私の友人に、文学・歴史・芸術方面の才能(感性・言語表現能力)は、ほとんど天才的なのに、
数学は苦手という人がいます。
ランボーは数学はまったくダメであったと何かで読みました。
近いところでは江藤淳さんが、やはり数学は苦手であったと記憶します。前から不思議に思って
いたのですが、数学的な才能と文学的な才能は両立しないのでしょうか?両立しないとしたら
それはなぜだと思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

mori0309さんの言われている「才能」というのが何を指しているかが、まずはっきり分かりませんので、いちおう以下のように2つのパターンを考えてみました。



1.「才能」=「天才」
歴史に名を残すほどのレベルの才能について言われている場合。
とりあえず細かい業績はインターネットなり書籍なりで興味があれば調べていただくとして、古代ギリシアの偉大なる哲学者たち(アリストテレスとか)あるいは、中世ヨーロッパの偉大なる哲学者たち(デカルトとかライプニッツとか)は同時に偉大なる数学者でもあります。(世間的にはどちらかというと哲学者の肩書きに重きが置かれていますが。)
万能の人と呼ばれたレオナルド・ダ・ヴィンチもまた、文理両刀の人です。
また、そこまでの天才でなくても、例えば「パラサイト・イブ」の著者、瀬名さんは、東北大学薬学部の大学院生時代にくだんの作品を執筆していますので、まあそれなりとはいえ、文理の才能を兼ね備えていると言えましょう。
要は天才のことですから、「可能」と言えば(ある程度は)何でも可能なのでしょう。ただ、それをやりたいと思わなければ、その天才の能力も世間には公表されずに歴史に埋もれて行くのでしょう。

2.「才能」=「(例えば)東大に行けるレベル」
これなら、私の周りにも何人もいます。ただ、創作、創造と覚えることは全く別物ですよね。このレベルは「覚える」才能がメインなので、対象が芸術、文学であろうが、数学であろうが、興味があればやれる人はいくらでもいます。

さて、しかし、一般的に周りを見渡すと、なかなか文理両刀の人物はいません。
何故かというと、私が思うに、
「興味が持てない」
に尽きると思います。
現代科学によれば、数学的思考(論理)と文学的思考(感情)は左右異なる脳に支配されています。
なので、どっちかが発達すると、もう一方も発達させるのは、凡人ではなかなか難しいのかな、と。
右利きか左利きはいっぱいいますが、両利きはあんまりいないですよね。それと同じことじゃないでしょうか。

この回答への補足

atsuotaさん、いつも回答ありがとうございます。小生はatsuotaさんたちキラ星マスターの話が
聞きたくてせっせと質問しているようなものです。atsuotaさんは自由人博士かと思ったら、企業
戦士(または起業勇者?)だったのですね。

> 偉大なる哲学者たち(デカルトとかライプニッツとか)は同時に偉大なる数学者でもあります。
文学的才能とはズバリ「詩才」のことだと思うのですが、歴史上、大詩人でかつ大数学者という人は
いるのでしょうか? 哲学は「論理」の世界の知能活動なのでは?

> どっちかが発達すると、もう一方も発達させるのは、凡人ではなかなか難しいのかな
理性と感性。自然の補償作用はどちらか一方の肥大化を嫌うような気がするのですが、、、
たわいない私的経験ですけど、以前、喫茶店で雑誌を漫然と読んでいたら、ある大学生の手記に雷に
打たれたように感動してしまい、(恥ずかしい話ですが)涙がボロボロ溢れ出してしばらく動けません
でした。そして、しばらくたったら今度はまったく違う自分が「立ちあがって」きて、
「今のはなんだったんだ」と猛烈に自己分析を始めました。
自意識(自己?)のフォーカスが脳のなかの感性領域から理性領域へ移ったのでしょうか?
文と理。感情と論理。感性と理性。芸術と学術。これも小生にとって興味のつきないテーマです。
あたらしい切り口の質問を思いついたらまた投稿しますので、よろしくお願いします。

補足日時:2001/01/01 16:40
    • good
    • 0

またまたnonkunです。



> 数学者は数学の問題を「映像」的・「絵」的にとらえているのでしょうか? 

数学者の例ではないのですが、ベンゼン環の構造を発見したときは夢の中で蛇がお互いに尻尾を噛んでいる図が浮かんだそうです。(ネタ。という説もあるけれど。)

しかし、明らかに数学的な思考では処理できない速さで回答を導く人もいます。これは文学的思考で処理してるのでしょうね。

もうこの処理方法は理屈じゃない。
というか理屈で判るなら数学的思考回路で処理できるはず。それが出来ないから文学的思考回路で処理するのです。

> 『脳のなかは数学的思考(論理)領域と文学的思考(感情)領域に分かれている。
> しかもそれが
生物の進化史のなかで自然にできた』
> なんという神秘的なことかと思います。

この宇宙(真実在世界)には「論理」と「感情」が
先験的に存在するのでしょうか? 自分(または心)とは何なのでしょうか? 論数学的思考は安定してるけれど(論理的だから)処理は遅い。文学的的思考は不安定だけど(感情的だから)無限の可能性を秘めていると思います。

それ以降についてはこの場ではここまでとして別の機会で議論しましょう。
別の質問をしたときには駆けつけます。

> こういうことを考え出すと、夢中になってしまい、仕事も上の空です。(いい年なのに、トホホ)
> こんな小生に、ときどき相手をしてやってください。よろしくお願いします。

私こそ相手をして頂いてありがとうございます。

#仕事が上の空ぐらいならまだいい。
#だって私には仕事がないのだから。(自爆)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nonkunさん、再回答ありがとうございます。
「数学的思考回路」ならばコンピュータで実現可能のような気もします、、、、、???
「文学的思考回路」って、いったいどうなっているのでしょうね。人間の頭のなかで実際に起こっているの
だから、コンピュータで実現することも不可能ではない、、、、、、、???
そういえば、「天才数学者は結論や真理を直観的につかんでしまう。証明の糸口を見つけて整理するのに
時間がかかるだけなのだ」と何かの本で読んだことがあります。
『直感』:これには文系とか理系とかいう別はないのでしょうね。『直感』の脳のなかのしくみって、どう
なっているんでしょう。これこそ21世紀のコンピュータ科学のテーマですね。
(あのー、これは再質問ではないです)

お礼日時:2001/01/03 19:47

脳みその使う部分が違うだけで、決して両立しないことは


ないと思います。右手が使うのが得意、左手が使うのが
得意、んで両手を同じ様に使える人もいるぐらいなもの
でしょう。

この回答への補足

popesyuさん、回答ありがとうございます。
自我なり意識のフォーカスが理性領域に常駐している人と感性領域に常駐している人と、ふたつのタイプが
あるような気がします。花を見て、花のしくみ・構造に興味を持ってそれを解き明かそうとする人と、
花が漂わせている情趣を感じ取って絵を描いたり俳句を作ったりする人と、両者の目指すものは正反対では?
両方の精神傾向をつねに同じ強さで保ち続けるというのは、無理のような気がするのですが。

補足日時:2001/01/03 19:32
    • good
    • 0

数学者でノーベル文学賞を取ったバートランド・ラッセル,数学者でイラストのほうがはるかに有名なM.C.エッシャー,例をあげれば切りがありません.


経験的には
「(多少の)数学的才能と(多少の)芸術的才能は両立しない」
「(真に天才的な)数学的才能と(真に天才的な)芸術的才能」は両立すると思います.

この回答への補足

tullioさん、回答ありがとうございます。
atsuotaさんの回答への補足にも書かせていただいたのですが、私は文学的才能とは「詩才」のことでは
ないかと思っています。大詩人と言って思いおこされるのは、私の場合、杜甫、李白、ゲーテ、ランボー、
西行、柿本人麻呂などです。大詩人で大数学者という人は、いないように思うのですが、どうでしょう?
ちなみに私の考える「詩才」とは、『物事の情趣や印象から、その内在本質を直感的にとらえ、それを
説明的叙述ではなく音楽的言語表現によって、他者へ伝えることのできる才能』です。

補足日時:2001/01/03 19:16
    • good
    • 0

atsuotaさんのおっしゃるように



> 数学的思考(論理)と文学的思考(感情)は左右異なる脳に支配されています

ということでどちらの脳が主になってるか従になってるかで得意な分野が違ってきます。

しかし数学的思考で名をあげた人には少なからず文理両刀の人がいます。。しかし、その人は文学的思考の脳が優勢です。
ではどうやって数学的思考をするかというと、数学を頭の中で映像として捕らえるのです。この映像として捕らえるというのは理解しづらいと思いますので例をあげますと、

本を読むとき
字面を追うのではなく、目に入った本そのものを文字と一緒に記憶してしまう。
ということです。

こうすることで処理量が飛躍的に増加するといわれています。

この回答への補足

nonkunさん、回答ありがとうございます。
数学者は数学の問題を「映像」的・「絵」的にとらえているのでしょうか? どのような抽象概念も
「映像」や「絵」で表現可能なのでしょうか? 演奏家が楽譜を見るだけで頭のなかに音楽を
鳴らすことができるように、数学者も数式や論理式を見るだけで、頭のなかにテーマやイメージが
くっきりと描かれるのでしょうね。

『脳のなかは数学的思考(論理)領域と文学的思考(感情)領域に分かれている。しかもそれが
生物の進化史のなかで自然にできた』
なんという神秘的なことかと思います。この宇宙(真実在世界)には「論理」と「感情」が
先験的に存在するのでしょうか? 自分(または心)とは何なのでしょうか? 論理世界の賜物?
感情世界の賜物? それとも「論理」と「感情」を左右の大臣のように従える超越者?
こういうことを考え出すと、夢中になってしまい、仕事も上の空です。(いい年なのに、トホホ)
こんな小生に、ときどき相手をしてやってください。よろしくお願いします。

補足日時:2001/01/01 17:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「頭悪いね」「バカだね」 どっちがよりムカつく?

こんにちは、

単純な質問です。

「お前、頭悪いな」

「お前バカだな」

どっちがより言われたらムカつきますか?

Aベストアンサー

どっちもそれなりにムカつきますけど・・・「頭悪いな」かな~

そう言う事を他人に平気で言う奴ほど、バカで頭の悪い人はいないと思いますけど・・・ね?
我がふりなおせよ~ってな感じです。

でもやっぱり傷つくな~否定はしないけど(苦笑)

Q才能と天才と頑張る事の関係について

よく、特定の分野で才能がある人でも、努力や頑張る事は必要と最近聞くんですが、なぜ特定の分野で才能があるのに、努力や頑張る事が必要なんですか?

努力や頑張る事が必要なら、才能とは言わないような気がします。

あと天才の人でも、努力や頑張る事が必要なのはなぜですか?これも凄く疑問です。

才能や天才でも、努力や頑張る事が必要なのはなぜですか?凄く疑問なので教えて下さい。回答待ってます。

Aベストアンサー

私は天才でもなんでもないので、ただの推測ですが……

天才や才能というのは、センスのこと。
経験やスキルはまた別。
センスがあれば圧倒的にスキルは身に着けやすいですが、それでも何もしなかったら身に付きはしません。
なので、センスを生かすためのスキルを身に着けるために、努力が必要なのではないでしょうか。

また、才能と努力を足さないと到達できないレベルというものがあって、
例えば才能と努力をそれぞれ10とすれば、20に到達するためには才能ある人でも努力しなければならないわけです。
でも、凡人が努力しても到達できないゾーンに努力次第で辿りつけるセンスを持っているという点で、天才と言われるのではないでしょうか。

Q仕事が遅い、頭悪い、力仕事できない 不器用すぎるこんなパートメリットありますか?

仕事が遅い、頭悪い、力仕事できない
不器用すぎるこんなパートメリットありますか?

Aベストアンサー

仕事が早い、頭が良い、力仕事もできる
器用すぎるこんなパートに比べたら、見劣りしますが、
居ないよりはずいぶんましだと思いますよ。

Q中学3年です。 私は、数学と理科と英語が苦手です。数学は、授業はわかっているし、問題集の問題も基礎は

中学3年です。
私は、数学と理科と英語が苦手です。数学は、授業はわかっているし、問題集の問題も基礎は解けます。元々あまり得意ではないので応用が出来るようになりたい訳ではありません。しかし、テストの時だけわからなくなります。
理科は、3年の内容は出来るけど、1、2年の内容があまりわかりません。
英語は、大分はじめの方からわからないので半ば諦めています。
英語は、本当に最低限のことが出来るようになれればいいです。しかし、数学は授業はわかるし、理科は、小学生の時は、テストはすべて100点というくらいわかりました。だから、中学でも出来るようになりたいんです。
最近少しずつ順位がよくなってきました。だから、もっと出来るようになりたいです。
おすすめの勉強法はありますか?上記のうち、1教科だけでも構いません。
コメント待っています。

Aベストアンサー

数学は色々な問題に触れて、様々な解法を覚えると良いですよ!
沢山解いていくうちに、あ、この問題はこのやり方を使うパターンだな、とか思いつくようになってくると思います。
それと、すべての教科は暗記で、そして考えるものだと思います。
どうしてこうなるのかな?とか、どこが違ったのかな?とか、終わったあとの問題(テストとか)を見直して考えることで知識はつくんじゃないかなぁと思います。

Qこうゆう考えの人って頭悪いと思わないですか?

こうゆう考えの人って頭悪いと思わないですか?
CMとかで嫌いなタレント出てるからとかむかつくからという理由で商品買わない人
僕には理解出来ないですが何か?
商品なんて関係ないしあれですか?坊主にくけりゃ袈裟憎いって?
でも向こうもそうゆう考えもつ人にはかってもらいたくないからいいかなと思うけど

Aベストアンサー

なるほど、そういう考えもできますか!

広告というのは、その商品なりサービスが、一番いい方法で訴求できて、消費者に認知・浸透してアクションを起こしてもらうことが、最終的な目的ですよね。

そしてそのためには、(関係者のしがらみはともかくとして)それにマッチする、イメージを伝えられるに相応しいタレントを起用するのが普通です。
ですから、広告でそのタレントが出ることは、その商品なりサービスのイメージを背負っているということになります。

なので、質問者さまがおっしゃっている「タレントが嫌いだから商品を買わない」という人が出てきても、何らおかしくありません。
別に頭が悪いわけではありません。
よく、不祥事を起こしたタレントが出た時、そのタレントのCMを一斉に引き上げますね。それによって商品イメージが下がることを恐れてのことです。

Q大人になってから出会った天才は誰ですか? なぜ天才と思いましたか?

大人になってから出会った天才は誰ですか?

なぜ天才と思いましたか?

Aベストアンサー

天才かどうかは知らないけど、学歴の高い人は物覚えがいいし、判断力もある。
上品だし、言い訳や醜いこは言わない。人のせいにしたりしない。素直で謙虚。

教えてgooの質問に対して指摘されてもファビョったりしない。

Qわざわざナイフからフォークに利き手を持ち替えないと食事出来ない人って、頭悪いの?躾がなってないの?

わざわざナイフからフォークに利き手を持ち替えないと食事出来ない人って、頭悪いの?躾がなってないの?



「俺、右利きだから」とかいう理由でフォークをいちいち右手に持ち替えないと食べられない育ちの悪いクソとは食事したくない。



右利きならナイフが右手、フォークが左手だろ。子どもでも知ってるわ。

それが出来ない成人とか脳腐ってるでしょ?


こんな腐った食事の仕方してる人って親に食事の仕方すら教わってないからこんな気持ち悪いことするんでしょうか?

それとも教わっても理解できないくらいに頭が悪いからなのか?

Aベストアンサー

私はオジサンです。
両親は2人とも地方出身です。イギリスではありません。日本です。
ナイフとフォークを使う食事なんて、した事がないし、必要もなく育ちました。
質問者様とは生きてる世界が違うようですね(笑)。
それとも、わざと炎上させるように挑発的に書いているのでしょうか?
質問者様は、カップ麺って、食べた事ないんでしょうね。
質問者様は、1日の食事代1000円未満なんて、経験ないんでしょうね。
世の中、あなたのような人ばかりではないのですよ。
自身の価値観だけで、相手を否定するのは、テーブルマナーより酷いマナーですよ。

Qイタリアの星文学者,数学者ガリレオの死因は?

ガリレオは処刑されたのですか?

ガリレオ ガリレー〔イタリアの星文学者,数学者(1564-1642)享年78〕「それでも地球は回ってる」
地動説について宗教裁判の後に言ったとされる言葉, 言ったか否かは不明。
ガリレオは宗教裁判の後に「僕が間違ってました」って謝ったと記憶しています。

Aベストアンサー

処刑はされていません。
1633年、宗教裁判で終身刑を言い渡されましたが、
老齢と病気のため自宅軟禁になりました。
その後も研究は続けたそうです。

死因はわかりません。(「熱病」と書いているサイトもありましたが。)
しかし77歳(2/15誕生・1/8死亡)だから、老衰みたいなものでしょう。

Q30代なかばで派遣してます。頭悪いし、毎日サービス残業してもいいんだけど、あまり夜遅くまですると寝坊

30代なかばで派遣してます。頭悪いし、毎日サービス残業してもいいんだけど、あまり夜遅くまですると寝坊してしまうし、このまま派遣続けようかと考えてます。こんな人生もありですかねぇ?子供好きだけど、子孫も残さないつもりです。

Aベストアンサー

将来的な計画などを考えても、自分で良しと思えるならありだと思います。

ただ、生涯賃金にして二倍以上の差がつくと言われている非正規と正規では
老後の生活や、中年を過ぎる辺りからの生活に差が出てきます。
周囲との比較というのは自分で気を向ける以上に気になるものです。

また、実生活面でも万が一のことがあった場合など
様々な場面で不利な状況に立たされる可能性も考えるべきです。

そういった点から、生涯派遣労働というのは
今の社会、制度の状態ではお勧めしたいとは思えません。
ただ、正規労働よりもストレスが少ない場合があることも確かです。
ライフスタイルやワークスタイルは個人が選んでよいものですから
そういったリスクを考えてもなお、自分に合っている
もしくは、そういったスタイルが良いと思うのであれば
一つの生き方だと思います。

Q秀才に占める先天的な天才と努力家の割合

高校時代、周りにはとても優秀な人がいっぱいいました。
毎年東大に半分以上入る高校でした。
そういう中から見れば自分は落ちこぼれだったと思います。
直感的に、半数以上は生まれつきの天才たちだったと思えます。
はじめてみた問題もあっという間に解いてしまうのです。会話をしていても何か普通の人とは違うんじゃないかと思えました。

しかし今になって考えてみると、天才は半数もいたというのはただの思い込みだったのでしょうか?半数を50%とすると、10%は天才だったのかもしれませんが、40%は努力家だったのかもしれません。
陰で必死に勉強をしていたのかもしれません。

50%も天才がいたならば、もっと世の中が良くなっていてもおかしくない気がします。

努力家ではなく、生まれつきの「天才」と呼ばれる人は、いったいどれくらいいるのでしょうか。

皆さんの考えと、根拠となる何か統計や文献など分かりやすいものがあれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。

一応、天才の定義です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%89%8D

ただもう少し調べたところ、大体次のような感じになるのではないかと思います。

1.脳などの機能に何らかの障害を持ち
そのため
2.凡人には想像もできないような、まったく新しいものを作り出す人。
もしくは
3.凡人とは桁違い(例えば凡人の5倍、10倍と言うレベルではなく、10000倍、20000倍というレベル)のインプット・アウトプット能力を持つ人。

つまり1かつ2、ないし1かつ3、または1かつ2かつ3です。

一般に天才と認定される人物は脳に障害があり、そのため生活に支障をきたしたり、言動が変わっていることが多いみたいですね。
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/ps7_3.html

http://www.nikkei-bookdirect.com/science/page/magazine/0209/savan.html

そこで上記の意味で、どのくらい天才が東大いるか考えてみると、ほとんどいないのではないでしょうか?

僕の知っている東大出身者は、頭が良いという意味で優秀ですが、人格的にも優れ、どちらかと言えば「欠陥のない」人たちです。
こういうのを「秀才」と言うのだと思います。
つまり脳に異常がなく、少ない時間と努力で効率よく勉強できるという程度では天才ではありません。

一方、天才とは「桁違いの才能と大きな欠陥を併せ持つ」ような人たちだと思うのです。

多分、本当の天才は塾や予備校に通って、あの退屈な(?)受験勉強をおとなしく1年以上も続けるなんてことはできないんじゃないでしょうか?

ましてや天才というのは「得意分野はずば抜けてできるけど、できない分野はまったくだめ」という人たちがほとんどですから、東大のように満遍なくどの教科もできるというのは「天才は入学させません」と言っているに等しいと思います。

ズバリ、東大に天才はほとんどいないと考えます。
ただし知能の高い人はたくさんいると思います。
僕も人に勉強を教えた経験がありますが、確かにモノを覚えたり、理解する能力と言うのは世間で思われている以上に個人差があります。

しかし、それとて凡人の3倍とか、せいぜい10倍程度の差だと思います。
そして、その人たちには脳に障害があって異常な行動をする、というわけではありませんよね。
彼らは秀才タイプです。

つまり、秀才と天才は質的に相容れない別物なので、秀才に占める天才の割合はゼロ、というのが答えではないでしょうか?

もっとも人には役割があるので、天才ばかり多くても困ります。
この世に天才があふれれば、社会はかえって混乱するでしょう。

ごく一部の天才が新しい時代を切り開き、東大出身者を中心とする秀才集団がそれを効率よく学習して一般人も恩恵を享受できるような仕組みを整える役割を担っているのだと思います。
まさに帝大時代から官僚(=大部分が東大出身者)にはこのような使命がありましたよね。

なお、スポーツ天才は、生まれつきの特異体質(運動神経、動体視力が抜群であったり、血液の酸素の取り込み方が異常だったり)に訓練、努力などが重なり、並の選手よりはるかに優れた業績を残す人だと思いますが、ここでは割愛します。

こんばんは。

一応、天才の定義です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%89%8D

ただもう少し調べたところ、大体次のような感じになるのではないかと思います。

1.脳などの機能に何らかの障害を持ち
そのため
2.凡人には想像もできないような、まったく新しいものを作り出す人。
もしくは
3.凡人とは桁違い(例えば凡人の5倍、10倍と言うレベルではなく、10000倍、20000倍というレベル)のインプット・アウトプット能力を持つ人。

つまり1かつ2、ないし1かつ3、または1かつ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報