人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私は現在、都内に2×4の3階建て戸建住宅を某ハウスメーカーにて新築中の者です。現在基礎工事がほぼ完了し、これから土台(404)の据付けに入る段階ですが、基礎部分の防水について心配な点がありますので詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか。
週末に現場を確認したところ、基礎の内側部分に雨水が深さ1cm程溜まっており、その水が、べた基礎スラブ面と立上り基礎(GLからH=300)との継目部分から外側へ浸み出しているのが3箇所確認できました。基礎の外側は、その濡れている部分以外は全て乾いた状態でした。さらに、その染み出ている部分には、型枠の際のセパレートの金具と思われるものが錆びた状態で顔を覗かせてました。この点をジー○ホームに確認した所、「内側から外へ漏れたとしても、外側から内側へ雨水が浸入することはありえない。施工の許容範囲であり問題ない。セパレート金具は錆びても躯体に影響を与えるものではない」ときっぱり否定され、「長期的に鉄筋の錆びを早めることにならないか」との私の質問に対しても、この程度では全く問題ないとの回答でした。ただここは地盤面が周辺より若干低く、私としては心配なため、暫らく施工を見合わせるよう指示を出しております。このHメーカーの主張は本当に正しいのでしょうか。どなたかアドバイスただけたら幸いです。ちなみに、べた基礎スラブ面はGL+50mm、基礎立上り天端の巾は16mm、高さは300mm、タテ筋は、D10が200ピッチで入ってます。コンクリ2度打ちの際のレイタンスの除去等は行ってないそうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

鋼製型枠を使用する場合はいつも問題になります。


外部の床(土間)面が打ち継ぎ面より50mmぐらい低いのであれば水は入りにくいと思われます。
しかし打ち継ぎ面より高くなる場合は水が入ってくるでしょう。その様な事が考えられるのであれば対策をしないといけないでしょう。
外部の床が高くなる場合は基礎に接する様に溝を作り
溝の底が打ち継ぎ面より下になるようにする必要があります。溝より外は土留めをして土を盛ればよいです。
また根本的に防水する事も考えられます。
方法として、セパレートの金具をサンダーなどで切り飛ばし、地下室などで使う強力な防水材を塗ってから、その上にモルタルなどの仕上げをするなどが考えられます(点状)。この方法は私も行ったことがあります。理想は、打ち継ぎ面の止水を行って、その上で上記の処理をするなど2重、3重の対策を本来なら採るべきでしょう。
継ぎ面の止水はされていない様なので打ち継ぎ面全て(線状)に防水処理をしたほうが良いでしょう。

この問題を無視してしまう施工者もいるようですが、重要な問題です。
「城東テクノ」と言う会社のサイトの一口メモと言うコーナーにもこの問題が取り上げられています。(登録しないと見れないかもしれません。)

外部床面が高くならないようにするのが一番簡単な対処方法だと思います。その場合も玄関や勝手口部分は問題になりやすいですが、庇を付ける等して水を寄せ付けないようにするのも方法です。勝手口などの外部踏み石は建物と踏み石の間に数センチの隙間を開けるのも方法です。溝のかわりになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。さっそくハウスメーカーと相談したところ、無償で防水モルタルという方法で基礎底盤と立上り部の打接ぎ部分を防水処理してもらう方向になりました。

お礼日時:2006/10/10 21:54

セパレの高さが+10ぐらいの所だと微妙かも


高さ次第とコンクリの打ち方次第と思いますが

金属とコンクリの接地面から内部に伝わる可能性はある。
実際床下もぐるとシミが多々ある。(水の後)



3箇所の通り道は気になるけどね・・水抜き穴ではないよね?
基礎の仕方次第ですけど。

欠陥ってことではないですね。

壁際に間違っても囲って植木などで土盛らないようにね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。欠陥って事は無いみたいですが、3箇所の漏水部分はいずれも錆びたセパレート金具付近からです。理想形はやはり水が抜けない事だそうですが・・。

お礼日時:2006/10/10 22:01

問題なしと私は考えます。


・セパ穴処理
セパ穴処理はモルタル等で巾木を仕上げるのであれば、特別な処理は必要ないです。

・錆の進行が早まる?
錆の進行は気にする必要はないです。金具の錆を気にするくらいなら、かぶりが十分取れているか、念入りに検査するほうが大切です。(打設後ではできませんけども)

・水の浸入について
常時水を張るわけではないので、気にする必要はありません。スラブ(土間だと思いますが)の水たまりを雑巾なりで処理し、乾燥させたのち、施工すればよいかと思います。床板張る前に土間部の乾燥を確認することで事足ります。

・地盤高さの心配に関して
地盤が若干低いということですが、土間に水が進入するほどの水が外部にあれば、まず間違いなく床下浸水しますから。ですので、地盤の低さで心配であるなら、フロアレベルを上げることでしか解消はされないと考えます。

最後に誠実に回答を業者がしているので、それに対して信頼してあげてはいかがですか。信頼関係が家造りには欠かせません。回答もせず、のらりくらりする監督さんよりはよっぽどよいかと思います。信じてあげたらいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。私も業者との信頼関係が一番大事だと思っているのですが、ここまで来るのに4回も大きなトラブルがあったので疑心暗鬼になってしまっています。そのトラブルは、私が指摘して初めて分かった業者のミスや嘘なんです。契約解除も考えましたが係争も面倒くさいし工期もあるし騙し騙しここまで来たというのが本音です。

お礼日時:2006/10/10 22:10

セパの穴埋め処理及びレイタンス処理を行わないと、その部分が水の通り道となります。



手抜き工事とは言いませんが、この業者は結構いい加減ですね。今から、防水処理をしてもらってはどうですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。業者曰く「レイタンス処理なんて初めて聞いた、そんな方法どこもやってないですよ。」でした。
相談の結果、何とかモルタル防水処理で対処してもらうことになりました。

お礼日時:2006/10/10 22:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基礎の打継ぎ部の止水用コーキングについて

昨日、スラブと立上りの基礎(ベタ基礎)の打設が終わったところです。
基礎形状は逆T型でスラブはフーチングと同レベルです。
スラブ面が地盤面よりも600mm程下がった位置(凍結深度)にあるので、止水板の設置をしてあります。
そこでスラブと立上りの打継ぎ部分の外周部土側に「コーキング」を施工すると止水が万全になると聞いたのですが、これは一般的な樹脂製のコーキングの事なのでしょうか?
それとも埋め戻されて地盤内に入る部分なので、専用の物があるのでしょうか?
それともモルタルの事なのですか?
樹脂製の場合、シロアリにやられたりしたりしないのか疑問があります。
実際に施工した状態を見た事がありませんので、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問の方は建設関係者の方でしょうか。

一般的にコーキングの耐用年数は5年程度です。
劣化はほとんど紫外線ですが
土の中でのコーキング使用についてはお守り程度の話ですね。

また、そのコーキングの意味が仮に基礎の変形による割れ防止
とするならばコーキングは適していません。
ゆえに何をする為のものであるのかを考えることで必要であるか、
否かが判断できると思います。

当社でも経験がありますが、そのような設計指示的な図面を
みたことがあります。
しかし、実務ベースでは必要か不要かは施工状況及び
周囲の環境によってだと思います。

例えば、池が付近にあるなどの水に対するケアとしてであれば
考える必要性が多少あるのではと。

その使用目的によって、コーキングの材料は決まりますが
基本的にはRCに付着するかどうか。によるでしょう。

シロアリについて心配されていますが、それは防アリコーキング
となります。
防アリが目的ですから、基礎の割れについては補足的要素です。

参考になればよいですが。

御評価頂ければ幸いです。

質問の方は建設関係者の方でしょうか。

一般的にコーキングの耐用年数は5年程度です。
劣化はほとんど紫外線ですが
土の中でのコーキング使用についてはお守り程度の話ですね。

また、そのコーキングの意味が仮に基礎の変形による割れ防止
とするならばコーキングは適していません。
ゆえに何をする為のものであるのかを考えることで必要であるか、
否かが判断できると思います。

当社でも経験がありますが、そのような設計指示的な図面を
みたことがあります。
しかし、実務ベースでは必要か不要...続きを読む

Q基礎打ち継ぎについて

現在新築中でベタ基礎で基礎工事を行っています。
立ち上がりを打設し7日後に型枠を外した後、
水を入れ、ブルーシートをかぶせ
湛水養生を行っているのですが、打ち継ぎ部分から
水が染み出しています。染み出している部分をみると
立ち上がりを打設する時の型枠の下部分を
とめる金具をつたって流れている感じでした。
基礎の外周全てに見られ
写真のような感じになっています
このような仕上がりは普通なのでしょうか?
工務店に聞いてみたところ、いつもの仕上がりとのことですが
 水が染み出す=貫通しているということで
耐久性や強度、鉄筋の腐食やシロアリの浸入
などが心配になっています。
 何か対策をとるべきなのでしょうか
ご意見、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

>このような仕上がりは普通なのでしょうか?
>工務店に聞いてみたところ、いつもの仕上がりとのことですが

普通ではありません。ひどい仕事です。

非常に残念な業者さんですね。これから先のことを考えると、質問者さんの家が心配です。

本当に良いコンクリートを打設すると防水は不要です。例えば、質問者さんのようなべた基礎に外周部立ち上がりを設置した場合、内部に水をためれば溜まります。蒸発とコンクリートに吸われる分以上には減りません。
 それでは、何故コンクリートの屋根等は防水をするのか? それは施工は必ずしも完璧ではないことと、竣工後、さまざまな要因でコンクリートはひび割れる可能性があるためです。
 参考URL:コンクリートに防水の必要な訳
http://www.nuk-pu.jp/Technote/UK27-tanaka.html

>水が染み出す=貫通しているということで耐久性や強度、鉄筋の腐食やシロアリの浸入などが心配になっています。

このままの状態で放置すれば、何年後かに鉄筋が錆びて腐食します。そうなれば手のうちようが無くなります。
 外部から打ち継ぎ部分をUカットシーリングしてもらいましょう。写真にある大きな欠け部分はジャンカと思われますので、ここは弱い部分を叩き落とした上でモルタル補修してもらってください。

業者を監理する建築士はいないのでしょうか?

お金が別途必要なのと業者には嫌がられますが、第3者の建築士による設計監理をお願いしたほうが良いと思いますよ。

>このような仕上がりは普通なのでしょうか?
>工務店に聞いてみたところ、いつもの仕上がりとのことですが

普通ではありません。ひどい仕事です。

非常に残念な業者さんですね。これから先のことを考えると、質問者さんの家が心配です。

本当に良いコンクリートを打設すると防水は不要です。例えば、質問者さんのようなべた基礎に外周部立ち上がりを設置した場合、内部に水をためれば溜まります。蒸発とコンクリートに吸われる分以上には減りません。
 それでは、何故コンクリートの屋根等は防水をするのか?...続きを読む

Q木造ベタ基礎立上がりの打ち継ぎ処理

ベース打設後に立ち上がりを打ち継ぎますが
このときベースをGL+5cmほど上げるのが一般的ですが
外構で勾配がつく場合や隣地GLとの取合いにより
場所によっては打ち継部よりも外構仕上がり面の方が
上になってしまう場合があります。
昔建てた我家がそれにより大雨が降ると階段下の物置部分の
外壁面屋内側に水が染み出てきてしまっています。

これを避けるために打ち継部の漏水対策はどのように考えればいいでしょうか?
住宅で止水板とか入れてるとこ見ないですし、なにか対策はされてますか?

Aベストアンサー

私の取引先の建売住宅を供給している不動産屋さんから何か月か前に相談を受けたことがあります。後打ちした玄関ポーチに接する基礎の打継部から建物内部に浸水しているという相談でした。同じようなケースでも浸水していない現場もありました。浸水している方は、ポーチ周りに立ち上がりがありポーチに降った雨が耐圧版のの上に溜っている状況であった可能性もあります。外部が、耐圧版より高くなるようでしたら、住宅においては一般的ではないですが止水板を打継部に入れておいた方が良いと思います。

Q基礎コンクリートの打ち継ぎ

みなさんこんにちは。このサイトのお力を借りて無事我が家も竣工となりました。ありがとうございました。

いろいろな質問/回答を読んだ上で未だに疑問に思うことがあるのですが、例えば布基礎を、底盤→立ち上がり部の2段階で作る場合、最初に打設する底盤コンクリートの養生期間は十分確保するのが理想なのでしょうか。打設直後に立ち上がり部型枠設置作業を開始すると何だか立ち上がり配筋の根元あたりと底盤コンクリートの間に隙間ができそうな気もしますし、逆に底盤コンクリート打設後のんびりと3-4日の養生期間をおいてから型枠を外して立ち上がり部の作業に移ると、時間があきすぎて底盤と立ち上がり部との打ち継ぎ部の接着不良が生じやすい、と理解できる回答も見受けられました。

理想的にはどうするべきと思われますか?底盤コンクリート打設後は型枠を外さないままコンクリートがある程度硬化したらすぐに立ち上がり部の作業を開始すべきでしょうか?

Aベストアンサー

masatobbさんの説明に誤りがあり専門家意見と思えませんので書き込ませていただきます。

コールドジョイントとは簡単に説明しますと計画していない打継ぎ目の事で、「コンクリートが硬化してから立ち上がり部のコンクリートを打設するとコールドジョイントという問題が発生します。」は誤りです。
「1回の打設中、生コンが前に打ち込まれたコンクリートの上に後から重ねて打ち込まれた時にコンクリートが一体化せず打ち継いだ部分に不連続な面が生じることをいいます。」

> 例えば布基礎を、底盤→立ち上がり部の2段階で作る場合、最初に打設する底盤コンクリートの養生期間は十分確保するのが理想なのでしょうか。

十分とは28日強度でしょうか?
必要な強度発現や型枠の解体時期は季節により違いますが1週間程度でいいと思います。

> 底盤コンクリート打設後のんびりと3-4日の養生期間をおいてから型枠を外して立ち上がり部の作業に移ると、時間があきすぎて底盤と立ち上がり部との打ち継ぎ部の接着不良が生じやすい、と理解できる回答も見受けられました。

chappy31さん回答のとおり、打ち継は処理を施せば大丈夫です。
建築工事は化粧を施す事が多く(打ち放しは少ない)民間工事が多い為に誤った知識が横行しているように思えます。
コンクリの仕上げや強度等から言えば次の日に脱枠、立上り型枠組立などありえません。
コンクリートは性質上ゆっくりと硬化がすすみます。
硬化初期に荷重や衝撃を掛ける事は後のクラック誘発の要因となります。

> 理想的にはどうするべきと思われますか?底盤コンクリート打設後は型枠を外さないままコンクリートがある程度硬化したらすぐに立ち上がり部の作業を開始すべきでしょうか?

底盤コンクリート打設後は型枠を外さないまま1週間ほど養生をして立ち上がり部の作業に入ってもらえばよいと思います。

生コンクリートですが(水セメント比55%以下)混和剤等を使用して極力小さい数値の使用をしてもらうのがベストです。
これは基礎巾を増すのと同等の効果があるためです。
建築基準法では、かぶり厚の規定は設けられていますが、水セメント比の規定はありません。(品質を左右するのにおかしいですよね)
また品質の規定には土木と建築では違いがありますのでご注意ください。

masatobbさんの説明に誤りがあり専門家意見と思えませんので書き込ませていただきます。

コールドジョイントとは簡単に説明しますと計画していない打継ぎ目の事で、「コンクリートが硬化してから立ち上がり部のコンクリートを打設するとコールドジョイントという問題が発生します。」は誤りです。
「1回の打設中、生コンが前に打ち込まれたコンクリートの上に後から重ねて打ち込まれた時にコンクリートが一体化せず打ち継いだ部分に不連続な面が生じることをいいます。」

> 例えば布基礎を、底盤→立ち上が...続きを読む

Q新築なんですが基礎の中に水が・・・

 みなさんにご教示お願いいたします。
 
 今年6月に工事完成、鍵渡しがあってあたらしい家に3か月近く住んでいる者です。
7月中旬頃、一階和室の畳からカビが発生してきました。はじめは畳の不良かと思っていましたが、
住宅メーカーの人に確認してもらったところ、基礎の中に水が溜まっていました。一階部分すべて
の部屋や廊下の床下基礎内に数ミリ~2cm程度の水たまりです。(大手住宅メーカー・木造・ベタ基礎)
和室の畳の下のべニア合板はカビが多量に発生して湿り気が帯びていること。床を支えている一階床下のすべての柱類も青カビが発生しています。
 メーカーの対応としては、これまで基礎の中の水の除去、送風機による乾燥、乾燥材の全面設置が終わり、畳の取り換えが終了しています。これからの作業は合板の腐食確認のために、合板を一部くりぬいた和室の合板の取り替えがあります。ただし側面のクロスも剥がさないといけない大工事のようです。ただし和室以外の部分の床の下にあるべニア合板については、取り替えのまだはっきりした返事がありません。ここまでの修理をするならもう一度建てなおしてもらいたいと伝えましたがこれも返事がまだありません。和室は腐りかけているべニア合板を取り換えることでよくなると思いますが、基礎の中すべてに水が溜まっていたことを考えると他の一階部分の床の耐久性が今後心配です。
 同じ金額を支払って満足に暮らしている人もいれば、私の家のようにつぎはぎ大工事修理を新築数か月で余儀なくされるかもしれない・・・納得がいきません。金額は融資がおりたので全額支払いました。

ここでお知恵のあるみなさんにお聞きしたいのですが、私としては建て替えを望みたいたいのですが無理でしょうか。最低でも一階すべての床下のべニア合板の取り替えは可能でしょうか。
家族の中には、建て替えが無理ならば、べニア合板すべて取り替えたうえで、慰謝料をもらうべきだと言っている者もおります。それは可能でしょうか。

(補足・引き渡し後、メーカー側は10回ほど来られております。なかなか落ち着かない日々が続いています。和室以外のべニア合板は、化粧フロアと発砲スチロール(断熱)の間に挟まれているので腐食の程度は確認不可です。)

 みなさんにご教示お願いいたします。
 
 今年6月に工事完成、鍵渡しがあってあたらしい家に3か月近く住んでいる者です。
7月中旬頃、一階和室の畳からカビが発生してきました。はじめは畳の不良かと思っていましたが、
住宅メーカーの人に確認してもらったところ、基礎の中に水が溜まっていました。一階部分すべて
の部屋や廊下の床下基礎内に数ミリ~2cm程度の水たまりです。(大手住宅メーカー・木造・ベタ基礎)
和室の畳の下のべニア合板はカビが多量に発生して湿り気が帯びていること。床を支えている一階...続きを読む

Aベストアンサー

建て替えは難しいですね。
隠れた瑕疵に該当してしまうと思います。
当然、修繕は施工業者の責務なので、しっかりと対策を取らなくてはいけないです。

1階の下地並びにフローリングの貼り替えは、対応してもらえると思います。
床下の断熱材も、入れ直しが良いと思います。
家財の保管場所の問題は有りますが、防蟻・防腐処理は再度おこなった方が
良いと思います。

ここからは、交渉ですが、慰謝料を取るくらいなら、床下の換気効率を高める機械の設置や、
調湿の炭や竹炭を敷く、調湿材を敷く といった作業を要求すべきです。
確かに、精神的な苦痛はわかりますが、私の経験上、
慰謝料という言葉は、決別しか生みませんので、金だけ払ってあとは知らない
という状態への道は避けた方がいいです。

原因についてですが、ほかの方も書かれているように、キッチリ調査が必要です。
事例として、給水配管の接続ミスがあげられますが、
最近は、水道業者さんは圧力試験をおこって、空気が漏れていないか
をチェックしているはずなので、水道業者さんが直接の原因である事は極めて稀です。
なお、通常排水の接続ミスは聞いたことありません。
仮に排水の接続ミスであれば、臭気が上がってくるはずなので、
すぐわかるとお思います。下水につながっていれば、相当臭いはずです。

水道業者さんが原因ではない事例として、
給水管に穴が開いてしまうことがあります。
フローリングを張るときに、隠れている給水・給湯管に釘を刺してしまった。
外部に給水を設けており、壁体内を管が通っており、たまたまその管に釘が当たってしまった。

2センチの水たまりがサッシ等から差してくることはないと思いますので、
いづれかが原因と思います。

原因が分からないと、誰が悪いの判断ができませんが、
7月中旬から10回は、紳士的だと思います。
毎週1回はきちっと顔を出しているのでしょう。伺いづらいと思いますし、
なかなかできることではないと思います。(あくまで個人的な意見です。)
但し、手抜き施工ならば、問答無用で業者の責任です。
その場合は、法的措置が必要かもしれません。

瑕疵の保証は購入者の権利であり、請負者の責務です。
出来れば、除湿工事として、床下換気機器の設置や、竹炭等の措置をしてもらうように
交渉を行うのが宜しいかと思いますがいかがでしょうか。

もと現場監督の一級建築士です。

建て替えは難しいですね。
隠れた瑕疵に該当してしまうと思います。
当然、修繕は施工業者の責務なので、しっかりと対策を取らなくてはいけないです。

1階の下地並びにフローリングの貼り替えは、対応してもらえると思います。
床下の断熱材も、入れ直しが良いと思います。
家財の保管場所の問題は有りますが、防蟻・防腐処理は再度おこなった方が
良いと思います。

ここからは、交渉ですが、慰謝料を取るくらいなら、床下の換気効率を高める機械の設置や、
調湿の炭や竹炭を敷く、調湿材を敷く といった作業を...続きを読む

Q戸建住宅駐車場の傾斜は何%にすれば良いの?

新築戸建の着工を11月17日に控えていますが、外構部分の打合せがやっと昨日始まったところで、いきなり難題が発生!
「駐車場スペースの傾斜は2.8%で良いですか?」というものです。
初めての経験で見当がつかず、決めかねています。そこで、皆様のご意見を是非お伺いしたく投稿してみました。
駐車スペースは縦列駐車型で全長11m。入口部分を±0とすると最終的に+30cmになります。
私達の希望は、なるべく平に近い状態で作りたい。という事です。
積雪地域(積もっても15cmぐらいですが)の為、スリップは避けたいと思っている為です。2.8%は急坂の方ですか? また何か良い案をお持ちの方は是非教えて下さい!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

駐車場の傾斜としては、1/100だとかなりゆるくて排水がきちんとなされにくいほどになります。見た目は全く平坦です。ただこれだと傾斜がゆるすぎるので、水があまり流れずにたまるところが生じる可能性があり、寒冷地では逆にそこが凍ることも考えられますので、もっと傾斜させた方がよいです。

故に傾斜は2~3/100程度は欲しいところです。提案では2.8%(2.8/100)とのことですから、見た目はほとんど平坦に近く、通常傾斜を感じることはないけど、水は流れるので駐車場にたまってしまうことは避けられるのではと思われます。

Qベタ基礎の高さは40cmは必須?

現在、家を建てようとしている者です。
基礎の高さについて質問します。

公庫の仕様だと、ベタ基礎の高さはGLから40cmと聞いています。

家の2Fの天井までの高さを255cmほしいと工務店にお願いしたら、基礎の高さを40cmから30cmにしては?と言われました。

30cmだと点検に人が下に入れないし、湿気などの問題もあるかと思いますが、具体的にどのような問題が考えられますか?35cmだとどうでしょうか?

Aベストアンサー

デザインやいろいろな条件でこの基礎の高さは
変わるものですが、

このGLから40cmというは、バランスのとれた寸法とは
言えると思います。

質問者さんが言われる通り、点検の人が通るには、これぐらい
はないと、シンドイですね。
世の中には、大きい方、小さい方、いらっしゃいますが
一般的な体格の方が床下に入るには、これぐらいないと
キツイのは現実です。

よって、「35cmだとどうでしょうか?」というのは微妙で
要は小柄な方なら大丈夫と言えますが、
なかなか、排水が詰まった時に、その会社に、そういう方がいる
という必然性はないです。
***********************************************
でも、世の中には、もっと低い家は沢山あります。

結局、メンテナンスの事を考えないという家も
ありますし、(上部の排水管から、直接メンテナンスするとか
方法もありますしね)基本、昨今、カンタンにつまらないという
現状もあります。

コンクリートの床の場合の事を考えれば、想像できますよね。
所々に掃除口を設ける場合もありますが、結構、コンクリートの
中に埋設されているケースもあります。

ただ、基礎の高さは40cmよりは、メンテナンス性は低いと
言えます。
『結局は、メンテナンス性の高いものを選ぶか
低いものを選ぶかです。』

どういう状況になろうと、それなりには、対応できるものでも
ありますが、容易に維持管理できるというのは、家の寿命を
延ばせるとも言えます。(カンタンにメンテできるは
いろいろ対応できますからね)

後、これは、住宅で特に注目されませんが、
ベタ基礎の高さは、強度に影響はしています。
基本、基礎の高さは、コンクリートの梁とも考えられるので、
鉄筋とのバランスはありますが、高い方が強い傾向にあるもの
であります。

なのでこの40cmというのは、コストや性能から考えて
バランスが良い数値と言えます。

他の規制がなければ(高さ制限とか)、
下げずに、40cmぐらいが無難という数値です。

でも、考え方により。床下なしにもできるのも
現実です。

デザインやいろいろな条件でこの基礎の高さは
変わるものですが、

このGLから40cmというは、バランスのとれた寸法とは
言えると思います。

質問者さんが言われる通り、点検の人が通るには、これぐらい
はないと、シンドイですね。
世の中には、大きい方、小さい方、いらっしゃいますが
一般的な体格の方が床下に入るには、これぐらいないと
キツイのは現実です。

よって、「35cmだとどうでしょうか?」というのは微妙で
要は小柄な方なら大丈夫と言えますが、
なかなか、排水が詰まった時に、そ...続きを読む

Q基礎が地面の中でいいのですか?

現在、あるハウスメーカーで40坪の2F建て木造住宅を建築予定です。
そのメーカーはベタ基礎が標準で基礎の高さは43cmです。
建築建築予定地は100坪の畑で、GLから-10cmで、個人的には最終的にGL+20cmにしたいと思っています。
その為、GL+20cmとなるよう盛り土をし、転圧をかける話をメーカーにしたところ、「盛り土をしても家の重さでGL±0くらいまで沈む。どうせならベタ基礎等での建設残土の費用が発生しないように、まずはGL±0となるように、盛り土と転圧をし、その上に家を建て、余った残土+足りない土は購入し、これを建物の周りにまいてGL+20cmにしたほうが良い」と言われました。
という事は、地面から出てる基礎の高さは23cmのみで、残りの20cmは地面にもぐっている事になります。
これで問題無いのでしょうか?また建築が済んでから土をまいて、転圧をかける事に問題は無いのでしょうか?アドバイスお願いします(ToT)

Aベストアンサー

ご質問者が考えている通りであれば、#4番さんの言われる通りそのハウスメーカーの発言はふざけた話しなんですが、私も#3さんと同じく勘違いをしているのはご質問者ではないかという気がします。
ただ「盛り土をしても家の重さでGL±0くらいまで沈む」ということはあってはならないので本当に「家の重さで」というフレーズをその担当者が本当に言ったのか、それともご質問者が付け加えただけなのかがわからないのですが。

基礎の一部は必ず地面下になければなりません。これを根入り深さといい、ベタ基礎の場合は、GLより下に12cm以上必要です。そしてその上でGLから43cmでるのです。だから基礎自体は基礎底から55cm以上の高さがあります。
また、基礎の下は土ではなく砕石を10cm以上は入れます。つまり現在GL-10cmという状況であれば、一例として最終GLを+20にするとして工程を考えると、

1.割栗・砕石で15cm積み転圧(これでGL+5cm)
2.捨てコン5cm(これでGL+10cm)
3.ベタ基礎スラブ15cm打設(これでGL+25cm)
4.立ち上げ40cm打設(立ち上がり天端でGL+5cm)

なお、ベタ基礎の値入部分は更に深く入れてスラブが厚くなりますからその分の廃土が発生しますので、それは周囲の地盤を高くするために使用しましょう。

こうするとベタ基礎の内部のスラブ面はGL+25cmと周囲の予定地盤の高さGL+20cmより5cm高くなり、無事完成です。

なので初めに盛土する必要などどこにもありません。GL-10cmをスタートにすればよいのです。場合によっては更に少し掘るかもしれませんよ。
通常は基礎工事では逆に一度地面を15cm~20cm掘ってから砕石・転圧していきます。ラッキーなことに初めから下がっているので掘ることによる廃土の心配が要らない分、安上がりに出来るでしょう。

では。

ご質問者が考えている通りであれば、#4番さんの言われる通りそのハウスメーカーの発言はふざけた話しなんですが、私も#3さんと同じく勘違いをしているのはご質問者ではないかという気がします。
ただ「盛り土をしても家の重さでGL±0くらいまで沈む」ということはあってはならないので本当に「家の重さで」というフレーズをその担当者が本当に言ったのか、それともご質問者が付け加えただけなのかがわからないのですが。

基礎の一部は必ず地面下になければなりません。これを根入り深さといい、ベタ基礎...続きを読む

Q半地下部分防水方法について

木造2階建て住宅を建築予定ですが、一部に半地下部分(900の高低差)があります。
ベタ基礎(高基礎)

何らかの防水処理が必要ですが、大掛かりな防水は避けたいため何か良い防水方法がないか調べているところです。

屋内側には(RC部分)ボード系断熱材、(木軸部分)充填断熱+胴縁+合板もしくは石膏ボード塗装仕上げの予定です。
(土台レベルが床レベルよりも上です。)

【無機質浸透性コンクリート防水(コンクリート改質剤)】という防水方法がある事を知りました。
同様の防水方法が多数のメーカーから出ているようです。

簡易な方法である事、部屋内のスペースを削る必要がない事等とても魅力を感じていますが、実際のところどうなのでしょうか?

地下水位の影響等はなさそうです。

他にお勧めの防水方法がありましたら紹介下さい。

Aベストアンサー

NO2です。追記致します。

1)地下水位について
 イ:サウンディングをされていれば、その業者に問い合わせれば、
   解る、可能性があります。

 ロ:最寄りの行政庁で地下水位の資料がある可能性があります。
   (但し、大きい市町村)

 ハ:付近の小川、側溝、農業用水路、水田等から、類推出来る場合があります。

 ニ:一番確かなのはボーリング屋ですので、知り合いの伝手を探す手もあります。

 ホ:根性で、掘って見る手もあります。
   (900ミリなので)

 (注意点)地方によって、季節により地下水位が変動します。これは、融雪水の
      影響で、雪国の場合です。(4~6月、高い)

  お話の状況からは、多分、地下水位は問題の無いレベルのように感じます。

2)防水について

 コンクリート防水:コンクリート防水と言う防水手法があります。ただしこれは、
          水セメント比が非常に低い、マスコンクリートに適する工法で
          住宅や建築で使う流動性のあるコンクリートでは出来ないと思います。
          このコンクリート防水に流動化剤や膨張財を混入させ、作業性を
          向上させたものは有るかも知れません。
          (コンクリート防水=躯体防水)

 無機質浸透性コンクリート防水
         :申し訳ありません。勉強不足で解りません。
          この表現には、浸透性の何かを防水機能として付加する、と言う意味と
          コンクリート防水の意味が混在しています。

 浸透性(塗布)防水:
          これはNO4の方が言及されている「パラテックス」等の防水の
          事で、本格的な防水では有りませんが、結構古くからある防水で
          水量が少なければ、ある程度信頼できます。(大関化学)

3)その他
 イ:設計図書を拝見しないまま言うのも何ですが、中庭には、排水設備を設置されるよう
   お勧めします。中庭に対する降水量を考慮する必要があります。
   水平面積の他、壁面積に対する降水量、或いは、屋根からの集中豪雨による溢れ
   等、結構、危険が内在していると思います。

 ロ:くれぐれも「止水板」を忘れ無いように。躯体の一番の弱点は打継目地です。
   それと、亀裂誘発目地(3メートル以下毎)、ピーコン処理、の3点が確実に
   施工されれば、水圧がかからない所では、大きな問題とはならないと思います。
   上記の浸透性防水の使用は、それでも入って来るかも知れない水への「念のため」
   防水です。

 ハ:工務店には、どんどん相談するべきです。お互いに調べて、勉強して、納得出来れば
   意思疎通にもなり、良いものが出来ると思います。

取り急ぎ、ざっと、書かせて頂きました。

頑張って、良い住宅を設計、完成されることを、お祈りいたします。



 

NO2です。追記致します。

1)地下水位について
 イ:サウンディングをされていれば、その業者に問い合わせれば、
   解る、可能性があります。

 ロ:最寄りの行政庁で地下水位の資料がある可能性があります。
   (但し、大きい市町村)

 ハ:付近の小川、側溝、農業用水路、水田等から、類推出来る場合があります。

 ニ:一番確かなのはボーリング屋ですので、知り合いの伝手を探す手もあります。

 ホ:根性で、掘って見る手もあります。
   (900ミリなので)

 (注意点)地方によって...続きを読む

Q大雨によりベタ基礎内に雨水が浸水

昨日の大雨により洪水(GLから40cm~50cm)が起きました。
土地が低いので数年に1回程おきているのが現状です。

新築した家(竣工から1年半)も洪水対策で基礎を高くしてあります。
ベタ基礎の基礎高仕様(基礎高さ1.6m)です。

工務店側には建設前から洪水時が起きる土地なので、基礎の中には洪水時の水が浸入しないようにしてくださいと言って(文書等の書いたものなし)はありましたし、棟梁も「1.6mの洪水が起きない限り基礎の中には水が入りませんよ。」とは言われてました。

ですが、昨日の洪水により基礎の中には現在でも数cmの水が溜まっています。

家が出来て引き渡しから1年と半年ですが、工務店側負担にて改修をしてもらうのが当然なのでしょうか?
それとも引渡しが済んでいるので当方負担にて改修するのでしょうか?

工務店側とはこれからも長い付き合いなので無理は言えませんが、どのように対処すればいい結果になるのでしょうか?

いいお知恵を授けてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

棟梁ねえ。大工の棟梁に木工事ならともかく基礎工事のことを聞いても確かな答えは残念ながら返ってこないと思います。設計者に要望を伝えた事でどのような対策をしたのかということが具体的にわかりませんので回答もちょっと正しくアドバイスできるかどうかわかりませんが・・・

ちなみにコンクリートは防水材料ではありません。
ただ、、じゃんかやうち継ぎからどんどん水が入るということもあるようです。

さて、ベタ基礎には水抜き孔を設けます。
事故で浸水した場合も(洪水だけでなく内部水道などの事故も)自然排水が期待でき構造材が早く乾燥できるからです。
ですから洪水で水が上がってきてしまえばいったんは水浸しです。そうしないと水の中にムリヤリ空間が入り込んだ形となり基礎ごと浮力がかかる事にもなります。浮力を考えて重い設計にしてない時は水をいったんは基礎内に取り込むことはやむをえないけど安全策ともいえます。
洪水時地下室などは浮力を受けています。

部屋でなく基礎ということでしかも、数年に1度なら完全防水にすることもなく(今からは無理だろうし)事故後の排水乾燥を促すのがいいのではないでしょうか。普通はベタ基礎はほぼ平らにスラブを打ちますが、水を抜く孔に向かって水勾配をとる方法はどうだろうかと思います。あとは、洪水後に送風機を持ち込めるようにするなどの方法です。

瑕疵保証という意味では保証範囲になるべき雨水の浸入する・・部分は屋根と外壁のみのようです。同じく保証範囲の構造耐力上主要な部分に基礎は含まれますが、じゃんかや隙間がないようなら構造欠陥とは認めにくいと思います。なので、家の耐久性をどのように保つつもりで設計をしたのか、それが反映されていないのではないかというところで業者と相談ということになるのではないかと思います。

以上により設計者がそのあたりをどう考えて一般工事と違う工事をしたのかよく確かめながらご相談してみて下さい。

棟梁ねえ。大工の棟梁に木工事ならともかく基礎工事のことを聞いても確かな答えは残念ながら返ってこないと思います。設計者に要望を伝えた事でどのような対策をしたのかということが具体的にわかりませんので回答もちょっと正しくアドバイスできるかどうかわかりませんが・・・

ちなみにコンクリートは防水材料ではありません。
ただ、、じゃんかやうち継ぎからどんどん水が入るということもあるようです。

さて、ベタ基礎には水抜き孔を設けます。
事故で浸水した場合も(洪水だけでなく内部水道などの...続きを読む


人気Q&Aランキング