私の組では4000円も寺と神社の諸経費を徴収されます。
のぞみもしないのに宗教活動費を払うのは納得できません。行政の末端機関である自治会が一部の宗教を特別扱いする行為は問題ないのでしょうか?。私は4000円を払わなくてはいけないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こちらでは、組長さんが集金しますが、500円です。

私も宗教心がないので、納得いきませんが、金額が金額ですので、自治会費のオマケと思ってしはらっております。
寺と神社の二つとはまた大変ですね。家は近所の氏神様だけで、500円は会費だったと記憶しております。別途お札の欲しい方は、回覧板が回り、名前を書き、2000円で申し込みます。自治会でまとめて頂いきて、組長さんが配るようです。
4000円でお札も無いのなら、いえ、あったとしても、希望してないのに払いたくありません。高すぎます。
こちらでは希望しなくとも、婦人会員になるので、役員がまわってくるのが、嫌です。以前、他地区から引っ越して来られた方が、抗議しアンケート集計がありましたが、自治会から会費が出てる様で、変化ナシでした。市へも言ったそうです。こういうのって、本当に何とかしてほしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お札なんかもらったことないですよ。
私が昔すんでいたところはそうでした。お札とお餅のセットをいくらかで買っていたように思います。でも4000円ってことはなかったです。
必要としないものは自然に消滅すべきです。必要とする人が残そうとすべきです。そう思います。

お礼日時:2001/01/06 13:33

自治会が行政ではないという点については、すでにかかれていますとおりですネ。


特定の宗教活動費とかかれていますが、例えば、自治会でクリスマス会を開いたり、盆踊りをしたりするのも非常に問題であり、許されないことであると考えられているのですよネ。そうでなければ感覚としてのバランスが著しく狂っているということになってしまいますものネ。
現在の日本で、本当に宗教を信仰している人は少ないのではないでしょうか?ここでいう本当にというのは、生活の基盤そのものが宗教であり、あらゆる行動の是非を宗教に置いている生き方を指しています。
つまり、神社が行う様々なことは、大多数にとっては慣習であり、宗教活動であるという認識はないでしょう。
21nekoさんが日曜日ごとに礼拝に行き、食事前の祈りを欠かしたことがなく、何をするにも聖書に基づいて行動されていて、初詣や盆踊りのような他の宗教に関連したことには一度も行ったことがないし、今後も行くことがないというような敬虔なクリスチャンであるというような背景の上でのご質問であったなら、ご無礼をお許しください。
どうしても気になるのであれば、自治会からの脱会という手もありますが‥地域社会から孤立する可能性はありますネ。特にマンション住まいなどの場合は非常に反発を買うことを覚悟された方がいいかも知れません。自主的にフロア掃除や地区の公園掃除などといった地域奉仕活動を頻繁に行われるのであれば大丈夫ですが‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は無信教者で自分の家が代代、何教なのかも知りません。
慣例化したイベントとしてクリスマス会や盆踊り、その他のお祭などは解釈しています。
単なるお楽しみ会の費用としてなら自治会費を増やして予算に組み入れればいいと思うし、そういう会は大体子供会がするので、神社と寺で使われる私の組だけで12万円以上になるこの経費はますます一体なんに使っているのて感じです。

お礼日時:2001/01/06 13:21

その経費の明細はご存知ですか?


それが「集会所」の維持費だったり、祭りの費用に使われたり、公園としての機能のための維持費だったり、宗教活動というよりは公共の利益のための経費なら払った方がいいでしょうね。というか私は払います。
しかし、信者だけが利益を受けるだけの寺や神社の宗教活動費用なら私は拒否します。だって檀家じゃないんだから。

その辺が払う払わないの境目ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
この自治会の会費は神社等の諸経費とは別に5000円払っています。
明確に神社等の諸経費と謳われている費用ですが明細は良く知りません。なにに使われているのかきいてみることにします。

お礼日時:2001/01/06 12:11

まずはっきりさせておきますが、太平洋戦争中の“隣組”では


ないのですから、町内会は行政機関ではありません、名前の通
り“自治会”です。

それで、ご質問の神社仏閣に対する諸経費ですが、

> のぞみもしないのに宗教活動費を払うのは納得できません。

多分自治会とかなり認識がずれているのではないでしょうか?
恐らく地域文化・風俗として氏神さまなどを町内会で人的・資
金的に関与するのは良くある事と思います。“日本人のクリス
マス観”と同じように文化・風俗と捕らえても納得行きません
か?質問は自治会という事で行政とは無関係ですが、行政に目
をむけた場合、国の指定重要文化財・無形重要文化財に税金が
使われている事にも疑問を感じますか?(少なくとも私は思わ
ないです。)重文って仏像(仏教)だったりお祭り(神道)だっ
たりしますけど。

さて、お考えは多様にあった方が良いと思いますので、私のこ
のような視点で考えたとして、“あぁ、なるほど”と思って頂
けなかったとしても構わないのですけど、神社仏閣の諸経費の
拠出はおかしいと自治会の総会などに意見を提出するとか、
“自治会の趣旨に賛同できないので脱会する”という事を選択
されても良いのではないでしょうか?お住まいの不動産物件に
自治会加入が義務とうたわれていない限り、別に法律的に入ら
なければいけない物でもないですから、回覧板が来ないくらい
で問題もなさそうですし、ゴミの収集は行政です。
私の町内にも入っていらっしゃらないお宅もありますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自治会は行政機関ではないんですね。
有志の会で決めた決め事なのでその会に所属している限りおとなしく払わなくてはいけないということなのかな。
でも自治会は非常に公共性が高いと思います。ここで強制的に宗教活動費を徴収することにはやはり納得できません。おっしゃるとおり文化財の保護は行政でやるべきだと思います。

お礼日時:2001/01/06 11:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神社のお参りの仕方  手水の作法について

明日神社にお参りに行こうと思っているのですが、手水での作法で質問したいことがあります。

手水のときに、右手をゆすぎ、左手をゆすいだあと、左手に水をためて口をすすぐとのことですが、すすいだ後の水はどうすればよいのでしょうか。吐き出すのも汚いように思いますし、左手にすすいだ水を吐いたら穢れてしまうように思います。普通に地面に吐き捨てるべきでしょうか。だとしたら、石段の上に吐き捨てては駄目だとかいう作法はあるのですか。水のたまっているところに吐くのは最もよくないことですし。

細かいことかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 設備の整った神社では水盤の周囲に堀が刻んであって、水が流れています。このような神社では、そこに流してください。
 水盤の周囲を砂利で敷き詰め、水が流れている場合は、少量の水を口に含み、砂利の上に流しましょう。

これらの設備が無いか、水が流れていない場合は形式だけにします。
 杓から直接ではなく、右手で杓を持って左掌に水を受けて口に入れます。
 形式だけ整える場合は水に唇をつけるだけで含みません。そのまま流す所作だけ(軽く顔を横に背ける)をして終えます。
 口をすすぐとは嗽ではなく、ごく僅か口に含んで流すだけです(念のため)

手水の基本的な全体の流れは参考URL参照。

参考URL:http://jinja.jp/faq/answer/11-01.html

Q自治体が物品売払う契約に消費税を払うのか。

国や自治体が、不要になった物品を入札で売払う場合、買入する入札者は消費税を払う必要があるのか。
国や自治体は売払契約で税法上の課税対象事業者となるのか。
また、国や自治体は消費税の納税義務者または非課税事業者なのか。

Aベストアンサー

国や自治体の一般会計は歳入にかかる受け取り消費税と歳出にかかる支払い消費税を同額とみなす取り扱いをすると定められています。
(消費税法第60条の国、地方公共団体等に対する特例 )
このため消費税相当額を受け取っても最終的に消費税の納付の発生もまた還付もありません。

なお特別会計についてはそうした規定はなく、民間と同じように計算して支払いをしています。(もちろん還付の場合もあり)

Qおじいちゃんの神社お参り

こんにちは。私は今年34になる男です。最近好きでいろんな神社やらお寺をお参りすることがあり、ふと思った疑問について質問させて下さい。

それは私の祖父の神社へのお参りの作法についてです。
もう亡くなりましたが、私の祖父(明治43生まれだったかと)は、一般的に正式と言われる「二礼二拍手一礼」とは全く異なる作法でお参りをしていました。
そのやり方は、次の通り。

1.鐘を鳴らす
2.2回拍手
3,1礼(と、ともにお祈り)
4.2回拍手
5.1礼

毎日のように近所の神社(八幡さんと氏神さん)へ犬の散歩と共に出かけ、それについていっていた幼い私は、いつのまにかその作法がしっかりと身についていました。うろ覚えなのですが、この作法について私が尋ねたとき、「まず神様を(鐘の音)起こして、”私がお参りしますよ”と伝え(拍手)、願って、ありがとうの拍手を最後にする」という理屈を教えられ、妙に納得した覚えがあります。
作法のことですし、もう少し私の祖父に関することをお伝えしますと、
・姫路出身(祖父、私とも)
・本家は商家(祖父の兄が継いでます。祖父は結婚までそこにいました)
・戦争では満州にも行っていたようです(中尉だったかと)
というところです。

このやり方が正しいかどうかを問い糾すというよりは、「私も一般のやり方とちがうお参りの仕方をする」とか「私の~も似たようなことしてた」など皆さんのいろんなお話が聞けたら面白いな、と思っています。もちろん「それは~という礼儀にのっとったもの」といったお答えも戴けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。私は今年34になる男です。最近好きでいろんな神社やらお寺をお参りすることがあり、ふと思った疑問について質問させて下さい。

それは私の祖父の神社へのお参りの作法についてです。
もう亡くなりましたが、私の祖父(明治43生まれだったかと)は、一般的に正式と言われる「二礼二拍手一礼」とは全く異なる作法でお参りをしていました。
そのやり方は、次の通り。

1.鐘を鳴らす
2.2回拍手
3,1礼(と、ともにお祈り)
4.2回拍手
5.1礼

毎日のように近所の神社(八幡さんと氏...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.ichigayahachiman.or.jp/shinto/sahou.html

参考URLにあるように、神道と言っても、流派が分かれていて、それぞれ、お参りの仕方は、違うようですね。

普通、眼にする作法は、標準的な作法というべきなのかもしれませんね。

ちなみに、仏教でも、その宗旨に拘れば、各宗派で、まったく違うほど、ならばらです。

おじいちゃんの納得される方法で、お参りされれば、良いとおもいますが。。。

参考URL:http://www.ichigayahachiman.or.jp/shinto/sahou.html

Q自治体主催のイベントで、自治体職員による飲食販売する行為は違法?

自治体主催のイベントで、自治体職員による飲食販売する行為は、何か問題がありますか。ちなみに販売価格は、費用がペイできる価格設定です。

Aベストアンサー

 衛生面以外にも
 自治体職員がどういう身分で行なうかを明確にしておいたほうがいいと思います。大抵の自治体主催イベントは「実行委員会」が主催する形であり、自治体職員も「有志」や「実行委員会スタッフ」という形式でするので問題はありませんが、市が直営でする場合はその収入や支出については自治体の財務規則にのっとってする必要があると思います。また事故が発生した場合の責任の所在も考えておくべきです。

Q神社参拝作法通り参拝していますか?

先日、今までできなかった事が出来るようになった事に対する感謝の気持ちから、近所の神社に参拝しました。
なぜか、いつからか、出来るだけ、神社に行く機会があった時はお願いごとばかりではなく感謝の参拝をしようと思っています。
以前から気になっていたのですが、
参拝する所に参拝作法について説明が書いてあります。2礼2拍手等。拍手は小さくしていますが、礼の部分がどうしても恥かしくて今まで、作法どおり参拝した事はありません。
おじいさんおばあさん方はきちんとされてます。
やはり神様に失礼?
神社に立ち寄る気持ちが大切?
参拝に気持ちがこもっていればよい?
作法どおりでない参拝についてどう思いますか?

Aベストアンサー

手水舎で、手を清める事は出来ますが、
口をすすぐ事がどうも出来ないです。
水道があればします。
手水舎が見当たらない神社がありますので、
そのまま拝礼しますが、
作法通りにお参りできます。

混雑している時は、丁寧にゆっくり出来ないですね。

感謝・祈願など、言葉は浮かびますが、
観光などで出掛けてお参りする時
願い事をするのも、申し訳ないな~と感じてしまうので、
”又お参り出来る機会をください”と、
お願いします。

>>神社に立ち寄る気持ちが大切?
>>参拝に気持ちがこもっていればよい?

神仏へ畏敬の念、信心などによって、いずれでも
仕方がないかなと、感じはします。
個人的にはその拝礼の儀は、守った方が良いと思います。
大して難しい技をする訳ではないですから。

参拝して気が重くなるのでは残念な事です。

礼の部分が恥ずかしい・・何となくわかります。
私は、作法と言うより、”こんにちわ”と言う感じで
お辞儀をして慣れるようにしました。

Q自治体で金額は違うでしょうが、糖尿病の人間を正社員として雇うと、自治体

自治体で金額は違うでしょうが、糖尿病の人間を正社員として雇うと、自治体から企業に補助金が出るって聞いたんですけど、いくら貰えるんですか?

Aベストアンサー

医療費の補助はあるでしょうが、私の所では0です。

Q夜に神社にお参りしてはいけませんでしょうか。

毎週、土日の早朝に散歩を兼ねて近所の神社にお参りに行きます。

平日は仕事のために夜に散歩をするのですが夜に神社にお参りしても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

神仏への参拝を夜行なうのは良くないと言われていますし、その様な場所へ夕暮れ以降の時間に立ち入ることは、悪鬼羅刹を呼び込むことになるという類の説が根強くあります。

古人の言には理があるものです。

Q 仕分けの会議において行政法人の解散が盛んに議論されていますが、行政法

 仕分けの会議において行政法人の解散が盛んに議論されていますが、行政法人が解散と決定された場合、そこにつとめていた職員の方(幹部ではない人達)は、自動的に解雇なんでしょうか。解雇は解雇なんだけど、あれこれ手を尽くして元のお役所に戻ったり、関連する行政組織への就職を斡旋されたりするのですか?公務員に準じた扱いだったりすると労働三権との関係でどうなるんだろうかとふと疑問に思いました。。
 具体的にこうだったというエピソードを教えていただけると勉強になります。

Aベストアンサー

>仕分けの会議において行政法人の解散が盛んに議論されていますが、行政法人が解散と決定された場合、そこにつとめていた職員の方(幹部ではない人達)は、自動的に解雇なんでしょうか。

            ↓
「事業仕分け」は、現政権の唯一の評価される仕事であり、仕分けそのものを否定したり、効果無しと決め付ける積りは、毛頭ありませんが・・・
その内容・判定は、無駄=効率や優先度が低い・・・を抽出して、査定し廃止~縮減~維持~拡大を判定する査定・考課の為の面接・審査会であり、その評定は結論では無い中間報告なのです。
しかも、その審査対象やチェック項目は飽くまでも財務省主計局主導のシナリオ・方向方針がベースであり、対照となる団体や事業体は自治労・全逓・日教組・大樹の会・総評(官公労)の民主党のスポンサーでもあり支持者である。
その,ボランティアと言う名での、カンパ・集会や演説会動員・推薦者名簿の提供・選挙運動の中核部隊となり、手足となって頂き、当選後には見返りとして、組織団体の利益擁護と政治的要求の実現に取り組む、バーター取引&互助の関係にある。
そんな関係と意識にある多くの組織内議員や推薦支持を集票基盤とする議員が多い。

結果は、タコの足理論と揶揄されるように、自分の足を食うかと言えば、建前とか口や素振りでは行政改革・官庁のリストラを言いながらも、陰では9本10本目の足を産み出し伸ばそうとしている。
事業仕分けのセレモニー化、過剰演出のショーと化しており、仕分けられた物が、本音では身内に影響が及ぶと→その議員や支持母体の要請と言う圧力で、大半は変容し、骨抜きにして、最終予算では殆どが復活している前回の現実にある。
さらには、郵政民営化の後戻りで10万人の公務員化や社保庁の不祥事や怠慢等による処分された職員が厚生労働省に再雇用されている身内には大甘の馴れ合い・もたれ合いの親方日の丸意識が払拭出来ていない。

残念ですが、事業仕分けは→可視化された(シナリオがあり、演出・演技されている)ショーであります。
その効果・実績は政策・行革・予算の中に繁栄されなければ、見世物であって実効なしと言わざるを得ない。
究極的には、議員定数の削減、政治資金の縮小、行革&リストラ、業務効率の向上、信賞必罰の徹底、地方分権&民営化の促進、天下りの禁止、独法の整理統合スリム化の実を、政権与党や議員の出自に関わらず国民・国益の為に、取り組み、効率を上げる事であります。

政治主導は政治家の見識・モラル・識見の高さ&清新が前提であり、上から目線で党利党略で恣意的に評価・判定をする事ではない!
まして、仕分けで燻り出したムダ(非効率・優先度低い)や産み出した財源を明らかにし、横滑り・看板の架け替え、焼け太りを許しては成らない。
政策・予算に正しく反映させ、国民注視の中の成果を最大活用・実行しなければ・結果に結び付けねば→事業仕分けは、多大な費用と労力を費やした、国民を政権支持に錯覚・幻惑・騙す為の八百長&見世物ショーと成り下がるだろう。

>仕分けの会議において行政法人の解散が盛んに議論されていますが、行政法人が解散と決定された場合、そこにつとめていた職員の方(幹部ではない人達)は、自動的に解雇なんでしょうか。

            ↓
「事業仕分け」は、現政権の唯一の評価される仕事であり、仕分けそのものを否定したり、効果無しと決め付ける積りは、毛頭ありませんが・・・
その内容・判定は、無駄=効率や優先度が低い・・・を抽出して、査定し廃止~縮減~維持~拡大を判定する査定・考課の為の面接・審査会であり、その評定...続きを読む

Q神社のお参りについて

お世話になります。
最近神社参りが趣味になっているのですが、神社をたくさんお参りしないほうがいいとか、稲荷神社は鳥居をくぐらないほうがいいなどと聞くのですが実際のところどうなのでしょうか?
神社に行くと落ち着くし癒しを求めてお参りするのですが沢山の神社に行かないほうが良いのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は神社の写真を撮るのが趣味なので、一日に幾つもの神社を訪れます。
肝心なのはお願い事をしない事。
先輩などにお願い事をする場合、何人もの人に同じお願いをすると「自分だけじゃ頼りにならないのか」とへそを曲げてしまう事がありますが、その辺から発生した謂れなのでしょう。
神社を訪れたら「お邪魔します」「お陰様です」など感謝すれば良いのです。
呼吸は吸ってばかりでは、二酸化炭素で肺が一杯になってしまいます。吐き出したあとに新鮮な空気が自然に入ってくるのと同じく、感謝の言葉を出した後の空になった身体に、神気が自然に入ってくる。
そんな心構えでよいでしょう。そうすれば複数の神社でも構いません。

鳥居をくぐらないという事は、家に窓から入るのと同じです。また、神域に穢れたまま入るのと同じで、相手にとって大変失礼な事です。
稲荷に参るなという説は、多くの稲荷が本来の神様でなく、眷属の狐を祀ってしまっているからです。キチンと祭神を祀っている稲荷なら大丈夫です。

但し、荒れている神社や祭礼がちゃんとされていないなど、放置されている神社は出来るだけ避けましょう。ちゃんと大切にされている神社なら稲荷でも大丈夫です。

私は神社の写真を撮るのが趣味なので、一日に幾つもの神社を訪れます。
肝心なのはお願い事をしない事。
先輩などにお願い事をする場合、何人もの人に同じお願いをすると「自分だけじゃ頼りにならないのか」とへそを曲げてしまう事がありますが、その辺から発生した謂れなのでしょう。
神社を訪れたら「お邪魔します」「お陰様です」など感謝すれば良いのです。
呼吸は吸ってばかりでは、二酸化炭素で肺が一杯になってしまいます。吐き出したあとに新鮮な空気が自然に入ってくるのと同じく、感謝の言葉を出し...続きを読む

Q扶養枠103万円と130万円の違いについて

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収税額は返還されない
・会社の健康保険、年金には加入できる
(会社によるのでしょうか?私の知っている範囲ではOKのようですが。)

そこで私がはっきりと理解できないのが、この103万円と130万円の差で何が違うのかという損得の部分です。
例えば、103万円と130万円の27万円の差で、保険や年金の加入ができなければ、年間数十万円違ってきますので、かえってマイナスになります。
でも、保険や年金は130万円まで加入できるようですので、その他上記に書いた通り、年末調整での控除と税金の還付以外にどのようなデメリットがあるのでしょうか?
例えば
・住民税(130万円まで働くと、翌年いくらかかるのでしょうか?)
・その他の収支の差額

上記の条件で130万円までの枠の方が得なのでしょうか、損なのでしょうか?
おわかりになる方いらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをお願いいたします。

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収...続きを読む

Aベストアンサー

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安くなります。

又、配偶者や親が会社で家族手当を支給されている場合、扶養家族の年収が103万円を超えて、所得税の扶養家族に認定されないと家族手当の支給を停止される場合があります(会社の規定によって違います)

又、配偶者の場合は、年収の額によっては配偶者特別控除(最高38万円)を適用されます。
この制度は今年一杯で、来年から廃止されます。

所得税の場合、高額所得者以外は、勤務先で年末調整を受けるのが原則で、年末調整でも確定申告でも、所得税の額に違いがありません。

つまり、所得税は、毎月の給料から所得税の概算を源泉徴収という制度で控除して、その年の最後の給料や賞与の支払時に、年末調整という手続きをして1年間の所得税の精算を行なうのです。

ただし、年末調整で控除出来ない医療費控除などがある場合に、確定申告をすることになり、年末調整での税金から医療費控除の分が還付されます。

社会保険(健康保険・厚生年金)。
勤務先が社会保険の適用事業所であれば、勤務先で社会保険に加入するのが基本で、この場合、親や配偶者の扶養者にはなりません。
ただし、パートなどで一週間の勤務時間や出勤日数が、正社員の4分の3以下であれば、勤務先で社会保険に加入できません。

勤務先で社会保険に加入出来ない場合は次のようになります。
社会保険の扶養(健康保険の被扶養者と、配偶者の場合の年金の3号被保険者)になれるのは、判定するとき以降の12ケ月間の収入見込額が130万円(月収で約108千円)以下の場合です。
親や配偶者の扶養になっても、親や配偶者の社会保険料が増えることは有りません。

収入見込額が130万円を超えると、ご自分で市の国保に加入し、国民年金に切り替える必要があります。

103万円を超えて130万円以下の場合、社会保険料の負担には変化がありません。
所得税や住民税では、親や配偶者と本人の所得税の負担が増えることになりますが、本人の手取額も増えますからそれ程の影響がありません。

ただし、先に書いたように、親や配偶者の勤務先からの家族手当が停止になると、その金額によっては影響が大きくなります。
家族手当が月額15000円として、それかが無くなると年間18万円になります。
年収が103万円から130万円まで27万円増えても、税金の増える分と家族手当の減少分で、27万円は消えてしまいます。

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報