ホワイトノイズとピンクノイズについて以下のような記述があります。
「周波数を横軸にエネルギーを縦軸にとってホワイトノイズをグラフ化すると、フラットなグラフになります。ピンクノイズをグラフ化すると、ピンクノイズは高い周波数帯域に行くにつれて右下がりのグラフになります。ですから、ピンクノイズをオクターブバンドパスフィルターで測定すると、どのオクターブでみてもエネルギーが均一でフラット(平坦)な特性になります。ホワイトノイズをオクターブバンドパスフィルターで測定した場合、オクターブバンドの中心周波数が高くなるにつれて右上がりの特性になります。」
この記述を読むと、「右下がりのグラフ」になるピンクノイズが、オクターブバンドパスフィルターで測定すると「フラット」になるということがよく分かりません。ピンクノイズが「高い周波数帯域に行くにつれて右下がりのグラフ」になるのなら、高い周波数帯ではフラットにならないのではと考えてしまいます。
一方、「フラットなグラフ」になるホワイトノイズが、オクターブバンドパスフィルターで測定すると「中心周波数が高くなるにつれて右上がりのグラフ」になるというのもよく分かりません。フラットならフラットのままではと考えてしまいます。
このことをシロウトの私に分かりやすく説明して頂ける方、お願いいたします。
というのも、難聴の人の聞こえの音のシュミレーションを作ろうとしているのです。例えば、平均聴力レベル70dBで高音急墜型の人の聞こえのシュミレーションを作成するのに、あるソフトのローフィルターを使って、1000Hzより高音域をカットし、ノイズをミックスしようと考えているのですが、その際にはホワイトノイズがよいのか、ピンクノイズがよいのか、迷っております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、オクターブと言う概念を考えましょう。


順に、
1-2Hz
2-4Hz
4-8Hz
となって行きますね。
帯域幅は、順に、1Hz,2Hz,4Hzになりますね。
従って、それぞれのオクターブをフィルタ化した場合、
フィルタを通るエネルギーは倍々になります。

挙げておられる文は、オクターブフィルタを順に並べた時に、
その出力が順次どうなるかを書いています。
したがって、ホワイトノイズを通した時は、
それぞれのオクターブバンドパスフィルタの出力は倍々に増えていきます。
    • good
    • 2

ホワイトノイズは、全帯域にわたって一定の振幅(単位出力)を持っているもの、ピンクノイズは、オクターブバンド幅のパワーが一定のものですが、これを説明するのには、帯域幅あたりのパワーについても説明しなければなりませんので、省略します。



具体的には
ホワイトノイズ:
400Hz-500Hzのパワー(振幅×(振動数幅=100Hz))と
1000Hz-1100Hzのパワー(振幅×(振動数幅=100Hz))が同じになる

ピンクノイズ:
100Hz-1000Hzのパワー(振動数=100Hz~1000Hzの間での面積)と
1000Hz-10000Hzのパワー(振動数=1000Hz~10000Hzの間での面積)
が等しくなるような信号

等間隔目盛りのグラフで、X軸に振動数・Y軸に振幅を画いた場合、
ホワイトノイズは、X軸に水平になるが、
ピンクノイズは右下がり曲線となる
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホワイトノイズとブルーノイズの違いについて

あるデータをFFTによって周波数解析して、
縦軸にパワースペクトル密度×周波数、横軸に周波数としてプロットしたところ、
高周波部分に周波数の1乗の傾きが得られました。

この部分をホワイトノイズ(白色雑音)だと説明したところ、
ブルーノイズ(青色雑音)だと指摘を受けました。

どちらが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

≻ブルーノイズ(青色雑音)だと指摘を受けました。
ブルーノイズは初めて聞きましたが多分そうでしょう。

ホワイトノイズはパワースペクトルが周波数に関係なく一定の物です。
周波数のマイナス1乗の傾きの場合ピンクノイズと言いますが、ホワイト、ピンクの違いはスペクトルを可視光に当てはめると分かります、ホワイトノイズは赤から青まで全ての色が同量含まれるので白です。ピンクノイズは赤が多く、緑が中ぐらい、青がほとんどないので、赤と白を混ぜたような色になります。

周波数の1乗の傾きの色はブルーではなく水色だと思いますが。

Qオクターブバンドの周波数帯の考え方

例えば、
●中心周波数500Hzで1オクターブバンドだと
周波数の領域は
500*2^(-1/2)~500~500*2^(1/2)

●中心周波数500Hzで1/3オクターブバンドだと
周波数の領域は
500*2^(-1/6)~500~500*2^(1/6)

●中心周波数1500Hzで1/2オクターブバンドだと
周波数の領域は
1500*2^(-1/4)~1500~1500*2^(1/4)

というふうになる気がするのですが、
合っているでしょうか?

どなたか答えあわせをお願いします。

Aベストアンサー

中心周波数をfとすると、nオクターブバンドの周波数の領域は、

2^(-n/2)*f~2^(n/2)*f

となりますので、合っています。

Q低周波数帯域での等価回路について

先日、増幅器回路に関する実験を行いました。
実験の後の考察で、増幅器の周波数特性に関して理論と実測を比較するという部分があるのですが、理論値を求めるに当たっての仮定が分からなくて困っています。
下図のような回路で、
一、VbをViを用いて表す。
二、ibをVbを用いて表す。
三、Vcをicを用いて表す。
四、VoutをVcを用いて表す。
五、ic=hfe・ieの関係からVoutをVinで表す。
六、A=Vout/Vin(1/hoe//Rl//R3)を用いて低周波数における電圧の増幅度A=Alow(=Vout/Vin)を表す。
という風に値をどんどん求めて最後に素子の値を代入するのですが・・・、一番の時点で、どう表せばいいのか詰まってます。

ヒントでもけっこうですので回答お願いします!

回路図 http://www.alfoo.org/diary14/yamaduki/
左からVin、R1//R2、ib、hie、Vb、ic、Vc、1/hoe、Rl、R3、Voutです。(見づらくてすみません

Aベストアンサー

過去に類似の質問(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2982241.html)があります。その ANo.3 に回答があります。

過去質問は、エミッタに抵抗//コンデンサが入っていて、hoe = 0(コレクタ抵抗 = ∞)としたものですので、その式で Re = 0、Ce = 0、Rc = 1/( hoe + RL )、RL = R3、Cin = C1、Cout = C2、v1 = vb、v2 = 0、v3 = vi とすれば、ご質問の回路の式となるはずです。

Q増幅器の増幅度と周波数帯域幅について

タイトルのとおりトランジスタのような増幅器の増幅度と周波数帯域幅の関係について知りたいです。
増幅度と周波数は関係してるとわかりますが、帯域幅と増幅度の関係についてはイマイチわかりません。どういう関係なんでしょうか?
増幅度が上がれば帯域幅が狭くなるとかいうことでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

>増幅度と周波数は関係してるとわかりますが、
ならば解かるはずです。計算してみてください。等価回路には、低域、高域の利得に影響ある容量成分などを加えてくださいね。excelなどを使えばシミュレーションは簡単です。
概念的に言えば;
帰還抵抗を大きくして(増幅度を上げて)いくと、台形の平坦部分が持ち上がって(利得が大きくなって)行きます。しかし、低域と高域の傾斜部分はほとんど変化していないでしょう。
つまり、帯域幅を規定する位置が持ち上がると同時に狭まっていくだけです。
逆に言えば、三角形のトップを徐々にスライスして行く方向が、増幅度を下げる方向です。平坦部分が広がっていくことになります。

Q周波数帯域

PSKやQAMの場合には、搬送波を中心とした上下に、使用する周波数帯域がそれぞれシンボルレート分広がる。たとえば毎秒1000回変調すれば、± 1kHz広がる

と書いてあるサイトがあるのですが、なぜ広がるのかは書いておりません。
理論がわかる人教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>毎秒1000回変調すれば、± 1kHz広がる
>搬送波の1000Hzずれたところにスペクトルが
>ちょこんと立つものではないのですか?

 まず、これは間違いで、帯域が1kHz(±0.5kHz)以上いるということです。広がって幅になります。

 詳しい話は、難しいので、イメージで書きます。
 変調をかけるということは、キャリア(搬送波)の位相なり振幅を変化させると言うことです。
 毎秒1000回の変調ということは、一番激しい変化は、交互に一番激しく変化させることです。(例えば2値の変調であれば、101010のような変化)
 この時、交互ですから、その周期は変調をかけるスピードの2倍になります。つまり、毎秒1000回の変調であれば、500Hzの周期になります。その変調の変化の仕方で、0~500Hzの変化になります。
 そして、キャリアが0~500Hzの周期でゆすぶられると、キャリアとその周波数成分の合成波(混変調と言って、二つの周波数を足した周波数と引いた周波数)ができて、キャリアを中心に広がります。

 上記、±0.5kHzの広がりは、正しく復調するために必要な最小の幅で、実際には変調のかけ方やその他でもっと広がり、、±0.5kHz以上になるとなだらかに(または急激に)レベルが下がります。

>毎秒1000回変調すれば、± 1kHz広がる
>搬送波の1000Hzずれたところにスペクトルが
>ちょこんと立つものではないのですか?

 まず、これは間違いで、帯域が1kHz(±0.5kHz)以上いるということです。広がって幅になります。

 詳しい話は、難しいので、イメージで書きます。
 変調をかけるということは、キャリア(搬送波)の位相なり振幅を変化させると言うことです。
 毎秒1000回の変調ということは、一番激しい変化は、交互に一番激しく変化させることです。(例えば2値の変調であれば、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報