モンゴル帝国では、モンゴル第一主義をとっていて、第一にモンゴル人、第二に色目人、第三に漢人、第四に南人 らしいですが、中国とヨーロッパの間にいる色目人を味方につけるとどのような利点がモンゴルにはあったのでしょうか? そのことについて先生が言っていたのですが、肝心なトコを忘れてしまいました。 お力貸してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

モンゴル帝国にとって色目人は経済的に有用でしたし、各地を往来するため情報をもたらす役に立ちました。



遊牧民が主体であったモンゴル人にとって外部の情報(地理、民度、思想、政治など)は貴重でしたし、貨幣経済や科学技術をもたらした色目人の協力なくしてはあの偉業は無理でした。
鉄の使用は製鉄、原料の供給確保、武器への加工の一切は色目人の知識によるものでした。
    • good
    • 0

単純に言うと、支配下に入った順番です。


長い間支配下にある≒忠誠心が高い
ということです。

中国人主体の解説というか、理解では、色目人は商人として有用であったということになります。

最近の世界史の見直しでは
モンゴル人も色目人も漢人(旧金国人つまり、遊牧系)は、すべて騎馬遊牧民であり、騎馬遊牧民は商業の民であり、軍事の民である。ということになっております。
    • good
    • 0

中間点に居る色目人は東西貿易の商人だったから。


それとモンゴル帝国の経済面の覇者。

統一王朝の利点:
割拠していては各勢力がこぞって重税をかけ、治安も悪くなる。
とくに、大航海時代手前でもあり東西交易が開拓されていた時期。
こんな時に割拠して乱れていては商人は困ったわけです。
英雄に投資して統一王朝を築き、統一王朝の経済力を手にすれば!!
というわけですね。
彼らの経済力が無ければ、これほど長い補給線で軍事行動なんか出来ませんからね。

それほどまでに商人たちはモンゴル帝国を支援していたのです。
あれほどの大軍行動と軍事行動の多さ。
よほどの経済援助が無ければ出来ず、さらには敵地に対して商人たちは援助を停止して経済封鎖まで行っています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京にある教会で健全な教会はどれくらいありますか?

教会というと健全なものもあれば中には新興宗教?カルト?みたいな危ない教会もあると思います
そのような教会を除き健全で安全と言える教会って東京には何処がありますか?
たくさん知りたいです

Aベストアンサー

教会、とはキリスト教教会のことですよね?

私見ですが、名のある大学付属の教会であれば信頼できるかな、と勝手に思っております。

上智(正確には付属ではありませんが)、ICU、青山、立教、東京女子大…とカトリックもプロテスタントもあります。誰でも参加可能なキリスト教講座等が開講されている場合もあると思うので、なおのこと大学の教会はいい選択かもしれません。

大学によっては誰でも入れるわけではないので、確認してから行くといいと思います。

Qモンゴル帝国を築いたチンギスハンがいたのに何でモンゴル後進国?

 チンギスハンからのハン一族がモンゴル帝国を築き、日本にも遠征をするほどの勢いがあったモンゴル帝国、

 しかし、今となっては遊牧民中心の後進国です。
 あれほどの勢いが何故近代にも継続されなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

モンゴルですが、チンギスハンの時代に世界帝国になりますが、その死後、オゴタイハン国・中央アジアのチャガタイハン国・ロシアのキプチャクハン国そしてイラン方面のイルハン国の4国に事実上分裂し、彼の息子や孫たちも徐々に分かれていきます。
モンゴルのリーダーを決めるのをクリルタイと言い、伝統的には末の息子が継ぐことになっています。
ただチンギスの長男ジュチは妻が略奪された時に身ごもった子なので血筋に疑問があって、次男のチャガタイと不仲という理由もあり、両者を巧く調停できる3男のオゴタイが継ぎます。
その後この4家はお互いに争ったり同盟したりしますが、フビライがその武力を背景にクリルタイを開いてハン(モンゴル族のリーダー)になり、彼の時代に中国の南宋を滅ぼし、中原の国すなわち中国になります。
中国の王朝は通例では1字ですから、国名も「蒙古」から「元」として、ご存知のように日本にも攻め寄せてきます。
ところがこの元も歴代王朝と同様徐々に中国化し、遊牧民の質実剛健な気風は影を潜め、一方でモンゴル族に従っていた他の遊牧民の心も離れ衰退していきます。
やがて1368年明により首都が落ち、元は滅亡します。
因みに日清戦争の清も同様に遊牧民の国でしたが、中国化して衰退しました。
尚ハンというのはモンゴル族の王の称号であり、一族の名前ではありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%B3

モンゴルですが、チンギスハンの時代に世界帝国になりますが、その死後、オゴタイハン国・中央アジアのチャガタイハン国・ロシアのキプチャクハン国そしてイラン方面のイルハン国の4国に事実上分裂し、彼の息子や孫たちも徐々に分かれていきます。
モンゴルのリーダーを決めるのをクリルタイと言い、伝統的には末の息子が継ぐことになっています。
ただチンギスの長男ジュチは妻が略奪された時に身ごもった子なので血筋に疑問があって、次男のチャガタイと不仲という理由もあり、両者を巧く調停できる3男のオゴ...続きを読む

Q東京で建物として有名な教会

東京で建物として有名な教会

 日本語を勉強中の中国人です。東京で建物として有名な教会を教えていただけないでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

東京版建築ガイドで、教会、聖堂、会堂を検索してください。代表的な教会建築はほぼ入っていると思います。
http://www.japan-architect.co.jp/japanese/4guide/tokyo/index.html

挙がっているのは以下の建物です。()内数字は建築年
(1914)日本ハリストス正教会教団復活大聖堂(ニコライ堂)
(1956)聖アンセルム目黒教会、アントニン・レーモンド
(1964)東京カテドラル聖マリア大聖堂、丹下健三
(1983)聖書キリスト教会会堂
(1988)東京サレジオ学園ドンボスコ記念聖堂
(1989)カトリック高輪教会


建築物の所在はこちらから
http://www.japan-architect.co.jp/japanese/4guide/tokyo/MAP/01.html

同様に建築MAP、こちらには、キリスト教建築の掲載はあまりないです
http://www.archi-map.jp/map_index_00.htm

建築MAPだけの掲載は
東京キリストの教会、槇文彦

こんなリンクもよいかと思いますが、他宗教の施設や東京以外もあるので、選択してください。
http://maskweb.jp/l_religion.html

東京版建築ガイドで、教会、聖堂、会堂を検索してください。代表的な教会建築はほぼ入っていると思います。
http://www.japan-architect.co.jp/japanese/4guide/tokyo/index.html

挙がっているのは以下の建物です。()内数字は建築年
(1914)日本ハリストス正教会教団復活大聖堂(ニコライ堂)
(1956)聖アンセルム目黒教会、アントニン・レーモンド
(1964)東京カテドラル聖マリア大聖堂、丹下健三
(1983)聖書キリスト教会会堂
(1988)東京サレジオ学園ドンボスコ記念聖堂
(1989)カトリック高輪教会


建...続きを読む

Q帝国主義と植民地主義

の違いを教えてください。

そもそも違いなんてないものなんでしょうか。意味が似てると思ったので質問しました。

Aベストアンサー

帝国主義:他国を支配下に置く
支配される国民も自国では参政権があるし自前の軍隊も持てる

植民地主義:同民族異民族を問わず使役して国外にある支配地(国家ではない)で生産させて本国で消費するという考え方
植民地は国家ではないので住民には参政権がないし軍隊は本国からの駐留

どちらも搾取が目的であることに変わりはありません

Q東京にあるものすごく大きな教会(以前テレビで見たのですが)

よろしくお願いします。
以前クリスマスイブに東京の大きな教会のミサをテレビのニュースで
見ました。とても大きくて一般の人もどんどん来ているような印象の
教会でした。
東京で住むようになったら行きたいなぁって思っていたのですが
いざ住んでみると、うわさを耳にしません。

ニコライ堂ではなかったと思われます。

規模もそうですし、とにかく人の数がクリスマスという事もあって
とても多かったです。

あの教会はどこだと思われますか?

またその教会の雰囲気なども教えていただけたら幸いです

Aベストアンサー

東京カテドラル聖マリア大聖堂 関口教会は、建築家 丹下健三が設計した教会として有名です。
かなりの大きさで、天井が高いのが特徴です。

参考URL:http://www.tokyo.catholic.jp/text/shokyoku/sekiguchi.htm

Q絶対主義と帝国主義の違い

絶対主義と帝国主義の決定的な違いはなんでしょうか?

ウィキペディアに、「一つの国家が、(省略)新たな領土や天然資源などを
獲得するために、軍事力を背景に他の民族や国家を積極的に侵略し、
さらにそれを推し進めようとする思想や政策」とあります。

スペインが、フィリピン、グアムなどを獲得したのは、絶対主義時代ですが、
モロッコを獲得したのは、帝国主義国としてでしょうか?

今ひとつ言葉の違いが腑に落ちません。どなたかご教示頂けますでしょうか。

Aベストアンサー

絶対主義あるいは絶対王政主義というのは、権力の拠り所を神(キリスト教カトリック)に求める考え方を追求して出来た思想乃至体制です。
「絶対王政主義」というのは、王権というのは神から認められ与えられているのであって、人間がつくった法律なんかの縛りは一切受けないという考え方です。
別名というか、そうした思想を纏めたものに「王権神授説」という言葉があります。
この考え方に対置されるのはレーエン制(封建制と訳されますが日本の封建制度とは別)という考え方です。
こちらは、諸侯との契約の上で王権がなりたっているという考え方です。
それぞれメリット・デメリットがあって複雑な政治力学でもって揺れ動いていました。
それが、16世紀~17世紀にかけて王権有利な時代が続いたので、この時期を「絶対王政時代」「絶対主義時代」「絶対君主制」などと呼ばれます。

一方帝国主義というのは、産業革命をとおして確立された資本主義経済の元、市場の独占や余剰生産品輸出のための市場拡大を狙ってヨーロッパ各国が植民地獲得競争をしながら拡大していった時代に使われた言葉です。
「帝国主義(imperialism)」という言葉は、イギリスの保守党はディズレイリ内閣が大英国主義を唱え積極的に植民地獲得を目指した政策に対して、自由党グラッドストンが批判して用いたのが最初と言われています。
そのことから、19世紀末~第二次世界大戦後位までの時代を「帝国主義時代」などと言われたりします。

>スペインが、フィリピン、グアムなどを獲得したのは、絶対主義時代ですが、
モロッコを獲得したのは、帝国主義国としてでしょうか?

スペインがフィリピンなどを植民地化したのは1565年頃ですので、絶対主義時代にはいるかと思います。
このころは、同時に大航海時代とも言われ、スペイン・英国・オランダetcが積極的に海外に飛び出していく時代ですね。
一方、モロッコを巡っての争いは19世紀のアフリカ分割時代のことですので帝国主義時代になるでしょうか。

ではでは、参考になれば幸いです。

絶対主義あるいは絶対王政主義というのは、権力の拠り所を神(キリスト教カトリック)に求める考え方を追求して出来た思想乃至体制です。
「絶対王政主義」というのは、王権というのは神から認められ与えられているのであって、人間がつくった法律なんかの縛りは一切受けないという考え方です。
別名というか、そうした思想を纏めたものに「王権神授説」という言葉があります。
この考え方に対置されるのはレーエン制(封建制と訳されますが日本の封建制度とは別)という考え方です。
こちらは、諸侯との契約の上...続きを読む

Q東京・神奈川のRoman catholicの教会

東京・横浜エリアでRoman catholicの教会を探しています。うちのだんな(外国人)が日本でも教会に通いたいといっているのですが、わたしにはさっぱりわかりません。日本語でなんと言う宗派なのかも、わかる方おしえてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
カトリック信者ではありませんが、カトリックの勉強をしている者です。
もうすぐ待降節ですから、ご主人様も教会をお探しなのかもしれませんね。
お役に立てればよいのですが・・・・

東京、横浜エリアで教会をお探しという事ですが、
お住まいの場所がわからないので、とりあえずカテドラルを…

東京のカテドラルは関口教会と言って、椿山荘の向かいにあります。
 東京都文京区関口3-16-15

横浜のカテドラルは山手教会と言って、外人墓地とかのある辺りだったと思います。
 神奈川県横浜市中区山手町44

宗派はカトリックです。
カトリックで有名な教会といえば、四ツ谷のイグナチオ教会(麹町教会)とか
目黒のサレジオ教会(碑文谷教会)とかでしょうか

ご主人様が、どこの国の方かにもよりますが、
教会によって、色々な国の言葉でミサ(カトリックの典礼)をしています。
カテドラルに行って聞いてみるのがいいのでは?

参考までにいくつかの教会のURLをご紹介します。

東京教区HP  http://www.tokyo.catholic.jp/
イグナチオ教会(麹町教会) http://www.ignatius.gr.jp/

追伸:東京教区のリンクページから
アクセス・ターミナル→カトリックの教会教区のサイト
とみていくと、横浜教区の教会のHPがいくつか載っていますので
ご覧になってみてください。

こんばんは。
カトリック信者ではありませんが、カトリックの勉強をしている者です。
もうすぐ待降節ですから、ご主人様も教会をお探しなのかもしれませんね。
お役に立てればよいのですが・・・・

東京、横浜エリアで教会をお探しという事ですが、
お住まいの場所がわからないので、とりあえずカテドラルを…

東京のカテドラルは関口教会と言って、椿山荘の向かいにあります。
 東京都文京区関口3-16-15

横浜のカテドラルは山手教会と言って、外人墓地とかのある辺りだったと思います。
 ...続きを読む

Qモンゴル帝国の滅亡について

チンギスハンが興したモンゴル帝国はなぜあんな大きな帝国ができたのですか。その当時の国はどうして対抗できず滅んだのですか。また、これは教科書にもなかったのですが、なぜあんな巨大帝国が後に滅んだのですか。滅んだ過程がわかる方ぜひともお願いしますむ。中学や高校の教科書で断片的な知識しかなく、ぜひともお願いします。

Aベストアンサー

それは、やはりモンゴルが遊牧騎馬民族であることが大きいです。

歴史的に見ていくと、古代~中世世界において遊牧騎馬民族というのは反則的に強いのです。フン族に襲われ大混乱になったヨーロッパしかり、万里の長城を作って必至に防ごうとしたにもかかわらず北方を幾度となく奪われた中国など、敗北例は山ほどあります。

基本的に兵は全部騎馬(普通、農耕民の軍隊でこれはまずありえません)で、しかもほかの民族には難しい騎射(馬の上で弓を撃つ)という戦法をすべての騎馬が可能(他の国はこれができるのは精鋭くらいなもので、精鋭であっても錬度の面で馬上で生まれ馬上で死ぬ遊牧騎馬民族にはとてもかなわない)です。
また、都市という概念がないので食料とかもすべて(生きた状態で)持って移動していますから、「補給」という軍隊において最も重要で最も面倒くさく最も維持しにくいものを維持する必要がないため、桁外れの機動力を持ち合わせていました。
また、その機動力を余すことなく使用する戦術(代表的なものは偽装撤退。城攻めの必勝戦術でもありまして、相手に撤退すると見せかけて追い討ちさせ、それを迎え撃つという戦法です)を保有していました。
そのため、どんな強国でも優秀な指揮のもとで統制された遊牧騎馬民族にはかなわず、ホラズム(この国はモンゴル帝国の侵攻直前まで領土を拡張し続けており、決して弱い国ではないのです)や金も、敗北しています。ちなみに、この強弱関係がひっくり返るのは火器が積極的に導入されてからです。

しかし、滅びたのもまた遊牧騎馬民族である面が大きい、ともいえます。
遊牧騎馬民族というのは、都市の概念がないですから、そもそも「国」という概念が希薄です。
それをかなり変えたのはやはりチンギスなのですが、それでもモンゴルの伝統である末子相続(つまり末っ子が遺産を引き継ぐ)、そして後継はクリルタイという族長会議で決定(ただ、このクリルタイ、モンゴル帝国では2年くらいかかるんです・・・なにせ、あの広い領地から集まってくる上、このクリルタイも半分宴会みたいなものでして・・)というのがありました。
そのため、チンギスは生前に嫡子4人に領地を分配します。長男であるジュチ家(後のキプチャクハン国)、次男であるチャガタイ家、三男であるオゴタイ家、そして四男であり、モンゴル高原を直接的に保有するトゥルイ家です
そして、三男のオゴタイが継ぎました。しかし、その次が問題でして、グユクというのは酒癖も悪く評判が悪かったのですが、母親の根回しもありハーンとなりました。しかし、これを一番嫌ったのが長男家の当主で一族の長老であったバトゥ(また、四男家も、譲歩したとはいえ面白くはなかったようです。逆にグユクの側にいたのが次男家)。グユクは彼に暗殺されたとも言われています。
その後、トゥルイ家のモンケが継ぐのですが、これが面白くなかったのがチャガタイ家とオゴタイ家。このあたりから兄弟家の間での不和が表面化します。
そして、日本でも有名なフビライの代で分裂は決定的になります。彼は、いままでの方針を破って、全族を集めないで(支持者だけを集めて)クリルタイを行った上で即位、また即位を宣言した弟を倒して、ハーンとなりました。これが気に食わなかったのが長男、次男、三男の家。とくに三男の家当主であるハイドゥとは軍事衝突に発展しています。
そうなると、もうあとは各地の地方政権ですから、ほかの歴史上の国と同様、隣国、兄弟家同士でたたきあったり(オゴタイハン国はチャガタイハン国に叩かれて消滅)、支配民族が反乱を起こしたり、ほかの異民族に倒されたりで、消滅していきました。

また、モンゴルの政権といってもほとんどその妻は現地人のため、代を重ねるにつれどんどんモンゴル人から離れていって、しまいにはハーンがイスラム教徒になってハーン位を捨てたり、はてまたキリスト教に染まったり・・
そういう具合に、自然とその地に溶け込んで、消滅していったのです。

それは、やはりモンゴルが遊牧騎馬民族であることが大きいです。

歴史的に見ていくと、古代~中世世界において遊牧騎馬民族というのは反則的に強いのです。フン族に襲われ大混乱になったヨーロッパしかり、万里の長城を作って必至に防ごうとしたにもかかわらず北方を幾度となく奪われた中国など、敗北例は山ほどあります。

基本的に兵は全部騎馬(普通、農耕民の軍隊でこれはまずありえません)で、しかもほかの民族には難しい騎射(馬の上で弓を撃つ)という戦法をすべての騎馬が可能(他の国はこれができ...続きを読む

Qサレジオ教会からリッツカールトン東京への移動時間

サレジオ教会からリッツカールトン東京まで、車で何分くらいかかりますか?

タクシーだと、代金はいくらくらいでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

碑文谷のサレジオ教会から東京ミッドタウンにあるザ・リッツカールトン東京までですよね。
タクシー利用なら(渋滞がなければ)約20分強、運賃は3050円くらいのようです。

経路は田向公園から目黒通り-上大崎-外苑西通り-西麻布-六本木通り-ミッドタウンです。

では、お気をつけて。

Qモンゴル帝国の成立から元の成立まで・・・

最初に、、
幼名テムジンのチンギス・ハンが出てくるところまでは
わかるのですが・・・
そこから何があってクリルタイが起きたりしたのでしょうか?
どこからがモンゴル帝国成立ですかね?
そして元の成立まで単語単語はわかるのですが
どのようにつなげていけばよいのかさっぱりで・・・

ほんとに馬鹿な質問ですみません

Aベストアンサー

簡単に。

テムジンは、モンゴルの豪族、乃至は有力者の息子として生まれますが、早くして父を亡くし、苦境に陥ります。
その後、がんばって勢力を拡大し、モンゴルを武力統一します。日本でいうところの徳川家康か豊臣秀吉みたいなものです。
そして、クリルタイでモンゴルの王位(ハン)につきます。日本でいうと、征夷大将軍になったり関白になったりするようなものです。
このハン位についたときがモンゴル帝国成立となります。

チンギスハンの死後に、孫のフビライが中国へ侵入し(このときは大元蒙古帝国)、中国の宋(南宋)を滅ぼして中国を統一します。そして(蒙古帝国は分裂していたので)自分の領土である中国の領土を、中国風に元と名付けました。これが1271年のことで、丁度元寇の頃です。


人気Q&Aランキング