ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

夫が独身の時に加入した生命保険です。
住友生命のライブワン三年ごと利率変動型積み立て終身保険です。
現在毎月23780円払っています。
これでもかなり高いと思っていたのですが、先日契約書を良く読んでみると、この払込保険料は
加入時~2011年までは23780円、
2011~2021年までは45146円
2021~2027年までは93387円
2027~2032年までは93422円
と驚くような価格アップがあるのです。
終身保険だから高くなるのは当たり前だと思っています。しかし色んな安い保険会社が出てきている近頃でこの保険料の額って・・・。
夫はこういうものに大変無頓着で、言われたら言われたまま払っちゃう人なのです。
この保険に入ったのも、職場に入ってくる業者つながりで、まだ保険に入っていなかったし、ひとつぐらい入っておくかな~という気分ではいったそうです。
この通りの金額を普通に貯金していく方が損をしないで良いのではないか?と思うのですがどうでしょうか・・・。
やはり見直しをするべきでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。


住友生命のライブワンは、一般の方には大変分かりづらい仕組みになっております。
また、終身保険と書いてあっても、終身にならないケースもありますので、一度専門家(FPなど)に見てもらうと良いと思います。

私もライブワンの分析依頼は、結構頼まれましたが、このサイト上で説明するのが難しいです。

ただ、ご相談の内容から推測すると、独身時代の保険料(6年前)が23780円ですので、ある程度は積立に回っているような気がします。
恐らく、3年後くらいに今の保険を下取りにして、新しい契約を迫ってくる可能性もありますので、見直し等は早いほうが良いでしょうね。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

アドバイス有り難うございます。
加えて内容について書きますと・・
夫は今年で40才、子供はいません。転勤が多いので賃貸暮らしです。
死亡保険2000万
介護収入特約固定型 480万
特定疾病保証定期保険特約死亡時500万
その他に色々特約があって、
災害割り増し特約、傷害損傷特約(運動器損傷給付金)、入院初期給付・災害入院特約・疾病医療特約(いずれも一日1万円)通院特約、成人病医療特約などが書かれています。
70才で70万ぐらいの解約金が戻ってくるらしいです。
書きながら、本当に必要な特約なのか?いまのまま子供がいなくて夫婦
二人だったらこんなに保障は必要かしら?とも思えてきました。

>>恐らく、3年後くらいに今の保険を下取りにして、新しい契約を迫ってくる可能性もありますので、見直し等は早いほうが良いでしょうね。
→とにかく夫が結婚!と聞いた途端に電話攻撃、自宅にまで押しかけてきて女性向け保険のセールスをしたオバチャンです。はっきり言って不愉快だったので、自宅には入れず、マンションのロビーで話を聞きましたが。
こういう人なので、絶対新しい契約セールスの可能性はありますね・・。

お礼日時:2007/02/20 16:43

保証内容拝見しました。

 確実に見直しするべきものです。  
         
 それにしても担当のおばちゃんはやってくれましたね。さらにこれ以上高いものを売りに訪問してくるとはずうずうしい。同社で見直しを勧める場合今以上に死亡保障を大きくしないとおばちゃんの成績にならないはずですが。それは無理というものです。            
                      
  70歳で70万貯まる保険ファンド部分の支払いはちなみに月々おいくらになってますか?個人的に知りたいだけですが。介護の保障はおっしゃるとおり大きすぎです。年金で480万もらえるという内容で良いでしょうか?だとしたら通常180か多くて240万の設定が妥当なんですよ。やめる保険ですが参考まで教えて下さいませ。         
     
 10年更新のセット商品にはさよならしましょう。早く納得のいく保険がみつかるとよいですね。                    
    • good
    • 6
この回答へのお礼

書き込み有り難うございました。
夫と相談して、今後のライフスタイルを見据えつつ保証内容を見直したいと思います。

お礼日時:2007/02/25 11:38

#3です、参考までに考え方として、


基本的に終身保険(ご主人のお葬式代として、200~300万円くらい?)の上に大黒柱の型が亡くなった時の奥様の生活保障を掛け捨ての更新型ではない定期保険(逓減定期、家族収入などで,賄う)で、もちろん公的年金も補助がありますので、そんなには必要無いかなぁ?
そして終身での医療保険を。これは終身払い、払い済みなどあります。
保険料に関しては収支のバランスでお考え下さい。(医療保険は充実させた方が宣かと?)
このような型ですと、保険料が上がりませんので。

このような所もありますので、ご参考に。
http://www.hoken-erabi.net/
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お葬式代なども考えないといけないのですね・・・まだまだ先の事でしょうが、良い機会ですので夫と将来のライフスタイルを見据えつつ、保障内容を見直したいと思います。
有り難うございました。

お礼日時:2007/02/25 11:43

保険にくわしい仕事をしている者です。



よくお気づきになりましたね。
そうです、驚くべき保険料になっていきますね。
さて、それを全部払ったら総額でいくらですか?
2050万円ですね!
貯金した方がいいかも??
って、私でも思っちゃいますよ。
ところで、もしもそのライブワンを払いきったとして
70歳くらいで解約金はいくらありますか?
ライブワンならたぶん解約金50万円~80万円くらいでしょうか。
解約金がゼロって人も、今後多くなると思います。
ちょっと仕組みがややこしい終身保険なんです。
といっても、古来からある本物の終身保険ではなく、
進化したファンド型終身移行保険なので(移行ってのがポイントです)、パーフェクトに保険会社のために進化した保険です。
ライブワンだけでなく、「●●人生」も「ライフアカウント」も
国内生保はほとんど右へ習えの似たり寄ったりです。

一点だけ気になりました。
ご相談に「終身保険だから高くなるのは当たり前だと思っています。」
とご記入されていますが、
日本社の保険はすべからく「定期保険だから」更新のたびに倍倍で高くなる仕組みなんです。
で、定期保険は掛け捨て保険ですから、全部消えて無くなります。保険会社が「おすすめプラン」にしてくるのは全部コレです。
終身保険は、最初は高いなと感じるかも知れませんが、ずーっと掛け金は同じなんですよ。

つまり、ライブワンは、
1%の終身保険 + 99%の掛け捨て保険 なんです。

保険が怪しい・・・!!って気付かれたmaymin様へ。
一度、外資系生命保険の人か代理店の人に、
「生命保険診断」していただくことを強くおすすめします。
がんばってください!!
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご意見有り難うございました。
まさしく、解約金は70万ほどです。
31年間払い込んで、あとはファンド部分を終身に回すと言うことですね。
今のところ子供もいないことですし、(たぶんこれからも(^^;))こんなに沢山かける必要もないと思えてきました。外資系も含めて、夫とも相談し見直しをしようと思います。

お礼日時:2007/02/20 16:16

はじめまして、


定期付更新型終身保険ですね。
もしかしてこれに特約で医療保険も付いていて、80歳まで延長出来るが、60歳時に20年分の医療保険を一括で支払うのでは?

ご家族構成、ご年齢、いつご加入された、保険の詳細が分かりませんので、回答は控えさせて頂きますが、この機会に見直された方が宜しいと思います。

具体的にご年齢、ご家族構成、現在の保険の詳細、等々、保険に何を重視するのか?
などを補足頂けると、もっと具体的な回答が出ると思います。

この回答への補足

書き込み有り難うございました。もう少し契約内容について述べますと・・
夫は今年で40才、子供はいません。転勤が多いので賃貸暮らしです。
死亡保険2000万
介護収入特約固定型 480万
特定疾病保証定期保険特約死亡時500万
その他に色々特約があって、
災害割り増し特約、傷害損傷特約(運動器損傷給付金)、入院初期給付・災害入院特約・疾病医療特約(いずれも一日1万円)通院特約、成人病医療特約などが書かれています。

この介護収入特約というのが入っているから高いのでしょうか?
いずれにしても良い機会だからきちんと見直しをしてみようと思います。有り難うございました。

補足日時:2007/02/20 16:06
    • good
    • 3

専門家でもなんでもないので間違っていたらすいません。


去年保険の見直しをしましたがそのときに終身保険は更新がなくよって保険料のUPもないと聞きました。
終身保険だから高くなるのは当たり前・・・ではないように思います。
私は以前第○生命の5年毎の・・・定期付終身保険に入っていました。(多分そんな名前だったような・・・)
それは終身保険と書いてあるものの解約したら結局返戻金は4千円ちょっとでした。(月2万円くらいを3年間払っていました。)
終身保険はお金がたまると聞いていたのですが、結局確認したところ
すべて定期保険で5年毎の配当金で終身を買えるみたいなことを言われました。
結局3年で70万円近く払った保険料はどこへいったやら・・・。
質問者様の保険も終身保険にいろいろな定期保険(医療だったり介護だったり)がついて契約しているのでは?と思います。
基本的に保険は一本一本単独で入ったほうがいいように思います。
うちの主人は死亡時300万円の終身保険(55歳まで変わらない額を払い込んでその後いつ亡くなっても
(80歳でも90歳でも)300万円下りてくるもの、もちろん55歳までになくなれば300万円は下りてきます。)
その終身保険に家族収入保険(55歳までに万が一があった場合残された家族に一括でなく月々(うちは15万円)払われるもの)
を定期保険で特約という形でつけています。なぜ55歳かといえば55歳で子供たち(3人いますが)はすべて成人するから・・・です。
そのほかに一日1万円(入院5日目から)でる医療保険にこれも終身で(55歳まで払い込みその後一生涯保障)に単独で入っています。
月々の掛け金が払えればの話ですが、10年ごとに保険料が上がるより一定の期間払い込むとその後一生涯保障が続くものを選んだほうがいいのかなと思います。
私も質問者様と一緒であのままあの保険に入り続けたらそういう結果になったかなと今思います。
契約の内容がわかりませんし専門家でもないので確定的なことは言えませんがいろいろあたってみたほうがいいかもと思ったりします。
最後に、保険は月々の払いではなく総支払額で考えるといいと教わりました。参考になるといいのですが・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

実体験に基づいた大変分かりやすいご意見、有り難うございました。
お子さんがいらっしゃったら成人するまでの教育費その他、やはりきちんと考えておいた方がいいですよね・・・。
うちは夫婦二人なので、これから先も子供が出来るかどうかは不明なので、今よりもっと減らしても大丈夫かもしれません。
総支払額で考えるというのはとても勉強になりました。
有り難うございました。

お礼日時:2007/02/20 16:06

現在何歳なのですか?あとお子様はいらっしゃいますか?お宅は持ち家か賃貸ですか?


 もう一度ご自分たちがどれくらいの死亡保障が必要か 医療保障はどうか、がんは心配か など組み立てなおしてみては?                                         やはり高めの(大きい保障過ぎる)を勧められたのかなとは思いますけど。
保険料の上がり方より 保障内容を教えてくださったほうが 専門家の方達がアドバイスしやすいと思いますよ。

この回答への補足

書き込み有り難うございました。
そうですよね、保障内容を見ないことには金額が変わってきますよね・・。
夫は今年で40才、子供はいません。転勤が多いので賃貸暮らしです。
死亡保険2000万
介護収入特約固定型 480万
特定疾病保証定期保険特約死亡時500万
その他に色々特約があって、
災害割り増し特約、傷害損傷特約(運動器損傷給付金)、入院初期給付・災害入院特約・疾病医療特約(いずれも一日1万円)通院特約、成人病医療特約などが書かれています。
もう少し詳しく調べて、皆さんの意見も参考に見直しを検討したいと思います。

補足日時:2007/02/20 15:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生命保険(住友)を解約します。担当者を懲らしめたいのですが。。

住友生命のライブワンという商品(生命保険と医療保険がパックになったもの)
に5年ほど前から加入しております。
会社に来ていた外交員(今の担当者)の話を聞いて加入しました。
半年前までは、保険には入っていたものの「使う」という事象は
おこりませんでした。
しかし、半年前(3月)に風邪を拗らし肺炎で入院となってしまい
はじめてその保険を使う時が来ました。

加入していた商品が悪かった&自分の勉強不足もあるのですが、
保険に加入していればほとんど手出しが無い状態で病気を迎えられる
というふうにイメージしていたにも関わらず、ほとんど給付金が
下りない事態となってしまいました。手出しの方が断然多い
出費となりました。

そこで初めて保険を勉強しないといけないと思い、保険の窓口のよう
なところに行き、勉強を始めました。

それと同時ぐらいに、担当者に現在の保険の不満と保険を解約も
含めて見直すという話を持ち出しました。
その辺りから担当者の態度が一変し、話し方も急によそよそしく
なり、全ての手続きを自分では無くこれからはサービスセンター
に電話してくれと突き放されました。
(解約したければサービスセンターに電話したら出来るよ~みたいな)

保険の窓口で紹介してもらった保険の方が内容を理解できた上で
現在のものよりも格段に良いと思ったので、その時にその担当者
の態度に怒りにまかせて解約してやろうかと思ったのですが、
とある掲示板で、入院後は新しい保険に加入できない可能性が
あるから気をつけた方がいいと言われました。

また、その方から、普通は保険の担当者からその旨説明がある
との事でしたが、その話の中でも一切教えてもらえず、その
後も電話等一切かかってきておりません。

そういう事って説明するかどうかは担当者によるところなんでしょうか?
社内で解約の意志がある人にはその説明をする事となっていても
よさそうな事項だと思うのですがどうなんでしょうか?
どうも、分かっていてやったのではと思います。
言い方悪いですが、こちらをはめようとしてというか・・。

でその話を聞いて今でも住友に加入しているのですが、
これは予定に無かったのですが、今回目の手術を受けることに
なり給付金を請求することになりました。
もちろんサービスセンターに電話したのですが、
そのサービスセンターの方が担当者にも連絡がいくようになっております。と言われたのに案の定、電話の一本も無い状態です。

肺炎から半年が経ち、そろそろ新しい保険にも加入できるので
住友を解約したいと思っているのですが、正直言ってこのまま
素直に辞めてしまうのがどうも府におちません。

最後ぐらいその担当者を懲らしめて辞めたいと思うのですが、
どのようにしたら担当者に痛い思いをさせられるのでしょうか?

1.まず私が解約したことで担当者にペナルティみたいなものがあるのでしょうか?

2.解約する際、態度が一変したこと、新しい保険に加入できない可能性がある説明が無かったことを、担当者の上司等にクレームを
入れる事は効果がありますか?


それ以外にもギャフンと言わせられる方法を教えていただけないでしょうか?

住友生命のライブワンという商品(生命保険と医療保険がパックになったもの)
に5年ほど前から加入しております。
会社に来ていた外交員(今の担当者)の話を聞いて加入しました。
半年前までは、保険には入っていたものの「使う」という事象は
おこりませんでした。
しかし、半年前(3月)に風邪を拗らし肺炎で入院となってしまい
はじめてその保険を使う時が来ました。

加入していた商品が悪かった&自分の勉強不足もあるのですが、
保険に加入していればほとんど手出しが無い状態で病気を迎えられ...続きを読む

Aベストアンサー

解約してしまえば担当者の成績が下がりますから懲らしめにはなるでしょうが、今の時点(手術の予定)では難しいですよね。
やはりクレームを入れて、担当を変えてもらうのが良いと思います。サービスセンター(苦情受付)に言うのが良いかと。所属部署の上司でもいいかもしれませんが、生命保険会社の場合上司より現場の担当の方が強かったりするので…

Q住友生命 ライブワンの解約について

今年の3月に勤務していた会社が倒産し、いろいろ出費がかさんだ為、借金を抱えるよりはと私の保険を解約しようと住友生命に解約返戻金がいくらになるのかを確認してとても驚きました。現在49歳で29歳から住友生命の終身保険(月額27K位)に入っていたのですが、丁度加入から15年目の更新時に当る平成14年に「保険料の減額の件」を担当者に相談したところ「ライブワン」という商品がお薦めで、これであれば保障額が大きく月額保険料も下げられるという説明でした。40歳まで大阪に居て、担当者も大阪の支部の人です。先ほどの確認した解約返戻金が30万円にも満たないのが納得がいかず、私の29歳から44歳までの終身保険で積み立ててきたお金はどうなったのでしょうか?ましてライブワンの契約時は東京に居たにも関わらず、面談して重要事項を説明して捺印を貰ったと言い張っています。本日、ネットで調べて「ライブワン」が掛け捨ての保険と初めて知り、契約時にそのような説明は一切受けていませんし、これに切り替える事で終身保険で積み立ててきたお金の解約返戻金がどうなるかという説明も一切受けていません。契約も面談ではなく郵送でのやり取りした履歴が残っています。泣き寝入りするしか方法は無いのでしょうか?これは保険業法や個人契約などの法令違反にならないのでしょうか?対応方法など良いアドバイスを戴きたく宜しくお願いいたします。

今年の3月に勤務していた会社が倒産し、いろいろ出費がかさんだ為、借金を抱えるよりはと私の保険を解約しようと住友生命に解約返戻金がいくらになるのかを確認してとても驚きました。現在49歳で29歳から住友生命の終身保険(月額27K位)に入っていたのですが、丁度加入から15年目の更新時に当る平成14年に「保険料の減額の件」を担当者に相談したところ「ライブワン」という商品がお薦めで、これであれば保障額が大きく月額保険料も下げられるという説明でした。40歳まで大阪に居て、担当者も大阪の支部の人です...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様の要求は、何をどうしたいのでしょうか?
そこが最も重要です。
その要求を達成するために、何をしなければならないのか、ということを考えます。

その前に……
『現在49歳で29歳から……加入から15年目の更新時に当る平成14年に……』
計算が合いません。
29歳で15年目ということは、44歳。
この年が平成14年と言うことは、今は、平成21年なので、7年前。
計算だと現在51歳になります。

こういう話の場合……
H元年の何月に契約、何歳
H14年の何月に転換、何歳
というように時系列で書いていただくとわかりやすいのですが……

前の契約の保険料が、27,000円
ならば、今の契約の保険料はいくらなのでしょうか?
今の保険で、入院給付金などを受け取ったことはありますか?
H14年に転換したときの解約払戻金は、いくらだったのでしょうか?

『私の29歳から44歳までの終身保険で積み立ててきたお金は
どうなったのでしょうか?』
転換とは……
http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/change/conversion_system.html
つまり、質問者様の積み立てたお金は、定期保険部分に使われていると
思われます。
現在の保険の証券に、「転換部分:○○円……」と書いてある部分はありませんか?

まずは、このような事実がわからないと話が前に進みません。

次に……
『本日、ネットで調べて「ライブワン」が掛け捨ての保険と初めて知り』
ライブワンは、保険ファンド(主契約)に特約を乗せた形の保険です。
特約は、解約払戻金なし(掛け捨て)ですが、ファンドは積立なので払戻金が
あります。だから、30万円が戻ってきます。
掛け捨て……とは、言い切れません。

『面談して重要事項を説明して捺印を貰ったと言い張っています』
これは、確かに問題ですが、だから違反だとは、単純に言えない問題があります。

『契約時にそのような説明は一切受けていませんし、これに切り替える事で終身保険で
積み立ててきたお金の解約返戻金がどうなるかという説明も一切受けていません』
これも、問題ですが、だから、直ちに違反だとは判断できません。

『契約も面談ではなく郵送でのやり取りした履歴が残っています。』
実は、これがネックなのです。
面談で話を進めていれば、担当者の説明不足、不正契約への誘導などがあったという
話に持っていけるのですが、郵送でやり取りをして、捺印しているということは、
送られてきた書類を100%理解しました、という証明でもあるのです。
「担当者の方が、ここに捺印してくださいというから、深く考えずに捺印しました」
という「担当者の誘導があった」ことが成立しないのです。

その担当者から、約款や重要事項説明書、転換説明書(設計書)などが
同封されていた場合、それを理解しました、ということになるのです。
さらに言えば、実際には、同封されていなくても、受領書に捺印してあれば、
それは受け取ったという証明になってしまうのです。
書類を郵送でやり取りした場合、後になって、それは知りません
という言い訳は効きません。
面談ならば、どのような書類を受け取っていようとも、そんな話は聞いていない、
ということが可能なのです。
なぜなら、重要な書類は、書類を渡されただけでなく、口頭でも説明を受けて
当然だからです。

重要事項説明書は、面談で説明することが原則になっているので、
担当者は「面談した」と主張しているのでしょうが、
法的には、面談して説明しなければ無効ということはないので、
逆に、捺印していることがネックになってくるのです。
例えば、通販の保険では、重要事項説明書は、面談で説明するはずもなく、
契約者が送られてきた書類を読んで、理解して、捺印して、説明終了です。
しかも、重要事項なので、通販と面談で、内容が違うということがないのです。

現在、誰と、どのような話をしているのかわかりませんが、こうしたトラブル処理の
専門家(弁護士や支店長クラス)が出てくると、先に述べたように、郵送で
やり取りをしたのだから、捺印をしてある時点で、全てを理解したことになる……
と主張してくることが予想されます。

そんなバカな……とお考えになるでしょうが、
「通販には、法律上のクーリングオフがない」
ということと同じなのです。
なぜなら、通販では、全て理解して申し込んだことになるので、
申し込みの撤回はできないのです。
聞いていない、知らない、読んでいない、ということが通用しないのです。

●さて、ここからが本題です。
では、どのように「交渉」するか、です。
交渉において重要なことは、何を要求するのか、ということです。
なぜ、要求するのか、という理由が必要です。
そして、お互いに納得できる妥協点を探す必要があります。

そうでなければ、裁判となります。
「保険業法違反だから、お前が悪い」と言えば、「なら、どうぞ、訴えてください」
ということになります。
保険会社は訴えられることに慣れています。
そのために高い給与を払って、顧問弁護士を雇っています。
勝ち目が100%ないなら、さっさと折れますが、勝てる見込みがあるならば、
決して妥協しません。
それでは、費用も時間もかかりますから、質問者様にとって得策とは言えません。

話を戻しましょう。
交渉相手は、責任ある地位の人、例えば、支店長クラスが良いでしょう。
次に、何を要求するのか?
例えば、
(1)転換時点での解約払戻金+現時点での解約払戻金を要求する。
(2)転換時点での解約払戻金を要求。この時点で解約したことにして、以後、支払った保険料の返還を求める。
(3)転換しなかったことにして、保険を継続させる。差額は、支払う。
などなど色々な要求が考えられます。
保険会社にしてみれば、相手が何を要求するのかわからなければ、交渉のしようもありませんし、絶対に非も認めません。
まずは、何を求めるのか、明確にすることです。
(1)が妥当でしょう。
そして、それを直筆のメモにして、相手に渡すことです。
次に、要求する理由の説明です。
これも、メモを使って説明します。
転換や重要事項の内容の説明不足により、解約払戻金がそのまま継続していると
理解していた。
保険料の減額が希望であって、解約払戻金の減額は希望していなかった。
転換の設計書などをもらっていなければ、それも加えます。
面談云々は、当面は、言わないことです。
という説明をして、メモを渡します。
こうした交渉で、また、言った・言わないという話が出てくると、ややこしくなるだけで
何の得もありませんから、必ずメモを使います。

第1回の交渉はこれで終わり。
主張するだけ主張して、帰って良いです。
相手の主張は聞かずに、後日、相手側の主張を聞くために、次回の面談の日程だけを
決めます。
第2回は、相手の主張を聞くだけ。
それに対して、反論は一切しません。
すぐに反論しようとすると感情的になったり、良い反論が思いつかなかったり、
ろくなことはありません。
第3回目は、こちらの反論を伝えます。
このように、何回か交渉をする覚悟でいてください。
時間はかかりますが、これが最も確実な方法です。
そして、相手が納得できる要求ならば、話はスムーズに進みます。

ご参考になれば、幸いです。

質問者様の要求は、何をどうしたいのでしょうか?
そこが最も重要です。
その要求を達成するために、何をしなければならないのか、ということを考えます。

その前に……
『現在49歳で29歳から……加入から15年目の更新時に当る平成14年に……』
計算が合いません。
29歳で15年目ということは、44歳。
この年が平成14年と言うことは、今は、平成21年なので、7年前。
計算だと現在51歳になります。

こういう話の場合……
H元年の何月に契約、何歳
H14年の何月に転換、何歳
という...続きを読む

Qスミセイ保険ファンド(01)での運用

保険にあまり詳しくないので教えていただきたいのですが・・・

今主人がスミセイの生命保険と保険ファンドの契約をしております。
担当者からは「保険ファンドはいつでも引き出し可能な上、最低利率が1.5%なので銀行に預ける感覚なのに、それよりお金が増えます」といった感じで説明を受けております。

ネットで調べたところ、何年後かに生命保険料が上がる時、積み立てたファンドを充てて(見た目上?)負担が増えないようにしたり・・・といったことに利用されるとの情報も得たのですが。
生命保険のことは、保険料が上がるタイミングで他社も含めて見直そうと思っています。

今回お聞きしたいのが、100万円ほど余裕資金があり、その運用についてです。
特に使う予定もないので、保険担当者の言うように保険ファンドが銀行預けるより利率がいいのなら
貯蓄目的で一時払い込みで入れようかと思っています。

しかし、本当にそれでいいのか不安に思ったので詳しい方にお話を伺えたらと思い、質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

銀行は経営破綻しても預金保険機構によって元本1000万円+利息まで保護されます。
生命保険は経営破綻した場合90%を上限に生命保険契約者保護機構によって保全されますが、貯蓄性のある保険は利率が下げられる可能性が高いです。

「ネットで調べたところ、何年後かに生命保険料が上がる時、積み立てたファンドを充てて(見た目上?)負担が増えないようにしたり・・・といったことに利用されるとの情報も得たのですが。」という点はその通りで、そのファンドと解約返戻金を下取りしてしまうわけです。そのピークは10年更新型であれば7~8年目ぐらいですので、そのタイミングを狙ってわけわからいうちに「契約転換」されてしまうわけです。下取り価格が120万円あるとすれば毎月1万円を新しい保険に充当しますので、実質3万円の保険料が2万円になるという仕組みです。

「保険料が上がるタイミングで他社も含めて見直そうと思っています。」とありますが、それは健康診断で何も問題が無いという事が前提となります。見直す時点で健康状態に問題があれば今の保険を満了まで更新し続ける以外に選択肢が無くなる可能性もあります。

今の保険料は月払いですか?もし月払いなら年払いという選択肢もあります。
年払いにしたら3~4%程度は保険料が節約できます。2%未満の利息や予定利率より魅力があると思いませんか?

それでも保険ファンドが良いと思うならば預けても良いでしょう。

銀行は経営破綻しても預金保険機構によって元本1000万円+利息まで保護されます。
生命保険は経営破綻した場合90%を上限に生命保険契約者保護機構によって保全されますが、貯蓄性のある保険は利率が下げられる可能性が高いです。

「ネットで調べたところ、何年後かに生命保険料が上がる時、積み立てたファンドを充てて(見た目上?)負担が増えないようにしたり・・・といったことに利用されるとの情報も得たのですが。」という点はその通りで、そのファンドと解約返戻金を下取りしてしまうわけです。その...続きを読む

Q住友生命の保険ファンドについて

住友生命の生命保険に入っており、保険ファンドとして毎月4000円積立をしております。
現在ファンドに引き出し可能額分として約30万円ほど貯まっているのですが、急にお金が必要になり、全額下ろそうと思っています。
どのような不都合が起こるのでしょうか?
保険金が減額になるとか?解説を読んでもよくわかりませんので、
詳しい方どなたか教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

保険ファンドは保険会社に預金しているようなもので、その4000円は保険でも何でもありません。
ですから積立金を全部引き出しても保障内容に影響はありません。
では何のために「保険ファンド」は存在しているのか?
この保険は「更新型」といって10年毎に保険料が上がっていくタイプです。
10年後保険料が上がることを皆さん嫌いますので、保険料が上がらないように保障を落とすかこの「保険ファンド」を下取りしてしまう仕組みになっています。
そうするとこれから保険が必要となる60歳以降、継続できなかったり必要な保障がなくなったりする、いわゆる「保険難民」になっていくわけです。
現在ご健康ならこんな保険はできるだけ早いうちに解約して必要なだけの「死亡保障」と「医療保険」を別々に契約することをお勧めします。

Q14年前に契約した住友生命の保険、見直すべきでしょうか?

主人の保険の見直しを検討しています。
現在主人42歳、私38歳、子供2歳、0歳です。
今年更新することになり、このままでいいのか考えています。

主人は、結婚前に会社の保険外交員から勧められるまま入ったらしいのですが、その後一度も見直すことなくきています。

先日、外交員の方に家に来てもらい、いろいろな見直し(現在の保険を下取りして、転換制度というのを利用するのらしいのですが、これもよくわかっていません)案をいただいたのですが、どれも保険料が上がり、しかも更新型なので、定年近くになると、月の保険料が4万近くなってしまい、本当に見直したほうがいいのか、疑問に思っています。

ただ、現在契約している保険だと、医療保険が入院5日目からしか出ず、少し融通が利かないような気がするので、新しい医療保険に替えたいなぁという感もあります。

現在は「ニューベスト ll」というものにリガードをつけて、月々13000円支払っています。
更新後は、これが17000円くらいになる予定です。
・死亡時2000万(65歳満期)
・終身保険100万
・医療保険5000円/日(5~124日目)
・その他特約
・リガード(三大疾病死亡時)300万

転換制度を利用して見直した後は、「ライブワン 愛&愛」というものになるそうです。
これは特約満載で、何回プラン表を見ても、よくわかりません。
死亡保険金を同じくらいに設定して、月々の支払いも更新後と同じくらいに設定すると、次の更新時(10年後)は倍額くらいの支払いになってしまいます。

過去の質問をいろいろ見てましたが…やはり、これは見直ししないほうがいいでしょうか。

それにしても、解約返戻金ってこんなに少ないんでしょうか!
現在解約すると、15万にしかならないそうです…
今、東京海上あんしん生命の「長割り終身」というのが気になっているのですが、これは解約返戻金が、かなり見込める、というものですよね?

拙い文章ですみません。
私自身が保険に無知なため(やっと勉強する気になりました)、質問が頓珍漢かもしれませんが、アドバイスいただきたく思います。
よろしくお願いします。

ちなみに、私自身は、共済保険、子供二人は保険未契約です。

主人の保険の見直しを検討しています。
現在主人42歳、私38歳、子供2歳、0歳です。
今年更新することになり、このままでいいのか考えています。

主人は、結婚前に会社の保険外交員から勧められるまま入ったらしいのですが、その後一度も見直すことなくきています。

先日、外交員の方に家に来てもらい、いろいろな見直し(現在の保険を下取りして、転換制度というのを利用するのらしいのですが、これもよくわかっていません)案をいただいたのですが、どれも保険料が上がり、しかも更新型なので、定年近く...続きを読む

Aベストアンサー

>死亡保障のみ残して、医療保障は、他のもっと安いところで、
>入院1日目から適用になる保険を探そうと思います。

他の人への回答を見てちょっと気になったのですが、死亡保障を正しく把握されていないような気がします。

終身の保障は100万円で一生涯を保障するもの。
また定期特約2000万円のほかに、リガード300万円も実質的に死亡保障です。つまり現在の死亡保障は2400万円、払い込みが終わる65歳以降は100万円という保険です。

で、この中で価値があるのは予定利率が高い頃に契約した主契約の終身保障100万円。残りの2300万円は更新になりますが、これは新しい保険に入りなおすのと同じこと。どうせなら医療保険を見直すついでに、他社の死亡保険も検討してみてください。

繰り返しますが、まず必要な死亡保障の金額を正しく把握すること。
14年前の独身だったときと、今必要な死亡保障の金額が同じであるわけはありません。

最近はノンスモーカーや身長・体重が基準内の健康体の人なら保険料が割安になる保険もありますし、毎月お給料のような感覚で保険金が受け取れる収入保障型の定期保険にすれば保険料を抑えられます。
探せばニーズにあった割安な保険があるかもしれないのに、また漫然と今の保険を更新するのはもったいないと思いませんか?

死亡保障で残すべき価値があるのは、終身保険の100万円だけ。
残りは他に切り替えても何の不利益もありません。むしろ数十年後の100万円のために月々割高な保険料を払ったり、自分に合わない保険を続けるのは本末転倒です。
前にアドバイスしたとおり、終身保険だけを残せるなら残す。
商品によっては定期保険○千万円以上がセットでなければダメという制約があるものもあるので、その場合は解約も検討していいと思います。

更新するのはあくまで自分にあう保険を見つけるまでのつなぎと考えて、死亡保障も含めて他社で見直しを検討してみてください。

>死亡保障のみ残して、医療保障は、他のもっと安いところで、
>入院1日目から適用になる保険を探そうと思います。

他の人への回答を見てちょっと気になったのですが、死亡保障を正しく把握されていないような気がします。

終身の保障は100万円で一生涯を保障するもの。
また定期特約2000万円のほかに、リガード300万円も実質的に死亡保障です。つまり現在の死亡保障は2400万円、払い込みが終わる65歳以降は100万円という保険です。

で、この中で価値があるのは予定利率が高い頃に契約した主契約の終身...続きを読む

Q主契約のみ残すって不可能なんでしょうか??

主人が住友生命の5年ごと利差配当付終身保険に加入しています。月々の保険料が高い為、医療保険とガン保険をアフラックのものに加入して、主契約のみ残す予定でした(FPの方のアドバイスにより)。で、先日、住友の営業担当の方に「主契約のみ残して特約を全て解約したい」と申し出たところ、5千円以下の保険料にはできないとのことで、主契約と介護保障を残す流れとなりました。主契約の死亡保険金額は終身で100万です。この様な規定(5千円以下の保険料にできない)というのは普通にあることなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

主契約と特約の契約で減額などをする場合、特に国内生保では、
・一定の支払い保険料を確保、それ以下には減額、特約解約できないケース
・特約+主契約で死亡保障が一定額以上、それ以下には減額、特約解約できない

このケースがあります。国内生保でそのような制約があるのは、経験がある程度積んだFPでは周知の事実なんですが、そのFPの人は、特約解約に関して、何にも言わなかったのですか?アフラックだったら問題なくできるので、アフラックの常識でアドバイスしてるのではないでしょうか?

FPにも、いろいろいますので、ご注意を。

>月々の保険料が高い為、
だったら、一番保障比コストが高い(貯蓄性があるが)のは、終身保険です。そもそも、100万の終身保険を解約する方向で検討はしたのでしょうか?また、その終身保険(主契約)は、いつのご契約(転換してる場合は、最終転換時期)でしょうか?

1995年あたり過ぎてからの契約なのだったら、主契約はそんなに予定利率高くないのですし、主契約残すために、不必要と思ってた介護保障が付いてくるのは、本末転倒です。

・払済保険できないか調べてください。(この事は、FPからは説明受けましたか?)
・払済保険できない場合は、すぱっと解約して、新たに単独で終身保険はいるか、もしくは、解約によって捻出された解約返戻金+、銀行積立で、終身保険分100万を確保していく手法もご検討ください。

主契約と特約の契約で減額などをする場合、特に国内生保では、
・一定の支払い保険料を確保、それ以下には減額、特約解約できないケース
・特約+主契約で死亡保障が一定額以上、それ以下には減額、特約解約できない

このケースがあります。国内生保でそのような制約があるのは、経験がある程度積んだFPでは周知の事実なんですが、そのFPの人は、特約解約に関して、何にも言わなかったのですか?アフラックだったら問題なくできるので、アフラックの常識でアドバイスしてるのではないでしょうか?

FPにも...続きを読む

Q積み立ての保険を中途解約すると戻る金額は?

現在 夫の私、妻、そして積み立て保険に加入しております。
そのうち積み立ての保険だけ解約を考えています。

住友生命で5年ごと配当付定期積み立て保険とかなんとかそんな名前だったと思います。

2年2ヶ月前から妻名義で毎月8千円の積み立て
3ヶ月ほど前に妻が4万円の引き出し

私の中の考えでは8千円×26ヶ月=20万8千円 ですが
妻が4万円引き出した後の通知では
残り6万?円引き出せますといった内容が書いてありました。
(引き出した当時は24ヶ月頃です)

保険会社に電話で聞いた感じではファンドという言い方をしていたので
積み立てた内の決まった何割かまでしか引き出せないのかなと理解したのですがどうなんでしょう?

引き出した4万円プラス6万円で20万円には遠く及ばないですよね。
解約した場合は4万円も含めると17、18万円ぐらいは戻ってくるのでしょうか?

契約をした時に途中で解約すると積み立てた金額より少なくしか戻せないというのは
聞いていたのですが実際はどのぐらいなのか分かりません。
ファンドから利用しようとしてるから合計10万円ぐらいなだけで解約の場合は
もっと戻ってくるのでしょうか?

妻は難しい話が理解できず、私が直接保険会社に電話しても本人からでないと
お答えできませんと言われてしまうので困っています。

給料が2ヶ月ほど遅れているので積み立てだけでも解約と思ったのですが
どなたかアバウトな数字で構いませんので教えて下さい。

現在 夫の私、妻、そして積み立て保険に加入しております。
そのうち積み立ての保険だけ解約を考えています。

住友生命で5年ごと配当付定期積み立て保険とかなんとかそんな名前だったと思います。

2年2ヶ月前から妻名義で毎月8千円の積み立て
3ヶ月ほど前に妻が4万円の引き出し

私の中の考えでは8千円×26ヶ月=20万8千円 ですが
妻が4万円引き出した後の通知では
残り6万?円引き出せますといった内容が書いてありました。
(引き出した当時は24ヶ月頃です)

保険会社に電話で...続きを読む

Aベストアンサー

参考になればと思います。
商品の内容としては先のご回答で間違いないような気がします。
現在の積立部分についてですが、お手元の保険証券内に【保険ファンド(積立金)】という記載は無いでしょうか?

上記の保険ファンドの記載があれば、、、
記載の月額×26ヶ月-4万円=○○←が概算の解約金になるかと思いますよ。

お支払いの金額全てが【保険ファンド(積立金)】にまわっていればいいですが、積立をするハズだったのに・・・保障保険料に大半を掛けてしまい積立にはほとんどまわっていなかったっっっという方も多くいらっしゃるようですので確認してみてはと思います。

参考になればさいわいです。

Qライブワンの新介護収入特約

主人の保険を見直しを考えています。
色々考えて、更新型終身移行保険から、家計保障定期保険に変えようと思っていました。解約するかも?という話を他から聞きつけたS友生命の知り合いからライブワンを勧められています。その知り合いが言うには「生存給付型が主流になっている今、なぜ時代に逆行するかのようにそういう生存給付がついていない保険にするのか。絶対交通事故を起こさないとか、三大疾病になって介護状態にならないという自信があるならいいけどもう少し考えてみなさい」などなど言われてしまいました。

ここの過去ログも読んでみましたが、生存給付はガン以外は給付が非常に厳しいみたいですよね。ライブワンの新介護収入保障特約(設計書では、所定の要介護状態が続いた時30日目~150日目まで30日継続するごとに18万円×最高5回、180日目から毎年180万×15回となっています)のような特約はついてるほうがいいのでしょうか?このように言われてから「明日もしものことがあったら・・・」と、ばかり考えて、いっそライブワンにしてしまおうか・・なんて思ったりもします。最終的には自分たちの判断で決めたいと思いますが、皆さんの意見を聞かせてください。

主人の保険を見直しを考えています。
色々考えて、更新型終身移行保険から、家計保障定期保険に変えようと思っていました。解約するかも?という話を他から聞きつけたS友生命の知り合いからライブワンを勧められています。その知り合いが言うには「生存給付型が主流になっている今、なぜ時代に逆行するかのようにそういう生存給付がついていない保険にするのか。絶対交通事故を起こさないとか、三大疾病になって介護状態にならないという自信があるならいいけどもう少し考えてみなさい」などなど言われてしまい...続きを読む

Aベストアンサー

「お子さまがいらっしゃる」ということを前提でお話しさせていただきます。

少なくとも、お子さまが独立する年齢までは、最初に検討された「家族保障保険」で死亡保障を確実にカバーするのは合理的だと思います。
同時に、ご主人のお葬式費用に相当する部分は、お子さまが独立後も続きますので、一生涯保障が続く、いわゆる「終身保険」で対策するのが無難だと思います。

「生存給付」もお子様が独立した後も続きますので、「ガンや三大疾病」も含んだ「医療保険」で対策することになるのですが、考え方として、
・今から、一生涯の対策をする
・お子さまが独立するまでの間は、掛け金の負担がかからない、低価格の商品で対策をし、お子様の進路のめどがたった時点で、見直しをして一生涯の対策をする
という考え方です。
ただし、後者の場合、その時の健康状態によって、保険に加入できないリスクもあります。

介護の対策も同様だと考えます。特に、長生きした場合の「老後対策」として介護保障が、将来、本当に使えるかどうかという未知の部分があります。入院給付のように、「わかりやすい」給付基準ではないので、なおさらではないでしょうか?

「事故が原因の介護」を重きに考えているのなら、死亡保険商品に「災害特約」「傷害特約」を厚めにしておくのもひとつの方法です。
これらは、死亡時の給付以外に「高度障害状態」の際「生存給付」される特徴があります。

「三大疾病になって介護状態にならないという自信」は誰もないと思います。しかしながら、それらをすべて、保険商品でカバーするのはお金がいくらあっても足らないと思いますので、中期的に見直しをすることを前提で、どのように対策するかをお考えになってはいかがでしょうか?

「お子さまがいらっしゃる」ということを前提でお話しさせていただきます。

少なくとも、お子さまが独立する年齢までは、最初に検討された「家族保障保険」で死亡保障を確実にカバーするのは合理的だと思います。
同時に、ご主人のお葬式費用に相当する部分は、お子さまが独立後も続きますので、一生涯保障が続く、いわゆる「終身保険」で対策するのが無難だと思います。

「生存給付」もお子様が独立した後も続きますので、「ガンや三大疾病」も含んだ「医療保険」で対策することになるのですが、考え方と...続きを読む

Q生命保険変更したほうが良い?

お世話になります。 お聞きしたいことがあります。
自分の生命保険のことなんですが、自分は33才の男で独身です。
現在は両親も他界し兄弟もいませんので、自分には家族がいない状態です。  今現在加入している生命保険ですが、住友生命の「最低保証利率付3年ごと利率変動型積立終身保険」と言うものに入っています。
20才のときに入り現在まで数回見直し?をして現在に至るという感じです。  死亡保障ですが、約4000万円の契約です。  この保険に入ったときには家族がいた状態ですので、この保障で入っていましたが現在は家族が誰もいない状態です。  自分の考えでは死亡保障は不要だと思っています。  住友生命に話したところ、「死亡保障は、もし要介護状態になった時に使えるから解約しないほうが良い。 自分のための保険なんだから」と言われました。
保険屋さんも解約されると困るから必死ですね。  そこで保険屋さんの提案ですが、今の保険を見直して死亡保障を4000万から300万円に減額すればと言うことでした。  その300万円は葬式代と言うことらしいです。  毎月の保険の支払額ですが、今は16000円ですが、300万円に減額後は12000円くらいと言うことらしいです。  大幅に死亡保障を減額したわりには月の保険料は思ったほど安くならないのですね。  ちなみに今解約すると20万円しか返ってこないそうです。  今まで200万円くらい払ったのに・・・・・。
掛け捨てと変わらないですね。  加入したときには「掛け捨てじゃないと言われたのに・・・」
もう住友生命を解約して、別の掛け捨ての安い外資系?の保険でも入ろうかと思っていますが、皆さんならどうしますか?
今気になっている保険があり、アリコの「リターンズ」と言う、終身医療保険です。  「払った保険料がムダ荷ならない保険!!」
「支払った保険料相当額が全額戻る」と言う医療保険です。
自分には家族がいないので死亡保障は不要だし、入院した時の保障だけが充実していれば良いのでは?と思っています。
ちなみにウチの父親が元気なころ言っていましたが、「保険は安いやつに1つ入っていれば十分」と良く言っていました。 実際父が入っていたのは月の保険料が2000円程度の掛け捨てで死亡時は1000万円のやつだったそうです。  会社で入っていたので退職時に解約になりましたけどね。  それを考えると今まで200万円近く払ったのに、いざ解約となると20万円と言うのを聞かされてバカバカしくなってきました。  どうするのがイチバン良いのでしょうか?  このまま住友を見直して継続するか?  それとも思いきって解約してアリコとかに入るのが良いのか?
他にオススメの保険がありましたら教えてください。  

お世話になります。 お聞きしたいことがあります。
自分の生命保険のことなんですが、自分は33才の男で独身です。
現在は両親も他界し兄弟もいませんので、自分には家族がいない状態です。  今現在加入している生命保険ですが、住友生命の「最低保証利率付3年ごと利率変動型積立終身保険」と言うものに入っています。
20才のときに入り現在まで数回見直し?をして現在に至るという感じです。  死亡保障ですが、約4000万円の契約です。  この保険に入ったときには家族がいた状態ですので、この...続きを読む

Aベストアンサー

walker21さん

>加入したときには「掛け捨てじゃないと言われたのに・・・」

払い込んだお金が全額保証されるとは言われてませんよね。
ご自分が加入している保険の内容がわからないままお金(保険料)を払っているのは、お金をドブに捨てていることと大差ないと思います。

おそらく現在ご加入の保険は「LIVE ONE」だと思います。
もし、この保険をお続けになるのであれば、営業員にこの保険の仕組みをもっとよく聞く必要があります。
そうしないと、
「今解約すると20万円しか返ってこないそうです。  今まで200万円くらい払ったのに・・・・・。」という状態が、「これまで2000万円払ったのに、200万円しか戻ってこない」という状態になりかねません。

>もう住友生命を解約して、別の掛け捨ての安い外資系?の保険でも
>入ろうかと思っていますが、皆さんならどうしますか?

死亡保障は不要とのこと。
私の一番のオススメは、「貯蓄」という「保険」を作ることです。100万円の貯蓄は、「入院日額5千円×200日」の保障がある保険に相当します。しかも、1千万円までなら元本保証。まったく「掛け捨て」になりません。

次のオススメを挙げるとすれば、ご自分で保障の内容が分かり、自分で納得できる保険に加入すること、でしょうか。

若干walker21さんの希望とずれて、死亡保障がある保険ですが、一例としてあげますと、
都民共済「総合保障 I 型」http://tomin.jp/product/02_02.html#list01
この保険は、65歳までの保障。
保障内容は、
病気入院の時は、一日2250円(通算124日まで)。病気死亡の時は、200万円。
などとなっています。
保険料は月額1千円。65歳まで32年間払い込む総額保険料は、38万4千円。 掛け捨てです。
廉価な保険料で、一定期間内のある程度の保障を求め、ご自分で納得できるならば、こういう選択肢も有りかなと思います。

>アリコの「リターンズ」と言う、終身医療保険です。
>「払った保険料がムダにならない保険!!」
>「支払った保険料相当額が全額戻る」と言う医療保険です。

この保険の広告の片隅に、小さな文字で、
「リターンボーナスの受取時期前に解約された場合の受取額は、払込保険料相当額を下回ります。また、死亡された場合も、契約当初を除き払込保険料相当額を下回ります。」
と書かれていたのを気づきませんでしたか?

この商品については、過去の「教えて! goo保険」に質問・回答がありました。http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3148032.html

世の中、そんなにオイシイ保険はありません。

walker21さん

>加入したときには「掛け捨てじゃないと言われたのに・・・」

払い込んだお金が全額保証されるとは言われてませんよね。
ご自分が加入している保険の内容がわからないままお金(保険料)を払っているのは、お金をドブに捨てていることと大差ないと思います。

おそらく現在ご加入の保険は「LIVE ONE」だと思います。
もし、この保険をお続けになるのであれば、営業員にこの保険の仕組みをもっとよく聞く必要があります。
そうしないと、
「今解約すると20万円しか返ってこないそうです...続きを読む

Q住友生命 ライブワンYOUタイプ

昨日、住友生命のライブワンYOUタイプに加入しました25歳女です
親も入っているから大丈夫だろう(長くある会社だし)と思い住友生命の中から自分にあっているものを選んだつもりなのですが、
今日このサイトで住友生命を検索したところ、評判の悪さに驚き、後悔しはじめたところです
この保険はそんなにもまずいのでしょうか、先行きがとても不安です

どのあたりがどのようにまずいのか、また、あればどのようなところがよいかなどを教えていただけませんでしょうか

知識がなかった為とはいえ保険会社の比較をしなかったのは軽率で愚かだったということは痛感しております、お恥ずかしい限りですがその辺の批判は避けていただけますと幸いです
沢山の方にご意見を伺いたく思います。宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

【需要があるから新商品を開発する】
これはどの業界にも言える事です。
相互扶助の精神の基に生まれた保険に「悪い商品」など存在しないと思っています。

保険商品の評判が悪くなるのは、「自分の保障ニーズ」と「その保険商品の保障内容と特徴」を事前に比較しなかった、もしくは「つきあい」で加入した人が多かったためだと思います。
簡単な話、お腹をこわしている人に「良く効く」と評判の頭痛薬を飲ませる様なものです。

周囲の評価でご不安になるお気持ちは充分お察し致しますが、まずはもう一度ご自分のニーズと加入された保険商品の保障内容をじっくり照らし合わせてみて下さい。
もしwanggouさんが頭痛なら、その頭痛薬は特効薬かもしれませんよ。
その逆なら、推してしかるべし、です。

多分、求めていらっしゃる回答ではないので失礼かとは存じましたが、非常に重要な事ですので書き込ませて頂きました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング