今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

<ウニ>と<栗のイガ>の形は何であんなに似てるのでしょうか?

祖先が同じなのでしょうか?
それとも外敵から身を守るという方向で進化した結果、
たまたま海と山に同じような形のものができたのでしょうか?

もし後者だったらものすごいことのように感じるのですが、
生物学(進化論?)的にはそうでもないのでしょうか?

生物学に精通している方に、
ウニと栗のイガの類似性について語っていただきたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

トゲというものの働きが外敵から身を守ることだとすればわかるような気がします。

ハリネズミなどもその一つだと思います。またサボテンなども同じではないでしょうか。
    • good
    • 1

それぞれが別個に進化したものです。


関係の薄い生物間で似たような外見、能力が別々に進化することを収斂(しゅうれん)進化、あるいは収斂と呼びます。ウニとイガのトゲも内部を保護するものとして収斂したと言えるでしょう。

ウニのトゲは炭酸カルシウム、イガはおそらく主にセルロースやリグニンからできているので化学的には全くの別物です。

収斂しやすい性質としにくい性質がありますが、収斂自体は生物界に例を無数に見ることができます。例えば海と空でイルカとコウモリは別々にエコロケーションを進化させました。詳しくはWikipediaなどで収斂進化で引いてみるとよいでしょう。
    • good
    • 1

生物学大学でちょっとやっているくらいですし進化学はあまり専門ではありませんがちょっと語らせていただきますね。



ウニは棘皮(きょくひ)動物という「動物」に分類される生き物なので、植物であるクリとは進化的にはそれはそれは遠いので、同じ祖先から受け継いだわけではないです。進化は証明できないので絶対とは言えませんが、かなり高確率で違います。

相似器官と相同器官という言葉があります。
相似器官は全く起源の異なるが似ている形の器官のことで、相同器官は由来が同じであっても全く形の違う器官のことです。たとえばジャガイモとサツマイモは似ていますよね。でもジャガイモは茎で、サツマイモは根っこなんです。これは相似器官ということになります。また、サボテンのトゲはそうは見えませんがもともとは葉っぱだったものなので、その辺に生えている草木の葉とは相同器官ということになります。

ウニとクリは不思議な一致ですね。当然これは相似器官ですがそんなところに目をつけたことはありませんでした。目からウロコです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q栗はトゲがいっぱいあるのはどうして

栗の実は固い皮で覆われていうえにトゲがいっぱいついている
なぜ防備をたくさんしているのでしょうか、鳥とかに食べられない
ように、それとも虫とかに食べにくくしているのでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

動物除けです。
栗は比較的未熟な実でも食べることができ、多くの野生動物が好むものですから。

食べられちゃうと子孫を残しにくいもので、植物は食害を防ぐために、
1)かたい殻で覆う
2)おいしくない味になる
3)多少食べられても大丈夫なようにたくさん実をつける
といった対策を講じて進化してきています。

その中で栗は1の流れの延長で「鋭いイガで実を守る」道を選んだのです。
リスやネズミなどの小動物はもちろん、クマだってあれが皮膚の薄いところに当たると痛いものですから、わざわざ木に登って青い実を取ったり、木を倒して取ろうとは思わないんですね。

実の栄養分を豊富にして元気な苗が成長する条件を整え、実が熟して発芽の準備がばっちり整ってから、イガがはじけて実が出る。栗はそうすることで生存確率を上げてきたのです。


ちなみに最近は品種改良で「イガのない栗」もあったりします(^^;


人気Q&Aランキング