ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

先日現在公開中の「大奥」を観て来ました。
今結構話題の映画ですので重なる質問が過去にあれば申し訳
ありません。
この映画のテーマであった絵島生島事件に詳しい方教えて
下さい。真相は今でも未知のままでいろんな説があるので
しょうか??
この映画の中ではたった一夜だけの純愛が描かれていました。
名前しか聞いた事なかったので詳しい方、お話聞かせて下さい☆

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

これでも一応大学で日本史を専攻していた者でです。

でも南北朝時代や室町時代を主に勉強してたので江戸時代は正直詳しくありませんが、江島生島事件の概要は、正徳四年、江戸城大奥の年寄りで七代将軍の生母月光院に仕える江島が山村座の役者生島新五郎と乱交に及んだとして、江島は信濃国高遠に流罪、生島は三宅島に流罪となった事件です。どうもこの事件は当時の政局と密接に絡んでいたみたいです。当時、幕府内で絶大な権力を握っていたのは側用人間部詮房です。これに反感を抱くのが江戸幕府成立以来政務の中心にいた譜代層です。また、大奥内部でも六代将軍家宣の正室天英院と側室で七代将軍の生母月光院の権力争いがありました。譜代層は天英院と結びつき、間部は月光院と結びついた訳です。結局、江島は月光院との結びつきが余にも強く、大奥内部でも実力者であったため、天英院派に目をつけられて生贄にされたというのが真相のようです。なお、最近大奥ブームなので私も古本屋で大奥の教養書を購入しました。参考にしてみてください。安西篤子監修『江戸城大奥100話』立風書房
    • good
    • 1
この回答へのお礼

8787kouziさん、とても詳しい説明ありがとうございます☆
映画大奥はもうご覧になられましたか?面白かったです♪
恐らく歴史を少し曲げて映画化しているのだろうなと思って
見ていたのですが、大体8787kouziさんがおっしゃった事と
映画の内容はほぼ同じでした^^唯一違うのは映画の中では
生島は張り付けによる処刑でした。
本当に絵島と生島は関係にあったのでしょうかね><単なる
でっちあげだったとの説もあるようなのでその辺が気になり
ました^^
どうもありがとうございました☆
が気になります。

お礼日時:2007/01/16 13:05

大奥の年寄絵島と宮路は増上寺と寛永寺へ代参のあと、奥女中やお付の者百十名を引きつれ山村座へ繰り込みました。

  座敷貸切の芝居見物です。  予約でもしていたでしょう。  観劇後芝居茶屋で生島新五郎たちの役者を呼んでの豪奢な宴会でした。  費用はお伴の出入り商人持ちです。  この時絵島と生島二人だけ一室で酒を飲んだとの説があり、これが純愛説になったのですが、このような事はなかったというのが定説です。  この際芝居見回りの役人に見られたとの説もあり、真偽不明。   門限遅れも諸説ありこれも真相は不明です。   この程度では、死罪にはなりませんが、勢力争い陰謀の生贄になり、死罪にすると脅かされ、結局高遠藩遠島(幽閉)になりました。  
映画の脚本は面白く描くのが通例です。

余談ですが月光院と間部詮房との情事は、そののちの狂歌「おぼろ月 手をとりかわし 吹き上げの 御庭の花の 宴もつきたり」の二人はこの二人です。  江戸では評判でした。
    • good
    • 0

このふたりの関係は今で言えば金持ちの有閑マダムとホストみたいなもので、恋愛感情があるといえばあるないといえばないという微妙なものでしょう。


そもそも絵島は大奥で勢力の強かった月光院派の側近ナンバーワンの実力者です。
当時はこういった大奥の実力者が芝居見物と称して出かけて、そのあとの席に気にいった役者を呼んではべらせるということはよくあったようです。
男子禁制の大奥などと厳しくなったのはこの事件以後のようです。
またふたりの純愛というのも、それのほうが面白いから後生の作者たちが作り上げた部分が多いように思います。
当時の背景としては5代将軍綱吉は甥の家宣に後を譲るといっておきながら、紀州と組んで家宣を排斥しようとしました、結局これは失敗に終わるのですが、家宣としてはこの叔父のやり方に激怒、将軍に就任したときに幕閣の人心を一新、実権を握った新勢力と隙あらば勢力逆転を虎視眈々と狙う旧勢力の対立があったようです。
また大奥では公卿出身でプライドも高い天英院と下町育ちでざっくばらんな月光院の対立がありました。
しかし時期将軍の生母という事で、月光院派のほうが勢力は強く、天英院派は隙あらば足を引っ張ろうと虎視眈々と狙っていました。
もうひとつ家宣の子の家継は幼く病弱の為、その次の将軍を御三家から模索していました。
だが家宣は叔父と結託して自分を排斥しようとした紀州を嫌い尾張に白羽の矢を立てました。
つまり幕閣、大奥、御三家の三つで対立があり、それぞれがどちら側かと結びついて大きな二つの勢力が対立していました。
すなわち

A.新勢力(幕閣)-月光院(大奥)-尾張(御三家)
B.旧勢力(幕閣)-天英院(大奥)-紀州(御三家)

このAとBが対立、当然Aの勢力が強くBはこれを逆転するきっかけを狙っていました。
そのとき起こったのがこの事件、事件そのものはたいしたことはないのですが口実としては絶好だったということです、こういう状況の中で政治的に利用されたという側面が強いようです。
    • good
    • 1

先程の者ですが、肝心な事を言い忘れてました。

この事件は天英院派が月光院派を粛清するためにでっち上げたとする説とむしろ間部詮房を追い落とすために譜代層がでっち上げたとする説もあります。確かに陰謀の臭いがしますけど、一方で元禄以来大奥の風紀は相当乱れており、乱交があってもおかしくはありません。やはり当時の史料を読んで解釈するしかありません。ちなみに映画は怖くて観てません。むかし、テレビで大奥の映画をやっていたのですが、女性の虐めって男よりも相当たちが悪いですよね。井戸に連れて行かれて水をかけられていたシーンが未だに忘れられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね^^私は元の派閥を詳しくは知りませんでしたが、確かに映画ではその天英院派と月光院派の対立による策略と、間部詮房を落とそうと言うのと、両面で描かれていました。少々ネタバレになりますけど、映画では月光院と間部が関係を持っていました。その噂が天英院側にも耳に入り、それを絵島が隠し通していたので、何とか絵島に落ち度を作り、月光院と間部との関係を表沙汰にして月光院と間部共々陥れようと、生島と絵島を出会わせたという設定になっていました。

そうですか^^確かに大奥は怖いですね><でもプッと笑えるような面白おかしい部分もあるので私は好きですね☆歴史にうとい私でも非常に話が分かりやすかったです♪

お礼日時:2007/01/16 14:01

大奥の基本構想をしたのは、秀忠夫人で、信長を叔父、父を浅井長政、母をお市、姉を淀殿とする女性です。


身内は、滅びましたが、血が絶えることの恐れを説いて大奥を作らせたのは、意識の内にないかもしれないけれど、壮大な復讐だな。と、思いました。
そんな壮大な、子作りシステム大奥を作りながらも、直系が、すぐ途絶えちゃう「徳川家」って。です。
3代から先は、兄弟だの、他家(御三家)からの養子だの早死にだの・・・。
結局、50数人も子どもを作った将軍以外にこのシステムが、機能していたことはなく、まさに「大いなる無駄」
多大な出費に粛清を望んだ上部のスケープゴードにあったのが、絵島ということで、間違いないと思います。
ただ、生島のファンだったのが、愛人として、でっちあげられて、証拠を偽造、捏造されて、お気の毒だと思います。
四十七士、千姫のスキャンダルなどのアジテーションに乗せられやすい江戸の人々も、さすがにこの一件の真相は、わかっていたと思います。
いろんな説は、ないと思います。
幕府側の陰謀です。
旧江戸城に不浄門が、まだ、残っています。
死人がお城から、運ばれるときの門です。
この門から、いわれのない罪をきせられて、追い出された門です。
    • good
    • 3

補足です


映画の紹介をテレビでやっていました
その時に実際のお話では、情事はなかったらしい
しかし、それをネタに大問題に発展したという説明をしていました

でっそのごたごたを映画で着色しつつ映像化したとの事
同じ時代劇でも誰を中心に描くかでお話そのものも違った感じになります
今回の映画は、絵島の純愛として描いたのではないでしょうか
例えば「利家と松」では、松(女性)を中心に描いています
いわばかかあ天下的なお話でしたよね。
英雄の裏に女あり・・とかも言いますし
    • good
    • 3
この回答へのお礼

nyannmageさん再びご回答ありがとうございます☆
やはり情事はなかったのですね。映画版では情事
はありましたが、いやらしくなく、とても綺麗に
描かれていました。多少の脚色はあったものの、
当時の歴史背景が結構忠実に描かれていると感じ
ました^^

とても分かりやすい説明ありがとうございました☆

お礼日時:2007/01/16 13:39

http://www.ffortune.net/social/seso/nihon-edo/es …

参考になさって下さい
怖いお話です・・・・くれぐれも時間厳守で
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます^^
実はこのサイト先日ネット検索して居た時に
私も見ました(笑)
怖いですよね><しかし、ここのサイトのお話
を読む限りでは情事はなく、ただ門限に遅れ
た事からでっちあげられたかの如く書かれて
いますよね?そこが不思議なんです><
映画ではお互いに恋愛感情があり、最後に
決死の覚悟で一夜を共にする感じでしたので
一体どれが正しいんだろうと疑問を持ちまし
た。
nyannmageさんありがとうございます☆

お礼日時:2007/01/16 13:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皇女和宮下降の真相

初めて質問をします。

私は今、火曜日の20時から放送されているドラマ『大奥』に夢中です。
最近は和宮が出てきて特に面白いです。
ここで、気になることがあります。

それは、数年前にこの時代のことを取り上げた大河ドラマ『徳川慶喜』がありましたが、そのときにも和宮下降の部分がありました。
そのときは確か、和宮は有栖川宮○○(←名前忘れました)と婚約がしていたのに、徳川家によって、仲を引き裂かれて、悲しんでいたような気がします。
また、江戸に下る際には母親がついてきていたと思います。
しかし、今の『大奥』では、和宮は公達を嫌っているし、母親もついてきていません。
いったい、どちらが史実として、正しいのでしょう?

誰か、教えてください。

Aベストアンサー

私も大奥のドラマ楽しく拝見しています。

しかし、史実とは、違うように描かれていますね。
和の宮の件は、他の回答の方が述べているとおりです。

天璋院(菅野美穂)との確執は実際あったようなのに、将軍の生母(野際陽子)の確執になっています。

他にも、大奥総取締り代理の(初島?)の件も七代・八代将軍(吉宗)の時代に起こった話を今回、取り入れて脚本を書いているようです。
絵島生島事件と言います。

参考URLを載せました。

物語として楽しんだら良いかと思います。

テレビドラマの水戸黄門・大岡越前は、史実と大分違う内容をドラマにしていますね。
そこまで、ひどくないですが、そんな感覚で楽しくドラマを見られたらどうでしょう。

参考URL:http://www.ffortune.net/social/seso/nihon-edo/esima.htm

Qお万の方って実在するんでしょうか?

大奥2章のお万の方って実在するんですか?
町屋から春日局が女たちを側室にいれたのは分かりますが実際に尼であった女性を入れてのでしょうか?
いまさらですみませんが教えてください。

Aベストアンサー

当初、家光が女性に興味を示さなかったため、男装の尼を引き合わせたところ、興味を示したので側室にした。と読んだことがあります。このエピソードが正しいかどうかはともかく、実在はします。下記ページ参照。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%85%89%E9%99%A2

Q徳川綱豊(徳川家宣)がいるのに徳川綱教が6代将軍候補になっていた理由は?

徳川御三家は徳川宗家の血が絶えたときに、将軍を出す役目を持っていました。
つまり、とくがわ徳川宗家の世継ぎがいる限り、その人物が将軍となることが決まっていたはずです。
5代将軍の徳川綱吉には、兄(徳川綱重)の嫡男であり、家光の孫にあたる徳川綱豊(後の徳川家宣)がいました。常識で考えれば、れっきとした徳川宗家の血をひいている徳川綱豊が6代将軍の筆頭候補になるはずです。
なぜ、徳川綱吉は甥であり、家光の孫である徳川綱豊をさしおいて、分家にあたる御三家の一つである紀州家の徳川綱教を次の将軍にと考えたのでしょうか?
血統的には誰が考えても徳川綱豊こそが次期将軍筆頭候補になるはずです。
徳川綱吉がれっきとした宗家の血をひく人物(徳川綱豊)がいるのに、御三家(分家)の徳川綱教を次期将軍にと考えた理由を教えてください。

Aベストアンサー

綱吉には徳松と言う子がいました。当初、綱吉は徳松に将軍職を譲りたいと思っていました。
水戸光圀の反対を押し切り徳松を江戸城に入れたものの、徳松は5歳で死去してしまいます。
順当に行けば綱豊が将軍継嗣となってもおかしくは無いのですが、
当時、綱吉の母(桂昌院)と兄・綱重の母(順性院)は反目していて、綱吉は綱重の子である綱豊が将軍になるのは避けたかったと言うのと、
綱吉の「自分の血筋を将軍にしたい」と言う願望から、娘婿の綱教を将軍候補に擁立しようとしたのです。

しかし宝永元年、綱吉の娘で紀伊綱教の正室の鶴姫が亡くなってしまい、
綱吉の血筋が絶えてしまった事から綱教が将軍世子になる根拠がなくなり、綱豊が綱吉の世子となり家宣と名を改め6代将軍となりました。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q大奥ではなぜ覆面を被って母乳をあげていた?

1月3日に放送されたタモリのヒストリーXで、安めぐみが発表していた、赤ちゃんに母乳をあげる時に昔、大奥?では覆面を被っておっぱいをあげていた。という発表でそれはなぜかを聞き逃してしまいました…
どなたかご覧になった方や知っている方教えてください。
お願いします

Aベストアンサー

昔の高貴な女性は、自分の子どもに母乳を飲ませるようなことはしていませんでした。
同じ頃に子どもを産んで、母乳の出る女性を乳母として、その人のお乳を与えていたのです。ですから、乳母の子どもは乳兄弟という関係になります。

乳母の顔を見ながらお乳を飲んでいて、特別な感情が生まれ、乳母が権力を持つようになった前例があったため、覆面をして授乳する措置がとられました。

Q徳川将軍の正妻は子を生んでいないのか?京都の女は身分を鼻にかけ嫌われる?

1.徳川将軍の正妻は、大概、、大大名の娘か、藤原家か内親王/女王ですが、なぜ一人も(女子すらも)子どもを産んでないのですか?子どもを産んで後継者とすれば、京と将軍家の結びつきは強固なものになったはずなのに。
そういった正妻は、一人の女性として悲しくないですか?

2、よくドラマや小説なので、公家や内親王出身の京都の妻は、「プライド高く、身分を鼻にかけ、愛嬌がなく、ツンツンとしていて夫から愛されない女」として描かれていますが、、、本当でしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。
NO3.です。

>>それならば、平安、鎌倉、室町時代の天皇家や公家に嫁いだ公家や皇家の女性たちも同様に体が弱かった(更にこの時代のほうが食料事情がもっと悪かったのでは)ということになりますが、、、平安・鎌倉・室町時代には弱そうな姫君からも子どもがちゃんと生まれて、家系を維持できているのは、なんででしょうか。道長の娘たちも男子をちゃんと産んでいますし。。

中々「するどい」ところに気付かれましたね。
平安、鎌倉、室町時代は、「幕府」は開かれていますが、朝廷を中心とした、朝廷を「敬う(うやまう)」政治体制で、「荘園」なども持っていましたので、「朝廷」や「公家」もまあまあ「裕福」でした。従って、「食事」なども、かなり、「贅沢」を極めています。
やがて、室町幕府の15代足利義昭あたりから、「武士」が世を動かすようになりました。もちろん、それ以前にも「平氏」なども「武士」ですが、「朝廷」にとりいっての天下でした。また、「足利氏」や「源氏」なども武士ではありますが、朝廷を大いに「守り立てて」の政(まつりごと)でした。
しかし、信長はご存知の通り、朝廷に頼ることをしませんでした。自らの力で、逆に、朝廷を動かそうとしていますよね。
そこで、朝廷は「官位」の「大安売り」をして生活費を賄っています。
例えば、「左京太夫(さきょうだいぶ、または、さきょうだゆう)の職は、京都の東側を統括して、司法、行政、警察権を司る役目ですが、本来は、「四職家」と呼ばれる「山名氏」「赤松氏」「一色氏」「京極氏」だけに代々継がせていましたが、多額の献金により、「大内氏」がその「職」を手に入れたことで、東北の「伊達氏」も「それでは、わしも・・・」と、「献金」と引き換えに「左京太夫」に任じられました。となると、「我も、我も」と、地方の中小大名たちも「真似」をして、実態としては、京都で活動することなく、「官職名」だけを取得するようになりました。こうした「献金」で、朝廷や公家衆は「生き延びて?」きました。
やがて、秀吉の時代になると、秀吉の「関白職」を得るため莫大な「献金」をして、再び、朝廷や公家衆は「豊か」になりました。
まあ、この頃あたりまでは、公家の姫君も「健康体」だったと思います。
次に、秀吉の後の徳川幕府になると、再び、朝廷や公家衆に対する「献金」がなくなり、ただ一つの拠り所としては、将軍家が公家の様式を取り入れたい、と、いうことで、公家の姫君を将軍家に嫁がせることで、「引き換えに」公家への「献金」がありました。将軍家と「親戚」になった公家は、まあ、そこそこに生活はできましたが、他の公家衆はというと「貧乏公家」と呼ばれ、住居の壁が壊れたり、屋根から雨漏りがしても「修繕費」さえ支払えないありさまでした。
朝廷は、と、言うと、やはり「左京太夫」などの「官職」を切り売りしての存続でした。
江戸時代は、「朝廷」や「公家衆」は大変な「貧乏」でした。
従って、姫君が将軍家や大名家に嫁ついでも、立派な「男子」を産むことができなかったのでしょう。

>>歴代の徳川将軍の正妻は子なし、というのは、単純に、将軍のお渡りが無かった、少なかったからではないでしょうか

それは言えますね。特に、元禄時代(1688~)あたりから、早くも、将軍家にしても大名家にしても、公家の姫君は「権威付け」であって、「徳川実記」などにも書かれていますが、丸顔で腰の座った「健康美人」を求めるようになり、そうした「側室」に子どもを産ませる傾向が強くなったとありますね。

余談ですが、あなたの「歴史感」は「素晴らしい!!」。
「一般的な」「常識的な」回答ではなく、その「奥」まで知りたい、と、いう姿勢には、こちらも、「覚悟して」答えなければならない、と、思っています。

こんばんわ。
NO3.です。

>>それならば、平安、鎌倉、室町時代の天皇家や公家に嫁いだ公家や皇家の女性たちも同様に体が弱かった(更にこの時代のほうが食料事情がもっと悪かったのでは)ということになりますが、、、平安・鎌倉・室町時代には弱そうな姫君からも子どもがちゃんと生まれて、家系を維持できているのは、なんででしょうか。道長の娘たちも男子をちゃんと産んでいますし。。

中々「するどい」ところに気付かれましたね。
平安、鎌倉、室町時代は、「幕府」は開かれていますが、朝廷を...続きを読む

Q「引導を渡す」という言葉について

「引導を渡す」という言葉について、教えていただけますか。
この言葉は、(とどめを刺す)様な意味で使われることはあるのでしょうか。
例えば、
「(壊れかけの)会社の車に、おれが引導を渡してやった。」
とかいう使い方をすることがあるでしょうか。
(壊れかけの車を、ごまかしごまかし使っていたのを、もう諦めて、廃車にする)
ような意味では使われるような気がするんですが、
ここでは、単に(とどめを刺す)という意味で使えるかどうか、
教えていただけますか。
なんとも分かりづらい質問で、申し訳ありません。

Aベストアンサー

 
「引導」というのは、元々中国で古くから使われていた言葉で、特に「道教」では、一種の気息術か、呼吸法で、大気を吸い込むことを言いました。しかし、普通の言葉として、「手引きする」「案内する」というような意味をあいます。

仏典を漢訳するとき、サンスクリット語 parikarsana の訳語に、この「引導」を選んだのです。「法華経」では、人々を導いて仏道に入らせる意味で使われています。また、死者を済度する意味でも使います。

後に、死者の葬儀の時、導師が、棺の前で、法語や仏教の教えの詩(ガーター)を語って、死者を、迷界から浄土へと導くよう試みる儀式のことになります。

これを、「引導を渡す」と言います。「迷界から浄土へ導く」とは何かと言うと、これは、死者に、「死んだ事実」を確実に認識させ、現世への執着を棄て、悟りの仏道へと進むよう説くことだとも言えます。

つまり、「お前は間違いなく死んだ」ということを、死者に宣言する儀式にもなります。民主主義的とか何とか関係なく、端的に「事実」を語り、事実を宣言する儀式だとも言えます。死の不可逆性を悟って、始めて、浄土への道も開かれるからです。

最初に、こういう「引導を渡す」という形の儀式をしたのは、中国黄檗集の祖、黄檗希運で、彼は9世紀頃の人です。

仏教用語から転じて、「最終的な宣告をして、諦めさせる」という意味があるようですが、これは「最終的な宣告をする」にウェイトがあります。引導を渡しても、相手が納得するとか、諦めるとは限らないからです。

仏教なら、「お前は死んだのだ、そのことを知り、成仏せよ」と引導を渡しても、死者が納得せず、この世への未練から、亡霊などになったり、輪廻に落ちるということは、別に珍しいことでもないからです。

他方、「止めを刺す」というのは、殺したはずの相手を、生き返る余地などないように、念を押して、首を突くとか心臓を刺して、死を確実にすることです。ここから転じて、念を入れて、終わらせるという意味になります。

「敵の攻撃に止めを刺した」というのは、単に攻撃を撃退するだけでなく、もう攻撃できないよう、念を入れて撃退・壊滅させることでしょう。またこれで、最後の最後だということで、「日本画のあの分野では、現代ではA氏がとどめを刺した」という風に使います。

>「(壊れかけの)会社の車に、おれが引導を渡してやった。」

これは用法としてあると思います。「引導を渡す」というのは、かなり転用されます。

>ここでは、単に(とどめを刺す)という意味で使えるかどうか

「引導を渡す」と「とどめを刺す」では、意味が元々違います。しかし、或る場面だと、二つの言い方で、どちらでも使える場合があります。「総務にかけあって、あの車は、おれがとどめを刺してやった」というのは、同僚などに語る場合は使うと思います。

そもそも車に向かい、「お前はすでに死車だ、そのことを知り、迷わず成仏せよ」などというのはおかしい訳です。この場合の「引導を渡す」は、「もう無用の車だと宣言する」ということでしょう。車に擬人的にこう言っているのだとしても、車に同意や納得を求めている訳ではありません。

だから、もう壊れかけ、実は廃車となっているはずの車に、最後の止めを刺して、実質廃車にした、という意味で、「止めを刺した」はありえると思います。

会社か総務の方針かなどで、とっくに廃車(死者)になっている車が、迷って、この世にいるのを、お前はもう廃車だ、この車はもう廃車だ、と宣言することが、「引導を渡す」であり、またそのことは「とどめを刺す」ことにもなるからです。

(もっと偉い人が、車を廃車にしない総務の担当に、廃車にしなさいと、引導を渡す、ということはあります。しかし、担当にとどめを刺すとは言いません。担当に引導を渡し、車にとどめを刺した……というような言い方になるでしょう。無理に例を作ると)。

「引導を渡す」と「止めを刺す」は、元々の意味が違いますから、特定の場面でしか、この二つの表現は成立しません。それも、かなり口語的で、「砕けた表現」の場合に、両方使えると思えます。

だから、この場合は、あれは廃車だと思っている同僚に向かい、軽く言う場合は、「おれが引導を渡した」「おれがとどめを刺した」は使えますが、上司に向かい、「課長、私が、あのぼろ車にとどめを刺しましたよ」というのは、酒の席だとかで冗談めかして言うならともかく、ちょっと使わない方が適切です。

>ここでは、単に(とどめを刺す)という意味で使えるかどうか

ここでは、話す相手や場面によりますが、「引導を渡す」は、「止めを刺す」という意味で使えると思います。しかし、この二つの表現は、本来起源が違うので、一般的な使用の慣習などで、判断しなければならないと思います。

口語調で、少し乱暴に言う場合以外は、基本的に、違う表現・言葉だと考えた方がよいと思います。
 

 
「引導」というのは、元々中国で古くから使われていた言葉で、特に「道教」では、一種の気息術か、呼吸法で、大気を吸い込むことを言いました。しかし、普通の言葉として、「手引きする」「案内する」というような意味をあいます。

仏典を漢訳するとき、サンスクリット語 parikarsana の訳語に、この「引導」を選んだのです。「法華経」では、人々を導いて仏道に入らせる意味で使われています。また、死者を済度する意味でも使います。

後に、死者の葬儀の時、導師が、棺の前で、法語や仏教の教えの詩(...続きを読む

Q春日局とか

ドラマ「大奥」を見はじめています。
大河ドラマにも、歴史にもあまり興味がなかったんですが、松下由紀?が好きなので、みはじめました。
以外におもしろいと思いました。
時代物の本で、春日局など、読むとしたらどの作家の作品がおすすめでしょうか?
読みやすいものが希望です。他にもおすすめの時代物の小説があったら教えてください。
本は好きなほうです。

Aベストアンサー

 こんばんわ。私もお江戸が舞台の小説が大好きです。侍ものならなんと言っても(偉大な作家を呼び捨てますが)池波正太郎か司馬遼太郎がお勧めです。大奥となるとあまり多くは知らないので、以下春日局とは時代が違う大奥ものの紹介ですが。
 
 松本清張「大奥婦女記」は春日局とか江島とか大奥で有名なお女中?のエピソードを集めた短編集で、解説に大奥の組織なども紹介されていてわかりやすいです。

 平岩弓枝の人気シリーズ「はやぶさ新八御用帳」の第一巻はサブタイトルが「大奥の恋人」で、11代将軍家斉の頃の大奥で起こる事件が書かれています。平岩さんは「御宿かわせみ」などのシリーズものでも江戸情緒や人情を味わい深くしかも読みやすい文章で書いていて、私もどっぷりはまりました。

 最後に気合を入れて読むなら宮尾登美子「天璋院篤姫」を。前にやっていた大奥ドラマは幕末ものでしたが、このとき菅野美穂?さんが演じていたのがこの天璋院篤姫です。この女性の一代記で、読み応えたっぷり。大奥もどっちゃり出てきますよぉ。

 以上は偶然講談社文庫から出ているものばかりでした。大奥っておどろおどろしくっていいですね~。
 

 こんばんわ。私もお江戸が舞台の小説が大好きです。侍ものならなんと言っても(偉大な作家を呼び捨てますが)池波正太郎か司馬遼太郎がお勧めです。大奥となるとあまり多くは知らないので、以下春日局とは時代が違う大奥ものの紹介ですが。
 
 松本清張「大奥婦女記」は春日局とか江島とか大奥で有名なお女中?のエピソードを集めた短編集で、解説に大奥の組織なども紹介されていてわかりやすいです。

 平岩弓枝の人気シリーズ「はやぶさ新八御用帳」の第一巻はサブタイトルが「大奥の恋人」で、11代将...続きを読む

Q痛み止めのロキソニンを1日10錠飲んだときの影響は?

こちらでの質問でよいかわかりませんが。。。

先週の土曜日に抜歯をし、火曜日に消毒。

未だ痛みが消えず、本日2時間おきにロキソニンを10錠飲んだそうです。

この1日に10錠を飲むことで体への影響はどのくらいあるのでしょうか?

Aベストアンサー

もっとも考えられるのは胃腸の荒れです。
ロキソニンは非常に胃腸を荒らします。重症化すると胃潰瘍など消化性潰瘍、胃穿孔で下血・吐血に到る事もあり、最悪の場合内容物が腹腔に流れ出して一刻を争う腹膜炎をひきおこします。

また発疹ができたり、喘息発作を起こすおそれもありますし、腎臓や肝臓の働きが悪くなることがあります。
○腎臓=発熱、発疹、だるい、吐き気、むくみ、尿の濁り、血尿、頻尿、尿が少ない・出ない、側腹部痛、腰痛。
○肝臓=だるさ、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
○血液成分の異常=発熱、喉の痛み、だるい、青あざや歯肉からの出血。
○皮膚症状=高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。
○心不全=息苦しい、胸が苦しい、疲れやすい、むくみ、体重増加。
○ショック、アナフィラキシー症状=気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。
○無菌性髄膜炎=頭痛、吐き気、吐く、首の硬直、意識がうすれる

とにかく胃痛・腹痛、吐き気が来ます。
自覚症状がなくても、それは痛み止めですから痛覚が鈍くなっているだけです。
元力士の小錦も、足の故障の療養中、痛み止めをこういうペースで飲んだ際に、感覚がないのにトイレが血で溢れるほどの下血が止まらなくなり、血液の40%を失って命が危なくなった事があります。

もっとも考えられるのは胃腸の荒れです。
ロキソニンは非常に胃腸を荒らします。重症化すると胃潰瘍など消化性潰瘍、胃穿孔で下血・吐血に到る事もあり、最悪の場合内容物が腹腔に流れ出して一刻を争う腹膜炎をひきおこします。

また発疹ができたり、喘息発作を起こすおそれもありますし、腎臓や肝臓の働きが悪くなることがあります。
○腎臓=発熱、発疹、だるい、吐き気、むくみ、尿の濁り、血尿、頻尿、尿が少ない・出ない、側腹部痛、腰痛。
○肝臓=だるさ、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚...続きを読む

Q江戸城大奥

大奥の女達はどうやって任用されたのでしょうか?
コネ採用でしょうか。
身分とかは関係あったのでしょうか。

Aベストアンサー

大奥の女中の採用は職階により異なります。
まず大奥の高級女中は親類や身内の娘を早くから部屋子とという形で引き取って自分の後継者にしようとすることがよくありました。
この場合は12~3際になると願い親から出願して吟味をうけてまず文字と裁縫の試験がありました。
また、もっと下級の置く女中でも先に奉公している知り合いを頼って吟味を受けることもありました。
そのあと実家のほうへ身元調べがあり、OKなら採用通知が来ました。
大奥の女中になるには、原則としてお目見え以上でないと採用されませんでしたので、御家人の娘の場合は旗本の幼女という形にして出仕しました。


人気Q&Aランキング