先日の台風で、まだ築2年の我が家の瓦が2~3カ所浮いていました。
ご近所の瓦は、被害がありませんでした。
瓦をめくり、固定方法を確認したところ、3列ごとに瓦1枚に対して釘
1本で固定してありました。
 法律上では、どのように固定するのが望ましいのでしょうか?

住宅会社に全部緊結するようお願いしたのですが、3万円程かかると言われました。妥当な値段なのか解りません。また、釘を打ち増しして桟木が持つのでしょうか。教えてください。
 ・三州の平瓦
 ・屋根は、片流れで、60m2
 ・台風の時は、瞬間風速48m程
 ・桟木のサイズは解りません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご質問者さんの家の瓦緊結方法は一応適正だと判断されます。



また仰るように全ての瓦を釘留めするのは一つの良い方法ではあります。
提示されたその価格もリーズナブルだと思われます。とは言え、工事金額に定価はありませんし施工方法も色々ありますから非当事者が価格を単純に判断出来るものではありません。工事環境も価格に結びついてきます。

ご近所に被害が無くご質問者さんの家だけに被害があったから悪い施工だったとも言えません。風の抜け方は色々な条件で思いがけず変わって来ますからこれも単純にこうだと言えるものではありません。

これはいかにも曖昧なはぐらかし回答のように思われるかもしれませんが、長年このような被害を目の当たりにして来ての経験から申し上げています。

桟木が保つかどうかというご質問ですが、1)桟木に太いものを使う事 2)桟木は垂木一本一本に必ず釘留めする事 3)抜けにくいスクリュー釘を使う事 などが関わっていますから総合的に判断する必要があります。
それらをした時に予算が幾らかを確認されることをお勧めします。

予算的にまだゆとりがあるのなら瓦留め金具をお勧めします。瓦釘は瓦の頭に打つものですが、風を受けた時の瓦の動きはちょうど「釘抜き」のように瓦釘に作用します。従って強い台風に対抗するには瓦釘だけでなく、そもそも瓦が浮き上がらない工夫がベストだと思いますが、それが瓦留め金具です。それも屋根地の端部あたりにしっかり使う事が特に重要です。接着剤では瓦を緊結出来ませんし、しっかりした業者なら接着剤などをお勧めすることはないでしょう。

また、瓦留め金具と上述の瓦釘の複合工事が実際的だと思います。これも価格を施工される業者さんにお問い合わせ下さい。

良い業者ならご質問者さんから「このような施工をしてほしい」というのも一つの方法ではありますが、「台風に負けない強い屋根にしてほしいけれどその為にはどのような事が出来てその予算は幾らだろうか、詳しい説明が聞きたい」と業者の知恵を引き出す問い掛け方が良いと思います。そのような問いかけなら業者は貴方の味方になって考えてくれると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答有難うございます。
まだ、住宅会社と調整段階で、瓦屋さんとは接触していませんが
こちらも、お願いも含め、相談という形で話を進めていこうと思います。

お礼日時:2006/11/25 10:36

No1の方の説明が的を得ていると思いますので、業者の選択のアドバイスだけをさせていただきます。


全日本瓦工事業連盟という団体があり、そこのホームページより最寄りの業者を選んで、瓦屋根診断技士の資格をもっている者に診断してもらい、どのようにすれば一番効果的かアドバイスをもらえばいいと思います。
当方も加盟しておりますが、この団体の加盟店ならば、悪質な業者はいないと思います。

参考URL:http://www.yane.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。
私の説明不足でしたが、住宅会社にクレームの形で話をしているため瓦屋さんを選択することは難しいと思います。金額については、全費用の1/3が負担と言うことでした。屋根診断技士については、少し検討してみようと思います。

お礼日時:2006/11/25 10:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qaicezukiの英語読み

最近話題のaicezukiさんについてですが、これを英語読みするとどう読むのでしょう?
きっかけは友人との会話です。
私はあれをラテン語読みでアイケズキと読んでました。
すると彼はアイスズキだと正して来ました。
何故そんな奇っ怪な読み方をするのか尋ねたところ、英語読みだ、と・・・。
しかし、英語読みをするならaiはエイと読むのでは・・・?zukiはそのままズキと読むのだろうか・・・?
というわけで、aicezukiの英語読みを教えてください。
エイス○○か何かになると思うのですが・・・。

Aベストアンサー

 下記の左肩に aicezuki と書きこんで20人ほどのネイティブが判じ読みをするのをご鑑賞下さい。アイスズキ、エイスズキ、アイスズーキ、など色々です。
 http://www.oddcast.com/home/demos/tts/tts_example.php

Q瓦棒葺き屋根の、瓦棒の下地の木について教えて下さい。

瓦棒葺き屋根の、瓦棒の下地の木について教えて下さい。

瓦棒葺き屋根の瓦棒の下地に「しんぎ(あるいはしんき)」と呼ばれる材木を使用しますが、
この材木の漢字が分からず、困っています。

「真木」、「心木」、「芯木」、など。

辞書やwebサイトで検索しても色々と別れており、どれが正しい漢字なのかがわからない状態です。
カテゴリー違いかもしれませんが、ご存知の方、ご教授いただきたく思います。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 日本長尺金属工業会が出版する「金属屋根の施行と管理」や日本銅センターの「銅板屋根施行マニュアル」では「心木瓦棒」が使われています。
が「全板連」の「金属板第一全集・屋根外壁工事総合板」では「真木」が使われています。
「芯木」を使っている図面やメーカーのカタログを見たことがあります。
「しんぎ」というのは瓦棒葺のどぶを固定するに必要な材木で 30角程度のものを使います。
約415mm程度のピッチで流れ方向に取り付け その間に459幅の鋼板を加工したどぶを落し込み 「しんぎ」の上にキャップを取り付けて ハゼを締めていきます。
施行と「しんぎ」の働きを考えると、意味合い的にどの字も当てはまるように思います。
業界としても統一はしていないようですね
最近はしんぎ有り瓦棒葺はほとんどありません。
シンギ瓦棒はずいぶん昔にシンギ無し瓦棒
まるハゼ瓦棒や三晃式にかわり 最近は勘合式縦はぜ葺がほとんどとなっています。

Q増えつつある関東の電車の自動英語放送の日本語読み

最近、JR東日本や東京メトロなど、関東の電車の自動英語放送で、駅名の部分を日本語読みする事が増えているそうです。
例えば、以前は「The next station is Tokyo.」のように聞こえていましたが、いつの間にか「The next station is 東京.」のように、駅名の部分が日本語読みされている、変な(?)英語放送に変わっています。

僕にとっては、やっぱり英語だから駅名のところもきちんと英語読みするほうがしっくりくるのに、日本語読みではやはり発音的におかしく感じてしまいますが、なぜ最近の自動英語放送では、駅名の部分を日本語読みする事が増えつつあるのでしょうか?また、駅名の部分を英語らしく言うのに比べてのメリットは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも「東京」は日本語なのだから、
もともと英語にはない単語です。
それを、誰が始めたのか「ト」にイントネーションを置いて発音する人がいて、
いつしかそれが正しい日本語の発音だと誤解されてしまっている側面があります。

だから、誤解を生まないように、日本語の地名は正しい日本語の発音に改められているのだと思われます。
あなたも、外国人に自分の名前を最初に言う時、気取ってイントネーションを変えて発音すると、それが正しい日本語の名前の読みだと誤解されてしまうでしょう。
だから最初から正しい日本語の発音で言えば、きっとその名前で呼んでくれて、よりしっくりくると思いませんか?

Q【金属屋根・立て平と瓦棒】ほとんどが立て平だと思いますが、腐りやすい木を入れる瓦棒のメリットはなんで

【金属屋根・立て平と瓦棒】ほとんどが立て平だと思いますが、腐りやすい木を入れる瓦棒のメリットはなんですか?

瓦棒を選ぶメリットって何があるんですか?

Aベストアンサー

遠い昔流行ったのです。

施工を見てると判りますが工事早いです。
従来の工法から
現場で職人技術不要で安く早く簡単に施工する為です。

今では新築の住宅には需要はないと思いますが
プレハブや物置に今でも工事しますね。


最大の魅力は工事代金!値段です。

Qなぜ、日本の英語教育では「アブクド読み」を教えなかったの?

アルファベットの読み方についてです。
日本で育った日本人のほとんどは、学校で、ABCD・・をエイビシーデーと教わり覚えたと思います。

最近、たとえばNHKの英語番組などでも、
エイビシーデーはABCDの「名前」であって、「読み方(音)」ではない。読むときの音は「アブクド・・・」である。ただし、いくつかの例外はある。

といった解説をしています。
ネット上の英語教材でも、「日本人が英語が話せない理由、それはアルファベットのホントの読み方を知らないから」などというキャッチコピーを見かけます。

中学校での英語教育がいつ始まったのか知りませんが、どうして最初から「アブクド・・・」を教えなかったのか、不思議です。
教育内容は、英語専門家が集まって決めたと思います。専門家でさえもアブクド・・というアルファベットの「読み方」を知らなかったのでしょうか?

中一の時、
I am a boy. はなぜ、アイ エイム エイ ボーイ じゃないの? hatはなぜヘイティじゃないの?エイビーシーデーを一生懸命覚えたのはなんだったの? 
と疑問に思ったことを思い出しました。

最初から「読み方は、アブクド・・・」と教えてくれていたら、そんな疑問も抱かずに、スルっとマルっと英語を読めたかもしれないのに、と思います。

アルファベットの読み方についてです。
日本で育った日本人のほとんどは、学校で、ABCD・・をエイビシーデーと教わり覚えたと思います。

最近、たとえばNHKの英語番組などでも、
エイビシーデーはABCDの「名前」であって、「読み方(音)」ではない。読むときの音は「アブクド・・・」である。ただし、いくつかの例外はある。

といった解説をしています。
ネット上の英語教材でも、「日本人が英語が話せない理由、それはアルファベットのホントの読み方を知らないから」などというキャッチコピーを見...続きを読む

Aベストアンサー

私の想像でしかないのですが、フォニックスルールで単語を読めても意味は分かりません。既に耳で聞いて意味を知っているなら良いですが、そうでないとアルファベットの塊でしかないので、意味と読み方とセットで覚える仕組みなのかなと思います。

私は子供に英会話を教えていました。もちろん、このフォニックスルールも教えました。リスニング問題を解く前に、英語が苦手な子もいたので、あらかじめ情景など一緒に確認することがありましたが、ある時、登場人物の名前を読ませたら、4人のうち3人が外国人の名前、一人が日本人で「Hide」。これを、迷わずに「ハイド」と子どもたちが読んだときは、フォニックスルールの素晴らしさを実感しました。本当は「ヒデ」なのですが、ルールに則ると「ハイド」(英単語としても「隠す、隠れる」という意味がある)と読みます。

ただ、フォニックスを知っていても全ての英単語を読めるわけではありません。中学校でもフォニックスを教えるようになったと思うのですが、どうせ教えるならば発音記号の方が後々役に立つと思うのです。高校から使う辞書は発音記号しか載っていないので。今は電子辞書やネットで音声で調べられるので知らなくても良いかもしれませんが、それを言うとフォニックスもしなくても良いような...

どちらを教えるにしても、正確(それに近いもの)に発音して教えられる教師がどれほどいるのかが問題だと思います。

私の想像でしかないのですが、フォニックスルールで単語を読めても意味は分かりません。既に耳で聞いて意味を知っているなら良いですが、そうでないとアルファベットの塊でしかないので、意味と読み方とセットで覚える仕組みなのかなと思います。

私は子供に英会話を教えていました。もちろん、このフォニックスルールも教えました。リスニング問題を解く前に、英語が苦手な子もいたので、あらかじめ情景など一緒に確認することがありましたが、ある時、登場人物の名前を読ませたら、4人のうち3人が外国人の名前...続きを読む

Qパナホームに詳しい人?三州瓦について

パナホームで建築し、(太陽光発電なし)三州瓦のみ載せてます。この瓦をよく見ると、一枚一枚平らで瓦の合わさる部分が重なっていないのでおそらく防水シートが漏れた雨水をキャッチしているように見えます。 この状態で長持ちするのでしょうか?  太陽光発電システムを載せているお宅を見ると、発電システムの部分だけ瓦が省いてありますが、これも漏れた雨水は防水シート頼りのみなのでしょうか? 詳しい方いらっしゃいましたら教えて下さい

Aベストアンサー

パナホームが特別という訳ではないでしょう。

三州瓦といっても昔のように波打った形でなくて一見平らに見えますが両隣/上下とも重なっているところが必ずあります。

参考までに
》http://www.try110.com/product/kawara/type3/index.html

Q数式の英語読み

英語で書いてある物理の教科書を読んでいるのですが、
数式の英語読みが分からなくて困っています。

∇^2 n

m ^-1/2 (mの-1/2乗)

教えてください。よろしくお願いします。
あと、こういう数式の英語読みをいろいろまとめてある
HPがあったらそれも教えて欲しいです。

Aベストアンサー

このご質問に対する回答にはならないかもしれませんが、少しなら読みを記述したサイトがあります。
あとはネット検索してみてください。

本も出ていますよ。
「理科系のための英語プレゼンテーションの技術」
志村 史夫著・定価:本体2800円
「ISBN4-7890-0859-2」で注文できると思います。

参考URL:http://www.monjunet.ne.jp/PT/sampo/006.htm

Q屋根瓦の葺き方、銅線を留める釘

屋根瓦の葺き方、銅線を留める釘

お世話になります。
こちらのサイトで紹介されてるhttp://www8.plala.or.jp/numaokawaraten/P-3.html
12番の「棟に鬼吊り、巴吊りと言う銅線をステンレス製スクリュー釘に撒きつけ打ち込みます。」

ここで言う打ち付けるとはどこの事を指しているのでしょうか?
棟の両サイドにある瓦残に打ち付けてあるのですか?

ご存知の方教えてください宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

瓦桟は強度がありません、出来れば板の下地の材木(垂木)がベストです。
でも施工業者さんは止まればどこでも良いが、現実です。

こちらのサイトは古いです。
今は全部の瓦をステンの釘で止めます。

一つ注意してほしいのは、今の瓦は釉薬で銅が溶けます。
昔の素焼きの瓦では谷に銅を使ってたら100年くらい持ってたのが、
今の瓦では10年で穴が開いて雨漏りします。

今は銅線よりステンをよく使ってます。、(ステンも電触で切れる場合があります)

Q英語の読み方をカタカナで書くことについて

英語の単語の読み方をカタカナで読み方を書く人がよくいますよね?
たとえば

run ラン

こういった行為はよくないといわれていますなんででしょうか?

またカタカナで読み方を書くのではなくアルファベッドのローマ字読みで読み方を書くという行為もありますがこれはいいのでしょうか?

Aベストアンサー

少し、私も知っていることを言わせていただきます。
ソシュールの教えの中に、「シニフィアン」と「シニフィエ」という言葉があります。
「シニフィアン」とは、表記されたものという意味で、「シニフィエ」とは、その意味を持つ概念を表します。

>run ラン

>こういった行為はよくないといわれていますなんででしょうか?

そんなことは、誰が言ったのしょうね。単に、英語学習の権威付けだけではないでしょうか。
一部の人は、メディアによる吹き込みで、誤解があるのでしょう。

ソシュールの理論からすれば、おかしな話なのです。発音記号で?って、音声学の専門教育を受けた人が、国際音声記号(IPA)で書けるならともかく、別に、一般の発音記号などで表記しても、厳密性などはありませんね。日本人には違う音に聞こえても、英語ネイティブには同じに聞こえるらしいのですが、国際音声記号では、絶対に違う表記になります。

日本語でも、「ん」の表記はされていても、様々な音声を持っています。その違いを日本人自身は、特別な訓練をしなければ、認識できません。当然、ローマ字表記でもカバーすることはできません。私は、英語の発音を何度も調べてみましたが、違う音声なのに、同じに表記される発音記号は多くありますから、何を以って、カタカナ表記が悪いとするのか分かりません。場合によっては、カタカナ表記の方が正確かもしれません。

Wyswyg (what you see is what you get)という言葉がありますが、これをもじって、Wylwyg(what you listen [for] is what you get)ではないでしょうか?あなたの聞いたものが、本当なんだろうと思います。
つまり、音声言語である限りは、どんな表記であろうが、表記自体に何の罪もありません。聞いたことがないものは、発音記号であろうが、国際音声記号(IPA)であろうが、フォニックスであろうが、ハングルであろうが、再現できなければ何の役も立ちません。

究極的には、相手に、自分の意味している音声が通じるかどうかの問題で、有名な同時通訳の人の本でも、英語のカタカナ表記はされています。それが、結構、通じるのです。

「上杉謙信」が、" West Kensington"として通じたでも、それは、それで、Communicable なら良いのだと思います。日本語の発音で何が悪いのでしょう。相手が意味が取れないとなって、始めて、相手とのコンセンサスが取れる発音をするわけで、表記(シニフィアン)に問題があるわけではありません。表記を限定するということには、何か、英語教師の欺瞞が隠されているように感じます。

神経質な英語ネイティブの教師にあたれば、意味は通じていたのに、あれこれ上から目線で文句を言われるかもしれませんし、『なんで英語をやるの』の著者の中津燎子氏のように、英語そのものの有効性を無視して、自分が認める範囲の発音でない生徒なら、即刻ダメだしして、もう教えないという教師もいるかもしれませんが、本当に、英語をコミュニケーションのツールとして考えるなら、そのような配慮はいらないはずです。一方では、英語はグローバルな言語と位置づけながら、もう一方で、米国発音を強要するというのは、矛盾しているように思います。そうした、米国による英語至上主義はやめたほうがよいと思います。

少し、私も知っていることを言わせていただきます。
ソシュールの教えの中に、「シニフィアン」と「シニフィエ」という言葉があります。
「シニフィアン」とは、表記されたものという意味で、「シニフィエ」とは、その意味を持つ概念を表します。

>run ラン

>こういった行為はよくないといわれていますなんででしょうか?

そんなことは、誰が言ったのしょうね。単に、英語学習の権威付けだけではないでしょうか。
一部の人は、メディアによる吹き込みで、誤解があるのでしょう。

ソシュールの理論からすれば、...続きを読む

Q4月に新築しました。庭に芝でも植えようかと思ったのですが、大きな石や腐った木、錆びた釘やビニールごみ

4月に新築しました。庭に芝でも植えようかと思ったのですが、大きな石や腐った木、錆びた釘やビニールごみ、そしてコンクリートのようなものが掘る度たくさん出て来ました。正直きりがないです。

分譲地では普通の事なのでしょうか?

やはり買ってしまった以上、地道に取り除いていかなければならないのでしょうか?
泣き寝入りするしかないんでしょうか?

知識もないのでアドバイス頂きたいです。

Aベストアンサー

>分譲地では普通の事なのでしょうか?
実はけっこうある。
土地の造成の時に、建築廃材や産業廃棄物が投棄されるのはよくあることで、別に土を持って来たりしないで済むから安上がりだし、土よりも固い地盤のように見せられるって点がある。
だいたいこういうのって、元々谷間や湿地帯なんかの土地を造成する時にやる手なんだよね。
だから私の場合は、過去何十年とか江戸時代の地図を見て、そこの土地が谷間じゃなかっただろうかとか、どういう状況だったか、湿地帯じゃなかっただろうかってのを調査した上で購入検討した。

>やはり買ってしまった以上、地道に取り除いていかなければならないのでしょうか?
>泣き寝入りするしかないんでしょうか?
物件状況等報告書にどのように書いてあるかを確認してみな。
場合によっては告知義務違反になるから、撤去費用なんかを負担してもらったりなどの対応が可能かも。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報