文系人間なのでお手柔らかに。

中学のとき理科の先生のこばなし。
「音速ジェット機で地球を何週もぐるぐるまわると、
パイロットの時計は1秒くらい遅れることがあるんだよね~」

時間と空間の理論(相対性理論?)らしいんですが、
よく覚えてません。
当時はそうなんだ~、と楽しく聞きました。
でも、いまになって真偽を知りたくなりました。こんなことって
あるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちは。


俺は説明下手ですが、まあガキの戯言と思って聞き流してくれて構いませんので。
この場合、基本的に時間の流れは薄いゴムの膜の上を転がる重さのないビー玉だと考えます。
ここでゴムの端っこを持っているTさん、Rさんが居ます。
ビー玉の転がった距離はそのままT-R間の距離ですね?
そこで重いパチンコ玉をゴムの上に乗せます。
ゴムは当然伸る筈です。
この上を転がすと、ビー玉はパチンコ玉によって伸びた分、より長い距離を転がらなくてはなりません。(その部分だけ時間が遅く流れます)
少し話は変わりますが、速さの他にも重力によって時間の流れは変化するのをご存じでしょうか?重力ポテンシャルによる時間の変化です。
重力ポテンシャルが高ければ高い程、速さが早い程空間の歪みが大きくなります。
これを踏まえてビー玉の話へ。
実は上のゴム膜は、空間を表します。
重いパチンコ玉は速さが早い、重力ポテンシャルが高いなどの条件です。
だから音速、光速になると空間の歪みが大きくなり、ビー玉の転がる距離(時間の流れ)も長くなります。
しかし、安心するのはまだ早い。
確かに光速ともなれば空間の歪みが凄いでしょう、でもよく考えてみて下さい。
貴方が光速で飛行しているとします。
確かに光速に見合った時間だけ時計がズレます。
でもこれは周りの時間の経過が速いのではなく、貴方の時間の流れが遅いだけなのです。
時間の流れが遅い貴方の脳味噌は当然スローモーション(悪口とかではありません)。
いわば一分の作業を一時間でしている様な物です。
しかも光速。時間のズレは測り知れません。
貴方が光速の旅を止めて地球に帰って来た時、まるで浦島太郎のように周りの環境が一変しています。
ブラックホールでも同じ様な効果が得られます、あの超重力の星から逃れる自信があるのなら試して見ることをおすすめします・・・・。
こんなチンケな文章で貴方の“分からない”が一つ解決すれば嬉しいですなぁ・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうです。
説明下手どころかたのしかったです。こういう身近な話題でむずかしいことを
説明してくれるとたすかります。
ブラックホールもほんとにあるのですね。。。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2002/03/16 23:02

 


  地球のまわりを回転なら、特殊相対性理論ではないのですが、近似的に、直線の上を、飛行距離飛んだ場合とほぼ同じという前提で計算できます。
 
  計算式は、音速を340m/sとして、光速を、3X10^5 km/s とすれば、単位系をまず合わせて、光速=3*10^8 m/s, 音速=3.4*10^2 m/s。
 
  (v/c)= (3.4/3)*10^(-6) = 1.133*10^(-6)
  (v/c)^2= 1.2837*10^(-12)
  1-(v/c)^2 = 1-1.2837*10^(-12)
  √{1-1.2837*10^(-12)}
  = 1-0.642*10^(-6)
 
  ここで、地球上である時間が経過すると、遅延時間は、上の式の差の部分、つまり、0.642*10^(-6) になります。
  音速で地球を一周すると、[4*10^4*10^3 m]/[3.4*10^2 m/sec]
  = (4/3.4)*[(10^7)/10^2]
  = 1.176*10^5 sec
 
  これが一周にかかる時間(秒単位)です。
  この時間に、上の遅延比率をかけますと、1周での時間の遅れが出てきます。
  t= [0.642*10^(-6)]*[1.176*10^5]
  = 0.755*10^(-1)= 0.0755 sec
  1/0.0755= 13.24
 
  途中の計算で有効数字を四桁ぐらいにし、下を落としてきましたが、そんなに影響しないはずです。これは、1秒の時間遅延(時間が縮む)になるには、約22回、地球の周りを回る距離を音速で進めばよいと言うことになります。大体13回です。20回とは少しずれていますが、極端に差があるとは云えません。
 
  ……と思ったのですが、もう一度計算式をチェックしてみると、
  √{1-1.2837*10^(-12)}
  = {1-1.2837*10^(-12)}^(1/2)
  = 1-0.642*10^(-12)
  であって、
  1-0.642*10^(-6) ではありませんでした。
  差が小さい場合、累乗は、そのまま、「係数」に累乗数をかけて近似的に得られるのですが、累乗数まで、累乗数で割るのではないのでした。
 
  従って
  t= [0.642*10^(-12)]*[1.176*10^5]
  = 0.755*10^(-7) sec
  1/[0.755*10^(-7)} = 1.324*10^7
 
  1324万回ほど回らないと1秒になりません。
  なるほど計算間違いしています。
 
  なお、必要な時間は、1/[0.642*10^(-12)] で、
  = 1.5576*10^12 sec で、これは
  1年= 3.1536*10^7 sec ですから、
  {1.5576*10^12}/{ 3.1536*10^7}
  =(1.5576/3.1536)*10^5
  = 4.939*10^4
  つまり、約、4.9万年です。大体5万年かかります。
  
  しかし、この計算も合っているのでしょうか。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに書いてくださってポイントできませんですいません。
自分にはむずかしすぎました。ただ、ほかの人にはすっごい役立ったと思います。
こんなの理解できるように精進します。
またお願いします。

お礼日時:2002/03/16 23:04

starflora さん、あげあしとりみたいで恐縮です。



音速を 340(m/s)
光速を 3*10^8=300,000,000(m/s)
とすると、5万年かけて地球の周りを1000万周ほどすると
やっと1秒遅れるといったくらいになりました。
私も計算ミスがあるかもしれませんが、
音速は光速に比べて非常に遅いのでこのくらいのオーダーにはなりそうです。

計算式は皆さんがすでに書かれているものを用いて近似計算しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再登場どうもです。

そんなに早くまわらないといけないとなるとタイムマシーンもむずかしいですね。
またよろしくお願いします。
(みなさんいい回答でどなたにポイント入れるかまよったのですが、みなさんの意見本当に役立ちました)

お礼日時:2002/03/16 23:00

 


  特殊相対性理論だと、運動している系の時間は、静止している系よりも、時間の進みが遅くなります。その比率は、光速をc、運動物体の運動速度をvとすると、√(1-(v/c)^2) という式で表されます。大体のところを計算して見ると、地球を音速で20周ぐらいすると、1秒の時間の遅れになります。(20周というのは、計算を間違っている可能性があります)。
 
  本当は一般相対性理論の話になるのですが、こういう計算の場合、部分的な近似計算を行って、積分に近い、総和を取るという方法で、ほぼ正確な近似値が出てくるのです。
 
  なお、音速の飛行機で地球の周りを回らなくとも、単に、道を走っているだけで、止まっている人よりも時間の流れは遅くなります。光速に近い宇宙船で宇宙を飛んでいる人は、地球で100年の時間が経過しても、1年しか経過していないというようなことが起こります。道を走っている人も、止まっている人に較べ、時間の流れる速さが遅くなるのです。よく動く人はだから長生きするのです(最後は、冗談です)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうです。
信じられない話ですが、真実なのですね。きつねにつままれたようです。
じゃ、たくさんあるいてとしをとらないようにします。
またよろしくお願いします。
(みなさんいい回答でどなたにポイント入れるかまよったのですが、みなさんの意見本当に役立ちました)

お礼日時:2002/03/16 22:58

特殊相対論によれば、観測者から見て等速直線運動をするターゲットは、


「1-(ターゲットの速度の二乗/光速の速度の二乗)」の平方根 だけ
時間が遅くなるそうです。
音速を         1,200km/h
光速を 1,080,000,000km/h
として計算してみようかと思いましたが、手元のEXCELがオーバーフローをおこしてしまい、めんどくさいので止めました。
あ、地球の周りをまわる飛行機ならば、等速直線運動ではないので特殊相対性理論にはあてはまらないのか..

昔、スペースシャトルに乗ることが決まったある小学校の先生が、
生徒から「時間の遅れを確かめたいので宇宙船に持って行って♪」と腕時計を託されるっていう話がありました。
そのスペースシャトルは、先生と腕時計を載せたまま空へ上がる途中で爆発・墜落してしまい、約束は果たせず仕舞いになってしまいましたがちょっと夢のある実験ではありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうです。
苦手な数式が。アインシュタインはほんとにすごい。なんでそんな数式が浮かび上がってくるのでしょう。計算もしてくれようとしてわざわざどうもです。
またよろしくお願いします。
(みなさんいい回答でどなたにポイント入れるかまよったのですが、みなさんの意見本当に役立ちました)

お礼日時:2002/03/16 22:55

自分もうろ覚えなので正確ではないかも知れませんが、アインシュタインの相対性理論によると、光の速度(秒速30万キロ)で進む物体の時間の流れは止まってしまうとか。

つまり光の速度で移動できれば年は取らないということらしいです。
で、身近な恒星のアルファ・ケンタウリ(地球から約4.3光年)まで光の速度で旅行したとします。仮にアルファ・ケンタウリが見えるくらいの望遠鏡があったとして、アルファ・ケンタウリからはどこでもドアで地球に帰ってきたとしましょう。更に4.3年後、その望遠鏡には計算上4.3年前の過去の自分が見えるということになりますが、地球を出発してから4.3年後にアルファ・ケンタウリに到着し、更にその4.3年後に地球から自分の姿を見る。そこには8.6年の歳月が流れているわけです。しかし往時の4.3年間は時間の流れが止まっているため、望遠鏡に映る姿は、地球を出発した時の8.6年前の自分というわけです。つまり4.3年前と8.6年前の自分には時間の流れが止まっているため、年を取っていないんですね。あ~、ややこしい(^_^;矛盾があったらすみません。自分も混乱してきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうです。
やっぱり相対性理論なんですね。アインシュタインはなんで見えないものを
立証できたのしょう?また疑問が膨らみました。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2002/03/16 22:52

地球の周りを高速で回っている人工衛星には、多少の時間のずれが起きているらしいですよ。


人に聞いた話なので、自信はありませんが、、、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうです。
ささいな回答でもwelcomaeです。人工衛星にのってると年とりにくいですね。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2002/03/16 22:50

ありますね~。



ただ、100万周くらいしないと?1秒は
稼げないかもしれませんというくらい、ちょこっと・・・
だったと思います。

もっと早かったらもっと遅れるのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうです。
先生と言うといまは懐疑心を持って見てることが多いので、
懐疑心もちょっとはれました。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2002/03/16 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音速について

下記の件についてお願いします。わかる所のみでもかまいません。
・水中(純水)における音速の式(大気圧、0℃~40℃)←できる限り正確な式 お願いします
・数mの高さの水柱の底面より音波を発した場合、圧力など変化して音速が変わっ てくると思うのですが、そんな要因を考慮した音速の式
・水道水中における音速の式、または純水中との音速の差(0℃~40℃)   (水柱の場合についての式がわかればなお嬉しいのですが・・・)
・音速の測定方法または装置の詳細(高精度、液中)

以前水中の音速についての質問があったと思うのですが、結構急ぎなのでなるべく詳しく教えていただけると大変ありがたいです。

Aベストアンサー

水道水,イオン交換水,脱気水(沸騰させて空気を抜いた物),いずれも測定してみると1/100000程度の差しかありません.
淡水であれば池の水でも同じと考えて良いと思います.

Q相対性理論に関して4)空間がゆがむとはどういうことか

先日NHKの教育テレビの番組を見ていたら「光より速く動くものはありえない。重力の伝達も光の速度を超えられない。そのことからアインシュタインは空間が曲がっている、という結論を得た。」と言ってました。
空間の曲がりと重力の伝達速度とがどう関係するのか分かりません。判り易く教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

ニュートンの引力の法則が正しいとすると、重力は無限の速さで伝わる、ということになってしまいます。(二つの物体の間に働く引力は、双方の質量の積に比例し、距離の二乗に反比例する、という式のどこにも時間遅れの要素がはいっていない)

これは特殊相対性理論の「光速度を越えることはできない」という帰結と矛盾します。すなわちニュートンの引力の法則は特殊相対性理論と相容れなかったのです。

このため、特殊相対性理論発表直後から、それと矛盾しない重力の法則を見つける試みがなされました。No1の方が回答されているようにアインシュタインは考察したのでしょうが、そもそもの動機はこのようなことだったと思います。

こうしたことからTVでは「重力の伝送速度が光速度を越えられない→空間が曲がっている」というものすごく間を省略した言い方にしたのだと思います。

実はこの説明では最初の疑問と最後の結論がずれています。空間のゆがみが重力を生じさせる、、そのゆがみの伝播速度が光速度なのだ、、とかそんな結論だったと思いますが、重力を扱う一般相対性理論は私も勉強中なもので多少あやふやなのですが。

ニュートンの引力の法則が正しいとすると、重力は無限の速さで伝わる、ということになってしまいます。(二つの物体の間に働く引力は、双方の質量の積に比例し、距離の二乗に反比例する、という式のどこにも時間遅れの要素がはいっていない)

これは特殊相対性理論の「光速度を越えることはできない」という帰結と矛盾します。すなわちニュートンの引力の法則は特殊相対性理論と相容れなかったのです。

このため、特殊相対性理論発表直後から、それと矛盾しない重力の法則を見つける試みがなされました。No1...続きを読む

Q細長い管路に空気を通した場合の、圧力損失と流速の関係

お世話になっております。

はせこう、と申します。
現在、ある空気圧制御機械を設計しておりまして、流量の計算のために
流体力学を勉強しております。

現在、下記のような実験モデルを考え、空気の流れ方を計算しています。

(1)ある容量V[m^3]の金属製の容器に、長さ L[m] 内径 2d[mm](だいたい、直径3mm) の
 内部がなめらかで内径が一定な管路がまっすぐ、地面と水平に接続されています。
(2)いま、容器内の圧力が P [kPa] のときに管路の末端を開放すると、
 空気が流出します。
(3)このときの、管路内の空気の圧力と流速の関係を求める。

といった場合に、

考察A:
 ア) 管路内のある位置 x での圧力は、容器から遠ざかるにつれて下がっていく
  →圧力損失(ワイズバッハの式より)
 イ) 管路内のある位置 x での流速は、容器から遠ざかるにつれて上がっていく(質量保存の法則より。圧力が下がると密度も下がるので、質量流量を保とうとすると、速度が上がる。)

といった理解をしているのですが、これは正しいでしょうか。
また、上記"考察A"が正しい場合、

考察B:
 ア) 管路内の空気の流速は、音速を超えられないので、管路がいくら長くなったとしても、流速が音速を超えることがない。
 イ) 流速が音速を超えた後は、流速が変わらないので、密度が変わらない。(質量流量保存則より)
 ウ) 密度が変わらないので、圧力も変わらない。

 即ち、管路内のあるところで流速が音速と同じになったあとは、その後いくら管路が長くても圧力損失は起きない

という理解は正しいでしょうか。

考察Bに関しては自分としても、何か腑に落ちない理解です。
たぶん、圧力損失は生じるのだと思いますが、
質量保存則を考慮に入れると、どうも圧力が一定になるような気がしています。

皆様お忙しいとは存じますが、教えていただければ幸いです。

以上、よろしくお願い申し上げます。

お世話になっております。

はせこう、と申します。
現在、ある空気圧制御機械を設計しておりまして、流量の計算のために
流体力学を勉強しております。

現在、下記のような実験モデルを考え、空気の流れ方を計算しています。

(1)ある容量V[m^3]の金属製の容器に、長さ L[m] 内径 2d[mm](だいたい、直径3mm) の
 内部がなめらかで内径が一定な管路がまっすぐ、地面と水平に接続されています。
(2)いま、容器内の圧力が P [kPa] のときに管路の末端を開放すると、
 空気が流出します。
(3)このと...続きを読む

Aベストアンサー

管径・管長が決まっていれば、
管内を流れる流体(定常流)に関する変数は3つです。
(1)入口圧力、(2)出口圧力、(3)流量
上記の内、2つを決めれば残り一つは計算できます。

質問の場合は(1)入口圧力(2)出口圧力から
(3)流量を計算することになるでしょう。

ワイズバッハの式を利用するのであれば、
摩擦損失係数の決定に関連して繰り返し計算が必要になります。
解析的な解法はありません。

Q相対性理論・・時間の相対にあたり

 私は、30歳で子供を授かりました。
私はその子が生まれた年に宇宙船にのり、地球に対して秒速15万kmの宇宙旅行に出ました。
 それで、子供が60歳になった年に地球に帰還した場合、相対性理論上、私は地球の年齢ではいくつになっているのでしょうか!? 90歳ではないですよね!?
 よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

 相対論の公式としては、地球側の経過時間をt、宇宙船の速度をv、光速度をcとすれば、宇宙船内の経過時間Tは、

 T=t√{1 - (v/c)^2}

となります(「^2」は2乗で、エクセルなどでも使える記法)。

 地球で60年経過したときに宇宙船が帰還するなら、船内時間では52年経過します。質問者様は30+52=82歳になって、60歳になったお子さんと再会します。

Q音速前後の空気圧迫について

流体力学に関しては素人なのでおかしな文かもしれませんが、ご理解ください。

物体が音速に達すると衝撃波と共に大きな音がしますよね?

ちなみに、ここで聞きたいのは音速の時ではなく、その前後の速度です。

例えばですが、音速が340m/sであったときに、物体が300m/sであったならば、
衝撃波は出ないと思います。しかし、音速に近いので、空気の圧迫は当然大きくなるわけで、
音速でなくとも音(風を切る音?)が大きくなると思うのですが、
その時の空気の圧迫による音の大きさはどのように変わるのでしょうか?

音や圧力に関しての公式ってあるのでしょうか?
あったなら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 衝撃波は一般にはちょっと誤解されているところがあります。それは物体が音速を超えるときに衝撃波が出るという誤解です。正しくは物体が音速を超えると衝撃波を引き摺って進み続けるということです。これを地上にいる人が観測すると、その衝撃波が通過するときにバーンと大きな音が聞こえるのです。船が舳先から後方へ筋のような並みを両舷から引き摺って走ります。これが衝撃波なのです。衝撃波が止まっている船を通過するときには大きく揺れますよね。これがバーンという音に匹敵するわけです。

 但し物体が音速に達すると前方の気体が強く圧縮され、理想気体だとその圧力は無限大になってしまいますが、これは方程式がこのような臨界状態では成立しなくなり、確かに音速を超えるときには物体に大きな力がかかりますが、無限大というわけではないのです。

圧力に関係する法則はボイルシャールの法則というのががあり  PV/T=一定 という式で表わされます。ただし超音速の波の場合には熱の伝達が間に合わないので熱力学によって上式から PV^γ=一定という式が適用されます。 ポアソンの法則と呼ばれています。

 衝撃波は一般にはちょっと誤解されているところがあります。それは物体が音速を超えるときに衝撃波が出るという誤解です。正しくは物体が音速を超えると衝撃波を引き摺って進み続けるということです。これを地上にいる人が観測すると、その衝撃波が通過するときにバーンと大きな音が聞こえるのです。船が舳先から後方へ筋のような並みを両舷から引き摺って走ります。これが衝撃波なのです。衝撃波が止まっている船を通過するときには大きく揺れますよね。これがバーンという音に匹敵するわけです。

 但し物体...続きを読む

Qアインシュタインの「相対性理論」~「時間座標の二乗」-「空間座標の二乗」=1

アインシュタインの「相対性理論」について2つ質問があります。
-------------------------------
1、時間と空間は相対的であるということを厳密に言うと、「時間座標の二乗」-「空間座標の二乗」=1らしいのですが、これはどういう意味なのでしょうか?

2、E=mc2「物体の質量はそのエネルギー含有量の物差しである」
これは巨大加速器で、粒子をいくら加速しても、光速に近付くと、与えるエネルギーは、その粒子の質量を増加させるのに使われ、決して光速まで至らない。これは、エネルギーが質量に変わり、質量はエネルギーに変わることを意味しているらしいのですが、よく意味がわかりません。。


私はこの分野の知識がないため、初歩的な質問をしているかもしれず申し訳ありませんが、どなたか教えていただけるととてもありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>「時間座標の二乗」-「空間座標の二乗」=1らしいのですが、・・・

いろいろな速度をもつ慣性系の違いにかかわらず、
「時間座標の二乗」-「空間座標の二乗」=「一定」(1ではありません)
ということですね。たとえば、S系で観測される座標(r,t)に対して、相対速度をもつS'系で観測される座標(r',t')の間にローレンツ変換と呼ばれる関係が成立しますが、ローレンツ変換で結ばれる2つの座標系の間には原点を一致させた場合
(ct)^2-r^2=(ct')^2-r'^2
の関係が成立するということです。これは光速不変の原理の別表現にもなっています。原点から出発した光の位置(r,t)にこれを適用すると、いずれの慣性系でも両辺の値がゼロになり、その結果
c=r/t=r'/t'
が成立するからです。

>与えるエネルギーは、その粒子の質量を増加させるのに使われ

最近はこういう(速度とともに質量が増大するという)見方はあまりしないようになってきているようです。したがって、加速器において光速に近づいた粒子が加速されにくくなるという現象はE=mc^2の典型的な例とはいいがたい面があります。典型的な例は原子核変換における質量欠損(粒子の構成が変わらないのに質量が減る現象)や、電子対創成、消滅(高エネルギーのγ線から電子と陽電子の対が生成すること、またはその逆に電子と陽電子が消滅してγ線になること)がそれに当たると思われます。E=mc^2を本当に理解するには、1の内容をはじめ特殊相対論の基礎を学ばないと難しいでしょう。いっていることの意味はまさに質量とエネルギーの等価性ということです。

>「時間座標の二乗」-「空間座標の二乗」=1らしいのですが、・・・

いろいろな速度をもつ慣性系の違いにかかわらず、
「時間座標の二乗」-「空間座標の二乗」=「一定」(1ではありません)
ということですね。たとえば、S系で観測される座標(r,t)に対して、相対速度をもつS'系で観測される座標(r',t')の間にローレンツ変換と呼ばれる関係が成立しますが、ローレンツ変換で結ばれる2つの座標系の間には原点を一致させた場合
(ct)^2-r^2=(ct')^2-r'^2
の関係が成立するということです。これは光速不変の...続きを読む

Q媒質による音速の違い

1
窒素気体中の音速と酸素気体中の音速

2
空気中の音速と水中の音速

それぞれ、どちらの音速が大きいか教えてください。

Aベストアンサー

1.
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E9%80%9F

音速 = √(κRT/M)
(つまり、音速の2乗は、分子量Mの平方根に反比例)
 ⇒ 窒素分子は酸素分子より軽いので、窒素中の音速の方が大きい。

2.
これは、知識として「水中の方が速い」と覚えてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3
(「音速」の章を参照)

Q相対性理論の相対とは何をさしているのですか。

相対性理論の名前の由来である相対とは何をさしているのですか?

Aベストアンサー

例えば、同じ速度で同じ方向に進む電車を見た時に、
何か感じませんか?。
また、電車の中から風景を見た時、風景が前から後ろへ移動しているような錯覚をしませんか?。

太陽が東から昇って西に沈みますが・・・、
地球が止まっていて太陽が動いている様に見えませんか?。

救急車のサイレンが近づいて来る時には音が高くなり遠ざかると低く成る様に聞こえませんか?。

相対とは、AとBの動きを比較する時に使われるでしょうね。
で、
Aの車が時速100km/hで走る
Bの車が時速95km/hで走る
が在ったら、
絶対速度がAの車が時速100km/hでBの車が時速95km/hな訳で、
AとBとの相対速度は5km/hという事に成る。
で、Bの車が先行していれば、Aの車は相対速度5km/hで追いつき追い越して行く訳ですね。

Qプロペラ機は音速を超えられるか

昔、飛行機は音速を超えられないと言われていたそうですが、急降下などはなしで、プロペラの力だけで音速を超えることは不可能なのでしょうか。音速は光速のように「超えられない壁」なのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2の方の(横からの)疑問に対してですが、エンジンの中で燃焼し高温ガスを生成していることがミソです。気体中の音速は「(比熱比×圧力/密度)の平方根≒熱速度∝温度」です<密度には無関係です>。つまり、機体が常温大気に対して超音速になってもエンジンの中の局所音速は常温(300K)での音速より大きな値になるのでタービンブレードの周りが超音速にならずに済んでいるのです。高空では気温が低いので音速が小さくなります。
このことは、No.1の方が示している3番目のサイトに書いてあります。

なお、ご存知とは思いますが、
圧力は密度と温度の積です。
音速つまり圧力波の伝播速度は最初の分子が一定距離にある分子に情報を伝える速度つまり分子の平均移動速度に等しいのです。一定距離の間に多くの中継点(分子)があろうと、つまり密度が高くても音速には影響を与えません。

Q音速はあくまで音速?

気になったので教えていただきたいのですが・・・
時速100kmで走る車からボールを進行方向へ時速100kmで投げたとすると空気抵抗などを考えなければボールは時速200kmで飛びますよね?
音速の戦闘機が近づいて来る時には音がなくて、通りすぎた後に聞こえるというのを聞いたのですが、音の場合、マッハ1の戦闘機から出た音は進行方向へマッハ2で進むということはないのでしょうか?
音は空気を伝わるからあくまで音速の壁を破れないんでしょうか?

Aベストアンサー

音は、静止した空気に振動として伝わります。
ですから、音が発生した時点で、戦闘機とは独立した速度系で移動します。ですから、速度の合成は起きません。

簡単に言うと、縄跳びの縄の片側を上下に振ると波ができ前へ移動しますが、、縄自体は前に移動をしていませんね。波の移動速度が音速にあたり、縄が空気にあたります。その横を波と同じ速さで移動していると考えてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報