外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

中国語では、社長のことを総経理というそうです
日本人が普通にこの言葉を見ると、経理部長みたいに見えます
経理部長が社長に適しているためこのような言葉がついたのでしょうか?

質問ですが、中国の総経理の語源というか、どうして会社のトップを総経理と呼ぶのかを知りたいです

ご存知の方よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

とりあえず。


日本語では社長ですが、中国語で社長は「社」のトップということで、「社」には「集団組織」という意味があり、部活動の集団でも「社」を用いますので、クラブの部長も「社長」だったりします。
日本でもグループのようなものに「社中」とか言う場合がありますね。

また結社の類でも社員、社長ですが、日本でも似たような例では「赤十字社員」というのがあります。赤十字で働いていなくても社費を払えば社員ということですね。
また中華人民共和国のお役所では、日本の省が「部」ですから外務大臣が「外交部長」です。

経営管理すること、支配することが「経理」の意味ですので、経営幹部のことになり、そのトップが総経理になります。
日本でいう経理は中国では「会計」になりますので、「この書類、経理にまわしといて」と言うと、とんでもないことになりますね。(笑)
問題は、なぜ日本で会計業務が「経理」になったのかですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、大変参考になりました

お礼日時:2007/01/17 13:29

面白い問題ね 中国人らしい こんな問題は絶対に思いません 実 この単語は 欧米から伝えました 昔の中国語の中は この単語がある で

も社長の意味じゃない 後 欧米の文化はだんだん入っていました 結果 この単語はこんな意味でしたね 面白いでしょう
    • good
    • 2

たしかに・・・(笑)経理部長か!?と思いますよね。


さて、中国語で「経理」とは、マネージャーのことなんです。
会社の役職つきの人も「経理」なら、芸能人やスポーツ選手のマネージャーも「経理」です。
経理には、動詞として「経営する・管理する」の意味もあります。中国語的に発想すれば、経=治める・理=整理するなので、治めてまとめる行為と解釈できますね。
転じて、これを行う人が経理、で経理をさらにまとめる(総)のが総経理です。
ちなみに、総経理のほかに、企業のトップを指す言葉としては、
董事長(とうじちょう・中国語読みでドンスーチャン)というのもあります。英語では、Director(ディレクター)とかChairman(チェアマン)と訳されますが、日本語では「理事長」とかわかるようなわからないような訳がついていることもあります。
総経理と董事長が両方いる会社がありますが、イメージとしては、会社の役員会のトップが董事長(会長)、総経理は毎日の経済活動を取仕切る人(社長)です。更にエライ人になると、「主席」とか「総裁」です。
    • good
    • 1

中国語勉強中のものです。

面白い質問ありがとうございます。
ぐぐって調べたら面白いぺーじがありました。こう考えると分かりやすいかも。

参考URL:http://www.cjcci.biz/public_html/enter_zhongwen. …
    • good
    • 0

経理部長が社長に適しているためこのような言葉がついたのでしょうか? って質問ですが、


→まったく関係ないと思います。
ちなみに
「経」は「経営」のこと
「理」は「管理」のこと
「総」は全体的に
即ち、「総経理」という肩書きは「会社を全体的に経営し管理する人」という意味からつけられたと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、大変参考になりました

お礼日時:2007/01/17 13:30

中国語で「経理」は日本では部長とか課長という役職になります。


それらの役職を束ねる立場と言うことで「総経理」が日本でいう社長に当たるのだと思います。

参考URL:http://www.cjcci.biz/public_html/enter_zhongwen. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、大変参考になりました

お礼日時:2007/01/17 13:30

「理」を「経る=はかる」からだと思います。



「理」=全体の理屈
「経」=計画し実行する

みたいな、、、自信なし(爆)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、大変参考になりました

お礼日時:2007/01/17 13:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名刺の肩書き

(1)vice general manager
assistant general manager
second general manager
という言い方をしていいのでしょうか?

(2)問題は中国語の「副総経理」を英語に訳そうと言う事なんです。

経理は部長ですよね!
総経理の上にまだ董事長がいます。

董事長はpregidentなんですが、、、。

(3)ちなみにsecond operating officer(SOO)とか勝手に言っていいんでしょうか?

ややこしい質問ですがお願いいたします。

Aベストアンサー

#1さんの回答を受けてですが…。

通常は、日本でいう「会長」は Chairman を使い、「社長」は President を使います。

>董事長はpregidentなんですが、、、。
これが既成事実でなければ
董事長=Chairman
總經理=President
副總經理=Vice President
ですっきりするんですけどね。あくまで
董事長=President
ならば、1つずつずらして
總經理=Vice President
副總經理=Senior Executive Managing Director
とかになるんですかね。(ちなみにSenior~ は通常「専務取締役」の意です。)

あるいは
總經理=general manager
として
副總經理=assistant general manager
とか。(でも、general manager は board of directors = 役員会 の一員ではないことが普通ですし…)

いずれにせよ、#1さんの仰るように「總經理」を動約しているかですね。

#1さんの回答を受けてですが…。

通常は、日本でいう「会長」は Chairman を使い、「社長」は President を使います。

>董事長はpregidentなんですが、、、。
これが既成事実でなければ
董事長=Chairman
總經理=President
副總經理=Vice President
ですっきりするんですけどね。あくまで
董事長=President
ならば、1つずつずらして
總經理=Vice President
副總經理=Senior Executive Managing Director
とかになるんですかね。(ちなみにSenior~ は通常「専務取締役」の意です。)

あるいは...続きを読む

Q中国の役職名は日本の何になるのでしょうか?

わたしの友人が「経理」という役職になりました。日本では何に値するのでしょう。また他に協理は何なんでしょうか?他の言葉についても知りたいのでお解かりの方はぜひ教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

経理は、一般に社長や支配人で
協理は、それを補佐する副社長や副支配人を指します。

No.1 さん、ご指摘のように会社組織の複雑化、近代化?に伴って、役職も増えたり、呼び名もいろいろ複雑になっています。
まあ、経理は最近の制度では執行役員、総経理がCEO(主席執行役員)って感じですかね。^^;)

Q董事長とは?

董事長とは何と読むのでしょうか?意味としては理事長と同等っぽいのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本式に読めば、「とうじちょう」でしょう。

中国の会社で、社長に当たる人のことです。
(役員の代表、場合によっては会長に当たるかも)

理事長というのは、日本で、財団法人など、「取締役」ではなく「理事」により意思決定される法人のトップのことです。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q中国での生活必需品を教えてください

 春から、夫が中国の南通市に赴任することになったので、赴任するまでにできるだけ必要なものを揃えたいと思います。
 中国で生活経験のある方、日本から持っていってよかったなと思ったものや、逆に持って来ればよかった!と思った生活必需品を教えてください。

 滞在期間は長期になると思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
夫が上海で生活しています。上海の前は大連にいました。

うちの場合、日本から必ず持っていく物は「下着類」「スーツ&普段着」「歯ブラシ&歯磨き粉」「インスタント食品」と言ったところでしょうか。

下着やスーツなどの衣料品関係は、現地で好みの物が必ず購入できる訳ではないので日本からお持ちになるのが良いと思います。
下着類はごく普通の前開きブリーフとか(中国は前閉じのハデハデビキニブリーフなんかが多いみたいです。。。)ズボン下など、日本ではどこにでも売っている商品が探しにくかったりします。
普段着はまともに着れる物を探すと日本より高価です。
上海にユニクロがありますが、日本と同じ商品が日本より高価で値下げもシーズンの終わり頃にしかしません。(メード・イン・チャイナなのに。。。)

歯ブラシは中国製の物はヘッドが大きいので使いにくく、歯磨き粉も歯周病予防効果があるGUMのような高規格品がありませんので、使い慣れた物をお持ちになったほうが良いと思います。
逆にシャンプーは#5の方が書かれている通り、現地購入で十分です。(外資系ブランドの商品がたくさんあります)
中国は水が硬水なので、日本の軟水対応のシャンプーは泡が立ちにくいです。

現地での食事は中華料理が多くなると思うので、日本食のインスタント物は重宝します。
食品は法律で持ち込み禁止になっている物もありますので、引越し荷物などに入れたり郵便で送ると没収される場合もあります。手荷物で多めに持っていくのが良いと思います。
うちではインスタント味噌汁(生タイプのもの)、お茶漬けの素、レトルトカレーなどを毎回持って行っています。
上海に移ってからは淡水魚以外の魚を食べる機会が極端に減ったそうで、前回はさんまの蒲焼缶なども持って行っていました。
日本茶をお持ちになるようでしたら、粉末タイプの物が出がらしがなく後片付けが楽なので重宝するみたいです。

こんにちは。
夫が上海で生活しています。上海の前は大連にいました。

うちの場合、日本から必ず持っていく物は「下着類」「スーツ&普段着」「歯ブラシ&歯磨き粉」「インスタント食品」と言ったところでしょうか。

下着やスーツなどの衣料品関係は、現地で好みの物が必ず購入できる訳ではないので日本からお持ちになるのが良いと思います。
下着類はごく普通の前開きブリーフとか(中国は前閉じのハデハデビキニブリーフなんかが多いみたいです。。。)ズボン下など、日本ではどこにでも売っている商品...続きを読む

Q中国企業の肩書き

先日、中国(Chaina)の会社で、「董事 総経理」
という肩書の人にあったのですが、
これは どのような意味になるのでしょう?

日本だったら 社長ですか?


ちなみに、「董事」はなんと読むのでしょう?

そのほかに、中国の会社の一般的な役職の名前が分かれば教えてください。

よろしくお願いいたします。


_

Aベストアンサー

董事の読み方はドーン スーです。
日本だと会長って意味です。会社の株が持っていなくでも決裁権が持っている人でしょ。
なお、下記の参考まで。
会長:董事
総経理:社長
経理:部長
副経理:課長

ただ会社によって多少違います。

QFOB CIF FCA とか Ex-works って?

FOB, CIF, FCAというのは取引の形態というか、契約の種類みたいなもんですよね?
Ex-workってなんですか?

そもそもFOB, CIF, FCAってのもよくわかってないので、
上記のこととあわせて教えていただけませんでしょうか?

また、この辺のことをわかりやすく説明している本など、
ご紹介ください。

Aベストアンサー

取引条件の中の「積地に関する貿易条件」です。
商品引渡しの場所にからむ条件です。

ex-workだったら、工場渡し。Ex Warehouseなら倉庫渡しです。何を渡すかですが、所有権と危険負担が売主から買主に渡されます。危険って何かというと渡すまでに壊れてしまったり盗まれたりするリスクです。当然輸送費用は買手もちですよ。

F.O.Bは「Free On Board」の略。日本名では本船渡しといいますね。売手が買手指定の輸出地の船の甲板上に積み込めば、上記で説明したように所有権、危険負担、費用も買手の責任に移行します。

C.I.F(Cost,Insurance and freight),読んで字の如し、CostとはFOBを指します。それに保険、船代を加えた価格のことです。CIF Tokyoだったら東京までのIFが入ってる分高いのが普通です。

FCA(Free On Carier)運送人渡しです。つまり買主が指定した運送人に指定地において引き渡すまで費用と危険を負担する条件ということです。

実務上では貿易の際のTrading Termとして特によく使われるのがFOBとCIFですが。
 Price: USD 100,000 FOB Hong Kong
とか,
CIFでIFが 1,000 ドルかかるなら
 Price:USD 101,000 CIF Tokyo
とか取引条件を決めます。
普通FOBであれば買主のあなたは、自分で船代と保険を負担しないといけませんね。価格条件に入っていませんから。CIFの場合はその代金が既に入っているのでそのぶん高いわけです。保険をかけたくなければC&Fという条件もあります。

Traderとの実際のネゴでは、IF負けてくれとか。そういう話になってきます。値引きといっしょですね。

このあたりは貿易実務の本なら必ず書いてある基本ですからアマゾンででも検索してみてはいかがでしょうか。いくらでもあると思います。

取引条件の中の「積地に関する貿易条件」です。
商品引渡しの場所にからむ条件です。

ex-workだったら、工場渡し。Ex Warehouseなら倉庫渡しです。何を渡すかですが、所有権と危険負担が売主から買主に渡されます。危険って何かというと渡すまでに壊れてしまったり盗まれたりするリスクです。当然輸送費用は買手もちですよ。

F.O.Bは「Free On Board」の略。日本名では本船渡しといいますね。売手が買手指定の輸出地の船の甲板上に積み込めば、上記で説明したように所有権、危険負担、費用も買手の責任に...続きを読む

Q名刺、本部長の肩書きの英語表記

名刺の英語版に営業本部 本部長の肩書きを英語表記したいのです。どなたか教えて下さい。

ちなみに営業部 部長はGeneral Manager of Sales Divisionにしたのですが、英語では本部長も部長も厳密な区別なしって、書いてありました。
一緒でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

英文の組織名(含、役職)を考えるときは、まずその会社の全体組織の構成がどうなっているか、が関係してきます。全体の構成(つまり英文名)を考え、部署名(役職名)を考えます。

貴社の構成がどうなっているのかわかりませんので、一般的な英文名の作成の仕方について書きます。

貴社の営業本部ですが、この本部の下に複数の部がある(よって、本部長の下に複数の部長がいる)という前提です。

1.部署名(営業本部)について

会社によってまちまちです。

本部 Group  部 Division
本部 Division  部 Department

などとなっています(確かトヨタは「国内営業本部」の英語名は Domestic Sales Operations Groupとなっていたと思います)。が、これは、あくまでもその企業としてどういう英語をあてがうかです(ちなみに、division の上にでdepartment という組織もあります。 米国の「省」はdepartmentですし)。もっとも、英語としておかしい使い方はだめですが。

2.役職名(本部長)

これも、その企業としてどういう英語を使用するかですが、部長がGeneral Managerとなっているなら、それより「上」を意味する表現にする必要があります。例えば、Executive General Managerといったように。

また、本部長は専務や常務といった取締役ないし執行役員が兼任しているところが多いかと思います。その場合は、

専務兼販売本部長だとSenior Managing Director and Executive General Manager of Sales Group のような感じになりますが、英文版ではSenior Managing Directorのみ(日本語名刺は本部長という名があっても良いですが)にした方がいいかと思います。専務だが管掌部門が営業(のみ)なのでその意味合いも、なら、Senior Managing Director - Sales。が、Sales だけだと音の響きも悪いし、「重さ」も感じないので、Managing Director - Sales Operations のような感じはどうでしょう(しかし、そうであっても、英語の名刺はManaging Directorのみをお奨めします。当社の「専務」でしたら、その名刺はSenior Managing Directorのみにします)。「営業部」はSales Divisionのような言い方でなく、Sales Operations Divisionとか、部の業務内容によっては、Sales Planning and Operations Division とかの名称にしたらどうでしょう。いずれにせよ、その部の業務・活動内容を大いに反映させるべきです。日本語が「営業」だからといって、即Salesは避けたほうがいいです。

上記の例で、「常務」ならSeniorをとります(「専務」「常務」の英語名称だって、その会社で決めるものですから、他の言い方もありますが)。

英語を母国語とする人達と英語の組織名や役職名のありかたについてよく話し合ってきました(それで正式英文名にしています)。貴社の組織構成や部署の業務内容をまったく知らずの回答ですが、一つの考え方としてご参考になればと思います。

英文の組織名(含、役職)を考えるときは、まずその会社の全体組織の構成がどうなっているか、が関係してきます。全体の構成(つまり英文名)を考え、部署名(役職名)を考えます。

貴社の構成がどうなっているのかわかりませんので、一般的な英文名の作成の仕方について書きます。

貴社の営業本部ですが、この本部の下に複数の部がある(よって、本部長の下に複数の部長がいる)という前提です。

1.部署名(営業本部)について

会社によってまちまちです。

本部 Group  部 Division
本部 ...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング