(1)f(x)=X^3のグラフと、x軸と空間(-2,5)に囲まれた部分の面積を求めよ。
(2)サイコロを7回振ったら4の目が3回出た。4の目が3回出る確率を求めよ。
数学からかけ離れた生活をしていて、完璧脳裏から飛んでます。
教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

(1)は空間(-2,5)の意味がよくわかりません。


  区間(-2,5)なら#2の方の答えでよいのでは

(2)は7回振って、4が3回出る確率ということと考えて、

7回のうち4が3回出る場合は
444XXXX
44X4XXX
44XX4XX
   ・
   ・
XXXX444
(Xは4以外が出る場合)
という風になります。
これは7つの中から3つ選ぶ組合せと同じで
7C3=7×6×5/3×2×1=35
(ここで"7C3"というのは7と3をCの下に小さく書いて、組合せをあらわす記号です)

この35通り全ての確率は
1/6×1/6×1/6×5/6×5/6×5/6×5/6=625/279936

したがって確率は
35×625/279936=21875/279936≒0.087

ということです。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい解説、有難うございます。

お礼日時:2002/03/25 22:25

すいません。

No.1のhikaru_macです。
(2)で大きな間違いを犯しましたのでお詫びいたします。
#3のpoohhoopさんのおっしゃるとおりです。
いちおう私のものを訂正いたしますと、ii) で、
「7回振ったら4の目が3回出る確率(残りの4回は4の目ではない)」は
場合の数=(7C3)*1*1*1*5*5*5*5
全体の場合の数=6*6*6*6*6*6*6
よって確率は、「21875/279936」

(1)は#2の方の回答で良いと思います。

※(2)と二項分布に関して。
「ある集団において,特性 A を持つものの割合が p であり,持たないものの割合が q であるとする( p + q = 1 )。このとき,集団から無作為に n 人を抽出したとき,特性 A を持つものが x 人である確率を考える。n 人のうち x 人が特性を持つ組合せは nCx 通りある( とも書く) 。その各々に対して,x 人が特性 A を持つ確率は p^x,残り n - x 人が特性を持たない確率は q^(n - x) であり,両者が共に起こるのは両者の積である。よって,

f ( x ) = nCx * p^x * q^(n - x),  x = 0,1, … ,n,p > 0,q > 0,p + q = 1  ……(1)

が求める確率であり,この分布を 二項分布 と呼ぶ。

(n,p,q は定数である。このようなパラメータのことを 母数 という。n,p を与えることにより,この分布は確定する。p を 母比率 という。この分布を B ( n, p ) と表すことにする。)。」

なので、今回はB(7,1/6)の分布でのx=3の場合だったということです。

参考URL:http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/lecture/Bunpu/niko …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二項分布 の説明もしていただき、有難うございました。

お礼日時:2002/03/25 22:27

 はじめまして。

yasuaibaです。よろしくお願いします。

 私もご質問の類から7年離れたもので、公式を忘れていました。

 すいませんが、(1)だけ回答します。
確認ですが、f(x)はxの3乗ですよね。グラフを書くとわかるのですが、
(-2,0)と(0,5)2つに分かれてしまいます。ということは、2つを別に計算して加算することになります。
(-2,0)ではf(x)の値が0以下になるので、注意が必要です。
計算式は、以下のようになります。Sは積分記号とします。
  0      5
-Sx^3dx+Sx^3dx となります。
  -2      0

           0       5
与式=[-x^4/4]+[x^4/4]
           -2       0

  ={0-(-4)}+(625/4-0)
  =641/4

合っているかは分かりません。ということで、自信はなしです。

かなり長くなりましたが、この辺で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変助かりました。有難うございます。

お礼日時:2002/03/25 22:24

(1)最後の「空間(-2,5)」ってのがよくわかりません。


図を描いてみるとはっきりしますが、囲まれません。

(2)サイコロを7回振ったら4の目が3回出た。4の目が3回出る確率を求めよ。
ひっかけの問題なのでしょうか?
はじめに4の目が3回出たあとの4回のうちで、4の目が3回出る確率なのか、
7回中3回のことなのか?

i)はじめに4の目が3回出たあとの4回のうちで、4の目が3回出る確率
確率は「場合の数/全体の場合の数」で計算できるので
このケースでは、最後の4回を考えると
場合の数=(4C3)*6
全体の場合の数=6*6*6*6
よって確率は、「1/54」
ですね。

ii) 7回振ったら4の目が3回出る確率
場合の数=(7C3)*6*6*6*6
全体の場合の数=6*6*6*6*6*6*6
よって確率は、「35/216」

んー。もう一度、問題をよく読んで、正確に入力してください。お願いします。あと、説明がわかりにくいと思います。そのようにおっしゃってくだされば、解説し直します。

この回答への補足

すいません。
(1)の問題は区間ではなく”空間”(-2,5)です。
また、(2)ですが2項分布は、あてはまりませんか?もんだいは、深くなく、"、"
までです。よろしくお願いします。

補足日時:2002/03/24 22:57
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1個のさいころを4回続けて投げるとき、次の確率を求めよ。 ①1回目に出た目が3回連続して出る確率 ②

1個のさいころを4回続けて投げるとき、次の確率を求めよ。

①1回目に出た目が3回連続して出る確率

②3回目に初めて2の目が出る確率

①ですが1回目は何が出てもいいので6/6、2、3回目は6/1×6/1で36/1と答えは合っていましたが、4回投げてとなっているので、考え方が間違っているような気がします。

②は6/5×6/5×6/1で、こちらも答えは216/25と合っていましたが、3回分しかありません。

Aベストアンサー

まず、分数の書き方を何とかしましょう。6/1ではなく1/6と正確に書いたほうが良いです。
試験では間違いにされてしまいます。

①は答えも考え方も合っています。1回目はなんでもいい、2回目と3回目がそれぞれ1/6づつの確率です、4回目は問題になっていないのでなんでもいいので1(=6/6)。
なので、(6/6)×(1/6)×(1/6)×(6/6)=1/36
4回目もなんでもいいので、貴方の計算の最後に ×6/6 を付けるだけです。
②も同様にそうですね。最後の4回目はなんでもいいので、 ×6/6 を貴方の計算の最後に付ければ良いです。

計算の結果として答えのみを求める問題なら、答えは合っているのですが、
計算過程を書けと問題にある場合、最後の4回目の確率(サイコロの目がなんでもいい)を加えないと減点される恐れが出てきます。

Q数学III「2つの放物線y=x^2とx=2y^2ーyによって囲まれる部分の面積Sを求めよ」

数学III「2つの放物線y=x^2とx=2y^2ーyによって囲まれる部分の面積Sを求めよ」という積分の問題の解き方がわかりません。教えてください。略解は1/2でした。

Aベストアンサー

囲まれる部分のグラフを描いて見ましたか?

そうすれば、積分をy軸方向に行えば一回の積分でSが求まります。
S=∫[0,1] (√y-(2(y^2)-y))dy
=1/2
途中の積分は簡単ですからやってみて下さい。

なお、x軸方向に積分を行おうとすると面積を3つに分けて3回積分して加えて引くといった事をしないといけません。
或いはy=xの直線で面積領域を2つに分割してx方向とy方向の積分の和としてSを求める方法もあります。
最初の積分なら一回の積分だけでSが求まります。

Q 積分の問題です。y=x^2ー3xとy=-2x+2に囲まれた面積を求め

 積分の問題です。y=x^2ー3xとy=-2x+2に囲まれた面積を求めよ。です
-∫(-1~2)(x^2-x-2)dx=-[x^3/3-x^2/2ー2x](-1~2)で間違いないですね。
とすると
-{(8/3-2-4)-(-1/3-1/2+4)}となって答えが回答になる9/2にならないのですがどこが間違っているのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
-{(8/3-2-4)-(-1/3-1/2+2)}
=-(8/3-2-4+1/3+1/2-2)
=-(9/3-8+1/2)
=-(3-8+1/2)
=-(-5+1/2)
=-(-9/2)
=9/2

計算違い。

Q曲線y=x|sinx|(o≦x≦nπ)とx軸で囲まれる部分の面積

nを自然数として、曲線y=x|sinx|(o≦x≦nπ)とx軸で囲まれる部分の面積Snを求めよという問題なのですが
|sinx|をnが偶数、奇数の時で場合わけして求めてみたのですがうまくいきませんでした。どう場合わけして求めればよいでしょうか。

Aベストアンサー

その方針でよいと思います。結局、
|∫[(k-1)π,kπ]xsin xdx|
の和(k=1~n]になると思います。

Q関数f(x1,x2,x3,x4,x5)が最大値となるようなx1,x2,x3,x4,x5の求め方

変数を5つもつ関数f(x1,x2,x3,x4,x5)があります。
関数f(x1,x2,x3,x4,x5)は、一言では言い表せないような複雑な式とします。

y=f(x1,x2,x3,x4,x5)としたとき、
yが最大になるようなx1,x2,x3,x4,x5はどのようにして求めればよいでしょうか?

例えば、、、

(1) x2,x3,x4,x5を適当な値に固定し、x1を変化させてyが最大となるようなx1を求める。(このときのx1をaとする)

(2) x1をaに、x3,x4,x5を適当な値に固定し、x2を変化させてyが最大となるようなx2を求める。(このときのx2をbとする)

(3) x1をaに、x2をbに、x4,x5を適当な値に固定し、x3を変化させてyが最大となるようなx3を求める。(このときのx3をcとする)

(4) x1をaに、x2をbに、x3をcに、x5を適当な値に固定し、x4を変化させてyが最大となるようなx4を求める。(このときのx4をdとする)

(5) x1をaに、x2をbに、x3をcに、x4をdに固定し、x5を変化させてyが最大となるようなx5を求める。(このときのx5をeとする)

このとき、f(a,b,c,d,e)は最大値??
多分、違いますよね。

変数を5つもつ関数f(x1,x2,x3,x4,x5)があります。
関数f(x1,x2,x3,x4,x5)は、一言では言い表せないような複雑な式とします。

y=f(x1,x2,x3,x4,x5)としたとき、
yが最大になるようなx1,x2,x3,x4,x5はどのようにして求めればよいでしょうか?

例えば、、、

(1) x2,x3,x4,x5を適当な値に固定し、x1を変化させてyが最大となるようなx1を求める。(このときのx1をaとする)

(2) x1をaに、x3,x4,x5を適当な値に固定し、x2を変化させてyが最大となるようなx2を求める。(このときのx2をbとする)

(3) x1...続きを読む

Aベストアンサー

まず最初に、この「一言では言い表せないような複雑な」関数が「連続」である必要があります。不連続の場合は初期値(「x2,x3,x4,x5を適当な値に固定し」に相当)から最大値に至る探索の道筋の手がかりがなにも無い事になってしまいますから。

次に、この方法で最大値が求まるためは、2次元で考えたとして山の頂上(y の最大値に相当)がパラメータx1,x2,x3,x4,x5の値域内でひとつだけである必要があります。山で例えると富士山(頂上の火口付近のくぼみは無視して)のような山です。そうでない場合、つまり、例えば八ヶ岳のように複数の頂上があった場合、見つかった値は最大値とは限りません。つまり八ヶ岳のひとつの頂上が見つかっただかで、これが八ヶ岳で一番高い頂上かどうかは分からないということです。こうして見つかった y の値を「局所最大値」と呼びます。確実に(局所でない大局的な)最大値を見つける方法は見つかっていません。

質問者さんの方法でも(局所)最大値は見つかりますが、多くの場合、x1~x5 をそれぞれ少しだけ値を振って(Δx)、その時の y の変化が大きい方に、より動いていく、というやり方をします。例えて言えば、山登りで霧がたち込めていて頂上が見えない場合、足下の周辺の地面だけを見て、最も傾斜が急な方向に次の一歩を踏み出す(次の x1~x5 を決める)わけです。この方法は No.1 さんのおっしゃるように「山登り法」と呼ばれており、質問者さんの方法より速く(少ない歩数で)(局所)最大値に達することができます。

歩幅の大きさにも注意が必要です。頂上や山の大きさに関係するのですが、多くの場合「一言では言い表せないような複雑な」訳で、山の大きさすら分かりません。一歩の大きさを大きくすればそれだけ速く頂上に到達できますが、頂上の正確な位置がでませんし、山よりも大きな歩幅ですと山を飛び越えてしまいますので、「十分に」小さな値にします。計算を速くするために、最初の歩幅は大きく、段々歩幅を小さくするというやり方もあります。

より詳しくは「山登り法」で検索されるといろいろと見つかると思います。

まず最初に、この「一言では言い表せないような複雑な」関数が「連続」である必要があります。不連続の場合は初期値(「x2,x3,x4,x5を適当な値に固定し」に相当)から最大値に至る探索の道筋の手がかりがなにも無い事になってしまいますから。

次に、この方法で最大値が求まるためは、2次元で考えたとして山の頂上(y の最大値に相当)がパラメータx1,x2,x3,x4,x5の値域内でひとつだけである必要があります。山で例えると富士山(頂上の火口付近のくぼみは無視して)のような山です。そうでない場合、つまり、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報