人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

2年ほど前に英語教材の違法コピーCDをネットにて購入しました。
値段が安かったので、たぶんコピーなんだろうな、とは思っていましたし、そういったものを購入した私もとてもいけなかったと今は本当に深く反省しています。

すっかり忘れた今頃になって、全く関係ないところから自宅に手紙が送られてきました。
その違法コピー販売業者が利用していたパソコンを廃棄し、その廃棄作業をしたところからです。私の違法コピーCD購入の証拠をパソコンからみつけたので、3万円で購入しろ、というのです。
電話番号は購入の際に不要でしたが、自宅の住所、名前は向こうに知れています。お金を支払わない場合は、私が違法コピー品を購入したという事実をそういった情報を買う怪しい会社に売るというのです。
手紙にては送付元の住所、振込先などの情報はありませんでした。
メールアドレスがあり、そちらに連絡するように、となっておりました。

違法コピーCDを購入するのはいけない事だと思いますが、罪になるのでしょうか?
また、こういった場合、どのように対応したらいいのでしょうか?

無視するのがいいだろうか?とも思ったのですが、こういった件に合うのは初めての事でとても不安になってしまいました。
助言よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

全く同じ内容の手紙を受け取った者です。


質問日からしてもおそらく同じ人物からかと思います。

本日消費生活センターに相談したところ、
他の皆さんの回答と同様、無視してください、とのことでした。
違法コピーを購入した側が罰則を受けることはあり得ないようです。
今後もしばらく同様の手口が続く可能性はあるが無視し続けて、
内容がエスカレートするようならもう一度相談してください、とアドバイスを受けました。

なので私も無視することにしました。
私も軽率な行動を深く反省しています。
お互い今後の不安はありますが、頑張って無視し続けましょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
同じ手紙をもらわれていた方の意見が聞けて、とても心よかったです。消費者センターに相談されたのなら、やっぱり無視し続けるのが一番なのですね。

私も本当に自分の行動に反省してます。
今後やっぱり不安はありますが、頑張って無視し続けます。
お互いにがんばりましょう。ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/25 17:21

相手が違法行為を行ってよくもそんなこと言えるねと思います。


まずコピーCDを買うのは無罪です。支払い義務はありますが、正当な理由で拒否できます。
売る方が有罪。
そのまま警察に持ち込めばいい、もしかしたら「警察だけは勘弁・・・」と和解金をもらえる場合がある。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コピーCDを買うのは無罪なのですね。よかったです。でも、もう二度としません。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/23 20:24

はじめまして。


無視して構わないと思います。
私だったら、騙されてるフリをして書いてるメールアドレスに連絡します(フリーメールで)。
すると、恐らく次の口座に振り込めみたいなメールが来ると思うので、口座番号を入手した時点で返信。
「振り込め詐欺と思われる口座番号と、発送元が分かる手紙が手に入ったので、警察に届けます」とでも送れば、反対に相手がびびって連絡こなくなると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんの意見を参考にして今回は無視する事にしました。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/23 15:03

 それを一般的に脅迫といいます。



無視してていいですよ、再請求があるようでしたら警察へどうぞ、違法コピーでありますが前回の購入時で売買は成立していますので、売買については合法です。

それを黙っていてやるから、金を払えと言って来てるだけ、後ろめたい気持ちがあるので払っちゃうんですよねぇ(^^;

脅されている事を警察に言えば、違法コピーの購入は咎められる事なく、脅している人を逮捕できますから、何かあったら警察に行きましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえず無視するつもりです。
また連絡がきたり、しつこかったら警察に相談します。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/23 20:26

なんかアヤシイ感じがしますね。



その違法コピー業者と廃棄業者は同一あるいはグルのように思えます。連携してるか、コピー屋廃業して名簿を元に別の商売を始めたか、コピー業者を辞めた人間が持ちだした名簿を元に小銭稼ぎしようと思ったか。

いずれにせよ違法コピーはやまましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
はい、違法コピーはとてもいけない事だと今回の件で深く反省しました。
今後は気をつけます。

お礼日時:2006/07/23 15:01

参考にならないかも知れませんが似たような経験があります。


結論としては無視でいいと思います。

以前に私も同じような商品をコピーと知らず購入したことがあります。
私の時は倒産した企業から買い上げた為、格安との説明でしたがきた物はコピー品でした。
たまたま後払いであったのと、商品に不具合があり先方にキャンセルを申し出ましたが先方はダメの一点張りでした。
その後断っているにも関わらず再度商品を送ってきたり、請求がきたりと最悪でしたが、全部無視しました。
ちなみに調べたら先方の記載住所は架空でした。

電話で警察に相談したところ「二度と購入するな」と注意はされましたが、請求等があってもすべて無視しろと指導されました。
警察いわく直接来訪はまずないともいわれました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
完全無視で乗り切ろうと思います。
無視していれば、連絡がなくなるような気がしてきました。
もしあまりにしつかったら、警察に相談してみます。

お礼日時:2006/07/23 15:00

似たようなことがありました。

無視ですね。あやしい業者に売れるなら、いちいち脅迫などせずにリストを売り払ったほうが早くて確実に決まっているところを、わざわざ質問者さんに連絡してくるわけありません。
郵便できてるなら完全に無視、メールで来てるなら拒否するかアドレスを変えてはどうですか?
ただし郵便で来る場合は、家族などにわかるようにだんだん露骨なもの(封筒からハガキへ、など)になっていくので、自宅であれば家族には適当な理由を伝えておくべきかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
郵便は無視します。
いろいろとご回答いただき、感謝します。

お礼日時:2006/07/22 23:49

無視していっこうにかまいません。


違法コピーにしても、その件での売買は成立していますから、
その3万円はあなたの弱み(とあなたが思っている)につけこんだ
れっきとした脅しです。
相手の行為は犯罪です。
メールアドレスに連絡したらあなたに郵便が届いているということの証になります。
絶対に連絡しないでください。
今後、郵送してきたら受け取り拒否をすればいいです。
郵便局に受け取り拒否として持っていけば、郵便局で受け取ってくれます。
今後は気をつけましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やっぱり無視していいのですね。
まだ不安ですが、ご助言を頂いて、少し安心しました。
今後は気をつけます。

お礼日時:2006/07/22 23:47

>自宅に手紙が送られてきました。


>無視するのがいいだろうか?


住所まで知られている、という事は、相手が裁判を起こしたら、
裁判所から手紙が送られてきますので、その手紙は無視しないで下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございました。
はい、了解しました。裁判所から何かきたら無視しません。

お礼日時:2006/07/22 23:46

専門家の方の意見を是非拝聴したいケースです。


違法コピーは再配布や利益を生み出すところがまずいのではないでしょうか?
購入者側は破棄処分を求まられることはあっても、請求は・・・どうなんでしょ?
よく偽ブランド品騒ぎがありますが、被害者側は罪には問われていませんよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他の方達からアドバイスを頂いたように無視する事にします。
自分がこういう目にあうのは初めてで、本当にビックリしましたし、不安になります。
こういった相談できる場があってよかったです。

お礼日時:2006/07/22 23:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコピーした音楽CDの販売は違法か?

こんにちは、フラダンス教室に通う主婦です。
フラの課題曲が変わるたびに、フラの先生(プロで、たくさんの教室を運営している)が
自分でコピーしたCDーR(元は巷で売られているだろう音楽CD)を
1枚300円(このCD-Rには課題曲が1曲だけ録音されている)で教え子一人ひとりに販売するのですが、これは法に触れないのでしょうか?

著作権を侵害しているような気もするし、あまりにも割高で腑に落ちません。

Aベストアンサー

かなり好意的に解釈しても違法でしょう。許可を取っているのなら、そんな価格では頒布できないでしょうし。
その先生が運営している多数の教室でも同じ事をやっているのですよね。
1曲だけ焼くなら時間もかからないし、結構ぼろい儲けですよね。

「みんなやってるから大丈夫」というのはよく聞く意見ですが、仕事として利益を得ている時点でかなり悪質なので、著作権者に知られれば裁判を起こす価値アリとなる可能性があるでしょう。
予想され得る損害の数倍までは賠償金として請求できますから。
フラダンスの元ネタ曲なら、販売元が偏ってる可能性もあると思います。仮に全部同じところの曲だとして、元ネタが2000円のCDと仮定して、毎回100人、毎月配ってると仮定すれば年間240万円。4倍強請求すれば、一千万円。数年遡れば・・・民事訴訟を起こす価値は十分にアリでしょう。

個人的に他人の上前をはねる行為は嫌いですが、告発するとあなたが不利益を蒙るのは前出の通りです。
それに、違法品だと分かってて購入しているあなたにも責任がありますよ。
「違法だから50円にしろ!」ってのは、五十歩百歩です。

かなり好意的に解釈しても違法でしょう。許可を取っているのなら、そんな価格では頒布できないでしょうし。
その先生が運営している多数の教室でも同じ事をやっているのですよね。
1曲だけ焼くなら時間もかからないし、結構ぼろい儲けですよね。

「みんなやってるから大丈夫」というのはよく聞く意見ですが、仕事として利益を得ている時点でかなり悪質なので、著作権者に知られれば裁判を起こす価値アリとなる可能性があるでしょう。
予想され得る損害の数倍までは賠償金として請求できますから。
フラダンスの元...続きを読む

Q購入したCDを自分の分をコピーして、 現物はオークションで売るのは違法ですか?

自分で教育教材を制作し、一般に販売しています。
教材はCDと冊子の組み合わせてできています。

教材購入者が、購入後 その教材を自分の分はコピーをした上で、オリジナルをネットで販売しています。その行為をネットで注意したところ、「なんら違法性はないはず」との返答でした。

これは、著作権の侵害にはならないのでしょうか?
また、こういった行為を防止するためには、どういった予防措置をとればいいでしょうか。販売時に「コピー後の販売は禁止します」など、文言を入れるなどすればいいのでしょうか。

事情に詳しい方がいましたら、アドバイスをいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1) まず、その教材についてコピーガードがかけられていない場合(冊子は物理的に不可能。「CD」が音楽CDの意味であれば、これも不可能)、購入者が複製を行うことは、基本的に自由です。著作権法30条1項の、いわゆる「私的使用のための複製」に当たるからです。

そして、この場合、オリジナルを譲渡(販売)しても、原則として問題ありません。なぜなら、そのような行為を「著作権侵害である」として規定する法律が存在しないからです。

したがって、「オリジナルを転売するときは、コピーをすべて破棄しなければならない」というのは、全く事実無根です。

なお、コンピュータソフトウェアの場合は、「オリジナルのメディアを手放しても、複製物を持ち続けて良い」という特約がない限り、コピーを破棄しなければならないことが明文で定められています(47条の2。原則としてオリジナルを手放した後でも複製物を持ち続けて何ら問題ないからこそ、そのような規定を特別に置いているのです)。

ただし、このような複製を行って良いのは、「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内で使用することを目的とするとき(私的使用目的があるとき)」に限られます(上述の30条1項)。したがって、「当初からオリジナルを転売する意図で購入し、複製した場合」は、違法複製を行ったものとして、著作権侵害を主張することができます。

この意味で、「複製後にオリジナルを転売したこと」は、そのような目的があったことを推認させる事情の1つにはなります。

しかし、ただそれだけで、そのような目的があったとは認められません。たとえば、「購入後、転売までの期間が、その教材を通常使い終わるまでの期間に比べてきわめて短いこと」や「そのような目的があったことを推認させる発言があったこと」などが必要です。

(2) 予防措置について。

>> 販売時に「コピー後の販売は禁止します」など、文言を入れるなどすればいいのでしょうか。 //

少なくとも、そのような契約条項が「商品を開封しない限り分からない」ようなものである場合には、その条件に同意して購入したとはいえないので、無効です(通説)。

他方、契約成立前(教材の売買契約の前)に、明示的に示されていれば、有効となる可能性はあります。しかし、「コピー後の販売」というのでは、「(たとえ正当な「私的使用のための複製」の場合でも)コピーを破棄した後でも転売できない」という趣旨に読めてしまう上に、未来永劫に財産処分権を奪うことになるので、買主にとっては厳しい条件といえます。

このような、買主にとって一方的に不利な契約条件は、場合によっては無効と解される可能性があります(特に、あなたの場合、消費者契約法や特定商取引法が適用される可能性があるので、より慎重に契約条件を検討するべきです)。

したがって、「コピーを破棄すれば転売も可能」とか「購入後1年間は転売禁止」などといった、より制限的でない条件にした方が望ましいといえるでしょう。

(1) まず、その教材についてコピーガードがかけられていない場合(冊子は物理的に不可能。「CD」が音楽CDの意味であれば、これも不可能)、購入者が複製を行うことは、基本的に自由です。著作権法30条1項の、いわゆる「私的使用のための複製」に当たるからです。

そして、この場合、オリジナルを譲渡(販売)しても、原則として問題ありません。なぜなら、そのような行為を「著作権侵害である」として規定する法律が存在しないからです。

したがって、「オリジナルを転売するときは、コピーをすべて破棄しな...続きを読む


人気Q&Aランキング