4月から中学3年生になる女子です。
先日の新聞に、「医療通訳が不足している」という記事がありました。

日本に住んでいたり、旅行や留学で来ていらっしゃる外国の方が、
病院に行くのはとても大変なことだと思います。
ぜひ、その手助けをしたいと思いました。

4月から、NHKのラジオ講座が始まるので、
何か、英語以外の語学にも挑戦してみようと考えています。


・医療通訳になるには、どうしたらよいのか。
・今できることはどんなことがあるか。
・医療通訳は、職業として成り立つか。

以上の三点を、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ポルトガル語、スペイン語、中国語、ベトナム語などを勉強して、なおかつ、看護士の資格をとるといいと思います。



語学ができるだけの人は結構いますが、
語学+その現場の免許や資格(看護士、医師免許、教員免許、警察の試験など)があることが重要です。そして、日本人であれば尚OK。
日本語が上手な外国人には語学では勝てませんが、日本人である強みは、日本の免許や資格も取ることができるという点です(外国人だと日本の免許を持っていない場合がほとんどなので)

通訳だけを目指すと、完璧な語学力が必要とされるなど、ハードルが高いのですが、
通訳「も」できることを売りにして、その仕事につけばいいんですよ。そっちの方が確実です。
ひっぱりだこになること間違いなし。
    • good
    • 1

こんにちは、#1です。



前回簡単にご説明した医学用語とラテン語との関連性について、参考となるのではと思われる書籍を思い出しましたのでご紹介します。

『医学ラテン語』(国原 吉之助、酒井 恒 著)
http://www.amazon.co.jp/%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E3%83 …

『ポケット医学ラテン語辞典』(国原 吉之助、酒井 恒 著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83 …

ラテン語自体大変難しい言語です。かの有名な英国首相ウィンストン・チャーチルでさえ、高校時代、他の科目では大変優秀な成績を収めたのにラテン語にだけは苦しめられたのか落第したのかちょっと忘れましたがそんなようなことを自伝に書いていますし、フランスの中学生か高校生だったか忘れましたが学校は楽しい?ときくと、今までは楽しかったけれど新学期が始まるとラテン語の授業が始まるので嫌だ、という答えが返ってきた、という話を聞いたこともあります。

しかも普通のラテン語だけでも難しいのに、医学の専門知識もなければ、理解は到底できないと思われます。

ただ、私は決して意地悪をしようとして言っているのではありませんので、どうかこの点を誤解しないで下さい。そうではなく、今から将来医療通訳になられたいという高い志を持ってらっしゃるra_ichiさんに、将来、こういうことが理解できるようになって下さればいいのでは、という理想像を垣間見て頂ければ、と思っているのです。

これから中3になられるのなら、今は春休みでしょう。図書館でちらっと本をご覧になられて、医学用語とラテン語との関連性をごくわずかでもいいから見てみてはいかがでしょう。そうすれば、ご自身の目標とする姿が少しは具体的になるのでは、という、お節介な老婆心から出たコメントでした。
    • good
    • 0

>・医療通訳になるには、どうしたらよいのか。


>・今できることはどんなことがあるか。
>・医療通訳は、職業として成り立つか。

現在の日本の環境では職業として成り立つとは思えませんが、将来的に富裕層のみを相手にする私立病院のようなものが出来てくれば、職業として成立するかもしれません。しかしながら、通常の通訳との競争になるでしょう。

神奈川県ですが、MIC神奈川というNPOが熱心に取り組んでいます(養成もしています)。

http://www.yoke.or.jp/2005/data/18mic.html

ポルトガル語、タイ語、タガログ語、ベトナム語、カンボジア語、ラオス語の通訳者が不足しているそうです。タイ語の通訳者の方とお話したことがありますが、通訳レベルはかなり高かったです。
    • good
    • 2

こんにちは。

通訳者ではないけれど、医学翻訳をなりわいにしているおばちゃんです。

すごくすてきな夢をお持ちですね! 私は現在医学関係の翻訳をしていますが、今後ボランティアで医療通訳をやろうと思っているところ。確かに異国で治療を受けるのはとても大変です。私は海外在住経験がありますので身にしみています。

医療通訳になるにはどうしたらいいか、ということですが、通訳者、翻訳者になるにはまずどちらから攻めるかなんですけど。つまり専門知識を身につけるところから始めるのか、語学を身につけるところから始めるのか、ですね。翻訳者では専門知識を身につけてから語学を磨いて翻訳を始められる方(たとえば薬学部を出てから語学を勉強して医学薬学翻訳をするとかですね)と、語学から入る方とがだいたい半々くらいじゃないかと思うのですが、通訳者(一般的に通訳をしている人)は語学から入ってあらゆる方面の知識をどん欲に身につけていく人が多いと思います。というのも、通訳というのはその技術がとても特殊で、独習では身につかないからです。私も実は大学~会社時代に通訳学校に通ってましたので事情は把握しているつもりです。

特に、医療通訳では、医学の知識もいりますが、まあ医師と、素人である患者との橋渡しをするわけですから、医療通訳になるために薬学部や医学部に行く必要はないと思います。医者も患者に対して話すときはそんな特殊な専門用語は使いませんしね。まず、高度な語学力を身につけて、できれば将来は通訳学校に通い(ちょっとお金がかかるけどね)通訳技術を身につけて、同時に医療の現場で使われる言葉などを勉強しながら始められるのがよいと思います。

職業として成り立つかどうかは疑問ですね。医療通訳だけでやっていけるのかなあ。今はまだ大半がボランティアか単発のバイトくらいかもしれません。もしかしたら病院専属の医療通訳ということで雇ってもらえる場合もあるのかもしれませんけど(香港の病院にはそういう職業の女性がいて在住日本人の役に立っていました)。でも通訳技術を身につけていれば他にも会議通訳などの仕事もありますし、中国語やタガログ語あたりだと警察関係でも募集をしているのを見かけます。また翻訳と掛け持ちする方も多いですよ。

今できることですか。それは、いろんなことに興味を持ってアンテナを張っておくことでしょうか。特に医療通訳者はいろんな患者さんを相手にしますから、相手の知識レベル、理解レベルに応じた話し方ができたほうがいい。そんな点からいえば人間観察なんかも今できる大事なことかなと思います。それから、翻訳者、通訳者に一番大事なこと。それは、自分で進んで調べ物をすることです。調べて調べて調べまくる。たとえば、このサイトはもうお調べになりましたか?
http://www.medical-english.net/japanese/index.htm

英語なら、ドラマ「ER」を見るのがすごくためになります。病院内での言い回しとかが結構ありますから。将来的には、もし可能なら質問者様がやろうとしている語学の国に、短期でもいいから留学なり滞在なりして、実際に話されている言葉を聞いてくることがすごく肥やしになるだろうと思いますよ。まあ留学なんていうとお金がかかりますけどね。

まだ質問者様はお若いのでいろいろチャレンジしてくださいね。いっしょにがんばりましょう。あ、蛇足ですがもし東京都の方なら「防災ボランティア」というのもありますよ。災害時も外国人は事情がわからなくてホント困りますからね。ご興味があったら調べてみてください。←と、リサーチを課してみる(^_^)b
    • good
    • 4

将来医療通訳になられたいそうで。

若いのに、感心ですねぇ。(^^)v

ところで私はつい先日まで医学用語=ドイツ語で、医学の分野を志されるならドイツ語は必須。例えば先生がカルテに、このクランケにはクレブスがあって、と、サラサラっと書くのがドイツ語です。おっと、もうこれで3つもドイツ語が出てきました…。

などと思っていたのですが、先日主治医の先生に伺ったところ、医師でもドイツ語を使うのは単語だけで、あとは英語。先生がカルテに書かれていたのは英語なのだそうです。ドイツ語は活用が大変だともおっしゃていました。

私はドラマの「白い巨塔」(唐沢クンの方じゃないですよ、田宮二郎主演の方です。やはりどうしても財前五郎=田宮二郎のイメージが強すぎて…)での医者同士の会話や、「赤い疑惑」(石原さとみ主演のリメイク版じゃないですよ、山口百恵主演の方ですよ)で、大島幸子(山口百恵)がパリのおばさま(岸恵子)を訪ねて行き、そこで白血病の発作が起こって病院に担ぎ込まれた時、父親であり医師でもある大島助教授(宇津井健)が「万国共通の医学用語はドイツ語なんだ」と岸恵子に言うシーンがあり、パリの医師とドイツ語で筆談するシーンがどうもまだ頭から離れていなかったみたいですね…。(^^ゞ

ところがですね、これが摩訶不思議なのですが、実は医学用語はもともとラテン語と古代ギリシア語(古典ギリシア語とも言う)なのだそうです。薬品名や化学用語などの由来はそのどちらかです。アルミニウム、ウラニウム…はラテン語、オキシゲン、ハイドロジェン…は古代ギリシア語。これらが何か、いちいちご説明しなくてもお分かりになりますよね。(^^♪

ところでこのラテン語と古代ギリシア語の関係ですが、ラテン語は語彙の多くを古代ギリシア語から採り入れたそうです(下記参照)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%86% …

また、ここにあるように、ラテン語そのものは現代では死語ですが、フランス語やスペイン語等のロマンス語系の言語の原型、つまり産みの親です。いきなりラテン語に飛びつくのは大変ですから、フランス語かスペイン語かイタリア語等のロマンス語系の言語を少しかじっておけば、将来ラテン語を学ぶ際非常に有利です。(^_^)v

長くなりましたが結論はこうです。

(1)将来医療通訳になりたいならば、英語をみっちりやっておくべきでしょう。ただ、独単語も必要となる場合がありますから、ドイツ語を少しかじってみられてはいかがでしょう。ただ、それほどガツガツやる必要はないと思われます。しかも英単語とよく似ているのもありますから、それほど難しくはありません。

(2)将来ラテン語や古代ギリシア語を学ぶための布石として、ロマンス語系のフランス語、スペイン語、イタリア語のうちどれかをまずかじっておくのがいいのではないでしょうか。

ではしっかり勉強して下さい。(^.^)/~~~
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都内の通訳学校はどこがいいのでしょうか?

通訳を目指したいと思っています。
TOEICは850点程度で、通訳の知識もゼロなので
まずは通訳養成学校に通おうと思っています。

そこでいろいろは学校から資料を取り寄せて検討した結果、
コングレ、ISS、サイマル、インタースクール、日米会話学院の
どれかがいいのではというところまでは絞ったのですが、
そこから先、どこがベストかというのを決めかねています。

そこで、実際に通っていた方や、また学校に詳しい方に
その学校の特徴や感想等を教えて頂きたいです。
また、どこの学校に行った方がその後通訳として働く上で
有利とかはあるのでしょうか?

それから、ある学校のパンフレットには
「いきなり通訳(会議通訳等)を目指すのは難しいから
まずはガイド通訳の資格を勉強しつつ学ぶのがいい」とありました。
それについて、どう思われますか?

将来のことで真剣に考えています。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

再度登場、scoronです。

ISSも派遣やっていますよ。私はまだまだ通訳として稼動できるレベルではないので登録していませんが、教務の方にお話すれば、コンベンション事業部という派遣やってるところに紹介してくれ、そこの面接を受けて登録、となるみたいです。その他にお仕事の紹介として、展示会とかのアテンド通訳のOJTなどのお話もあります。

これはおそらく、サイマル・インター・コングレも同じだと思います。どこが有利かっていうのはどうかなー、ちょっとわかりません。ただ、クラスでの日々のパフォーマンスというか、頑張り具合を先生はしっかり見ていて、有望と思った生徒をスカウト、というか推薦したり、というのはあるみたいです。なので、どこに入っても一生懸命勉強して、仕事のチャンスをつかむのがきっと大事なのでしょう。そうやって、在学中からOJTや派遣でちょっとした仕事からこなしていって、履歴書に書ける経歴をどんどん増やして、社内通訳などのビジネス通訳をして、その後会議通訳や放送通訳の道が待っている…というのが一応王道のようです。長いですね(笑)最初は、通訳としての経験がなくても、翻訳でも経験とみなされます。ですので、早い段階では翻訳の派遣も仕事として考えてみてはいかがでしょう。私も現在、派遣で翻訳をやっています。

あと、さっきは触れるのを忘れていましたが、ガイド通訳についてです。
ガイド通訳は英語以外に、日本の文化も勉強しなくてはいけませんよね。それに今は不況ですから、外国の方が観光で日本に来ても、わざわざ通訳ガイドを雇うことも少なく、仕事の口も厳しくなってきているみたいです。それだけで食べていくには難しいんですよね。特に新米は。いずれ本格的に会議通訳をしたいとお思いなら、ビジネス通訳とか、あとはなんらかの専門(金融、IT、法律とか)の勉強をされるほうが、近道だと私は思います。でもISSで今教わっている先生はもともとガイド通訳をなさっていた方で、そのときの勉強は役に立った、とおっしゃっています。そのへんは、学校に入ってから情報集めしてみてもいいでしょうね。

私も今はまだ恥ずかしくて、言いにくいほどのレベルなのですが、会議通訳になりたい!のです。おんなじですね。また何かあれば、お答えしますので。

再度登場、scoronです。

ISSも派遣やっていますよ。私はまだまだ通訳として稼動できるレベルではないので登録していませんが、教務の方にお話すれば、コンベンション事業部という派遣やってるところに紹介してくれ、そこの面接を受けて登録、となるみたいです。その他にお仕事の紹介として、展示会とかのアテンド通訳のOJTなどのお話もあります。

これはおそらく、サイマル・インター・コングレも同じだと思います。どこが有利かっていうのはどうかなー、ちょっとわかりません。ただ、クラスでの日々のパフ...続きを読む

Q女性に対する表現について(lovely, sweet, beautiful, sexyなど)

海外に住んでいる者(女)です。とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。

1.オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。「gorgeous」「beautiful」とも表現します。
また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。「beautiful」とも言います。
私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がするんですが、どうなんでしょうか?

2.イギリス人の友人は常に私のことを「baby」「babe」「darling」と呼びます。(恋人ではありませんが、それに近いくらい仲良しです。)これってイギリスでは当たり前のことでしょうか?誰にでも使うんでしょうか?メールの最後にも必ずxxxxをつけてきます。

3.二人とも「you are beautiful」と常に言ってくれるのですが、これって本心なんでしょうか?(爆)自分では信じられないんですが・・・。それとも、オーストラリアやイギリスでは女性に大してはそういうのが当たり前なのでしょうか?(私は自分でも飛び切り美人だとは思いませんが、いわゆる欧米人ウケするタイプの顔なんだそうです。欧米人の友人によく言われます。)

ちょっとcultual differenceを感じています。(いい意味で)
ご存知の方、教えてください。

海外に住んでいる者(女)です。とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。

1.オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。「gorgeous」「beautiful」とも表現します。
また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。「beautiful」とも言います。
私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がする...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。

たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。

つまり、特別な感情を表す為に使う人/情況とか逆に深い意味を持たせずに呼びかけとして使う(癖になっている)人もいます。 恋人にも使うし何ら関係ない人にも使える(使い方を知っているとして)表現でもあると言う事です。

だからこそ、トラック運ちゃんが良く行くような大衆食堂でウエイトレスが男のお客(女性のお客も)に向かってsweety, honeyと言う言い方を単に「名前を知らないから代わりに使う」という状況もあるわけです。 

日本の地方のそのような食堂や酒場などでは初見でも「兄さん、なんにする?」なんて言う言い方をされる時があります。

これらは「全く知らない人」だと言う事で「意味の持たない呼びかけ」と言う事で聞き流してしまいますね。

そして、恋人同士であれば、意味のある呼びかけだとわかりますね。 これも問題ないですね。

問題が起こるのは間柄が中間(友達の間柄)にあるなときですね。

こちらアメリカでは知り合いの程度でご質問にある表現をしたら、まず嫌がれるでしょう。 女性によってはDon't call me that!と怒られてしまう可能性ですらあります。 (例外として、そう言う言い方をいつもしている人だと分かっている場合や完全に見下げる人がいった場合) ですから、男性はまず言わないと言う事になります。

さて友達関係になるわけですが、これらの呼びかけはもう気が付いたと思いますが、親しみ・好意を示す表現とされます。 親が子供に対してこの表現する事で子供が怒ることはないわけです。 Jackie are so sweet/beautiful.と言っても問題ないわけで、しかも子育てには必要な表現ともされます。 しかし、年頃の娘にYou are sexyと冗談抜きに言ったらかなりおかしいです。 それを聞いた周りの人はおかしいと思うでしょう。 それはbeautulにはないsexyと言う単語が持っているからですね。

では大人同士の友達だったらと言う事になりますね。

1) 男としてそう呼びたい/呼べる女性がほしいという気持ちはあると思います。 しかし、私個人の感じとしては、この表現を連発する人はまれだと思います。 つまり、少し変わっているなと感じます。 これらの人はあなた以外の友達にもこう言う表現をよくするのでしょうか。 特別なフィーリングを持っているように感じるのは私だけじゃないと思います。

2)はそれほどきつくは感じません。 その人好みの表現ととってしまいます。 しかし、大人の友達関係でこれを言うのはやはりあなたを異性と感じているからでしょう。 女性と感じさせない友達関係であれば、たぶん使わないでしょう。 少なくとも私の知り合いや友達は言わないですね。 必要のない問題を起こしたくない、と言うことでもあるでしょう。 

xxxxがLoveであったら、それは単なる誰でもどんな関係でも使える表現です。特別な意味はありませんので気にする必要はないと思いますよ。

3)は上にも書いたように、あなたが好きであることでしょう。 たぶん本心でしょう。 お世辞ではないと思いますよ。 しかし、上にも書いたように、簡単に女性にそういうことはやはり「変わっているな」と感じます。 少なくとも普通の習慣といえるものではないと思います。 (人それぞれですが)

さて、すごく長くなってしまいましたが、問題点の本題です。

日本語が分かる日本人が、ある人の言った事の「真相」を見極めるにはどうするでしょうか。

それは、相手の全身から真相を掴み取る事です。 ジェスチャー、あなたに対する態度/姿勢/言葉遣い、そして他の人(特に女性)への態度の違いを感じ取る事は大変重要だと思います。 ボディーラングエージですね。 あなたに好意を持っている事は確かなようです。、 それがあなたにとって良い事なのか、それとも、その逆の極端なことをいうと遊ばれているのか、英語と言う言葉ではなく全てから判断する事ができますね。

全くコミュニケーションの問題のない日本語ですら相手を判断する事は難しいですね。 でも、この人下心あるのかしら?、スケベ親父?、やさしい人?、私を本当に思ってくれている人?、などいろいろと日本語でも考える事ってありますよね。

アメリカでもDon't call me that!と言う事もある、と言うことを頭の隅において置いてください。

何か取り留めのない事を長々と書いてしまったようでごめんなさい。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。

たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。

つまり、特別な感情を表す為に使う人/情況とか逆に深い意味を持たせずに呼び...続きを読む


人気Q&Aランキング