FX証拠金取引の、口座開設時に指定しなければならないレバレッジ
(10倍、20倍、50倍、100倍、200倍など)と、
実際に取引をする時の利損に関わるレバレッジ
(例えば2倍ならば、利益も2倍だが損も2倍、という、諸刃の剣、という意味でのレバレッジ)の両方の意味というか差というかが、よくわかりません。どういうことなのでしょうか?
口座開設時にレバレッジ200倍コースを選択したら、常にレバレッジ200倍でしか取引できないということではないですよね?(そんなの危なすぎますよね)
どういうことなのでしょうか?
初心者の質問でとんちんかんかもしれませんが、どうか宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

すでにFXは始められているのでしょうか?


それなら、レバレッジを考えるより、損失を少なくし
精神的に余裕を持って取引しましょう。
例えば USドル 1ドルが121.70 
証拠金50,000円で1枚(10,000ドル)
この前提で。
まずドルが1円下がれば10,000円の赤
5円下がれば50,000の赤
つまり証拠金100,000円を入れて1枚購入
そうすれば余程の大暴落がない限りマージンコールも
ないし精神的に楽でしょう。
    • good
    • 0

 


自分でコントロールできれは怖くはありませ。

しかし、コメントされた様に
>5,000円で済む、5,000円あれば1万ドル(1枚)買える、ということですよね?

5,000円で1,200,000円相当の取引ができます、もし5%低下する(円ドルレートが120円から114円になる)と、1万ドルを114円で円に戻すと1,140,000となります。
この結果、5,000円の元手で60,000円の損失が発生した事になります。

 
    • good
    • 0

あなたの考えで正解です。


取引会社ごとのレバレッジは必要証拠金のレバレッジです。
各個人のレバレッジは口座残高でコントロールが可能ですので
なるべく多く口座に入金して取引を始めれば恐れることはありません!
但し損失を限定するストップ注文は必ず入れましょう。
リスクは自分でコントロールすればFXも商品先物も安全な投資な投資ですよね。
    • good
    • 0

こんにちは、「よくわかりません」と言うのは、賢明な貴方では有るようですがこの場合だけご自分の都合の良いように取りたい為に「よくわからない」だけかと。


貴方の恐れているとおりの意味の解釈で全て正解かと思います^^;

https://www.njt-fx.jp/onlineForm.jsp
の一番下にある「必要取引保証金コース選択*」の*印の注意書きを見ると、少なくてもこの会社はgoo6340さんの心配しているとおりかと。

参考URL:https://www.njt-fx.jp/onlineForm.jsp
    • good
    • 0

FXの入門書を見ても確かにレバレッジの解説があります。


しかし、良くわからないでしょう。
従ってこう考えたらどうですか?あなたの質問からちょっと
ずれるけど。
前提  USドル  証拠金 50,000円 1枚は10,000ドル
1ドル100円

例えば今、証拠金として50,000円のみ入れたとします。
1枚買えば10,000ドル(1、000,000円)
50,000円で1,000,000円を買っているのです。
これだけで実際20倍(1、000、000÷50,000)
これが実際、会社によってこの証拠金で何枚まで買えるのか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
本当に助かります。回答を読んで、理解したつもりなんですが、
まだ今イチつかめていないので、以下のような解釈でいいでしょうか?

たとえば、自己資金100万円、USD/JPYが1ドル=100円として、
レバレッジ200倍コースを選んだとします。
1万ドル買うと、実際には100万円かかるけど、レバレッジ200倍だから
5,000円で済む、5,000円あれば1万ドル(1枚)買える、ということですよね?
自己資金のすべてをUSD/JPYにつぎ込んだとしたら、
200万ドル(200枚)買えるけど、そんなことしたら少しのブレで大きな損得になってリスクが高い。
でも実際は1つの取引に100万円全てをつぎこむわけではなくて
いろんなポジションを分散して買うから
例えば1つの取引に1枚とか2枚とかずつしか買わないから、
結局レバレッジ200倍といっても、個々の取引で賭ける金額次第で
自分で調整できるから、おそれることはない、ということなんでしょうか?この理解でいいでしょうか?

お礼日時:2007/02/04 23:51

 


簡単に言えば、貴方の資金の200倍までお金を貸すのでそれで取引できます、と言う意味。

10万円の資金で200倍の借金ができるので2000万円まで投資できます。
その投資した物が5%上昇すれば100万円の儲けになるが、5%下がれば100万円の損になるって意味です。
もし、レバレッジ1倍なら10万円の資金で5%上昇すれば5,000円の利益となるので5,000円と1,000,000円を比較して200倍に成ってるのが理解して頂けると思います。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
本当に助かります。回答を読んで、理解したつもりなんですが、
まだ今イチつかめていないので、以下のような解釈でいいでしょうか?

たとえば、自己資金100万円、USD/JPYが1ドル=100円として、
レバレッジ200倍コースを選んだとします。
1万ドル買うと、実際には100万円かかるけど、レバレッジ200倍だから
5,000円で済む、5,000円あれば1万ドル(1枚)買える、ということですよね?
自己資金のすべてをUSD/JPYにつぎ込んだとしたら、
200万ドル(200枚)買えるけど、そんなことしたら少しのブレで大きな損得になってリスクが高い。
でも実際は1つの取引に100万円全てをつぎこむわけではなくて
いろんなポジションを分散して買うから
例えば1つの取引に1枚とか2枚とかずつしか買わないから、
結局レバレッジ200倍といっても、個々の取引で賭ける金額次第で
自分で調整できるから、おそれることはない、ということなんでしょうか?この理解でいいでしょうか?

お礼日時:2007/02/04 23:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング