食事のシーンや料理のシーンや食器の描写が印象的な
オススメの小説はありますか?
できれば洋食(特にフランス料理)が好ましいです。
小説のジャンルとしては純文学で
ライトノベルではない方が良いのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 レックス・スタウト「料理人が多すぎる」


美食の探偵といえば、まずはこのネロ・ウルフでしょう。
 伴野朗「殺意の複合」
東洋の美食探偵ではこちらの陳展望もいます。
 J・M・ジンメル「白い国籍のスパイ」
何しろメニュー36種の調理法つき。マキシムのシェフをも凌ぐ料理の腕前で世界のスパイを手玉にとるとは。
 トマス・ハリス「ハンニバル」
レクター博士こそ究極の美食家なのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「料理人が~」
「白い~」
ともに興味深いです。
ありがとうございました!

お礼日時:2007/05/01 15:00

純文学かエンタテイメントか、という感じはしますが、


村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』の、たぶん下巻だと思いますが、イタリア料理のフルコースが出てきます。
リゾットとかスズキの何とかとか。

春樹作品では、他の作品でもよく主人公がスパゲティをゆでたり料理をしたりはしいています。
食事シーンは絶対と言っていいほどあるような気がする。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
世界の終わり~は未読でした。
参考にします。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/01 14:55

読んで、小説として好きだったのは、


・村上龍「料理小説傑作選」
・フィリップ・バラン「趣味の問題」
・ハリー・クレッシング「料理人」

洋食にこだわらないなら
・織田作之助「夫婦善哉」
・池波正太郎の作品

それから、ごく最近、こんなオムニバスが出てますね。
・「おいしい話―料理小説傑作選」(小川洋子他)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「趣味の問題」は映画にもなっているんですね。
オムニバスも興味深いです。
沢山あげてくださってありがとうございます!

お礼日時:2007/02/27 17:56

食事の描写と聞いて思い浮かぶのは、太宰治「斜陽」の冒頭です。


うろ覚えですが、「朝、スウプをすっと一口すすってお母様が・・・」とかいう出だしだったと思います。
あと、有名なところではプルーストの「失われた時を求めて」の冒頭でしょうか。マドレーヌを紅茶に浸して食べるとき、幼い記憶がよみがえってくるという話です。
古典ではペトロニウス「サテリコン」の中に描かれた「トリマルキオの饗宴」という贅を尽くした宴会シーンが有名ですね。これはフェリーニが映画化しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「トリマルキオの饗宴」興味深いです。
フェリーニのサテリコン、これを機会に観てみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/27 17:51

バベットの晩餐という映画がありました。

その本があるか調べたら、(インターネットで)・・バベットの晩餐を読んで・・と書いてありましたので、たぶん本はあるんだと思います。映画は間違いなく面白かったです。内容は伏せますが、フランス料理が出てくるはずです。
私の好きな映画の中のひとつです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
amazonで調べたら文庫で出ているみたいです。
タイトルからして期待できそうです!
探してみます。
ありがとうございました!!

お礼日時:2007/02/27 14:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食事のシーンが多い小説

小説で、食事やお酒を飲むシーンが多いものを探しています。

村上春樹さんの作品は食事のシーンが多いので全作品持っていて
よく読んでいます。

ほかに食事やお酒の場が多い小説をご存知の方がいましたら
教えてください。パーティや料理のシーンが多いものでもいいです。

Aベストアンサー

村上龍の「料理小説集」には
食べるお話がいっぱいです。

おいしそう、そしておもしろい!

ぜひ、ご一読を。

Q美味しそうな料理が出てくる小説

話の端々に思わず食べたくなるような料理が
出てくる小説を教えて下さい。

・ディナーで殺人を(上・下)
・赤毛のアン
・大草原の小さな家シリーズ
・料理人
・黒後家蜘蛛の会シリーズ

辺りを読みました。
海外作家で、クリスティ・児童文学・エッセイ以外で
お願いします。

心当たりのある小説をご存知の方、教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 小説に出てくる料理は、例え自分が実際は苦手なものであっても美味しそうに感じるのが不思議ですよね~(笑)。
 わたしもそんな料理を、小説で味わうのが大好きです♪

 ミュリエル・バルベリ『至福の味』(早川書房)
 ハリー・クレッシング『料理人』(早川書房)
 ピーター・エルブリング『毒味役』(早川書房)
 小鷹信光編『美食ミステリー傑作選』(河出書房新社)※収録作は、海外作品のみです。

 お菓子になってしまいますが…
 ジョアン・フルーク『チョコチップ・クッキーは見ていた』等、”お菓子探偵ハンナ”シリーズ(ソニーマガジンズ)
 
 ……など如何でしょう?

<番外>
 (『海外作家』という)条件からは外れてしまうので、番外として書かせていただきますが、北森鴻さんの『メインディッシュ』(集英社)、同じく北森さんの『花の下にて春死なむ』等”ビアバー・香菜里屋”シリーズ(講談社)、ヤングアダルト向ですが、香月日輪さんの『妖怪アパートの幽雅な日常 1~4』(講談社)、椹野道流さんの『にゃんこ亭のレシピ 1,2』(講談社)などにも美味しそうな料理が数々登場します。


 ※参考URLにはとりあえず『至福の味』を入れてみました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152083565/

 小説に出てくる料理は、例え自分が実際は苦手なものであっても美味しそうに感じるのが不思議ですよね~(笑)。
 わたしもそんな料理を、小説で味わうのが大好きです♪

 ミュリエル・バルベリ『至福の味』(早川書房)
 ハリー・クレッシング『料理人』(早川書房)
 ピーター・エルブリング『毒味役』(早川書房)
 小鷹信光編『美食ミステリー傑作選』(河出書房新社)※収録作は、海外作品のみです。

 お菓子になってしまいますが…
 ジョアン・フルーク『チョコチップ・クッキーは見ていた』...続きを読む

Q美味しそうな料理の出てくる小説

こんにちは。
私は生来食いしん坊のせいか、美味しそうな料理がでてくる小説を読むと作者に好感を抱き、時には我流で料理を作ることもあります。
特にミステリー小説を読むと興味を引かれる料理がときどき登場し、最近では恩田 陸さんの「三月は深き紅の淵を」の第1章の鴨志田さんが作る料理が美味しそうなので作ってみました。
(キビナゴの柳川仕立て・菜の花のくるみあえ・いわしの竜田揚げ等)
そこでみなさんがこれぞ!と思われる美味しそうな料理がでてくる小説があれば教えていただけませんか?ジャンルは問いませんが、できればミステリー希望です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ミステリー 料理とくれば北森鴻がおすすめ。短編連作です。
「花の下にて春死なむ」「桜宵」「蛍坂」「香菜里屋を知っていますか」
ビアバーが舞台。出てくる料理、出てくる料理全部食べたくなります。食材だけでも高級で、手も足もでません。
「メイン・ディッシュ」
劇団員のところに転がり込んだ居候の作る料理がこれまた美味しそう。こっちの料理は庶民的です。作れそうで挑戦はするのですが、なかなか、納得できる味にはなりません。
「屋上物語」
うどん一筋です。こしのある素うどん、うどんを味わううどんが食べたくなります。

Q「おいしそう」な文庫小説

食事シーンや料理の表現が「おいしそう!」と思わせるような小説を探しています。
できれば文庫で買えるものをお願いします。

もちろん、食事や料理がメインの小説でなくても大丈夫です。そういうシーンさえあれば……
ちなみに、私が今まで読んだ本で「おいしそう!」と思ったのは
「"文学少女"シリーズ」や「卵のふわふわ」です。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

『ぶたぶたの食卓』矢崎存美(やざきありみ)。
「ぶたぶた」と食べ物がからんだお話の短編集。
あさり料理と具が卵だけのシンプルな炒飯が涎ものです。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%B6%E3%81%9F%E3%81%B6%E3%81%9F%E3%81%AE%E9%A3%9F%E5%8D%93-%E7%9F%A2%E5%B4%8E-%E5%AD%98%E7%BE%8E/dp/4334739059

『ぶたぶたの休日』矢崎存美
「評判のいい定食屋」というお話で出てくる料理が美味しそうなんですよ。
甘酢揚げなす定食とか・・・。
今現在、小説自体の入手は難しそうですが(古書店にはあると思うけど)、電子書籍では手に入るようです。
http://www.papy.co.jp/act/books/1-103859/

どちらも動いて喋るぶたのぬいぐるみ「ぶたぶた」が料理を作ってます。
このシリーズは他の作品も、美味しそうな食べ物が登場しますよ。

Q食べてみたい! 童話や児童文学に出てくる食べ物

童話や児童文学に出てくる食べ物で「食べてみたい!」と思うものを教えてください。
できるだけ美味しそ~~~に表現してくださいね!

先日は漫画について同様の質問をしました。
後日、文学作品(児童文学以外)について質問をする予定です。

Aベストアンサー

 こんにちは。食い意地がはっているので、幼き頃より食べてみたいな~と思う物は沢山ありました^m^。
●ナルニア国物語「ライオンと魔女」
 エドマンドが白い魔女に誘惑されるプリン!絵ではなんかフワフワした物体が画かれていて、白黒の絵だけにメチャクチャ美味しそうでした。あれから○○年、実はあれがターキッシュディライトである事が判明!外国文化があまり入ってこなかった時代だったので、子どもには意味分からんだろうとプリンに訳したらしいです(゜o゜)。さすが英国のプリンは一味違うな~と思っていたのに!映画でみるとカラフルでベタベタした物体であまり食欲がそそられないです(^_^;)。やはり私の中ではプリンです。
http://britannia.cool.ne.jp/a_z/turkish_delight.html←御存知かもしれませんがターキッシュディライトです。映画ではもっと色がどぎつかったような・・・。
●「まほうのなべ」
絵本なんですが、「おなべよ煮えろ」で鍋の中からオートミールが沸いてきてグツグツと煮え始めます。ところが「おなべよお止め!」と言うまでどんどん増えるので、勝手に鍋を使ったお母さんが止め方を分からずに村中にオートミールをあふれさせる物語です。オートミールってなんだ??あの白い髪のオッサンの絵のついた箱しかイメージがなく、家でも作らなかったので、ずっと美味しそうだな~と思ってました。そしてまだ食べた事ないので、興味津々です^m^。http://www.oatmeal.jp/oatmeal_oats/index.html←この左上のオッサン
●グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」
 もちろんお菓子の家です!!クッキーやチョコレートやスポンジで作られた家なんて!!しかも絵はクッキーに砂糖がガッチリかかっていてよだれが垂れそうな感じでした!スポンジのベッドでかじりながら眠りたかったです^m^。
●ワイルダー作「大きな森の小さな家」
 ローラ物語の第一巻です。全体を通して何でも大工仕事で作ってしまうお父さんと、家事のスペシャリストのお母さんですので、美味しそうな描写があるのですが(とうもろこしのパンとかケーキとか)、特に!第一巻の豚の解体シーンは美味しそうでした、ソーセージを作って木のチップと一緒に燻製にしたりするのも良いですが、尻尾を暖炉で炙って食べるシーンは本当に羨ましかったです。ジュージューと垂れる脂!火傷しながら交代で食べるローラとメアリー、私も入れて!といいたくなります。
●ケストナー「ふたりのロッテ」
 ルイーゼとロッテという二人の双子が活躍するケストナーの代表作なんですが、その中でロッテが好きなオムレツ!が美味しそうでした。卵をタップリ使ってフワフワにしたオムレツ!交代したルイーゼが少々あきながら食べる所もまたこのオムレツってクドイんだろうな~って思って余計に食べたくなりました。
●「ちびくろサンボ」
 色々物議をかもし出したこの本は、わたしの子どもの頃には普通にありました。サンボって賢いな~と思ったり、その勇気に感動しました。しかもグルグル虎が回ったらバターになるというこの奇抜さ!バターを壺いっぱいにとって家に帰るとお母さんがホットケーキを焼いてくれて、またそれが金色に輝いてすっごく美味しそうです!我が家なんでマーガリンでお茶を濁されていたのに、あんなにバターを使えていいな~と思ってました。

 他にも北風のくれたテーブルかけの御馳走とか、マッチ売りの少女が見た幻想の御馳走(特に鳥の丸焼きや最高!)など美味しそうな描写は沢山あったと思います。
 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。食い意地がはっているので、幼き頃より食べてみたいな~と思う物は沢山ありました^m^。
●ナルニア国物語「ライオンと魔女」
 エドマンドが白い魔女に誘惑されるプリン!絵ではなんかフワフワした物体が画かれていて、白黒の絵だけにメチャクチャ美味しそうでした。あれから○○年、実はあれがターキッシュディライトである事が判明!外国文化があまり入ってこなかった時代だったので、子どもには意味分からんだろうとプリンに訳したらしいです(゜o゜)。さすが英国のプリンは一味違うな~と思ってい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報