[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

関ヶ原の合戦などの後の死者の片付けはどうしていたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 死体の処理法としての葬送の儀は古来から、


 (1)風葬 (2)水葬 (3)土葬 (4)火葬
の4つに大別される。
 日本では仏教伝来以前は、カメや石棺などに納める(3)の土葬の1種が行われたいた。
 仏教は(4)の火葬が本義である。釈尊自らがこの方法で葬られた。以来、日本の仏教徒は「火葬」なのです・・・
 ただし、火葬には、経費がかかり、場所の制約があるので、土葬が一般的でありました。(昭和40~50年ぐらいまで)
 例えば、平安時代、疫病などで多数の死者が出たとき鳥辺山などへ放り出した(風葬・鳥葬)のです。
 戦国時代は、やはり火葬が本来なのですが、「首実検」のため、武将の生首が必要で、土葬が行われることも多かったのです。
 ご質問の関ヶ原の戦いでは、ほとんどが放置されていましたが、しばらく後に埋葬(土葬)されました。これが現在の「首塚」として残っています。西首塚、東首塚があります。

参考URL:http://www.ginet.or.jp/sekigahara/kankou/kosen1. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。TVで宮本武蔵を見ていて疑問に思いました。勉強になりました。

お礼日時:2001/01/03 09:09

基本的に野ざらし。


特に敗者側の死者は放ったらかしです。

そして足軽が死者の装備等の金目のものを物色していきます。それから農民が金目のものを物色します。

その後、周辺の農民が仕方が無く埋葬することもあります。それは死体にカラスなどが群がって気味が悪いからです。

・・・と脅かしたところで。

勝者の死者はたいてい味方が引き取ります。首やまげ、または脇差だけ形見に取ってその場に埋葬することが多いです。
でも、あまりに死者が多いとそれは身分の高い人だけであとはそのままということもあります。
それに身元が判別できない人もそのままですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦国時代における戦での遺体の取り扱いって?

近年の戦争の映画で戦死者の遺体を棺に収め、国旗などでくるんで本国に移送するという場面を見たことがあるのですが、日本の戦国時代はどうしていたのでしょうか?
大きな戦では大量の遺体が発生すると思うのですが、そのまま放置されたのでしょうか?それとも組織的に回収されたのでしょうか?
また、海外(中世の欧州など)でどうだったのかも分かれば教えてほしいです。

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現代の山の中の道を走っていると、タヌキなどの小動物が車に轢かれて死んでいるのを目にするのが珍しくありません。周りに人家もないようなところだと、近所の人が見かねて死体を処理することもないでしょう。保健所などの行政当局が通報(誰の?)を受けて死体を処理するのか?

実際は、タヌキの死体は直ちに他の動物(例:カラス)が寄って来て綺麗に食べてしまうそうです。
参考文献:カラスはどれほど賢いか 都市鳥の適応戦略 中公文庫
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31131995
山の中であれば、通行するクルマ以外に邪魔者はいません。効率よく死体処理(カラス等の食事)が進むでしょう。

ご質問ですが、戦国時代の戦いでの戦死者の遺体は、下記の経過を辿ったと思われます。

1. 戦死者は、首を取られた状態で戦場に残されている。
よほど大きな合戦、例えば武田信玄が徳川家康を完敗させた三方ヶ原の合戦でも、徳川軍の戦死者は1000人行かない計算のようですから、そんなに大きな数ではありません。普通の合戦なら「戦死者10人」とかの単位です。

2. 戦闘が終わって両軍が引き上げると、既に回答されているように農民たちが「戦場狩り」を行います。これは、「田畑を荒らしたことに対する補償」の意味も含まれていたようです。
この際は、我々の眼から見て価値がある鎧、刀、槍などはもちろん、着ているものもフンドシに至るまで全て剥ぎ取られます。戦国時代の日本は、今の北朝鮮のような「使えるものは全て使う」社会ですから、例えば「戦死者がつけていた、血に染まったフンドシ」でも洗えば価値があるので剥ぎ取られました。地位のある武士が着ていた服は、農民から見れば「超豪華な織物」ですから、血や泥を落として分解すれば高値で売れました。(和服は、縫った部分をほどけば長い反物に戻ります)

3. 農民が徹底的に戦場狩りを行った後、戦死体は、全て丸裸になったでしょう。即ち、冒頭で説明した「クルマに轢かれたタヌキ」と同じ状態です。この状態であれば、後は野生動物が死体を処理してくれたと想像できます。実際、合戦の後の戦場をカラスが徘徊している様子が、当時の手紙か何かで描写されている例があったと思います。

4. 現在も痕跡が残るように、地元の僧侶が穴を掘って死体を埋め、供養したと言う例もあったでしょう。これは、「戦場狩りで大儲けした農民たちが、罪滅ぼしの気持ちで供養を依頼」ということが多かったのではと思われます。

現代の山の中の道を走っていると、タヌキなどの小動物が車に轢かれて死んでいるのを目にするのが珍しくありません。周りに人家もないようなところだと、近所の人が見かねて死体を処理することもないでしょう。保健所などの行政当局が通報(誰の?)を受けて死体を処理するのか?

実際は、タヌキの死体は直ちに他の動物(例:カラス)が寄って来て綺麗に食べてしまうそうです。
参考文献:カラスはどれほど賢いか 都市鳥の適応戦略 中公文庫
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31131995
山の中であれば、...続きを読む

Q関ヶ原の戦い 手柄一番多かったのは?

関ヶ原で攻めまくってすみません…反省してます

関ヶ原の戦いで最も勲功をあげたのって誰ですか?
やはり17の首級すべてに笹を立てて目印として「笹の才蔵」の異名がある可児長吉でしょうかね?

宮本武蔵も関ヶ原に参戦してたのはびっくりしました☆

Aベストアンサー

石田三成でしょう。
戦前の状況では彼我の戦力差など、どうみても豊臣方有利だったのに、小早川、朽木、脇坂、島津、吉川ら裏切者~傍観者を多数だしたのは石田三成の統率力のなさによるものです。さらに豊臣恩顧の黒田、福島、池田、加藤、蜂須賀らは三成憎しの一念から東軍についたわけですから、家康から見れば三成さまさまです。
かりに豊臣方総大将が三成でなく直江兼続や立花宗茂だったら東軍のボロ負けだし、そもそも三成さえいなければ加藤清正あたりが大阪方の大将になった可能性もあるので、そもそも関ヶ原の戦いが成立しません。
よって東軍勝利の最功労者は石田三成。
あと無能なのに西軍総大将をうけた毛利輝元や、秀頼の出陣を拒否した淀君あたりが第二の功労者ですかね。いずれにせよ西軍側の敗因の大もとを探るならこの辺になりそうです。

Q戦国時代の戦死者家族に対する補償について

 以前から疑問に思っていたことがあります。
戦国時代、多くの大名家では、足軽たちは農業兼業だったと思います。そのような場合に「いくさ」に出て不幸にも戦死してしまった場合、残された家族に対する生活保障のようなものはあったのでしょうか?自分的には模しなかった場合、敵前逃亡や形勢傍観を決め込んでしまいそうなきがするのですが。もしそのような制度があったとした場合でも、戦いの結果次第では家族の居住地が他家の領地に併呑されてしまう場合もあると思います。そのような場合も補償は継続されたのでしょうか?ご存じの方がおいでましたら、教えて頂きたく伏して御願い申しあげまする。

Aベストアンサー

地域差や時代差があるかもしれませんが村は自治と相互扶助が進んでおりましたから、領主の保護を受けるのではなく村内で助け合ったのではないかと。
平等・均等な相互扶助では無いにしろ村の人口や働き手が減れば、村全体の維持が出来なくなりますから。

大名・領主がせねばならぬ事はその領民を守ること。
戦争といっても関ヶ原の合戦や川中島の合戦の様に兵vs兵という大規模なものや城攻めばかりではありません。
最も多く行われた戦は「敵の村を焼く」「敵の村の物資を奪う」という小規模な戦がほとんどでした。
その際に、いち早く駆けつけ領民を守るのが領主の務めです。また戦でなくとも野武士集団からも村を守らなければなりません。
村が疲弊したり領民が減ったりしたら年貢収入や徴兵数が減るだけですから、結局損をするのは領主ですので。
また村が奪われても戦が終われば村へ帰れます。
土地だけ奪っても耕作人が居なければ田畑は運営できませんから・・・大名AのB村が大名CのB村になるだけですからB村の村人は領主がAからBに移っただけになります。
村から切り離された職業軍人としての足軽となった場合は簡単に帰れぬかもしれませんが、、、

地域差や時代差があるかもしれませんが村は自治と相互扶助が進んでおりましたから、領主の保護を受けるのではなく村内で助け合ったのではないかと。
平等・均等な相互扶助では無いにしろ村の人口や働き手が減れば、村全体の維持が出来なくなりますから。

大名・領主がせねばならぬ事はその領民を守ること。
戦争といっても関ヶ原の合戦や川中島の合戦の様に兵vs兵という大規模なものや城攻めばかりではありません。
最も多く行われた戦は「敵の村を焼く」「敵の村の物資を奪う」という小規模な戦がほとんど...続きを読む

Qもし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? それとか、今のように肉食はそんなにしなかったはず。 せいぜい鳥や兎の肉くらいでしょうか? あと、お酒もそうですね。 現代人に飲めますか?

匂い。 どうでしょうか? 当時の家の中や、町全体、一体どんな匂いがしていたでしょうか? そして1ヶ月間、現代人に耐えられるでしょうか?

風呂。 現代人が躊躇なく当時の銭湯に入れますか? 当時は毎日入っていたんでしょうか?

トイレ。 現代人に当時のトイレで大・小できるでしょうか? 特に女性の場合。

人によって感じ方が違うと思いますが、上に挙げた以外で 「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? ...続きを読む

Aベストアンサー

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。
(4)カマドに火を着けます。火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。
(5)雨戸を開けます。障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。
(6)家族そろって朝食。
(7)食器などを洗います。油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。
(8)井戸端で盥で洗濯します。これも大変です。

・・・女性は大変でしょう。田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。

>「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?
・・・夏場の暑いときに一ヶ月滞在すれば、参るでしょう。
・網戸がないので蚊に食われる。
・ハエがブンブン飛び回る。食卓の食べ物にハエがたかる。
・冷房や扇風機がないので暑い。雨の日は雨戸を閉めるのでこれも暑い。
・便所が臭く、人の体も臭い。
 夏場でいいことは、行水などで女性の裸を見る機会が多いことくらいかな。

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキ...続きを読む

Q戦国時代の葬式

昨日、同僚の葬式に行ってきました。戦中の友人が弔辞を読み上げましたが、軍歌を挿入して読み上げられ実に感情深くて、昔の人は友人以上の付き合いをしてたんだなあとしみじみ感じました。その時、ふとプチ歴史好きの私が思ったのが、戦国時代以前の葬式には、戦っている相手も当然参列していると思いますが、その時に殺傷沙汰などは無かったのでしょうか? 信長の道三と会見のとき戦闘要員を引き連れていったようですが、やはり、葬儀も同様に行っていたのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

戦国時代の葬礼を詳しく書いた資料はないようです。
室町時代の後期の資料を参考にします。  足利将軍の葬礼は資料が多く、12代義晴などは詳しく書かれた本があります。
遺体を輿に(高僧では棺の例もあり)のせて担がせ、僧、奉公衆、同朋衆が、葬送行列として続き寺に安置し、前に香炉を置きこれらの供達が焼香した。   続けて葬儀は何日も行われ、細川、佐々木らの大名が参列したとあります。
49日の精進明けもあり全体的に今と似ております。  勿論庶民ははるかに簡素だったでしょうが。
一般の例として、身分の高い家でしょうが中原家の葬礼では、葬送は近親と仕える人のみで、親しい知人も弔問のみで参列はしなかったと書かれています。
戦国武士の葬礼もこれに近いと考えられ、戦国大名でも参列は近親と部下だけと思われます。  せいぜい同盟大名が使者を弔問によこすだけでしょう。   喪を秘すことも少なくないので。

平和になると参列者より見物人が大勢です。
安土桃山時代郡山でおこなわれた、豊臣秀長の葬礼には見物衆20万人、山野を埋め尽くしたとか?。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Qイライラする妻にうんざり、この結婚間違いだった?

40代、結婚7年目です。子供が二人、7歳と6歳がいます。
妻がとにかく朝必ずイライラしてます。
とにかくイライラしているときは我慢して放っておきますがこちらに向かってキレてきたら自分が逆ギレしておさめるか、あやまるか。
それでも、かわいいやつなのでかわいいところを素直に褒めてもそっけない。褒めがいがないです。
最近は家に帰ってきてももう一人にして欲しいです。セックスは月2回程度ありますが妻はしょうがないからさせてくれてる感じでさせてもらってる自分が情けないです。
妻は自分を愛しているというよりは今の生活で安定してるからとりあえず夫婦をやってる気がします。この結婚間違いだったんでしょうか?どうすれば、楽しい夫婦生活が送れるのでしょうか?
どうかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

小学生2人と4歳の母です。……身に覚えのある出来事ばかりなので、妻側からの言い分となります。

以下のような疑問点が浮かんだのですが、予測で回答します(笑)。違っていたらご容赦ください。

1.質問者様夫婦は共働きですか?
2.質問者様は何時からお仕事をして何時ごろに帰宅されますか?
3.質問者様は奥さんの手伝いをしていますか?
3.6歳の子は小学生ですか、未就学児ですか?
4.奥様がイライラしているのは朝だけですか?
5.今まで子育てに関わったことはありますか?
  (おむつ替え、お風呂の世話、寝かし付け、食事の世話、着替えの手伝い、遊び相手など)

1…専業主婦でも(私は自営手伝いですが、家にいるので似たようなもので)朝は慌ただしいのです。共働きで奥様の出勤も早かったり、職場が遠かったりした場合は、余計に慌ただしくて気が立っています。うっかり気に障ることを言えば2倍3倍になって返ってきてしまいます。ですので、今のところ質問者様の対応は正しいです。夫婦そろって気持ちに余裕がある時に、楽しい会話の時間を持ってみて下さい。

2…夫の朝が早いとそれだけで妻の負担になります。質問者様がお休みの日は少し奥様がゆっくりできるように朝食の用意を手伝うとか、子供の朝の様子を見るとかしてみてはいかがですか?夜も早めに帰れそうなら子供の相手をしてあげて下さい。それが無理なら奥様からその日一日の様子を聞いてください。奥様からの信頼度がアップします。

3…小学生を学校に送り出すのは結構な重労働です。家から学校が遠ければ時間を逆算しなければいけません。寄り道しても間に合うように早めに家を出る時刻を考えているのに、子供がのんびりしていればそれはイライラします。2人とも小学生ならそこで仕事が終わりますが、6歳の子が幼稚園なり保育園なりに通っているならそのことも考えなければいけないので、やっぱりイライラします。

4…朝だけなら子供の世話で手一杯なせいかと思われますが、質問者様が帰宅された際にもいら立っているなら別の原因があるはずなので、話し合いが必要でしょう。

5…ここで書かれているだけでは判断しかねますが、何もかも任せっきりでここまで来たなら、やはりきちんと時間を取って話し合って、謝罪と感謝の言葉をきちんと伝えて下さい。さもないと、ある日突然離婚を切り出されてどうしよう、という相談をこのサイトでする羽目になりかねません。子育てを手伝ってくれなかった、子供に関心を示さない態度は、妻が「別れよう」と決意するまでの根深いしこりになります。
子育てに関わってきたのなら、奥様はちゃんと質問者様のことを見ていて「良い人と結婚したな」と思っているはずです。奥様が素直になれない性分であれば、なかなか「ありがとう」と言いにくいかもしれません。

奥様はもしかして、マンガやアニメにしか存在しないと思われた「ツンデレ」さんではないでしょうか?「ツンデレ」さんとは、すっごい照れ屋さんで、褒められると逆にツンツンしてしまうのです。そして思わぬ時に甘えんぼさんになります。

子供二人を目いっぱい構うと、それだけでとても疲れます。ですから夜の生活も間が悪いと、反応も鈍いでしょう。ゆっくりできる時に時間をかけていちゃいちゃして下さい。

結論:質問者様の結婚は間違ってません。奥様が心に余裕を持てるようになるには自分がどうすればいいのかを考えて下さい。「自分だって疲れてるのに」という考えは通じません。母親で妻であることの精神的疲労はただでさえ少なくないのに、夫が父親になりきれていないと、イライラしているだけではこの先済まなくなりますよ。セックスの有無や回数や反応の良し悪しだけが愛情表現ではありません。今こそ質問者様の奥様への愛情をきちんと言葉と行動で示しましょう。それと、子供さんたちとも向き合ってください。小さい時に親からの愛情を受けた子供は、多少の困難に出合ってもグレたりしないそうですよ。

ガンバレ、お父さん!!

小学生2人と4歳の母です。……身に覚えのある出来事ばかりなので、妻側からの言い分となります。

以下のような疑問点が浮かんだのですが、予測で回答します(笑)。違っていたらご容赦ください。

1.質問者様夫婦は共働きですか?
2.質問者様は何時からお仕事をして何時ごろに帰宅されますか?
3.質問者様は奥さんの手伝いをしていますか?
3.6歳の子は小学生ですか、未就学児ですか?
4.奥様がイライラしているのは朝だけですか?
5.今まで子育てに関わったことはありますか?
  (おむつ替え、...続きを読む

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。


人気Q&Aランキング