1年前に彼女が走行中に当て逃げされて、その後治療をしてきたのですが、先日症状固定で後遺障害の申請をしました。 しかし、その結果後遺障害には認定されませんでした。 犯人はいまだに捕まらないし、首は痛いし、頭痛はするしで毎日がとても憂鬱です。 その上、精神的にもおかしくなり、うつ病と診断されてしまいました。  治療はずっと接骨院で行ってきたんですが、申請するには病院の先生に診断書を書いてもらって下さい。ということだったので病院で書いて貰いました。 しかし病院の先生には、自覚症状では後遺障害は認定されないよと、ちゃんと書いてくれませんでした。  どうしても納得いきません。どうしたらよいのでしょうか? 再申請をしようと思うのですが、やはりずっと治療をしてきていただいた、接骨院の先生に診断書を書いてもらう事は出来ないのでしょうか? それと、再申請をするには、抗議文を付けて下さいということなのですが、どういう事を書けばいいのでしょうか?  毎日頭痛と鞭打ちに悩まされ、ひどいときには、首から背中まで痛そうな彼女を見ていると、自分も辛くなってしまって、どうしたら良いか分かりません。  誰か教えて下さい。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 初めまして。



 まず後遺障害ですが、今の状態では難しいです。

 基本的な所から行くと、まずレベル14段階あります、基本的な事は「労働損失率」といって労働をする際に後遺障害がどれだけ影響するかという事です。
 
 では、最低の14段階を見ると、
 1 1眼まぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
 2 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
 3 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声で解することが出来ない程度になった物
 4 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
 5 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
 6 1手のこ指の用を廃したもの
 7 1手のおや指及び人差し指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
 8 1手のおや指及び人差し指以外の手指の末関節を屈伸することのできなくなったもの
 9 1足之第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
 10 局部に神経症状を残すもの
 11 男子の外貌に醜状を残すもの

 となっています。つまり他の人から見て明らかに労働に障害を持っていると解かるものが後遺症害と認められます。

 また頭痛やむち打ち等の場合はあくまでも自己障害という周りから見ても判断しにくい障害なのでこれを後遺障害として認定してもらう事はまず無理です。

 後遺症害の基準はあくまでも周りから見てそれが障害であるかどうかが解かるか解らないかが基準ですので今回の申請しても無理だと思います。

 
 ただもし示談なり一通りの話し合いが済んでいないのであれば、希望としては、「入・通院慰謝料」や「示談成立後の後遺症について」などの但し書きがあれば請求は可能ですが、成立していればこれは難しいです。

 書面にその辺のことが書いてあると思うのですが、ちょっと見てみて
下さい。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうなんですか。 やはり難しいんですか? でも保険会社の示談書の「示談成立後の後遺症について」 はまだ、示談をしていないので参考にしてみたいと思います。 ありがとうございました。 

お礼日時:2002/03/24 21:17

損害保険の代理店をしております。


社内の勉強で後遺障害等の勉強をしていますが、難しいないようなことは確かです。

後遺障害の認定を受ける場合には、医師が障害を認定することが必要です。
どのような接骨医の方に通院しておられるかわかりませんが、医師の資格はお持ちではないと思います。そうするとどうしても紹介してもらった医師の診断書が必要かと思います。
そして、あくまでもレントゲンやMR等の検査で頭痛の原因等が証明されなければ、いくら症状を訴えても認定されないと思います。

一度、整形外科で精密検査を受けられ診断書を書いてもらうべきだと思います。私もムチ打ちですが、治療によっては首の筋肉が落ち、骨に負担がかかり、骨がずれ神経を圧迫するとのことです。整形外科で再度治療を受けられることを進めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうなんですか? やはり難しいのですか? レントゲンなどでは以上はみられませんでした。 でも、やはり見ていて気の毒でしょうがありません。 何とかならないものでしょうかね? 回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/24 21:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後遺障害診断書に治療日数の記載は必要でしょうか

以前後遺障害診断書を書いていただいたのですが、その内容に疑問があり、医師に相談の上、再度新たに書いていただこうと思っております。
ただし、新たに書き直すということで、日付も新しくなります。
以前書いてもらってから、その後何度も医師に話を聞きに行ったりしまして、通院の回数は増えましたが、薬等はいただいておりません。
新しい診断書には実治療日数がその分増えるのですが、(今訴訟中ですが)裁判の際、なぜ薬も貰っていないのに何度も病院に行ったのかと疑問に思われるかもしれません。実治療日数を記載する必要がないのでしたら、記載のない診断書を作成してもらおうかとも思いますが、実治療日数は必要でしょうか。
普通は書かれているのでしょうか。記載がない場合、裁判官に逆に不審に思われてしまうのでしょうか。

Aベストアンサー

本裁判ですか。 
私も、私の親友も裁判経験あります。
良い勉強になりますね。

遺障害診断書は認定が出た後のが良いですよ。
認定が出れば確実ですから

本題:病院に通った日数は診察を含みます。
日数の証拠(証明)
一般的に、専門病院を複数通院してる場合
各病院に。入院。通院日数の合計が貰えます。(もしかすると有料だたかな?)
これが、日数です。 
例:治療でA病院とB病院 同じ日に2箇所の場合 
確か。1日で別な日に行けば2日だたかな
専門病院や大学病院で手に入れた診断書を2でも提出できますし。。 

貴方の場合、相談も診察されてる場合 通院日数です。

日数はぴったり合うのが良いでしょう。

頂ける物は貰っておかなと後からは出ません。

Q治療費請求相手に無断で診断書を処理後、再度の診断書発行になります。発行手数料の負担は?

AはBに治療費を請求するつもりでした。
しかしAは4ヶ月全く音沙汰なしで、Bはもしや解決しているとすら思っていた状態の時。
Bは弁護士に過失割合1割と言われ、弁護士本人なら0割で持っていく、とすら言われてました。
BはAの医者の診断書を保険会社に提出する前にコピーでもいいからとりたいと思ってました。
4ヵ月後にいきなり治療費の請求がBに来ました。
Bは診断書が欲しいのですが、Aが医者から診断書を取るには再度の手数料が発生します。
Aがことを全てやり終えた状態(保険会社に既に診断書提出してしまった)ですが、支払いを考えていたBになんの連絡もない、こういう場合、再度の診断書発行手数料はどちらの負担になりますか?

つまりBは保険会社提出前に診断書が欲しかったのに、全てが終わった時点で治療費を請求され、そのため再度診断書を取るはめになりました。
この発行手数料はどちらの負担になるか?ということなのですが。
AはBに請求するつもりでそのことはお互いわかっていたこと、なのにAはBに途中経過報告の責任はないのでしょうか?
わかりにくい文章かもしれませんが・・
すみません、どうぞよろしくお願いします。

AはBに治療費を請求するつもりでした。
しかしAは4ヶ月全く音沙汰なしで、Bはもしや解決しているとすら思っていた状態の時。
Bは弁護士に過失割合1割と言われ、弁護士本人なら0割で持っていく、とすら言われてました。
BはAの医者の診断書を保険会社に提出する前にコピーでもいいからとりたいと思ってました。
4ヵ月後にいきなり治療費の請求がBに来ました。
Bは診断書が欲しいのですが、Aが医者から診断書を取るには再度の手数料が発生します。
Aがことを全てやり終えた状態(保険会社に既に診断書提出...続きを読む

Aベストアンサー

あれれ?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=766757
と同じ件ですよね?
間に保険会社入ってるの?
そうなってくると全然話し変わっちゃうよ
情報を小出しにして質問されたら的確なアドバイス貰えなくなりますよ。

Bが診断書が欲しい理由によっては、手数料はBが負担にもなるし、A負担になる場合もある。

Q後遺障害診断書(簡易に書きます)

手術をし、後遺症が残った。「簡単な手術」で、このような前例は今までにない。現在、示談交渉を病院の弁護士から申し入れられ、検討している最中。
示談のため、後遺障害診断書、が必要、今までの経緯をよく知っている(実際今でも診断している)、病院の「手術の担当医」とはまた別の先生に書いてもらえるか尋ねたら、その先生に「第3者的な立場の病院で書いてもらうと良い。でも、依頼されれば検討してもいい」と言われ、別の病院(大病院を5~6件)あたったが、書けない、と全て断られた。
診断書を書いてもらう病院がないので、病院側の弁護士に「どこに行っても書いてもらえないのでどうしたらいいか」と尋ねた所、「では、示談に納得行かず、裁判となった時、その診断書を証拠として使わない、直ちに返却する、と約束してくれるのだったら、こちらの病院の医師に診断書を書いてもらうよう頼んでもいい」と言われた。

患者にとっては、現状を書いてもらうだけの診断書なのに複雑なことを言われ戸惑い、他の病院をまた探しているところ。
このような弁護士の対応は通常でしょうか?

そのあと、先日電話がかかってきて、
「ああ、言いましたが、患者に負担がかかってはいけないので、あれから○○さんの(私)負担を減らすために、また病院と交渉して行って頂きやすいようにしたんですが、あなたにも電話したんですが、留守でした」とウソを言われました。(おかしいと気付き、問いつめると、そんな電話はしていないことを認めた)
あれだけ自分が重いことを言っておき、
「こっちは軽く考えてますから、お好きなように(どこで書いてもらっても)」と言われた。
私に電話もしていなければ、病院と交渉もウソだった。
とにかく「裁判になったら証拠として使わない、返却するって約束するなら書いてもいい」が引っ掛かっています。

何かおわかりになる方がおられましたらよろしくお願い致します。

手術をし、後遺症が残った。「簡単な手術」で、このような前例は今までにない。現在、示談交渉を病院の弁護士から申し入れられ、検討している最中。
示談のため、後遺障害診断書、が必要、今までの経緯をよく知っている(実際今でも診断している)、病院の「手術の担当医」とはまた別の先生に書いてもらえるか尋ねたら、その先生に「第3者的な立場の病院で書いてもらうと良い。でも、依頼されれば検討してもいい」と言われ、別の病院(大病院を5~6件)あたったが、書けない、と全て断られた。
診断書を書い...続きを読む

Aベストアンサー

病院側が示談を求められているということは、医療過誤の被害者ということですね。
カルテや検査データの証拠保全はしていますか?

病院側が弁護士をだして対応しているのなら、あなたも弁護士を頼んだほうがいいです。絶対に。
医療過誤は弁護士なら誰でも扱えるという分野ではありません。地元の弁護士会に電話して、事情を説明して、弁護士を紹介してもらって下さい。
こちらも弁護士を頼もうと思って今さがしているところ、などと病院側弁護士に連絡しないように。
静かに、こちらの動きを悟られないように、慎重に、
弁護士を頼んで、カルテ一式を押さえることが第一です。

Q接骨院での治療費を労災申請することは可能ですか?

通勤中の交通事故で、総合病院の整形外科を受診しましたが、
「骨に異常はない」ということで、湿布薬と痛みどめの対応をされました。

しかし状態は悪化する一方です。

以前接骨院での治療費を損害保険会社に請求出来たのを思い出したのですが、
同じ接骨院での治療費を労災申請することは出来ますか?

Aベストアンサー

労災保険適用の「接骨院」でしたら、請求はできますが、同一傷病での「複数」の診察治療はできません。
1)最初の整形外科から治療指示をもらう
2)労働基準監督署と相談して、整形外科を打ち切りして接骨院に切り替える
上記を選択してください。

Q【文書提出命令申出書】で被告病院に診断書を要求

【文書提出命令申出書】で被告病院に診断書を要求


被告医師は、保存されているカルテや検査結果に従って診断書を作成すると思います。


しかし、被告医師が、後で主張した病名を付け加えたり、被告医師に都合の良い内容にした場合は、違法でしょうか?


でもその診断書が虚偽の内容であると証明しても、裁判官に却下されて、被告医師の虚偽の内容が事実認定される可能性はありませんか?


その虚偽を記載する可能性がある場合は、カルテに記載している絶対にごまかせない内容の診断書を要求すればいいんでしょうか?

Aベストアンサー

カルテとは、医師があなたの病歴について書いたものもあれば、備忘録として(特に自分が辞めた後に引き次の担当医へ、とか診療報酬の請求の根拠、税務調査の対策)の役割もありますので一概には言えませんが真実を書いてあることが多いです。間違えて引き継ぎ医師へ誤ったメッセージをおくってもいけませんから・・・。

で、被告医師が後で主張した病名を付け加えたり、被告医師に都合の良い内容にした場合は違法です。そのようなことをすると、相手方の主張を真実と擬制されます。

病名を付け加えるとはどういうことでしょうか?病名の確認訴訟でしょうか?争点が何かによって変わってきます。おそらく、医療事故で、医師の債務不履行事件だと思いますけれど・・・。仮にそうだとしても、おっしゃていることがわかりません。いつ、書き加えたのでしょうか?

その診断書が虚偽の内容である、ということは裁判官の自由心証に基づいて判断されます(証拠力の自由評価)

最後に、カルテ自体がメモですし、相手方の支配下にあるわけですから偽造の可能性もありますね。

それを防ぐために、訴えの提起前の証拠保全の制度があるわけです。

おそらく、本人訴訟やられているのでしょうか?

そうだとすると、あまりにも失礼ながら能力差があるような・・・・。

カルテとは、医師があなたの病歴について書いたものもあれば、備忘録として(特に自分が辞めた後に引き次の担当医へ、とか診療報酬の請求の根拠、税務調査の対策)の役割もありますので一概には言えませんが真実を書いてあることが多いです。間違えて引き継ぎ医師へ誤ったメッセージをおくってもいけませんから・・・。

で、被告医師が後で主張した病名を付け加えたり、被告医師に都合の良い内容にした場合は違法です。そのようなことをすると、相手方の主張を真実と擬制されます。

病名を付け加えるとはどういう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報