Excel97のVBAを使って、RDOでSQLserverに接続しようとすると
「ActiveX コンポーネントはオブジェクトを作成できません」
というエラーがでます。

VB5.0を再セットアップするとよいと以下のURLにはのっていますが

http://www.microsoft.com/japan/support/kb/articl …

VBがインストールされていないマシンでは、どうしたらよいのでしょうか?
RDOのバージョンは2.0です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

--参考URLより--


また、RDO は Visual Basic Enterprise Edition の開発者だけにライセンスされています。(中略)Microsoft Office プラットフォームには実行時モードはなく、RDO 開発プラットフォームとして使用するた
めのライセンスもありません。
-------
分かりづらい文章ですが、

>Excel97のVBAを使って、RDOでSQLserverに接続

これはライセンス違反ではないでしょうか?

参考URL:http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほどーそうですかー
RDOは使用できないようですね。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/04/05 16:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカスタムコントロール作ってます(VB.NET)。VB.Net にVB.6のActiveX作成時にあったプロパティページ作成ができないようですが

タイトルどうりです。VBNETのカスタムコントロールでデザインモードにおけるフォームつまりプロパティページやビジュアルにプロパティボックスから設定できるようにしたいのですが、どうしたらできるでしょうか?VB6ではできたのですが、(Activexコントロール)。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通常のプロパティと同じように、プロパティ ウィンドウに項目を表示して設定できるようにする必要があります。
具体的には、
1. カスタム コントロールのクラスに外部公開する Property プロシージャを作成して、内部で値を保存できるようにする。
2. そのプロパティの宣言部分で、プロパティ ウィンドウに表示するように指示する属性値を設定する。

こんな感じです。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/winexp/winexp02/winexp02_01.html

QVB(6.0)で作成したActiveX(ocx)をVBで呼び出す方法

普通OCXを使用する時は、
デザイン時にフォームにOCXを貼り付け
実行するとそのOCXが表示されると思うのですが
今回の質問はそうではなく
デザイン時には何も貼り付けず
VC++で言うCreateObjectの様に
実行時にOCXのオブジェクトを生成する事が
出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

レジストリに登録してあれば、VBでもCreateObjectでできます。

QVB5.0からVB.NETへの移行

VB5.0からVB.NETへシステム移行しなければならないのですが、
(単純に)ソースをコンバートするようなツールはないでしょうか?

聞くところによると、ツールによっては2割程度しかコンバートできなかったりするようで、
ツールと、その性能(何%くらい自動的にコンバートできるか等の注意事項)を教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

VB5から直接は出来ません。一旦VB6で開いてVB6のプロジェクトの変換後に.NETに変換する必要があります。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vs/vb6/vb6tovbdotnet.asp

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/msdn/vs/vb6/vb6tovbdotnet.asp

QVB5.0とVB6.0

ご教授お願いします。
VB4.0で開発を始め、VB5.0に。主にDBはDAOを使っています。いくつかのアプリを配布し(セットアップウィザードを使い)、その後VB6.0がリリースされましたが、配布済みアプリに影響があると思いB6.0へのUpをあきらめていました。VB5.0は98でしか認められていず、2000でも試しましたが、確かに一部の動作でエラーが起こったりしました。使用しているマシンが不安定になったので、中古PCに98をインストールし、開発環境を移しましたが、セットアップウィザードが「予期せぬエラー」とかで動きませんでした。以上が経過です。
ようやくVB6.0を入手し、とりあえず2000で、2,3のアプリで試したところ、そのまま(何の手も加えず)OKでした。ちょっと気がついた点といえば、作成されたEXEのサイズが1割ほど小さくなっていました。
質問ですが、VB5.0→VB6.0では何が変わったのでしょうか?(当時はある程度読んだ気がしますが、覚えていません)
そして、アップ後、注意しなければならないことは何でしょうか?
よろしくお願いいたします。

ご教授お願いします。
VB4.0で開発を始め、VB5.0に。主にDBはDAOを使っています。いくつかのアプリを配布し(セットアップウィザードを使い)、その後VB6.0がリリースされましたが、配布済みアプリに影響があると思いB6.0へのUpをあきらめていました。VB5.0は98でしか認められていず、2000でも試しましたが、確かに一部の動作でエラーが起こったりしました。使用しているマシンが不安定になったので、中古PCに98をインストールし、開発環境を移しましたが、セットアップウィザードが「予期せぬエ...続きを読む

Aベストアンサー

主には コントロールが更新されているといった点でしょう
コモンコントロールに VB5独自のコントロールと同等の機能が搭載されたとか …
あとは コンパイラ自体の最適化や バグフィックスです
VB6を使うのであれば SP6などのパッチを当てましょう
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=A8494EDB-2E89-4676-A16A-5C5477CB9713&displaylang=ja

ADOやDAOなどは そのまま使えるものがほとんどだとおもいます

[VB] 32 ビット版から Visual Basic 6.0 への移植時の注意事項
http://support.microsoft.com/kb/412580/ja
なども参考になるかも ・・・

Qコンボボックス等における表示アイテムの設定方法(VB5.0→VB6.0移植)

秋月, "Visual basic 1001 Tips", 725-725,オーム(1998). ISBN4-274-06247-3に
「ユーザーがコンボボックスのアイテムにアクセスできるように、プログラムでList, ListCount, ListIndex プロパティを設定できます」
との記載がありますが、
Dim CTP$(16)
Call SetCTP(CTP$(), IA&): 'IA& = 5
UpdateColor$ = CTP$(IA&)
UpdateColorList.Clear
UpdateColorList2.Clear
For IA& = 1 To 16
UpdateColorList.AddItem CTP$(IA&): 'リストボックス
UpdateColorList2.AddItem CTP$(IA&): 'コンボボックス
If UpdateColor$ = CTP$(IA&) Then UpdateColorList.ListCount = IA&
If UpdateColor$ = CTP$(IA&) Then UpdateColorList2.ListCount = IA&
Next IA&
では、いずれも「コンパイルエラー。値の取得のみ可能なプロパティに値を設定することはできません」とのメッセージが表示され使用できません。
VB.5.0からVB.6.0への書き換えではどのように対応したかご存知の方お知らせください。
現在の設定状況を初期値として表示し、オペレーターが変更可能にするためのものです。
<BODY>に使用した色を除外するために、IEのみ対応している色にも対応するために、16という数値は変化します。変更ルーチンは作成していません。

秋月, "Visual basic 1001 Tips", 725-725,オーム(1998). ISBN4-274-06247-3に
「ユーザーがコンボボックスのアイテムにアクセスできるように、プログラムでList, ListCount, ListIndex プロパティを設定できます」
との記載がありますが、
Dim CTP$(16)
Call SetCTP(CTP$(), IA&): 'IA& = 5
UpdateColor$ = CTP$(IA&)
UpdateColorList.Clear
UpdateColorList2.Clear
For IA& = 1 To 16
UpdateColorList.AddItem CTP$(IA&): 'リストボックス
UpdateColorList2.AddItem CTP$(IA&): 'コンボボック...続きを読む

Aベストアンサー

ListCountではなくてListIndexに代入するのでは?
あと、代入時は-1しないと期待したものが選択されないと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報