グリップを厚く握るのが癖なのですが
そのままなれた方法で変えないほうがいいという人と
ソフトテニスじゃないから薄くもたないとそれ以上上達しないよという人がいます
長年厚い握りなので変えるとぜんぜん打てません
でも上達するためには薄くしたほうがいいのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

どちらでも構わないと思います。



昔のテニスと今のテニスとの違いです。
昔は、薄いグリップが基本でした。
昔ながらのスクールなどは、この薄いグリップを基本に考えているので、自然と教え方もこれにならっています。

ただ、現在、世界の主流は厚いグリップになっており、
これを教える事のできない(自分が使った事もなく、研究もした事のない)人は、薄いグリップでないと・・・となります。
違った見方をすれば、厚いグリップでないと勝てない世の中になってきているようです。
そして、それに取り残されている指導者層、というような感じでしょうか。
    • good
    • 0

皆さんがいっているように全く変える必要は無いと思います。


意外と知られてないようなので書きますが
トップクラスの選手は基本的にノーグリップです

軟式でもイースタングリップは使ってますよ
たとえばサーブの時、スマッシュの時
又ボールを拾いに行くとき、人によってはバックの時とファーの時では使い分けている人もいます
ボレーの技術もファーもバックも体を横にして心持ちスライスが入るように打っていきます
殆ど技術的には同じなんですよ

ボールの特性で重い、弾む、滑る等で男子にみられるような頭の上までラケット振り上げて打つような打ち方はできないでしょうなコンパクトに振れば(軟式でも基本ですが)同じですよ
自信を持って早くボールになれてください
    • good
    • 0

グリップの握りを変えたところですぐに上達するとは限りませんが、厚く握っていると腕が故障するのではないかと考えます。

私は厚いグリップから薄く変えました。試合のない冬の時期に…。だから、変えたときすごく変な方向に飛んでいってしまうのは分かります。私は手首が痛くなったものですから変えました。今はどこも故障はありません。私は厚いグリップで何年もテニスをしてきました。厚いと高い打点から打てると思います。だから、チャンスボールが来たらまさにチャンスですよね!でも、弱点はスライスやバウンドの低いボールに対してです。人それぞれで体の使い方も違うでしょうから一概には言えないのですが…。私の場合だとそうなんです。走らされたときにきついですね。厚いグリップでも勝てる方法を考えればいいんです。テニスの作戦を考えて厚いグリップが得意なボールを相手に打たせるように作戦を練ればいいのではないでしょうか。長年の癖ってそうは直らないですよね。グリップを変えるのも上達するひとつの方法だと思いますが、違う方向からテニスの上達のカギを見つけるのもどうでしょうか?!
    • good
    • 0

今私は厚いグリップで練習に励んでいます。

実際、大学のトップ選手は厚いグリップが主流ですし、トッププロでも厚いグリップで優勝している人もいます。厚いグリップが癖であれば直すどころかそのグリップの利点を見極めて極めてみたらどうでしょうか。しかし、当然薄いグリップにも利点はありますがどちらにするかは、人の意見は参考までにしてあなた自身で決めるのが一番だと思います。
    • good
    • 0

>長年厚い握りなので変えるとぜんぜん打てません


ということであれば代える必要は無いと思います。
>ソフトテニスじゃないから薄くもたないとそれ以上上達しないよという人がいます
これはソフトテニスをしたことが無い人の言葉だと思います。
僕自身ソフトテニスから硬式テニスに転向したのですが、
厚く握っても何の問題もありません。
要するにボールがきちんと返せて、それが自分で満足できるものならば握りを変える必要はありません。
古い話ですが日本人の選手がソフトテニスの握りで、イギリスの大会で準優勝したという話もあります。(名前は忘れました。すみません。松岡修三よりすごいんです。)
自分の打ちやすい握りでテニスを楽しんでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
そうですよね~ ウエスタン イースタンとかという名称があるくらいなのだから厚い握りだって存在するわけです
このままでがんばります

お礼日時:2001/01/09 13:12

onutamさんは長年ソフトテニスをされてたんでしょうか?


それに加えて,テニスでも長い間グリップを厚く握っているという解釈で僕の意見を述べさせていただきます.

フォアのグランドストロークに関しては,厚いグリップで全くかまわないと思います.
しかし,フォアハンドでも,とっさの場合にスライスで凌ぐという状況もあると思います.
そんなときには,やはり薄いグリップの方がスライスを打ちやすいです.

また,上級者の打ち方を見ていると,ボレー(フォア,バック),スライス(フォア,バック)に関しても,インパクトの
時のラケットの面が,地面に対して基本的に垂直か多少上向き(オープン)になっているはずです.
ボールにアンダースピンをかけるのが目的だからです.そのような,垂直もしくはオープンの面を作るためには,
やはり薄いグリップが適していると思います.

厚いグリップと薄いグリップにはそれぞれ特徴があります.
・厚いグリップ : 力が入りやすく,トップスピンが打ちやすい.しかしリーチが狭い.
・薄いグリップ : アンダースピンをかけやすく,リーチも広い.しかし力が入りにくい.

このような特徴から,守備範囲を広くするためにも,ボレーでは薄いグリップが有効であるし,スライスでも遠くのボールまで追いつけるといえます.

僕の周りの人を見ても,厚いグリップでボレーを打っている人は,厚いグリップのまま面をオープンにしようとして,いびつなフォームになる上に
ミスが多いという状況です.

サーブに関しても,薄いグリップから,多少バック側に厚いグリップの方が良いと思います.
これはバレーボールのスパイクで,打つ手(利き手)は極力高い位置にあり,手の平は相手コートを向いていますよね.その体の状態で,
利き手に薄いグリップでラケットを持てば,自然と高い打点でしかもラケット面は相手コートを向いていると思います.
しかもそれで,ラケットを包丁に見立てれば(ラケットのフレームが刃),包丁を切る方向にラケットを動かせば,容易に回転をかけれると思います.

バックハンドに関しては,スライスは勿論前述のとおり薄いグリップの方が打ちやすいと思います.両手打ちであれば,そのスライスを打つ
グリップに左手を添えるようにしていれば,とっさにスライスに切り替えるなどの動作がやりやすく,また,ライジングも打ちやすいと思います.
シングルハンドのスピンであれば,ソフトテニスのような「メチャメチャ厚いグリップ」ではなくて,「やや厚い程度」のグリップが僕個人的には
力も入りやすく打ちやすいと思ってます.

以上.まとめると,従来どおり厚いグリップでガンガンフォアハンドを打つのはとても良いことだと思います.しかし,
バリエーションを増やす際には,薄いグリップを取り入れていくと良いのではないかと思います.
    • good
    • 1

 厚い握りでもOKでしょうが、上達するにつれ薄い握りを自然にするようになるでしょう。


 ストロークの打ち方とリターンの打ち方は違います。ボレーの握りは薄い方が良いでしょう。スマッシュも薄い握りの方が良いでしょう。サービスは厚い握りではスピンが打てません。ストロークでは薄い握りに変えなくてもいいと思いますが、その他のショットでは薄い握りを覚えるか足と反射神経を鍛えて対処するかのどちらかでしょう。当然、薄い握りを覚える方がはるかに楽です。
 厚い握りの上級者の試合を見るようにしましょう。但し、ナイスショットを見るのではなく、いつどんなボールに対して薄い握りでショットしているか。
 そうすれば答えはわかります。人の言う事よりあなたが見て感じて考え決めた事が正解です。
    • good
    • 0

私もテニススクールに通っていますが初心者クラスのコーチは、始めからドライブをかけていても何もいいません。


私はOKだとおもいます。
今やトッププロの世界ではグリップエンドを包み込んで握り,リストを使ってふりまわす方法も多用されている時代です.
別にプロのまねをしろと言っているわけでは有りません.
ですが今言ったやり方は一昔前までは悪い打ち方の典型でした.
それが今では一般はともかくプロの打ち方として定着しています.要するに道具の発達と共に、ああだからこう、こうだからああ等ということはなくなっていくものだと思います.
楽しく,気持ち良く、テニスをおやりになるべきでしょう.辛く苦しい練習の末・・・などと言うようなものはトーナメントプロにまかせておきましょう。
そのうちグリップの厚い人用なんて言うラケットが出るかもしれないじゃないですか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグリップの握り方

今までの自分のグリップの握り方が
間違っていると分かり、正しいグリップで
やろうとしてもすぐに元のグリップに戻ってしまいます。
どうすれば正しいグリップに定着出来ますか?

Aベストアンサー

こんばんは
ストロークのグリップは、先にグリップを決めるのではなく、
打点が先です。人それぞれ、身長や、腕の長さ、
手や指の大きさが違うので、自分のベストの打点
(一番力が入りやすく、かつしっくりくる場所)
が異なるはずです。そこに、まずラケットを置いて
みて、そこに手を添えるんです。そのグリップ
が一番良いその人のグリップです。おそらく、
グリップが元に戻るのは、ベストの位置ではないんじゃ
ないでしょうか?グリップにこだわるのではなく
ベストの打点探しをして見てはいかがでしょうか?

Qグリップの握り方

監督に「グリップがあつい」といわれたので
うすく持つようにしているのですが
その持ち方だとボールが変な所に飛んでしまいます(´∧`。)

あつい持ち方が癖で、無意識のうちに面が下を向いてしまいます...

どうしたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

グリップがあついことが一概にわるいことだとは言えません。
一般的にネットプレイヤーはうすいグリップ、ベースラインプレイヤーはあついグリップが適していると言われます。

質問者さんのグリップを直す必要があるかどうかは、自分はプレイを見た訳ではないので何とも言えません。
しかし、グリップに限らず、フォームを矯正した場合、今までの慣れ親しんだフォームをやめて、意識的に、いわば無理矢理違うフォ-ムでプレイしているわけですから、そう簡単に今まで通りのボールを打つことは出来ません。
それはプロだろうとアマチュアだろうとみんなおなじことだとおもいます。

どうしてもグリップを直す必要があるようなら、何度も何度もそのフォームで打って、それが自分のものになるまで練習するしかないと思います。

監督がいらっしゃる様なので、本当にグリップを直すべきか、一度詳しく聞いてみると良いでしょう。
監督に限らず、周囲のテニスのうまい人たちに意見をもらうのも、上手くなるための一つの方法だと思います。

Qグリップの使い方(握り方)

テニス歴数十年、壮年上級者です。トップスピン、バックは両手打ちです。

現在のグリップの握り方(ストローク、ボレーとも)
  振り出しは「小指、薬指+親指」
  打点に向かい3指を締めながら、「人差し指、中指」を握りしめてゆく
  上記の動作でヘッドを効かせる
足、腰、肩、肘などの動きも関係ありますが、今回の質問はグリップだけです。

質問内容
  「人差し指、中指+親指」で振り出し、小指を締めるのはどうでしょう?
   上記は、今の私の逆になります
   ストローク、ボレーとも同じ締め方でしょうか?

ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の意図がわかりにくいのですが.......

>人差し指、中指+親指」で振り出し、小指を締める
一般的な常識では逆になりますね。
良いとか悪いとか一概に言えません。
まずはご自分で納得するまで試行錯誤してみるのも良いでしょう。

 あまり参考にはなりませんが
目的としてはヘッドを利かせスピードアップだと思われますが
効率からの面では最後に力の弱い小指を握っても意味がない
でしょう。

マイナス的な要素として人差し指、中指+親指と握ると肩に力み
が生じやすくなることです。(タイミングが早すぎると)
小指に握りは弱いのですが肩に力みが生じにくく腰筋と連鎖関係
があるらしいです。(武道の本で)
まずは腰から発生する力のうねりを上半身(肩)に緊張を与える
ことなくグリップが軽く握りながらティクアップし、インパクト
前後の短時間に小指、薬指、中指を瞬間的に締めるのがベスト
かなと思います。(ストローク、ボレーでは)

ただサーブ時に人差し指、中指+親指の握りの三本だけで打つと
前腕の回内が効きヘッドスピードがUPし易いような気がします。

ご質問の意図がわかりにくいのですが.......

>人差し指、中指+親指」で振り出し、小指を締める
一般的な常識では逆になりますね。
良いとか悪いとか一概に言えません。
まずはご自分で納得するまで試行錯誤してみるのも良いでしょう。

 あまり参考にはなりませんが
目的としてはヘッドを利かせスピードアップだと思われますが
効率からの面では最後に力の弱い小指を握っても意味がない
でしょう。

マイナス的な要素として人差し指、中指+親指と握ると肩に力み
が生じやすくなることです。(タ...続きを読む

Qグリップを変えるべきでしょうか?

硬式テニスを始めて1年になります。

フォア・ストロークの際のグリップはイースタンなんですで、ボールが上にあがってオーバーしがちです。
インパクトの際にラケットのフェイスが上を向いているからだと思い、垂直にするよう意識しているのですが、早いボールや深いボールを打ち返す時などには、やはり上に打ち上げてしまいます。

なかなか直らないので、グリップをやや厚くセミウエスタンに持ち替えてみようかと思うのですが、いかがでしょうか?
それとも打ち上げなくなるまで、このままイースタンで練習を続けたほうがよいでしょうか?

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

テニス歴13年です。

私は野球上がりで、社会人になってからテニスを始めました。はじめは野球の癖が抜けず、いつもホームランばかりでした。
テニスを始めて1年位してから、フラットからトップスピンに打ち方を変えました。貴方の場合、打ち上げる癖があるということは、打ち方自体はスピン系に向いているのではないかと思います。
セミウエスタンといわず、思い切ってウエスタンに変えてみてはいかがでしょうか。トップスピンを覚えると、テニスの幅がグンと広がります。
ただ、私はトップスピンに打ち方を変えて、スピンがかかるようになるのに3年、スピンの量を自分でコントロールできるようになるのにさらに2年かかりました。
スピン系に変えた場合、フラットとは打点も違うので、最初はネットばかりするかもしれません。でも、スピンを自由にコントロールできるようになると、草トーナメントや市民大会レベルでは負けなくなります。あきらめずに頑張ってみてください。

ちなみに、私は、今はバックハンドも両手打ちのトップスピンです。
バックは会得するのに12年かかりました。

こんにちは。

テニス歴13年です。

私は野球上がりで、社会人になってからテニスを始めました。はじめは野球の癖が抜けず、いつもホームランばかりでした。
テニスを始めて1年位してから、フラットからトップスピンに打ち方を変えました。貴方の場合、打ち上げる癖があるということは、打ち方自体はスピン系に向いているのではないかと思います。
セミウエスタンといわず、思い切ってウエスタンに変えてみてはいかがでしょうか。トップスピンを覚えると、テニスの幅がグンと広がります。
ただ、私はト...続きを読む

Qレザーグリップをとってその下にグリップを

今ラケットに普通のグリップをまいてるんですが自分は後衛なので顧問の先生に「グリップをもっと薄くした方がいいぞ」
って言われました。
でラケットのグリップを薄くしたいのでレザーグリップをとってその下に市販のグリップテープを巻いても支障はないのでしょうか?

Aベストアンサー

うーん、顧問はグリップを<細く>した方が良いと言ったのでしょうか?

薄く・厚くは、グリップの持ち方の事を言っていると思いますので、確認をしてください。

<細く>と<薄く>を混同しているのかと思うのですが・・・。

で、そうでないなら、
>ラケットのグリップ自体を薄くしたいのでレザーグリップをとってその下に市販のグリップテープ
⇒これはどんなのでも貴君の好みで構いません。 薄い布を巻く人もいます。
私は一枚だけにして使うことも有ります。 基本的には握力の状態によりラケットを代えますが、それが間に合わないときには此の方法も有ります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報