NHK-BSやフジテレビ等のサッカー中継を見ているときに「すらす」という言葉をよく聞きます。これはクロスボール等に対して少しだけ角度を変えたり、ちょっとだけ触る様なヘディングをする時によく聞くのですが、この言葉を初めて聞いたときは「そらす」とか「ずらす」の聞き間違いかと思いました。しかし、何回聞いても「すらす」と聞こえます。
日常生活で「すらす」という言葉を聞いたことがなかったし、辞書で引いても載っていなかったのでサッカー用語かなと思うのですが、誰かこのことについて知っている方がいらっしゃったら教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


おそらく「擦る」からきた言葉で、
「擦らせる」が転じて「擦らす」でしょう。
「そらす」というのは方向に関しての意味が含まれますが、
こちらはあえて「かする」ようなヘディングをしている行為を指すので
「そらす」ではなく「擦らす」なんです。
確かに耳なじみはありませんよね。
少々不親切な解説といえると僕も思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど「擦る」がありましたねー。納得です。
解説の人も熱くなって(ゴール前のシーンが多いから当たり前だけど)、
「擦らした」とか連呼してるけど、ヘディングしてる方も摩擦熱で頭熱くなっ
てるんでしょうねー(ナンチッテ)

関係ないけど「そらす」「ずらす」以外にも「スルーした」と言ってるんじゃ
ないかとか実は他にも色々考えてました。
でもこれで疑問解けました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/18 10:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッカー選手はなぜヘディングシュートが出来るのでしょうか。

サッカー選手はなぜヘディングシュートが出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

インパクトの直前までボールをしっかり見ているから。

Qサッカーの時によく聞く音楽(頭から離れないです助けて)

前にサッカー関係の番組を見てて流れてた時で

「♪バンバラ[以降不明]」みたいな曲です。

かなり説明が難しいです。日本語ではないので。
どこか民族音楽みたいな感じです。
メロディを歌うことはできます。

リズムは
「タンタカタカ タッタッタッターター ターータタ
 タッタッタ ターーア」みたいな感じです。
これを「バンバラ~」と言い換えて歌う感じです。

意味不明ですがどうか解釈していただきたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

Nick Woodの
Passion
じゃないかな。
キリンビールのコマーシャルで使っていました。

Qサッカーの中継放送に関して

サッカーの中継放送に関して

タイムラグの関係で試合が終了して結果がでているのに
日本では「試合開始前」となるのでしょうか。

そして、これを公表しないのはなぜ。

今回の7/9 4時からの試合 ドイツが2-0で勝つとの事。

Aベストアンサー

 ドイツで21時のキックオフ。
サマータイムで7時間の時差だから、日本時間で4時のキックオフ。
 試合開始はまだだと思います。
 もしかして、ラベンダーの香りしてませんか?

Q明日のアジア杯決勝はテレビ中継とかラジオ中継とかしないのでしょうか。

なぜ?
なぜしないの?

みたいのに(´;ω;`)ウッ…

(するとすれば何系の放送でするんでしょうか。
 フジと日テレとか。)

Aベストアンサー

テレビ朝日で放送しますよ.

時間帯が少し遅く20:54からですが・・・

参考URL:http://www.tv-asahi.co.jp/asiancup/

Q足でシュートしにくければヘディングするのか

サッカーで、足でシュートしにくければ、ヘディングでシュートするのでしょうか。

Aベストアンサー

腰より高いボールをシュートしようとする場合、
どうしても足は下から上方向へ動かす必要があります。
ゴールバーを越えるようなシュート(ふかす)原因の元です。

だからボレーのような体を寝かせる(倒す)ような体制で、足を水平方向または、
上から下方向へ叩くように蹴れる体制を作るわけですが、
片足だちの状態になるまたはジャンプするため、ボールへのアジャストが難しくなります。
オーバーヘッド等とDFが頭でクリアしようとボールにアタックする場合は、
“足の上げ過ぎ”でファールを取られます。

上記の理由から、頭を使うことを選択している気がします。
ゴールまでの距離が遠すぎるとヘディングシュートの威力にも限度がありますので、
ボレーを選択することになるでしょう。

またはヘディングでしか届かない高さのボールにチャレンジするには、その他理由はありません。
長身選手がいる場合は、相手DFを無力化できますから、あえてそうする場合もあるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報