お世話になっております。
土地家屋調査士会というところから、「土地境界確認についてのお願い」というものが来ました。我が家から見て私道(我が家の持ち分アリ)を挟んで斜め向かいの家の人が、所有地を測量する為、その私道との境界線を、関係者立ち会いのもとで確認したいそうです。
めんどくさいし、何の義理があって立ち会わなくちゃならないの、と思いますけど、お互い様と言うか、協力してあげるべきなんですよね? 立ち会わずに自分の不利な境界になってもいやですし。
そこで、立ち会いのとき、何か注意をすることがあれば、教えていただきたい次第です。
家を購入したときに「地積測量図」というものをもらい、それにメーター数が書いてあるので、メジャーを当ててそのメーター数のところが境界線である、と確認すればよろしいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 土地家屋調査士は、国家資格者であり、業務処理に際しては依頼者の利益に偏ることなく、合理的な根拠により境界を確認したりする仕事をするはずですが、一応相手の依頼した方であるため、もしご心配でしたら、同様に家屋調査士の方に立会いをお願いするという方法もありでしょう。


 あるいは、知人友人に、同資格者かその補助者、宅建主任の不動産業従事の方、不動産コンサル資格者の方、司法書士かその補助者、弁護士かその補助者、法務局出張所勤務、などのデキそうな方がいれば、ちょっとお茶でも飲みながら、などとしてお願いしてもよろしいかと思います。
 短時間で済むものと思いますので、報酬額は2~3万円ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ナルホド。
今回の場合、複雑な話しではなさそうなのでとりあえず自分達でやってみますが、不利になりそうだったら簡単に同意せずこちらもプロの意見を借りますね。
今後のためにも、参考になりました。御意見ありがとうございました!

お礼日時:2002/04/11 15:28

PORTFOLIOさんはいつ頃ご自宅を購入されたのでしょう?


購入した時には実測はされてないようですね。
「地積測量図」というのは法務局という所にある図面ですが、
実測図とは違いますので絶対的なものではないと思ってください。
大きな差が出ることはないとは思いますが、
斜め向かいのお宅で行う実測によって、地積測量図と境界点に
多少の誤差が出てくる可能性がありますので、まずそれをご注意ください。
あとは、どこを基準にして測量するか問題になることもあります。
測量士がきて説明をすると思いますので、できるだけ詳しく聞いたほうがいいです。
立ち会う以上、説明後に確認の印鑑を取ると思うのですが、
納得がいかなければ捺印しないほうがいいです。
私道の持分が、多くの筆に分かれている場合(土地持分の切れ方)
複雑になる可能性もありますから、
あまり簡単には考えない方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。参考になりました。
簡単には考えていません、結果的に簡単に済む可能性が高いのではと思っているだけです。もし納得いかない場合は、安易に押印したりせず、納得行くまでとことん話しを聞いたり交渉したりするつもりですのでご心配なく。

お礼日時:2002/04/15 14:43

ご参考迄に。


自分の財産ですから、「面倒臭い」などと思わずにしっかり確認しておかないと、後で面倒が出る可能性が有ります。

都会の住んでいる土地でも黙っていると隣が何時の間にか占有して、後でトラブルになります。

以下はご参考迄に。
住んでいないところなんてもっと凄くて、特に国土調査の時に自分の土地が半分になってしまった人がいました。 此の場合も立ち会うのですが、出てこなかったので、一区画の私側から始めたら、端の人の土地がなくなってしまったので、今度は反対側から計り始めたら、私の土地がなくなってしまうので・・・・・たまたま私の土地はその地方の有力者から手に入れたものだったので、その人の一言で安堵され(*^^*) 隣地の人の土地が半分に成ってしまいました。(このとき私も出なかったのです)

相続で20年間ほっぽらかしておいたという事です。
なかなか怖い話です"(^_^;)" 
公にやった事で、取り返す事は・・・・出来ないでしょうね。 細長い土地で別荘建てることも法的に出来ないし・・・・使いようが無く、税金だけを支払うか、隣の人に安く買ってもらうしか・・・・。

又、上記様に都心の土地では数平米でも、法的に測量する場合や建築を隣地がする場合など、特に気を付けないと、以後数十年から子孫までごたごたが起きます。 (経験あり)

北朝鮮拉致疑惑でも分かるように、日本の国は国民一人一人の為なんてほとんど何もしてくれませんから・・・・自分で出来る法的な事は特に気をつけて対処しましょう・・お互いに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御意見ありがとうございます。ごもっともです。
家の敷地と家の敷地の境界線だったら恐いなと私も思うのですが、今回、うちの私道と先方の家の敷地との境界線なので、まさか道にせり出すとはあまり考えられないかなと思い、安心しているのですが。
実は、測量の人の指定してきた日が都合が悪く、事務所に電話したら折り返すと言われたのですが未だに折り返しがありません。いい加減な事務所なのではと不安ですが、こちらからさらにコンタクトを取る必要はないと思い、待っている状態です。

お礼日時:2002/04/12 12:28

 土地の境界を確定したり測量をして新規に境界の杭などを埋設する際には、その土地に隣接している土地の所有者に立ち会っていただいて、境界の杭などを埋設することに同意すると言う書類に押印をすることになります。



 したがって、あなたの所有地の地籍図があるのでしたら、その図面を持って立ち会い、現地の土地の境界が地籍図に一致をするかどうかを確認することになります。自分の土地が、従来通り確保されることを確認すればよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。わかりました。助かりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 13:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続登記 委任状と登記申請書の契印の仕方

表題のとおり、親族の相続登記の書類を作成しておりましたら
「委任状」と「登記申請書」が複数になりました。

「委任状」・・・相続人(委任者)の認印で押印しました。
契印は、相続人(委任者)の認印のみでよろしいでしょうか?

「登記申請書」・・・相続人(委任者)と代理人双方の認印で押印しました。
契印は、相続人(委任者)の認印のみでよろしいでしょうか?

ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

契印は、登記申請の申請人(代理人)が行うものではないですかね。
ですので、委任状の委任者の捺印で契印することはないのではないですかね。

登記申請の捺印ですが、なぜ委任者が捺印しているのでしょうか?
登記申請そのものを委任しているわけですから、代理人の捺印だけになるのではないですかね。そうでなければ、何のための委任状なのでしょうか?
それに委任状への捺印は実印で行い、印鑑証明の添付も必要だったと思います。

捺印も考え方次第で異なります。他の役所と異なり、法務局の登記官の判断で、必要な捺印や資料が異なります。他の法務局でOKでも、今回提出する法務局で認められるとは限りません。

ちなみに、代理人として登記申請を行うのであればわかりますが、登記申請に捺印を本人から貰うような間柄であれば、本人申請扱いの登記申請の使者でもよいのかもしれませんよ。そうすれば、委任状なども不要になることでしょう。ただし、登記識別情報など本人でなければ受け取れない書類などがあれば、代理人として処理しなければ、あなたが代理で受け取れなくなってしまうかもしれませんがね。ですので、必要な時だけ本人を連れていけば、本人申請にすることが出来ることでしょう。

法務局へ事前相談されるほうが良いと思いますよ。それに簡単な話であれば、電話で相談することも可能でしょう。管轄の法務局を法務局のHPで確認しましょう。

契印は、登記申請の申請人(代理人)が行うものではないですかね。
ですので、委任状の委任者の捺印で契印することはないのではないですかね。

登記申請の捺印ですが、なぜ委任者が捺印しているのでしょうか?
登記申請そのものを委任しているわけですから、代理人の捺印だけになるのではないですかね。そうでなければ、何のための委任状なのでしょうか?
それに委任状への捺印は実印で行い、印鑑証明の添付も必要だったと思います。

捺印も考え方次第で異なります。他の役所と異なり、法務局の登記官の判断で、...続きを読む

Q、「現況測量図」と境界確認書

土地の売買にあたって、「現況測量図」をもらいましたが、これって境界確認書の意味合いもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

無いですね
隣地所有者の承認が無ければ、自己満足に過ぎない

Q相続登記申請書について

司法書士に依頼せず相続登記手続きの準備中です。

被相続人Aに対して法定相続人はBとCがいます。

法定相続通りですとBとCが1/2づつなのですが、
数点ある不動産を遺産分割協議をしてBとCがそれぞれ単独で
分け合うことになりました。

登記所へはBとC一緒に行って申請する予定ですが
その場合、登記申請書はBとCそれぞれ分を用意し、
それに添付する書類(戸籍謄本、評価証明書、等々)も
それぞれ必要でしょうか?

よろしくお願いします。<(_ _)>

Aベストアンサー

できればそれぞれの物件に付き、その物件の遺産分割協議書があればベストですが、複数の物件についてまとめての協議書でも構いません。

登記申請書、評価証明書はそれぞれに必要ですが、戸籍謄本などの相続人証明書類は1通でいいです。

事前に法務局に行って相談されると、手続き時の書類不備を防ぐことができていいと思いますよ。

Q私道の測量費用について

私道に面した家に住んでいます。
現在、その私道を市に寄付採納申請をしています。
その際に市から「測量をしてください」と言われたので、知人の紹介で測量士を尋ねたら「軽く100万はかかる」と言われました。
私道はだいたい200m2くらいです。
この金額は妥当なのでしょうか?

Aベストアンサー

市に寄付する場合、測量費用は市持ちになるところもあります。市町村によりますが、再確認してみてはいかがでしょう。
(ご質問の趣旨と関係ない話でした)

測量の価格についてはすでに道路として使っているとしたら、高いと思います。

Q登記申請書の相続日付と登録免許税の納入方法

亡父名義の自宅の土地と家屋を母の名義にするため、登記申請書をB4縦書きで作成しています。

インターネットで検索しながら、司法書士の方に頼まず、自力で書いているのですが、分からないことがあり質問します。
(法務局に行って聞けばいいのでしょうが、平日に休みがなかなか取れないので、この場のご好意に甘えさせてください。)

1.「原因」として「平成拾四年九月弐六日相続」というふうに書くようですが、この日付は以下のいずれでしょうか?
 (1) 父の死亡した日
 (2) 遺産分割協議書の日付(死後10ヶ月目ぎりぎりで相続税申告の際に作成しました。この中で自宅の土地家屋については母一人の取り分として明記してます。)
 (3) この、登記申請書を法務局に提出する日
 (4) その他

2.「登録免許税」について
算出は((土地評価額×1/3)+家屋評価額)×6/1000
=百円未満切り捨て (評価額は1000円未満切り捨て)
でいいと思うのですが、
この結果の云万云千円の納入はどうすればいいのでしょか?
 (1) 登記申請書を提出する際に現金も持ってく
 (2) 所定の振込み用紙があるので、登記申請書を出したあとで銀行等から入金すればいい
 (3) その他

すみませんが教えてください。
評価証明書、原戸籍・除籍謄本・戸籍謄本や相続人の印鑑証明、住民票等は揃えました。

亡父名義の自宅の土地と家屋を母の名義にするため、登記申請書をB4縦書きで作成しています。

インターネットで検索しながら、司法書士の方に頼まず、自力で書いているのですが、分からないことがあり質問します。
(法務局に行って聞けばいいのでしょうが、平日に休みがなかなか取れないので、この場のご好意に甘えさせてください。)

1.「原因」として「平成拾四年九月弐六日相続」というふうに書くようですが、この日付は以下のいずれでしょうか?
 (1) 父の死亡した日
 (2) 遺産分割協議書の日...続きを読む

Aベストアンサー

1.「原因」として「平成拾四年九月弐六日相続」というふうに書くようですが、この日付は「死亡の日」です。


2.登録免許税は「収入印紙」を貼付しますから、郵便局や法務局の窓口で買います。
金額が違うといけませんから、登記所の窓口で確認してから買った方がよろしいでしょう。

Q隣の土地との境界線の立ち会いについて

○○測量設計(株)=依頼者/□■□ 土地境界立会いについてのお願い”という手紙がきました。測量図など資料があれば ご持参くださいとあります。印鑑を持参するようにともあります。

こんな時どのように留意または注意したら良いのでしょうか?

どういうことをするのでしょうか。何に気をつけたらよいでしょうか。以前、境界線の中央に当方の土地にも入った擁壁を作ろうとした業者で何かと心配です。

Aベストアンサー

はじめまして。
私も今年、同じ事を経験しました。
>どういうことをするのでしょうか。
境界を示す測量図どおりに境界標識が打ち込んであれば、その位置が間違いないかを確認するだけで済むはずです。
万一、境界標識がない場合は、手元の測量図の内容に双方が合意できれば、正確な位置を測量し標識を打ち込みます。
>何に気をつけたらよいのでしょうか。
あらかじめ、手元の測量図と実際の標識の位置を確認し、巻尺などでおおよその距離を確認しておいた方がいいと思います。

ちなみに、隣との壁の設置については、自分の土地に作る場合と境界線上に共有の壁を作る場合の両方がありえます。前者の場合は、当然費用は本人が負担し、どのような形状であろうと基本的に文句が言えません。境界線上に設置する場合は、費用は双方で折半が基本になりますが、どんな壁を作るかは、双方の協議で決めることができます。
私の場合、隣の土地が売却され、それまであった壁も撤去された後、新しい住人から境界線上で壁を設置したいとの申し出がありました。一度は断ったのですが、先方が自分の土地に作ろうとした壁が1m程の低いもので、こちらの家の中が丸見えになりそうなものでしたので、やむなく、境界線上に2mほどの壁を作ることになりました。ただし、費用は7:3で相手が多く負担してくれました。

土地の境界や壁の問題は、判断が難しいことも多いかと思いますが、何事も納得するまで判を押さないことが基本ですよね。

はじめまして。
私も今年、同じ事を経験しました。
>どういうことをするのでしょうか。
境界を示す測量図どおりに境界標識が打ち込んであれば、その位置が間違いないかを確認するだけで済むはずです。
万一、境界標識がない場合は、手元の測量図の内容に双方が合意できれば、正確な位置を測量し標識を打ち込みます。
>何に気をつけたらよいのでしょうか。
あらかじめ、手元の測量図と実際の標識の位置を確認し、巻尺などでおおよその距離を確認しておいた方がいいと思います。

ちなみに、隣との壁の設...続きを読む

Q登記申請書(法定相続)の印鑑他。

皆様のおかげで来週相続登記にいくことができそうです。
が、まだ質問があります。

亡くなった父親の土地の相続の登記を司法書士に頼まずに
自分で法務局に行きます。

法定相続持分で私が2分の1、兄が2分の1です。
父の配偶者は父の死亡の1年前に協議離婚しその後死亡しています。

1、登記申請書の印鑑

私と兄の印鑑を申請書に押印し、その写しをとりました。
この2個の印鑑(実印でない。)をもって法務局にいくつもりです。
行くのは私だけです。
この2個の印鑑は権利書の発行の時に使うと考えますが、
それだけでしょうか?
後日、この印鑑でなければならないようなことがあるのでしょうか?

2、相続関係説明図

父の配偶者(父の死亡の1年ぐらい前に協議離婚しその後死亡しています。)はどのように書くべきでしょうか?

Aベストアンサー

>1.この2個の印鑑は権利書の発行の時に使うと考えますが、それだけでしょうか?

登記申請書(2個の印鑑を使用した書面)などに押印漏れがあった場合とか、記載誤りの訂正印として事前又は事後の補正時に必要な事があります。
補正が無いか補正の訂正を終えれば、権利証の交付を受ける際に法務局備付の受付帳に受領印を押捺するために必要です。それ以降は必要ありません。

>2.相続関係説明図

被相続人○○○○相続関係説明図

本  籍  △△△△
登記住所  △△△△
死亡住所  △△△△ 
生年月日  ○年○月○日
死亡年月日 ○年○月○日     住  所  △△△△
<被相続人>○○○○       生年月日  ○年○月○日
       ││      ┌<長男>○○▽▽(相続・持分弐分の壱)
       ││------│
       ││      └<二男>○○△△(相続・持分弐分の壱)       
  <前妻>●●●●       住  所  △△△△
離婚年月日 ○年○月○日     生年月日  ○年○月○日

右は相続証明書及び住所証明書の原本と相違ありません。
              作成者 ○○△△ (印)

(余白に法務局備付の「原本還付」の印判を押す
/受付又は相談窓口で聞けば直ぐわかります)


以上はあくまでも一例に過ぎませんが、これくらいで十分だと思います。
但し法務局(・支局・出張所)によっても差異があったりもします。
<前妻>の表現はなくても問題有りません。

参考URL:http://info.moj.go.jp/manual/1231/PAGE004.HTM

>1.この2個の印鑑は権利書の発行の時に使うと考えますが、それだけでしょうか?

登記申請書(2個の印鑑を使用した書面)などに押印漏れがあった場合とか、記載誤りの訂正印として事前又は事後の補正時に必要な事があります。
補正が無いか補正の訂正を終えれば、権利証の交付を受ける際に法務局備付の受付帳に受領印を押捺するために必要です。それ以降は必要ありません。

>2.相続関係説明図

被相続人○○○○相続関係説明図

本  籍  △△△△
登記住所  △△△△
死亡住所  △△△△ 
生年月日 ...続きを読む

Q隣地境界線の為の測量時期と費用など

地目:山林、107坪の土地を所有しています。
今回、隣の区画の方が相続の為の売却の為、
測量をお願いしたそうで、測量会社が来ました。

所有の区画は、全く家が建っておらず、その区画の所有者10人位に、
この際、この区画の全ての測量をしたらどうかと言う事で、金額は35万だそうです。

本来ならもっとかかるが、依頼主が負担する部分が
あるので、この価格でお得ですとの説明でした。

が、調べると相場が35万~と言うのを幾つか見つけたので、
今回便乗して測量お願いするのは、お得なんだろうかと疑問が出てきました。

今の所、売る予定も住む予定もないので
今回、便乗して測量して貰った方が本当に
測量会社の説明の通りに「かなり」お得なのかが
良くわかりません。

自分が売ったり建てたりする時など、
必要に迫られた時に測量を依頼しても、そんなに
値段が変わらないのなら、今回無理に
しなくても良いのかな…と疑問に思っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

agboyです。
簡略にお答えします。
もし、今回の測量を断ったとしても、隣地の測量なので、「境界の確認をお願いしたい」旨の連絡が必ずあるハズです。
その時に考えられても遅くないのでは?
また、当初のご質問にあった事にお答えするならば、
<自分が売ったり…登記簿売買にすれば良いのです。
<建てたりする時…問題ありません。境界さえ分かっていれば。
<必要に迫られた時…分筆する場合には必要です。但し、今測量しても、周囲の地権者が変わった場合、再度測量する可能性があります。
嫌味ったらしく聞こえるかも知れませんが、周囲が配送センターや一般民家に使用されている土地であれば、1平方メートル減ったところでどのような影響があるのでしょうか?
測量会社から境界確認の連絡が入ったときにまた、御相談頂けますか?しばらくこのサイトに集中しますので、その時にまたご返答します。

Q相続人からの申請 登記申請書

お世話になります。

以下の事例について、以下の質問につきご教授お願いいたします。

・被相続人X 相続人は亡A(Xより後に死亡)とBの2名
・亡Aの相続人は、甲と乙の2名
・X所有の不動産を、亡A持分2分の1、B持ち分2分の1とする登記申請書
・但し、甲とBが登記申請人となり、乙は登記申請人とはならない。

(申請書案1)
目  的 所有権移転
原  因 平成年月日相続
相続人 (被相続人X)
      Aの住所
      持分2分の1 亡 A
      甲の住所
(申請人)上記相続人甲
      乙の住所
      上記相続人乙
      Bの住所
          2分の1 B
以下省略

(申請書案2)
目  的 所有権移転
原  因 平成年月日相続
相続人 (被相続人X)
      Aの住所
      持分2分の1  亡A
      甲の住所
      上記相続人甲
      Bの住所
          2分の1 B
以下省略

質問(1) 上記の申請書案1と2は、どちらが正しいでしょうか?違いは、乙が申請人とならない場合に、甲乙を記載し甲に(申請人)と冠記するか(申請書案1)、甲のみを記載し乙は記載しないか(申請書案2)、です。

質問(2) この場合の相続証明情報の戸籍についてですが、Aの死亡の記載のある戸籍謄本(甲は除籍済み)と、甲の現在戸籍のみで足りると考えて宜しいでしょうか?(甲の戸籍にはAが親として載っているだけ)

宜しくお願いいたします。

お世話になります。

以下の事例について、以下の質問につきご教授お願いいたします。

・被相続人X 相続人は亡A(Xより後に死亡)とBの2名
・亡Aの相続人は、甲と乙の2名
・X所有の不動産を、亡A持分2分の1、B持ち分2分の1とする登記申請書
・但し、甲とBが登記申請人となり、乙は登記申請人とはならない。

(申請書案1)
目  的 所有権移転
原  因 平成年月日相続
相続人 (被相続人X)
      Aの住所
      持分2分の1 亡 A
      甲の住所
(申請人)上記相続人甲
...続きを読む

Aベストアンサー

質問(1)について

買主が有する登記(履行)請求権は不可分債権です。
それを買主の相続人全員が承継していることから,
原則として買主の相続人全員と売主が共同して登記申請を行うべきところ,
保存行為に当たるので相続人中の1人と売主とで登記申請できるというのが
『登記研究』129号にあるようです。

実務系の書籍を当たってみても,書いてあるのはここまでで,
相続人中の1人から申請する場合の申請書の書き方まで書いてあるものは
見当たりませんでした。

実務的には,相続手続に使う目的での兄弟の戸籍謄本等の請求に対しても
役所が交付を渋る実情を考えると,
申請書案2としてもらえると申請人の負担も減るのでうれしいところですが,
そこは最終的には,登記官の判断になってしまうように思われます。

ただ,法定相続の場合,遺産分割協議や遺産分割調停による場合等では,
添付情報から申請人とならない相続人が判明するものの,
遺言に基づく場合には,最低限の戸籍謄本等で相続関係を確認すれば足りるために,
他の相続人を確認することができなかったりします。
相続人全員がわかる事例では申請書案1で申請すべきといわれるかもしれませんが,
遺言による相続の前提として設問のような登記申請をする場合には,
申請書案2で押し切れそうな気がします。

質問(2)について

不動産登記令第7条1項5号イの情報の意味でしたら,
・買主の死亡を証する情報(Aの除籍謄本)
・申請人が買主の相続人であることを証する情報(甲の戸籍謄本)
で足りると思います。

質問(1)について

買主が有する登記(履行)請求権は不可分債権です。
それを買主の相続人全員が承継していることから,
原則として買主の相続人全員と売主が共同して登記申請を行うべきところ,
保存行為に当たるので相続人中の1人と売主とで登記申請できるというのが
『登記研究』129号にあるようです。

実務系の書籍を当たってみても,書いてあるのはここまでで,
相続人中の1人から申請する場合の申請書の書き方まで書いてあるものは
見当たりませんでした。

実務的には,相続手続に使う目的での兄弟の戸籍...続きを読む

Q片方の隣家が境界をハッキリさせたいので測量士を頼むと言っています。東西

片方の隣家が境界をハッキリさせたいので測量士を頼むと言っています。東西は道路に面しており南と北に宅地が有ります。我が家の両側に水路があり互いの雨水を落として側溝まで流しています。両家ともこの水路はうちの物だと主張しています。両家が水路の中心を主張しているか又は片方は我が家の物だと言ってくれれば納得出来るのですが・・・、本当の所は分かりません。作成日昭和55年、法第14条1項、地籍図という1/500のコピーが有ります。測量士はこれらの図面を元に職務上の公平な立場で境界線を決めるのだろうから従わざるを得ないと考えています。将来、我が家が測量をした時には残る隣家も従わざるを得ないと考えます。それを覆すには莫大なエネルギーを要しそうだからです。そんな考えで我が家は費用も大変の様なので、売却等必要な時まで測量は見送るつもりです。費用は折半だと言っていますが、将来測量をした時に同等の作業を一から始めるだろうから安くなるとも思いません。持ち出しを断る事は出来ますか?。また事前に用意して置くのと無いのでは、流れが変わってしまう様な重要な事が有ればお教え下さい。

Aベストアンサー

土地家屋調査士をしてます。
質問者さんの質問内容のようなことを主な業務としてます。
隣が頼もうとしている「測量士」とは、おそらく「土地家屋調査士」のことなんでしょう。

私が質問者さんの土地の状況を実際に知ることはできませんから、一般的な話の回答をします。

土地家屋調査士は、現地で不明な境界を知りたいとする時、あらゆる資料を参考にして、公正な立場で“見解を”示します。
つまり「境界がどこなのか教えてあげる」のが仕事です。
「私が決める境界に従ってもらう」という類のものではありません。

仮に強引な承諾を求められた場合には安易に判を押さず、質問者さんも別の土地家屋調査士に相談するなどしてより慎重に検討すべきです。


*費用を折半にするかどうかは、質問者さんの自由です。

費用を折半すれば、より公正な判断を期待できると思います。
一般的な四角い土地の場合、一辺(片側)がハッキリしていれば将来必要な境界確認は残りの三辺だけになります。
今回その片側がハッキリすれば、将来測量する場合には費用は安くなると考られるのと、これからも長年にわたり不明なままにしておく不利益を考慮して検討してください。

*隣家の依頼を断るのは自由です。

私も、通常の業務でお隣から断られることがあります。
話を聞くと「以前こちらがお願いしたときに断られた」とのことです。
だから仕返しをするのだと…。
無益な争いに発展する可能性があることも考えておいてください。

*事前の準備
隣家の依頼する土地家屋調査士が信用できない場合や、土地家屋調査士ではない者が質問内容のようなことをしようとしているのであれば、質問者さんも別の土地家屋調査士に相談・依頼した方がいいと思います。

境界をハッキリさせておくことは、双方にとって利益のあることです。
お互い様です。
もっと前向きに考えてみてください。
今回のことがきっかけで、お隣との関係がよりよいものになればいいなと思います。

土地家屋調査士をしてます。
質問者さんの質問内容のようなことを主な業務としてます。
隣が頼もうとしている「測量士」とは、おそらく「土地家屋調査士」のことなんでしょう。

私が質問者さんの土地の状況を実際に知ることはできませんから、一般的な話の回答をします。

土地家屋調査士は、現地で不明な境界を知りたいとする時、あらゆる資料を参考にして、公正な立場で“見解を”示します。
つまり「境界がどこなのか教えてあげる」のが仕事です。
「私が決める境界に従ってもらう」という類のものではありませ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報