『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

松涛館流空手では、武器術(棒、ヌンチャク、サイ等)練習しませんが、元々無いのでしょうか?船越義珍翁からその次の世代で失伝しているのでしょうか?それとも流派立ち上げ時から、武器術は取り上げなかったのでしょうか?糸洲安恒翁で同門下の摩文仁翁の糸東流には武器術があります。この辺り、ご存知の方いらしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

松涛館、つまり首里手の系統を辿ると元は武器術と深い関係があることがわかります。

首里手の祖は有名な唐手佐久川、佐久川寛賀で棒術の達人でした。佐久川は何度か北京に渡り中国武術と武器術の修行をしています。佐久川とともに北京に渡り修行した弟子の松村宗棍も棒の達人でしたし、薩摩に渡って示現流の免許も得ていました。そして松村宗棍の弟子が安里安恒、糸州安恒で、この二人から習ったのが松涛館開祖、船越義珍です。

松村宗棍は弟子に「徳嶺の棍」を、松村の孫はサイや鎌の技法を伝えたといいます。糸州安恒は唐手(空手)の本を出版する資格を有する者として三つの条件を挙げ、そのうちの一つに「武器に精通していること」とあったことを糸州の弟子である遠山寛賢が自著の中で書いています。ですから沖縄の糸州の系列では徒手の拳の他に武器術を修行する道場があります。

船越義珍の棒術の演武写真は残されています。しかし、船越がどこまで深く武器術の修行をしたか、この点は不明です。現在本土の松涛館の系列では武器は稽古しないところが多く、やっている者は独学かもしくは琉球古武術を別に修行している場合が多いです。唯一、船越直系の武器術と認められるのは、三男義豪が雑司が谷の松涛館で弟子とともに考案した棍(棒)の型「松風」です。この型は現在、日本空手道松涛会に受け継がれています。

船越の弟子であった平信賢は後に屋比久孟伝に師事、琉球古武術を修行しています。屋比久孟伝は糸州門下でしたが、琉球古武術の保存振興を考え「琉球古武道研究会」を発足、技の収集、体系化、保存に努めその技を平信賢に伝えました。平の技は井上元勝(琉球古武術保存振興会)に受け継がれています。

琉球では武器は「佐久川の棍」などのように受け継いでいる者の名前や地名などで多くは呼ばれていましたが、これはそれぞれ個人に単独で受け継がれている場合が多かったことを示しています。ですから習っている道場以外にも他に武器を習いにいくということもあったと思います。ちなみに今日の「佐久川の棍」が佐久川寛賀の伝えたものそのものであるかどうかは不明です。

糸東流空手の開祖、摩文仁賢和は13歳の時より糸州安恒から首里手を習っていますが、19歳で東恩納寛量から那覇手を習い始めた時から同時に他に琉球古武術(新垣の棒、多和田のサイなど)の修行も始めています。武を多岐にわたって修行、研究された方でした。甲賀流忍法の藤田西湖とも交流があり柔術を修めたり合気道の研究もされています。その集大成が糸東流と言えるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答大変有難う御座いました。日本空手道松涛会に武器術の型があった事は始めて知りました。義珍翁が教えた松涛館系の大学空手部でも体系的な武器術稽古をしているのを聞いたことがないので、(1)義珍翁が最初から教えなかった、(2)かつてのJKAと松涛会の分裂、あたりがミッシングリングのようですね。当方は松涛館流なのですが、まあ他流派との交換稽古の機会に、武器術を練習させて頂くことにしております。

お礼日時:2007/06/19 14:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空手の4大流派とは何ですか?

空手を始めようと思っています。

有名なのは極真かと思います。
空手には流派がたくさんあり、
有名な4大流派があると聞きました。
質問1
4大流派とは何でしょうか?

また、人によっても3大だとか、
5大だとかあると思いますが、
質問2
一般的には何大でしょうか?


質問3
それぞれで、寸止めなのか、それとも
当てるのか、教えてください。

寸止めでなく、実際に当てるのをフルコンタクトというの
ですか?

質問数が多くなりましたが、
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。補足します。
#2の流派はいわゆる伝統派と呼ばれるもので,昔からある流派です。
極真などはこれからの派生です。大山館長は剛柔流と松涛館の経験者です。
極真会館からの派生で正道会館,芦原会館,大道塾,佐藤塾,US大山空手などが有り,極真会館自体も4団体くらいに分裂しています。
ちなみにフルコンタクトとは言っても,防具などを着けないもの(極真会など)や防具を着けるもの(大道塾)など様々です。

Q空手の型は重要?

大道塾に入門したのですが師範は型ができていないと強い打撃ができない、ということで型は大切だと言います。しかし型はあまり意味がないので教えないという所もあると聞きます。
どっちが正しいのでしょうか?
キックボクシングに型はありませんが打撃が弱いという事などありませんよね?うーん、分かりません…
ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

型の理解が今ではほとんど言ってなくなってしまいましたね、日本では。 型の試合があると言うこと自体がおかしいのです。 ダンス競技じゃなるまいし。

少し良くなっても「一つ一つの動きには意味がある。 どんな攻撃にどうやって対応するかを型は示している」と自称師範が言っているわけです。 「まさか!」ですね。

型の動きのどこが実戦に使える動きがあると言うのだろう。 立ち方、打ち方、防ぎ方すべてまったく実用にならないものばかりです。 自由組み手を見れば明らかなことですね。 誰も空気を殴るより動く、それも、攻撃してくる相手がいるところに、腰の低いナイハンチ立ち、前屈立ちをしたら一発でやられてしまいますね。

そんなに意味のない型をなぜGは教えるの?と言うことになりますね。

何故って重要だからなんです。 自分を自由に動かすための必須項目(私たちは275,000項目があるといっています)を型の一つ一つの動きの中で教えているのです。 俗に「隠された型の秘密」なんていって紹介しているようですが、決して秘密でも何でもありません。 教えられなかった人にとって「知らなかった」事であり「偶然にも気が付いた」と言うことに過ぎないのです。

師範であればこのことを知っていなくては教えることはできません。 どう一挙一挙を「正しく」やらなくてはならない、と言うことは幼稚園生が1から100まで「正しく」言えて読めて書けるようにならなくてはいけない、と言っているだけのことなんですね。 英語であればABCを言えるかどうか、なんです。 流派としての一貫した「読み方・言い方・書き方」が型の決まりきった動きを習うことなのです。

型のひとつの動きから200-300の事を教えることができるのです。 自分を自由に物理的に、そして精神的に動かし、同時に相手も「触らずして動かす」「技」を習い自分に身につけていくわけです。

名前の付いた「技」と呼ばれているものはすべてこれらを身につけるように教えてもらえるための「土台作り」に過ぎません。 1から10までの基本的数字の理解を教えるためにはいち、に、さんと正しく発音し、順序を知り、数と言うものの理解を無意識に教える作業とまったく同じなのです。

三戦立ちが「回り方を教える」教材であったり、型の逆周り225度の回転がもたらす相手への影響、残像の利用、回転力を使った直進力などここではとても書けきれない自分の実力を磨く技を教えてくれるように作られているのです。

気合をすることでパワーを出す、なんていう解釈は本の初心者用の知識に過ぎません。 気合をして打ったパンチの腕をそのまま伸ばしたままにしておく理由はなんなのか、気合を長くすることは何のためなのか(まさか、パワーの為じゃないでしょう)、残心とはいったいなんなのか(まさか、複数の相手と戦う「戦場で」残心という隙を奨励するのでしょうか)、これらすべて+274,980項目を型から習うのです。

型ができない、ということは100まで数えられないということであり、あいうえおが言えない、ABCの26文字をすらすら言えない、大文字小文字の区別ができない、ということに過ぎないわけですね。

誰が最初の数字は「いち」と発音して横ボーを引いた文字を使うと決めたのでしょうか。 知る必要のないことです。 いちと発音できることで算数の先生が次のことを教えられるように有無を言わせないで教え込んでいるのです。

型を習うことで次なる事を死ぬまで習い続けることができるわけです。 それだけ大切な土台作りだのです。

しかし、このことを知らない、教えられたことがない、昇級・昇段テストや試合の為に型の動きを教える・習うでは武道が泣きます。 私からしてみれば、日本の武道界は一年中涙の梅雨です。

表面から見ると、型はまったく意味を成さないものと見えます。 しかし、上のことをちゃんと教えられていれば、型という「教材」なしでは武道を教えることができないことを身につけることができるわけです。 有無を言わせない実力はここから来るのです。

宮本武蔵の五輪の書や中国の武備志がどうにでも解釈できるように書かれているのは、武道を教えられる師だけがちゃんと理解できるように書かれているのですね。 つまり、土台ができていない、基礎ができていなければとても理解できないようにできた書物であるということでもあります。

型から教えるという方法をとった日本の武道が決して唯一正しいというわけではありません。 しかし、これだけ体系付けられた武道教本としての「口伝」はそれなりにすばらしいものであるのです。

なんでもアリで教える私の道場は日本の四大伝統空手のひとつとして充分実戦に使えまた他の人間との戦いではなく自分との戦いにも使える武道として私は誇りを持って私たちの流派は「人を生かす」ために作られた昔からの流派である、といえる自信を持っています。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

型の理解が今ではほとんど言ってなくなってしまいましたね、日本では。 型の試合があると言うこと自体がおかしいのです。 ダンス競技じゃなるまいし。

少し良くなっても「一つ一つの動きには意味がある。 どんな攻撃にどうやって対応するかを型は示している」と自称師範が言っているわけです。 「まさか!」ですね。

型の動きのどこが実戦に使える動きがあると言うのだろう。 立ち方、打ち方、防ぎ方すべてまったく実用にならないものばかり...続きを読む

Q日本空手協会・松濤館系の空手について

空手に詳しい方にお聞きしたいのですが。
最近、松濤館流の空手について以下のような批判を耳にしました。

・松濤館の型はダンスと同じ、船越先生が武術的な理解をしていなかったから、ダンスに改変してしまった。
・猫足立ちという実戦的な立ち方を捨てて後屈立ちという格好が良いだけの役に立たない立ち方を教えている。

などなど。
一方「協会空手はとても武術らしくて良い。型にしても使える型として伝えている」などと、褒め称えるような意見も耳にするので一体どちらが本当なのか?と疑問に思いました。

この事について意見を頂戴したいです。
※ちなみに私個人は型は身体にインプットする流派のマニュアル/技カタログだと考えて練習しています。

Aベストアンサー

 個人的には現在松濤館系で行われている型はかなり組み手の用法と地階印象を受けます。というのも横への動きよりもやや遠目の間合いから飛び込むということがメインの用法であればあのような型もありかなと思います。

 剛柔流などはもっと近めの間合いを想定した型で、糸州系の空手はそれよりは遠目の間合いを想定しており、現在の松濤館系ではもっと遠い間合いを想定しているように思えます。松濤館系の間合いは以前のものより遠いのは剣道の影響を受けているのではと考えます。

 「協会空手はとても武術らしくて良い。型にしても使える型として伝えている」という意見はあたっているように思えます。「武術的な理解をしていなかったから、ダンスに改変してしまった」というのは「従前の空手をまったく別のものに作り変えてしまった」とも感じます。

 船越義珍先生が空手を本当に理解していたかどうかはわかりませんが、沖縄の伝統型の保存については息子の義濠先生にまかせ多くの型を収集したようです。しかしながら研究が終わらないうちに義濠先生がお亡くなりになってしまったためにうまくいかなかったという話も聞いたことがあります。

 個人的には現在松濤館系で行われている型はかなり組み手の用法と地階印象を受けます。というのも横への動きよりもやや遠目の間合いから飛び込むということがメインの用法であればあのような型もありかなと思います。

 剛柔流などはもっと近めの間合いを想定した型で、糸州系の空手はそれよりは遠目の間合いを想定しており、現在の松濤館系ではもっと遠い間合いを想定しているように思えます。松濤館系の間合いは以前のものより遠いのは剣道の影響を受けているのではと考えます。

 「協会空手はとても武...続きを読む


人気Q&Aランキング