なぜ1日のうちで太陽の大きさが変わるのでしょうか?
日中は小さく見えるし夕日の太陽は大きいですよね

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

屈折説は、写真を撮ってみれば一発で検証でき、これは否定されます。


 (1) 光学像の大きさを測る。
 初めに、夕日がどこに沈むかを調べておきます。
 昼間の太陽を直に撮影するとカメラを壊すので、ガラス板に反射させた像を撮影します。まず平面性の良いガラス板(写真用UVフィルターなど小さい物でも十分です。)を傾けて置き、カメラから数メートルの距離に固定します。カメラから見て、ガラスに写った太陽の像が、ガラスを通して見えるちょうど夕日が沈む場所、地平線の少し上あたりに来るようにします。このガラス板のそばに物差しを置いて、まず撮影。そして夕方になったら、夕日を撮影しましょう。この間、カメラと物差しの位置はいじらないこと。(それぞれ何枚か撮影して平均を取ると、本物の実験らしくてカッコ良いですね。)できたネガフィルムを顕微鏡で観察して直径を測ります。(顕微鏡がなければ、望遠レンズを使って撮影し、あるいは写真を大きく引き伸ばす必要があります。普通のカメラではびっくりするぐらい小さくしか写らないんです。)この場合には写真を引き延ばす際の倍率の違いが心配ですが、ものさしが一緒に写し込んであるから、物差し全体の長さを基準にして比較が出来ます。
 (2) 同じ大きさのものが、違って見えることがあるのか?
 光学的に同じ大きさの物が違う大きさに見えるという現象があるのかどうかを検証しましょう。先の実験で、昼間ガラス板に写る太陽の像を目で観察します。ガラス板が平面なら光学的な像の大きさは同じの筈ですが、直に見る太陽に比べて大きく見えますか、それとも変わりませんか?皆さんにも、大きく見えると思いますよ。
 以上の実験から、光学的像の大きさは変わらないのに、心理学・生理学的効果として、確かに朝日・夕日が大きく見えるということがあるのが分かります。それがなぜか、はここまでの実験ではまだ分かりませんね。
 ともあれ、やってみてから考えましょうよ。簡単な実験ですから。特に(2)だけならすぐできますね。

 ところで、太陽の縁から巨大な炎のようなものが上がる紅炎(プロミネンス)という現象を観察するために、太陽の光球像を覆い隠す円形のマスクを備えた天体望遠鏡があります。マスクは季節毎に幾つか取り替えます。これは地球と太陽との距離の違い(北半球では夏には太陽は遠い)によって生じる、みかけの大きさの変化(僅かなものですが)に対応するためです。しかし、時刻によって取り替える必要は全く生じません。このことからも、光学的な大きさには変化がないのが分かります。
    • good
    • 3

すいません。


この前に書いたものですが,月の公転の周期が24時間というのは間違えでした。正しくは29.5日です。先程の疑問は忘れて下さい。
どうもすいません。
    • good
    • 0

前の方々の意見を聞いていたら自信がなくなってきました。



私は以前にこれは光の屈折によるものだと聞いたことがあります。

まず、地球を描いてそのまわりに大気を描いてください。
そして太陽を二つ(天頂と日の出に当たる位置)かいてください。
それぞれの太陽から地球上のある点に向かって太陽の幅の平行線を描きます。
この線は大気にぶつかり屈折を起こします。ここで大気がスクリーン役割をすると思ってください。大気にぶつかる二点の幅は異なります。日の出のほうが明らかに大きいですよね。
私はこう信じていました。さっきまで。
説明が下手ですね。すいません。

ところで、月や地球は楕円軌道で回りますよね、太陽はともかく、月は楕円軌道によって大きさが異なって見えるはずでは?月は24時間で一周だし。
年間を通して月や太陽が大きくなったり小さくなったりするのはこの楕円軌道によるものだと今までおもっていましたが・・・。

人の質問のところですいません。
    • good
    • 2

完全な決着はついていない、というのが現状です。


 歴史的には、大気の屈折説が真っ先に出てくる。アリストテレスが水蒸気による屈折説を唱えています。でも写真に撮ればはっきりするように、光学的には同じ大きさと言って良い。(屈折だとすると、平均的には、縦に少し縮んで横には変化しない。)ここで注意すべき事は、光学的に同じだということを検証しただけでは、この問題の答にはならない、という点です。

「同じ大きさの物が、なぜ違って見えるか。」この事実の説明が求められている。
 心理学あるいは生理学に属する問題として、実は非常に多くの研究がある。特に20世紀初頭頃にさかんに行われ、鏡やプロジェクタなどを使っていろんな実験がなされています。動物ではどうなのかまで、研究されている。面白い結果として、たとえば股覗きをすると朝日・夕日があまり大きく見えない。生まれつき片目のヒトでは同じ大きさに見えるヒトが多い。
さて、心理的説明としてまず出てくるのが、「朝日・夕日は比べる景色があるから大きく見える」というプトレマイオスによる説ですが、比較対象がなくても大きさが違って見えることが、かなり精密な実験で実証されています。
仮説の幾つかを挙げますと、
a) にらむと小さく見えるという説、
b) 上を向くことで重力による目の変形が起こるためという説、
c) 上を見るのは難しいのでつい網膜の端の方で像をとらえる、そのせいだ、という説、
d) 水平線にある太陽が赤いことが大きいという印象を作るという説、
e) 水平線にある太陽に向かって、光線や波の反射などの集中線が見られる。この集中線の効果で錯視が起こり、大きさが違って見える、という説。
f) 水平線にある太陽を注目するときは心理的視野が狭くなるため、大きく見えるという説、
g) もやのせいで水平線にある太陽は遠く感じられ、それでも見かけの大きさが同じ=>上にある太陽は小さく、水平線にある太陽は大きいと感じるという説。
h) 空が平べったいという印象があるために、上にある太陽は近く、水平線にある太陽は遠く感じられ、それでも見かけの大きさが同じ=>上にある太陽は小さく、水平線にある太陽は大きいと感じるという説。
実験の結果をよく説明するように思われるのは、(a)(e)(h)などですが、決定打がないんですね。
    • good
    • 1

◆Naka◆


nonkunさんご紹介のページでも回答させていただいたNakaと言います。その中で朝日と夕日の大きさは同じだという指摘をいただきました。
でも朝日、夕日は同じだとしても、昼間の太陽は、やっぱり大きさは違うようですね。実際に硬貨の穴を通して見てみても、はっきり大きさの違う日があります。(あまり違わない日もあったのは確かです。それが不思議…)参考となるWebページも、見てみたりしましたが、完全には納得しかねる部分がありますし。

これはやっぱりKokaさんのおっしゃる大気のせいだと思うんです。昼間の太陽の光が通ってくる大気の厚さと、朝夕の太陽の光が通る大気の厚さや角度は大きく異なります。私は大気がレンズの働きをするためだろうと考えたのですが、Kokaさんの「光の屈折」も有力っぽいですね~。
いずれにしろ、大気の影響があるのは確かでしょう。星だって大気があるからこそ、またたいて見えるわけですし…
    • good
    • 0

それは目の錯覚で太陽の側に比較対象物があると大きく見えて、空高くあると比較するものがないから小さく見えるだけです。



それでも納得がいかない人は赤い下敷き等目盛りをふって目から同じ距離に当てて太陽を見てください。
ほぼ同じはずです。

下記URLに月の場合の質問がのっています。太陽についても触れられてていますし、微妙に違う理由も書いてありますので、参考にして下さい。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=18190
    • good
    • 0

あんまり細かい事は分かりませんが、


確か地球を取り巻く“大気”による光の屈折のせいだと
思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピーチの持ち込みサイズは 長辺55cmまでとありますが なかなかギリギリの大きさを見つけられません。

ピーチの持ち込みサイズは
長辺55cmまでとありますが
なかなかギリギリの大きさを見つけられません。
家にあるのはあるのですが
小さすぎて荷物が入らないので
最大の55cmを考えていますが、

いいな、と思ったら
外寸55.5cmや56cmや56.5cm、、、
取っ手やタイヤ、、、

1mmでもオーバーだと
別料金で預けないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。

 計測は金属製の枠があってそこを通るかどうかを見るのだったと記憶します。
 やっている時とやっていない時があります。
 数回乗ったことがあるだけなので頻度は分かりませんが、個人的にはやられたことはなく、係員が荷物の大きさを見てやっている感じでした。その枠のところに人がいない時もありました。
 空港による違いもあったりするのかもしれません。

 利用にあたってネット上で情報を探したところ、「拠点である関空が他空港より厳しい印象」というのを見掛けました。
 「Peach 機内持ち込み手荷物 チェック」といったキーワードで情報を探されてみる方法もあるかと思います。

参考まで。

Q【太陽光発電の謎】太陽光発電というか電線と繋がっているのは1家に1本ですよね? 電力線は売電時は送

【太陽光発電の謎】太陽光発電というか電線と繋がっているのは1家に1本ですよね?

電力線は売電時は送り出し。電気消費中は送電で電柱の電線から電気を受け入れる。

電線は家庭引き込み電線は一方向しか送れないはず。

ということは売電中は蓄電器に溜まった電気で家庭電力を賄いそこからさらに電柱に送って売電してるってことですよね?

それとも太陽光発電の売電用に電線が2本になるんでしょうか?

売電中は蓄電器から送って、もう1本の電線から電柱から入電して家の電気が付く仕組みですか?

どうなってるんでしょうか。

Aベストアンサー

>電線と繋がっているのは1家に1本ですよね?

通常単相200Vですので、3本です。

>電線は家庭引き込み電線は一方向しか送れないはず。

そんな事はありません。双方向に送れます。
通常の電力計のまま発電すると、売電時は、逆回転します。
これでは、売電量が分からないので、買電メーターと、売電メーターの2つを付けて、
電柱から電力を受ける時は、買電メーターが回り、
太陽光などから電柱に電力を送り出す時は、売電メーターが回るようになってます。
 正確には、近隣の家が、太陽光の発電電力を使用します。
買電メーターと、売電メーターは、逆回転しないように、ストッパーが付いています。
上記のような機械式ではなく、電子式のメーターもあります。

Qワードかエクセルで表の大きさをcmでしていしたい。

ワードでもエクセルでもいいのですが、1×2の表をつくりたいのですが、高さ4cm、幅20cmで左のセルが幅9cmで右のセルが11cmのものをつくりたいです。

表の大きさをcmで指定する方法はありますか?

Aベストアンサー

ワードの場合「ツール」「オプション」「全般」に「使用する単位」があるので「ミリメートル」を設定
「文字単位での編集を可能にする」にチェックがある場合ははずしてください。

エクセルはピクセルという単位をCMに変換すればいいのですが微調整が大変です。
下記のフリーソフトをインストールした方が楽でしょう。
Excel ミリ単位ものさしマクロ
http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se318875.html
シェアウェアでいいなら同じサイトに「どんピタ君」というソフトもあります。

Q太陽(月)が大きく見える理由

太陽や月がたまに大きく見えたりしますが、あれはなぜなんでしょう? 夏に多く見える気がしますので、何か夏の気候が影響しているのでしょうか。

Aベストアンサー

質問が地平線の太陽と頭上の太陽の大きさの違いというなら
先の方が言うような目の錯覚や大気のレンズ効果というものかもしれませんね

一つ参考になるかも?というページを載せます。
これなら視認もできるでしょう 日食関係のものです。

ちなみに近くにあるのに暑く感じない?という質問は
地球の自転軸が公転の軌道に対して傾いてるからですよ。
日本に四季があるのは どうしてか?ってことと同じです。
夏と冬では太陽が南中したときの角度が違うでしょ?
ですから 冬に近くても角度が低いから熱が分散反射して
いるからですね。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~sekitaka/taiyou/taiyou.htm

Q45cm水槽 エアーポンプの大きさについて

現在GEXのイーエアー1000を使っています。

45cm水槽(高さ30cm)に0.8l/分のエアーポンプというのは小さすぎますか?

エアーポンプというのは水槽の大きさではなく深さで決める物なのでしょうか?

Aベストアンサー

> 45cm水槽(高さ30cm)に0.8l/分のエアーポンプというのは小さすぎますか?
・そうですね。
少し吐き出し量不足です。
45cm規格水槽のエアポンプ標準エア吐き出し量は1L/毎分以上です。

規定数以上の多少過密状態の水槽だと仮定して。
エアポンプ吐き出し量が0.8L/毎分でも、真夏の高水温時期や台風などが接近した低気圧状態でなければ、飼育生体が酸欠になることはないと思います。

また、水草が元気に育成している水槽ならば、吐き出し量0.8L/分でも問題ないと思います。

> エアーポンプというのは水槽の大きさではなく深さで決める物なのでしょうか?
・いいえ。

確かに、水深の深い水槽の水底部分にエアストーンを設置した方が、水圧が高い分、酸素は良く溶けます。
ですが、基本的には水槽の大きさ(実水量)で決める物です。

ところで、エアポンプって、そんなに故障する水槽設備でしょうか?
エアポンプのエアを貯めるダイアフラム部分は合成ゴムで出来ています。
合成ゴムは、使用しないと固化してひび割れたり、加水分解したりして、空気が漏れて使えなくなります。
逆に、使用していると、ひび割れや加水分解することもなく、思いの外、長期間使えます。
合成ゴムは使用しないと、保存状態次第ですが、早ければ3年ほどで固化したり、加水分解します。
何年も使う予定のないエアポンプの予備を準備しても、主要部品がゴム製品であるエアポンプの予備は、あまりにもリスクが大きな予備部品になると思います。

余程、過密飼育をしている水槽ではなければ、数日エアポンプが停止しても問題ないハズです。
エアポンプは、故障後、速やかに新しいエアポンプを購入すれば良いと思います。
また、外掛け濾過器のエアレーション機能を利用したり、水中フィルターの吐き出し口を水面ぎりぎりで運転すれば、数日程度ならば十分にエアポンプの代わりが務まると思います。
エアポンプの予備を準備するのならば、病魚や稚魚の隔離水槽に使える外掛け濾過器の準備をオススメします。

> 45cm水槽(高さ30cm)に0.8l/分のエアーポンプというのは小さすぎますか?
・そうですね。
少し吐き出し量不足です。
45cm規格水槽のエアポンプ標準エア吐き出し量は1L/毎分以上です。

規定数以上の多少過密状態の水槽だと仮定して。
エアポンプ吐き出し量が0.8L/毎分でも、真夏の高水温時期や台風などが接近した低気圧状態でなければ、飼育生体が酸欠になることはないと思います。

また、水草が元気に育成している水槽ならば、吐き出し量0.8L/分でも問題ないと思います。

> エアーポンプと...続きを読む

Q太陽光発電と太陽熱温水器

比較すると、どうも光の方が効率も悪くコストが高いような気がします


太陽熱温水器で出来たお湯の熱エネルギーから効率よく電気って作れないものでしょうか?
コスト、ロス大きい?

Aベストアンサー

参考URLの記事を見つけました。
発電出来ないことはなさそうです。

ですが、下記の記事では太陽電池の効率は8%となってますが、実際は10~20%で、30%近いものもあるようです。

発電するには太陽電池の方が効率が高いと思われます。

これに対し、太陽熱温水器の方は効率を数値で表示しているものをみつけられず、比較することが出来ません。

太陽熱温水器の方が効率が良いとする根拠をご存じでしたらご教示願います。

参考URL:http://www.sankei.co.jp/eco/news/2004/08/04-1.html

Q90cmのワンピースの型紙の大きさが違う

姪っ子に90cmのワンピースを作ろうと2冊の本から型紙を起こしたのですが、比べたところ随分と大きさが違うので、どちらがいいか迷っています。

「こどもブティックcucito」
では身丈が43cm、身幅が20cm
「女の子のおしゃれ服―春夏ワンピから、あったかコートまで。」
では身丈が53cm、身幅が30cm
でした。

10cm違うと随分と大きさが違う印象なので、
どちらのサイズがいいか教えていただけないでしょうか?
姪っ子は5月で2歳になり、標準的な体型です。
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

素材や季節にもよるかなぁとおもいます。
秋冬、春などに着るものならゆとりがあるほうが
中にカットソーやタートルニットなどを重ね着したりすると着こなしが増えますし。

あと、そのお子さんの普段の生活ですね。

公園や園庭で遊ぶことが多く遊具が好きだとか
自宅に帰るとき、自宅の中に階段があると丈が長めだと踏んでしまう危険がありますし。
でも普段着でなくて、お出かけ用のワンピースならちょっと長めでおしゃれして、ってのも良いと思います。

ゆとりのあるサイズのほうが長く着られるという利点はあります。
サイズアウトまで長いというか。
重ね着で工夫して、短くなってきたら直にきて羽織物やレギンスとあわせてみたりとか。

どちらも型紙を起こしてしまったということは両方作るおつもりがあったのでしょうか?
もしそうなら両方差し上げれば親御さんが状況やサイズの変化に合わせて
使い分けてくれるんじゃないかと思います。

Q太陽光発電と太陽熱発電

現在、太陽電池に関する論文を書いているのですが、以前なにかの新聞かニュースで
「○○大学が太陽光発電と太陽熱発電のハイブリット発電を研究しており、発電効率25%を目指す」
のような内容を見聞きした記憶があります。

しかしこの文章も数値も曖昧なので出典を探しましたが
なかなか見つけられません。


どなたかこのニュースや記事を知りませんか?
ネットであればURL、新聞であれば会社名と日付を教えていただきたいです。

また
「太陽光発電と太陽熱発電のハイブリット発電」
に当てはまればとりあえず教えてくださると幸いです。

Aベストアンサー

 かなり古い話ですが、電熱併給型ハイブリット発電という実験があります。

http://www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/51_2/035-040.pdf

Q解き方がわからなくて、困っています。 500倍で撮影した写真上で0.70cmの物体の真の大きさ(μm

解き方がわからなくて、困っています。

500倍で撮影した写真上で0.70cmの物体の真の大きさ(μm)を求めなさい。

Aベストアンサー

0.70(cm)/500=0.0014cm=14μm

Q太陽光と太陽熱の違いとは?

太陽熱、太陽光の発電の仕方には、違いがあるのでしょうか? 分けて書いてあったので・・・・。
もしよければ回答お願いします。

Aベストアンサー

光と熱は5感中心につけた曖昧言葉です。
だからなんとなく分かるような分からないような。
科学時代にもっと熱の定義をつけておくべき必要性を感じています。

そこで仕方がないから自分なりにまとめたものを紹介します。

 太陽熱
文字どうり太陽が照ると、暖かいですね。煮たり焼いたり、燃やしたりする範囲のものも、熱と言って実感しているから太陽熱と言っただけ。

 太陽光
同じ太陽なのに今度は、光 だから迷うのは当然ですよね。よく考えると、これ以上受けのよい呼び名はないとも思えます。名前を付ける人は、科学的より感覚的に民衆に受けのよい名をつけるのが上手といえましょうか。
近くは、燃料電池があります。水素電池、空気電池とでもいえばよいと思うのですが。

現在、科学的に分かったことは、光も熱も、電磁波の5感でつけた用語だと言うことです。

●電磁波とは

★+と-の静電気の粒子が放出する互に吸引反発する透明な 静電気の力。と、

★磁石同士が放出する互いに吸引反発する透明な 
     磁力

2つとも電気の力です。

●●電磁波とはこの静電気の力と磁気の力が直角に交って高速振動して空や、宇宙を縦横無尽意に飛び交っているものです。
それで静電気の「電」と磁力の「磁」を使って電磁波と言ったものです。
 歴史的経過と共に五感でつけて来た名前を、振動数の少ない方から概略、並べると、
電波、長波、短波、赤外線(熱線)、7色の可視光線赤黄緑紫菫(光)、紫外線、X線・・があります。


太陽熱
 赤外線は人体は熱を感じたので熱線とも言いました。太陽熱と言うのは、以上の理由から、赤外線付近の静電気と磁気の振動数(電気用語では周波数と言う)が人体の肉体分子に共鳴して振動させ、それが温かく感じるので、この太陽光線の中の赤外線の範囲のあたりを太陽熱と言っている。

太陽光発電
と言うのは、シリコンなどに、紫外線のように振動数の激しい大きい光線(目の視細胞を振動させ脳まで電流を流し、明かりや色を感じる振動数の電磁波のことを光と言ってきた)を照射して、シリコン素子パネルに効率よく発電させることを利用している現状を言うのに、曖昧用語の「光」を一緒にして太陽光発電と言ったもの。太陽発電と言った方がもよいかも??
 現在は、暗黙のうちに、光と電磁波を同じに使い、昔の明るくしてくれた光は、可視光線といって区別
するようになっているようです。

太陽(光)発電の
 一番の根拠は、アインシュタインの光電効果(ノーベル賞)の発見です、実験で、亜鉛板に赤外線を照射してもだめだったのが、紫外線を照射したら、電子が飛び出したことを発見し、光電効果として、ノーベル賞受賞し、TVカメラ、放射線測定器、シリコンの太陽電池・・に応用されてるのです。
太陽光発電と言うのは、太陽かは放射されてくる光線(あらゆる振動数の電磁波の意味)

の中で、シリコンパネル素子に効率よく電子をたたき出して発電効率のよい、紫外線以上の振動数の大きい電磁波※

(周波数の大きい、波長でいえば波長の短い電磁波、エネルギーでいえば、エネルギーの大きい★注、科学的には、振動数が大きいほどエネルギーが大きいことが分かっています)

※を利用して、シリコン素子をパネルに並べ、大規模に屋根に並べたり、広場や、途上国では砂漠や、山奥に設置して、電気機械器具装置を動かして利用する領域を、太陽光発電と言った。と、言うことです。
まとまりつきませんでしたが、これだけにします。

参考ー紫外線以上になると、人体を構成する肉体分子は、熱を感じ取れぬまま知らぬうちに破壊されます。これは赤外線の電気振動数は、肉体構成分子(分子はすべて電気で出来た原子と言う粒子がつながって出来ている)によく共振して振動するるから熱として感じ。
紫外線以上の振動数の大きい電磁波(波長でいうと波長の短い電磁波)になると、小さな原子を直接共振して激しく振動させて、分子のつながりを分解結合して、破壊するので、人体は感じ取れぬまま肉体分子が破壊され、白血病や皮膚ガンや火ぶくれを起こすのであろう。と自分なりに理解しています。

光と熱は5感中心につけた曖昧言葉です。
だからなんとなく分かるような分からないような。
科学時代にもっと熱の定義をつけておくべき必要性を感じています。

そこで仕方がないから自分なりにまとめたものを紹介します。

 太陽熱
文字どうり太陽が照ると、暖かいですね。煮たり焼いたり、燃やしたりする範囲のものも、熱と言って実感しているから太陽熱と言っただけ。

 太陽光
同じ太陽なのに今度は、光 だから迷うのは当然ですよね。よく考えると、これ以上受けのよい呼び名はないとも思えます...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報