅(アスラ)の意味ですが、スラは神を表し、アスラとは神でない者という意味だそうですよ。

元々は異教の神で、鬼神だと書いてあるページがありましたよ。
HPもいくつかあげておきますね。
http://www.butsuzou.com/jiten/asyura.html
http://www.asahi-net.or.jp/~QI3M-OONK/tosyokan/f …
http://www.hi-ho.ne.jp/~asura/words.html
http://www1.linkclub.or.jp/~fenrir/material/summ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
恋に破れたのはお酒が飲めなかったからなんて・・・
何とも興味を惹かれます。
もう少し、紹介していただいたHP等を見てみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/04 18:36

阿修羅は元々は仏教の神では有りません。


異教の神、たしか中心的な存在の太陽神で有ったような。
むかし実際に有った宗教戦争(中東辺りでやっているあれ)により
仏教に取りこまれたものと記憶しています。
仏教では八部衆という位の低い存在です。
仏教での物語としては
ケンダツバ(字を忘れた)の娘に恋をして、その娘を掛けて帝釈天と
決して勝つことの無い戦いをした。
やがて、釈迦の説法を聞き、仏に帰依した。
というような事だったように記憶しています。

HPは「阿修羅」「アスラ」「アフラマズタ」で検索すれば色々出ると思います。
本については「悲しき阿修羅」というのがお勧めなのですが
残念なことに出版社がどこなのか記憶に有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。色々と知らなかった事が分かりました。阿修羅も恋をしたのですね。なんだか微笑ましいと言うか・・・
もう少し調べてみますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/04 18:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ