100A30ミリ感度の漏電遮断器が日に数回作動します。
漏れ電流を測ると常時2ミリアンペア程度です。
ブレーカを交換しても同じですのでブレーカ自体の誤動作はないとして瞬間的に30ミリを超える漏電がどこかで起こっていると考えるべきでしょうか?

4階の鉄骨ずくりで1階を店舗2-4階2家族の住まいとなっています。
各階に12回路程度の店舗用分電盤がありそこへ分岐されてます。
どの階も2か3メガ程度の絶縁の悪い回路が2-3箇所あります。
1階の絶縁の悪い回路を修理するとブレーカ落ちはあさまりましたが、
依然、全体の絶縁抵抗値は悪いです。
各階の主幹を切って漏電ブレーカーの2次側で大地間の絶縁抵抗値は0.5メガです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>ブレーカ自体の誤動作はないとして瞬間的に30ミリを超える漏電がどこかで起こっていると考えるべき…



そうですね。
ご質問文だけでは、正確な原因まで特定できませんが、考えられることとを書いておきます。

>100A30ミリ感度の漏電遮断器が…

広範囲にカバーするときは、感度を 100ミリに落とすのも一案です。

>各階に12回路程度の店舗用分電盤がありそこへ…

建物全体の主開閉器は、漏電保護機能のないものとし、各階の分電盤に漏電ブレーカを設置します。
万が一、漏電事故が起こっても、1フロアーだけの停電で済みます。

>どの階も2か3メガ程度の絶縁の悪い回路が2-3箇所…

少々古い建物なら、2~3メガもあれば上等です。

>各階の主幹を切って漏電ブレーカーの2次側で大地間の絶縁抵抗値は0.5メガ…

0.5メガでも、漏電ブレーカが落ちることはあり得ません。
基準としては、電灯で 0.1メガ、動力で 0.2メガあればよいことになっています。
やはり、測定器に簡単には現れない絶縁不良があるのでしょう。

メガ測定は停電して行いますが、このため電磁接触器が絡んでいる回路は切り離されてしまい、離された部分で絶縁不良があっても測定できないのです。
漏電ブレーカが落ちたとき、稼働中であった電気製品を、一つ一つ丹念に調べていくよりほかないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なるほど各階に漏電ブレーカーをつけると場所が限定できますね。
ところでもう少しお聞きしたいのですが
○各階の主幹を切っても0.5メガということは壁中の幹線の絶縁不良も考えられますが、このような場合どのような調べ方、対処すればいいのでしょうか?

○保安協会は1ミリ以上の漏れだと指摘するのでしょうか

お礼日時:2006/12/16 22:25

失礼、型番を書き忘れました。


MLD18/MLD40です。
クランプ式小型漏電表示器と言うようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/23 21:57

このように原因不明で漏電ブレーカーが度々動作する場合、参考URLにあるような漏電表示器を、動作する漏電ブレーカー直近と怪しい系統に取り付けて原因の特定を行います。



一度で特定できない場合には、範囲を狭めて何度か実施すれば必ず原因に行き当たるはずです。

このタイプではなく、本体から6~8系統のリード線つきZCTが出ているタイプもあります。使い方は同じですが、30mA感度ならURLの漏電表示器が使いやすいと思います。

電気の保安管理を専門とする業者(保安協会など)が所有していると思いますので、相談してみてください。

参考URL:http://www.akihabara.co.jp/multi/mi/index.html
    • good
    • 0

1mAで保安協会は指摘するかということについて


技術基準(58条)には0.1MΩになっているので指摘はないと思います
解釈(14条-1)には1mAの基準があるので、停電して調査しますといわれて
0.1MΩ以上なのでOKになります
(解釈は技術基準が改正されたので)
幹線の絶縁について各主幹を切って0.5MΩは非常に低いと思います
(基準の話ではなく一般論として)
あと電灯の絶縁が低いと動力で漏電があると電灯のELBが動作することが
あります もし動力設備があるなら動力の絶縁測定もしてみてください
幹線の絶縁は電線単体で計ってみないとなんとも言えないので
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
0.5メガは低すぎですよね。隠蔽場所なのでなかなか原因特定は難しいです。
動力での漏電で電灯ELBが作動する件は聞いたことがあります。
ネットでものっていましたね。

お礼日時:2006/12/18 20:55

漏電する時間帯はランダムなのか、又季節、天候(雨)、振動等に関係あるのか調査し温度で入る機器(冷蔵庫コンプレッサとか)、タイマーで入る機器(看板灯とか)可能性のある機器コンセントに漏電ブレーカ付のコンセント(トイレの便座ヒーター等につけているもの)を差し込んで様子を見る以外方法はありません。

工場などでは対地静電容量成分電流、高調波等でも落ちる事もありますが設備を見て活線メガーでも使用して見れば特に極端に低い回線でも無ければこれもわかりません。人間と同じ病状が更に悪化すれば漏電ブレーカが落ちても直ぐまた落ちる様になりますので、ここまで来ればしめたものです。直ぐ健康状態が良くなり復帰するのが、電気医者として一番始末が悪いのです。
    • good
    • 0

>0.5メガということは壁中の幹線の絶縁不良も考えられますが…



質問者さんは、電気工事士免状をお持ちの方なのですか。
前にも書いたとおり、0.5メガは絶縁不良という世界ではありませんし、その程度の数字で漏電しゃ断器が働くこともありません。
築年数が古ければ、よくあることです。

>どのような調べ方、対処すればいいのでしょうか…

お金が有り余っているなら、新品の電線に張り替えればよいでしょう。
しかし、ふつうの感覚では何もしませんし、する必要もありません。

>保安協会は1ミリ以上の漏れだと指摘するのでしょうか…

低圧電路で漏れ電流に対する規制は、法規にありません。
保安協会が独自の基準を設けていることもあり得ますが、そもそも保安協会など全国一社ではないので、十把一絡げなの回答はできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
専門ではありませんが工事士免許は持っております。
0.5メガでもたびたびブレーカが落ちるという事で幹線も疑っているわけなのです。
又こういうパターンのいろんな症例をお知りの方おられるかなと
思って質問させていただきました。
機器または配線上の間欠漏電なのかサージ電圧やその他の要因なのか
・・・
あまり費用もかけたくないのでとりあえず抵抗値の低いところを改修
しております。

お礼日時:2006/12/17 18:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「漏電遮断器」は感電対策になる?

アースのない電気機器に、万が一水等がかかって感電するのを防ぐために、市販されている「漏電遮断器」を使いたいと思いますが、これは感電防止に効果ありますか?感電してから遮断されてしまい使う効果は無いですか?ちなみに、アース付きの電気機器の場合に限り、アースと「漏電遮断器」の「両方を併用」していないと駄目だという説を聞いたことがあるのですが、本当でしょうか。つまり、アースのない電気機器につなげても無意味でしょうか。ご回答ください。

例えば下記のような製品は効果ありますか?
http://www.yodobashi.com/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%91-LH-151B-%E6%BC%8F%E9%9B%BB%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%97/pd/100000001001050699/

Aベストアンサー

>アースのない電気機器に~、市販されている「漏電遮断器」を使いたいと思いますが、
>これは感電防止に効果ありますか?
>感電してから遮断されてしまい使う効果は無いですか?

残念ながら、感電防止には、成りません。

感電は、します。

しかし、直ぐに「漏電遮断器」が働いて、電気を止めますから、一瞬のビリッと来る感電で
済みます。

これは、アースのない電気機器の場合、電気機器の金属部分に触った人の体が、
アースとして働いて、それから、「漏電遮断器」が働くためです。

つまり、逆に言うと、電気機器にアース線があって、きちんとしたアース端子に繋がれて
いれば、人が触る前に、漏電遮断器が働きますから、感電の危険はうんと小さくなりますね。

それが、
>アース付きの電気機器の場合に限り、アースと「漏電遮断器」の「両方を併用」して
>いないと駄目だ。

と言われる所以です。

>アースのない電気機器につなげても無意味でしょうか。

万一の場合、感電はしますが、大きな事故は防げますので、決して無意味なんかでは無いと
思います。

Q絶縁抵抗計を使って電動機の絶縁抵抗を測定したいのですが、黒い線(クリッ

絶縁抵抗計を使って電動機の絶縁抵抗を測定したいのですが、黒い線(クリップ)と赤い線(針)はどこらへんに使えば(接触?)いいのでしょうか?
使い方がまったくわからないので、わかりやすく教えていただけないでしょうか。電動機は交流200Vで使用してます。

Aベストアンサー

電動機および配線を含めた全回路の絶縁が正常か否かを確認するのが目的であれば、元のブレーカを切るだけでいいのですが、電動機単体の絶縁抵抗を測るのであれば、電動機の端子箱で配線をはずして電動機のみとします。
黒線のクリップは電動機のアース端子あるいはボルトなどに挟みます。(塗装や錆のない箇所を選ぶ)
赤線はモータ巻線の端子あるいはリード線に接触させて、絶縁抵抗計のスイッチを押せば測定出来ます。

Q感電しない(人体に影響がない)電圧と電流の強さは?

電池の両極を手で触っても感電はしませんが、実際には電気が身体を流れていますよね?そこで感電しない(人体に影響がない)電圧と電流の強さはいったいどのくらいなのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

足元が水浸し、汗を掻いている、体の一部がアースされている等、体の状態でも大きく左右されますが、一般的には42Vを「死にボルト」と呼ばれ、一つの境になっています。

また、体全身が水中にある時は、5Vでも感電を起こすと耳にした事があります。

電流値については、人体への通電時間によって影響が異なります。詳しくは参照URLのグラフを参考にして下さい。

http://homepage3.nifty.com/tsato/terms/electric-shock.html
http://www.nttfe-thk.co.jp/mame/denki/denki.html

Q住宅盤の漏電ブレーカの感度電流は高感度形だけ?

分電盤の漏電感度電流の種類として高感度形(5~30mA)、中感度形(10
0~1,000mA)、低感度形と三種類あり、”内線規程1375-2 漏電
遮断機などの選定”を見ると、「感電事故防止の目的であれば高感度形を選定す
る」旨が謳ってあります。
その中のただし書きで、「1375-3表に掲げる値以下の場合でかつ、動作時
間が0.1秒以内であれば中感度形でもOK」と書かれています。


一方で、一般住宅ではD種接地工事が施されており「D種=100Ω以下」と理
解しています。


”内線規程1375-3表”では、水気のある危険度の高い場所でも、漏電感度
電流が30mAの場合500Ω以下、200mA=125Ω以下、300mA=
83Ω以下と謳われています。



この情報から、一般住宅はD種接地がされているので、漏電ブレーカは動作時間
が0.1秒以内であれば、漏電感度電流5mA~200mAまで使用可能だと考
えたのですが、解釈が間違っていますでしょうか?

Aベストアンサー

解釈通りです。
現在新築マンションには、洗濯機や、ウオシュレット、エアコン、レンジ、水まわりにはアースが来ております。この機器など全ての外箱に必ず接地しておることが、内線規程の条件です。これであれば問題ないと思います。
たまに、洗濯機などアースしてない場合(コンセントまでは接地線があるが)がよくあります。
現実問題としては高感度形が一般的で法的にも安心ですね。あとで何か事故などあればややこしいですよ。
特に住宅の場合は・・・。我が家は面倒なのでアースしていません。
値段もそんなに変わらないので高感度形がよいのではないでしょうか。
ちなみに人間の体の抵抗値は人によって違いますが20000Ω電圧100Vを加えるとI=5mA(乾燥時)
手がぬれている又は手が汗をかいている場合は、半分の10000Ωとすると100mAです。人間の体内に流れる致死電流は50mAといわれています。怖いですね。高感度30mAが良いですね。

Q感電を体感する装置を考えています。当然人体に影響がないレベルで、電気を感じてもらう装置です。

電を体感する装置を考えています。当然人体に影響がないレベルで、電気を感じてもらう装置です。
それにあたりどういう機器等が必要か知りたいです。

電圧はAC?DC?何Vくらい?入力はAC100Vを使用したいので、、トランス、パワーサプライのようなもので電圧をさげる?
電流は何μAくらい?
電圧、電流は調整できる方がよいのか?もし調整するならどういった機器か?
棒のようなものを2本用意して、人がにぎるようにしたいので、棒の素材はどういうものがよいのか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知かもしれませんが、体内に電流が流れると意外と小さな電流で死んでしまいます。
http://www.ee.kansai-u.ac.jp/jikkenjo/topmenu/kanden.htm
人体の抵抗は、汗ばんでいる人や乾燥している人で個人差がありますが、数十kΩから数百kΩぐらい。ここに100V加えると1mA程度ですから、もうちょっとで危険ですね。

低周波発振器があれば、数ボルトでも周波数を上げていくと感電します。具体的な数字は忘れてしまいましたが、数十kHz程度だったと思います。ゆっくり周波数をあげていかないと途中で火傷するかもしれませんので慎重に。

やっぱり安全なのは、静電気かな。

Q3P3E漏電ブレーカと単相の関係について

電気初心者です。お聞きしたいことがあります。
3P3Eの漏電遮断機に単相100Vを片相ずつ(R-NとN-T)で電源を取った場合、それぞれの100Vに別の負荷をつないで電流を流した場合、ブレーカーの漏電が働いていまうのでしょか?ものすごく素人な質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

負荷が別々でも漏電していない限り、入った電流と戻る電流は同じ量なのでトリップする事はありません。

単相三線式 100/200Vの電源に3P3Eの漏電遮断機を使用した場合、漏電遮断機としては正常に動作しますが、単相二線式100Vの電源でR-T間を直結しR-NとN-Tに100Vをかけて使用した場合、トリップ回路に電源がかからず漏電してもトリップしないので注意が必要です。

Q感電?漏電?

適切なカテゴリがなかったのでここで質問させていただきました。
PCのキャプチャカードにF型アンテナ線でつないでいます。掃除のため、アンテナ線をはずし(このときは感じませんでした)、15分くらい後につきようとしたとき指にしびれを感じ、おかしいなと思い、手を離したら平気だったので、アンテナ線に微量の電気が流れていて感電したのではないかと思われます。アンテナ線から電気が流れるということはあるのでしょうか?
当方アンテナ線はパナソニックのCATVチューナーのTZ-DCH500に繋いでいます。

Aベストアンサー

BS/CSアンテナなどには、動作させるための電力供給が必要なので、DC15Vが通電されている場合があります。

普通はアンテナ側にだけ通電されるんですけどね。
分配機などでも、通電型と非通電型の2種類あります。

スイッチや設定等で切替できる場合もあるので、チューナー等のマニュアルをご確認下さい。

Q絶縁抵抗計 どちらがいいですか?

sanwaの絶縁抵抗計の購入を考えています。
(設備機器販売・据え付け業。第二種電気工事士ですが、
実務経験はあまりありません。)

使用用途は仕事で、動力や100Vの業務用冷蔵庫や
乾燥機、各種設備機器を設置した際やトラブルが起こった際に
絶縁抵抗を測りたいと思っています。

主に、上記の機器用途で100V、1P200V、3P200Vの電圧で使用するの
ですが、sanwaのDM508S(500V/1000MΩ)とPDM508S(500V/100MΩ)の
両機種では、どちらを購入した方がいいのでしょうか?
(測定MΩの違いで具体的にどちらが使いやすいか?何が違うのか?)
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

 質問の趣旨とはずれるかもしれませんが注意点を1つ。絶縁抵抗試験とは、電圧をかけて漏れ電流を測定するわけですから、当然測定対象に電圧がかかることになります。電動機やケーブル等は600Vまで耐えることができるように作ってあるので問題ないのですが、電子部品(基板をつかっているようなもの)には注意が必要です。
 交流と直流でどのような違いがあるかわからないのですが、100Vで使われている電子部品に500Vをかけたら危ない気がしませんか。必ず壊れるというわけではないのですが、危険なことは確かです。
 最近は電子部品が組み込まれた機械というのも珍しくなく、低圧=500Vメガーではなくて、定格電圧に近いレンジで試験することが多いようです。
 私も仕事上は3レンジ(125/250/500V)のメガーを使っています。それと、色々なメーカーの多くの機種があるのですが、専門的な用途ではなく、普通の維持管理で使うだけであれば、何を使っても大差ないです。(違いに気付かない)
 デジタル表示は値は見やすいが、瞬間的な動作は捉えられないので、一瞬の動きを見つけるのには向いていません。また、アナログ表示は針が動くことによって瞬間的な動作はわかるのですが、普段は値が見にくいです。しかし、クランプメーターならともかく、メガーは電源を切って行う必要があるので、瞬間的な動きを捉えるものではないですが。
 ちょっと触れましたが、メガーは機械を止めてブレーカを切って使う測定器です。実プラントが稼動しだすと、そんなに簡単に機械を停止できないところが多いです。また、いきなり完全な地絡状態まで行くよりも、危ないレベルになって運が悪い(雨が降ったりする)と地絡が発生するといった状態のほうが考えられます。そのような時は、機器稼動状態での監視が必要になり、メガーでは出来ません。
 実務経験が無いということですが、クランプメーターを使った漏れ電流測定も覚えておいたほうがいいですよ。具体的なサイトはわからないですが、インターネットにいくらでものっていると思います。

 質問の趣旨とはずれるかもしれませんが注意点を1つ。絶縁抵抗試験とは、電圧をかけて漏れ電流を測定するわけですから、当然測定対象に電圧がかかることになります。電動機やケーブル等は600Vまで耐えることができるように作ってあるので問題ないのですが、電子部品(基板をつかっているようなもの)には注意が必要です。
 交流と直流でどのような違いがあるかわからないのですが、100Vで使われている電子部品に500Vをかけたら危ない気がしませんか。必ず壊れるというわけではないのですが、危険...続きを読む

Q100Vと200Vでの感電した場合の危険度についての質問です。

100Vと200Vでの感電した場合の危険度についての質問です。
調べると200Vの方が危険なことは分かりました。
感電の危険度の要因に人体を通過する電流の大きさがあることも分かりました。

ここで1つ疑問がわきました。
例えば電化製品を1000Wで作動させた場合、100Vだと10A、200Vだと5Aですよね。
これだと200Vの方が電化製品の中を流れている電流が少ないので、漏電して感電した時に100Vより安全では?とふと思いました。

この矛盾点について説明できる方がおられたら、回答お願いします。

Aベストアンサー

あと、補足すると、定格出力Wは関係無いですよ。
漏電した場合、高い方の
電圧200V→人体→地面(アース、0V)
もしくは地面に繋がっているもの、
例えば金属の水道管、アース線など。
という経路で電流が流れて
感電するので、
電化製品の抵抗値より
人体の抵抗値が低いことが前提です。

絶縁スーツでも着た場合は、漏電が起きる箇所に触っても
漏電しません。
身体を通る電流が多い方が危険。
→電圧が高いと、身体を通る電流が多くなる
→結果的に電圧が高いと危険

電化製品の中の電流値は関係ないというか、
漏電する状況では
抵抗値が小さいため
200V側→身体→アース側
を通って電流が流れるので
比較的抵抗値が高い電化製品内は
電流はほとんど流れなくなります。

Q絶縁抵抗測定時、アースが間違いなく取れているかどうかの確認の方法を、お

絶縁抵抗測定時、アースが間違いなく取れているかどうかの確認の方法を、お教えください。

Aベストアンサー

絶縁抵抗測定時の事前チェックとして
1.内蔵バッテリー確認
2.0MΩ確認
3.ラインプローブを接地側から離した状態で∞を示すことを確かめる。

2の0Ω確認ではアースプローブのクリップを接地端子に取り付けて、ラインプローブを接地側端子と電気的に接続されていると考えられる他の点に接触して”0”を示す事を確認する。

絶縁抵抗は、MΩ(100万オーム)の単位を測定するので絶縁された端子などに誤ってアースプローブのクリップを接続してしまわない限り失敗はありません。
しかし、接地がまったく効いていない端子にアースプローブのクリップを接続すると1000Vメガーでは、0MΩ確認において0を示さない。
低圧絶縁抵抗測定に於いては接地相(B種接地)を利用して接地が効いていることを確認すると良いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報