日本語の「は」と「が」という助詞の違いは外国人には少し難しいようですね。例えば 次の文です。

(1)彼“は”私の弟です。
(2)彼“が”私の弟です。

この2つの文は英語にするとどちらも “He is my (younger) brother.” になりますが、日本語でのこのようなニュアンスの差は英語では表現できないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

○一文だけの場合



「彼が」の方は「他ならぬ彼が」という限定を帯びるので、主語に強勢を置くことによって表せるでしょう。「彼は」の方は彼についての新情報を述べることになるので、述語の方(伝えたい情報の重要度により、my か younger か brother のどれか)に強勢を置きます。

○前後関係がある場合

例えば、

There is a boy walking over there.(ほら、あそこに少年が歩いてるでしょう)

という文が前にある場合、「彼は~」と続けると主語にはあまり重要度が感じられなく、

He is my brother.(He is に強勢を置かない)

と続ければいいでしょう。「彼が~」と続ける場合は、上と同じく「他ならぬあいつが」というニュアンスを帯びるので、

That is my brother.

と続けた方がいいでしょう。that は常に強勢を持ち、また相手に指し示す働きがあるので he よりもこの場合は適しています。「彼」自体が指示代名詞起原なので、必ずしも he である必要はありません。(でも学校では認められないんですね。)

○紹介する場合

この場合主語は this しか使えません。日本語で紹介するときは「こちらは/が」「これは/が」「彼は/が」とどれでもいいのですが、英語では本人がいるときに he を使うのは失礼とされます。ついでに This is my brother Jon. Jon...「こちらは弟のジョンです。ジョンは…」のように he を避けようとします。

この場合、英語で区別をつけるのは非常に困難になります。「彼が」は上述の通り限定的になるので主語に強勢が来ます。「彼は」の「は」はこの助詞の基本的意味「~については、~といえば」(具体的に言えば「目の前にいるこの男が誰かと言うと」)が強く、これを英語で無理に表そうとすれば、

As for this man, he is my brother.

となりますが、このような紹介はしないので、結局主語に強勢を置くしかなく、区別ができなくなります。

○その他

先日の回答で書いた「~は多い(少ない)」ですが、

Needs for xx are many (few).

これがわざわざ many (few) を述語にしているのは、主語は「XXの需要に関しては」のように「話題を振る」働きを働きが感じられ、そのため文頭に出て来ていると思われるからです。

○日本語の方で使い分けが決まっており英語で区別ができない場合

1 否定文の主語は「は」

2 従属節の主語は「が」
He cannot come here. 彼は/が来れない。
It's a shame he cannot come here. 彼「が」来れないのは/が残念だ。

思い付くのを書いてみましたが、まだ他に多くの状況があるでしょう。なお、「は」は格助詞と見なさない考えもあるようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

英語のheは日本語の「彼」より桁違いに使用頻度が高いんですが、紹介の場合は使えないんですね。
それでは、“As for this man, he is my brother. ”と言う文ですが、今度は「彼が」という限定的なニュアンスを無理に英語で表現するとどうなるでしょうか?

お礼日時:2006/11/27 10:13

Gです。

 こんにちは!! 

東京の池袋で一杯ではなく「いっぱい」おいしいものを食べさせてもらいました。 しかも無二の友のおごりで。 

一杯といっぱい、同じようですね。 でもフィーリングが全く違います。 かれは、と、かれが、でもフィーリングは違います。 このフィーリングの違いを両方の言語でちゃんとやっているからこそどちらの言語でもその違いを感じることが出来るのです。

一杯といっぱいではイントネーションが違いますね。 つまり、発音の音ではなく高低・強弱でちがいを出しているのです。 英語でもそれをやるわけです。 「が」のもつ限定のフィーリングはそれを強く言うことで表すことが出来るわけです。 HE is my brother.という感じですね。

しかし、この「が」にはすでに話題として出てきているということも前提になっているというフィーリング感じる必要があると思います。

彼が私の兄・弟です。ということは「彼でない人が何らかの形で話題になってはず」なのです。 ですから、このフィーリングを出す必要があるときもあるということですね。

This IS the brother of mine that I was talking about.と言うような表現を使い紹介できるわけです。

ここで気がついたと思いますが、the brother of mineと言う言い方をしていますね。 これは私の兄・弟です、と言うのであれば、This is a brother of mineとなるわけです。

theと言う冠詞は「前に出てきているときに使う」と学校で教えてくれますね。 これを知識として暗記するのではなく、今回のように「が」のもつフィーリングを出すときに、日本語のフィーリングをちゃんと把握していて、そして、さらに、この知識を応用する、つまり、使えるようにすることで、けっきょく、学校英語だって使える英語として教えることは出来るわけです。

ちょっとして知識、また、知識として十分わかっていて試験であれば決まりきった問題なのでTHEと言う冠詞をうまくフィーリングにあわせて使えるようになるはずなのです。

英語の勉強は「使えるようになるための勉強」とわたしが言いたいのはこういうところにもあるんだと言うことを知ってもらいたいと思い書かせてもらいました。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そういう表現もあったんですね。

お礼日時:2006/11/28 08:03

>“As for this man, he is my brother. ”と言う文ですが、今度は「彼が」という限定的なニュアンスを無理に英語で表現するとどうなるでしょうか?



強調構文になるでしょう。

It is this man that is my brother.

せっかく強調するのですから、he よりも印象の強い this man にしました。「この男」=「こいつ」なので「彼」と解釈してもいいでしょう。「人を表す意味の強い指示代名詞」がないのも英語の欠点です。 * It is this that is my brother. は間違いで、This is の形しか人を指すことができません。

私も反則をしてみましょうか(削除されるか?)

フランス語の自己紹介の Moi, c'est 名前、という表現は英語に直訳すると、*Me, it's / I'm 名前「私?私は~」なのでこれはまさに「私は」のニュアンスを感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度回答ありがとうございます。

さすがに 「 It is this that is my brother. 」という構文は無理ですものね。

お礼日時:2006/11/28 08:00

これも日本人には分かりきった問題として、英作文の際もあまり意識されない場合が多いですね。

確かに 既に回答が出ているように、「○○が」の○○を強く発音するのも1つの方法ですが、文字にすると区別できなくなりますからね。それでは英語での説明です。

は(pronounced "wa") is the particle of the subjective case.

ex. 彼は私の弟です。He is my (younger) brother.
燕は空を飛ぶ。 A swallow flies in the sky.

But if you want to emphasize the subject, は is replaced by が.

彼が私の弟です。It's him that is my brother.
燕が空を飛ぶ。 (There) flies a swallow.

Notice that in an attribitive clause and a dependent clause, the use of が is compulsory.

私が愛した娘たち The daugters whom I loved
私は彼が歌手だとは知らなかった。I didn't know that he was a singer.

が has an another function. It introduces the topic.

ex. 彼は脚が長い。 He has long legs.(lit. He is long in(of) legs.)

In this sentence, the subject is 彼(He), and the topic is 脚(legs).

あと、trgovecさんが回答の最後に鋭い指摘をされましたが、私も上手く説明できません。しかし反則技になりますが、私なりに解釈を。これ、英語だとニュアンスの差を出すのが難しいんですが、
フランス語だと近い感じ表せます。(ちょっと大げさになりますが)

彼は来れない。Quant a lui, il ne peut pas venir.
彼が来れない。C'est que lui ne peut pas venir.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

quant aは英語で言えば trgovecさんの回答の紹介についてのところで使っていたas forになりますよね。しかし、“C'est que lui”は確かにね。“It's that him”という形は英語では見かけないし。

お礼日時:2006/11/27 10:23

 そうですね,おそらくは He のところを強く言うか,普通に言うかで,「は」と「が」のニュアンスの違いを伝えられると思います。



  (2)の場合,ほかならぬ彼こそが,あるいは,だれあろう彼こそが,という意味であれば,

 It is he(him?) who is my brother.

 という言い方もできるのではないでしょうか。自信がなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、強調構文を使う手がありましたね。

お礼日時:2006/11/27 10:15

訂正します



2 従属節の主語は「が」
He cannot come here. 彼は/が来れない。



2 従属節の主語は「が」
He cannot come here. 彼は来れない。
    • good
    • 0

会話であれば強勢のおきかたでニュアンスを変えられるのではないでしょうか。



He is my brother.
書いてしまえば同じでも

He のあたりに強勢をおけば「ほら彼だよ、彼が私の弟だよ。」
という感じで
brother のあたりに強勢をおけば「彼は私の弟なんだよ。」
という感じになると思います。

単独の文だと、日本語で「が」を使う場合はたいてい
所有の"my"などが必要になるのですが、ある程度の文脈があれば
"the"を使うことで「が」のニュアンスを出せますね。
(ちょっと反則気味でしょうか)

人気ミュージシャンのCDの話でもしていて
「This is the CD.」と言われれば「これがそのCDだよ。」
と受け取れますが、

「This is a CD.」と言われれば「これはCDです。」
いったんその話を終えて、なにか新しい話を始めようとする
ようにも聞こえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/27 09:56

「が」は限定になるので limitation となるようです。



これはアメリカの大学院で「外国語としての日本語」を勉強している人から聞いた話です。

英語の場合は強調する語によってそれを表現します。アクセントを付ける語を大文字にしますと:

he is my younger brother 彼は私の弟です

HE is my younger brother 彼が私の弟です (HE を強く言う)

i did 私はやりました

I did 私がやりました (I を強く言う)

このような感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/27 09:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q日本語の「スケジュール」と「アジェンダ」、英語の「schedule」と「agenda」の違い

日本語と英語を勉強中の中国人です。日本語の「スケジュール」と「アジェンダ」、英語の「schedule」と「agenda」の違い、それぞれ教えていただけないでしょうか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは!
私は英語、中国語どちらも使う日本人です。

sobachaさんは自然な日本語を使っていて、言われなければ中国人とはわからないですね。「スケジュール」を間違って書く人は少なくないし…
さて、質問の「スケジュール」schedule、「アジェンダ」agendaについて。

たとえば、「時間割」や「会議の進行」、「旅行日程」ぜんぶschedule(アメリカ英語ではスケジュール、イギリス英語はシェジュール)に含まれるといっでいいかも

もともとagendaはアメリカ英語で、会議の進行表です。
イギリス英語だとtimetableなんですが、最近はイギリスでもagendaを使うと思います。
agendaは単なる時間表だけではなく会議の議題の意味もあります。だから、scheduleが決まっていないのにagendaはわかっている、ということがよくありますね。

いっぽう、日本語の「スケジュール」は日程表・予定表の意味ですね。アジェンダは会社によって微妙に違います。
「会議の予定表」
「会議の議題」
ここまでなら英語と同じですが、ときどき(会議の目標)とか、ひどい場合は「課題」や「必達目標」をアジェンダに入れている会議があって、なんかイヤですね・・・
こういうのって同じ社内でも認識が違うことがあるので、書類を作る前に誰かに聞いた方がいいです。

こんにちは!
私は英語、中国語どちらも使う日本人です。

sobachaさんは自然な日本語を使っていて、言われなければ中国人とはわからないですね。「スケジュール」を間違って書く人は少なくないし…
さて、質問の「スケジュール」schedule、「アジェンダ」agendaについて。

たとえば、「時間割」や「会議の進行」、「旅行日程」ぜんぶschedule(アメリカ英語ではスケジュール、イギリス英語はシェジュール)に含まれるといっでいいかも

もともとagendaはアメリカ英語で、会議の進行表です。
イギリス英語だとtimeta...続きを読む

Q英語で新年の挨拶

こんばんは。
今頃年賀状を作っているのですが
新年の挨拶を英語で書きたいと思っているのですが言葉が出てきません。
簡単な英語で「昨年はお世話になりました」や「幸多い一年になりますように」などはどう言うのでしょうか。
また、Happy New Year以外に英語で新年の挨拶ってあるのでしょうか。
ご存じの方いらしたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>昨年はお世話になりました。
会社の同僚や部下、プライベートな友人などの場合は
I have highly appreciated to you for your continued support given to me through the year 2008.

これが会社の上司や先輩、仕事上の顧客となると、
I have highly appreciated to you for your thoughtfulness and encouragement rendered to me through the year 2008.

ご両親や奥様となると
No suitable word is found how I have appreciated to you for your love and favor given to me in the year 2008.

>Happy New Year以外に英語で新年の挨拶ってあるのでしょうか。
あります。 

例えば、大事な仕事上のお客様などへは
Please accept my sincerest wish that coming year 2009 will be meaningful and prosperous to you. (来るべき2009年が貴下におかれまして、意義のある繁栄の年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。)

これが恋人ならば、
Dear honey, let me send millions of my kisses to you together with my sincerest wish of your good health and success in the year 2009.

>昨年はお世話になりました。
会社の同僚や部下、プライベートな友人などの場合は
I have highly appreciated to you for your continued support given to me through the year 2008.

これが会社の上司や先輩、仕事上の顧客となると、
I have highly appreciated to you for your thoughtfulness and encouragement rendered to me through the year 2008.

ご両親や奥様となると
No suitable word is found how I have appreciated to you for your love and favor given to me in the year 2008.

...続きを読む

Q日本語の助詞の「や」の訳し方

日本語の助詞の「や」は英語のandとorの中間のような意味がありますが、これはどのように訳せばいいんでしょうか?例えば次の文です。

私の家では犬や猫を飼えない。I can't keep a dog ( ) a cat at my house.

( )の中にはandもorも当てはまるようで、どちらもピッタリしていないような気がします。英語が得意な方、力を貸してください。

Aベストアンサー

「刺身と天ぷらを食べました」("I ate sashimi and tempura.")は、その二つで完結していますので"complete listing"と云い、「刺身や天ぷらを食べました」("I ate sashimi, tempura and others.")は他にも食べたという含みがあるので"partial listing"と云います。

御質問の「犬や猫を飼えない」は「犬と猫の他に鰐やオットセイも飼えない」ということですから"partial listing"に該当します。

"I can't have dog, cat and others at my house."が「や」に当たる表現です。

Qフランス語の格言を英語で

(1)Les bons compte font les bons amis.

(2)Une hirondelle ne fait pas le printemps.

この2つの格言を英語に直訳してみました。

(1) The good accounts make good friends.

(2) One swallow does not make the summer.

そこで質問です。その2つの格言に対応する英語の格言を教えてください。

Aベストアンサー

英訳との意味と解釈致しまして。

Good accounts make good friends.

http://www.giga-usa.com/quotes/topics/proverbs_t151.htm

the good accounts make the good friends
冠詞を付けている用例の画像です。楽しめます。
通常は無冠詞です。
http://www.trekearth.com/gallery/Europe/Italy/Lombardia/Milan/photo461504.htm

One swallow does not make spring.
One swallow alone does not make the summer.

http://www.giga-usa.com/quotes/topics/swallows_t001.htm

One swallow dose not make a summer.

http://blog.sina.com.tw/15342/article.php?pbgid=15342&entryid=3217
(確か、中国語もOKと)

燕は、色々です。 

この季節より
これからは

hirondelle d'hiver 

恋しい
時期になります。

英訳との意味と解釈致しまして。

Good accounts make good friends.

http://www.giga-usa.com/quotes/topics/proverbs_t151.htm

the good accounts make the good friends
冠詞を付けている用例の画像です。楽しめます。
通常は無冠詞です。
http://www.trekearth.com/gallery/Europe/Italy/Lombardia/Milan/photo461504.htm

One swallow does not make spring.
One swallow alone does not make the summer.

http://www.giga-usa.com/quotes/topics/swallows_t001.htm

One swallow dose no...続きを読む

Q日本語の助詞の「や」のニュアンスを英語で表現すると

日本語の並列助詞に「や」というのがありますよね。
例えば「犬“や”猫は身近な動物として多くの家庭で飼われている。」という文の場合の“や”の用法です。
和英辞典で調べると andとorの両方の訳語が載っていますが、この日本語の「や」が示す andをorの中間のようなニュアンスは英語で表せるでしょうか?

Aベストアンサー

日本語の「や」という助詞は非常に便利な言葉ですね。ucokさんが回答で「andやor」と言うように使っていますね。(よりによって andとorの中間的な意味である「や」で結ぶのが笑えますが。)しかし、学校の英語の英文和訳ではほとんど出てこないはずですし、英作文の題材でも
比較的避け、出てきたとしても 日本語では「と」と「または」のどっちかに言い換えてから作文する形になりますからね。それだけに、これも見過ごされがちな問題ですね。それでは、日本語の「や」を英語で説明してみます。

The particle や has various meanings, among which there is one of the juxtaposition. It's a very pratical word but it contains a subtle feature. It juxtaposes two or more than two nouns and expresses both the connection and the alternative. But this connection is less tight than AND, that is to say, it doesn't require that the juxtaposed items are present together. In the other hand, this alternative is less rigid than OR, that is to say, it often admits a certain compatibility of several choices.
If you mean “Dogs and cats are kept in many families as popular animals” in Japanese, you can get “犬と猫は多くの家庭で身近な動物として飼われている。” Of course you can replace 犬と猫 by 犬や猫, (which is usually rather prefered). But there is a slight difference between 犬と猫 and 犬や猫. In this case, や would render somewhat like “either...or...”
And if you say “犬や猫を飼っている人は多い” , it means that there are many people who keep a dog(dogs), as well as those who keep a cat(cats), and also those who keep even both of them. It goes without saying that this sentense is so prolix.. Alors a vous de rendre cette phrase concise., d'accord?

いかがですか? この「や」一つを説明するにもこんなに長くなりましたが、これでも書き残しがあります。

日本語の「や」という助詞は非常に便利な言葉ですね。ucokさんが回答で「andやor」と言うように使っていますね。(よりによって andとorの中間的な意味である「や」で結ぶのが笑えますが。)しかし、学校の英語の英文和訳ではほとんど出てこないはずですし、英作文の題材でも
比較的避け、出てきたとしても 日本語では「と」と「または」のどっちかに言い換えてから作文する形になりますからね。それだけに、これも見過ごされがちな問題ですね。それでは、日本語の「や」を英語で説明してみます。

The particle...続きを読む

Q英語の文法って何を指しますか。

こんにちは。   学生時代の英語はすっかり忘れ、一から英語を勉強してもうすぐ、4年になります。  おおまかに高校生程度の文法を独学で勉強しました。  英会話スクールにも行きましたが日頃の勉強の成果を試す場でしかありませんでした。  最近、オンラインでフィリピンの方に英語を教えてもらっています。  フリートークです。  多くの講師が文法は知らなくても英語は話せると私に言います。  韓国人は文法を知らないが話すよ。と・・。   で、私は文法とは何かが解らなくなりました。  英語圏で育ったのなら文法は知らないでも話せるでしょうが。   比較とか関係詞、使役、不定詞、動名詞、受動態、現在分詞など、挙げたらキリがありませんが、これらは文法ではないのでしょうか。   これらを学ばず、どうやって英語を習得するのでしょう?  以前の英語スクールの生徒さんも、私は文法は知らないと言い、英語を話していました。海外で住んだ経験は無い方でした。  どなたか、教えて下さい。  本当に不思議で悩んでいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 多くの講師が文法は知らなくても英語は話せると私に言います。
> これらを学ばず、どうやって英語を習得するのでしょう?
⇒"Panglish"て聞いたことありますか? 日本が戦争に負けて、米兵がたくさん日本に来ました。進駐軍です。あちこちに米兵相手のキャバレーができました。そこで働く日本女性が、急遽英語を覚える必要に迫られました。
そこで、注文を聞くときは「ワリワン」、お客が何かそそうをして謝ったときは「テーキリージ」と言う…などという風に覚えたそうです。それぞれ"What do you want?" "Take it easy."ですが、もちろん彼女たちはそんな仕組みや文法は知りません。ですから当然、例えば、"What does he want?" "Don't take it easy."のような応用はできません。
文法を知る意味はまさにこれだと思います。つまり、応用です。文法は「有限個の規則や語彙」を使って、「無限個の表現を展開できるようになる」ためのツールだと考えます。

> 本当に不思議で悩んでいます。
⇒語学の効用としては、まず第一に実用がありますが、それだけではないと思います。
言語の学習を通して、思考力・分析力・推理力などを鍛えることができます。また、当該外国の人・習慣・発想の仕方など、つまりその文化を知って、自国のそれを振り返ってみることができます。
ゲーテは言ったそうです。「外国語を知らぬ者は自国語をも知らぬ」と。他人を知ることは、終局的には、「己自身を知る」ことにつながるのだと言えます。これを一口で言えば、月並みな言葉ですが「教養」と総称されるものであって、自前の認識・意見や見解・さらに(大げさですが)世界観を持つために、欠くことのできない要素になるものである、と断言できます。
実用・思考力・教養を修得したり増強したりできること、これが外国語学修の意義であり、そのためには、文法を無視しては成り立ちようがありません。

> 多くの講師が文法は知らなくても英語は話せると私に言います。
> これらを学ばず、どうやって英語を習得するのでしょう?
⇒"Panglish"て聞いたことありますか? 日本が戦争に負けて、米兵がたくさん日本に来ました。進駐軍です。あちこちに米兵相手のキャバレーができました。そこで働く日本女性が、急遽英語を覚える必要に迫られました。
そこで、注文を聞くときは「ワリワン」、お客が何かそそうをして謝ったときは「テーキリージ」と言う…などという風に覚えたそうです。それぞれ"What do you want?" "Take ...続きを読む

Q英語以外の外国語を勉強していたり、その外国語を話す国に一人旅した経験があると、「(その外国語を)しゃ

英語以外の外国語を勉強していたり、その外国語を話す国に一人旅した経験があると、「(その外国語を)しゃべってみて!!」とリクエストされることがあります。私はこのリクエストが、とても不愉快です。純粋に聞いてみたいだけかもしれませんが、親しくない人にリクエストされたら、なんだか試されているみたいで、「嫌な奴」って思います。
皆さんの回りにも、こんなリクエストする人っていますか?またリクエストされた時、どんな対応をしていますか?

Aベストアンサー

うん、No.4・5さん あなた読解力ないんじゃないですか?
全然的外れ。
主さんの気分を害したいだけだよね。

私も主さんの気持ちわかります。
試されてるとまでは思わないけど、面白半分で「ちょっと喋ってみてよ」と言われてるようで嫌ですよね。
私ならハッキリいいます。
そんな唐突に喋ってみてとか言われても何話せばいいか分からないって。

Q英語上級者の方or 英英辞書使ってる方へ

英語上級者になると英英辞書が必須になると聞いた事があります。
理由は省略します。理由を心得ている方、または英語上級者の方へ質問ですが、
実際、英語上級者になると英英辞書で辞書を引くべきなのでしょうか?

また、英検2級程度の英語力の時点でも英英辞書の既知の定義を読むことにより、
英語力を向上出来るそうですが、実際、有効な手段ですか?

Aベストアンサー

英語を仕事にしている者ですが、英和翻訳でさえ、英英辞書は欠かせません。
英和辞書というのはそれなりにできているのですが、しっくりする訳語がないことや、
ニュアンスが違っていることがあります。そういうときは、英英辞典を読んで、
しっくりする訳語を「自分で決めた方」が効率的です。

また、英和辞典の日本語を表面だけ見ていたのでは、言葉の誤用は決してわかりません。
たとえば、助動詞のshouldですが、英和辞典では「...すべき」という訳が先頭にいるので、高校生とかは機械的に「...すべき」と訳しますが、実際にはニュアンスが違っていて、話し手の提案を表す柔らかい言葉です(使用マニュアルなんかでよく出てきます)。一方のhad betterは「~した方がよい」とかが英和辞典に載っていると思いますので日本人はよく使いがちですが、実際には「~した方が身のためだ」という脅迫の意味に近いので、相手の気分を害する言い回しになることがあります。

英和辞書に載っている訳語は特定の状況下での目安的な訳で、それを金科玉条や聖書のように守っていると、文脈を正しく理解する上で大きな障害になるので、できれば英英辞書を引く回数を増やすようにしてください。

英語を仕事にしている者ですが、英和翻訳でさえ、英英辞書は欠かせません。
英和辞書というのはそれなりにできているのですが、しっくりする訳語がないことや、
ニュアンスが違っていることがあります。そういうときは、英英辞典を読んで、
しっくりする訳語を「自分で決めた方」が効率的です。

また、英和辞典の日本語を表面だけ見ていたのでは、言葉の誤用は決してわかりません。
たとえば、助動詞のshouldですが、英和辞典では「...すべき」という訳が先頭にいるので、高校生とかは機械的に「...すべき」と訳...続きを読む

Q英語話者に助詞「は」と「が」の違いを教えるために

英語話者に助詞「は」と「が」の違いを教えるために、どう英語で説明すればいいと思いますか?うまく教えるためのヒントをください。「主語」と「主格」は別物ですよね?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> wh-phrases って疑問詞じゃないですよね?
疑問詞を含む句を広い意味でwh-phrasesとしました。

> matrix clause"は言語学用語で何といいますか?母体の文ですか?
まぁそうです。主節をmatrix clauseということがあります。

> Further, "ha"-subjects can be interpreted as those out of the predicate clause, while "ga"-subject in it.この文の意味を補足していただけないでしょうか?

a. (?)[君は何歳か]を知りたいんだ。
b. 君は[(彼が)何歳か]を知りたいんだ。
c. [君が何歳か]を知りたいんだ。
d. ??君が[(彼が)何歳か]を知りたいんだ。

これらの対照から、「は」は述語を中心とする節の中にあると考えるとおかしくなり、「が」はそれの外にあると容認しづらくなります(まったくダメではないですが、bやcの例に比べると悪いですよね)。

これも証拠の一つとして、「が」は「は」よりも述語との結びつきが強いのではないかと考えたわけです。

(思いつきですが)これにより、「今日(こんにち)はいい天気ですね」から「今日(こんにち)は」を切り離すことが可能であることも説明できますね。「今日(こんにち)がいい天気ですね」から「今日(こんにち)が」を切り取ることはなかった。そもそも「こんにちは」は「いい天気ですね」節の外にあるわけですから、切り離しても安定するわけです。

こんなことを考えてても、外国人の日本語学習者の直感を育てることにはならないでしょうねぇ…

例を追加。
窓は大きい(generic)
窓が大きい
窓は大きい部屋
窓が大きい部屋(generic)
窓の大きい部屋(generic)

> wh-phrases って疑問詞じゃないですよね?
疑問詞を含む句を広い意味でwh-phrasesとしました。

> matrix clause"は言語学用語で何といいますか?母体の文ですか?
まぁそうです。主節をmatrix clauseということがあります。

> Further, "ha"-subjects can be interpreted as those out of the predicate clause, while "ga"-subject in it.この文の意味を補足していただけないでしょうか?

a. (?)[君は何歳か]を知りたいんだ。
b. 君は[(彼が)何歳か]を知りたいんだ。
c. [君が何歳か]を知り...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング