とても恥ずかしい質問ですが、前年比と構成比の出し方がわかりません。
たとえば、前年の店舗Aの売上100、今年の店舗Aの売上40、今年の総店舗売上250で、教えていただけませんか?

A 回答 (2件)

構成比は、全体に対する割合ですから、今年の店舗売上250に対してAが40ですから、40÷250×100=16%です。



前年比は、前年のAの売上が100で今年が40ですから、
40÷100×100=40%です。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

早い回答をありがとうございます。説明も充分ですぐに理解できました。

お礼日時:2002/04/03 13:14

 前年比は、前年を100とした場合の当該年度の数値ですので、40/100×100で40%となります。



 構成比は、全体に対する当該店舗の占める割合ですので、40/250×100で16%となります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

計算の仕方まで教えて頂き、よくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/03 13:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q校正について詳しい方、教えてください。

はじめまして。
今回、校正記号の書き方を教えていただきたく、質問させていただきます。
私は、「校正」を今まで行ったことがないのですが、今回校正業務を行うことなりました。
3つ疑問があります。

1つ目
校正内容は、HTML言語ソースの校正です。
例えば

(1)<td  rowspan="2">という記述があるとします。これを
(2)<td rowspan="2">という形に直してください。と校正記号を書きたいのです。

この「<td」のあとに(1)は半角スペースが連続して2つ挿入されています。
「半角スペースを1つだけ削除し、詰めなさい」という指示を出すには
どう記述するのが正しい校正記号の書き方なのでしょうか。
文字であれば、訂正箇所から線を引き「トルツメ」で済むと思うのですが。
「半角トルツメ」でよいのでしょうか。そうすると全部取ってしまうと誤解されそうです。

2つ目は、インデントについてです。
校正の本に書いてあるインデント記号は
Tを横にしたような記号と、Ωを横にしたようなもので字下げ、字上げを指定するように書かれているのですが、Tを横にした記号がなく、Ωだけの記述のものは、「全角1つ分だけ、字下げしろ」という意味でよいのでしょうか。

最後に、訂正箇所からの線の引き方なのですが、
例えば

構成は文字を正しく直すことです。
校正を行うには集中力が必要です。
しかし、構成を行っているとどうしても眠くなります。

という文章があるとします。
「構成」を「校正」へ正すために訂正箇所から線を引いて、「校正」と記述しますが
まとめて記述することは可能ですか?
線を交差させないというルールはあるようなのですが。
1段目の「構成」と3段目の「構成」に分岐させるように線を引き、一ヵ所に「校正」と記述するのは、ありですか?それとも、一字、一字に対して記述するのが本来の校正でしょうか?

手書きのものがあればいいのですが、このお絵かき添付機能では、とてもわかりにくいとは思いますが、ご教授おねがいします。

はじめまして。
今回、校正記号の書き方を教えていただきたく、質問させていただきます。
私は、「校正」を今まで行ったことがないのですが、今回校正業務を行うことなりました。
3つ疑問があります。

1つ目
校正内容は、HTML言語ソースの校正です。
例えば

(1)<td  rowspan="2">という記述があるとします。これを
(2)<td rowspan="2">という形に直してください。と校正記号を書きたいのです。

この「<td」のあとに(1)は半角スペースが連続して2つ挿入されています。
「半角スペースを1つだけ削除し、詰めな...続きを読む

Aベストアンサー

基本的には、修正作業をされる方(デザイナーさんや印刷屋さんなど)に、
こちらの修正意図が伝われば大丈夫です。
ですから、校正記号の使い方として心がけておきたいのは、
修正作業をする人が
「これはどういう修正??」と迷ったりするようなビミョーな指示は避けるべきです。

ただ、校正記号の使い方は それほど神経質にならなくてもいいと思いますよ。

『1つ目

(1)<td  rowspan="2">という記述があるとします。これを
(2)<td rowspan="2">という形に直してください。と校正記号を書きたいのです。』

これは、(1)の「<td」と「rowspan」の間を半角にしたいので
「<td」と「rowspan」の間を赤で半角スペースの校正記号(中がキュッとしまったような記号)
を入れつつ、半角アキ と指示しておくといいですね。
そして、<td  rowspan="2">のお尻にあたる「>」のところには、半角分左へ移動するので
Ωを横にした校正記号を入れときます。

『2つ目は、インデントについてです。
校正の本に書いてあるインデント記号は
Tを横にしたような記号と、Ωを横にしたようなもので字下げ、字上げを指定するように書かれているのですが、Tを横にした記号がなく、Ωだけの記述のものは、「全角1つ分だけ、字下げしろ」という意味でよいのでしょうか。』

Tを横にしたものも、Ωを横にしたものも、
どこまで(何文字分)動かしたいのか(字下げ・字上げ)を指示する記号です。

ですので、Ωの記号は 必ずしも全角1つ分と決まっているわけではありません
Ωのヒゲ的な部分で、動かしたい文字分を指示します。

『最後に、訂正箇所からの線の引き方なのですが、
例えば

構成は文字を正しく直すことです。
校正を行うには集中力が必要です。
しかし、構成を行っているとどうしても眠くなります。

という文章があるとします。
「構成」を「校正」へ正すために訂正箇所から線を引いて、「校正」と記述しますが
まとめて記述することは可能ですか?
線を交差させないというルールはあるようなのですが。
1段目の「構成」と3段目の「構成」に分岐させるように線を引き、一ヵ所に「校正」と記述するのは、ありですか?それとも、一字、一字に対して記述するのが本来の校正でしょうか?』

これは添付されているものを拝見しましたが、おおむね これで分かると思います。
できれば、3段目から線を引っ張るときは 2段目の文字にかかるような感じではなく
2段目と3段目の行間のスペースを使って指示された方が良いでしょう。

また、下の画像のインデントの指示ですが、1段目~3段目までの行頭をそろえたいのであれば
赤で「アタマ揃え」と指示してください。
さらに2段目と3段目のΩですが、このヒゲ的な部分は何文字分動かしたらいいのか
わかるように、動かしたい文字数分だけヒゲを伸ばすようにした方がいいと思います。
(添付された例ですと、1段目が9文字、2段目と3段目は7文字ですよね。それをアタマ揃えにしたいのであれば、2段目と3段目のΩのヒゲは2文字分かけるようにするということです。

文字だけだと、わかりずらいですが…。

ご参考になれば幸いです。

基本的には、修正作業をされる方(デザイナーさんや印刷屋さんなど)に、
こちらの修正意図が伝われば大丈夫です。
ですから、校正記号の使い方として心がけておきたいのは、
修正作業をする人が
「これはどういう修正??」と迷ったりするようなビミョーな指示は避けるべきです。

ただ、校正記号の使い方は それほど神経質にならなくてもいいと思いますよ。

『1つ目

(1)<td  rowspan="2">という記述があるとします。これを
(2)<td rowspan="2">という形に直してください。と校正記号を書きたいのです。』

...続きを読む

Q「前年同月比」の意味

新聞で、よく消費者物価指数や貿易収支が前年同月比で表されたグラフを目にしますが、それらを前年同月比でグラフ化することにどんな意義があるのでしょう。

グラフを見ても絶対量の推移がわからないですし、前月比あるいは絶対量のほうが読み取れる情報が多いので優れている気がします。

Aベストアンサー

読み取れる情報が多いので

逆です。
読み取れる情報量を少なくして分かりやすくするために前年同月比(しかも生鮮食料品といった、季節変動分を無くして)を分析します。
前提として、だいたい春はこんな状況、夏はこんな状況が「一般的」であり、その「一般的」に対する差分に対応することが重要になります。
たとえば 冬に灯油が高くなるのは需要が高まっているから当たりまえ。夏と比較しても意味が無い。
昨年の冬と比較することで、今年の経済状況が分かります。

Q計測機器の校正対象

 ISO9001、2000年版7.6要求に対しできるだけコストのかからない校正の対象機器設定を行ないたいのですが、次の様な場合どこまで構成対象としなければならないか迷っています。
 事例は顧客仕様からして計測器単体による計測が不可能の為、顧客が指定する限度サンプルとの相関により良否判定を行なう事となっています。
 その相関をとる最終工程での検査機器は複数の計測機器からなる複合機となっていて、複合機は数百台あり、構成する機器全てを国家規格とのトレースをとる為には数千台の校正を行なわなければならなくなり、コスト的に耐えられなくなってしまいます。
 ISO要求は校正と調整を行なう事となっていますが構成する計測器個々の構成が不可能な場合、複合機全体としての調整のみでも良いのかが解りません。
 校正対象と調整対象及びトレサビリティーなどISO要求7.6に対する論理的な正しい設定の仕方に付いて上記事例の扱いに付いて教えて頂けないでしょうか。
 あと別件になりますが、識別ラベルで以前より、校正対象外ラベルを貼るようになっていますが、貼らないものが校正対象外と識別できるので不要のように思えるのですが、何か必要な理由があるのでしょうか・・・併せて教えて頂けないでしょうか。
 宜しくお願い致します。

 ISO9001、2000年版7.6要求に対しできるだけコストのかからない校正の対象機器設定を行ないたいのですが、次の様な場合どこまで構成対象としなければならないか迷っています。
 事例は顧客仕様からして計測器単体による計測が不可能の為、顧客が指定する限度サンプルとの相関により良否判定を行なう事となっています。
 その相関をとる最終工程での検査機器は複数の計測機器からなる複合機となっていて、複合機は数百台あり、構成する機器全てを国家規格とのトレースをとる為には数千台の校正...続きを読む

Aベストアンサー

>見解の違いから指摘される事はどの様なものでしょうか又、それに対応する論理的解釈はどの様な事を備えておけば良いでしょうか。

担当官によっては何も言わない事もあれば、それで不良品の割合を
**%以下にできる根拠を示せって言われる事もあります。
統計的見地から理論的に説明できるような数値があると、第3者から見ても判りやすいので、
できれば理論武装しておくと良いでしょう。

説明できないからといって即認証取り消しになるわけではありませんので
慌てずしっかりした書類を作成して下さい。

機器の調整方法やサンプル数に変更がある場合は、ちゃんと変更履歴(理由と変更可能と判断した根拠)を
残すことをお忘れなく。

Q中国のGDP 前年同期比8.9% をどう見ますか

中国統計局が09年第3四半期(7-9月)のGDPの実質成長率は前年同期比8・9%と発表しわが国のマスコミは、そのまま記事にしています。
ほとんどの国のGDPは前期比なのに、中国の前年同期比はいかなる意味を持っていて、マスコミや評論家たちがこのことになんのコメントも付けなくスルーしているのは、単に気がつかない、勉強不足なのでしょうか?
中国の名目GDP総額は、08年で4兆3270億ドル 
日本の名目GDP総額は、08年で5兆5300億ドル(¥90/$)でした。  09年は中国に抜かれると言われています。

Aベストアンサー

 政治的意図を持って中国の発表する情報を信じ・疑わず、中国発展論を吹聴する輩もいるでしょが…。

 経済・投資の世界で良く言われる下記の言葉があります。
 (ケネディ元大統領の父、ジョセフ・ケネディが言ったと言われている…。)

    >「靴磨きの少年までが株を勧めるぐらいだから、相場は天井だ。」

 何で相場が天井と言われるかと言うと、要するに目聡い人が無名の内に買いあさって、そろそろ天井だと思った所で情報を流して(靴磨きの少年まで知る程)、一般人(要するに相場のカモ)に高値で買わせて利益確定を目論んでいるからです。
 (まあ、もうダメだから一般人が見聞きする様な媒体に情報を流す。)

 多分、TVとかに出るような評論家達は、ホントは気付いて自分が儲ける為 or 後ろにいる支援者[禿げ鷹の様なファンドとか]の為に言わないだけでは…。

 まあ、書店とかに行けば自身の経歴やちゃんとした資料等で中国経済の危うさを解説する本は有りますが、いかんせん評論家としての知名度はマダマダの方が多いですから…。
 (知名度が薄い[つまりバックが居ない]からこそ、後に本当に崩壊した時に、「ホレ見ろ俺の予想が当たったぞ」と名乗り出て知名度を上げる心算かも知れませんが…。)

 ここ数年でも、不動産投資[サブプライムで…。]やFX[急激な円高で…。]が異常にマスコミにプッシュされた時期が有りましたが、暴落する直前で、それに吊られて買った方の現状と言うと…。
 (「○○を○年の内に超える」何てセリフ、日本がホンの10数年前に散々言われてたけど、実際の所それが如何に虚しい事だったかは身に染みて理解できている筈なのに…。)

 評論家と言うのは慈善団体じゃないんですから、ただで見聞き出来るようなTVなどの媒体での情報は発信者の利益になる様な内容に成るのは致し方有りません。
 (某N証券の顧客向け4-6月のレポートとかだと、中国の前期比[前年同期比でなく]が正式発表されない為予測と謳った上でですが、マイナス成長で有ったと記載していたりします。←顧客の信頼確保 = 発信者の利益になる為。)

 政治的意図を持って中国の発表する情報を信じ・疑わず、中国発展論を吹聴する輩もいるでしょが…。

 経済・投資の世界で良く言われる下記の言葉があります。
 (ケネディ元大統領の父、ジョセフ・ケネディが言ったと言われている…。)

    >「靴磨きの少年までが株を勧めるぐらいだから、相場は天井だ。」

 何で相場が天井と言われるかと言うと、要するに目聡い人が無名の内に買いあさって、そろそろ天井だと思った所で情報を流して(靴磨きの少年まで知る程)、一般人(要するに相場のカモ)に高値で...続きを読む

Q測定器の校正について

ISO絡みで、測定器の校正をするのですが、そこで教えてください。

1.測定器は全て構成するものなのでしょうか?
 たとえば、私など個人持ちの150mmの直尺などを持っています。

2.測定器の校正は1年に1回すべきなのでしょうか?
 
3.測定器を使用したいない場合、使用しないことを前提に校正しないこともできるのでしょうか?

Aベストアンサー

どういう業態なのかによりますが・・・

1.品質に影響するような測定に用いるものは全て行います
「影響しないものって何なのさ」といえば、例えばハンディテスターで導通確認しかしないとか。精度は不要ですね、
製品の外寸を測定したり、公差を評価したりするのに使わないのなら、直尺は校正しなくても構いません。

2.通常ISOだと年1回だと思います。社内規定を作って管理しているはずなので、規定上毎年としているのなら、メーカー指定が2年や3年に1回の測定器であっても毎年校正します。
分野によっては、校正証明書の保存期間が決まっていたりします。医療機器製造とか。
校正が必要ものなら、「すべき」ではなく「しなければならない」です。


3.1.で述べた以外のものは校正しなくても構いません。
例えば、5年に1回くらいしか使わない測定器なんかもそうですね。使う時には必ず校正してからになりますが。


蛇足ですが、継続して使用するものは日常点検を行った記録を残すことも必要です。
例えば2010年12月1日に校正合格、2011年12月1日に再度校正合格したとすれば、この間の1年間は正常に作動していたことが証明された(修理歴が無ければ)ことになります。この間の出荷検査等の妥当性が担保されるわけです。
では、この場合に2011年12月1日の校正で不合格となった場合はどうか。極端な話、2010年12月2日の測定精度は保証できません。いつ故障したかわかりませんので。
自家点検で構わない(基準器にも妥当性が必要なので、クロスチェックする等の工夫は必要)ので、毎月なり毎週なりの点検記録を残しておけば、故障時の被害を最小限に抑える事ができます。毎月点検なら、最悪でも1か月分の検査分だけ洗い直せば良いので。
工場の出荷検査機器等は毎日点検しないとリスクが高すぎますので、ケースバイケースですが。


ちなみに法定の校正は、分野や用途によっては必ずしも必要ではありません。トレーサビリティーが確保できていれば十分です。
特定の用途で計量法や電波法といった法律に準拠した校正が必要となることもありますが、その場合でも全ての測定器が該当するわけではないと思います。全く同じ測定器でも、その法定検査用に使用するものだけ法準拠、あとは普通のメーカー校正という風に分けたりします。

どういう業態なのかによりますが・・・

1.品質に影響するような測定に用いるものは全て行います
「影響しないものって何なのさ」といえば、例えばハンディテスターで導通確認しかしないとか。精度は不要ですね、
製品の外寸を測定したり、公差を評価したりするのに使わないのなら、直尺は校正しなくても構いません。

2.通常ISOだと年1回だと思います。社内規定を作って管理しているはずなので、規定上毎年としているのなら、メーカー指定が2年や3年に1回の測定器であっても毎年校正します。
分野によっては...続きを読む

Q2月の消費支出 前年同月比-3.8% これ明らかに大不況だろ? http://www3.nhk.or

2月の消費支出 前年同月比-3.8% これ明らかに大不況だろ?
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170331/k10010931921000.html

総務省が発表した家計調査によりますと、2月の家庭の消費支出は、1人暮らしを除く世帯で26万644円と、物価の変動を除いた実質で、去年の同じ月を3.8%下回りました。
去年の2月がうるう年で1日多かった影響を考慮すると、実態として1年6か月連続の減少となりました。

Aベストアンサー

単なる統計でしかない。
直接的な影響はありませんが…
なんか、ありましたか?

Q機器校正料の仕訳について

ガス検知器などの校正を製造メーカー等に依頼した場合、その構成費用はどの勘定科目を使用すればよいのでしょうか?
詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

私ん所は支払い手数料でやっていますけど。

Q売上と構成比

例えば店舗内で部署がA~Eの5つあるとして部署Aの売上が39万5,000円で構成比が17.2%だった場合、部署Aの売上額と構成比の数字だけで店舗全体の売上を出す計算式はありますか?
上司からこの2つの数字だけで割り出せるからと言われましたが自分では分からないので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

395000÷17.2%=2296511 (千円単位だと)229万7000円

QpH計の校正について

普通、pH校正用の標準液には7,4,9がありますが、7で校正した後4の校正をして終わりにしていました。先輩が、おしえてくれたので。これを4と9,7と9ではいけないものでしょうか?私が計る検体はpH4~9くらいです。2点より3点校正のほうがの方が、よいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

7,4,9と三点校正した方が精度が上がります。
それも一回よりも二回繰り替えした方がいいですね。

私も使っていますが、邪魔くさいものでついつい7と4だけで済ましてしまいます。でも一週間に一回は校正しているので、これでいいかなと思っています。

Q時価総額構成比って?

経済素人にどなたか分かりやすい解説をお願いします。

日経新聞2/27(金)に「トヨタ・ホンダの時価総額構成比が上昇」と出ていま
した。
時価総額ならなんとなく理解できるのですが、時価総額構成比になると
意味がよく理解できません。この記事の内容を見た方で、内容を説明
できる方いましたら、回答願います。

Aベストアンサー

はじめまして。

確か、あの記事は「世界の自動車メーカーの株式時価総額の総計に占める各メーカーのシェア」だったと思います。

つまり、トヨタ、ホンダ、マツダ・・・ダイムラー、プジョーシトロエン、フォルクスワーゲン、フィアット・・・GM、フォード、クライスラーなどの株式時価総額を合計して、そこに占める有力メーカーのシェア(構成比)の変化を比較・分析していたように記憶しております。

当然のことながら、GMの「時価総額構成比」は大きく落ち込み、相対的にトヨタやホンダの「時価総額構成比」は上がっています。この「時価総額構成比」は、こうした業界全体の分析に使われるツールであり、個別企業の財務分析に使われるものではありません。

参考になれば。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング