天津桃について詳しく教えてください。
天津桃の産地・収穫時期・糖度・Ph・色・型など、詳しければ詳しいほど嬉しいのですが・・・。
インターネットで調べてみても、ほとんど情報がないんです。
どうぞよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

数ヶ月前に桃太郎の話に出てくる桃という事で尖った桃をテレビ番組で探していましたが、


最終的には栽培農家か果樹試験場にわずかに残っている見本樹くらいでした。
日本の今の嗜好からすると硬いなどで売れそうな物ではないと思います。
次のURLで形が見れ、楽天市場の日本花卉で苗木が販売されています。
http://www.rakuten.co.jp/nihonkaki/388616/420536 …

どうしても詳細を知りたいのでしたら、桃をたくさん作っている産地の果樹試験場にメールで聞いて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

bhojiさん、回答有難うございます。
天津桃は、生食ではとても食べられないそうですが、シロップ漬けなどに使用されているようなんです。楽天のHP拝見させていただきました。いろいろと探して見たいと思います。情報ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/07 10:34

 今晩は。

天津桃とは非常に懐かしい名前なんじゃありませんか? 大正生まれの両親が昔の話をするとたまにこの名前が出てくることが有ります。その話を思い出すところによるとこんな風になります。 

・中国原産で日本には、昔(戦前です)、物があまり無かった頃に入って来ていたらしい。
・または、木そのものも日本に輸入されたものの、質が良くないので栽培はごく短期間で打ち切られた。ただし、もしかするとその後日本流に改良されて、現在の栽培品種の基礎になっている可能性も有ります。
・果実は貧弱でガリガリ、糖度も低く、とてもうまいとは言えない。

 どうも今回のレポートの眼目は2番目に挙げた項目に有りそうです。私が推測するようにこれが今日の日本の栽培品種の基本になっているのなら、「これから始めて、桃の品種改良について調べよ」と設問しているのと同じことになると感じます。
 こういう前提でもう一度ネットを検索して、それでも結果が出ないようなら、あとは図書館で果樹の図鑑でも参考にして調べる以外にはないでしょう。はっきり言って天津桃という言葉を知っている人も今では(特にネットの世界では)そんなに多いとは思いませんし。以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじめまして、ichienさん。回答いただき、有難うございます。
やはり昔なつかしい果物なので、ご存知の方のほうが少ないのですね。
確かに幻となりつつあるようです。
ただ、現在でも栽培している地域があるようなので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるのではないか・・・と思い、投稿させていただきました。
私も今回、桃を調べるにあたって、はじめて「天津桃」という桃の元祖になるような果物の存在を知りました。
ichienさんのおっしゃるとおりだと思います。
図書館で調べてみます。本当に有難うございました。

お礼日時:2002/03/06 12:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神奈川(大船)で育てるのにおすすめの果樹を教えてください。

神奈川(大船)で育てるのにおすすめの果樹を教えてください。

今度、神奈川に引っ越します。
小さな庭に果樹を植えたいなぁと漠然と考えているのですが、おすすめの果樹があれば教えてください。
素人なので育てやすいものがいいなーとか、猫やカラスに荒らされたくないなーとか、虫がわくのは嫌だなーとか考えていますが、詳しくないのでよくわかりません。。
永住するつもりなので、すぐに収穫できなくてもかまいません。

お手数おかけしますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の経験上でお勧めに値するのは桃です。

桃は高級なイメージがあるので難しそうに思うかもしれませんが
素人でも簡単に実を成らせる事が出来ますし、
植えた次の年には収穫出来たりもするので面白みもあります。
(1m以下の苗でも実が出来ますし、鉢植えなどでも収穫出来ます)

また、スーパーで売られている桃は
熟す間際で収穫してしまっていたりするので
甘さが無かったり、えぐみや渋があったりしますが
自宅で栽培すれば樹上完熟させられるので100%甘くおいしい桃が食べられます。

春には桜の様な綺麗な花を見られるのもうれしいですし
早成り品種なら4~5月に花を楽しみ、7~8月には実を味わえるので
春~夏は楽しみの一つになるでしょう。

どうせなら高級フルーツを自宅で作れる・おいしく食べられる、
という方がうれしいでしょうし、さくらんぼの様に害虫被害が多くないので
何もしなくても勝手に桃が出来てくれたりもするので(手を掛ける方が望ましいですが)
個人的には素人向けのお勧め品種だと思います。

私の家(東京)では白鳳という品種の桃を育ててますが
春にインターネットで苗を購入し、次の年の春にはもう桃が出来ておいしく頂きました。
(初年度数は少ないです・苗もまだ小さいので実も若干小ぶりでしたが味は甘くて最高でした)
白鳳は1本で実のなる品種なので1本植えでも楽しめますし
早くから楽しめ、花や実も楽しむ事が出来、
スーパーで買う物以上のおいしい実が得られるのでお得感の強い商品だと思いますよ。
桃好きなら是非チャレンジしてみてください。

私の経験上でお勧めに値するのは桃です。

桃は高級なイメージがあるので難しそうに思うかもしれませんが
素人でも簡単に実を成らせる事が出来ますし、
植えた次の年には収穫出来たりもするので面白みもあります。
(1m以下の苗でも実が出来ますし、鉢植えなどでも収穫出来ます)

また、スーパーで売られている桃は
熟す間際で収穫してしまっていたりするので
甘さが無かったり、えぐみや渋があったりしますが
自宅で栽培すれば樹上完熟させられるので100%甘くおいしい桃が食べられます。

春には桜の様な...続きを読む

Qカルシウムと糖度の関係は?

カルシウムと糖度の関係は?
貝殻を粉砕したものを植物に与えると、その時、成長がよくなるとか果実の糖度が上がるということはあり得ないでしょうか?

Aベストアンサー

生育が良くなれば糖度が上がることもあるでしょうが、
一般に、カルシウムと糖度の間に直接の関係はありません。

Q庭に植える常葉樹(果樹)のおすすめ(と、ゆずについて)

庭に木を植える予定です。
近隣への迷惑も考え、常葉樹でなおかつ実も楽しめるもので考えています。
現在、検討しているモノは、本ゆず、一才ゆず、甘夏ミカンです。

私は園芸の知識もまだまだ浅いのでどんなものを植えたらいいのかわかりません。みなさまのお勧めの果樹はなにでしょうか?参考にしたいのでお教えいただけたら幸いです。
ちなみに我が家の庭は2坪ほど、日当たりはまずまずです、樹は2メートルくらいのものを2~3本考えています。

ついでですが、本ゆずと一才ゆずのちがいもお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

本ユズは、我が家に植わっています。
一才ユズは、友人宅にあります。
甘夏は、近所にあります。

まず、本ユズですが、植えてから実がなるまでに数年かかりました。
木が大きくなり、今ではふつうの蜜柑大の実もなりますが、数はあまり多くありません。
木は、庭木としては、あまり美しいとはいえません。枝には長い、するどいトゲがあるので、お子さんには注意が必要です。大人でも、剪定のとき、気をつけないと危ないです。
2坪の庭ということですから、そういう点がちょっと問題アリかもしれませんね。

次に、一才ユズですが、
友人宅のものは2メートルくらいになっています。
毎年、80個くらい採れるようです。
本ユズよりは、木も華奢で、実がなった姿も美しいです。
ただ、実はピンポン玉くらいしかないんですね。
絞った汁は本ユズと変わりません。おいしいですよ。
果実の値段ですが、スーパーで見ると、一才ユズの実はすごく安いのです。
実は小さくてお料理にちょっと使うのには重宝なのに、市場の評価は低いようです。
一才ユズは、植えて次の年にはもう、実ります。

最後に甘夏ですが、近所のは大木になっていて、毎年100個くらい実をつけています。
2坪だと、他のものがなにも植えられなくなるかもしれませんね。

参考になったら嬉しいです。

本ユズは、我が家に植わっています。
一才ユズは、友人宅にあります。
甘夏は、近所にあります。

まず、本ユズですが、植えてから実がなるまでに数年かかりました。
木が大きくなり、今ではふつうの蜜柑大の実もなりますが、数はあまり多くありません。
木は、庭木としては、あまり美しいとはいえません。枝には長い、するどいトゲがあるので、お子さんには注意が必要です。大人でも、剪定のとき、気をつけないと危ないです。
2坪の庭ということですから、そういう点がちょっと問題アリかもしれませんね。...続きを読む

Q桃・ネクタリンの縮葉病予防について

春先、芽吹く前に石灰硫黄合剤とデランKを一回づつ散布しましたが、縮葉病が若干発生してきました。宿葉病対策としてこの他いい薬剤があるのか、また何回ぐらい散布すればいいのでしょうか、来年のため教えていただきたいのです。今年はなってしまったのでどのように対処したらよいでしょうか。一応かかった葉は採っています。これから散布するとよい薬剤はないものでしょうか

Aベストアンサー

縮葉病等の果樹の細菌性の疾病は、夜間の最低気温が低い時期には発生しやすいですが、14℃を超えるようになれば治まります。

縮葉病による果樹のダメージは大きなものではありませんので、私は全く気にしないことにしています。

春先に石灰硫黄合剤を散布されていれば、それで十分です。悠然と構えて、それ以上に、農薬散布に頼る必用はないと思います。

Q熱帯果樹の本について

熱帯果樹の種類や知識が載っている本でおすすめのものがありましたら教えて下さい。また、その本に果実や木の形が図で書いてあるものがあれば嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

養賢堂の『図説 熱帯の果樹』(ISBN:4-8425-0078-6)
をお勧めします。

参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30855110

Q日本での稲・麦の収穫時期について

稲の収穫はだいたいが10月、麦の収穫はだいたいが6月という情報を持っているのですが、それらの収穫時期がどれくらいの幅を持っているのかが知りたいと考えています。

稲および麦のもっとも早い収穫時期、もっとも遅い収穫時期はどれくらいなのか、ご存知の方がおられましたら是非教えてください。
また、日本全体として、最も早い時期と遅い時期を端として、正規分布(横軸に収穫時期、縦軸に収穫高をとったとき、つり鐘型になる)になっているでしょうか。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

基本として、水稲や麦の収穫は品種、地域の栽培体系により変わってきます。例えば南から北に順に収穫期が移行していくというような、順序というのは基本的にはありません。ですから収穫期については稲・麦それぞれの全国総体としての傾向値としてとらえる形になるかと思います。

稲は早いもので8月の下旬、遅いもので10月下旬くらいが収穫期となります。8月下旬収穫のものは九州のコシヒカリや温暖地域でのあきたこまちなど、早期収穫を狙って栽培されるものです。遅いほうの収穫は、品種的なものがあるので地域は絞れません。収穫の遅い晩生品種を用いた栽培体系の収穫であり、概して温暖地になろうかと思います。

麦については、大麦(2条、6条)や小麦によっても異なりますし、それぞれの品種によっても違います。しかし基本的には稲ほどの幅はなく6月中に収穫が終了するものです。ただ、小麦については春蒔きの小麦と冬蒔きの小麦が存在します。6月収穫するものは冬蒔きのもので、日本の殆どの小麦は冬蒔きですが、北海道等の積雪地帯では冬蒔き小麦の栽培ができませんので、春蒔きのものを作っています。

>日本全体として、最も早い時期と遅い時期を端として、正規分布(横軸に収穫時期、縦軸に収穫高をとったとき、つり鐘型になる)になっているでしょうか。

なっておりません。前述した通り、品種などにより栽培期間が異なるため、収穫時期の早いものと遅いものでは品種や栽培体系が異なるため、単純な比較ができないのです。
なお、適正な収穫期にあれば稲、麦とも収穫量は変わりません(品種の収穫量差はある)
余談ですが、食味などは(地域が同じであれば)早期栽培のものが良いといわれています。

>私は日本における稲や麦の月別の収穫高を知りたいので
全国として月別の収穫高は把握していないはずです。ただ大抵の都道府県は収穫の進捗状況について調査をしているはずですので、農林水産省の統計で把握する都道府県別の年の収穫量、反収、栽培面積と、都道府県ごとの収穫の進捗状況、を組み合わせれば、ある程度の推測は可能かと思われます。(ただ、全ての都道府県に問い合わせをすることになると思います)

>二期作をする場合はいつ頃といつ頃が収穫時期なのかももしご存知ならば教えていただきたいと思います。

現在米あまりのため、2期作はしないように指導が行われています。沖縄の極一部以外ではやっていませんので無視して良いかと思います。

基本として、水稲や麦の収穫は品種、地域の栽培体系により変わってきます。例えば南から北に順に収穫期が移行していくというような、順序というのは基本的にはありません。ですから収穫期については稲・麦それぞれの全国総体としての傾向値としてとらえる形になるかと思います。

稲は早いもので8月の下旬、遅いもので10月下旬くらいが収穫期となります。8月下旬収穫のものは九州のコシヒカリや温暖地域でのあきたこまちなど、早期収穫を狙って栽培されるものです。遅いほうの収穫は、品種的なものがあるの...続きを読む

Q果樹を育ててきた土地の返還について

果樹は、土地の使用貸借契約の時に植えたもので、その後数年してから賃貸借契約になりました。
賃貸借契約には、契約解除時には、「更地にして返還する」では無く「原状に復して返還する」となっていますが、返還時には果樹を収去する必要がありますか?
ただ、民法242条(不動産の付合)の解説では、果樹は地主のものになる代わりに、償金請求権(民法248条)を取得するとなっています。従って、自分で果樹を収去しない場合には、地主は果樹の所有権を取得し収去できる権利を持つことになり、代わりに償金請求権によりいくらか金額を請求できる権利を持つことになるのでしょうか。
また、強制執行されることが予想されますが、育ててきた果樹の移植費用や精神的な苦痛を受けたことによる何がしかの賠償を地主に負担してもらうなどが可能でしょうか。、

Aベストアンサー

No.1です。
補足がありましたので、遅くなってすみませんが再回答します。

果樹農家さんからの質問かと思っておりましたが、
おそらく建物所有目的の土地賃貸借のうち、
一部が家庭菜園化しているということでしょうか。
それならば、農地法の適用が実際上問題とはならないと思います。

さて、その上で果樹に関する権利関係を検討します。
当方は民法の教科書と判例六法レベルの情報量で
回答することを、(言い訳ですが)あらかじめ申し上げます。

果樹に関する権利関係は、
(ア)民法242条を字義どおり適用する立場(権限あれば付合せず、なくば付合)
(イ)小作人保護を重視し、農作物には慣習法上付合を認めない立場
が対立し、判例は基本的に(ア)の立場に立つように思われます
(最高裁昭和31年6月19日判決など)。
ただし、賃貸借の解除紛争中に育成した農作物など、
無権限育成者の場合であっても、保護を要する場合があることから、
「有力説」というレベルにて
(ウ)付合が生じる場合であっても、場合によっては
248条を活用し、償金請求(248条)により調整する立場
が、あるということのように思われます。

とすれば相談者さんのおっしゃる
「民法242条(不動産の付合)の解説では、
果樹は地主のものになる代わりに、
償金請求権(民法248条)を取得するとなっています。」
という部分は、本件のような賃借あるいは使用借権限に基づき
植えた場合は、適用されないように思え、
あくまで付合せず、果樹所有権は借主にあり、
というように見るのが、法律的には正解と考えます。

また、このよう除去が法律的な筋として、
除去時の費用負担についても
「原状に復して返還する」のですから、
まず、賃貸借契約時に庭に果樹のない状態であれば、
当然賃借人の費用負担をもってして、果樹を取り払う必要があるかと思います。
他方、使用貸借の時代に植えられた果樹ならば、
賃貸借契約時にさかのぼった「原状」とは
「樹木が植えられた状態」とも言う余地はありえますが、
私はそれは屁理屈で、合理的な契約意思の解釈としては
「原状」とは賃貸借に連続する使用貸借の開始時とみるのが自然で、
使用貸借開始時点で果樹がなければ、先と同様、賃借人の費用負担を
もってして除去すべきと考えます。

以上、あまり相談者さんの意向に沿わぬ回答になりましたが、
借地権の中途終了については、借地借家法の保護の下、
居住権者として優位に交渉を進めうるのですから、
家庭菜園への思いも正当事由の一事由であり、場合によっては
庭木として社会通念上相当な範囲での果樹の維持管理を
立ち退き条件に織り込む余地すらあるものとも言えます。
(他方、立退訴訟が決着している、あるいは債務不履行解除として
決着済みであるとすれば、果樹をめぐっての紛争は
ただの蒸し返し等のように思えるところです)。

No.1です。
補足がありましたので、遅くなってすみませんが再回答します。

果樹農家さんからの質問かと思っておりましたが、
おそらく建物所有目的の土地賃貸借のうち、
一部が家庭菜園化しているということでしょうか。
それならば、農地法の適用が実際上問題とはならないと思います。

さて、その上で果樹に関する権利関係を検討します。
当方は民法の教科書と判例六法レベルの情報量で
回答することを、(言い訳ですが)あらかじめ申し上げます。

果樹に関する権利関係は、
(ア)民法242条を字義どおり適用...続きを読む

Q土壌pH・ECは水分添加量でどのように変化?

 普通、土壌pH(H2O)を測定する場合、土壌:水は1:2.5、ECでは1:5ですが、例えば堆肥の場合は堆肥が吸水してしまうために1:10などで測定する場合があると思います。このように、水分添加量が違うとき、それらの値はどのように変化するのでしょうか。例えば、ECは1:10と1:20では値は2倍違うのでしょうか。pHでは水分添加量が多いほどpH7に近づくのでしょうか。化学分野の質問かもしれませんが、ご存知の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結構難しい話になります。
極めて大まかには、EC、pHともにおっしゃるとおりです。
しかし実際には、例えばECでは塩類の組成と吸着側の強さなどによって、希釈程度とEC値の変化の関係が変ってしまいます。極端な場合として、硫酸カルシウムの沈殿が存在する場合もあり、その場合には薄めてもEC値が変化しません。
pHは対数値ですので、2倍程度の希釈ではEC値に比べてさほど大きく変化しませんが、塩類の組成と吸着側の特性の両方の影響があって、簡単な予測ができないのは同じです。

Q耐潮性の強い果樹を教えてください

茨城県内の太平洋に面した畑に果樹を植えたいと思います。
潮風が強い場所でも栽培できる果樹はあるでしょうか。
茨城県北部に位置しており、年に数度雪が降る程度の気候ですが、直接海に面していない畑ではミカン類は生育しているようです。
かんきつ類などはどうかなと思っています。
そろそろ果樹苗の植樹時期だと思いますので、どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

>耐潮性の強い果樹を教えてください

         ↓
海岸付近でよく見かける樹木(果樹)としては、かんきつ類が多いと思います。
これは、栽培に適し、対潮性がある為だと思います。
それと、ハワイで見かけた風景のパイナップルや沖縄のシイクワシャーやバナナ、小豆島のオリーブや伊予柑等が潮風に強そうです。

◇イメージ的に耐性があると思われる果樹
伊予柑・セミノール
グミ
レモン
シクワシャー
バナナ
パイナップル


参考記事
http://www.fruit.affrc.go.jp/publication/man/kajusaigai/chogai/2-1.html


manatubi様に於かれましては、皆様からの情報・アドバイスを活用され、美味しくて潮風にも強くて美味しい果樹栽培に成功されますよう、心より祈念申し上げております。

Q米・収穫について質問させていただきます。

米・収穫について質問させていただきます。

父が、親戚から借りた田んぼ(神戸市・郊外)で、米作りをしていました。
土地の広さは不明です。(まぁまぁ、大きいらしいです。。。)

しかし、先日、脳梗塞で入院することになり、今だ収穫できていません。
入院中の父にどうするつもりだったのか、聞きたいところですが、
脳梗塞により失言症を患っているため、聞きようがありません。

とにかく、「放っておくのは、アカンやろう」と、家族の意見は一致している
のですが、何をどうすればよいのか、分からず困っています。

どなたかアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

まず最初に、実際の田んぼに出向いて、周辺の農家の方に様子を見てもらうのが一番ではないでしょうか?
貸し主のご親戚にわかる方がいるならその人に見てもらってもよいかもしれません
いきなり素人の方が稲刈りをするのは難しいと思いますので
余裕のある農家の方がいらっしゃるなら依託して刈り取ってもらう方法もあるとおもいます
水田の場合は水利の関係もあり、よほど農業用水が発達してる場所でもないかぎりは
周囲の農家の方と無関係というわけにはまいりませんので、相談にのってくれる方もいらっしゃるかと思います

もう周囲の水田が刈り取られていてよくわからない場合には
地区の農業改良普及センターで相談してみるのもよいかと思います
そこで農家さんのことを紹介してもらうこともできるかもしれませんので


人気Q&Aランキング

おすすめ情報