量子力学を、まじめに勉強しようと思っていますが、どの本を読めば
系統立った理解がえられるのでしょうか?私は、40歳のエンジニアです。
大学が、工学部ですが、物理学の基礎を少しやっただけで、知識は高校物理並です。数学は、少しは自身があります。巷の素人用ではなく、数学的
展開も理解できるものがほしいのですがよろしくお願いします。
 何冊でいいですし、シリーズものでもOKです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

グライナーシリーズには相対論や場の量子論も入っています。

ですからそれを読み終わった後に、ミチオカクではなくてpolchinski のstring theoryの(1)と2を読むのがよろしいでしょう。量子力学だとdirac shiff j.j.sakurai.
量子場の理論ではpeskinのan introduction to quantum field theory
相対論だとシュッツの相対論入門が良いでしょう(上下巻です)
まあ、ひまなときに他にも紹介できますから。もしもその気があれば補足にでも書いてください。ちなみに川合光さんの本は群論的手法の入門になると思います。日本で一番か二番に頭の良いとされている方の書いたものですから。グライナーのほうはシリーズなのでお勧めできます、その群論的手法もquantum mechanics;symmetry等に収録されています。あと繰り込み群がどうとか、群論がどうとかformも含めた幾何学がどうとか topology homology cohomology 中心的な話題ではないのかもしれないけど確率論的手法もあります。まあ結構あります。

でっ結局量子力学に話を戻しますと、図書館で借りるなり買うなりしてまあ何冊か読んでみないと世界像はつかめないと思います。主題の当て方や書かれた事代によっても違ってきますし。まあ、と入っても量子力学は根本的にはよくわかりません、シュレディンガー方程式でって出自は不明ですし。
    • good
    • 0

 朝永振一郎さんの「量子力学」などはいかがでしょうか?朝永さんは、ノーベル賞を受賞したことのある、日本を代表する物理学者です。

この本は、「当時の物理学者がどのような問題意識をもち、どのように考えて量子力学という学問を作っていったか。」という、多少歴史的要素を含めて書いてあります。また、朝永さんが書いた啓蒙書がたくさんあって「光子の裁判」など、量子力学を小説風に書いたものもあります。現在、朝永さんの著作集が発売されていますので、読んで見てはいかがでしょうか?
 その朝永さんが推薦しているのがディラックの「量子力学」です。朝永さん本人が翻訳を担当しています。難しそうで読んでいませんが、なかなかいい本なのではないでしょうか?
 あと、量子力学を勉強するにあたって「解析力学」の知識が必要になると思います。そこで高橋康さんの「量子力学を学ぶための解析力学入門」という本が非常に分かりやすかったです。また、他の方も推薦していた「物理入門」(駿台文庫)の著者である、山本義隆さん(この人の本は面白いです。)と中村孔一さんの共著である「解析力学」なども、(私はまだ読んでいないですが)いい本のような気がいたします。
 
    • good
    • 0

「本やタウン」

http://www.honya-town.co.jp/
で「M理論」を検索したところ、

「超弦理論とM理論」(シュプリンガー・フェアラーク・東京、ミチオ・カク、太田信義)
https://www.honya-town.co.jp/servlet/jp.co.honya …

というのがhitしました。これによると、「量子化」や「経路積分」などの知識が必要ですね。次に、「量子化」を検索すると・・・と順番にやっていけば、良さそうな本が見つかると思います。

それでは、頑張ってくださいね。

参考URL:http://www.honya-town.co.jp/
    • good
    • 1

1 ランダウリフシッツ 量子力学 ちょっと古い 


2 川合光 量子力学 
3 グライナー 量子力学概論

2か3がお勧めです記述もよく古くもありませんしファインマン シッフ 桜井 よりいいでしょう 個人的にはですが 後は書店で実際に開いてみるとよろしいと思います 1は有名なのですが やはり、記述も観点も古い印象をぬぐえません   でも、量子論は根本的な所でよくわからないけど............結局は。

ちなみに3はシリーズものです 3が良いような気もします
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。書店でさがしてみます。

お礼日時:2002/04/09 23:20

私が大学時代に愛用したのは、「技術者・工学者のための量子力学」野村昭一著 実況出版(株)です。


この本では、量子力学を数学的に取り扱う場合に必要な、

・演算子
・ハイゼンベルグ表示
・ブラとケット
・エルミート関数
・エルミート、ユニタリー
・etc..

などの基礎的な数学についての解説が豊富なので、数学的に学んでいきたい場合には良い本だと思います。

ハミルトニアンの概念などを理解するには、量子力学ではありませんが、「解析力学」を学ばれると、なぜ量子力学でハミルトニアンがエネルギー演算子となるのかなどが理解できると思います。(力学と量子力学の相似性をまなぶよい手がかりです)

あと、実務面で応用の場になると、「統計力学」も必要になると思いますので学ばれると良いでしょう。これは、量子力学に従う粒子が多数集まったときの振る舞いを統計的に扱うものです。これにより、もともとプランクが量子力学を考え出すきっかけになった黒体放射などを導出できます。
上記は基礎にしかなりませんので、showme2002さんがそのごどの方面の量子力学を学びたいのかで、次の本は変わってくるでしょう。

では。

この回答への補足

どうもありがとうございました。書店でさがしてみます。
また、最終的には、超紐理論やM理論を理解したいのですが
その筋道で必要な知識を吸収できるものをお教えください。

補足日時:2002/04/09 23:21
    • good
    • 0

まずは大学受験用の参考書(「物理入門」駿台、など)をご覧になって、量子力学の基礎的な部分を勉強するのが良いでしょう。



それが終わって少しわかるようになったら
「なっとくする量子力学」(講談社、都築卓司著)
で概論的なものが分かると思います。(数式も少し出てきます)

大学の授業では
「初等量子力学」(培風館、ポール・タウントン・マシューズ著、藤井昭彦訳)
を使っていましたが、私にはちょっと難しすぎました・・・。しかし、数学に自信がおありなら、これもありだと思います。

「量子力学の冒険」は、私も買いましたが、showme2002さんのように学術的に勉強したい方には物足りないかもしれません。

有名な大学の近くの古本屋などだと良い教科書が見つかるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。書店でさがしてみます。
また、最終的には、超紐理論やM理論を理解したいのですが
その筋道で必要な知識を吸収できるものをお教えください。

お礼日時:2002/04/09 23:23

「量子力学の冒険」


これは超初心者用で、これを読んだだけでは、勉強は終わりませんが、
出だしには最適だと思います。特に高校物理なみからのスタートであれば、これがいいと思います。でも、これは分厚い割にいってる事が少ないので、効率(時間)を重視するなら他の本の方がいいかも知れません。

http://www.lexhippo.gr.jp/sh.html
の一番上に表紙の写真が載っていますが小さいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。書店でさがしてみます。

お礼日時:2002/04/09 23:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病院勤めの方に質問です 病院ではやはり心霊現象的な 不思議な現象はあるのですか? 不謹慎な質問かもし

病院勤めの方に質問です
病院ではやはり心霊現象的な
不思議な現象はあるのですか?
不謹慎な質問かもしれませんが

Aベストアンサー

特にそのような話が病院以外の建物と比べて多いかというとそのようなことはないかと思いますよ。

Q量子力学を理解するためには複素解析の理解が必要?

古典力学と量子力学の関係を理解するためには複素解析の理解が必要なのでしょうか。その前に、高校で習う数学もわからない者にとっては物理学というのは高嶺の花でしかないのでしょうか。

Aベストアンサー

確率量子化で、古典力学と量子力学の関係を初歩的に理解するには、複素解析は必要ないけど、
高校で習う数学は十二分に理解する必要がある。

確率量子化の入門として、

Excelで学ぶ量子力学―量子の世界を覗き見る確率力学入門(保江 邦夫)

を薦める。今はamazonに中古しかない。

エピローグに、「一応高校生諸君なら、ちょっと元気を出してもらえばわかるように数式を説明した。」
とあるが、高校の数学と物理の本質的な理解ができていないと難しいかも。

Qどうしても霊魂の存在を想定しなければならないような不思議な現象がありま

どうしても霊魂の存在を想定しなければならないような不思議な現象がありますか?

Aベストアンサー

「どうしても霊魂の存在を想定しなければならないような」
例えば、空気というものが存在している事を自覚するとき「どうしても空気の存在を想定しなければならないような」状況に至ってから信じましたか?
私は、そんな状況に至らなくても霊魂の存在を知りましたので、仮に客観的にそんな状況に遭遇したとしても、自分では「どうしても霊魂の存在を想定しなければならないような」状況とは思わないと思います。
だから、何をあげてよいのか判りませんが

飼育舎から棟も離れている、離れた実験室(とうぜん実験室外の人には物音も聞こえない)で、薬物による安楽死を遂げた実験動物の心臓が止まった瞬間、飼育者の動物達が悲しげに遠吠えをしたり、鳴き騒ぐと言うのはどうでしょう。
科学的に、仮説ではなく、確定的な説明が出来ますか?

Q物理を理解するのに日本語は英語より不向ですか?(物理、英語が堪能な人に

物理を理解するのに日本語は英語より不向ですか?(物理、英語が堪能な人に質問です。)
昔、物理の授業中先生に、例として「直線上の一点」という表現、英語なら「above、on」の区別があるが日本語は「上」しかない。物理は日本語より英語の方が理解しやすいと言われました。その時は、なるほどと思ったのですが実際はどうなんでしょうか。

Aベストアンサー

私は30年前にアメリカに渡って今まで物理の研究を生業にして飯を食って来た者です。

日本人ならば日本語に決まっています。ただし、今の世の中、英語でスラスラ読み書き出来ないと物理の専門家になるのは無理でしょう。貴方の昔の先生は何処の国から来た方か存じませんが、日本人なら「直線より上の一点」はaboveに、「直線上の一点」はonにそれぞれ対応していることぐらい誰にでも判ることですね。このように、「より」の一言があるかないかで、何の曖昧さもなしに区別が出来ます。

また、日本人が学問をするのにカタカナはいただけません。外国語を一旦漢字に直すと、その意味は、何となくでも良いという段階も含めるならば、誰にでも判るようになります。例えばエレクトロンじゃあ、その言葉はうちの婆さんには何のことだか見当がつかないが、電子なら多分それが電気に関係がある言葉であることぐらいは判ると言っていました。また、マニフェストじゃ判らんが、公約だったら判るとも言っていました。このように、漢字には表音語にはない意味の透明性があり、その結果、その言葉で意味される概念を専門家達が独占してしまうことを妨げる、大変民主的な利点があるのです。ですから、日本の専門家には外国語で表現されている概念を出来るだけ透明な漢字に直して、知的貴族の出現を許さない民主的な文化を作り上げる義務があるのです。しかし、どうも近年の専門家達はこの義務を履行していないようです。もちろん、訳語には拙劣な訳と透明な訳がありますが、それこそ、どう言う訳をするかで、その専門家の能力が試されているわけです。

また、カタカナ語は完全に元の発音と違っておりますので、それは外国語ではなく立派な日本語であると考えるべきです。カリフォルニア、マクドナルド、ボストン、オースティン、、、どれもこれもそのままでは元の外国人には通じません。私の経験でも、ソリトンとかパーターベーションとか電算機のバグという物理で頻繁につかう専門言葉をアメリカ人の前でカタカナのままに発音して全然通じなかったことを経験しております。ということは、カタカナで書かれた専門用語は、漢字と同じレベルの翻訳語と言うことになります。ところが、これは漢字で書かれていない翻訳語なので、漢字で書かれていない分だけ、その文字をいくら眺めても何を意味するか何の印象も湧いて来ない不透明で拙劣な訳語とみなすべきです。

そのことに関連して、蛇足ですが、哲学者はどうしてそんなにも言葉に対する感覚がないのかと、何時も感心させられております。もう一晩寝れば誰にでもその意味の見当が付くような、もっと透明な命名が出来るはずなのに、当為、定言的命法、仮言的命法、格率、措定、投企、所与、実存、形而上学、止揚、徴表、帰納、演繹、、、あるはあるは。漢字を見ていても何の印象も湧いて来ない。哲学って、そんなに素人に判ってもらっちゃ困る学問なんですかね。そもそも「哲学」と言う漢字を見せられて、それを初めて見た人は何をやる学問であるのか全く見当がつかない。西周とか言う人の造語だそうですが、良くもまあこんなに意味の不透明な造語を作ったものだと感心しております。多分、哲学をやる人間は、どうせ素人を煙に巻くことが生き甲斐で生きている連中だからという理由で、深慮遠謀のある命名法だったのでしょうかね。事実、その後の日本の哲学者達の言葉の命名法は、この西周さんの予想通りになって来たようですから。物理だけは、こんな拙劣な漢字文字やカタカナ文字などの手抜きをした意味不透明な訳語にしないで、誰にでも見ただけで何となくでも良いから見当がつく漢字を使って頂きたいですね。

序でですが、日本語がどれだけ物理を表現するのに適した言葉であるのかの具体的な例として、朝永振一郎の『量子力学』を挙げておきます。昔、この本について私の先生曰く「この本は危険な本である。量子力学は誰にでも出来るような物ではない。ところが、この本を読むと、量子力学が簡単に判ってしまった気になってしまうので、私も物理学者になろうと言う気を起こさせてしまう。それで、日本のどれだけの若者が進むべき道を誤ったことか。」勿論これは冗談ですが、こと程左様に、この本は、日本語が物理学を記述するのにどの国の言葉にも劣っていないことを示す具体的です。したがって、ある物理の本を日本語で読んで良く判らなかったら、それは日本語のせいではなく、その著者の物理の理解の程度の低さのせいであると考えるべきでしょう。

私は30年前にアメリカに渡って今まで物理の研究を生業にして飯を食って来た者です。

日本人ならば日本語に決まっています。ただし、今の世の中、英語でスラスラ読み書き出来ないと物理の専門家になるのは無理でしょう。貴方の昔の先生は何処の国から来た方か存じませんが、日本人なら「直線より上の一点」はaboveに、「直線上の一点」はonにそれぞれ対応していることぐらい誰にでも判ることですね。このように、「より」の一言があるかないかで、何の曖昧さもなしに区別が出来ます。

また、日本人が学問をする...続きを読む

Q不思議な現象!科学で解明できますか?心霊現象でしょうか?

昨日、寝ようとベッドに入ったところ、バチンと大きな音と共に、部屋の中で青紫色した光が1m2くらいクラッシュしました。この不思議な現象がどうしておこったのか科学的に分かる方がいましたら、教えてください。それとも霊現象だったのでしょうか。

Aベストアンサー

プラズマではありませんか?空気が乾燥していて、たばこの煙などが充満しているところへ、何かの静電気が起きたり、電気を体に帯びた人がいると、プラズマが発生することがあります。大槻善彦(早稲田大学物理学)さんが、テレビに出演したり、本を書いたりしています。雷、落雷、空中放電、田んぼや畑のミステリーサークルもプラズマです。プラズマの仕業です。
起こりやすい条件、起こりやすい場所、日時など、解明がすすんできています。「火の玉」「ミステリーサークル」「プラズマ」などで検索してみてください。

Q量子物理学(シュレディンガー方程式)

無限の高さのポテンシャルがx≦-d/2とx≧d/2にあるとき、
(1)-d/2≦x≦d/2におけるシュレディンガー方程式を示し、その一般解を求めよ
(2)波動関数を求めよ。偶関数と奇関数に場合わけしなさい
(3)基底状態の波動関数を規格化せよ。
(4)基底状態、第一励起状態、第2励起状態の波動関数の概形を図示せよ。
(5)領域の幅dを変えると、粒子のエネルギーはどうなるか?

私の回答
(1)(-h^2/2m)(d^2x/dx^2)=Eφ
φ=Acoskx+Bsinkx

(2)φ=Acos{(2n-1)πx/d}
φ=Bsin(2nπx/d)
(hはhバー)


ここまではできるのですが、後の問題が分かりません・・・
詳しい方教えてください!

Aベストアンサー

「無限井戸ポテンシャル」は、量子力学の計算問題の第一歩です。
そういう意味では「教科書問題」ですので、きちんと調べてみてください。

(1) kはどのような値(式)ですか?
回答にはきちんと書いておかないとだめですね。

(2) 「境界条件」についてですね。
A= 0の場合と B= 0の場合で分けていると思います。
nは 2n-1や 2nとは分けない方が、後々よいかと。

(3) 「規格化」については、意味はよろしいですか?
「無限井戸」なので、粒子は必ず -d/2≦ x≦ d/2の範囲内に存在することになります。
このことを式で表します。

(4) エネルギー準位の低い順番に 3つの波動関数を描きます。
ここで (2)の nの表現が利いてきます。

(5) エネルギー:E_n の表式において、dを大きくしたとき、小さくしたときの様子を考えます。
物理的には、「広い空間にぽつんと置いたとき」と「狭いところに閉じ込めたとき」その粒子のエネルギーや振る舞いはどうなりますか?
といったことになります。

Q不思議な現象

いくつかある世の中の不思議な現象で、
私が知ってるのは
(1)デジャヴ
(2)ジャメヴュ
(3)ゲシュタルト崩壊
なのですが、他に知ってる方いらっしゃったら教えてください!

Aベストアンサー

回転錯視も、動いていると頭が勘違いする点で面白くて不思議だと思います。

回転錯視の作品集
http://www.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/rotate.html

Q物理学(量子)について

主量子数が3のM殻には最大18個まで電子を収容できますが、
例えば主量子数がn=1や2のM殻には最大8個まで電子を収容できるということですか?

Aベストアンサー

殻の他に電子軌道があります。

>例えば主量子数がn=1や2のM殻には最大8個まで電子を収容
これは、主量子数3、方位量子数l=1,2ならば、その様な事が言えます。しかし、M殻で主量子数n=1,2と言う事は、定義上あり得ません。

以下のURLは信頼できるので、参考にしてください。(2012/11/27)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%AE%BB

電子の詰まって行く順番はエネルギーの低い方からなので、M殻がつまりきっていないのにN殻に入ると言った事がおきます。高校でCaまでしか教えない理由がここにあります。

Q不思議な現象について教えて下さい。もうすぐ選挙ですが、街宣車が候補者の

不思議な現象について教えて下さい。もうすぐ選挙ですが、街宣車が候補者の喧伝をしながら走っています。あのマイクから聞こえる音がすると不思議と近所の犬が遠吠えします(1回や2回ではなく、1匹、2匹ではありません)。何故、街宣車から聞こえる音で犬が遠吠えするのか?ご存知の方教えて下さい

Aベストアンサー

人間の耳は20000Hzの音までしか聞き取ることができないらしいですが
犬にはもっと高周波の音まで聞こえるそうです。
スピーカーからは人の話し声のほかにも
機械が発する「キーン」という音のような高い周波数の音も出ているのでしょう。
それが大音量になればなるほど犬にも大きく聞こえて反応するのではないでしょうか。

犬に聞いた訳じゃありませんから勝手な想像ですが。


そうした犬の特性を利用した、笛による訓練法もあるそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E7%AC%9B

Q量子物理学を知りたかったら?

"what the bleep do we know?"という映画を観て、量子物理学に興味を持ちました。映画の中ではもちろん、ほんの一端しか紹介されていないため、素人にも比較的わかりやすく量子物理学を説明するものがあったら紹介してもらえませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

量子力学の入門書、ということでよいのでしょうか。
(その映画を知らないので…)
ブルーバックスに量子力学について比較的やさしく説明している本があります。
「量子力学が語る世界像」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062570122/249-2212329-3693169
あと、PHP文庫にも量子力学について書かれているものがあります。
「量子論を楽しむ本」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569573908/qid=1114257538/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/249-2212329-3693169
前者の方が比較的わかりやすいかもしれません。
よかったら見てみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報