【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

家庭用の吸湿剤を倒してしまいタンクの中に高濃度?の塩化カルシウム水溶液?がフローリングにおぼれてしまいました。つい、水の感覚でふき取ろうとしてもふき取れず、常にじめっと床に浮いているようです。手は荒れてしまうし、どうしたらふき取れるんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

防虫剤と吸湿剤とが組み合わさったものということですが


塩化カルシウムは気にする必要はありません。濃い食塩水と同じようなものと思って頂けたらいいと思います。少量なら口に入っても大丈夫です。道路の融雪剤に使っているものです。テニスコートの加湿剤にも使っています。食品添加物にもなっています。
べたべたするのは濃い食塩水でも同じような感じです。扱い方も同じです。濡れたぞうきんでていねいに拭きとることになります。
塩化カルシウムに重曹を加えても反応は起こりません。床を余分に汚すだけになります。
防虫剤の方には注意が要るでしょう。これは口に入ったり、食器に付いたりすると良くありません。種類や量が分かりませんのでこれ以上は何とも言えません。でも元々除湿が主で防虫は付加的なものであると思いますので量は少ないでしょう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答頂戴致しましてありがとうございました。お礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。濃い食塩水ということで安心しました。

お礼日時:2007/01/26 13:22

まず最初に感じた事は、転倒したら液がこぼれ出る こんな商品が


売られているのですね。 驚きでございます。
大体 防虫剤と吸湿剤を合体させた商品も珍しい????
普通の商品は、不織布等で蓋が有り、転倒しても液がこぼれない様に
工夫があるはずですが・・・・。??

塩化カルシウムは、潮解性が有るので 水分で溶けて液化します。
急激な潮解が有れば発熱しますが、液体化したらもう発熱はほとんど
無いと思います。 皮膚が弱い人だと荒れたり蕁麻疹が出ます。

私なら ペーパータオル等でなるべく拭い取り、その後で、
よく絞った雑巾で何回も拭きます。 フローリングは表面加工してあるので 液体は浸透しにくいはずが、未処理品だと染みこんでシミに
なる気がします。
ビタビタの雑巾で 染み込んだものを浮かす為に使うなら意味が
判るが、普通はしない。
常にジメッと床に浮いていて、ふき取れないと言う表現が理解できない
のですが?? 塩カルの潮解物は、粘度が有りベタベタしますが、
乾いた雑巾なら吸い込むでしょ。 新品のタオル・雑巾は吸い込みにくいと思います。
その辺も 補足に入れて貰うと回答が楽です。
吸湿剤の構造・・・ 白い不織布を剥がして使用してないか???

この回答への補足

ご回答頂戴致しましてありがとうございました。補足、お礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。吸湿剤の構造については剥がして使用してないです。ですがクローゼット内で横倒しになり水がこぼれていたのをしばらく気づかなかったようです。今もまだベタベタしておりクローゼット内の壁面(木製のベニア)にフローリングから吸い上がったかのようにところどころ濡れています。風通しをよくしたりしたんですが乾かないので困っています。

補足日時:2007/01/26 13:15
    • good
    • 0

質問内容が支離滅裂ですが、「タンク内の高濃度の塩化カルシウム


水溶液がフローリングにこぼれた」でいいのでしょうか

まず、第一にNo.1の人が言ったように絶対に素手では触らないで下さい。
手が荒れること間違いなしです。次に出来る限り全部取り除き
その後、水で湿らせた雑巾で何度も拭いてやってください。

最初に全部取り除くのは(家庭用除湿材なので問題ないと思いますが)
塩化カルシウムに水を与えると発熱します。でも、高濃度とはいえ
家庭用なのでそれほど濃度も高くないだろうし問題ないかな?とも
思ってます。
次に湿らせたぞうきんでふくのは塩化カルシウムは水に溶けやすい
性質を持ってます。ですから、何度も拭き続けて最後に乾拭きするしか
ないかなと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。すみませんでした。誤字で質問がよく伝わらなかったです。とにかく防虫剤と除湿剤が一体化されたものをクローゼットにおいておいたらそれが横に倒れていて水がこぼれていました。ご指摘の通りで、タンク内の高濃度の塩化カルシウム水溶液がフローリングにこぼれたで間違いありません。先程、気がついて拭いたのですが拭ききれなくて、手も荒れてしまい、途方にくれていました。いきなりからぶきではなく、水ぶきからなんですね。助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/15 23:49

ビチョビチョに濡れた雑巾で薄めながらふき取るのが一番良いと思います。

もちろんビニール手袋はしてください。

炭酸水(ソーダ水)を注いで,
炭酸カルシウムにして沈殿させることも考えたのですが,
塩素が発生しそうで危険なのでやめたほうがよさそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。すみませんでした。誤字で質問がよく伝わらなかったです。とにかく防虫剤と除湿剤が一体化されたものをクローゼットにおいておいたらそれが横に倒れていて水がこぼれていました。先程、気がついて拭いたのですが拭ききれなくて、手も荒れてしまい、途方にくれていました。いきなりからぶきではなく、水ぶきからなんですね。助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/15 23:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩化カルシウムの人体に与える害は?

 グラウンドの地質改良材として撒かれる塩化カルシウムはにがりと同成分なのでしょうか?

 ネットで見ると、害がないような、全くないとは言えないような、よくわかりません。

 直接口にしなければ、塩化カルシウムを撒いたグラウンドで運動会をしても子どもには全く悪影響はないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
にがりは、塩化カルシウムだけでなく、塩化マグネシウムや塩化ナトリウムなど沢山の物質が混ざったものです。

塩化カルシウム自体は毒物ではありません。
カルシウム自体、体には不可欠なもので、栄養の一つです。

それだけを大量に食べれば下痢ぐらいはしますが、グランドに撒いてある上で遊んだ位で害毒を発揮するような物質ではありません。

Q塩化カルシウムのPH

塩化カルシウムは、強塩基と強酸の化合物、なのに中性ではなくアルカリ性を示すのでしょう?

Ca(OH)2+2HCl→CaCl2+2H2O

Aベストアンサー

Ca^2+は、次のようにOH^-と錯体を作る性質が少しあります。
Ca^2+ + OH^- ⇔ [Ca(OH)]^+ ;平衡定数 K=20

よって極僅かに加水分解を起こす事により、極めて弱い酸性を示すかも知れません。
Ca^2+ + H2O ⇔ [Ca(OH)]^+ + H^+ ; 平衡定数 Kw*K=2*10^(-13)

だから塩基性を示す事は考え難いですが、弱~い酸性を示す可能性はあると思います。

Q除湿剤の捨て方

除湿剤の容器の中に溜まった水を他に捨てる場所が無いのでキッチンで流しています。
できるだけ水を多めにして流しています。

ですが、やはり食器を洗うところなので、もし残っていた除湿剤が洗ったお皿についていたら・・・と思うと少し怖くなったので質問しました。

少量なら問題はないのでしょうか?
少しでも何か体の調子は悪くなったりしますか?

今のところなんともないです。

Aベストアンサー

除湿剤は主に塩化カルシウムでできています。雪国で道路に撒く融雪剤などと同じ原理で、水分を含むと液化する原理の応用です。海水などの中に含まれ、自然界にも存在する物質なので害は低いといわれています。海のそばに行くと、潮風で髪や体がべたつくようになるでしょう?あれは空気中の塩化カルシウムが体につき、そこで湿気を吸うからです。
では溶液は無害かと言うと、そうでもありません。融雪剤は溶けた塩化カルシウムが回りの雪を溶かして水分にし、自然に無害なレベルにまで薄まります。しかし空気中の水分を吸って液化した塩化カルシウム溶液はとても高濃度です。塩化イオンの腐食性が強く、衣類につくと確実にシミになります。こぼした場所はべたべたしてしまいます。皮膚についたものを『放置すると』火傷のような状態になります。(体についてもすぐに洗い流せば大丈夫です。)そのため、皮膚につけないようにとの指示があります。
はねた飛沫が気になる…程度の少量を誤飲したとしても、自然界にもある物質なので前述のとおり害の心配はありません。ダイレクトに飲んだ場合は気持ちが悪くなると思います。少量なら牛乳を飲ませて様子見、大量なら医者にかかりましょう。

ほんの少量でも人体に入って害をなす薬品は、劇物扱いになると思います。取扱いに注意を促す為にそのような表示がされているはずです。確かに薬品類は取扱いに注意が必要ですが、説明をよく読んで扱えば不必要に恐れる心配はありません。大丈夫ですよ。

除湿剤は主に塩化カルシウムでできています。雪国で道路に撒く融雪剤などと同じ原理で、水分を含むと液化する原理の応用です。海水などの中に含まれ、自然界にも存在する物質なので害は低いといわれています。海のそばに行くと、潮風で髪や体がべたつくようになるでしょう?あれは空気中の塩化カルシウムが体につき、そこで湿気を吸うからです。
では溶液は無害かと言うと、そうでもありません。融雪剤は溶けた塩化カルシウムが回りの雪を溶かして水分にし、自然に無害なレベルにまで薄まります。しかし空気中の...続きを読む

Q塩化ストロンチウム水溶液の属性

塩化ストロンチウム水溶液についてですが、アルカリ性か中性かで判断できず悩んでいます。
お詳しい方ならすぐにお分かりになると思うのですが、回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

中性です。
水溶液が中性以外になるのは、塩に H+ や OH- が含まれているとき、加水分解を起こすとき、沈殿が出来て H+ や OH- が失われるときだと思います。
塩化ストロンチウムはいずれにもあてはまりません。

(NaOH濃厚溶液中などでは、 Sr2+ + 2OH- → Sr(OH)2 の反応が起こりますので、厳密に言えば、水溶液中でもOH- が消費されて H+ が出来るような加水分解が起こっているかもしれません。しかし、Sr(OH)2 は水に溶けますので、加水分解の効果は無視してよいでしょう。)

Q塩化ナトリウムの中和剤のようなもの

除湿剤のポットが畳の上でひっくり返っているのを発見!
カラ拭き、水拭き、マ○ペット拭きと試したのですが、いつの間にかベトベトになっています。中和剤のようなものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

除湿剤ですから、塩化ナトリウムでなくて、塩化カルシウムでしょう。

塩化カルシウムは、空気中の水蒸気を吸って自分で水溶液になります。したがって、残っている限りいつまでもべたつきます。水に良く溶けますから、べたつきがなくなるまで(何日も?)水ぶきを続けるしかないと思います。
洗剤を使う意味はありません。参考URLに対処方法があります。

中和剤ですが、たとえば炭酸ナトリウムを撒いてカルシウムイオンを炭酸カルシウムとして沈殿させたらどうかと、化学の知識からは思いつきますが、実効があるかどうか、安全性はどうかはやってみないとわかりません。

参考URL:http://www.hakugen.co.jp/products/QandA/answer3_1.html

Q水とりぞうさんの水がこぼれた場合は?

押し入れやクローゼットの除湿剤の「水取ぞうさん」のようなものなのですが
クローゼットに入れておいた物が、外出中に倒れてしまい、中の水がこぼれてしまいました。
その水でフローリングがかなりの時間水浸しになってしまったようです。
帰宅後に気付いて慌てて拭き取ったのですが、いつまでも乾かないと言うかちょっとべたっとしたような感じになってしまいました。

その後も水やフローリング用のクリーナーなどでも試してみたのですが
やはり状況は変わらないようです。
どなたか良いクリーナーや落とし方をご存知の方がいらっしゃいましたら
どうぞ、お知恵をお貸しください。ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

主成分は塩化カルシウムです。

わかりにくければ、水分を吸収しやすい塩とでも考えてください。
これを完全に除去しないとベタベタは延々と続きます。

水に溶けやすい物質ですので、水雑巾で拭いて・・・を延々と繰り返すのが良いと思います。

Q凍結防止に「水に溶いた塩化カルシウムを散布したい」のですが、効果あるでしょうか?。

私どもの工場は、山頂にある企業団地に立地しております。
その企業団地への進入道路は、結構な坂道になっております。
めったに雪は降らないのですが、降った場合はわずが1~2センチの積雪で車が走行不能になります。
(最初の数台は坂を登れるのですが、すぐに圧雪され凍結してしまうため、その後の車が走行できなくなります。普段はほとんど雪が降らない地域ですし、降ったとしても平地で車が走行不能になるようなことはないので、スタッドレスやタイヤチェーンを装備している車は皆無です。企業団地へ進入するためだけに「冬用タイヤを準備せよ」、と要請するのは無理がありますし!。)
冬季には「凍結防止」のために塩化カルシウムをロードサイドに準備しておりますが、シーズンが終了する頃にはその塩化カルシウムが湿気を吸って「固形化」してしまっています。
固形化してしまったた塩化カルシウムとはいえもったいないので、降雪や道路の凍結が予想される前日に、水に溶かして道路に散布してはどうだろうか?、と考えているのですが、「固形化した塩化カルシウムを水に溶いて散布する」ことによって、道路の凍結防止に効果があるのでしょうか?。
2tの水に塩化カルシウムを200~250kgを溶かして散布しようと考えております。
お詳しい皆様、教えていただければ幸いです。

私どもの工場は、山頂にある企業団地に立地しております。
その企業団地への進入道路は、結構な坂道になっております。
めったに雪は降らないのですが、降った場合はわずが1~2センチの積雪で車が走行不能になります。
(最初の数台は坂を登れるのですが、すぐに圧雪され凍結してしまうため、その後の車が走行できなくなります。普段はほとんど雪が降らない地域ですし、降ったとしても平地で車が走行不能になるようなことはないので、スタッドレスやタイヤチェーンを装備している車は皆無です。企業団地へ進...続きを読む

Aベストアンサー

新潟県の降雪地方に住んでいます。
>>塩カル水
間違いなく再結氷してしまうでしょうね。
粒剤の塩カルを撒いた時もそうなんですが、気温の低下が激しい時に、余りに早い時間帯に撒くと塩カルによって融けた雪氷が再度凍ることもあるんです。

私も自宅車庫前の坂道に前日就寝前に塩カルを撒いたは良いけど再結氷して2度撒く羽目になったことが何度もあります。

質問者さんが考えているのは、前日の退社時間に塩カル水を撒いておけば翌朝は凍結無しでスイスイって感じでしょうか?

放射冷却で朝の最低気温が-5度とかになるような日には間違いなく再結氷しますね。
出来れば毎朝、社員が出社する1時間くらい前に粒剤の塩カルを撒ければ一番良いのですが。

ちなみに、固まった塩カルは砕けば普通の塩カル剤として再度撒布できますので参考まで。

Q塩化カルシウムについて

塩化カルシウムは 融解熱を発する為に融雪材として 凍結道路にまかれますが 一方 寒剤としても 6水和物を氷に混ぜると -50℃ほどになるともあります。一見 矛盾しているようにも 思えますが これは 一体どういうことなのでしょうか。氷に塩化カルシウムの粉をまくと 最初、融解熱により温度が上がりその先 今度は 寒剤として威力を発揮して -50℃になるのでしょうか。そんなバカな事は ないと 思いますが、どうなっているのでしょう。

Aベストアンサー

> 除湿材の下に溜まった 水状の物は 一体何なんでしょうか
塩化カルシウム水溶液でしょう.

> いったん結晶して 改めて 溶解熱を 奪いながら 溶けていくというプロセスなんでしょうか。
そうじゃありません.
温度が下がるのは氷の融解熱のためです.
0℃の氷と0℃の塩化カルシウム水溶液が接しているとします.
水に溶けた塩化カルシウムはイオン化して Ca イオンと Cl イオンになっています.
イオンは水溶液中をほぼ自由に行動できますから,
行動範囲が広いほどエントロピーを得します.
塩水にそっと真水を入れるとそのうち拡散して一様な塩水になるのもこの例です.
水にインクを垂らすともっとよくわかります.
このエントロピー効果で氷が一部溶けて水になり,
水溶液が薄まって実際イオンのエントロピーを得します.
氷の融解熱の分だけ,氷+塩化カルシウム水溶液の温度が下がって0℃以下になりますが,
塩化カルシウム溶液はまだ氷りません.
で,また氷が溶けて溶液が薄まり,その分全体の温度が下がります.
これが,塩化カルシウムの水溶液の氷るところまで続きます.

上の話は,溶質を理想気体のように考えています(希薄溶液近似).
飽和溶液に近いとイオン間相互作用などありまして事情はもっと複雑でしょうが,
定性的には上のようなことと思います.

> 除湿材の下に溜まった 水状の物は 一体何なんでしょうか
塩化カルシウム水溶液でしょう.

> いったん結晶して 改めて 溶解熱を 奪いながら 溶けていくというプロセスなんでしょうか。
そうじゃありません.
温度が下がるのは氷の融解熱のためです.
0℃の氷と0℃の塩化カルシウム水溶液が接しているとします.
水に溶けた塩化カルシウムはイオン化して Ca イオンと Cl イオンになっています.
イオンは水溶液中をほぼ自由に行動できますから,
行動範囲が広いほどエントロピーを得します.
塩水にそっ...続きを読む

Q融雪剤として使われる塩化ナトリウムと塩化カルシウムの違いは??

よく道路にまかれているこの薬剤について、違いは何なんでしょうか。
お分かりになる方教えてください。

Aベストアンサー

塩化ナトリウムは食塩です、水によく溶け中性です。
氷点降下が高いです、凍結防止剤ですね。
塩化カルシュウムは水に溶けるとアルカリ性です、
発熱もします、だから融雪剤です。
どちらもある程度同じ効果があります。

Q車のボディーに付いた融雪剤の洗浄について

雪国に住む者です。
この時期道路に撒く融雪剤は安全走行する上でありがたい物ですが、車にとっては汚れが醜いばかりでなく錆びの原因となりいやな物で、チョットやそっとでは綺麗になりません。
ボディーに付着した融雪剤を安全かつ簡単に洗浄できる洗剤やクリーナーの様な物はないでしょうか。
メーカーの方そのような商品を知っている方お教え下さい。

Aベストアンサー

>実は塩カル等の所謂スケール状の物は酸で落ちると聞いた事が有るのですが

車に酸を掛けますか。塩カルの比では無く錆ますね。

塩カルが弱アルカリの反応を示すのは、水分と反応する前の状態です。水素イオンと反応して錯体を作りますから弱酸性を示すはずですので、金属が腐食するのです。

ですから車に付着した塩カルが酸で落とせるのは、カルシウム成分の分解には適していると思いますが、車のダメージは更に進行するでしょう。


人気Q&Aランキング