仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

隼人正は「はやとのかみ」と読むものと思いますが、テレビの時代劇では、尾州家附家老・成瀬正成はほとんどの場合「成瀬隼人正(なるせはやとのしょう)」と呼ばれています。
主水正も「もんどのかみ」ではなくて「もんどのしょう」と呼ばれています。

これが時代劇が間違っているのでしょうか。それとも、当時も俗に「はやとのしょう」と読んでいたのでしょうか。
1つや2つなら間違うということもあるのかもしれませんが、今までに何度となく「はやとのしょう」と呼ばれているのを耳にしたので疑問に思いました。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

読みは、時代によっても変わっていきますので、難しいところです。



たとえば、主水をなんと読むかです。これはモンドと読むことも多いのですが、モイトリ、と読むことも多々あります。普通にシュスイで読んでも間違いではないようです。ちなみに主水について和名ではモヒトリノツカサ(毛比止里乃豆加佐)となり、これが読みとしては一番古いのかと思われます。
また、太政大臣。ほかの人にこれをなんと読むと質問して「オホイマツリゴトノオホイマチキミ」とか「オホイマツリノオホイブチキミ」なんて返ってきたら、「はあ?」と思うでしょう?でも、これは和名でそう読んでいたのですから間違いではありません(一応和名では於保伊萬豆利乃於保伊萬豆岐美となるようですが)。

正についても、本来的な読みはカミなのでしょうが、時代によってどう読まれていたかは変わっているでしょう。

そして、重要なのですが日本語書物の弱点として「音が残せない」という弱点があります。
ご存知のとおり日本文は表音文字(かな)と表意文字(漢字。ただ、これを純粋に表意文字とするには異論があるとされますが)を混ぜて使うか、漢文を使うかでした。
しかしいずれにしても名詞については音が残らないのです。

有名な例を出しますと、「滝川一益」の名前をなんと読むのか?という話があります。多くの人は「かずます」と答えるでしょう。実際、多くのドラマなどではこう読みます。
しかし、実はこれ異論があって「いちます」なのではないかという論争があります。寛政重修諸家譜という江戸時代の家系図集(ただ、これには結構間違いがあるとされていますが)の中ではいちますとなっており、滝川家の本家が「いち~」としていることからこの説があるのです。「かずます」派の反論として、「いち~」は慣例的な読みに反する、というのが主論となっているのですが、ではこの「慣例的な読み」とは何かといわれれば・・・
~~はどうやらこう読んでいたらしい。だから同じ字の~~もこう読むの「だろう」。というものなのです。つまり推測です。
なので、滝川のように異論がでると、慣例的な読みを主論とするかずます派は決定打がなくなってしまうのです。結局この論争は当時の読みが残っていないことが起こる発端なのですね。

まあ、つまるところ字の読みなんていうものは現在ではよくわからない状態のものがほとんどなので、どれが正解というのもなければ、どれが間違いというものでもない、という感じになると思います。

なお、本気でどう読んでいたのかを特定するとなると、これは学問の領域になってしまうので、専門でない私はちょっとわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

主水はそんな読み方もしたのですね。
天皇のことを「すめらみこと」と言ったような感じなのでしょうか。

滝川が「いちます」ではないかという話は聞いた事がありました。音を残せないというのは大きな弱点ですね。最近の子ども達の名前も、ものすごい当て字の子もいるようで、ルビふってないととても読めそうにありませんが、元をたどれば今に始まった事でもないのでしょうか。
地名なども初見だとサッパリ読めないものも多いです。

>どれが正解というのもなければ、どれが間違いというものでもない、という感じになる
現代では知る由もないので、正解・間違いということはできないということなのですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/04/30 20:59

江戸時代の漢字は表意記号とともに、表音記号としても使われていました。


例えば柳生石舟斎の高弟「疋田豊五(郎)」は色々な本に違う漢字で書かれています。
姓は引田、曳田、蟇田、名は豊後、文吾、文五が見受けられます。
「ひきたぶんご」と読めれば失礼ではないという事です。
手紙にも祐筆のもにはありませんが、私信では違う字を書いたものがあります。
「隼人正」は当然「はやとのしょう」と呼ばれ、これが普通になった可能性が高いと思います。
No.3さんの書かれたように。
明治でも「土井(つちい)晩翠」氏が「どい晩翠」と呼ばれるので、御自身でも「どい」と称したそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

江戸時代は「ひきたぶんご」とよめれば失礼ではなかったのですね。
「疋田豊五郎」を「引田豊後」でも良かったというのはかなり意外でした。
「阿部安芸守」という人がいたら私信などでは「阿芸州」みたいな略しかたも見られるみたいですね。

土井晩翠は「つちい」が本来とは知りませんでした。

さすがに祐筆は正確を期したのでしょうね。ありがとうございました!

お礼日時:2007/04/30 05:58

 蔵人頭は「かみ」ではなく「とう」が正解らしいですが、「雅楽頭 うたのとう」でグーグル検索してみたら、下のようなページにぶち当たりました。


http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.refe …
 小生はいままで『頭であろうと、守であろうと、正であろうと長官は「かみ」と読む、ただし蔵人所は別当という長官が「別に」居るので、「かみ」と読まず「とう」と読む』という整理をしてきました。
 そういうことからすると、上のページは?のように思います。
 漢字の訓読み大和読みというものは、何が正解というものは本来的にないはずだと思います。博識のNO。3さんのおっしゃる「民主主義で決まる」のだろうと思います。そして、民主主義=衆愚 ということもあり得ることだと思います。
 「かみ」という読み方は頭髪を「かみ」と呼ぶように、てっぺんのことを指します。
 大昔は「正」は他の「頭」や「守」と同様に「かみ」と呼んでいた、少なくとも、下々は「○○のかみさま」と呼んでいたのではないかと想像されます。
 今でも地裁所長や検事正は「長官」と呼ばれているんではなかったかな?
 読み方はそのときの大勢で決まってくると思います。
 法律用語や科学用語は約束事ですから、正と誤はあると思います。「隼人正」の読み方は約束事でも何でもないでしょう。
「太政大臣」は昔のやつは「だいじょうだいじん」、明治のは「だじょうだいじん」としなければ、今のテストでは×がつくらしいです。こんなのもどうかと思いますねえ。
 「正」という字を「頭」や「守」と混同されないために、つまり「隼人頭」と間違えられないように、ワザと「しょう」と読んだこともあるかもしれません。
 今でも「者」という字を「物」や「もの」と間違えないように、「しゃ」と敢えて読む場合もあります。
 江戸時代に、本人がいないところで、第三者が「はやとのしょう」と読むことは、十分あり得たと思います。
 さて、成瀬正成が他人から面と向かって何と呼ばれていたかですが、私は『はやとのかみ』と呼ばれていたように思いますねえ。
 「しょう」よりも「かみ」の方がなんとなしに重みがあるようで、敬称としては「かみ」の方が適当かと思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

雅楽頭系(大炊・内匠・主税など)は「かみ」と読むものとばかり思っていましたが、「とう」としているHPもあるのですね。

>少なくとも、下々は「○○のかみさま」と呼んでいたのではないかと
そうなのかもしれないですね。
法・則・憲・祝・規・範・典なども全部「のり」と読みますよね。その組み合わせの「のりのり」で憲法・規範といった言葉が成り立っているのは面白いなと思っていました。元々は全部「かみ」で、それにいろいろな漢字を当てた結果、漢字の音読みに引っ張られて『民主主義』で音読み「正(しょう)」が定着したとも考えられるかもしれないのですね。

>今でも地裁所長や検事正は「長官」と呼ばれているんではなかったかな?
そうなのですか。
役職名としては地裁は所長、高裁・最高裁=長官、地検=検事正(階級としては検事)、高検=検事長、最高検=検事総長が正式な官名ですが、内部では「長官」と読んでいるのかもしれないですね。
確か、銀行の全国支店長会議に相当する、全国の検事長・検事正が一同に会する会議を「検察長官会同」と言ったと思うので、地裁所長や検事正が「長官」と呼ばれていても不思議はないですね。

>つまり「隼人頭」と間違えられないように、ワザと「しょう」と読んだ
そうかもしれませんね。他との混同を回避する為にワザと「しょう」と読ぶことは十分考えられますね。

>今でも「者」という字を「物」や「もの」と間違えないように
法律の世界では、「者(もの)」と混同しないように「物」は専ら「ぶつ」と読みます。「正(しょう)」もそういうものだったのかもしれないですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/04/28 12:54

素人ですので断言はできませんが、どちらでもいいのでは。


大辞泉・大辞林ともに「しょう【正】」を「諸司の長官」としていますし、広辞苑も「長官(かみ)参照」としています。
かみ(長官)とはいっても、大臣、大将、帥、伯、卿、大夫、はそれぞれ音読みが普通ではないですか?(確認した限りでは伯、卿、大夫はかみとも訓じるようですが)
因みに大河「元禄繚乱」では戸田采女正を「うねめのしょう」と呼んでいました。大河はこうした点はしっかりしている…はず?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

辞書によると「しょう」で諸司の長官と出ているのですね。

大河なら、普通の時代劇よりは時代考証をちゃんとやってるはず?ですよね。
やはり「しょう」とも読んだのでしょうか・・・

ありがとうございました!

お礼日時:2007/04/28 12:30

こんにちは。


四等官の読みはどの職でも「かみ」「すけ」「じょう」「さかん」の筈ですが、私も「弾正忠」に「だんじょうちゅう」のルビが振られているものなどを何度か目にしたことがあります。何を意味しているかよく考えないで漢字に引っ張られて読みを誤っている訳ですが、同じことであるのに国司の「守」を「しゅ」、「介」を「かい」と読むなどという誤りは聞いたことがありません。これは同じことに別な漢字を当てているということが基本的にわかっていないのではないかと思うのですが、こういうものは誰かが活字にしてしまったりすると一気に広まってしまうものです。言葉というものは昔から民主主義(?)なので例え元が誤用や誤読であっても多数がそれを用いるようになってしまえば、そちらが「正しい」ということになってしまいます。言葉は使う人々によってかたちを変えていくものですから仕方ない部分もありますが、本来のものがまだ完全に駆逐されていない状態であればやはりそちらを使うべきであろうと思います。
おっと余計なことを書いてしまいましたが「当時も俗にそう呼んだのか」というところが問題なんですよね。これは百官名や官職風通称の場合にはあったかもしれません。現に水戸黄門の格さんこと安積格之進などの通称に用いられる「進」は元々職や東宮坊の「じょう」からとったものであるのに「しん」と呼んでいます。しかしやはり正式な官職名であればそのような「慣用読み」をすることはなかったのではないでしょうか。何より故実を重んじるところのものを字に引っ張られてそう呼んでしまったのでは権威もへったくれもあったものではありません。そんなことをしてはそれこそ「田舎侍」呼ばわりを免れなかったのではないでしょうか。
何かもう一つ根拠が弱い話ですみません。
余談ですが先日はご丁寧にありがとうございました。私のようなものがそのような方に何か申し上げて良いものなのかと住む世界の違いを感じてしまいました(笑) そんな体たらくですが改めてエールをおくらせて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>何を意味しているかよく考えないで漢字に引っ張られて読みを誤っている訳ですが、
そうなのでしょうね。せっかく時代劇を見ていても、主役が「これ、成瀬隼人正(はやとのしょう)」と言っていたら幻滅ものです。フィクションだとは分かっていてもなかなか・・・

>本来のものがまだ完全に駆逐されていない状態であればやはりそちらを使うべきであろうと思います。
私もそう思います。メディアが率先して誤用を拡大再生産してどうするんだと思います。

>正式な官職名であればそのような「慣用読み」をすることはなかったのではないでしょうか。
そうですよね。百官名や官名風の名前ではなくて、従五位下隼人正に叙任されている老中(駿府年寄)まで務めた成瀬正成をつかまえて「はやとのしょう」もないものですよね。
地方検察庁の長官職である「検事正」や、警察の階級(県警本部の部長や大都市の署長相当)である「警視正」の「正」の語源は当てずっぽうですが隼人正などの「正(かみ)」なんかに由来するものなのかなと思い、そういう感じで昔も俗に正を「しょう」と読んでいたのかなと思い質問させて頂きましたが、私の想像は的外れですね。おっしゃるよに、故実を重んじる時代に、字に引っ張られてそう呼んでしまったのでは権威も何もないですよね。

>私のようなものがそのような方に何か申し上げて良いものなのかと住む世界の違いを感じてしまいました(笑)
親のスネをかじることしか脳のない、世間知らずな一学生をつかまえておからかいにならないでください。これからもご教示ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

>改めてエールをおくらせて下さい。
ありがとうございます!
6月に第一弾の試験があるので精一杯つとめさせて頂きます。

お礼日時:2007/04/28 00:29

「時代劇に限らず、TVはうそつき」の証拠の1つに過ぎません。



時代劇の場合、スタッフテロップに「時代考証:○○○○」とか名前が出ますが「誰だそれ?」って感じ。
ちゃんとした専門家が時代考証している時代劇番組って、殆ど無いと思います。

TVは、用語を誤用しても知らんぷりします。事実と異なる事を平気で広めます。そしてそれが「一般常識」として染み渡ります。

そうやって染み渡った「一般常識」を持った人が、新しい番組の時代考証をしたりするので、間違いが間違いと思われずに、誰にも確認されないままずっと使われ続けます。

今度、そういう時代劇を見付けたら、TV局に「官職名の読みが間違ってるぞ、訂正しろ」と苦情の電話をすると良いでしょう。

因みに「原作からして、間違ったルビふってあるじゃんか」ってのもあります。この場合、悪いのは作家ではなく、ちゃんと調べないでルビ振りした担当編集者が悪いです。見付けたら出版社に苦情の電話をすると良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時代劇の時代考証は、弁護士や医師による法律監修・医事監修と違って専門家(歴史学者)が携わっている訳でもないのですね。

誤用が誤用を生んでいる現状があるのですね。

苦情の電話はなかなか、わざわざしないと思いますが、テレビも案外、適当な部分も目に付きますね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/04/28 00:04

的はずれの回答?サイト参考


官名・官職の解説(朝廷編)
【隼人正】(はやとのかみ) 職掌は「隼人を検校し、名帳、歌舞を教習し、竹笠を造作することを掌る」と「大宝令」にあるように、徴用した隼人の監督、教育、そして彼らの職業訓練に当っていた。
この下に、佑(じょう)、令史(さかん)、使部、隼人(はやひと)がある
【主水正】(もんどのかみ) 水、粥、および氷室のことを掌る職。

参考URL:http://www.ikedakai.com/rekishi-kansyoku.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にさせて頂きます。
URLもご紹介頂きましてありがとうございます。

お礼日時:2007/04/28 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和の初任給と年収

昭和31~32年頃の中卒者の初任給と年収
昭和40年頃の、23~27歳くらいの年収
昭和46年頃の、30歳の年収

いろいろ検索して探しているのですが
なにぶんかなり限定したものなので解決しません。
今回初めて質問する初心者で至らない点はありますが、
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

(昭和26年物価)はがき:5円、公務員初任給:6,500円、豆腐1丁:10円、入浴料:大人:12円

(昭和35年物価)白米10kg:870円、公務員初任給:12,900円、豆腐1丁:15円、日雇労賃:494円

(昭和40年物価)白米10kg:1,125円、公務員初任給:21,600円、日雇労賃:972円、週刊誌:50円

(昭和55年物価)白米10kg:3,235円、公務員初任給:101,600円、日雇労賃:6,550
円、週刊誌:200円

から推測しますと。

昭和31~32年頃の中卒者の初任給と年収 8千円、10万円くらい。

昭和40年頃の、23~27歳くらいの年収 40~70万円くらい。

昭和46年頃の、30歳の年収 70~100万円くらい。

根拠はありません。
 

Q石高について

石高が具体的に想像できません。時代ごとで石盛がことなることは理解できるのですが、例えば加賀百万石や慶長年間の30万石とは、玄米にして何表にあたるのか、米にしたら何表になるのか、金額にしてどれくらいなのか、などの具体的なものを教えていただけませんか。時代ごと、地方ごとでその意味は異なるとは思うのですが、概略だけでも掴みたいと思います。

Aベストアンサー

 
江戸時代と現代では、ものの価値がまったく違うのだということを理解しなければなりません。現代は物品・商品が驚くほど豊富で、食品にしても種類などは無数にあり、その料理法も多数あります。

江戸時代は、初期の頃から後期へと、段段と商品・物品の種類は増え、食品やその調理形態も,時代と共に豊富になって行きましたが、とても現代の比ではありません。

間接的に呼んだ話では、例えば、うなぎの蒲焼などは江戸時代にはなかったと考えてよいのです。江戸後期には出てきますが、中期に、丸焼きのうなぎを食べていたというのが実情で、しかも、精力がつくというので、人足などの肉体労働従事者が食べていたもので、一般的ではありません。

食品としては、海から取れるものは、各種の魚、貝、たこやいか、海草などで、池や川や田などでは、魚や貝が取れました。これらを調理して料理にしたのです。また陸では、米、麦、豆、粟・稗などの雑穀、大根、芋などを含む各種野菜、そして兎やかもの肉などがあり、例外的に、猪の肉などもありました。

しかし副食はそんなに多くなく、庶民だと、米に雑穀、豆から作った味噌や豆腐、それに野菜、魚、貝などが食物でした。やはり、米と雑穀、麦が多く、それに味噌、野菜を少し加えて、これで大体食事です。宮沢賢治の「雨にも負けず」にあるようなのが、江戸時代の食事です。

生活費は大体、食べるのに使ったのだと考えるのがよいでしょう。衣類や調度、その他、多少の道具も必要だったでしょうが、やはり食べることが主で、食べられることが、生活の条件だということになります。

だから、食べるための米の量で計算するのが、江戸時代の価値観では合理性があるのです。

一日に米五合というのは、そんなに食べないと思えますが、昔は、副食がないので結構食べたのです。米だけ食べたのでないので、雑穀も米に勘定して、副食もこれに入れます。すると、大まかに、1石は、200日分の米だと出てきます。

1石=10斗=100升=1000合 でした。それゆえ、1石半で、一人の食料一年はまかなえたことになります。5人家族で7石か8石です。もう少し多く必要だとして、庶民は、一年間に一家で10石あればよかったということになります。

最下級の武士で、禄高30石とかがありますが、30石でも、食べるだけなら、十分余裕があったということになります。

米10石が庶民の年間の収入だったと考えると、現代の庶民の年間収入を仮に300万円とすると、1石は30万円になります。米1升は、1.5kgほどで、1石は150kgだとすると、現代の安い米だと、1kgは500円かそれ以下です。1石は7万5千円になり、10石は75万円になって、先の300万円と合いませんが、江戸時代の方が米の価値は高かったのだと云えます。

中級武士は、禄高100石ぐらいありました。これは3000万円になり、非常に高給のように思えます。しかし、江戸時代は、人件費が無茶苦茶に安かったという事情があります。商家の手代や丁稚が一年、働きに働いても、大した給金はなかったのです。食べさせてもらうことが、給金の主たる部分だったとも云えます。

また武士は、人口の一割にも満たない、エリート階層だったのだということも重要です。中級武士だと、少なくとも4,5人の下男・下女などを専属で使っていたのであり、現代の日本で、4,5人の成人を丸抱えで雇うとなると、年間1000万円の収入では無理でしょう。一人300万円出すとしても、1200万円とか1500万円必要になり、これを考えると、100石の中級武士が年収3000万円というのは、それほど多い金額ではなくなります。

1000石の旗本というと、殿様であって、裕福ということになりますが、これは年収3億円ということになります。

1万石の大名は、石高30億円です。しかし、1万石の大名になると、相応の数の武士の家来を持たねばならず、小者や使用人など、抱える家来や使用人は100人は軽く超えたはずです(また収入は、以下の前田家と同様、15億円と半分になります)。

加賀100万石の前田家は、石高3000億円ということになりますが、これは大土地所有者でもあるのであり、日本の面積の50分1ぐらいを所有する大金持ちだとも云えます。(また、これは、加賀の総生産高で、課税がその半分とすると、1500億円が収入です。領地を持つ大名などは、領地からの税収が収入であったのです)。

徳川の直轄領を仮に1000万石とすると、徳川宗家は年収1.5兆円だとなりますが、これはむしろ、少ないのではないかという気がします。

1石30万円というのは、江戸初期の米の価値で、米の価値は段段落ちてきます。江戸末期には、1石10万円に、もしなっていたとすると、幕府収入は3750億円になります。

これでも多いように見えますが、幕府が何人の人間を養っていたのか、行政手順など、どれぐらい費用をかけていたか、こういうことを考えると、3750億円などでは、とても足りないということになります。

幕府1000万石1.5兆円は、純利益ではなく、粗利益で、ここから人件費その他諸費用を出さねばならないのです。それは大名家も同様で、武士の家も似たようなことになります。

なお、1石は2.5俵です。40石が100俵です。また玄米と白米は、昔は食用の米はほとんど精米していません。だから、そんなに差はないことになります。清酒用の米はかなり精米したようですが、分量的には、それほどではないでしょう(ただ、糠が出る程度には精米したはずです。糠も貴重な食料原料だったのです)。

(農家の次男・三男などが商家に丁稚などで働きに出ると、食事に、たくあん一切れ二切れとか、梅干が出たそうですが、これが何とも美味しく、魅力的であったという話があります)。

なお、参考2では、1石=5万円としていますが、これは話がおかしいのです。現代の米の価格をそのまま戦国時代や江戸時代に当てはめるというのが無理があるのです。一日5合が、一人の庶民の生活費で、1石=5万円だと、1合=50円で、一日5合は、一日250円となりますが、そんなはずはないのです。

1日250円なら、1年で9万円ですが、5人家族で45万円とは、現代日本では生活できません。米の価値が、江戸時代では、現代よりも遥かに高かったということを失念しているのです。

>参考1:石高とは
>http://homepage2.nifty.com/shinkei/yamashiro/kokudaka.htm
 
>参考2:関ヶ原
>http://www.ryusaku-kuroya.net/sekigahara.htm
 
>参考3:上田藩の支配組織
>http://www.odc.ueda.nagano.jp/hansei.htm
 

参考URL:http://homepage2.nifty.com/shinkei/yamashiro/kokudaka.htm,http://www.odc.ueda.nagano.jp/hansei.htm

 
江戸時代と現代では、ものの価値がまったく違うのだということを理解しなければなりません。現代は物品・商品が驚くほど豊富で、食品にしても種類などは無数にあり、その料理法も多数あります。

江戸時代は、初期の頃から後期へと、段段と商品・物品の種類は増え、食品やその調理形態も,時代と共に豊富になって行きましたが、とても現代の比ではありません。

間接的に呼んだ話では、例えば、うなぎの蒲焼などは江戸時代にはなかったと考えてよいのです。江戸後期には出てきますが、中期に、丸焼きのう...続きを読む

Q「今日も今日とて」の意味を教えて下さい

「今日も今日とて」の意味を教えて下さい。
前後の文章から、単純に「今日も」という事かなと思ったのですが、「今日とて」がひっかかります。
「今日」は「キョウ」でいいんですよね?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ意味の重ね合わせで、強調してるのです。

「今日も」、今まで通りなんだ、
「今日とて」明日になれば変わるかも希望をもっていたとしても、「今日とて」変わらない。という事ですね。

音を踏んで、何も変わらない事を強調表現しているのです。

Qどうして家康は内府と呼ばれていたのですか?

豊臣政権末期で、徳川家康が「内府」と呼ばれています。どうして内府と呼ばれていたのでしょうか? 国内の政府の代表だからですか? 家康以前にこの様に呼ばれていた人はいたのでしょうか?

呼び方(読み方)も「ないふ」と「だいふ」とあるようですが、どちらが正しいのでしょうか?

「内府」があるならば、「外府」「小府?」等と呼ばれたりした人がいたのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「内府」とは朝廷の官名「内大臣」の漢名です。
徳川家康は「内大臣」の命を受けていたので、「内府」と呼ばれました。
豊臣秀吉のことを「太閤」と呼ぶのも、
「太政大臣」の官名が「太閤」だから。
ということだったかと。
中納言のことを「黄門」と呼ぶとか。
(水戸黄門ですね)

尊称として呼ぶときに、中国由来の呼び方をしたと思われます。
たしか、総理大臣のことを「首相」とよぶのもそういう意味合いですね。

外大臣はいないから、外府と呼ばれた人は、いないと思います。

Q馬券のながしとは・・・

競馬初心者です。
色々な種類の馬券があることをつい最近知りました。
そこで質問なんですけど、馬券にでてくる「ながし」とはなんですか?

Aベストアンサー

こんにちは!

早速ですが、ながしとは軸となる馬を決めて、その馬と絡めて他の馬との組み合わせを買うことを言います。
例)馬連の場合 1-2.1-3.1-4
  (1番を軸にして買う)

今では3連複、3連単等もあるので、1頭軸流し・2頭軸流しとかもあります。
例)1頭軸の場合 1-2-3.1-4-5.1-6-8
  (1番の馬を軸にして買う)
  2頭軸の場合 1-2-3.1-2-4.1-2-5
  (1番と2番を軸にして買う)

ちなみに、1頭を軸にして他の馬全部との組み合わせを買うことを、総流しと言います。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q「申度奉存」の読み方と訳

日本近世の文書を読んでいるのですが、
「私共へ引請申度奉存候」の
「申度奉存」の読み方と訳がわかりません
わかる方、いらっしゃいましたらご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

No.2の方>「ぞんじたてまつり」

あ,そうです。やっぱりまちがってましたね 爆。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報