人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

大恐慌以降、各国では金本位制度をやめて管理通貨制度を採用
していますが、その理由はなんでしょうか??

A 回答 (4件)

●金本位制度における、「正貨準備率」とか「屈伸制限発行制度」●


 >金の保有量以上に通貨は出回ることはないと思うのですが、それは違うのでしょうか?
 それは違います。
 金本位制度における「正貨準備率」とか「屈伸制限発行制度」を理解する必要があります。説明すると長くなるので、参考サイトを紹介します。この前後を熟読して理解してください。
 私の尊敬するジョージ・スティグラーがこのようなことを言っています。
 「私は政府の審議委員になりたくない。なぜなら、質問者はほんの10分程度考えただけ質問してくる。それに答えるには、私は研究室のスタッフを動員して、丸1日かけて解答を用意しなければならない。これでは私の専門の研究時間がとれない」と。

この回答への補足

私は、全くの初心者です。

てっきりあなた様は、国外における金本位制度と国内における管理通貨制度のことをごっちゃにして考えられているのかと思い、先程の補足に書かせていただきましたが、正貨準備率や屈伸制限発行制度という制度があったのですね。

しかし、3分の1程度、現金として保存しておくなんて制度は
金本位制度というより、管理通貨制度のまがい物みたいですね。

補足日時:2007/07/09 02:25
    • good
    • 0

金の保有量以上に経済が成長すると「金本位制」は維持できなくなる


 金本位制では国家(政府)が発行した通貨と金との交換を保証します。しかし金の保有量の増加以上に経済が成長し通貨が多く発行されると、金との交換が保証できなくなります。経済が安定しているときは人々は金との交換を要求しません。けれども不安定になると通貨よりも価値の安定している金を保有しようとして、通貨を金との交換しようとします。1930年代の世界恐慌によって人々は通貨よりも金を保有しようとして、金本位制が破綻しました。なにしろそれまで経済が成長して保有する金よりも多くの通貨を発行したからです。経済が成長するとそれに伴って通貨も多く必要となります。これを「成長通貨」と言います。
 こうして世界恐慌以後、金本位制は破綻するのですが、各国の態度は「何とか金本位制を復活したい」でした。そこで、各国が金本位制をやめても、戦後のブレトンウッズ体制では、アメリカのドルを、金1オンス35ドルで交換する、との制度で間接的に金本位制度を保とうと、1971年8月15日までこの制度を続けた。
 ということは、このときは管理通貨制度が世界の金融制度として優れている、との認識がなかったということです。つまり、金本位制をやめたのは、「管理通貨制度の方が良いから」ではなくて、「本当は金本位制を維持したいけれど、しようがないから金本位制はやめにしよう」だったのです。
 「グローバリゼーションによって社会は進化する」をキーワードに検索してください。参考になるサイトがあります。

この回答への補足

金本位制では、金の保有分しか通貨を発行しないことや、
各国との貿易の最終的な決算は必ず金で
行われるということから、
金の保有量以上に通貨は出回ることはないと思うのですが、
それは違うのでしょうか?

補足日時:2007/06/25 02:53
    • good
    • 0

 専門家ではありませんが、私が為政者でも金本位制を止めただろうと思いますね。



 で、止める理由を一言で言えば、金本位制だと採用できる政策の範囲が限られてしまうから。

 空母を作る資材が欲しい、代金が足りない、印刷したい、引き当てる金がない、諦めました、負けました・・・ では困りますから。平和時でも基本は同じですよね。道路、港湾、鉄道・・・ お金の必要なことは無数にありますが、「金」に見合った紙幣はこれで最後です。もう鼻血も出ません、では困ります。
    • good
    • 0

戦争だったり、恐慌だったり。


機能しなくなったものをいつまでも続けるわけには行きません。
(まあ、金なんてやたら重いものを動かすだけでも大変ですから.・・・)

こちらをどうぞ。(”歴史”の項目)

金本位制 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%9C%AC% …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金本位制と管理通貨制度

金本位制は、紙幣を金と交換できる制度であり、管理通貨制度は、政府が紙幣の発行量を調節できる制度ですが、2つの大きな違いとは何ですか?この違いについて、説明お願いします。

Aベストアンサー

通貨供給量が、金保有量に依存するか、しないかでは駄目?

極端な話、現在の日本では政府?日銀?が金をどれだけ持っているかではなく
経済的需要量、政治的要因、外国通貨との比較価値によって通貨供給量が変動していますよね。

Q兌換紙幣と不換紙幣って??

高3です。
日本史の授業で今日先生が言っていた「兌換紙幣」と「不換紙幣」の意味がよくわかりません・・。
金や銀に換えることのできる紙幣、というようなことを言っていたと思うのですが、どういうことなのかいまいちイメージがわかないのです。。
こんな私にもわかるようにかみ砕いて説明して頂けませんか?
よろしくお願いします(>_<)

Aベストアンサー

 再び失礼します、No.7です。

 不換紙幣の発行理由ですが、自信がなかったので検索をかけてみたら、こんなページを見つけました。下の方に書かれています。

 このページは分かりやすいと思います。(わからない部分があれば、また補足をください。可能な限り回答します。)

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

参考URL:http://www.findai.com/yogo/0013.htm

Q金本位制どの弱点、難点

金本位制どの弱点、難点というのはあるのでしょうか?
金本位制度についてある程度は調べましたが、おそらく金本位制度自体がある程度の難点を持っているために現在ではその制度が採用されていないと考えられます。
どのような難点がありますか、あるいはありましたか?
詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

既にご存知と思いますが、基本的なところから始めると、「通貨が予め定められた比率で金と交換できる」、「通貨発行量は、中央銀行が保有する金(厳密には金本位制を取っている外国の通貨も)によって決定される」というのが金本位制度です。世界各国が金本位制度を採っていると、為替市場が変動相場制をとっていても、金との交換比率から計算される為替レートから大きくずれる事はありません。ずれると、金での決済の方が有利になるからです。
例えば、1円は0.75グラムの金、1ドルは1.5グラムの金、という交換比率が日米の中央銀行によって決められていたとします。この場合、為替レートは1ドル=2円から大きくずれる事はありません。日本人にとって、2.2円を払って1ドルを買うぐらいなら、2円を日銀に持ち込んで1.5グラムの金に変え、それをアメリカに送って1ドルの代わりにした方が言いからです。(だから、1ドル=2円とのずれは、金の現物の輸送費や保険料から決まります。)
さて、何らかの理由で日本が大幅な貿易収支の赤字=輸出<輸入=になったとします。
現在のような変動相場制では、円安になる事で、日本での輸入品の競争力が低下し、日本からの輸出品の競争力が増す事で、貿易収支を均衡に向かわせるような力が働きます。
しかし、金本位制では、為替は事実上固定されているので、そういう力は働きません。どうやって均衡されるかというと、貿易収支の赤字→金(あるいは外国の通貨)の国外流出→日銀の金保有の減少→通貨発行量の減少→デフレ&景気の悪化→輸出競争力の回復&輸入の減少、という経緯をとる事になります。(わりと大雑把な議論ですから、細かい所は無視してます。)
貿易収支の黒字の場合は、逆に国内インフレ&景気の過熱の結果、収支均衡に向かう力が働きます。

つまり、同じように、調整機能はビルトインされていますが、現在の変動相場制&管理通貨制度に比べて、金本位制&事実上の固定相場制では、「インフレ&景気過熱orデフレ&景気の悪化」という痛みを必ず伴う、と言うところが違いであり、最大の難点です。金本位制だと、例えばアメリカで景気が悪くなると、それは、他の国でのアメリカ向け輸出の減少→金保有の減少→通貨供給量の減少→デフレ&景気の化、という形で、他の国に伝わってしまいます。「アメリカが不景気になると、皆が不景気にならざるをえない」のは、金本位制の必然なのです。
他国の影響を、完全には無理だとしても、できるだけ回避して、自律的に回復しようとしたのが、1929年のアメリカ発の大恐慌の後(1931年)の各国の金本位制からの離脱、と理解しています。

既にご存知と思いますが、基本的なところから始めると、「通貨が予め定められた比率で金と交換できる」、「通貨発行量は、中央銀行が保有する金(厳密には金本位制を取っている外国の通貨も)によって決定される」というのが金本位制度です。世界各国が金本位制度を採っていると、為替市場が変動相場制をとっていても、金との交換比率から計算される為替レートから大きくずれる事はありません。ずれると、金での決済の方が有利になるからです。
例えば、1円は0.75グラムの金、1ドルは1.5グラムの金、という交換比...続きを読む

Qなぜ財政投融資は第二の予算といわれているのでしょうか

皆様、

当たり前の質問でしたらすみません。
なぜ財政投融資は第二の予算といわれているのでしょうか?

ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

財政投融資は国会の議決を行う必要のある予算による税金の支出と違って国会の議決を必要とせず、郵貯や年金などの借入れによる支出なので、通常の予算とは違うのですが、その効果は全く同じなので、そのように呼ばれているのですが、逆にこれが利権と結びついて不正な支出を産みやすいという問題を抱えています。


人気Q&Aランキング