ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

変圧器の極性試験で、交流電圧計を使う方法がありますよね?
そのことについて質問なんですが、
高圧側の端子電圧をV1
低圧誘導電圧をV2
高圧-低圧間の端子電圧をV3
とした時に、V3=V1-V2なら減極性、V3=V1+V2なら加極性という決まりがありますが、なぜこのような式が成り立つのでしょうか??どうしてもわかりません。
もし、よかったら教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

変圧器は相互誘導を利用して電圧を変換する装置ですね。


理想的な場合で、漏れ磁束や損失を無視したとき、1次側の巻線の巻き方向と、2次側のそれとが、同じか反対かにより同相か逆相(180度逆)かの電圧を誘起します。
これを見分けるのが極性試験ですね。

ご質問には、1次端子の一端と2次端子の一端を接続することが書かれていないですね。
これを接続していなければ、なるほど質問の式は、意味が無いので、いくら考えてもわからないはずです。

これは、一端を接続して考えてください。このとき巻き方向が同じになる接続なら当然電圧は、加算されますし、反対でしたら減算されます。
これで加極性または減極性と言うわけです。
因みに1次巻線も2次巻線も同じ磁路の上に巻かれていて同じ磁束と鎖交しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

片方の端子を短絡するというのを書き忘れてました。でも、内容は良く解りました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/06 18:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q変流器の極性(キック)試験について教えてください。1次側K端子にスイッ

変流器の極性(キック)試験について教えてください。1次側K端子にスイッチを通した電池のプラス極、L端子に電池のマイナス極をつないで2次側のKL間に直流電圧計をつないでおいてスイッチを入れると瞬間的にプラス側にスイッチを切るとマイナス側に指針が振れる。これで減極性の確認ができるのは分かるのですが…
(1)瞬間的にしか指針が振れないのか?スイッチが入ってる間プラス側を指さない?
(2)スイッチを切るとマイナス側に振れるのか?0にならない?

以上についてお教え願います。

Aベストアンサー

(1)トランスは直流では理想的な特性を持たないので一時的にしか振れません
(2)上記と同じ理由で交流的に流れが変わったことのみに影響を受けるので0からマイナス側に振れます。

パルス入力に対するハイパスフィルターの応答と同じです。

Q極性試験の必要性

柱上変圧器の極性試験はどんな時に必要なものなのでしょうか?もしよろしければ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
変圧器は、1台で使用する場合には問題になりませんが、容量の関係で複数台並列運転させる場合には、単相変圧器の場合極性を一致させる事が必要となります。
(並列運転上、望ましい状態は、変圧器間に循環電流を流さないことであり、そのために上記の事が必要となります)
こんなお答えでよろしいでしょうか。

Q変圧器の+-の表示は何の意味ですか?

昔の変圧器の端子には+-の表示があるものがあります。これは何を表しているのですか?
(変圧器は交流なので正極、負極はありません。)

Aベストアンサー

変圧器には一次側巻線と二次側巻線の巻き方向を示すため、極性が
あります。
この極性には[加極性]と[減極性]があり、日本では[減極性]の変圧
器が標準になっています。
なお、この極性は瞬時的な現象で、その瞬時に双方の巻線の一旦が
(+)になるのか、(-)になるのかを考えると判り易いと思います。
詳細は次のURLをクリックして参考にして下さい。

[変圧器の極性]
http://www.geocities.jp/spwks280/henatukikyokusei.html

Q変圧器の極性試験の必要性

変圧器の極性試験は、どんな時に必要ですか??また、web pageがあれば、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2台以上の変圧器を並列に繋いで運転することがよく有ります。並列運転をするためには、電圧、位相、%インピーダンスなどが全て同じで無いと事故になります。極性は当然合っていないといけませんが、それだけでは十分ではないということです。
webは調べていません。

Q三相交流のV結線がわかりません

V結線について勉強しているのですが、なぜ三相交流を供給できるのか理解できません。位相が2π/3ずれた2つの交流電源から流れる電流をベクトルを用いて計算してもアンバランスな結果になりました。何か大事な前提を見落としているような気がします。

一般にV結線と言うときには、発電所など大元の電源から三相交流が供給されていることが前提になっているのでしょうか?

それとも、インバータやコンバータ等を駆使して位相が3π/2ずれた交流電源2つを用意したら、三相交流を供給可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
>V結線になると電源が1つなくなりベクトルが1本消えるということですよね?
●変圧器のベクトルとしてはそのとおりです。

>なぜ2つの電源の和を「マイナス」にして考えることができるのかが疑問なのです。
●もっと分かりやすいモデルで考えてみましょう。
乾電池が2個あってこれを直列に接続する場合ですが、1個目の乾電池の電圧をベクトル表示し、これに2個目の乾電池の電圧をベクトル表示して、直列合計は2つのベクトルを加算したものとなりますが、この場合は位相角は同相なのでベクトルの長さは2倍となります。

同様に三相V結線の場合は、A-B,B-Cの線間に変圧器があるとすれば、A-C間はA-B,B-Cのベクトル和となりますが、C-A間はその逆なのでA-C間のマイナスとなります。

つまり、どちらから見るかによって、マイナスにしたりプラスにしたりとなるだけのことです。

端的に言えば、1万円の借金はマイナス1万円を貸したというのと同じようなものです。

Q極性試験の必要性

極性試験の必要性ってあるんですか?
また、極性を間違えて接続するとどうなるんですか?

Aベストアンサー

何の極性試験かさっぱり分かりませんが・・・電子部品かなにかに関してでしょうか?

もう少し詳しくお願いします。


たとえば・・・
・電解コンデンサー
 極性を間違えて接続すると激しく破裂します。

・ダイオード、トランジスター、ICなどの半導体
 動かないか、電圧や部品によっては劣化、破損します。

Q変圧器の励磁電流と一次電流との違いについて。

変圧器について勉強しています。
そこで,1点引っかかっています。

励磁電流と一次電流との違いは何なのでしょうか?
勉強不足なものでよく分かりません…。

励磁電流は鉄心に主磁束を形成する電流と書かれています。
ですが,一次電流も同じでは???と思って混乱しています。

お手数ですが,どなたかお分かりでしたら
教えてください。

Aベストアンサー

一次電流とは一次巻線を流れる電流のことで、(1)励磁電流と(2)負荷をかけたことによって流れる電流のベクトル和です。質問者の疑問点はおそらく、後者の負荷電流も磁束を発生させる筈なのに、何故前者だけに限るのか、ということでしょう。一次側だけを考えると確かにそうですが、負荷電流は二次側にも流れており、一次と二次の負荷電流が作る磁束は大きさが同じで向きが逆なので打ち消しあって無くなります。だから、主磁束は励磁電流だけが寄与すると言ってもいいのです。
また、電流の位相も違います。損失を無視すると励磁電流は電圧に対して90度の遅れですが、負荷による電流の位相は負荷の力率次第です。もし純抵抗負荷であれば、電圧との位相差はゼロです。よって、(1)と(2)は別々に取り扱う必要があります。

Q変圧器の二次側を接地するのはなぜ?

シロートの質問で申し訳ありません(ノ_・。)

変圧器(トランス)の出口側(二次側)はアースをしますよね?
B種接地というんでしょうか。

あれが、なんで必要なんだか良くわかりません。
素人的考え方だと、そんな電気が流れてる部分を地面につないじゃったら、
電気が地面にだだ漏れして危ないんじゃないか!?
とか思っちゃうのですが???

初心者向け電気のしくみ、的な本を読むと、
「接地側を対地電圧(0V)」にして、線間電圧を100Vまたは200Vにする、みたいな事が書いてあるのですが
じゃあ3線あるうちの1本は電圧ゼロだから触っても大丈夫なのか?
いやいや電線は普通交流なんだから、電圧は上がったり下がったりしているんだろう・・・
そしたら対地電圧0Vってなによ???

・・・みたいな感じで、すっかり沼にはまってしまっております。
詳しい方、どうか中学生に教えるような感じでわかりやすく解説してください(´・ω・`)

Aベストアンサー

#1お礼欄に関して、

通常の屋内配線では、
常時電線に対地100または200Vがかかっていることによる危険性
トラブルがおきたときに電線が対地6600Vになる危険性
どちらを避けますか?(どちらの方が対策が楽ですか?)という話になるかと思います。

一部特殊なところでは、一次二次の接触がおきないように十分な配慮をしたうえで、対地100Vによる感電(だけじゃなかったかも)を防止するために二次側を浮かしている、というところもあると聞いたことがあります。(医療関連だったかな。)

三相の電圧
Y接続についてみると、たとえば三相200Vだと、中性点に対して、
Vu=115sin(wt),Vv=115sin(wt-2π/3),Vw=115sin(wt-4π/3)の電圧になってます。
ここで、v相を接地すると、中性点の対地電位が-Vv=-115sin(wt-2π/3)になり、
u相はVu-Vv=200sin(wt+π/6),w相はVw-Vv=200sin(wt+π/2) と(位相と大きさは変わるけど)三相電圧(のうちの二つ)になります。

#1お礼欄に関して、

通常の屋内配線では、
常時電線に対地100または200Vがかかっていることによる危険性
トラブルがおきたときに電線が対地6600Vになる危険性
どちらを避けますか?(どちらの方が対策が楽ですか?)という話になるかと思います。

一部特殊なところでは、一次二次の接触がおきないように十分な配慮をしたうえで、対地100Vによる感電(だけじゃなかったかも)を防止するために二次側を浮かしている、というところもあると聞いたことがあります。(医療関連だったかな。)

三相の電...続きを読む

Q無負荷力率cos

変圧器を無負荷で運転した場合、力率cosθが非常に小さくなるのはなぜですか?

Aベストアンサー

他の変圧器関連のご質問にも関連するのですが、
一度、変圧器の等価回路を調べられるのが良いかと思います。
(できれば、導出して見られたほうが、、)

で、無負荷時
無負荷時には変圧器には二次電流が0で、単に一次巻き線がコイルとしてつながっているだけになります。
ここで、通常は鉄損が充分小さいので励磁電流はほぼ無効電流だけになり、力率が非常に低くなると。

Q変圧器の内鉄形、外鉄形について

添付図の単相外鉄形についてですが、これは鉄心は左上の手書き部分にあるように、「日」という字を90度回転させたような形をしていて、①の部分に巻線が巻かれているのでしょうか?

また、「内鉄形は構造上絶縁が容易」とありますが、どういう構造上の理由で絶縁が容易なのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

内鉄型は一次と二次の巻き線位置が違うので「絶縁が容易」となります。
つまり、「絶縁が容易」とは、一次と二次の巻き線間の絶縁の事です。

内鉄型とは巻き線が鉄心を覆ており、外鉄型とは、巻き線の外側に鉄心が見える、という外観的なものです。
図(a)内鉄型において、その片方だけに一次と二次の巻き線を巻き付けたら、どちらとも言えません。


人気Q&Aランキング