この二つの違いって何なんですか?
なんかの歌詞で見たことがあるけど、学校ではhad betterでしか習ってません。
意味はどんな風になるんでしょうか?
いまいちわかりません。
いろいろ英語を知るために、教えてください~。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

"had better"をわざわざ学校で教えるのは、これが熟語だからです。


英語にも、単語と単語が結びついて、本来とちょっと違った、特殊な
意味で使われる場合があります。これが熟語です。
例えば、
send for~
で、「(医者や警察、消防を)呼ぶ」という意味になりますが、
本来、sendには「人を呼びにやる」という意味がありますが、
send forで「呼ぶ」というちょっと新しい意味がでてきます。
send in~
で「提出する」という意味になります。
sendだけでなく、いろいろな動詞でこういうことが起こります。
また、熟語というのは動詞に限ったことでもありません。
英和辞典だけでなく、こういう熟語に興味をもったら、英語の熟語
辞典を購入すると良いでしょう。

had betterは、学校で一般にならって感じるよりも、ずっと強い
命令口調に実際は受け取られことが多いです。
「~するほうがよい。」と訳されますが、もっとニュアンスとしては、
命令に近い感じです。
You had better go.
では「行った方がいいよ。」と訳されますが、
強い口調でいえば、
「行った方が、あんたの身のためだよ。」
みたいな脅迫に使われることもあります。
あと、目上の人には、日常会話で、
まず、絶対使ってはいけません。

学校では、よくこの熟語を教えますが、
教えられるよも、かなり強いイメージを
与えるので、私はあまり好きな表現ではありません。
ネイティブとの会話では、あまり頻繁に使わないほうが
いいです。

余計なことまでいいましたが、試験ではなぜか良く出るので
しっかり覚えておいてください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご説明ありがとうございます。
知らない熟語が多いから一度、本屋で熟語辞典探してみます。
これを機にこれからもがんばろうと思います★

お礼日時:2002/03/08 15:26

お礼を拝見しました。

"had better"を参考書でお調べになるのでしたら、助動詞の項目に載っていると思います。お時間がおありの時に"should"と "ought to"の使い方もついでにご覧になれば勉強になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

二つとも学校で習ったから知ってます(^^;
助動詞ってたくさんありますねー。

お礼日時:2002/03/09 08:18

この場合の ”had better~”は ” have ”という動詞の過去形ではなく、助動詞です。

この表現は、意味としては”should"と "ought"に近いのですが、もっと押しが強い感じで、「~をした方が良い」ということです。尚、「~」には原形の動詞が入ります。

"have better"は動詞の"have”と形容詞の比較級の"better"をつなげていますが、このような慣用句はありません。"better"以降に冠詞が必要でない名詞が来るのなら、『もっといい~がある。』という意味で使う事が可能かと思います。

I have better ideas. (もっと良い考えがある。)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お返事ありがとございます。
have betterは熟語じゃないんですね。
私はてっきりhad betterよりやわらかい言い方なんだと思ってました。(^^;

お礼日時:2002/03/08 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Qhad better,of courseは健在?

現在の学校で教えている英語がだいぶ変わっていると聞きました。
had betterやof courseって今でも学校で教えられているのでしょうか?

上記フレーズを多用して相手の怒りを買った話を聞きましたが、
いまでも、学校で教えているのか、それとも教えていないのか知りたいです。

Aベストアンサー

早速、#3に補足をありがとうございました。しかし、んん、私は日本語で「北海道でもスイカを食べるの?」と聞いて、北海道民に「もちろんです」と言われたら、「知るわけないじゃない・・・」と思ってムッとしますね(ちなみに、さすがに北海道でも食べると知ってはいますが、ほんの例えとして)。

そこはやっぱりニュアンスだと思うんです。整然と冷静に「Of course.もちろんです(・_・)」と言われれば、「そうか、そうか」と思うし、「Of course! もちろんですよ!(・o・)」と呆れるように言われればムッと来るし、それは英語でも同じですよ。

ちなみに、例えば「いただきもののスイカが余ってるのよ。どなたかにさしあげたいんだけど、お宅ではスイカ、召しあがる?」と聞けば、どんな答えが返ってこようと平常心でいられますが、「へえ、ジンバブエから来た留学生さん? ジンバブエでもスイカを食べるの?」と聞く時、人はちょっぴり“ジンバブエについて詳しくない自分が恥ずかしいな”と思っているので、そこで「もちろん」と答えられると、痛いところを突かれた感がありますよね。リンクの筆者はそんな体験をしたのでは??

ついでに申しますと、「日本でもスイカを食べるの?」と外国で聞かれたら、やっぱり相手をムッとさせてでも「もちろんですよ!」と言うと思います。

早速、#3に補足をありがとうございました。しかし、んん、私は日本語で「北海道でもスイカを食べるの?」と聞いて、北海道民に「もちろんです」と言われたら、「知るわけないじゃない・・・」と思ってムッとしますね(ちなみに、さすがに北海道でも食べると知ってはいますが、ほんの例えとして)。

そこはやっぱりニュアンスだと思うんです。整然と冷静に「Of course.もちろんです(・_・)」と言われれば、「そうか、そうか」と思うし、「Of course! もちろんですよ!(・o・)」と呆れるように言われればムッ...続きを読む

Qどういう意味だと思いますか?

彼とLINEしていると
「返事がおくれてごめん、あまのじゃくなもので・・・」と
返事がありました。

たわいもないことをLINEでやりとりしているのですが

あまのじゃくになるというのは・・・
回答に困って返事が遅れるという意味でしょうか?

Aベストアンサー

返事が早かったり遅かったり、気まぐれだということじゃないですか?

遅れてごめんと謝ってくるところが全くあまのじゃくだとは思いませんけどね。

Qrather thanとhad better

[rather ~than・・・]「・・・よりむしろ~」という使い方がありますよね.
では,[had better]「~したほうが良い」に使うときはどうすればいいのでしょう?
最初から「~したほうが」とついているので[rather]は必要なのですか?
例:You had better (rather?) go there than stay here.「ここに居るよりそこに行ったほうがよい.」

Aベストアンサー

rather ~ than … が、それ自体で「…よりは/むしろ/どちらかといえば」の意味をもっているので、選択しの中で何が好まれる、選ばれるべきか、を対比させる言い方です。
had betterは話者側の意識も絡んできます。

そしてhad betterは、英語(英国英語)では「~したほうが良い」ですが、米語(アメリカ英語)では「~しないと困るぞ」(ひどい目に遭うぞ、まずいことになるぞ)の意味であるので、機械的に組み合わせることはできません。話者はこのとき、相手に対して言ったことを、やるべきだ、それをやらないと後悔するぞ的な、唯一手段的表現でせまります。
アメリカ生まれのパッくんに言わせると、「had betterは最終手段的な言い方だから、気軽に使っちゃだめ」といっていましたが、最終手段的なことを言うなら、「むしろ」とか「どちらかといえば」の意味のrather とは文意が合わなくなることがあります。

ただ話者がなにかを確信を持って言う言い方、すなわちshouldなどとは組み合わせられます(最終手段ではないので、選択肢が存在できる)

You should go there sooner rather than later. あなたはすぐにでも行ったほうがいい

shouldは訳は「すべき」とは限りません。話者が話す内容について高い確信があるときに使う語です。「~であるはずだ」のような意味でここでは使えます。(なぜか英和辞書では推量という漢字が当ており、推測(見当をつける)の意味ばかりで覚えてしまいがちですが、推は推薦にあるように押に通じる意味があります。ネイティブ的にはこのshouldの用例の1つとして、I am sure の意味があるそうです)

rather ~ than … が、それ自体で「…よりは/むしろ/どちらかといえば」の意味をもっているので、選択しの中で何が好まれる、選ばれるべきか、を対比させる言い方です。
had betterは話者側の意識も絡んできます。

そしてhad betterは、英語(英国英語)では「~したほうが良い」ですが、米語(アメリカ英語)では「~しないと困るぞ」(ひどい目に遭うぞ、まずいことになるぞ)の意味であるので、機械的に組み合わせることはできません。話者はこのとき、相手に対して言ったことを、やるべきだ、それをやらな...続きを読む

Q「あまのじゃく」に相当する英語は?

和英辞書を引いてみますと、色々な英語が出て来ます。
perverse or cussed person; contrarian とか。
それらの英語を逆引きすると、「つむじ曲がりの」とか「意固地な」とかの日本語になって、本来の日本語の意味の「あまのじゃく」に相当しません。

皆がこう言ったらいつも反対あるいは、別のことを言いたがる人。あるいは、何かが評判になったりして、多数の人がそこに殺到する時、その風潮に絶対に乗ろうとしない人。

私が捉えている「あまのじゃく」ですが、こんな性格の人は英米圏には殆んどいないから、それに相当する英語がないと言うことでしょうか?
もし、近い英語があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yes-man, yes-sayer(はいはいと言うことを聞く人)の対義語、no-man, no-sayer(違う違うとごねる人)が近いだろうと思います。

Qshouldとhad better

受験英語、学校英語では、
should:すべきである
had better:したほうがいい
ということで、shouldは非常に強い義務、had betterはどっちでもいいけどこっちのほうがいいんじゃないの
という感じなのですが、
実際には、上記意味とは逆のようなのですが、
なぜ、受験英語、学校英語では、ネイティブの意味とは逆の意味で
教えているのでしょうか?

Aベストアンサー

知己の"natives"(イギリス、アメリカ、オーストラリア、インド)に
聞いてみました。
ほぼ同意見で、以下の順で義務の強さが変わるようです。
had better>ought to>should
ただし、この違いは明確なものではありません。
他の回答者の方も言われているように、状況、口調、口癖などで
ニュアンスが変わって来ます。
ちなみに、私が習った英会話の先生(イギリス紳士!)からは、
"should"を使うときには"I think you should...."
と言うように教わりました。"had better"はお嫌いでしたねえ。
なお、"had better"はいわゆる「二択(どっちにしたらいいの)」
という質問への答えには使えませんのでご注意を。

ご参考までに…。

Qあまのじゃくな男性

中学生男子に
あまのじゃくな人は結構いますか?

あと中学生男子は
普通に女子の肩に触れたりは
するもんですか?

回答お願いします(*´∇`*)

Aベストアンサー

中学生はあまのじゃくが多い年代でしょう。

女の子に対し興味が無いようなふりをしたり、悪態をついたり。

肩に触れるのはある程度親しいしるしだと思います。

Qhad better

次のような英文を見かけました。 had better の後には動詞の原形が続くと思っていましたが、ここでは過去分詞が来ています。これでいいんですか?

She said, “Looking back, I wish we had better anticipated the magnitude and acceleration of the rising financial issues for the patients.”

Aベストアンサー

貴方の言われる had better ~ は 『~するほうが良い』で、ご承知のように助動詞扱い, ~ には動詞の原形が来ます。しかしながらご質問の英文は形の上では had betterですが『~するほうが良い』の意味ではなく、前に I wish が付いているように I wish we had better anticipated という仮定法過去完了の形です。

したがってこの部分の意味は『予想した方が良かった』ではなくて、『より良く予想したら良かったのに』という事です。

Qあまのじゃく・・・

なんとなく、あまのじゃくな性格です。
この性格ってどうしてこうなるの?
解決する方法とかありますか?

Aベストアンサー

同じくあまのじゃくです(笑)
#1さんのおっしゃること、確かに当たってるような気が・・・。
私は最近は、思わず言い返してしまっても
後で家に帰ってから反省をするようにしています(笑)
あまり役に立つか分かりませんが
参考程度に読んでおいていただけるとありがたいです。

Q英語:had betterは上から目線!?

英語の先生がhad betterは上から目線になるのであまあり使わない方が良いでしょうと言っていました。

たしかに、「~した方がいい」という意味だから上から目線ですが、
失礼になるのですか?
また目上に人に使ってはいけないのですか?

Aベストアンサー

#1さんのおっしゃる通りです。もうちょっと補足すると、

日本語では、「~しなければならない」それどころか「~しやがれ」と^^思っているときも、言葉が柔らかそうなので「~した方がいいよ」と言うことがありますが、「had better ~」は、少なくとも、その英語版としては使えません。「had better」には、そういう用法はない、と、覚えてしまった方が、無難です。

元々、訳語というのは、意味の目安になることはあっても、意味そのものを表している訳ではありませんし、英語の語感をそのまま伝えるものでもありません(できるだけ、そうなるような努力はしているとしても、言語の壁があって、少なくともたやすいことではありませんから)。なので、訳語だけに頼って、使い分けを考えていると、見当違いになることは少なくありません。特に、こういう義務を表す助動詞の場合は、訳語は、多少は、使える場面を示す目安になりますが、強制力の強弱などは示してくれません。例としては、日本語で「~すべきだ」というと、言葉が堅苦しい分、強制力もありそうですが、実際には、#1さんの書いておられるように、そうでもない、なんてのが代表でしょうか。

中学~高1(英検なら準2級くらいまで)なら、ある程度、訳語頼りでも、構わないというと、語弊がありますが、解ってた方がいいけど、とりあえずはしかたない、ただ、それ以上を目指すなら、本来の意味合いや使い分け・強弱なども、段々と身に付けていかないと、というふうに思っておきましょう。

例えば、must と have to も、最初の段階では同じと考えても大丈夫ですが、ある程度から先は、強制力なら、mustが強い(命令文に準じるくらい、というか、ニュアンス的には命令に近い)、それに対して、have toは、客観的に~しなければならない、ということを、余り感情を交えず表現する感じで、mustより弱く、表現としても、そこまで押しつけがましい訳じゃない、ただ、強制力自体は、had betterと甲乙つけがたい、という感じ。ただ、押しつけがましさが少ない分、強制力が弱めの「should」と並んで、上で挙げた「~した方がいいよ」の英語での代用表現として、悪くない候補にはなります。

#1さんのおっしゃる通りです。もうちょっと補足すると、

日本語では、「~しなければならない」それどころか「~しやがれ」と^^思っているときも、言葉が柔らかそうなので「~した方がいいよ」と言うことがありますが、「had better ~」は、少なくとも、その英語版としては使えません。「had better」には、そういう用法はない、と、覚えてしまった方が、無難です。

元々、訳語というのは、意味の目安になることはあっても、意味そのものを表している訳ではありませんし、英語の語感をそのまま伝えるものでもあ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報