親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

大学で植物栄養学の授業を受けていますが正直理解に苦しんでいます。すいませんがそれぞれの語句についての説明をお願いします。
・GS/GOGAT
・カスパリーバンド
・ウレイド
・細胞膜のイオントランスポーター
・ハイパーアキュムレーター
・最小養分律
・ニトロゲナーゼ
・尻腐れ(トマトの尻腐れ)
・アポプラスト
・トランスポーター
・好アンモニア性植物と好硝酸性植物
・デュアルメカニズム
・無機栄養説
・クロロシス
・賛成フォスファターゼ
・好石灰植物
・好呼吸
・窒素固定
・有用元素
・葉色板(カラースケール)
・アレロパシー
・ムギネ酸
・Viets効果
1つでもいいのでわかるものの説明お願いします。できれば詳しいほううれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

大学生なら大学の図書館に行けば植物栄養学の教科書があるはずです。


それを読めばほとんど理解できますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/30 13:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアポプラストとシンプラストの役割

こんにちは。
よくわからないので教えてください。
質問はしますが、継続して自分でも調べますので、「自分で調べて」などといった回答はご遠慮願います。

アポプラスト、シンプラストの構造は理解したのですが、物質の移動における役割がわかりません。
もちろん、物質を輸送するのはわかっています。

なので、アポプラストとシンプラストの使い分けと、
物質の移動における違いを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 アポプラストでの輸送は、基本的には拡散および水の流れに乗った移動です。一方、シンプラストでの輸送は、(原形質膜と)原形質連絡を介した輸送です。原形質膜と、と書いたのは、細胞外にある物質がシンプラストで運ばれるには、はじめに原形質膜を介して細胞内に輸送される必要があるからです。
 ここで最も大きな違いは、物質の選択性だろうと思います。
 親水性の物質や無機イオンなどが原形質膜を通過するには、チャネルやトランスポーターの存在が必要なため、その細胞で発現しているそれらの種類によって、選択性が生じます。さらに、原形質連絡でも、最近では、物質の移動が制御されているらしいという話を聞きますから、ここでも選択性がある可能性は充分あります。
 植物の根には、アポプラスとで通過できないカスパリー線(不透膜/厚膜組織)が存在します。土壌中の物質は、拡散や水流によってカスパリー線の外側までは根に浸透します(アポプラスト)。しかし、このカスパリー線を乗り越えて根のより中心に移動し、ついには地上部まで到達するには、一度原形質膜を通過して細胞内に吸収されなければなりません(シンプラスト)。この機構によって、植物は、体内に吸収する物質の選択をしています。また、カスパリー線さえ越えてしまえれば、長距離の輸送では、拡散や水流に乗せたほう(アポプラスト)が早く且つ経済的に輸送しやすいかもしれません。
 これで回答になっていますか?眠いので乱雑な文ですみません。

 アポプラストでの輸送は、基本的には拡散および水の流れに乗った移動です。一方、シンプラストでの輸送は、(原形質膜と)原形質連絡を介した輸送です。原形質膜と、と書いたのは、細胞外にある物質がシンプラストで運ばれるには、はじめに原形質膜を介して細胞内に輸送される必要があるからです。
 ここで最も大きな違いは、物質の選択性だろうと思います。
 親水性の物質や無機イオンなどが原形質膜を通過するには、チャネルやトランスポーターの存在が必要なため、その細胞で発現しているそれらの種類に...続きを読む

QRAPD法とAFLP法について

AFLP法はRAPD法よりも再現性が高いと言われていますが、その理由を簡単に言うとどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

操作を理解した上での質問ですよね
「ランダムと、両端+数塩基が決まっている違い」

もし、操作を知らない人に説明しようとするのならば、
何がランダムで、何の両端と数塩基なのかを
補足したほうがいいかもしれません


人気Q&Aランキング