【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

日本語で、時々「老いさばらえる」という言葉を聞きますが、
ニュアンスは何となく分かるのですが、はっきりと意味が分かりません。
この言葉が正しい言葉なのか(簡単な辞書には載っていません)、
意味など、ご存じの方、教えてください。

A 回答 (4件)

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%B5 …

「老いさばらえる」ではなく「老いさらばえる」
です。

(1)風雨にさらされて骨ばかりになる。さらばう。
「これ旧き骨―・ひなどしたるにや侍らむ/小右記」
(2)やせおとろえる。さらばう。
「物清げに―・ひて賤しからず/浜松中納言 3」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
間違えていた為、「辞書に載っていない…」ということになったわけですね。

一応「老いさばらう」でも調べたのですけど、意味ない努力でした!
用例もありがとうございました。

お礼日時:2006/09/29 09:57

間違える事が多いですが、正確には「老いさばらえる」ではなく「老いさらばえる」です。



意味としては、”よぼよぼになる”、”老衰する”などの意味です。
字義のごとくネガティブな意味合いの言葉なので、間違ってもお年寄りに「老いさらばえてますねぇ」等と言わないようにしましょう(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

うちの「ハムスターが老いさばらえる」…と書いたのですが、今、訂正しました。
以前、小豆島をあずきじま、草加市をくさかしと読んで、
あずきじま、は知人の年長の女性に、くさかし、は友人といた喫茶店で、
知らない40~50歳代のサラリーマン風の男性に訂正され、
恥ずかしくて縮こまってしまいました。
バカな女子大生だと思われたでしょうね...
あずきじま、の知人女性は、私の母より少し年下位の方ですが、
私はしっかり者と思われていただけに、本当に情けなかったです。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/29 10:02

老曝う=甚だしく老衰する。

おいくちる。(広辞苑昭和30年版)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

漢字でそう書くのですね!
ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/29 09:58

手元の辞書によれば


老いさらばえる:年老いてやせ衰えること、またその様子。
だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
「さばらえる」ではなく「さらばえる」なのですね。
調べても載っていない訳ですね。根本的に間違えていました。

お礼日時:2006/09/29 09:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む

Q宥和と融和の違いをわかりやすく教えて

融和政策と宥和政策は読み方は同じでも、どうやら意味が違うようなのです。
具体的にどのような違いがあるのか、具体例などまじえてわかりやすく教えてもらえないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

訓読みにすると「融」は「とける」、「宥」は「「なだめる」です。「融和」は「なかよくすること」、「宥和」は「なだめること」になります。

「融和政策」となると一般的に他の国と仲良くやっていく政策ですし、「宥和政策」は特定の国の(過激な)政策に対し敢えて反発せず、懐柔を図る政策になります。

後者の典型的な事例は第二次世界大戦前のナチスドイツの拡大策に対しイギリスのチェンバレン政権がとった政策がよく挙げられます。

下記URLもご参照ください。

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%CD%A8%CF%C2%C0%AF%BA%F6&search_history=%CD%A8%CF%C2%C0%AF%BA%F6&kind=jn&kwass

Q《会敵》 の読み方を教えてください

ガンダムSEED DESTINY2 の戦闘シーンで、出てきたのですが、会敵 の正しい読みがわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

Kaitekiです。戦闘中に敵に遭遇すること、です。
基本的には交戦状態の相手と、予期していた状態で会う→戦闘に突入といったシーンで使われます。


人気Q&Aランキング