ワシントンDCはどうして『コロンビア特別区』と呼ばれているのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足です。

新大陸をアメリカという名称にしたのは、1507年ドイツの地理学者ミュラーという人だそうです。
    • good
    • 0

 marubouzuさんの補足ですが、コロンビアは、コロンブスの大陸到達に由来します。

今では日本ではアメリカ大陸と読んでいますが、コロンビア大陸ともいうのです。
 アメリカはアメリゴ・ヴェスプッチに由来します。コロンブスは、金や胡椒目当てのインド到達が目標で、自分の到達先をインドと信じていました。
 アメリゴのほうは、行った先をインドではない未知の「新大陸」と判断しました(1500年)。それで「新大陸発見」ということでアメリカ。コロンブスは行ったけれど「発見」ではないわけです。
 というわけで英語圏ではアメリカには「新大陸」というニュアンスがあって、コロンビアは「植民地」というニュアンスがあるのではないでしょうか。
 スペイン語圏では、コロンブスがスペインのイザベラの後ろ盾で探検に赴いたためか、コロンビアと呼ぶことが多いようです。
 しかしD.C.のCがなぜコロンビアでアメリカではないのかは、残念ですがお答えできません。私も、なぜなのか知りたいところです。
    • good
    • 0

独立戦争が終わった後、「んじゃ首都を決めよー」という事になったが、「我が州の○○に...」と立候補が相次ぎ決まらなかったそうです。


らちがあかないので、どこの州にも属さない特別区を作って、そこを首都にしようということになりました。ある意味妥協の産物ですね。

んでコロンビアは、あのコロンブスにちなんでの名称と聞いています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

地理 アメリカ」に関するQ&A: アメリカの由来

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QXXXの由来

手紙の終わりにXXXと書いて「キス」って意味なんですよね?
(参照:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=241555)
楠本まきの漫画で知ったんですけど。
どうしてキスがXXXになるんでしょうか?
なにかエピソードがあるんですか?
この由来が気になるので教えてください。

Aベストアンサー

ちょっとわかりにくかったとおもいますので追加です。

>と<がくっついた形が×ですよね?
>が男性の横顔、<が女性の横顔で(逆でもいいですが)
それが合わさってキスです。

三つ並べるのは愛の証ですね。
特に数は決まっていません。

Q『役』『事変』『動乱』が、なぜ『戦争』に?

 西南戦争、日中戦争、朝鮮戦争について、以前は『西南の役』、『シナ事変(シナの漢字が出ない、欠陥ソフトだ!)』、『朝鮮動乱』と呼んでいました。
 その当時『私は宣戦布告のないものや国内のものは、戦争と呼ばないのだな』と理解していました。
 そこで教えていただきたいのですが、『いつ頃から、どういう理由で、誰の主導で』みんな『戦争』という呼び方になったのでしょうか。

Aベストアンサー

ま、基本的には古い呼び方という一言で片付く問題なのですが、
事変に関しては、宣戦布告無き戦争という定義があります。
しかし現在は、事変ではなく紛争という呼び方が多いです。
それと事変は、正規の戦争ではないのでハーグ陸戦協定の規定外だという
屁理屈にも利用されたので、現在ではダイレクトな国際法違反という
認識があるのは一般的です。
だから印象がとても悪い。
ちなみにハーグ陸戦協定には捕虜の人道的取り扱いなどが定められているのですが
戦争じゃなくて事変なら捕虜の虐待も拷問、処刑も合法・・ということなんです。
ま、戦争を裁く法はないというのが実情なんで、この協定も
論理自体が空論に近いのですが。

役とか変とかは、もはや歴史的な用法でしかありません。
そもそも日本に関してだけで、日本だけで使われた言葉なので、
普遍性がないので廃れたというが実のところでしょう。
我々も、もはや古語は使わないわけで、古語辞典にのっているような
言葉でしゃべるのも変というもの。
一般に、日本の前近代までは、役などは使えると思うので
西南の役までは有効だと思います。ま、ここらへんの境界は
言い手、書き手の裁量でどうとでも。

朝鮮動乱については、その表現は新聞の見出しなどですよね。
当時、リアルタイムでは開戦動機とか、経緯が一般には不明だったので
そういう曖昧な表現になっただけでしょう。
コンゴ動乱とか、動乱はまだ使いますが、朝鮮の場合は朝鮮戦争が一般的。
ま、呼び方というのは、徐々に共通認識ができてきまってくるところがありますから、
それはしょうがないでしょう。

ま、基本的には古い呼び方という一言で片付く問題なのですが、
事変に関しては、宣戦布告無き戦争という定義があります。
しかし現在は、事変ではなく紛争という呼び方が多いです。
それと事変は、正規の戦争ではないのでハーグ陸戦協定の規定外だという
屁理屈にも利用されたので、現在ではダイレクトな国際法違反という
認識があるのは一般的です。
だから印象がとても悪い。
ちなみにハーグ陸戦協定には捕虜の人道的取り扱いなどが定められているのですが
戦争じゃなくて事変なら捕虜の虐待も拷問、処...続きを読む

Q楠本まき選集?(Kの葬列)のあとがきについて

楠本まき選集?(Kの葬列)のあとがきについて

あとがきで2ページ目の「その理由は各タイトルの頭文字にある」とありますがどういう意味でしょうか
教えてください

Aベストアンサー

選集の方は読んだ事がないのですが、「Kの葬列」全二巻のコミックスが手元にあったので確認してみました。

1巻はエピソード?(本編以前)となる外伝「螺旋」と、本編「Kの葬列」のみで、Kの葬列の各話もChapter1,2…としか区切られておらずタイトルに関連らしきものは全く無いのですが、
2巻は続く本編と共に幾つか載っている、連作外伝?のタイトルがそれぞれ「Gの昇天」「utero」「intro.」「l (エル)」となっており、更に目次ページで横に書かれた各話タイトルの頭文字の下に補完するように縦で「ty…?」と描かれていました。

「Guilty…?」、つまり有罪(あるいは純粋にタイトルに使われているアルファベットだけを汲み取るならeを足してGuile(ずるい、悪知恵))?と表現しているようです。

Q「現代」と呼ばれる時代は、200年後は何と呼ばれる?

歴史においては、一般的に明治以降を「現代」と呼んでいます。
しかし、200年ぐらい経つと環境が変化するため、その歴史区分も
だんだん無理が出てきるような気がします。

歴史区分は、その時代の「首都」と基準に呼ばれる事が多いです。
(例:奈良・平安・鎌倉・室町・江戸)
多分、平成の次の時代にて遷都または首都機能移転が行なわれると思います。

したがって、私の予測では明治から「平成の次」までを「東京時代」と
呼ぶようになると思います。
皆さんは、いかが思われますか?
予測でも構いませんのでご意見をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

歴史区分は、その時代の「首都」を基準に呼ばれることが多い。
(×)→平安時代以降、明治維新まで都(首都)は、ずっと平安京(京都)でした。政治の中心という意味ならば、まあ半分正解。奈良時代に都は何度か移転していますし、室町の「花の御所」ができたのは三代目の足利義満の時代から。安土桃山時代などは政治の中心も二転三転しています(時代の区分もかなり不明瞭です)。

またこの間の政治の中心の移転は、大きな政権交代が元になっていることが多いですから、単に首都機能が移転しただけでは時代の区分になるとは考え難いです。

・奈良~平安:天武系から天智系へ
・平安~鎌倉:貴族から武士へ
・鎌倉~室町:武士から貴族、そして再び武士へ
・室町~江戸:武士(貴種)から下級武士へ
・江戸~明治以降:武士から庶民へ

明治以降については、第二次世界大戦を境として「大日本帝国」から「日本国」に変わったことから、首都は東京で移転していませんが、今後ここをひとくくりとした時代が設定される可能性が高いと思います。「帝都時代」か「日帝時代」といわれるのでは。

もし平成の次の時代に首都が移転し、民主党の政権が続いていたならば、先の総選挙を境として、昭和戦後から平成21年夏までを「自民時代」、それ以降を「民主時代」と呼称されるかもしれません(笑)。

歴史区分は、その時代の「首都」を基準に呼ばれることが多い。
(×)→平安時代以降、明治維新まで都(首都)は、ずっと平安京(京都)でした。政治の中心という意味ならば、まあ半分正解。奈良時代に都は何度か移転していますし、室町の「花の御所」ができたのは三代目の足利義満の時代から。安土桃山時代などは政治の中心も二転三転しています(時代の区分もかなり不明瞭です)。

またこの間の政治の中心の移転は、大きな政権交代が元になっていることが多いですから、単に首都機能が移転しただけでは時代の...続きを読む

Q楠本まき先生の漫画「KISSxxx」でのウソとは?

楠本まき先生の漫画「KISSxxxx」を知人に借りて読んだことがあります。
確か3巻だったと思うのですが、作者からのコメントで「この巻に収録されている話の一つには『ウソ』があるため、その話全体を噂話という設定にした」とのコメントがありました。
噂話というからには、蟹ちゃんが坊主頭になった理由を綴ったエピソードのことだと思うのですが、どこが「ウソ」なのかさっぱりわかりません。
どなたかご存知でしたらお教え下さい。

Aベストアンサー

fireflyさん こんにちは。
「kissxxxx」いいですよね。

あまり確信はないのですが
二巻でかめのちゃんが
「前に見た時はもう少し髪の毛はえてたのに・・・」
っていってるのですが、その時点でかめのちゃんは
もう高校生なのです。
三巻の話では蟹ちゃんが坊主になったのは高校生のとき
ということになってますよね?
わたしはそこが「嘘」なんじゃないかなぁとおもってます。
どうでしょうか?

Q『荘園』『名田』『治田』の違いは?

今年、高校を受験する中3です。

今、歴史の勉強をしているのですが、
『荘園』『名田』『治田』の違いがわかりません。
どれも新しく開墾した土地(墾田?)ですよね?

本格的に歴史の勉強をはじめたところなので、あまり難しい言葉は使わないで
教えてもらえると幸いです。

それでは、わかる方いましたらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
>早速、参考URLを見てみたのですが、それぞれのはっきりした”違い”が解りません・・・。
ではもう少し整理を試みてみましょう。
「荘園」というのは貴族や有力寺社がその財力を用いて開墾した「自分達の田圃」です。
「公地公民」ということで土地は全部基本的に国のものだったのですが、それがどんどん緩くなって「国の用水」を使う場合には「公田」といって国の田圃だけれども、そうじゃない場合は私有の田圃として認められるようなことになりました。
ですが用水を自前で作るにはとてもお金が必要なので「荘園」の開発は貴族や有力寺社のみが行うことが出来た訳です。
さて、その後九世紀くらいになってくると更に国の統制力は衰えてしまって、本当は「口分田」という「国から借りている田圃」を「代々自分達が耕してきた」ことを理由に勝手に自分のものにしてしまう農民が出てきました(勝手をされても取り締まれないくらい国としての統制力が衰えていた訳です)。
これに加えて勝手に土地を開墾するものもあり、そうした人達が「ここは自分のものだ」という具合に名前をつけて呼んだりしたもので「名田」と呼ばれる訳です。
「荘園」はお金持ちしか持てなかったけれど、「名田」はそれほどでなくても「自分のもの」と宣言してしまえば良い訳ですから、力をつけた農民でも持つことが出来たということです。
その後中央で藤原氏などが大きな勢いを持つことになると、その圧迫を受けて自分の荘園を維持出来なくなる貴族や寺社が増えてきました。
そうした「元荘園」の土地を名田の時と同じように自分達の力で再開発して「自分の田圃」とする農民も現れ、こうして開墾された農地を「治田」と呼ぶ訳です。
同じように国の力の衰えなどを背景に農民達が自分達で開発して自分達のものとしていった訳ですが、元「口分田」であると「名田」、元「荘園」であると「治田」などと呼ばれたということです。
基本はすべて「元々国のものであった土地を私有化した」ということなのですが、当事者や対象が異なる為に違った呼び方をしているという訳ですね。
大雑把ですが多少はおわかり頂けたでしょうか。

こんにちは。
>早速、参考URLを見てみたのですが、それぞれのはっきりした”違い”が解りません・・・。
ではもう少し整理を試みてみましょう。
「荘園」というのは貴族や有力寺社がその財力を用いて開墾した「自分達の田圃」です。
「公地公民」ということで土地は全部基本的に国のものだったのですが、それがどんどん緩くなって「国の用水」を使う場合には「公田」といって国の田圃だけれども、そうじゃない場合は私有の田圃として認められるようなことになりました。
ですが用水を自前で作るにはとてもお...続きを読む

Q楠本まき「kiss xxxx」2巻が1巻?

楠本まき「kiss xxxx」ですが、なぜストーリーが2巻から始まるのでしょうか?
随分前に友人に借りたとき、「2巻から読んでね」と言ってまとめて渡されたのですが、発売は1巻から順番にされていたのでしょうか。
雑誌連載時は突然ストーリーの途中から始まったということになるのでしょうか。
昨日、突然思い出したら気になって仕方なくなりました。
詳しい方是非教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

突然ストーリーの途中から始まったのだと思います(笑)
長期連載ではなく、はじめは短期連載の予定だったのではないでしょうか?なので、作者は描きたかったところから描いたのだと推測します。(カノンとかめのちゃんの出会いは作者の頭の中にはちゃんとあって)

人気が出て、長期連載が編集部から認可されて、『じゃぁ出会いから描こうか』となるのはそう珍しいことではないかと・・・。

それでもなければ、1巻の分は売れないだろうから、売れそうな2巻の分から売り出す。ファンがつけば1巻の分も出版する・・・といった大人の事情か・・・。

すべて推測です。

Qどうして家康は内府と呼ばれていたのですか?

豊臣政権末期で、徳川家康が「内府」と呼ばれています。どうして内府と呼ばれていたのでしょうか? 国内の政府の代表だからですか? 家康以前にこの様に呼ばれていた人はいたのでしょうか?

呼び方(読み方)も「ないふ」と「だいふ」とあるようですが、どちらが正しいのでしょうか?

「内府」があるならば、「外府」「小府?」等と呼ばれたりした人がいたのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「内府」とは朝廷の官名「内大臣」の漢名です。
徳川家康は「内大臣」の命を受けていたので、「内府」と呼ばれました。
豊臣秀吉のことを「太閤」と呼ぶのも、
「太政大臣」の官名が「太閤」だから。
ということだったかと。
中納言のことを「黄門」と呼ぶとか。
(水戸黄門ですね)

尊称として呼ぶときに、中国由来の呼び方をしたと思われます。
たしか、総理大臣のことを「首相」とよぶのもそういう意味合いですね。

外大臣はいないから、外府と呼ばれた人は、いないと思います。

Q石油由来成分の入った化粧品が敬遠される理由。

アトピー性の乾燥肌です。

基礎化粧品を試すのも怖いくらいなのですが、それでもなんとか肌に合うものを見つけないとどうしようもないくらい乾燥してしまうのでいろいろ使ってきましたが、最近は高い化粧品に手を出すより、ワセリンがとってもいいなぁと思っています。

でも、ワセリンって石油由来なんですよね。
以前知人が石油由来を全否定していて、その時は「肌に悪いものなんだな」くらいに思っていたのですが、具体的に石油由来成分は何が悪いんでしょうか?

そもそも石油由来を敬遠する人は、天然由来を推してきますが、石油って天然資源ですよね?
自然の中にあるものなのに、天然由来と区別されるのは何故なんでしょうか。

確かに植物由来ではありませんが、「植物由来だから体(あるいは肌)にいい」と言う人のその根拠もよくわかりません。
植物でも毒になる物は沢山あるし、かぶれなど人体に害を与えるものも沢山ありますから。

でも、石油由来が敬遠される理由がそれなりにきちんとあるのであれば、今後の使用も考えていかなければならないと思います。
詳しい方がいましたら、回答をお願いします。

アトピー性の乾燥肌です。

基礎化粧品を試すのも怖いくらいなのですが、それでもなんとか肌に合うものを見つけないとどうしようもないくらい乾燥してしまうのでいろいろ使ってきましたが、最近は高い化粧品に手を出すより、ワセリンがとってもいいなぁと思っています。

でも、ワセリンって石油由来なんですよね。
以前知人が石油由来を全否定していて、その時は「肌に悪いものなんだな」くらいに思っていたのですが、具体的に石油由来成分は何が悪いんでしょうか?

そもそも石油由来を敬遠する人は、天然由来を...続きを読む

Aベストアンサー

joh35さん、こんばんは

このよう話題に関しては種々のご意見がありますので
あくまで私の一意見として受け取って頂ければと思います

それでは私見を言わせて頂きますと…

●いわゆる『石油由来』であっても安全性の高い原料(油剤・界面活性剤)は多く存在します
●その中でも,幾つかのメーカーのワセリンは原料としては最高レベルの安全性を持ちます
●過去の話ですが,精製技術がまだ未発達だった頃の『石油由来』原料の中には粗悪品が存在したのは事実です
●今では原料の安全性基準はかなり詳細に整備されています


『天然由来を推してきますが、石油って天然資源ですよね?
自然の中にあるものなのに、天然由来と区別されるのは何故なんでしょうか』
『「植物由来だから体(あるいは肌)にいい」と言う人のその根拠もよくわかりません。』

非常に鋭いご指摘だと思います

何が『天然由来』なのかは定義は科学的にはあいまいな部分も多いのが実情です

今、特に欧州の方で新しい自然由来原料の区分が提案されているような
そのような状況です

私の個人の印象では,何由来であろうが、合成だろうが関係なく
『安全性の高い原料は高い,低いものは低い』です

要注意な植物油もありますし、アトピーに適した天然油もある

一次刺激性の高い合成品もある一方、医薬品グレードの高い安全性を誇る合成品もあります

一見同じ成分でもメーカーによっても全然違いますし配合量によっても随分差が出ます

あまりに長くなってしまうのも焦点がぼやけてしまうので今回はこの辺りにしておきますが
joh35さんのご参考になれれば幸いです

そして、あなたのお肌が少しでもすこやかになる一助になれれば更に幸いです

joh35さん、こんばんは

このよう話題に関しては種々のご意見がありますので
あくまで私の一意見として受け取って頂ければと思います

それでは私見を言わせて頂きますと…

●いわゆる『石油由来』であっても安全性の高い原料(油剤・界面活性剤)は多く存在します
●その中でも,幾つかのメーカーのワセリンは原料としては最高レベルの安全性を持ちます
●過去の話ですが,精製技術がまだ未発達だった頃の『石油由来』原料の中には粗悪品が存在したのは事実です
●今では原料の安全性基準はかなり詳細に整備されてい...続きを読む

Q『坂の上の雲』当時は本当に日清・日露戦争と呼んでいた?

ネットにこう書いてあるという回答ではなく、当時はどう呼んでいたのか、本当にご存じの方、教えてください

Aベストアンサー

明治27年10月27日号外では
戦争が起きたと言う認識だけです。
http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/07/zusetsu/D08/d0821.jpg

俗に言うのはこれ。
http://blog-imgs-26-origin.fc2.com/h/o/n/hontana/20080829214902.jpg

日露号外。
http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/07/zusetsu/D08/d0821.jpg

当時の新聞もそうですが、戦争が起きたと言う「事実」と
両軍の動きなどの詳細な事実認識が優先されています。

通称はこれ。
http://image.blog.livedoor.jp/hisako9618/imgs/1/6/16d6d28e.jpg

>ネットにこう書いてあるという回答ではなく

正月なので回答していると心得て下さい。^^;
通常であれば確実にスルー。つ^_^)つ


人気Q&Aランキング