最新閲覧日:

実は旦那が前から膝を痛めていて、ここへ来てかなり辛くなって来たので病院に行ったら、じん帯もしくは半月板の手術をする事になりました。が!うちは生命保険の入院給付金は5日目から五千円しか出ないのに入っていてかなりきびしいです。どうにか手術の前に給付金の多い保険に入ってから手術をして入院って訳にはいきませんでしょうか?ちなみに手術の日にちはまだ決まっていないので、もっと先にも出来ます。が、なるべく早くしたいのが現状です。3週間以上入院するらしいです。どなたか、いい方法を教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

他の方々の回答にもありますように、現在進行中に対しての生命保険加入は出来ません。

もし万が一加入できたとしても、あとでこのことがばれたら偽証罪及び詐欺罪に問われます。
靱帯又は半月版の手術は1ヶ月以上の入院が必要となります。
手術後すぐにギブスをされ抜糸するまでに3週間ぐらいかかります。ここまでで手術費用が病院によって多少違いますが25万円前後かかります。抜糸が終わると今度はひざを痛めないための装具を購入しなければなりません。これが約18万円ぐらいです。これは会社の健康保険組合に装具を作ったことを申し出ると健保より
8割の負担金が下りますので領収書は捨てないで保管をしてください。装具装着後、今度は歩くためのリハビリが始まります。これが松葉杖を使って歩けるようになるまでに2~3週間かかりますので2ケ月ぐらいの入院生活は覚悟してください。入院するんであれば必ず大部屋を選択してください。命に別状ありませんので個室に入るよりも大部屋のほうが面白いと思いますよ。
大部屋の場合は、差額ベッド代がございませんので通常の部屋代今は2500円と食事代一部負担金だけですむはずです。入院費代はもちろん病院によって支払い方が違いますのであなたのかかっている病院で支払方法をよく聞いてください。私は、東京にすんでおりますので、靱帯損傷のときは東京慈恵会附属病院に入院しておりましたが、支払いは毎月15日と月末の2回払いでした。病院によっては入院予約金を取るところもございます。頭金として10万円~30万円の間ですが、私が入院していたところは頭金なしでしたので非常に助かりましたし、クレジット払いも出来ますので安心して入院できました。退院後暫くの間はリハビリの訓練が続きますので覚悟をしておいてください。
入院費は、最終的に高額医療費となるため年度末に必ず医療費控除を行ってください。多少ですけれども負担金の一部が戻ります。ちなみに私はこの病院で10年間の間に7回ほど手術をしました。くだらないことを書いてしまいましてごめんなさい。手術は悪化しないうちにされたほうがよろしいかと思います。お金のことは元気になってから考えればよいことです。病院によってはローン支払いも出来る病院がありますので一度あなたが通っている病院で支払方法を確認されることも大事ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に教えて頂き、ありがとうございました。とっても助かりました。

お礼日時:2002/04/11 12:08

他の方の回答にも有りますが、月はまたがずに、治療された方が高額医療となります。

これから加入は、無理です。入れても対象外。入院給付金の他に手術に対しての給付金が出る契約もあります←多分ほとんどは。まずは加入先に契約内容を確認してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 12:09

入院、手術の可能性があって、告知して加入を申し込んでも、加入はできないと思います。



入院・手術の可能性を伏せて加入し、入院給付金や手術給付金を申請して受け取ると詐欺罪になると思います。

NO.1の方が言うように、高額医療の適用も受けられると思いますし、入院費の工面ができそうになければ、生命保険の契約者貸し付けを受けてしのぐとか、病院に相談すると、加入保険によっては無利子融資が受けられる機関を教えてくれると思います。

私は入院手術は月初めに入院するといいと思います。一月に幾らの医療費がかかったかで還付金額に差が出ると思うからです。

生命保険の給付金額があとからはいるのを考えると、マイナスにならないと思いますが、通院などのにもお金は掛かりますので、領収書を残して置いて、医療費を申告すると良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 12:10

 その手術の生命保険給付を受けるために、給付金の多い生命保険に加入すると言うことは、当然負担する保険料も多くなることになります。

3週間以上の入院ですと、健康保険の高額療養費が該当になり、1ヶ月の医療費の自己負担額の上限が制限され、負担した医療費が戻って来る制度があります。
 ご質問の内容の入院ですと、自己負担の上限が7万円程度になると思われます。この場合、一旦医療機関に2割か3割分の医療費を支払い、上限額を超えた分が戻ってくることになります。たとえば医療機関に20万円を支払い、上限額が7万円の場合は差額の13万円が戻る事になります。
 3週間の入院ですと17日×5,000円=85,000円となり、最終的には入院の自己負担額はゼロに近くなります。ただし、高額療養費は入院時の食事代1日780円と、保険適用外の経費は対象になりません。
 それらを勘案しても、現状での生命保険でも自己負担額が最終的にはゼロに近くなりますので、無理して高い生命保険に加入する必要は無いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答ありがとうございました。また、とてもわかりやすいご説明ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/11 12:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報